« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月31日 (火)

不正終了に絶望した。

ペイントソフトが落ちて、30分ぐらいかけて描いてた小節あびるの絵が消えた…。
絶望した…。

よって更新のメインとなるネタが消失したので正直やる気ないのだわ。



我々が現在、現実であると知覚しているものは真実であるとは限らない。
それはあくまで脳が構築している情報であり、目や耳といった器官から受け取った
情報が真実だったとしても脳が嘘をついている場合、正しい現実は見えていない。
強い精神病や、覚せい剤による幻覚を感じている状態がそれに近い。

我々はあくまで、多くの人が体験しているものを最も信憑性のある情報だと考え
自分が知覚している現実がそれと一致するから真実だと認識しているに過ぎない。
ではもし、すべての人間が真実ではない現実を知覚していたらどうなるだろうか。

…という難しい話はさておき、ここで語りたいのは『色』の話。
ある人が『緑』と表現する色を『黄緑』と言う人もいれば『青緑』だと言う人もいる。
更に複雑になると『ライムグリーン』やら『アップルグリーン』などという表現もある。
ここまではまだ『緑』の範疇であるからいいとして、なかには『青』や『黄色』であると
言い出す人までいるから不思議な話なんだよね。
これは別に色盲だとかいうわけじゃなくて、各々が目で受け取った色の情報に対し
どれだけの分類能力とボキャブラリーを備えているかってことなわけ。
『ライムグリーン』と『スパークリンググリーン』と『蛍光グリーン』の明確な違いを
パソコンの画面上で説明するのは難しい…だけど明確な違いがあるらしい。

ある意味では言葉遊びな感じもするなぁ。
ただ、『肌色』とか『空色』といった曖昧な表現はできるだけ避けるべきである。

「スカイガールズラジオ」ヤバいね…後藤さんの仕事しないっぷりがヤバい。
コナミはあづあづを新たなタレントとして囲うつもりなのかもしれない。

今週の「らき☆すた」わかる…わかるよ。雑誌中の小説ページは読み飛ばす(笑)
あれは恐らく漫画と小説では読む際の心構えと速度が違うからだと思う。
あとは視覚的アピール度だよね。挿絵だけはチェックするあたり、そんな感じだよ。
後半なんだかいきなりハートフルストーリーになってて吹いた。

白石EDについての批判は多いけど、多分あれはもう楽しんだモン勝ちだと思うわ。
今週の「曖昧サンシャインver.」もはや歌詞の整合性すらヤバい。白石は天才だ。

 >>バンビさんが完全に死んでるように見えた
 >>ぬう、死姦はさすがの俺でもキツいジャンル・・・

まだ死斑は出てないし眼球に点状出血も確認できないから死んでないよ!
でもキレイな状態で死後硬直が始まってなかったら…いや、想像しないでおこう。
けど…もし叶美香の死体とか見つけたらとりあえず胸だけは確認するよね?(笑)

画像クリックして拡大表示してもらえばわかると思うんですが、だいたい200dpiで
描いてるせいもあって精細な表現が不可能なんですよ…。
300にすると筆の動きそのものに違和感が出てくるし、なによりソフトの処理能力が
こっちの動きについてこれなくなるので現状このへんがボーダーっス。
「しぃペインター」がなぜあれほどの低容量で高機能なのか不思議なんだぜ…。
それよりも10年前のソフトを一線で使ってる自分の方が不思議か。

| | コメント (0)

2007年7月30日 (月)

はたして美しいのか。

Bambknc

…恐らく解像度300以上で描けばいいんだと思う。というぐらい線が太い。
うちのソフトでは線を細くして描くにはこれが限界らしい。お絵描きBBS以下だこれ。

全然関係ないけど最近ビクトリアズシークレットが気になる。気になるだけ。



あの結果をもってなお「続ける」と言えるのは美しいことの証明なんだろうか。
そもそも「美しい」という言葉には各々の価値概念が介在する為、何が「美しい」かを
きちんと説明した上で言わないとまるで効果が無いように思える。
責任を取る為に「続ける」というのは、結果を出す見込みあってのことじゃないかと。

「絶望先生」ようやくOPが本来のものに。物凄い美術センスに絶望…いや脱帽した。
倫理的にどうかというのはとりあえず置いといて、こりゃヤバい完成度だわ。
消しゴムを使った虐待吹いた。合間合間に挿入される恥ずかしいブートキャンプも。
あびるさん可愛いなぁ…やっぱ包帯に眼帯よ。でも「ケガドル」は買わない。

「アイマス」来たか黒雪穂。ということはカラスが…まあ追々説明されるかな。
なんだかアイドル対アイドルの図式が濃厚になり、ドロップの迎撃を目的としていた
モンデンキントジャパンに今後も資金が振り当てられるのかどうかが不安です。
…というのは別によくて、普通のロボットアニメになってしまうのが惜しいと思う。

「ひぐなく解」今週の沙都子ヤバ可愛いよ…お持ち帰りしたい。入江先生は同志。
羽入の声がほちゃーん…って、「アイマス」といい田村ゆかりと縁が深いなぁ。
ピッチャー買収のシーンとかもうこれ「ひぐらし」じゃなくて「瀬戸の花嫁」だよね…。

「ぽてまよ」…ねねに持っていかれた。でもねねはぐちゅ子に気付いてなかったが
ありゃ一体誰の為に語っていたんだろうね。ダレニムカッテシャベッテンダテメー
子供たちはともかくとして、謎のチョコの紳士や担任の先生の優しさに震えたぜ…。

MOSAIC.WAVもそうだけど、茶太さんも同人ミュージシャンなのね。
アニソンの世界もインディーズアーティストが一線で活躍する時代なんだなぁ。

「ヒロイックエイジ」バカ兄弟吹いた。もうなんか…絶望したくなるぐらい前向きだな。
ユティはノドスを宿した銀の種族である為に、他の4人とは考え方が一致しないけど
何を大切とし、何を守って生きるかを考え始めたことで変わるのかもしれない。
何かを失って初めて気付くとしたら、それはとても悲しいことだなぁ…。

「瀬戸の花嫁」悩まし番長が後期小夜みたいになってた。むしろご褒美ですが。
作画の良さもあり、巡が可愛かった。なぜ男子たちはあの可愛さに気付かない…。
『涙一輪』お母さんバージョン渋過ぎる。あとは…「ハヤテ」の続きかと思わされる
謎の番長軍団のデザインに色々ツッコみたいが、とりあえず放置ということで。

| | コメント (0)

2007年7月29日 (日)

グリグリ塗る日々。

Bambkn

なんなくバンビさんを描き始める。最近描いてなかったこともあり。
元々はナナストレートだった髪型もちょっとずつイジり始めてからだんだん変化して
いまやウェーブヘアーになりつつある…描いてて楽しいからいいんだけどさ。
ソフトが古い安物なので、その中でテキトーに頑張る。

なぜ水着かというと、最近諸事情により数百という水着の資料を見ていた為。
黄色寄りの緑というのは下着でも水着でも意外と少なかったりする。



投票所行った帰りに雨直撃。雨の中、傘を差さずに(ry ネゴシエイター自重。
毎回思うんだけど、あの入場券はもうちょっと小さくならないものだろうか。
紙幣と同じ大きさになれば持ち歩きに困らないのに…誰にお願いすればいいの?

そうそう…選挙もいいけど、あと半月もすると夏コミじゃないですかお嬢様。
自分は去年と同じようにまだカタログ買ってないんだけど、今年は同人誌を現地で
買いたいと思うほどの作品がないように思えてなんだかテンション上がらず…。
冬までチェックしてたサークルもだいたい作品切り替えちゃってて、サークル買いを
しようと思うほどでもないんだよなぁ…(乗り換え後の作品が自分と合わないし)。
強いて言えば「ハヤテ」本だけど、これもさほど欲しいというわけでもないので
今年の夏コミは新たなサークルを開拓しに行こうかと思ってます。

「コメントもつかないブログを続けることに意味はあるのか」という発言を見ました。
ブログに変更する前から読んでいただいてる方なら既にご存知だとは思いますが
自分は書くことでストレスを発散してるので別に見られなくても構わないんです。
以前は「オンライン上に公開してるけど誰もアドレスを知らない日記CGI」を使って
他人に見られたら本当にマズい文章を書いてたこともありましたし。
ブログを使うのは…プロバイダの契約のアレでタダで高機能のが使えるから。
それに反応があればあったで儲けモンというスタンスです。
あとは…データベースとしてのインターネットの拡充に協力してるんだと思う。

まあ、ぶっちゃけ「うるせーよ」ってのが本音ですが。
拍手のコメントだけで1記事丸々潰せるぐらいになったらそれはそれで困る。

「ゲキレンジャー」…ズルいよその声は。広川節が本編喰っちゃってた。
マクのデザインがなんかどこかで見たことがあると思ったら、あれモネブだよね。
隙を突いたとはいえ拳聖ふたりをボコボコにしたアリスは獣拳使いだと思う。
「電王」良い話ではあったんだが、妹の眉毛の太さに気を取られてしまって…(笑)

「グレンラガン」キャラクターが大人になったことに伴い、ストーリーも前半と比べて
大人向けになっている印象があります。恐らくは本当のお子さんも見続けてるので
前半を踏まえた上で大人の世界へと導入するこの運びは上手いと思う。
3週間後に落下するという月をどうするのやら…それで第1話の冒頭に行くのかな。

「ハヤテ」…もう、どこからツッコんでいいのかわからない(笑)むしろ全部だな。
っていうかキャプってるのバレてるしー!ごめんなさい!私的使用ですから!!
この時間帯に「ザンボット」ネタやるのは「グレンラガン」に対するあてつけなのか。
「コードギアス」とかモロだったしな…その他にも集英社関係のスレスレのネタなど
見てる側は楽しいからいいけど製作側の事情が色々不安になるのだぜ。
まさかブロー○ンサンダーをクリエイトできない連中にまで釘を刺すとは…。

来週はfeat.じゅうななさい。今週は桂先生サービス回なのに他が濃過ぎてしまい
あんまり目立ってなくて本当にゴメンな…。

| | コメント (0)

2007年7月28日 (土)

獅子座のフォー・カード。

Iroiro

先に言っておくけど絵はあんまり関係ないです。

今朝は久し振りにハッキリした変な夢を見た。舞台はいつもと同じく学校の中。
泊り込みで何かをやってたらしく、友人たちと連れ立って買い出しに行こうとすると
財布を忘れたことに気付いて一人で校舎内に戻るシーンからスタート。
校舎に戻ると一人の女の子がいて、その子のカード占いに付き合わされることに。

どうやらその女の子はクラス内ではわりと煙たがられている存在で、クラスの男子が
ジェスチャーで「早く追い払え」とメッセージを送ってきたのに対し、自分も無言で
「5分から10分くらいで追い返すよ」と返事をしていました。
その様子に気付いたのか、女の子は「息を止めるの上手いね」という謎のセリフ。

その頃屋外では強い雨が降り始め、内心「買い出しいかなくてよかった」と思いつつ
指示されたふたつのカードの山からそれぞれ一枚ずつカードを引く自分。
カードはそれぞれ大小のカードの山があり、絵柄の内容は星座がモチーフらしく
自分が引いた二枚はどちらも獅子座のカードでした。
ただ…気が付くと一枚ずつ取ったつもりが二枚ずつ取っていたらしく、自分の手には
大きな獅子座と小さな獅子座が二枚ずつありました。
こんな偶然はなかなかあることではなく、女の子はなにやら大はしゃぎの様子。

その後女の子に手を引かれて教室を出て、階段に差し掛かったあたりで覚醒。
まあ…毎回よくわからない内容の夢なんで、意味とかは全然わからないんですが
女の子の髪の色が「DearS」に出てくるようなペパーミントグリーンだったような…。

[23:00追記]
ひょっとするとあのカードって星座じゃなくてタロットだったのかもしれない。
ライオンの絵柄だったから星座だと思い込んでたけど、タロットの「力」だったら
ライオンの絵が描いてあるしねぇ。カードが正方形に近い小さなカードだったから
タロットカードというのは想起しなかった。



昨日配信のチャレンジクエスト12のダオラ、4人で連戦してるうちにルーチンとなり
大剣(自分)・狩猟笛・片手剣2人の組み合わせで記録は4分40秒。
バンビとせっちゃんの両方にパペットチケット必要分が揃いました。完成した双剣の
使い勝手は正直ビミョーですけど…「P2」はこれにて完全終了なのかな。
せっちゃんは剛壁珠作る為にこれから村4のキークエ埋めてきます。

富士山の爆発事故、ちょうど無銘亭のくまぷさんの目前で発生したらしい。
夏休み期間中は山に海にと様々な事故の可能性があり、更にはその行き帰りの
交通なんかも気を付けてほしいところ。だけど毎年必ず出るよなぁ…。

「ひぐらしなく頃に」を画像付きでレビューしてるブログを発見。
なんというか…TMAはもうエロ無しでアニメの実写化に勤しんでもいいと思うんだ。
それぐらい実写化の技術と熱意が向上してるのが、他のTMA作品のレビューと
合わせて見るとわかると思います。次は「ロゼーンメイデン」か…orz

「DARKER THAN BLACK」吉野さんはああいうチンピラ風若者の役が似合い過ぎる。
しかし…黒さんのアパートに住んでる連中は濃いな。アニメ好きのイスラエル人とか。
未咲さんのホットパンツがエロす。徐々にただのお色気要員になりつつあるな…。
それはそうと我が家にもドールを一箱届けてくれませんか。是非。

「ロミジュリ」作画崩壊回…しかも外注ではない罠。せっかくのハーマイオニー回が
こんなことになるなんて、ちょっとヒドいんじゃないのー?狙ってる?
マキューシオはモンタギュー側についてるけど常識派っぽい。切り口になるかな。
新キャラは千和幼女。そんなに本筋には絡んでこないと思われるが…。

 >>この釘宮は似てる 幸薄そうなとこが

似顔絵を描くときのコツは、その人の欠点を大袈裟に描くこと…というのがあって
くぎみーに似せる為にはやはりそこを強調するしかないんじゃないかと(笑)

| | コメント (0)

2007年7月27日 (金)

未来はどっちだ。

Kugi_uryo

なぜ「音泉」はホットプレートを持ち出してラジオ的に伝わりづらい事をするのか。
今日は多少似せる気があったらしいぞ。くぎゅ&うりょっち。

それよりもラジオ「おとボク」の、松来さんの「ポピュラス」トークに吹いた。
中学生時代に「ポピュラス」に熱中してる女子ってどーなのよ。むしろご褒美です。
…そうか、そう考えると自分もまさに同世代なんだ。



Mhp263

まさか7月末になってまで「P2」のスキル計算をしてるとは想像してなかったな…。
装備を完成させる為に、沼地4の高台から黒グラビを撃ちまくっております。
画像の矢印が指している影の内側が安全地帯です。もしこのラインよりも後ろにいて
グラビームを喰らう場合は恐らく銀冠以上のサイズだと思われます。

リボルテック「よつばと!」よつばがあちこちで予約開始。とはいえ発売は9月末。
最近はもう1ヶ月以上先のことは考えられなくなってきたな…特に買い物面は。

「孫ラジ」のゲストが今週来週と田中敦子。確かに無口で怖いイメージがあるけど
いざ喋り始めると非常に面白いというか女性的な人だなぁ…多分演じてるキャラに
引っ張られてる部分が大きいのかもしれないねぇ。特に少佐とか少佐とか。

「スカイガールズ」…京急!ドレミファインバータ!追浜!なんだこれ!?(笑)
超ローカルなネタじゃないですか。車輌は新1000形だったのかな…未確認なり。
瑛花のように一般の航空機で飛行した経験のない連中がソニックダイバーに乗って
たった一ヶ月であれだけの成果を出せてるだけで十分なんじゃなかろうか。
それとも、旧来の航空機とはまったく違う概念で操縦すべきもの?
新キャラはうりょっちかぁ。なんか最近共通の役者でグルグル回ってる気がするな。

| | コメント (0)

2007年7月26日 (木)

銀と水銀は違うものなんだ。

Ayasan

凍てつく微笑こと、綾さんだ。
改めて数えてみると、自分がチェックしてるアニメやネットラジオの多くに出ている。
でも、実際綾さんが演じてるキャラでそんなに好きなのっていないんですよ。
強いていえば綾さん自身のキャラクター性が好きなんだと思う。

同様に言えるのが利奈さんであり、まどかさんであるね。
まあ…好きなアニメキャラってほとんど男性だしなぁ。逆に男性声優が挙がらない
のは男性声優がメインパーソナリティとなるラジオをあまり聞いてないからかも。
これは最近のアニメの性質上仕方ないことだけど。

「Fate/stay tune」の猫の鳴き声が可愛過ぎる。綾さん結婚してくれ!



ふと「銀と水銀って違う物質だよな…」と思い、なら水銀って自然界でどういう状態で
存在してるんだろうと色々調べるという夏休みの自由研究ばりの出来事があり…。
そもそも辰砂という鉱石の存在をしりませんでしたよ(詳しくはwikiでも見て下さい)。

学生の長期休暇期間はネット全体が重く荒れる。imgのアク禁は未だ解けず。
荒れるといえば「らき☆すた」の神社騒動が話題になっているようですが…。

これはアニメ雑誌やアニメファンに問題があるのではなく、本当にごく一部の社会に
適合できない連中がやらかしてることなので、徒党を組んだ馬鹿が民主主義的に
強くなったつもりで迷走するのは何もオタクたちに限ったことではないです。
アキバがドラマの舞台になって、門外漢が増えることへの不満は理解できるクセに
いざ自分たちが跳梁跋扈する側になると蹂躙される土は見えなくなるらしい。

「一騎当千DDR」はアニメの放送終了にともない月イチ更新に変更。トホホ…。
「音泉」の月曜過疎化もあって耳淋しい週明けになりそうだな…でもまあそのぶんは
土日のアニメの圧迫解消に割けばいいか。

えーと…「ドージンワクワク」は今週、部数などについての計画を立てていましたけど
自分の感覚からすると同人誌の売上で7万とかの買い物って現実的じゃないなぁ。
壁サークルだとそれぐらい売上出そうだけど、人件費とかもそこから出るしね。
これについては知名度があり、人件費を予算から出さなくていいという今回の特例で
実現の可能性がある…ということなので決してマネしないように。
つーか1万で画材代が足りないってどんな高級画材使おうとしてんだよ(笑)

なんとなく気になってED曲「夢見る乙女」の作詞を担当した有森聡美を調べると
古くは「機動戦艦ナデシコ」の「You get to burning」や林原めぐみ楽曲、最近だと
Aice5の楽曲に詩を提供している凄い作詞家であることがわかりました。
でもあのブックレットはマジでありえないな…どこまで手を抜く「ドージンワーク」。

| | コメント (0)

2007年7月25日 (水)

400記事目。

当ブログ開始から400記事目となりました。来月で丸一年になるのかな。
でも何も用意できてないや…ずっと「P2」と「神宮寺」にかまけていてたから。

「ココログ」のメンテはどうやら無事終わったらしい…のだが、なんか管理ページの
デザインとかが微妙に変更になっててちょっと戸惑う。まあ使うものは決まってるから
すぐに違和感なく使えるようになるとは思うけどね。

「いにしえの記憶」の全パスワード出したんでこっそり掲載(文字反転)。
AAAA NRJQ YASA SFCE BUTU
PRSD CARS MVCL HANA OTSB
PAPA BOXJ MINU NONE ENGI
BORO HIGE STOP NANT HINT

パスワードを入力して遊べる「事件簿」5編の暗号はなかなか歯応えがあります。
ついでだから5編それぞれのヒントもこっそり掲載しようと思う(また文字反転)。
1→一筆書き
2→右の数字の分だけ行内で文字変換
3→時は行、分の十の位は段、一の位は濁点
4→「あいうえおかきく…」を「ABCDEFGH…」と置き換え、出来た文をひらがなに
5→暗号文を左揃えで右肩下がりの階段になるように文を書く

…そうそう、作画だけど今回今野さん一切絡んでない。もはや寺田さんと同じく
過去の人扱いになってる感じらしい。三好さんについても同様。
新規描き起こし分はすべてアークのスタッフによるものらしい(コメントで確認)。



ふと気が付いたんだけど、PSPって赤外線通信ポートついてるのに使えないよね。
というか、純正のファームウェアに赤外線通信機能がないってヤバくないですか?
(実を言うとカスタムファームウェア向けには赤外線通信ソフトがリリースされてる)
PSP同士の場合はアドホックで飛ばすらしい。ホントに何の為の赤外線なんだ…。

ハードディスクの中にOZONEの「Dragostea din tei」のMP3ファイルを発見。
アレがブームになったのってもう3年も前のことなのか…時間経つのって早いなぁ。

「ゼロの使い魔」…まさかアニエスとのフラグが立ったりしねーだろうな。うーん。
だがああいう性格の子は案外簡単な条件で落ちたりするから油断できないところだ。
モンモランシーの薄情っぷりに静かに泣く。顔で選ぶような関係は長続きしないな。
来週はとうとう姉妹登場。どうにも「ルーシュ」のあの人に見えて仕方がない。

「ZOMBIE-LOAN」…あの暗号が解けたところで犯人に結び付いてない吹いた。
なんとなくテトラグラマトンと聖書の知識を出してみたかった的な匂いがプンプンして
どうにも厨臭い…というか厨狙いな印象が更に強まります。
理事長が出てないとなんだか熱意が足りない。もっと理事長押しで頼む。

| | コメント (0)

2007年7月24日 (火)

消える飛行機雲。

Natsui

こりゃ夏い…なんだこの快晴は。ひょっとして梅雨が明けたんじゃまいか?
久し振りにスカーッとした晴れハレのお陰でユカイな気分になれましたよ(マジか)。

毎年夏になってこういう空を見るたびに「鳥の詩」を思い出す自分がいます。
同じような感じで、ひぐらしの鳴き声に対するイメージが180度変わってしまったな。
以前は涼しさと風流を感じさせるものだと思ってたけど、今は別の意味で涼しい…。

カメラをかついで川原を散歩…のつもりが、中州を下流に向かって歩いているうちに
道がなくなってしまい、靴を履いたまま川を突っ切ることになってしまいました。
この歳になって水遊びというのも新鮮だったなぁ。



気になってた「スカイガールズ」のラジオ、後藤さんと(何故か)片岡あづさですか…。
「ゴスロリラジオ」といい、片岡あづさの苦労を察すると胃が冷たくなるのだわ。

Fukei

「アカイメノトラ」で淀橋署の受付に婦警がいたよ。だいたい男性の警官が受付に
いることが多いという印象があったので、なんか凄い新鮮だった。メガネだし。
シナリオ自体の内容もなかなか良かった。案の定同じ程度の長さだったけどね。
ただ…どうも「神宮寺」はハードボイルドというよりハートフルになりつつあるわ。

「ヒロイックエイジ」メヒタカが保護されてるとは思わなかった。回収されてたのか。
例のバカ王子と銀の種族を除いて、ノドスを含む誰もが争いを望んではいないという
この構図からすると…最終的に和解の道もあるような気がしてきたなぁ。
イオラオスはディアネイラをエイジに占有されたことに対して不満なのか、はたまた
エイジをディアネイラに占有されたことに対して不満なのか判断し難い(笑)

「瀬戸の花嫁」なんか新キャラが出てきた。ツンキャラでオタエリって…またですか。

「らき☆すた」まさか同じスタジオが同じ曲に合わせた振り付けのアニメを3回も
(DVD完全版も含め)作り直すとは思わなかったよ。そんなに好きか、ダンスが。
秋葉原にいるオタクがみんなアレな感じなわけじゃないよ。このケースで問題なのは
あの恰好で秋葉原に行ってしまったつかさなんだからね。なんて自虐ネタ。
…しかし、よくCDを出すアニメだな。今週の内容って完全にプロモーションだよね。
あきら様のライブは予想してたより尺が長かったが、あのエンディングにするんなら
わざわざ尺を割く必要なかったんじゃないかとも思える。自分で「三十路」て…。
今野は美人だな…しかも巨乳という噂まであるんだぜ。

今夜9時から「ココログ」のメンテがはいります。予定通り終了すれば明日もいつもと
同じように更新できると思いますけど、念の為…。

| | コメント (0)

2007年7月23日 (月)

そろそろ梅雨終わっていい。

タオルがさ…乾くには乾くんだけど90%ぐらいの乾きなんだ。なんか臭いのよ。
顔を拭いたときに伝わってくるあの絶望感をなんとかしたい。タオルで吊るか…。

Hayate5d

なんか色々やりたいことや消化したいものがあったのに出来ず終いの一日だった。
よって「ヒロイックエイジ」と「瀬戸の花嫁」は明日以降に。ふぃー…。
気が付いたらアクセス数が3万超えてたんだけど、申告なかったし別にいいか。
さてと…紅蓮石掘ってこよ。



「絶望先生」は次々新キャラが出てくるが…好みの声優さんばかりで大歓迎だわ。
相変わらず劇団新房なのは変わらないけど。だからこそ好きで見てるのかもしれん。
新井先生の本当に取って付けたようなお色気シーン吹いた。何この隠れ巨乳。
「ぱにぽに」以降ずっと続いてる黒板ネタだけど、時事ネタの即効性が異常過ぎ。
高市大臣のSPのネタはさすがにシャフトの寿命を削りかねない危険なものだと思う。
いや…実を言うとニュース聞いたときに自分も思ったことなんだけどさ(笑)

ところでOP曲、コーラスにキャストが参加してるのね。あの大槻ケンヂと一緒に歌を
収録してる様子が想像つかんのだが…別撮りと考えるのが自然か。

「アイマス」今更本当にアイドルになっちゃうとか…ただ、その中でも女たちの戦いが
静かに展開していってるあたりに花田脚本っぽさを感じたり感じなかったり。
今週作画を担当した倉田綾子さんは「陰陽大戦記」あたりでお世話になってました。
横顔の描き方に特徴がある…というのは、キャラデザに忠実ではないってことか。
雪穂はともかくとして、伊織はもっと怒ってもいいぞ。着ぐるみアイドルとして。
ヒエムスの外装デザインが今までの機体と違い過ぎててちょっとどうかと思う…。

 >>すげえ!バラカ領事館すげえ綺麗!

恐らく背景のほとんどは実写取り込み→加工だと思うんですけど、過去の作品も
すべてグラフィックが一新されてるのは一見の価値ありだと思いました。
特にファミコン版をプレイした経験のある人だとかなり感激できるのではないかと。

 >>面白そうだなー神宮寺 本編の絵は全部今野さんっぽい?

実は作画がマチマチというか…部分的に寺田さんの絵も混じってたりするというか
どこからどこまでか今野さんによる新規作り起こしなのかわからないんだよね。
(というのも、各シナリオごとにスタッフロールとかが用意されてないので…)
ファミコン時代の作品については元のグラフィックから現代風に描き直されていて
「ああ、当時見たのもこんな感じだったなぁ」と…つまり同一人物に見えるようには
なっているので違和感はまったくありません。
「謎の事件簿」については相変わらず三好さんが描かれている様子。

シナリオの短さが気になる…「危険な二人」も一時間半で終わってしまった。
一番長くて「時の過ぎゆくままに」で二時間半くらい。内容的にも最後にやるべき。
残りはいよいよ「アカイメノトラ」か。

| | コメント (0)

「三郎と不思議なホテル」に物申す。

※「いにしえの記憶」のネタバレが含まれています。

Fhotel2

「いにしえの記憶」に収録された「謎の事件簿」の新シナリオ「不思議なホテル」の
重要証拠品である『穴のあいたパール玉』と、その謎解きに文句を言いたい。
被疑者Aの所持品であるピアスってパール玉に穴あけ加工してポストを固定してる
商品だと思うんですけど、回答として「ピアス」を選ぶと間違いになるんですよ。
理由は「ピアスのパール玉は穴が貫通していない」からだそうで。

Fhotel1

…このイラストで貫通してるかどうかなんてわかるか!
生産を共通化する為に、貫通させたものを使用してるピアスもあるしなぁ。

むしろ被疑者Bが犯行現場に散らばったパールを拾い集めてネックレスをその場で
繋ぎ直すだけの技術をもっていたとは考えられないんですが。
仮に被疑者Bが外出中にアクセサリーショップに持ち込んで修理を依頼するとして
たった20分の外出時間では仕上がってこないはず。

Fhotel3

それと気になるのが3人の被疑者が入退出する際の絵。
直後にホテルのフロアの見取り図が出るんですが、これがどう考えてもおかしい。
張り込む部屋のドアの覗き穴から見て右方向へ向かうとエレベーターがあります。
だけど、被疑者が右方向に歩いてる絵で「部屋に戻った」になってるんだよね。
このシナリオを作ってるときにワークジャムのスタッフは誰も気付かなかったのかな。

他にもあまり選択する意味のない選択肢や会話が山ほどあるし、このシナリオだけ
妙に浮いてるというか今までのノウハウが活かされてない印象がありました。



「ひぐなく解」第二話…何このギャップ。でもこのギャップが怖いのがこの作品です。
沙都子可愛過ぎるなぁ。いきなりパンツ見せとかは焦る(嬉しいワケではない)。
時系列の前後関係がよくわからないんだけど、前作で何度となく死んだ方々が再び
登場してるってことは一旦リセットされてるってことなのかな。

「ぽてまよ」今更池端隆史監督だということに気付く。なんというか仕事の幅が広い。
ひたすらケーキバーを食べさせ続ける謎の紳士とか、冷静に考えると気になることも
あのホワホワ感でなんだか流されてしまう恐ろしさ。それでいいんだけど。
ラストシーンで説明し過ぎることなく静かに終わるのとか、雪も相俟って良し。

「クラブジェネオン」吹いた…なんだあのUPさんのメイク。まさにデーモン小暮状態。
しかし、時間帯が時間帯とはいえあの放送内容で成り立つ番組って凄いと思う。
まあ…東京MXとtvkは特殊な局という認識なのでアレで普通なんだ。うん。

| | コメント (0)

2007年7月22日 (日)

バラカとかバカラとか…。

Baraka

「いにしえの記憶」に収録された「新宿中央公園」と「横浜港」、それに「事件簿」の
全5編をほぼ通しでクリアしました。ファミコン版でプレイしたのなんてかなり前だから
なんだか新鮮な感じだったけど、部分的に覚えたりでサクサク進みました。
バラカ領事館も含め、全部こんなにキレイになってんだぜぇ…。

Ykhmmap

ちなみにこれが横浜マップ。実際に現地を移動しながら「神宮寺」もオツかもしれん。
しかし…こんなに短かったかな。当時はもっと時間がかかった気がしたけど。
「事件簿」5編は妙に既視感があった…これ多分PS2版とかに収録されてたと思う。

これは新作ソフトとは言い難いかな…次に期待しようか。PSP版ホントに出るの?



土曜深夜分の消化は後回しにするのぜ。

「ゲキレンジャー」ペンギン吹いた。いまだかつてないだろ…ペンギン型というのは。
しかもそのペンギンの声をあの田中敦子が演じてるというのが脅威である。
ただ…合体メカとそのアクションについてはゲキトージャの方が「らしさ」があったね。
「電王」は劇場版とのリンクがモロに出てるという、なかなか珍しい構成でした。
金色のコーヒーにわさび以外に何がはいっていたのか物凄く気になってきたぞ…。

今週からもはや別アニメという空気の「グレンラガン」は絵コンテに鶴巻さんが参加
していたからってわけではないと思うけど、全体的に「トップ2」的な貞本絵な感じ。
どのキャラも声が大人っぽい演技に変わっている点に注目して聞くと面白いかも。
利奈さん妊婦説はデマだって言ってんだろ!!後押しすんなよ!(笑)
新EDは「牙」で大ブーイングだったアフロマニアだけど今回ちょっと良くなってるね。

「ハヤテ」は色んな意味でマズい内容だったな…特に漫画賞の選考と品評の件は。
自分は○ャンプのしか知らないけど、明らかに総ツッコみ可能なコメントとかもあり
その賞の品位そのものまで疑われる空気になってるのは事実ですから。
正しく漫画を評価してもらいたい人は編集部への持ち込みを是非オススメしたい。
キャベツのような緑色の丸い物体吹いた。あれは確かに衝撃的だったよ…。
つーか「夜明け前より瑠璃色な」って桂姉妹出てたじゃねーか(笑)

年に何回かあるけど…プロバイダ単位でアク禁喰らっててimg書き込みできない。

| | コメント (0)

2007年7月21日 (土)

白石のCDが出るそうだ。

novのモンハンスレで各武器の役割と立ち位置みたいな話をしていたので、
普段自分がプレイするときにどこに立っているかというのを図にしてみました(暇)。

Mh_area

赤が片手剣と双剣、青が大剣と太刀、緑がハンマーと狩猟笛、紫がガンナーです。
ランスとガンスは上下の打ち分けとリーチの長さがあるのでどこでもいけるかと。
赤グループはリーチの都合でこの位置以外はありえないと思ってます。
青グループは部位破壊とひるみの発生を担当することになるので、どこに対しても
均等な距離でカバーできるという意味でこのエリアになってます。
正面をあけるのはスタン要員となる緑グループに譲る為。これは確定事項です。

ガンナーが後方から攻撃するのは、攻撃回数を増やしてヘイトを誘導してやり
剣士たちが安全に攻撃できるように隙を作る目的があるからです。

自分が「Kai」でプレイしてる感じだとだいたいみんなこういう立ち位置になってるので
恐らくこれが総意ではないかと思ってるんですが…みんなはどうなのかな。
今更このタイミングで語るようなことでもないとは思うんだけどね。



■「らき☆すた」というか白石のCD(仮)発売決定 (e-flick.netより引用)

最も恐るべき事は説明として「2ndクールのエンディング主題歌の数々をCD化」と
書かれていることにあります。ひょっとして13曲用意してるわけじゃ…ないよな。
気になる発売日は10月10日。放送終わってるわコミケはずしてるわで…。



新しい携帯電話になってから3回、非通知のワンギリ着信がありました。
ワンギリって番号通知してないと意味なくね?

今週始まったふたつの時代劇「陽炎の辻」と「刺客請負人」が期待の出来で満足。
特に「刺客請負人」のハイビジョン比率を意識した絵作りと色彩センスは素晴らしい。
ただ…双方共に言えるのが、セリフが多くて人間関係etc.を理解しにくいこと。

「DARKER THAN BLACK」は良く選別された少ないセリフの中でストーリーを構築し
独特の大人びた世界観を作り上げているのが他との大きな差異になっています。
文章が長くて難解で喜ばれるのは芥川賞文学くらいのものなので、脚本の世界で
評価されるべき指標はやはり第一に「伝わりやすさ」なのではないかと。
それを最低条件として、面白さや巧みさが問われるべきだと思います。

エイプリルが包帯グルグルでステキだった…ジュライの活躍も良し。
アンバーの能力が「時間を止める事」だとすると先々なんだか厄介になりそーな。

ジュリエットの登場が少なくなってきた「ロミジュリ」は今週も鉱山のお話。
あのシーンで思い出したけど、この世界の大陸って空中に浮かんでるんだっけか。
ラストでロミオが自分の分の食事を持たずに行ってしまって吹いた。待てコラ。
そして来週はハーマイオニーの愛憎劇。コーデリアは…多分くっつかないだろうな。

新EDテーマを歌うMizrock…誰?って感じだった。meg rockとは無関係である。
過去に「グランディアⅢ」のタイアップがあったらしいけど有名な人なんだろうか…。
しかし…何回か聞いてるうちに気に入ってくる曲というのは毎シーズンあるけども
「DTB」の新EDは聞くたびに嫌いになっていくという、ある意味名曲かもしれない。

 >>蝉のヒグラシはカタカナで検索するのよー

いや、既に試してましたけどね。問題は「Yahoo!」の検索エンジンが登録サイトを
優先的に上位に表示するシステムになっているというオチです。
我らがグーグル先生で検索すればちゃんとセミの方が出ます。
「Yahoo!」の場合、カタカナのヒグラシで検索かけてもセミが来るのは5番目とか…。
恐らく登録の際に「ヒグラシのなく頃に」でもヒットするように設定してあるのが原因
ではないかと思うんですけど…まあ「Yahoo!」クオリティと思って諦める。

| | コメント (0)

2007年7月20日 (金)

ひぐらし鳴いてます…in東京。

0720gab

なんかノリで本日配信のガブラスマップを作ってしまった。
一応素材や耐久力も上位ということで、上位ガブラス素材を稼げるかと思いきや
ガブラスを立て続けに処理しなければならないので剥ぎ取りが出来ない罠。
ドスイーオスは発見されない限り初期位置から移動しないので、右の壁に沿って
移動して閃光玉やシビレ罠を採集しておくと処理がラクになるかと。
ひょっとすると高台で無難にクリアできるのかな…?

来週はイベクエが大闘技場ラージャンで、チャレクエが雪山?クシャの様子。
チャレクエ12ってことは報酬にパペットチケットが含まれる可能性大。



昨日近所でセミが鳴いてたさ…ひぐらしだったさ。「なく頃に」なりましたね。
うちの母は「かなかな」と呼ぶけど、正式な名前はひぐらしです。
…つーか、「ひぐらし」で検索かけるとセミの方が全然引っ掛からないのは問題だ。

本日よりNECの公式サイトでN703iμ・704iμ向け「マイシグナルクリエーター」が
FLASH形式で配信開始になりました。てっきりソフトDL形式だと思ってた…。
こちらが想像していた以上にガチガチに硬派なUIで正直心配なのだぜ。

今週の「あの空F」の画像で利奈さんがメガネかけてる…キュン死にするわ。

「スカイガールズ」自分の中で軌道に乗ってきた感あり。それにしても…仲良くなる
パターンとしてはあまりにもベタな展開でスクリプター前に出ろ!状態ですよ。
ただしコナミ関連のコンテンツというのは、こういったベタなやり方で数字を獲得する
芸風なんだと理解していますので…と妥協するしかないかぁ。
ナノスキンの耐久限界はわかったけど、超高速で飛行してるのにオープンカーに
乗ってるときぐらいの髪の動きはかなりマズいと思うが…絵的に無理か。

「神宮寺」で検索かけてくる人が多く、なんだかアクセス数が増加気味。
それにしてもみんな色んな検索語句で来てて面白いなぁ。
全裸リョーマ画像」は置いてなくてごめんなさい。他で頼んでください。

| | コメント (0)

2007年7月19日 (木)

DS版「神宮寺」の感触。

Dsjingj

東京から東京へでも、東京から京都へでも最短で3日かかるという恐ろしい仕様の
佐川メール便でamazonから発送された「いにしえの記憶」ですが、今回は発送翌日
…つまり発売日に無事到着してくれました。まあそれが普通だと思うけど。
ちなみに写真左上のは初回特典の手帳…というかメモ。中にカラー数ページがあり
キャラクターの紹介やイラストなどが掲載されています。

早速プレイ…って、表題である「いにしえの記憶」もう終わっちゃったんですけど
プレイ時間にして1時間半ぐらいかな。今回もデータイースト時代のようなヘビーな
ストーリーではなく、ヘビーな事件を未然に防いで終了という感じ。
「白い影の少女」と同じく、殺人描写とか一切ないまま終わっちゃいました。
なんだろうなぁ…これは。スクリプターの成長を感じられない印象。
ほぼ一本道で進行するものの、途中で誤った選択肢を選んだ回数で評価が変わり
パスワードが表示されたりされなかったりするようですが…それだけじゃなあ。

「いにしえの記憶」も含め、このソフトは神宮寺短編集と考えるべきなのかも。
ファミコン時代の4作のリニューアル版と携帯アプリ版から1作品が移植のほか
「謎の事件簿」が5作品収録されていて、ちょっとした出先や移動中に楽しむには
ちょうどよいボリューム感かもしれません。
ファミコンからの移植はグラフィックやシステムも一新されているので遊びやすい
感じはしますが…その時代の神宮寺は携帯電話持ってねえだろ、と。

Jngjmap

ちなみにこれが「いにしえの記憶」中のマップ。また淀橋署移動してない…?
タッチパネルを使った操作についてですが、行動の選択肢を選んでから文章を
読み進めるのに画面下の青い領域をタップしなければならないのがネックです。
文章が出てる間は画面のどこをタップしても進むようになってればよかったと思う。



中国発のダンボール肉まんは嘘でしたぁーッ!!
まあ流布した人間は実際にダンボール肉まんを喰えばいいと思うんだ。

自分の出身校が高校野球の予選一回戦を突破…勝つとは思ってませんでした(笑)
どうやら新聞側もそう思ってたらしく、相手校の選手で特集組んでるし…ビミョーだ。
例年うちの母校はだいたい二回戦までで負けるような野球弱小校なんです。
どっちかっていうとアメフトや自転車競技で強いという特異な学校だったりします。

「ドージンワーク」第三回…Aパートは死んだ。もうこりゃ見る価値もないですだよ。
作画だけはマトモなままで通してくれるかと思いきやアバンから崩壊してるしなぁ…。
それと、同人の世界を知ってすぐにフルカラー表紙の同人誌なんて作れないと思う。
…最近はデジ入稿で簡単になってるのかな。最近の事情がわからん。
事実上の本編である「ドージンワクワク」はアキバのとらのあなを訪問の回。
多分どんなにヒドい仕上がりの本でも、アキバ店に委託したら即日完売すると思う。
冗談抜きで100部ぐらい余裕だよ。個人で買い取っちゃえよ塚さん。

 >>ずっと見てると酔う…

それはきっとウルトラQ的な何かだよスカリー。
でも、無駄に動いてるだけでもなんだか豪華なサイトになった気がする自分。

| | コメント (0)

2007年7月18日 (水)

モーフィングしまくり。

Loan1

薔薇様ならぬ理事長モーフィング。アニメのキャラデザは本橋風味もありつつ原作の
雰囲気も持っている優れたデザインだと思う。真似をするのは難しい…。

徐々にソフトの操作に慣れてきた。位置の指定にもコツがあるらしい。



田丸麻紀かわいいよ田丸麻紀。自分の中での脳内キャストはなぜか能登なんだ。

amazonがDS版「神宮寺」の発送を完了したと連絡してきました。早いな…。
「P2」の2ndキャラの育成も安定してきたし、明日はDS贔屓しても問題ないよね?

「ゼロの使い魔」第二回?…放送曜日のアレコレで正確な数字がわからん。
コックピットの中で暴れるルイズかわゆす…火薬の推進力で短距離離陸を実現する
という技術力には感心するけど、レンチもない世界でどうやって分解を…?
今回のラストが既に一件落着な空気で最終回状態吹いた。これからどうするのさ。

「ZOMBIE-LOAN」第三回…やはり由詩がサムいな。斎藤千和の珍しい演技が
聞けるキャラという意味では貴重だけど、ケンケンとコンコンは余計だったと思う。
そして満を持しての登場となる後藤さんは何番目のドールなのかという風貌ですが
そこはホラ原作者がアレですから勘弁してくださいよ。銀髪よし!
○ートピアのオチを活き活きと話す桑坊にも萌える…一般的にこの番組は恐らくは
女性向けの作りなんだと思う(諏訪部さんも出てきたし)けど、目が慣れてくると
どっちも全然オッケーな気もするなぁ。佳奈様のエロシーンもあることだし。

なんだかんだ文句が出るってことは来週も見るってことです。わぁい。

 >>なんか面白そうなもん使ってんな!教えてよそのgifアニソフト!

たまたま検索してて発見した「Popims Animator」という英語版のフリーソフトです。
インターフェースがかなり理解しづらいのが難点ですが、2枚の画像を並べて始点と
終点を設定してやるだけで簡単にモーフィングアニメを作れるスグレモノ。
実は…二次裏でスレが立ってたブサイクでうない水着モデルを写真屋加工しまして
その変化の過程をモーフィングにできないかと探してて見つけたわけです。
GIFアニメとしてはかなり容量がデカいファイルになるので貼るとき悩むのだわ…。

 >>あきら様ライブはマジだと思うよ ラジオのテーマソング「曖昧ねっとだーりん」が
 >>確か来週くらいに発売になるから、その販促だと思う

いやぁ…今までのあきら様に対する容赦ない仕打ちを見るに、仮にライブがあっても
サビにはいる直前で終了とかいうヒドいオチになりそうな予感がするよ。

| | コメント (0)

2007年7月17日 (火)

白石自重しろ!(否・涼子)。

Tukakona

昨晩見つけたモーフィング処理可能なGIFアニメソフトが面白くて仕方ない。
ここまで絵に差異があると、上の例のように変な領域が出てきちゃうんだけどね。
これの中間補完がもっとしっかりしてれば、2枚の絵からアニメが作り放題だな。



何気にもうちょっとで3万ヒットなわけだが…例によって何も用意してないぞ。

まさか3週連続で白石ィッ!!な「らき☆すた」は3年生になって前フリも変更に。
OPに追加カットが増えたりと変更点があるような気がするんだけど、気のせいかな。
このタイミングで「激奏」のシーンが挿入されるのは宣伝目的だと思われる…。
「D.C.ダ・カーポ」ネタは見てなかったんで理解できませんでした…それと、「Fate」の
サントラ曲が使われてたっていうのも気がつかなかった。…どこ?
あきら様のライブがエイプリルフールの嘘なんだというオチすらバラされない待遇と
その後にとうとう3週目の白石単独ライブが挿入されるという…不遇です、あきら様。

 >>薔薇おっぱい

あの服はおっぱいが増量されて見える代わりに妊婦体型にも見える諸刃の剣…!
いや…なんとなくホルターネックで描きたかっただけなんじゃよ。

| | コメント (0)

2007年7月16日 (月)

HBですが何か。

 >>知らんかった
 >>学研の科学と学習でも紹介されてたのにマイナーなのかシールドマシン…
 >>あれ掘り終わったらそのまま埋めちゃうんだってねぇ 切ない

恐らく興味のない人は何をする為の道具なのか検討もつかないだろうし、かろうじて
知ってる人でも「あードリルでしょドリル」と正式な名称が出ないだろうしね…。
最近は貫通後に取り出して再利用するものもあるらしいですが、そのまま土葬される
という方が漢のロマン的には全然ありだと思う自分。

 >>あとプロフの画像がかわいいので大きいの見たい

Barasui2_1

かなり前に絵チャで「出番のないとき何をしてるのか」という話の中でできたのが
この絵だったりします。テーブルの上の無駄に細かい描き込みに注目。
「ローゼンメイデン」って、作品的に色んなタッチでのアプローチが可能だったので
あんまり枚数は描いてないけど描いてて楽しいです。最近絵チャしてないなぁ。

Barasui_1

そんでもってさっき描いたのも載せてみる。かわかわ。



見る本数が多いと感想も多くて文章比率が…面倒な人は飛ばすがよいぞ。

「絶望先生」OPのスクリプトネタは毎週変わるのか。でもアレってうちのテレビだと
細かい文字まで確認できんのよね…それでなくてもtvkは電波悪いってのに。
しかし、なんだかんだで糸色先生総受けの状態になってるような気がするんだけど。
でもまあ…シャフトファンだし継続して見ていくさ。原作はわかりませんが。

「アイマス」超絶サービス回(笑)別に全員でコスプレしなくても春香だけでいいのに。
ロープで降下してハッチ解放したんなら、そのまま乗り込んでキー抜けばいいだけの
話なんだけど…あのオチの為にわざわざ放射線まで使うのは危険過ぎると思う。

新番組「ひぐらしのなく頃に解」…シビれた。何このアダルト向けサスペンスは。
前作とどれだけリンクしてるのかわからないけど、タイトルに『解』とつくからには
当然すべての謎解きに挑戦してくれるものなんじゃないかと期待してしまいます。
まず主題歌が今期ではバツグンだね。本編については来週からの展開に期待。
だけど…ここまで作風変えたら原作ファンからは敬遠されそうだよなぁ。

「ぽてまよ」第二回。MOSAIC.WAVの主題歌がなんともランティス的で耳に残る。
スカートグッジョブ…狙い過ぎではあるが。素直にジャージなんて着せてたまるか。
湯当たりするシーンは前のシーンと同じく左下に温度表示があってもよかったかも。

そーいえば最近アニメの音響に「田中理恵」というクレジットを時々見かけるけど
あれは声優・田中理恵とは別人ということらしい。声優さんが音響を担当するという
流れは珍しくないので別人と言われても本人だと思えてしまう不思議。

今週の「ヒロイックエイジ」の完成度は涙腺に来るものがあった…ただ、この感動を
理解する為にはいままでの15回分をちゃんと見てないとダメなんだよね。
今期随一のサントラも相乗効果となり、この作品は本当に当たりだったと思います。
ED曲がディアネイラバージョンって最初気付かなかった。グッジョブ。

余談だけど、ディアネイラは月の女神であるディアナもといダイアナが元なのかな。
だとすると対になるエイジはガイアのアナグラムで作られた名前なんだろうか。

アバンタイトルが豪華過ぎて「瀬戸の花嫁」吹いた。何この「京四郎と永遠の空」。
ただしこういう眼鏡っ娘(いわゆる「はずすと可愛い」タイプ)は個人的にNOです。
自分は瓶底眼鏡でもOKな眼鏡属性なので、元のままで全然良いのですよ。

| | コメント (0)

2007年7月15日 (日)

「魔剣道」って何年前だっけ…。

Kamo4

昨日のベストショット貼る。コンデジで撮ったわりには良い絵になりました。

…しかし天候と気分は比例する。今日マジでダメだ。アニメ見る気も起きないわ。
「風林火山」見て「P2」やって寝るとする。



よくよく視聴予定表を見ると、土曜の夕方から日曜の午前中にかけて5時間分もの
アニメと特撮を見る計算になっていることに多少の脅威を感じました。
恐らく「ラブ☆コン」と「地球へ…」はできれば切りたい。興味がギリギリ残っていて
踏ん切りがつかないまま録画だけしているという感じになってます。

「ゲキレン」は相変わらずキャストが豪華だな…とうとう田中敦子まで出てくるとは。
わりとベタベタな試験を乗り越えて、更には来週もう新フォームになっちゃうらしい。
「電王」は恐らくウラタロスとキンタロスの強化月間なのかと。今回の戦闘シーンとか
別に誰でもよかったような感じがするしね…。デネブは状況楽しみ過ぎです(笑)

「グレンラガン」総集編の内容よりも、スタッフロールのイメージボードが凄過ぎた。
ロシウの無駄にカッコいいカットとかが満載だったがアニメに反映されない罠。
作画的に問題のあった例の回のカットがひとつも使われいないのが痛々しいわ…。

「ハヤテ」中CMぶっ飛ばして話を進めるのはいいけど後半のグダグダは何だ!?
だが三宅健太のモノマネが特筆すべき面白さだったのでどうでもよくなってしまった。
しかし…あそこまで露骨に「電王」ネタ入れられると色んな意味で心配になるぞ。
今週といい来週といい、サブタイトルが本当に一部の人にしかわからないと思う…。
ちなみに「負けるな!魔剣道」は1993年発売のスーファミソフト。14年前か。

tvk限定の話ですが今週の「クラブジェネオン」吹いた。メイン司会が作者かよ!
ゲストといいトークの内容といい「ドクロちゃんねる」実写版といった感じの内容。
アニメの内容自体にはあまり触れたくない。技術的な進歩が窺えませんので…。

 >>うわっ、去年だけど俺もシールドマシン撮った
 >>だってめったに見れないものじゃん…

あの地に行った観光客で、あれが何かわかる人の方が圧倒的に少ないと思う…。
それぐらいホントどうでもいい端っこにポツーンと展示してあるのが物悲しいというか
日陰で我々を支えるシールドマシンはホンマ漢のロマンやで。

昨日見たもので一番驚いたのは木更津以南の白亜紀のような風景ね。
民家や田畑よりも手付かずの野山の方が圧倒的に多いというのが衝撃的でした。

| | コメント (0)

2007年7月14日 (土)

台風ですが海です。

Kamo1

拝啓 私の王子様
海です…太平洋です。台風4号が接近してるというのに海に来ています。
正確に言えば海はオマケで、また父上の唐突な発言で遠出してきたというわけ。

Kamo2

しろいさんが浮いてる…こりゃ白い。

Kamo3

というわけで鴨川シーワールドに行ってきました。お目当てはなんといってもシャチ。
しかしこの悪天候にも関わらずかなりの盛況っぷりでかなりビックリしました。

Yurikamo

それと、今回初めて東京湾を横断してきました。シールドマシンを撮影するあたり
他の観光客とは異質なんだなぁと自覚してしまいますが(笑)
「海ほたる」の中にアドアーズがあってビックリした。こんなとこ来てまでゲーセンか。
観光客の中にエド山口さんを発見したよ…一般人と区別つかねーぜ。
っていうか最近の人たちはエドさんの顔なんてわからないか。



「DARKER THAN BLACK」新OP・EDになりましたが…正直これは無いね。
新OPのどこかで聞いたことのあるイントロとかさ。ボーカルの声質自体は悪くないと
思えたんだけど、いかんせん歌唱力の低さで減点という感じ。
EDはパッとしないの一言に尽きる。インカムの為の主題歌変更というのはわかるが
売れそうにないものを使われたらやっぱり売れないよなぁ…。

聞き覚えのある声だなぁと思ってたらグリッソムの野島さんだった。
アンバーの声が川上とも子というのは意外。だが人気は三瓶さんに集中しそうだ。
…ドールですか?(オッドアイ的な意味で)

「ロミジュリ」はちょっとベタだったかな…王道アニメなので良しとする。

| | コメント (0)

2007年7月13日 (金)

東京ドームの醍醐味。

Yebisu

東京ドームの試合中継で、画面の上の方にチラチラ映るビール売りのおねーさんの
おしりから膝裏あたりが凄く好きです。ユニフォームも各社色々あるんだよね。
前から見るとプリーツスカートなのに後ろはホットパンツになってるのとかオサレだ。
個人的に一番好きなのがヱビスビールの子。これは良いザザミS。

しかし昨晩の阪神vs巨人戦はヒドかった…内容自体もそうだが試合が長過ぎる。
お互い投手何人使ってんだよ。そして得点圏打率の低さに泡吹きそうになったわ。
シーズン終了後でいいから監督替わらねーかなぁと思ったり。

昨晩「P2」をプレイしてて思ったけど、自分は物事をガンナー的に捉えるようになって
いるような気がする…立ち回りだけじゃなくてそれ以外の点でも。
近接武器なのに自然と弓のクリティカル距離で動いてしまうとか重症だと思う。

本日配信のガルルガはザコの配置以外は基本的に村と同じ感じですねぇ。
エリア3のランゴ出現位置が高台上に変更になってるので打ち止めがラクです(笑)



後藤さん(強)に代わり新パーソナリティーとしてカンチを迎えた「おとボク」ですが、
番組の内容については現段階では変化は無し。自習がリスナーに好評だってのは
本当なんだろうか…面白いかと聞かれると、自分的にはあんまり。
「一騎当千DDR」に続いて浅川悠がゲスト出演の「Fate/stay tune」では予想通り
結婚についての話がチョロッと出ましたね。綾さんの無理のあるイリヤ吹いた。

ゆりしーと詐欺師について少々不安になる要素もあるが…言及は避けようか。
「ドクロちゃんねる」来週のゲストは綾さんだ。綾さん結婚してく(ry

「スカイガールズ」第二話…思いのほかフツーのアニメになってしまってるような。
主要3キャラがそれぞれベタな役柄に割り振られ(某ゴスロリ探偵もカブってるぞ…)
遺伝子レベルでロボットとの相性があるとか(それってどこのアイドルですか…?)
なんというか…前回述べた設定面での不安がボロボロと出てきてる感じが。
それと、軍属ならせめて全員同じ服を着ろと言いたい。ソニックダイバーという呼称も
日本の軍隊として考証すると違和感あるんだなぁ…。

「スカイガールズ」を録画する為に切ってしまったノイタミナ枠が気になる…。
枠がカブるといえば「おお振り」もカブってるんだよね。ビデオで録画しといたけど。

 >>PSPのテレビ出力はスーパーゲームボーイみたいな
 >>周辺機器でよかったんじゃないかなーと思う

それはつまり…PS2か3の本体にオプションとして取り付けるという意味?
USBで外付けドライブにするとか…転送速度が問題になりそうだな。

確かに現状の業績から言って、このタイミングで新型PSPを出してくるというのは
将来的にどうなのかという感じもするんだよね。
薄くなったといっても新型PS2ほど極端に差が出るような変化でもないわけだし…。
なので新規ユーザー+既存のユーザーへのアピールという意味でこの機能が
搭載されたと考えれば妥当なんじゃないかなぁと思います。
あとは買ってもらう為のキラータイトルか。「Fate」と「ハルヒ」だけじゃ弱いよねぇ。

 >>拍手の場所がわかりませんでしたー
 >>ごめんねー

正直コメントに窮するが…キャプションが小さいからわかりづらいかねぇ。
ご覧のとおりちゃんと押せる人もいるので現状を維持したいと思います。

| | コメント (0)

2007年7月12日 (木)

新型PSPは9月発売予定。

■新型PSP(PSP-2000)は薄型省電力

唐突に発表された新型PSP。主な変更箇所は現行版と比較して3/4の薄さになり、
それに伴いバッテリーが小容量化されたものの全体が省電力化されているため
現行版と同じだけ可動とのこと…それって意味あんのか状態ですが。
他にもボタンの配置やCPUクロック、メモリなども見直されて強化されています。

一番大きな変更点は映像をテレビに出力可能になったことかと(!)。
これって携帯ゲーム機としてはどうかと思うんですが、長らくPSPユーザーからは
希望の声が多数挙がっていたポイントでもありウケはよさそうです。
最も肝心なのは価格なんだけど、これがなんと未発表。オイオイ…。
さすが「ソースはソニー」だぜ。

「Kai」仲間に完全に寄生する感じで、「P2」の2ndキャラが昨晩上位に到達しました。
1stの時は村制覇してから上位に向かったぶん装備も充実してたからよかったけど
こうもハイスピードで上位に行くと、装備が追いつかなくて困るね…。
雷属性の弓が一本あればギザミあたりで稼ぐんだが…というガンナー的発想。
なにせ斬刃さえ作れてないしな。鉱石生産系ってモンスター素材系より大変だわ。

久し振りにドスファンゴで一死した。自分で課題を増やした感はあるけど、
新たに課題が増えたことでなんとなく生きる気力が湧いてくる自分は単純だなぁ。



「ドージンワーク」第二話…AパートBパート共に展開が遅い。動画については普通。
そもそもなぜ男性向け同人誌を作ってるのかが疑問だな…女性向けでもいいのに。
まあ確実にインカム見込むなら「女性が描いた男性向け」の方がアピールできるか。
色々と気になるところは多いけど、全部ネタと考えるべきかもしれない。
っていうか職務質問程度で荷物まで見せる必要はないと思うぞ。経験則だけども。

きみきみの絵は成人女性としては普通なんじゃないかな。あんなもんでしょう。
上手いわけじゃないけど恥じるほど下手でもないし…桃子と比べたらいかんよ(笑)
でも…きみきみの構造記憶力は漫画に向いてないかもしれない。
その点桃子は「正しい誤魔化し方」までわかってるあたり、レベルが違い過ぎる。

「もえたん」は結局見ないことにした。数日間ノータッチだったし…。

| | コメント (1)

2007年7月11日 (水)

閉塞感と初夏の空。

Test105

ここまで来るのに約4時間。ビミョーなとこだなぁ…。
もっとツールがよければ早くて精度の高いものができるのかもしれないけど。
残念ながらうちには写真屋すらないので、いまある手札でなんとかしよう。

PSPが充電中に電源が落ちる原因、なんとなくわかりました。
ACアダプタの挿し込み具合に2段階あり、そのどちらの深さでも充電自体はできる
みたいなんですけど…その挿し込み具合が変化するときに切れるようです。
意識的に一番深く挿しておけば平気ですが、それでも不安定過ぎるこの要素。
充電しながら「Kai」で遊ぶのは避けようと思います。

…っていうか、それ以前に人が集まらないんだけどさ。
某スレも「F」になって住人が入れ替わったらしく、なんだか凄く空気悪いし…。
「P2」の時はいわゆるアンチPSP派や「ゲームの話題はゲーム板で」な自治厨とか
外的要因でスレが荒れることが多かったんですが、「F」が始まってからというもの
他のプレイヤーについての批判等…つまり内的要因で荒れてる感じなのね。
画像投下しても反応得られなかったし、もう積極的に関わるのはやめようと思う。
スレでだと空気悪くする原因になるので言えませんでしたが…。



ここ数日…いや今月にはいってからとにかくストレスが溜まる。
近所のリフォームはともかく、選挙で騒音の原因が増えたからねぇ。
義体化して聴覚と嗅覚シャットアウトできたらどれほどラクだろうか…。

「ゾンビローン」第二回…絵は悪くないけど演出が弱いなぁ。
他の作品でも過去に言ったことがあるけど、気持ち悪いものを気持ち悪く描くという
技術が欠けているせいか非常に滑稽な描写に見えてしまいました。
狂気が狂気に見えないと視聴者的にはかなりサムい。中でも由詩のセリフは最悪。
そういうものを強く求めてない層がターゲットなんだ…と諦めるべきかな。
とりあえず後藤さんの登場に期待して来週も見る。

「ゼロの使い魔」は今後、火曜日放送枠で消化していく予定です。
本当はtvkで見たいけど「ヒロイックエイジ」とカブる以上仕方ないので…。

| | コメント (0)

2007年7月10日 (火)

夏が来れば傾き出す。

Test104s

長年「できないだろう」と思ってやってなかったんですが、いまある環境でどれくらい
できるもんなんだろうと下書きから全てパソコン上で描き始めてみました。
うーん…慣れもあるんだろうけどなかなかできる気がする。気がするだけだが。
1000x1000の領域に全身の基礎を塗るだけで3時間もかかるのは効率悪いなぁ…。
「トライガン」の内藤先生がどんな環境でやってるのか知りたいところだ。

こうしてPC上のみで作業してて思うのは、油絵の素養が必要だということ。
油絵だけはやったことないんだよ…。



ハードディスクを一年毎にバックアップしたCDとDVDが2000年以前からあるんですが
たまたま2000年より前のものを閲覧してて、悶絶して思わず割りそうになりました。
いやぁ…黒歴史って見るもんじゃないね。あれをサイトで公開してたかと思うと…。
正直もうそんなに保存しておかなきゃいけないデータもないんだろうなぁ。
いまHDDにはいってるものについても再構築が面倒な、CDからMP3化したデータ
ぐらいしかバックアップの必要性を感じなくなってきてるし。

最近「有栖川椎」で検索して来る人が多い…ええ、御多分に漏れずうちの個体でも
購入後二度目の修正にはいっております。明らかに左足首が弱いんだよね。
ただしドライヤー等で修正するのはあまりオススメできませんので、ここは無難な
方法を…ということでベースの下に何か挟んでおくといいと思います。
後方に傾斜角5度くらいになるイメージで放置しておくと自然に元に戻ります。

「瀬戸の花嫁」ようやく視聴。猫を川に放る豪ちゃんは大人気無い通り越して、
もはや道徳的にマズい表現になってるぞ…偽ってるとはいえ学校の教員なんだし。
しかし…例の三兄弟はキモかったな。死んだ魚のような目をしやがって。

「らき☆すた」…本編はどうでもいい。超監督・白石稔にすべて持っていかれた(笑)
しかもキュー・テック総動員で何やってんだよ。ただ、世間的にはクドいらしい。
一発ネタは一発だから面白いのであって二度やってはいけないとのこと。
自分は全然そんなこと思っちゃいませんけどね。面白いことはどんどんやってくれ。
今回ゆたかメインの話だったけど、地味に柊家のキャストが豪華なのにも注目。

新番組「もえたん」は主役が般若だというだけでネックなんだ…後で消化するよ。
キャストが「なのは」と「CCさくら」的に美味しいらしいけど、自分は興味ないっス。

| | コメント (0)

2007年7月 9日 (月)

五月病ならぬ七月病。

Mh45d

最近ホントにネタが枯渇してるな…というわけで貼ってなかったボツ稿貼る。



「i-revo」のイントラのようなところからリンクが貼られてるのが恐ろしい…。
恐らくは他所と同じように、ブログの更新情報で検索をかけてるんだと思いますが。

ボーフォードの「狩猟道具収集生活」2号の残りが判明しました。
太刀が龍刀【紅蓮】で弓がオオバサミとのことです…が、試作原型の写真を見る限り
1号と比べると画面内のイメージとのギャップが激しい。再現度が低いというか。
製品版になってどれくらいの精度になるかが気になるところ。

枠がカブってたので仕方なく千葉テレビの方で「ゼロの使い魔」を録画したんですが
画面の5割を占めるノイズでせっかくの藤井絵を堪能できなかったっつーの。
仕方ないから埼玉で放送したときに見るか…世間から遅れるからイヤだなぁ。
この第一話は視聴者を魔法の世界へ引き戻す為の導入編としての要素が強く、
今後の展開を匂わせる要素と新キャラの紹介がもう半分といったところでしょうか。
ルイズが完全にデレ転向してるな…あれはもうツンデレヒロインではないね。

「ヒロイックエイジ」における『狂乱』という言葉は、「エヴァ」の『暴走』とはかなり違い
ある程度の意思を保ちながら暴れてる印象があります。衛星を完全に粉々にして
火星への影響を回避したり、他の船を無視して旗艦を狙ったり…と。
まあしかし…何度でも言うが、どんだけ厨性能なんだベルクロス(笑)もっとやれ。
蓄積したダメージエネルギーの結果、ただ狂乱しただけで済んでるし。
レクティも無事だったからノドスには影響のないことだったのかもしれないけどね。

「瀬戸の花嫁」消化するまで気力持たなかった…。生きる気力減退中であります。

| | コメント (0)

ときめく最終回…「エマ」。

消化しなきゃいけない作品が多かったもので文章長くて申し訳ないです…。

ここ最近まともにテレビ映画なんぞ見てなかったんですけど、昨晩放送されていた
「ティアーズ・オブ・ザ・サン」はなかなか骨太な内容で満足できました。
ただ…最後まで見ると、「エネミーライン」なんかと同系統な話だったなぁと思えて
脱出モノの軍事映画としてはベタだったんじゃないかとも思えたり。良かったけどさ。
最初はモニカ・ベルッチの谷間にばかり注目していた(笑)
「Ghost Recon:Advanced Warfighter」をプレイした人だと、メンバー構成や役割とか
実写で見ることができる資料的にもおいしい映画だったんじゃないかと。

「エマ」第二期最終回…こんなに幸せでときめくアニメは他にないわ。
終盤「あー…こりゃもうハッピーエンドになるね」と思える展開満載で実際そのまま
だったりと予想を裏切る展開は一切なかったものの、第一期のラストで裏切られて
そのまま歯痒い気持ちで第二期を待ってたファンには大変なご褒美でした。
特に、屋敷の誰もがエマを止めずに送り出したシーンが良かったです。
最後の最後に第一期と同じく、すずらんの花言葉が出るあたりがまた良し。
「エマ」が終わると一週間の充足感がなぁ…「ロミジュリ」に期待してみようか。

…そういえば曲が第一期のものが多かったな。名盤だし仕方ないか。

「アイマス」はまあ…順当。普通の人はE.V.A.って言われても意味わからんぞ。
よーするに宇宙船外活動の略です。

| | コメント (0)

2007年7月 8日 (日)

さよならネギぽに先生な予感。

Spider

新番組が何か刺激になればいいなぁ…と思いつつ、エンピツ削ったりしてます。
番組数が増えた分、面白い作品も増えてくれればいいんだけどねぇ。



「ラブ☆コン」「地球へ…」双方とも主題歌が変更になりました。
前者はジャニーズが引き続き担当し、後者は土6いつもの面々という感じに。
高橋瞳が採用されたのは喜ぶべきこととして、問題はケミストリーの落ちっぷりだ。
こんなに衰退するとは誰が予想しただろうか。

新番組「さよなら絶望先生」は新房監督・金巻脚本でシャフト制作のいつもの空気。
相変わらずギャグのタイミング取りと美術センスには光るものがあります。
細部を含めて物凄くたくさんのネタや材料が使われている反面、それぞれの素材が
活かされきっていない印象もあり…そのへんは同スタッフ陣の悪い傾向かと。
でもまあ冒頭の吉野家スクリプトで完全にもっていかれましたけどね(笑)自分は。
読んだことないから推測ではありますが、恐らく原作の方が面白そうな予感…。

2週間ぶりの「ゲキレン」途中で飽きた…。カンフル剤の投入が1週遅いと思う。
だいたい毎年このぐらいの時期に飽きてしまう自分だけど、ここを乗り切ると意外に
そのあと面白くなったりするから油断できないんだよなぁ。
「電王」は三木眞というベタさ加減がご褒美です。カラコンの色味がかなり怖い…。
地味にOPに変更あり。ダンスにデネブが参加してたりします。

「グレンラガン」は…第一期・完という感じかな。物凄い展開の早さだけども。
しかしあそこまで「来週は総集編ですよ!」と言い切られると何も文句言えんわ(笑)
今週もクオリティは凄かったけど、ラスト2分くらいの処理がちょっと雑だったと思う。

先週から見始めた「ハヤテのごとく」…キャストが好み過ぎる。
鳥さんに佐藤さんまで出てくるとは予想してなかった。佐藤さん今期仕事多いなぁ。
「ネギま」という強力な時間的制約から解放されたのが原因だろうか。
ひなぎくがプッシュされてた回で助かった…急いでキャプ回収しなくちゃね。
…実況見たけど鳥さんを関智と間違える人が多数いたことにちょっと驚いた。
それはまだいいとして、佐藤さんと川上とも子を間違えるのはさすがにどんだけー。

| | コメント (0)

2007年7月 7日 (土)

信号機の魅力。

Vfsh0002

マジで更新ネタがないので携帯電話を契約した日に撮った写真貼る。
気がつくとやたら信号機の写真が多いんだよなぁ…なんか特殊な魅力があるんだ。

先日掲載したハヤテ絵を拍手に実装する作業中に偶然拍手ボタンを押されたらしく
かなりビックリしつつ焦りました。何事もなければいいんだけど…。
ちなみに今回実装した絵は掲載版から若干修正してあります。ナギに影を加えて
薄過ぎた肌色を調整してみました。さて…次はひなぎくでも描くかな。



ネットで検索してたら、アミノ酸やたんぱく質の検出に使われるニンヒドリンを買える
ショップがあることにかなりビックリしてしまった。誰が買うんだこんなの。
まあ「CSI」好きの人なら試しに一個買って、自分の指紋や性交の残渣とかを無闇に
調べまくってグリッソムごっこしたらいいんじゃないの?

新番組「ぽてまよ」は「ひとひら」と同じコミックハイからのアニメ化。
一言で説明するならば…良い意味での空気アニメ。ぼーっと見るスタイルが良し。
地味にスタッフやキャストが豪華だったりして見どころもボチボチあるのがツボです。
EDが錦織博だったような…まあ制作がJ.C.だから当然といえば当然ですけど。
悪くないけど強力な押しもないので、見た人がそれなりにぽえ~っとなるアニメ。
強いて悪く言うなら…前時代的な感じがするぐらいかな。

今週の「DARKER THAN BLACK」は「ビバップ」を匂わせるような文芸の優秀さが
光る屈指の回だったんじゃないかと。音楽による相乗効果もあって良かったです。
どうでもいい立場にいたはずの探偵のあの一言が物凄い効果的でした。
「ロミジュリ」はそれなりに展開してる感じ。ハーマイオニー持ち直してきた(笑)

 >>うごーは神宮寺シリーズだとどの作品が好き?俺は灯火!

「灯火」はいいねぇ。大塚声の神宮寺でストーリーも壮大だし。やりごたえあり。
ただし個人的にプッシュしたいのは「夢の終わりに」だったりもするので難しいなぁ。
あの独特の物悲しい終わり方で、しかもED曲が凄く良い。
岸野声がちょっと違和感あると言う人は多いけど、話の出来は良いと思います。

ワークジャムに制作が移った後の作品は悪く言われがちだけど、あの2作品は是非
セットで楽しんでほしい。特に「KOB」の音楽はシリーズ屈指の出来だし。
でも事件に重さがないんだよね…竜頭蛇尾な終わり方なので満足度が低い。

 >>あと誕生日おめでとう!

ありが㌧。立派な社会人になりたいです。

[追記]
今朝の朝刊吹いた。角川パワー恐るべし…。

| | コメント (0)

2007年7月 6日 (金)

何気に誕生日だった。

Mhp262

久し振りにキッチンの掲示板を見たら勲章「感謝の手紙」がつき、勲章も残すところ
あと7個になりましたが…ここから先はちょっと厳しいかもしれないなぁ
最大・最小金はまあ置いといて、せめて「賢者の腕輪」と「竜職人のトンカチ」だけは
つけておこうかと思う。自分の腕前でもなんとかなりそうな範囲だし。

ボーフォードから「狩猟道具収集生活」の2号の発売がアナウンスされています。
発売は10月で、しろねこハンマー・ポイズンタバルジン・ティガノアギト・アンドレイヤー
フルフルフルート・討伐隊正式銃槍…他、全8種+シクレ1種が収録とのこと。

さて…黒グラビ二匹用に水ランスでも作るかな。



次回は金曜更新と告知してた「Fate/stay tune」が更新されない罠。
更新されてたー。綾さん結婚してくれ!!

先週録画し忘れたけどあんまり影響なかったっぽい「おお振り」でしたが、なんだか
今週はジェネオン的というかショウゲート的に友情出演な人たちもいたりして(笑)
水島監督の周辺に興味のある人にはなかなか面白い回だったんじゃないかと。
あとよく動いてた。モモカンの私服が無意味にかわいいのと…身長デカ過ぎですよ。

新番組「スカイガールズ」は恐らくOVA版と同じ…なのかな。ハズレなわけがない。
制作に参加してるスタジオとスタッフを見れば一目瞭然。怪物との戦闘や戦闘機を
描きなれている面々が参加してるので、そっち方面では万全の体制です。
問題は本かな…女の子だけがテストパイロットに選ばれる理由とかを明らかにして
SF面の不安を払拭してくれればかなりの良作になりそうだし。
沢城みゆきは芸の幅が広過ぎる…主要3キャラを完全に喰ってると思う。

後藤さんはいつも通りというか。相変わらずこっち路線のキャラを振るかコナミよ。
「レッドガーデン」や「MPO」を通過すると、後藤さんはいわゆる萌えキャラ路線より
もっと年上で強キャラを演じた方がハマると思うんですが。

 >>誕生日おめでとー おーめーでーとー!

うるせーよ!ありがとよ!
誕生日だからといって、もうこの歳になるといつもの平日となんら変わらないのだ。
何か特別なことがあるわけでも…強いて言えば、変な夢で目覚めたことか。
流暢な日本語を話す白人とまぐわう夢だったよ。どんなギャグだこれ。

…なんかあまり有意義な歳を重ねることができてないんですよねぇ。
なのでこの一年は、できれば比重の重い一年にしたいと思っております。
タングステンぐらいの重さでいいから。

| | コメント (0)

2007年7月 5日 (木)

WA・WA・WA忘れ物。

Hayate4

拍手絵として追加予定です。…こんなパロディネタばっかりかよ。
最近ちょっとエンピツ絵の傾向ですなぁ。あんまり使ってこなかった画材だったので
できることの幅を広げてみようかと多用しております。ペンよりラクでいいね。

実ははぎやまさかげ氏のファンでもあるのが絵柄でバレそうな気がする。



今週も「孫ラジ」で「MHF」の話題が…しかも式文の内容完全無視で喋ってるし。
それに対して甲斐田さんも閃光玉とか言ってるしなぁ。もう「モンハンラジオ」にして
カプコンさんタイアップでやったらいいんじゃないだろうか。

話題の新番組「ドージンワーク」を見ました…が、これぶっちゃけアニメじゃなくね?
Aパートが原作を元にしたアニメでBパートは実写。とりあえずAパートについては…
もう低予算アニメとしか形容できないような止め絵バリバリの演出でした。
OP・EDも同様に、凝った動画やカットワークを駆使なんてことは全くありませんし。
実写パートを撮りたいが為にアニメをオマケにつけたんじゃないかと思えるわ。
まあ…そう思えるぐらい桃子の言動が面白かわいいワケですが。
あとは水橋舞の主題歌が良い。BJガールズから完全独立して活動してるよな…。

まさか初回からコミケというのはアレなので、恐らくビッグサイトで開催される別の
即売会なんだと考えたいところです…というか普通はそういう展開だろうに。
新刊一種類の山のみで卓を飾るサークルなんて最近あんまり見ないしなぁ。

実を言うと、明日誕生日だったりする。正直嬉しくない。

| | コメント (0)

2007年7月 4日 (水)

夏新番は正直…。

Hayate3

「ハヤテ」絵は真似しづらいなぁ…まあアニメを参考にしてるだけ幾分マシだけどさ。
これが原作となるともう手がつけられない。わかる人にはわかると思うので…。
まるで正面から描くことを拒むようなデザインをしてるというか。資料不足である。
今度の日曜は注意深くキャプ絵を拾わなければ。

web「ぞ!」ボタン用に新しい絵を描きました。現在2種類が実装されています。
かなり急ピッチで仕上げたので影も光も塗ってないという有様ですが無いよりマシ。



スターチャイルドの実写版「ネギま」サイトがヤバい。放射性廃棄物クラスです。
どこからどうツッコんでいいかわからない人はとりあえずドラマ自体にツッコむべし。

7月改変の新番組を3本録画しましたが…こりゃどうにも肌が合わねえのが多いわ。
のいぢ絵の再現度ではピカイチな「ななついろ☆ドロップス」は世界観がもうダメだ。
再現度が高いということはつまりバリエーションに乏しくて男性キャラが薄いってこと。
「ウミショー」は連載誌のせいもあり…絵も内容もパス。出演陣は悪くないが。
唯一ギリギリ見続けようかなと思ったのが「ZOMBIE-LOAN」。本橋さん絡んでるし。
掲載誌のせいもあり、内容はかなり腐向けというか厨向けな印象はありますけど
絵とキャストが好みだし第一話の引きが良かったので来週はとりあえず見ます。

3作品ともに言えるのは、どれも主題歌がダメだってこと。4月新番のときのような
聞いた瞬間にテンションクライマックスになるようなのがまるでない…。
来週までに10作品ぐらい始まりますが、今回UHF系でなぜかtvkだけ放送をしない
作品というのが幾つかあるのが気になりました。枠の問題かな…?
まあ名実ともにアニメ専門チャンネル(笑)なMXがあるし、ジェネオンの専門番組は
tvkのみで放送されるということなのでバランスは取れてるのかもしれない。

 >>烏合も神宮寺好きなのかい 俺もだぜ!
 >>新作はファミコン4作+ケータイアプリ版+おまけみたいな感じらしいぜ!
 >>それはそうと寺田さんはもうずっと前から撤退してね?

自分はファミコン&ディスクシステム時代からのテキスト総当りADVファンですよ。
一時期「Dの食卓」とか「MYST」みたいな3Dインタラクティブ系が流行っていた時は
難色を示しながらもシコシコやってましたが、PSに「神宮寺」シリーズが来てからは
PS2の本体と同時購入するぐらいの神宮寺ファンです。

新作はケータイの移植って聞いたけど未プレイなのでわりと歓迎ムード。
というか、デコゲーマーとしては新作がリリースされるだけでもありがたいですし。
寺田さんは「KIND OF BLUE」まではジャケ担当してます。ジャケだけですが。
「白い影の少女」は今野さんかな…でもこれ番外編的空気が色濃いので。

| | コメント (0)

2007年7月 3日 (火)

爆弾発言…もとい原爆発言。

Mh48s

昨晩投下した状態がどうにも気に入らず、若干修正しての公開となります。
投下した方も持ってる人は見比べてみると面白く…もないか。すぐわかるだろうし。



爆弾発言ならぬ原爆発言で辞任て…首相の任命責任云々はどうなったんですか。
たったそれだけで辞任可能なら自殺する人とか出なかったんじゃないの?
…もう、ひとり辞めるもふたり辞めるも大差ないからいっそ内閣解散しちまおうぜ。

DSで「神宮寺三郎」出るのね…全然知らなかった。PSP版はどうなったのよー!?
今回も製作はワークジャムのようだけど、パッケージイラストから寺田さん撤退か…。
GBA版「白い影の少女」があまりにも子供向けな内容だったので、今回の新作では
シナリオがどうなっているのか凄く気になります。まあ買うけどさ。

「一騎当千DDR」のゲストは二回目の登場となる真堂圭。なんかテンションが変…。
同ページから前回登場分も聞けるので、聞き比べてみると面白いかも。凄いよ。
「UPLIFTかく語りき」は内藤泰弘。海洋堂の新作の話も飛び出す貴重なトーク。

「sola」最終回。Aパートは今まで通り花田節の色濃いファンタジーバトルの雰囲気。
原作をプレイしてない人間の視点からすると、なんかあっさり終わった感が強くて
大団円ではあったものの「あれ?これで終わっていいのかな」感がありました。
茉莉と蒼乃はひとりの人間になったんだろうか…そんな感じを匂わせておりました。

今週の「らき☆すた」はある意味で神。多分賛否両論で色々言われるとは思うけど。
本編よりも加速的に面白くなっていくアニメイトの連中は今回ちょっと豪華過ぎだよ。
こういう前例ができると今後、角川関連作品の絡みに期待してしまうね。
そしてエンドロールだが…原作に登場しないクセに作品喰い過ぎだぞ白石。

 >>ZO!
 >>烏合さんは多才多芸だね、いやすごいわ

実は非常に多くの拍手をいただいたんですが…コメントはこれだけでした。
なんか「ハヤテ」ファンを裏切ってしまった感が非常に強く、大変申し訳ないと思い
拍手絵として「ハヤテ」絵を仕上げていこうかと検討しております。

まだ一度しか見てないからわかんないんだけど、マリアやひなぎくが人気キャラ?
公式のキャラクター紹介がわりとテキトーなので資料集めに困る…。

| | コメント (0)

2007年7月 2日 (月)

好きなだけ連打するといいゾ。

更新ネタが思いつかなかったので、この前作ってたオリジナルメニューのアイコンを
ちょっと載せてみたりする。いま現在これを実機で使ってます(仕様違いですが)。

Rs9s

microSD内のファイルの法則については継続して研究中。
だけど変に苦労するよりUSBで転送するか、フォルダ構造が簡単な別の端末から
赤外線通信で飛ばす方が遥かにラクだという事実もあり…どうなることやら。



昨晩マジでテキトーに描いたナギを拍手ボタンにしてみた。声は出ませんが…。
自分の価値概念だとなんとも思わない部分を気にする人がいるということを知り、
今後時間のあるときにあちこちリニューアルしてみようかと思ってます。

っていうか既に連打されてて吹いた。

朝日新聞の朝刊第一面に「涼宮ハルヒの憂鬱」という字を見つけて驚いた。
内容としては、角川が携帯電話向けに有料の動画配信を開始するという内容。
配信キャリアは現段階でドコモと書いてあるけど、ダウンロードにかかるパケットを
想像するとかなり恐ろしい結果になりそうだ。パケ無制限プラン必須かと。
…それ以前にテレビでかなり前に放送した作品を有料で、しかも携帯電話で見るか
という部分でかなり疑問を覚えるわけだが。イリーガルな方法もあるしなぁ。

そういえば先日BS2で「茄子」と「ほしのこえ」が放送されててビックリしたよ。
相変わらずBS2のアニメ担当者の選択にはシビれるものがある。もっとやってくれ。

厨性能に厨性能返し!な「ヒロイックエイジ」吹いた。ベルクロス無茶苦茶過ぎる。
「Fate」あたりを通り越してここまで厨設定だと逆になんだか楽しくなってくるわ。
しかし…みんなカルキノスを買い被り過ぎだと思う。実際そんなに強くねーぞ…。

今週で「瀬戸の花嫁」最終回かと思った。勘違いするくらい最終回っぽい演出だわ。
サンが百人斬り(実際は5人くらいですが)するシーンは歌の効果もあって良し。
さて後半戦はどう展開していくんだろう。普通の学園モノになっちゃうんだろうか。

先週最終回で月曜枠が心配だったのに「うたわれるものらじお」特別編配信ですか。
そういえば「ラジオトップレス」のときもそんなのあったっけ。ネットは融通利くね。

| | コメント (0)

2007年7月 1日 (日)

クシャミしたら吹き飛ぶぞ。

Microsd1

ヤフオクで購入したPQI製のmicroSDが到着しました。
こんな丁寧なケース初めて見た。何この幕の内弁当…すげーかわいいんですけど。
できればminiSDとSDのアダプタが完全合体できればよかったんだけど、この商品の
場合はそういう合体の必要がないので仕方ないとする。

しかし…microSDカードって小さいな。うっかりへし折りそうだよこれ。

Microsd2

神姫と比較してみる。平面積の小ささもさることながら薄さがもっとヤバい。
部分的には指のツメよりも薄いんじゃないかな。技術の進歩ってホント凄いわ。
しかもこれで1GBもはいって、更にお値段たったの1300円。ギャー!
最近はmicroSDサイズで8GBってのもあるらしいよね…。

ちなみにN703iμのフォルダ構造なんですけど…凄く使いづらいです。
常に横に置いてある旧vodaのv603SHがあまりにも使いやすかったので…。

N703save

例として先日書いたMIDIファイルの保存例がこちら。
この図のように、ファイル本体と「ファイルの名前を保存するファイル」が別にあって
パソコンからそのままMIDIファイルをコピーしてもN703iμは認識しないんです。
もしパソコンから書き込む場合はファイル名をRING****.MIDに変更して、****の
数字と本来のファイル名をRUD000.TBLに追記する必要があります。

だけどねぇ…なんか追記の決まりがあるらしく、上手くいかないんだ…。
これについてはちゃんと調べてみようと思う。



今週は「ゲキレンジャー」がなかったので、代わりに「ハヤテのごとく」を録画。
なんつーか…絵はお世辞にもキレイとはいえないけど許せてしまう内容だなぁ。
もうナギかわいいよナギ。しかしこの番組の本質はハヤテにあるんだよね。
キャストはなんだか馴染みのあるメンバー。ナレーションは言うまでもなく…(笑)

KOTOKOの曲がどういう絵をバックに流れるのがずっと気になっていたんですけど
なんかかなり強引につけてある感じがする…CD尺の方が良いね。

「電王」は…ベガフォームの剣技が地味でちょっとだけガッカリした。
あれはやっぱりVの字斬りすべきだと思うのよ。ベガのVよ、ベガのさ。
「グレンラガン」テンポはえー。新キャラ消えるのはえー。どんだけーだよこりゃ。
残り1クールを第1話冒頭のアレに向ける為に使うからこの早さなんだろうか。

| | コメント (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »