« 雀四ヶ月後も踊り忘れず。 | トップページ | 末っ子が年長者。 »

2008年1月 6日 (日)

アニメは一日3時間が限界。

Virtue3

1時間半ほどかけて下半身も完成。とりあえずこれで本体は終わった。
説明書に記述されていた通りにふんどし部分のアーマーを切断したら、なんだか
ダラーンとユルくなってしまった。ここは接着剤で太らせた方がいいみたい。

しかし…他の部分が細かく色分けできてるのに、なぜスネの色分けができなかった
のだろうと不思議に思えてしまう。一番目につくところなんだけどなぁ。
恐らく1/100シリーズでは改善されてるだろうね。1/100は素材として欲しい…(笑)

久し振りにガンプラ作ったけど、なんだかんだで面倒な部分が多いのだわ。
ちょっと金額足して完成品が手に入るんならそっちに逃げたくなる気持ちもわかる。



新番組「俗・さよなら絶望先生」の完成度がヤバ過ぎる。初回から本気だ!!

最初は「なんだこのアニメ…」と思ったけどね(笑)つーかアバン9分は長過ぎ。
まあ前フリなわけだが。OP曲も新規になりまして…あと、美監が違う人になってる。
Bパートは原作第1巻分で飛ばされたままだった普通ちゃん登場回。いまやるのか。
…っていうかCパートだと!?休眠期間があったおかげで作画も動画も素晴らしい。

そしてEDがエグい(笑)見慣れない名前が多いけど「ロミジュリ」他で作監を担当した
本田敬一さんが原画をやってた。そしてエンドカードがなんと寺田克也!?
こんなに豪華にされるとかえってこの先の展開が非常に不安になるんですけど…。

このtvk土曜深夜アニメアワーだけで新番組が6本?…どれかは削りたいんだが。

「True Tears」はハイビジョン製作で非常に完成度が高い反面、話が存外に普通で
見終えたあとに記憶に残る箇所が少ないような印象があります。
雰囲気的には「sola」に近いけど、あれとは違ってファンタジー要素はなさそう。
ファンタジーはないけど脳内がファンタジーな人がいるので…賛否両論あるか。

放送前はあまり印象のよくなかった「破天荒遊戯」は、見ると意外に面白い。
こんなにコメディ要素の多い作品とは思ってなかった。こちらも完成度は上々です。
いかにもスタジオディーンらしい繊細なタッチ。女性向けっぽいけどそうでもない?
自分的には「True Tears」は切ってもこっちは残す。そんな感じのアニメ。

「君が主で執事が俺で」と「シゴフミ」は明日以降に。

今週の「ゲキレンジャー」…父の目覚めにちょっとウルッときてしまう自分。
ゴウの新技の修行が、服の色のせいかどうしてもドラゴン紫龍に見えてしまうんだ。
ロンの思惑はいずこにありやという感じですが、本気で裏切りとかがあるんなら
劇場版と同じく理央様との共闘という流れもありうるんじゃなかろうか。

「電王」…こんな感じで一話ごとに仲間が離脱していくのか。来週は亀ちゃんらしい。
今週の内容はさほど…予想通りであったことと、あまりにも露骨なリデコのせいで
半分以上流し見してしまったぐらいだし。むしろ来週の予告が重要だったような。
カイの身体になにやら異変がありそう。そろそろラスボス登場時期ですか?

「ハヤテのごとく」…新春豪華過ぎる。つーかサクのサービスシーンが素晴らし過ぎ。
いやぁ新年からいいもの見せてもらったよ…ただ、それより何より嬉しかったのは
チャット(笑)の声を本物の野島さんがやってたことだ。永久保存したい勢いだよ。
それら差っ引いても今週のナギは異様に可愛かったし…拍手絵もナギのままかな。

OP曲は2コーラス目に変更で絵が若干変化。ED曲はI'veプロデュースのIKUさん。
正直まったく手元にデータがない…声は島みやさんと伊藤由奈の中間みたいな。

 >>ナイス・ノノラル

いつも絵チャに行って「さて何を描こう?」と思ったとき、自分がハマった作品を
思い返すんですけど、近年「トップ2」以上にハマった作品がないことに気付きます。
「絶望」絵を上手く描ければ…。

|

« 雀四ヶ月後も踊り忘れず。 | トップページ | 末っ子が年長者。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雀四ヶ月後も踊り忘れず。 | トップページ | 末っ子が年長者。 »