2018年7月18日 (水)

たまにはMotoGPの話を

今期のアニメ寸感のなかでMotoGPの話題に触れたので、今回はちょっとMotoGPの話でもしていこうかと。

正確な時期はわかりませんが、自分がMotoGPを追いかけ始めたのはたしか2010年ごろ。
平日の深夜、つまり深夜アニメが放送されている時間帯にテレビ欄にならんでいるのを見かけたのがキッカケで
この時代に地上波で放送している物珍しさもあってなんとなく追いかけ始めました。

それまでモータースポーツには興味があったんですけど、2輪は守備範囲外という感じでした。
しかし見始めてみるとおもしろい。モータースポーツの決勝としては短時間で終わるのでまず見やすい。
2輪の不安定さによる転倒、車幅の狭さで順位の変動が激しく、特定のチームが一強状態にならず退屈しにくい。
天候なども影響して大番狂わせが起き、普段目立たないライダーが上位に食い込んだりするのもいいですね。

なにより番組の紹介の仕方が良い。堅実な実況解説の合間にたくさんのウンチクと笑いがある。
ライダーの個性をつかみやすく、楽しく学びながらMotoGPを観戦できるのです。
モータースポーツの番組としてこれほどバランスのよいものを過去に見たことがありませんでした。

だいたいは専門的すぎたり、逆にお笑い要素を増やして主題からはずれたりしてしまうんですよね。
このMotoGPの番組は「たまたま興味をもって見始めた人」を上手く取り込める理想的な番組構成だったのです。


残念なことに、2017年のシーズンをもって地上波での放送を終了。2018年からはBSで放送されることに。
BSになったこと自体は問題ないんですけど、放送枠が非常に厄介でして…。
日曜日の24時。これが意味するところをアイドルオタクの方ならすぐに理解していただけると思います。

自分は2013年の春ごろから乃木坂46も追いかけていまして、その冠番組が日曜日の24時放送なのです。
近年は姉妹グループの欅坂46、けやき坂46の冠番組も連なっていて1時間半の『坂道アワー』となっています。

自分的にはここはもうはずせない枠になっていまして、裏で放送するアニメよりも優先して見ているほどです。
表の『坂道アワー』、裏のアニメまではまだいい。そこに第3のMotoGPが重なってしまったのです。
チューナーの都合で表を見ながら裏の録画まではできるのですが、さらにもうひとつとなるとどうにもならず…。
『坂道アワー』は固定として、アニメを切るかMotoGPを切るか。今年の春は非常に悩まされました。


悩んだ末に「ウマ娘」を優先したため、今シーズンのMotoGPは半分くらい見れませんでした。
MotoGPを追いかける別の方法を模索しなければ…と、ちょっと思いましたね。Huluなんかでもやっていますし。

今夏の「はねバド!」も散々悩んだんですけどね。どちらを優先するか考えた末、MotoGPを選んだのでした。
ただ、この決断をした直後にMotoGPはサマーブレイク(ようするに夏休み)に突入してしまいまして。
この先3週間ぐらいは「はねバド!」のほうを見れそうです。そのあとはまたMotoGPの観戦に戻ることでしょう。


余談ですが、自分は特定のライダーやチームを応援しているわけではありません。
誰が勝ってもおもしろい。でも、できればマルケスやロッシが勝たないほうがおもしろい。アンチ巨人的な(笑)



書いててちょっと怖くなったんですけど、MotoGP歴は8年、乃木坂歴は5年にもなっていたんですよね…。
時が経つのが早すぎる。特にMotoGPは意識してなかったので、つい最近見始めたものと思っていました。
そりゃ番組編成も変わるかぁ…ってちょっと納得してます。8年も経てばね。

| | コメント (0)

«2018年第3Q 新作アニメ寸感