« 三顧ならぬ二顧の拝礼。 | トップページ | ディスヌフ!来ォい! »

2007年10月15日 (月)

振り向くな、涙を見せるな。

Yotsubaoo

この世界に神なんていない…。
「ガンダムOO」を表記するときに「OO」か「00」かでかなり迷ってしまう自分。
わかりづれーな…つまりオーかゼロかってことなんだけど。読み通りだとオーでしょ?
でもあちこちでゼロで表記してる様子も見られるのでキッチリしてほしい。

Rtlarc22

色々と物色したものの、やはりミクロレディ用ハンドを超えるものがなかったので
同じくジャンク入れにあったミクロレディの白い手を塗装して埋め込むことにしました。
ちょっと調色ミスったかもしれないけど、肉眼で見るとあんまりわからない感じ。
とりあえずラルクについてはこれで終わりかなぁ…と思ってはいるんですが。

再び資料を見直してたら、ディスヌフの座席作りたくなってきた。
バイクのパーツを寄せ集めたようなデザインなので、タミヤの1/12バイクのキットを
テキトーに用意すればそれらしいものが出来そうな気がする。気がするだけ。
でも上着着たまま操作しないしなぁ…先に差し替え用頭部を作るとするか。



テンションを上げたいときはJAM Projectの「GONG」を聞くに限るね。泣くけどね。
いや、泣く原因はYoutubeにあるMADが優秀過ぎるからなんだけどな。
だが第3次αやってない罠。いつかやろういつかやろうと思って早2年か…。

先日のカメ田報道といい、TBSはやることなすことダメだよなぁ…。
個人的に初音ミクにはノータッチを貫いてきましたが、初音ミクをダシにしてオタクを
バッシングするという荒業に出てくるTBSをバッシングしないわけにはいきませんよ。
ラジオとアニメは優秀なのに…いや、アニメも時折ダメか。ラジオだけだなぁ…TBS。
カメ田が負けたことで掌を反すようにカメ田バッシングをやるのもおかしいというのを
ちゃんと放送していたTBSラジオは優秀。というか伊集院光が優秀。

そもそも、オタク批判する局が「ガンダム」や「クラナド」を放送するのはどうなの?
っていうか和田アキ子バッシングが発生しないことの方が不自然とすら思えるが、
そのへんは芸NO界の複雑な裏事情が影響しているのかもしれない。

今週の「ひぐらし解」…オープニングの絵が差し替わり、鷹野と羽入を中心に据えて
物語を展開させていく感じを匂わせています。まずは鷹野三四が作られる過程。
鷹野が生まれ育った環境と、それを雛見沢へと導く運命が描かれていましたが
だからといってその狂気を肯定できるわけもなく。

「ef -a tale of memories-」…来たか記憶障害ネタ。昨今この前向性健忘症を扱う
有名な邦画や洋画があったせいで、タイミング的に「またか」という感じがする。
第1話ではそれぞれの登場人物がバラバラに配置されている感じがしていたけど
徐々に繋がってきて…でも、まだプロローグ的な雰囲気がするんだよなぁ。

「ハヤテのごとく」…ワタル君のツンデレっぷりが素晴らしい。雪路は…ダメだな(笑)
雪路とナバちゃんはどうにもイメージがカブるけど、実際はあんなヒドくないよなぁ。
尺を埋めるように最後に「遊戯王」ネタがはさまってて吹いた。絵がまんまだよ!!
ぶっちゃけ執事バトルとかどうでもいいのに…つーかスタッフもその気はないらしい。

「みなみけ」を第2話から視聴開始。うーん…絵はキレイだけど、やってることは多分
「あずまんが」や「苺ましまろ」の焼き直しという印象しかないのは自分だけかな?
そういう偏った見方をするとタイトルロゴまでパクりに見えてくるんだが…。
それと「みなみけ」なのに南家中心のエピソードより小学校メンバーの方が面白い。

「獣神演武」…ストーリーを展開させる上での最低限の要素と説明だけが揃ってて
それ以上に魅せるまでに到っていないという印象。もっと色々やっていいと思う。
今のままだと日本人の視聴者を確実につかむことは出来ないと思うなぁ。
小山力也初登場なのにセリフ短い…まあ来週ちゃんと出てくるようだし期待しよう。

 >>ババア結婚してくれ!

こんなエリートメガネがババアなわけないだろ!!いや!ババアかもしれない!!
確か山猫部隊ってGRUのエリートから選出されてたと記憶してる。
現行の特殊部隊でも同じように、軍や警察の若いエリートから選出しているから
恐らくはそんなに歳いってないと思うんだけどね。せいぜい26ぐらいが上限。

|

« 三顧ならぬ二顧の拝礼。 | トップページ | ディスヌフ!来ォい! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

見事にタイトルに釣られたw
自分も最近JAMの人でニコニコだからさ
最近ようやくゲッター関連や牙狼聴くようになりましたよ
この分だとカラオケの傾向が様変わり必至ナリ

投稿: ネオ | 2007年10月15日 (月) 23:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三顧ならぬ二顧の拝礼。 | トップページ | ディスヌフ!来ォい! »