« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月31日 (水)

人情亡き世の刃傷。

この歳の瀬、ぬくぬくとゲームを楽しめるシアワセ。関羽は来年な…。
本年は閲覧者の方々に大変お世話になりました。アクセス数10割増しです(実話)
もしよろしければ来年も、一日のうちの3分ぐらいを分けてもらえると嬉しいです。

Oblv47

メインクエストも中盤に。世界各地でくぱぁしたオブリ門をソフ倫の如く閉めて回る
作業をかれこれ何時間も延々と繰り返しております…これはダルいわー。
オブリ門が複数出現してからなんだかロード回数が増えて動作が重いし不安定。
早いところ全部閉めねば…ひとつあたり1時間はかかるかな。

Oblv48

本来メインクエストが一番楽しくあるべきなのに、爽快感が薄いってどうなの?
王道RPG的ではあるけど、誰も「オブリ」にそんなもん求めてないってば。

Oblv49

金の指輪に不可視エンチャントしたらこの名前つけたくなるよね…(笑)

不可視100%にしてしまったことも緊張感減退につながってるのかもしれないな。
残りの実績を解除する為だけの消化ゲームになってると言わざるをえないので
もうちょいマジメに遊ばないとダメだ…つーか「シヴァリング・アイルズ」が国内で
未だに配信・販売されてないから実績コンプ不可能なのは内緒。

Oblv50

しかし、雲王の神殿はなぜこんなに日本風なんだろう。
アカヴィリ装備も全体的に和風だし…日本は未だにファンタジーの一部なのか。



塗りが終わりそうな…終わった感じなので、一息つく為にブログを書き始めたり。
この状態でモニタから離れて数時間から1日ほど経つと改善点が見えてくるので
その間に「オブリ」でもやって時間を潰そうか…みたいな。

やはりうちの環境ではそろそろ技術的な限界を感じるような気もします。
しかし、この環境でもまだやれることがありそうな感じもしてます。
道具だけ良くしても良い作品はできないだろうから、もうちょい粘ってみるつもり。

それにしても「アメトーーク」おもしれかったー。とてもシアワセな2時間半だった。
自分も客商売しててよく「一番良いのください」って言われて困ったもんだったなぁ。
無責任かもしれんけど、そんなもんわからんよ。使う人にもよるし。
自分が欲しいもの、やりたいことを明確に伝えないと欲しいものは買えません。
神様と呼ばれる客になりたかったら優秀な客にならないといけないね。

しかし…デジタルフォトフレームの存在意義は未だよくわからん。
そもそも一般家庭で、写真を日常的に飾って眺める習慣ってあるんだろうか。
パソコンやテレビで事足りると思えるだけに非常に謎の多い商品だと思う。

友人から「いままで何人のマリオが死んだんだろうな」と言われて考えたものの
最近は「魔界村」でアーサーが死にまくる様子を延々と見ていたせいか、
「アーサーも結構死んでると思うよ」と言ってしまった。頑張れ某所のアーサー。

| | コメント (0)

2008年12月30日 (火)

ネズミの王国。

Kan01u

昨日頑張って歩き過ぎたせいで、両脚が痛くて生活に支障を来たしています。
活動停止するかのように眠りに落ち、目が覚めたらまるで滅びが進んだロボットの
ように脚がギシギシと…関羽を箱から出すどころじゃなかった。

冬コミ3日間は幸い大きな事件や事故もなかったようでちょっと安心。
(…いや、なんかあったらしいみたいな話は聞いたけど無視しておきます)
不況もどこ吹く風と言わんばかりの盛況ぶりに胸を撫で下ろしました。

昨日は帰宅してすぐ食事→入浴→ブログ更新→「オブリ」→死亡という流れ。
「オブリ」はメインクエストをほんの少しだけ進めるに留まりました。
メインクエはひとつひとつのクエストが結構長くて、サクサク進む感じではないね。
戦闘も集団vs集団の混戦が多く、気が付くと味方の兵士にとどめを刺してたりして
クエストが終わってフラフラ歩いてたら衛兵に逮捕されるとか…どんな罠だこれ。

敵と近接攻撃してるときに味方が割り込んでくるのはホント勘弁してもらいたい。
特定のNPCを守るクエスト以外は基本的に傍観するのがいいと思いました。

さーて…一息ついたら塗りを再開せねば。終わる気がしねえ…。

今週の「キャシャーンSins」…まさかのブライキングボス登場で話が急激に進んで
続きが楽しみになったものの、あと1クールも繋げるほど広げられるのか心配。
生殖能力をもったロボットが「キャシャーンと…ディオ…」で止まるかと思った(笑)
もしそんなことになってたら幼女とBLしかないアニメになってしまうよ。

「今日の5の2」最終回…当り障りの無いまま終わりを迎えてしまった感じがする。
最終回としての出来を問われると、この作品自体ストーリーがないようなものだし
この先の期待感と広がりを考えたらこんなもんじゃないかな。
もし仮に小学校の卒業までを描くのであれば、また話も違ってたと思うし。

塞ぎ込んでいる人を見るとなんとかして元気にしてあげたいという人がいるけど
当の本人からするとそういうときほど放っておいてほしいものだと思う。
まあ…話題を広めた犯人ならそんな空気が読めなくても仕方ないんだろうな(笑)

さあ問題はこの枠の次なんだぜ…過度に期待しなければなんてことはない…さ。

| | コメント (0)

2008年12月29日 (月)

足が動かない。

C75bs

冬コミ2日目参加してきました。いやー暑かった…熱気ではなく気温的な意味で。
一時は雨が降るかもなんて予報もあったのに、春のような快晴となりました。
中途半端な冬支度で向かってよかったよ…ガチで着込んでたら死んでたわ。

東館をざっと見たところ、人気タイトルの占有面積が非常に大きくて一般FCである
少部数作品を扱うサークルが非常に少ない…というより皆無という感じ。
東1・2・3・4はジャンルコードの時点で大分類になってたからいいとして、東5・6も
一般FCとは名ばかりにオンリーイベント化してた印象がありました。

あの状況から欲しい作品の同人誌を探し出すのは困難を極めると思います。
つまり、カタログを買うなりネットで調べるなり事前のサーチが不可欠ということ。

企業ブースは更衣室が移動になったおかげでかなり広々としていました。
午後3時を過ぎても混雑が収まらない…というのが今までの企業ブースでしたが
通路の幅を広く設け、一般参加者に優しい配置となった感じがします。

一番大きな変化はコスプレスペースだね。まさかビッグサイト前の公園とは…。
他にも西館南にある駐車スペースを開放し、コスプレスペースとしていました。
企業ブースとコスプレスペースに起きたこの変化は快挙と言えそうです。

えー…さて、戦利品ですが。以下の通りです。

 ・Figma 「一騎当千GG」関羽雲長 \980

…うん。今回も同人誌は一冊も買ってない。予想通りというかなんというか。
今回の東館の状況もあって、好みの作品を見つけることがまず困難だったしね。
コミケで買い物する為にはコミケでブームの作品を好きになるしかないのかと。

でも無駄に歩き回っただけじゃないよ。流行の塗り方とかはちゃんとチェックした。

帰りに友人と、秋葉原と新宿の主要な玩具店を回って値段をリサーチ。
で、結局さくホビで関羽を買ったというわけです。
以前から欲しかったし、手ぶらで帰らなかっただけマシだと思いたい(笑)



絵を進めるのに耳寂しくなり、今月ずっと放置してたネットラジオを幾つか消化。
「はんぎゃく日記」最終回の1個前と「ひだまりらじお」の最終回がヤバい。
面白過ぎて作業に集中できないぐらい笑ってしまった。
長く聞き続けてきた両番組が終わるのは寂しいけど、これもまた年の変わり目か。

言わば本編であるアニメが終わっても放送が続いてくれるネットラジオは嬉しいが
一本の制作費をリアルで聞くと、あまり歓迎できないことも理解できる。
アニメのDVDが飛ぶように売れる時代が来れば安泰なんだが…。

今週の「今日の5の2」最終回…明日に持ち越し。

「とある魔術の禁書目録」…アクセラレータの能力にはいくつか疑問点があるなぁ。
あの場面で粉塵爆発を起こすと、周辺一体の酸素量を更に引き下げる恐れがあり
能力では対処しきれない窮地に陥る可能性もあるんじゃなかろうか。
触れた線路にかかっている重力の向きを変えて上空に跳ね上げることはできても
それを直線的に飛ばす(OPのような)のは能力の範疇を超えていると思う。
原作でどういう描写をされてるのか知らないけど…あまり考えないようにしよう。

 >不壊のピックはピッキングが楽になるけど、
 >今度は楽になりすぎて緊張感がなくなるんだよね

あれは「とりあえずレベル10までは我慢しろ」という意味の救済策だと思います。
難易度スライダーにも言えることだけど、RPGの目的はストーリーを楽しむことだし
それが阻害されるような要素を排除できる機能も必要なんじゃないかな。

あれは壊れないことより開錠スキル+40ってのがバランスブレイカーだよね…。
おかげで開錠98あるのに、NORMALのオート開錠に連続でミスる現実。

| | コメント (0)

2008年12月28日 (日)

女傑の年。

魔術ギルドクエストをコンプリート。最後の方は意外とラクだったなぁ。
まあそれにしても…名のあるNPCが次々と死ぬのがギルドクエストだというのは
他のギルドをやってるから既に知ってたけど、にしても死に過ぎだと思うわ。
プレイヤーの称号を最上位にランクアップする為には…の結果だしね。

で、魔術ギルドで魔術が伸びたかといえばそんなことはなく(笑)
やはり最初に決定したステータスと成長方針ですべてが決まると言えます。

Oblv43

一段落ついたので、倉庫にしまっておいた要らない武器や防具をすべて処分。
10万の資金ができたのでスキングラードとアンヴィルの家購入クエストをコンプ。
なぜこの2箇所かは…ご想像にお任せします。
全ギルドと都市クエをほぼ制覇し、残すはメインとプラスアルファという感じ。

Oblv44

デイドラの神像クエストは2箇所を終了。
「不壊のピック」を得る為のと、たまたま発見してて進行中のクエストになっていた
ハーシーンの神像クエストを終了済みに移動する為に埋めました。
クエストの始動条件がかなり特殊なので、謎解きの面白さがあると思います。

Oblv45

現在のレベルは17。ためしにメインクエストに挑戦したものの…難し過ぎる。
敵が強過ぎ&多過ぎで、難易度スライダーがデフォの状態ではクリア不可能…。
左端から1/4ほどの位置でようやく面白さとのバランスが取れる状態に。
これから「オブリ」を進める人はメインクエを先にやった方がいいと思います。

Oblv46

無事ひとつめのオブリ門を閉じたところで力尽きました。これから大変だわ…。
この難易度を強いられるなら、全身不可視装備でも文句言われないよね?



明日はうっかり冬コミに寄り道するので、更新はいつも通りではないと思います。
たぶんついでにあちこち立ち寄ってくると思うし。今年最後の遠出だから。
3カメで玩具のセールとかやってたらヤバいかもね…ある意味コミケ以上に。

年明け用のネタはまったく進んでない…冬コミで良い刺激をもらえたらいいなぁ。
まあオフの年賀状と違って、タイムリミットは元旦の夜だから結構ユルいか。

オグシオのペア解消シーンに「あんなに一緒だったのに」を流したフジは神だな…。

今週の「かんなぎ」最終回…別に奇抜なものを期待してたというわけじゃないけど
今までの流れからすると非常に普通な最終回だったせいか期待外れだった。
原作が完結してないのでこういうアヤフヤな締めにせざるをえないというのもあるし
このスタッフが作るものだから…という期待が大部分だったことも理由かな。

結局おいしいところはざんげちゃんが持っていってしまった(笑)あれはヒドい…。
最後に「またね」と表示されたけど、これは2期製作の予告ということなのかな。

「屍姫 赫」最終回…という名の総集編。第2期「玄」へ続くことが前提となっており
最終回らしい雰囲気は一切ないし、タイトルが変わる等の告知もまったく無し。
次回からはシリアスな修行編に突入かと思いきや、予告の段階で既にユルそう。

「ガンダムOO」…それぞれの機体の特色を活かした非常に面白い戦闘だった。
動力源にされた約1機を除いてな(笑)前回は逃走の援護だったし扱いヒドーい。
残されたカタロンの艦は無事脱出してるといいが…アロウズも追う余裕ないか。
王留美にも思惑があるし、ネーナも独立した勢力と考えるべきか。

スーパー恒松タイムはだんだん短くなってるな…もっと活躍させてほしいわ。

 >アイコンがエロ過ぎる・・・アイコンがエロ過ぎる・・・

大事なことなので二度言いました。背景色の問題…?

アイコンを頻繁に変更するのって鯖に負担かけるのかな…とか思ってしまうけど
いつでも変更可能な仕様にしてるんだから大丈夫だろうと、コスチュームも含め
今後は度々変更していこうかなぁと思った。

| | コメント (0)

2008年12月27日 (土)

愛と孤独。

Oblv40

魔術ギルドクエストも終盤。なんか進みが早いと思うのは気のせいではないです。
「オブリ」は序盤に一番時間がかかるゲームで、ある程度のノウハウがつかめると
攻略に必要なアイテムや能力を用意しやすくなりますから。

Oblv41

しかし…魔術ギルドは戦士ギルド以上に強制戦闘が多くてツラいです。
クエストに関係したNPCや敵はプレイヤーの状態にかかわらず発見状態になるので
プレイヤー側有利の状態で進めるのが難しくなります。
なんの予備知識もなく突っ込んだら強制戦闘で死亡すること必至。
4つのギルドクエストの中で一番難しいかもしれません。

味方になるNPCは「この奥に敵がいるぞ!」「いま助けに行くぞ!」と死亡フラグを
全開にして突っ込んでいき、ものの数秒で死んでしまうという不甲斐無さ(笑)
そこで小笑いが発生する程度の面白みしかない…。

Oblv42

まあ…どんなに難易度が高くてもこちらのステータス次第ですが。
完全隠密+暗視+生命探知で弓矢メインだと完全にミリタリーFPS。



携帯電話に非通知でテレビ電話がかかってきた。
そもそも自分の携帯電話にテレビ電話機能があることを今日まで知らなかった。
イヤな世の中になったもんだ…。

コミケ前日だけどサークル参加するわけでもなし、世間は仕事納めも過ぎてしまい
これといってニュースや話題がないのでブログのネタにも困ります。
そういえばクリスマス商戦でセールでもあるかと思ってたけど、不景気のせいか
捨て値で捌くような店舗もあまりなかったような。
まあ待て…まだお正月商戦が残ってるさ。

今週の「テイルズオブジアビス」…ナタリアがやっと活躍してくれるのかと思いきや
唯一最大の武器である権力まで失ってしまうとは。あまりにも不遇な扱いだ。
叔父上が亡くなる以外のケースでは国に戻れないだろうな…それとアッシュだけど
あれほど堂々と裏切ってしまって今後大丈夫なのか。こっちも戻れないよなぁ。

「鉄のラインバレル」…AパートとBパートのギャップが凄いが、ロボットアニメとして
ようやく軌道に乗った感がある。この引きで来年まで持ち越されるのは苦痛だ…。
裏切る予感はバリバリだったので意外性はない。しかしこれによってジュダ側の
男性比率が更に低くなるというのはあまりバランスの良い話ではないなぁ。

次回サンドマン様大活躍の予感。まさか予告ジャックまでするとは…(笑)

| | コメント (0)

2008年12月26日 (金)

焦り気味なサクラ前線。

魔術ギルドクエスト開始。いや…別に魔法不得意でも全然平気でしたよ。
基本的には他のギルドと同じく、アイテムを運んだり敵を倒したりするのが主な
仕事となるので「魔法が使えないとダメ」的な壁はいまのところありません。

ただ、仮に魔術スキルで固めた新キャラで魔術ギルドクエストを始めたとしたら
戦闘の部分でかなり苦労するんじゃないかと思いました。
レベルに応じた敵が出るとはいえ、シチュエーション的に結構ツラそうです。

Oblv39

魔術ギルドの一番の利点はアルケイン大学の施設を利用できること。
プレイ開始から80時間経過してようやく自作魔法やマジックアイテムの製作が
可能に…って遅過ぎるよな。先にこれだけやっておくべきだったなぁ。
でも仮に不可視アイテムを量産したあとで盗賊ギルドを始めていたとしたら
その面白さは半減どころがゼロになってたかもしれないね。

ちなみに不可視のエンチャントは極大魂石でもドロップアイテムより効果が薄い…。
溜め込んだ魂石を一気に放出するとして、何から作っていこうか迷うなぁ。
試しに作った暗視付きのフードはなかなか重宝してます。安いし。



とりあえず一息つい…てないね。年明け用のネタが全然進んでない。
時間はあるけど、「オブリ」に時間を食われて不自然なくらい忙しい気がする。
魔術ギルドのクエストをコンプリートしたら一旦「オブリ」休もうかな。

「ディシディア」は面白いんだろうか。周囲に購入者がいない感じがするけど。
映像や音楽にはかなり惹かれる…問題はゲームシステムか。
自分は箱○を手に入れたことで据え置きゲーム機寄りな人間になっちゃったけど
世間的には「モンハン」以降な流れで携帯ゲーム機に火がついているらしく
年明け以降も大手メーカーがわりと本気でリリースしていくようだ。
「セブンスドラゴン」とか絵は好みだけど、今更DSに戻れる自信がないな…。

Figma子明の購入報告がやたら少ないので発売が延期になったのかと思ってた。
どうやらあまり出来が芳しくないのが原因だったようで…同発のフィギュアに押され
関羽のときと同じような下落を見せそうな予感がします。Figmaは恐い。
新作は「マブラヴ」かぁ…なんか「神姫」っぽく見えてしまうのは自分だけ?

とりあえず「医龍」の新刊は買った。しかし「BLEACH」も「Dグレ」も読めてない。

今週の「ロザバンCAPU2」最終回…まさか最終回で失速するとは思わなかった。
誰かが「最終回ぐらいは普通にやりましょうよ」とか日和った発言をしたんだろうか。
存外に普通な内容で、それだけならまだしも絵が…なんかボコボコなんですが。
これでも作画に藤田まり子ちゃんが直々に参加してるんだぜ…。

「RD」での活躍も記憶に新しい森さんが父親役で登場したのが一番の驚きかな。
それ以外の部分では特筆すべきこともなく、本当に普通な最終回だった。

| | コメント (0)

2008年12月25日 (木)

我はまだ蒼いと語る枯落葉。

Oblv36

戦士ギルドのクエストも無事コンプリートしました。一番短かったかもしれない。
序盤からゴリ押しで、終盤もほぼパワープレイなせいかどうも変化が乏しかったけど
最後は王道っぽい終わり方だったしストーリー自体はよかったと思います。
しかし…黒檀シリーズの重装兵複数を相手に戦うのは正直しんどい。
(それらを速攻で売り飛ばして持ち金が7万を超えたというのは内緒)

Oblv37

でもまあこっちには隠密95に加えて不可視20%があるからね。
夕方から早朝にかけてのフィールドと、照明のないインドアでは不意打ち大会だ。
亡霊や死霊相手に背後を取れるという不自然さがたまらない(笑)

Oblv38

イケメン主人公を作るのに再び挑戦したけど、どうも上手くいかないねー。
原因は恐らく目の縦幅をイジる項目がないからだと思います。
眉間の幅や額の項目を調整することによって間接的にイジれるけど限界があって
どうしてもギョロ目な感じになってしまう。スクエニ系キャラとか無理っぽいわぁ。

このあとイジってたらキアヌ・リーブスに似てきたので黒のローブ着せて遊んだ(笑)



クリスマスだというのになんだかとっても時間的余裕があり、以前から先延ばしに
していた大掃除をボチボチ始めることにした。まずはガラス戸を拭いたりとか。
ついでに、前から試してみたかったので居間のハイビジョンテレビに箱○を接続し
映像を出力してみたところ…やはりHDMIケーブルがないとダメみたい。
最大解像度ってヤツを一度見てみたいなぁ。

ちなみにクリスマスは家族全員と過ごしました。兄も無事退院したので。
父がペースメーカーを入れるか否かの状況を迫られていたりと、今年の我が家は
なにかと騒動があったので、こうして一家全員が揃うことがシアワセなんだと思う。

今週の「とらドラ!」…結果として父親の件はなにひとつ解決されてないんだが。
そして竜児が非常に美味しい思いをしてる気がしてならない。ちょっとズルいな。
あのまま大河の父親を殴りに行くぐらいの展開もあって然るべきだと思ったけど
あえてみんなで忘れることが一番のクスリになるかもしれない。

気になるのは北村君かな…本命の委員長に告白できないからとりあえず大河で
収めておこう的な感じに見えてしまったのが大河サイドから見るとツラい。

 >今日目立った検索フレーズ…NAIJですね!

そんなことNAIJ!って一回言ってみたかった。
コミケ間際だからだと思うんだけど…自分の名前に「同人誌」や「コミケ」という
単語を組み合わせて検索および閲覧していかれた方がいらっしゃいまして、
昨日と今日の総アクセスがユニークアクセスの4倍ぐらいになっております。
もう10年以上描いてないし、今後も描く予定ないですよ。

 >とある魔術の禁書目録は、美少女ゲーをラノベに書き下ろしたと言われるほど
 >勢い重視のキャラ萌えというスタンスなので、SF(Science Fiction)というより、
 >SF(Sukoshi Fushigi)と言う方がしっくりきますよ。

 >何の賞も取れず消えていくだけだった佳作が拾い上げられて大ヒット
 >あまつさえ漫画化、アニメ化までされるなんて、
 >本当に何が流行るか分らない時代になったものですね。

自分はそこまでヒドく言うつもりはないけど、確かにアウレオルスの能力なんかは
空想の化学ですら説明がつかないのでSF(Sugee Fushizen)なのかもしれない。
でもそれは世間が未だ知りえない既存技術であるかもしれない(笑)んですよ。
クローン技術は現代科学で説明がつくので、なんとなく疑問に思ったわけ。

昔は少年誌の一番人気作品がその栄誉を称えられるカタチでアニメ化されるのが
一般的な流れだったんですが、昨今はアニメの放送枠が増えてしまった都合で
「アニメの原作を書ける人」が広く求められるようになりました。
そこにビジネス(金)になる可能性を見出せれば、すぐにでもクロスメディアと称して
漫画化・アニメ化して回収し即時撤収します。賞はビジネスとは直結しません。
異業種の人たちみんなが儲かるビジネススタイルが必要だからです。

一番かわいそうなのは、アニメが放送終了してファンが原作小説に推移してもまだ
月刊誌でダラダラと「他人が原作を書いた漫画」を描かされる人だと思います。
「アニメや小説とはまた違う面白さがある」と評価されるケースは少ないし。

あ…一応誤解のないように説明しておきますが、「禁書」毎週楽しみにしてます。

| | コメント (0)

2008年12月24日 (水)

迷える人民の為の。

Oblv34

「オブリ」の自キャラのレベルが上がると比例して敵キャラが強くなっていくという
システムについては以前書きましたが、いくらなんでも野盗が全身ミスリル装備で
襲い掛かってくるとかいうのはおかしい…(笑)
戦士ギルドのクエストで脱獄囚を始末する依頼があるんですけど、脱獄囚のクセに
全身エルフ装備で身構えていたり…そんな完全防備なザコありえないっつの。

床下でペットのネズミを襲うライオンにもかなり笑わされたけど、「オブリ」は自分の
レベルによってはかなりカオスなゲーム内容になりますね。

たとえば格闘の技能を伸ばしまくったキャラを作り、ウェイノン修道院すら飛ばして
いきなりクヴァッチの戦いに参戦して素手でオブリ門を閉じることも可能です。
6回殴るだけで倒れるドレモラとかおかしいよ!つーか素手が強過ぎるんだが。
これは自分のレベルに合わせて敵が弱くなってることが原因。
多分バンビ(レベル15)でクヴァッチ戦に参加したらかなり苦労すると思われます。

Oblv35

これがつまり、特定のメジャースキルを伸ばし過ぎたことによる弊害なんですよ。
低レベルを維持し続ければ敵は弱いまんまですからね。
「オブリ」をやりこんでる人はレベル増加を管理しながらキャラ育成をするらしいけど
正直面倒臭いので、自分は難易度スライダーをぐぐいと動かします。

ただまあ…上位装備がジャラジャラ手に入るので、それを売って金儲けしていたら
なんだかんだで持ち金が5万5千を突破。スキングラードの屋敷ぐらい買えるなぁ。
戦士ギルドクエも終盤。次は魔術師ギルドかメインクエか…悩む。



今日目立った検索フレーズについてはあえて触れないこととする。うむ。

24日の誕生花はヤドリギ。英語で書くとLoranthaceaeとなるそうですが…これって
まさかロラン・セアックの元ネタだったりするんだろうか。知らなかったの自分だけ?

備忘録に書いてるクセにすっかり忘れてたけど「キングゲイナー」出てねーよ!!
フラッパーの公式サイトの予定表からも消されてた。マジでいつ出んの!?
もうこれで何度延期or未定になったかわかんないよ…早く出してくれーッ!!

今週の「ケメコデラックス」最終回…戦闘シーンがあまりにもカッコ良すぎて吹いた。
しかしこの引きはどうなのかな。ジャンプ漫画の打ち切り最終回みたいだったけど
これは続編の製作を考慮に入れてのことなのか、はたまた尺の都合なのか。
野中藍を呼んでラストに一言だけ言わせておいて続編がないわけは…。

「とある魔術の禁書目録」…ひとつの回答を導き出す為の演出として丸々一話分
尺を使ってしまったけど、実のところ回答は導き出せたか定かではないな。
レベル6へ進化する可能性のあるレベル5を絶滅させるのは恐らく無理として
そもそもレベル6など存在しないと思わせれば解決できるんじゃなかろうか。

つーか…当麻より猫の心配をしてしまう(笑)あれでよく生きてたよなぁ。
シュレーディンガーの猫についてはwikipedia先生にでも頼ってみてください。
読んでるうちに脳が崩壊すること請け合いです。

 >相変わらずキャラ作りのクォリティ高くて関心。
 >フォールアウト3のキャラ作ってけど香港辺りの食堂のオヤジにしか見えない…

「Fallout3」もキャラエディットの仕組みは同じなのかな。
特定のパラメータをイジると関連したパラメータが自動的に調整されてしまうという
自称・親切機能が廃止になってくれればもうちょっと作りやすくなるのにね。
男性でイケメンを作るのは難しいです…「オブリ」でヒマなときに挑戦していますが
何度作っても「GoW」に出てきそうな頑丈な男性しか作れません。

 >成長促進機に入れてオリジナルと同年齢まで
 >急成長させて云々という記述が確かあったような
 >そのせいかは分かりませんが、一般的な人間より短命だそうで

 >ちなみに禁書世界の相場で原価18万円だそうな

その成長促進機なるもの自体がSFの範疇を抜け切れてないように思える…。
漫画やアニメではよく、謎の液体で満たされた培養ポッドみたいな描写があり
よくわからない力でクローン元と同じ体格になってるけど。

でもまあ、レベル6へ進化させる為の言わばエサのような扱いなわけだから
人間より短命であっても役割自体は果たせるので問題ないでしょう。
つーか18万円なら俺は買うね!と言う人がネットの各所に結構いましたが(笑)
それを2万体破壊することを思うと、研究機関の資金源が気になります。
御坂に数億円の研究機材破壊されても平然と復活できるわけだしねぇ…。

| | コメント (1)

2008年12月23日 (火)

名古屋女は嫁に貰うな。

Oblv31

戦士ギルドのクエスト消化を始めました。普通に力押しゲームです…。
なんだろう…盗賊ギルドと暗殺ギルドが隠密行動メインだったというのに対して
戦士ギルドは人数とパワーでゴリ押しな印象があります。
頭使わなくていいし、NPCに頼れるからラクといえばラクかもしれないな。

戦士ギルドは今までの積み重ねが通じるからいいとして、問題は魔術ギルドか…。

Oblv32

ためしに魔術師向きの設定で2ndキャラを作り、魔法縛りで序盤を遊んでみたけど
戦士&盗賊向き設定のバンビで兼業するのは無理っぽいなぁ…と思いました。
兼業するなら最初からそのつもりで、弓の代わりに魔法を使うぐらいでやらないと
均等に経験値を稼げないんじゃないかな。
まあ…馬にひたすら魔法を当てるファーミング法で取り戻せなくもないか。

しかし、視界から消えるまで直進していく火球を見ると弓捨てたくなるね…。
ちゃんと使えば魔法は結構使えるのかもしれないなぁ。

Oblv33

幸薄そうな顔を目指して作ってみたけど…ロンドンとかに普通にいそうである。



ようやく年賀状に着手。絵の筋肉が落ちていることを実感するなぁ…。

昨晩放送されたギアナ高地の特集は、ここ最近の民放では最高だったと思う。
お食事の時間帯に巨大ウデムシや溶解されるヤスデとかご褒美過ぎる。
でも一番評価されるべきなのはあのメガネだよね。ノジュール割りてー!

小中学生に持たせるのを禁じたり、電車内での使用が原因で殴り合いするとか
携帯電話ってアニメや漫画よりも犯罪の温床たりえるのではないかと思う。
まあ…単純に、所持してる割合が高いものだからってこともあるけどなー。
オタクを叩くが如く携帯電話をバッシングされても痛くも痒くもない自分はたぶん
携帯電話ってあまり要らないって思ってるからだろうな。

今週の「キャシャーンSins」…この時期に雪を絡めた話をもってくるアニメは多いが
ここでもやはり「Sins」なりの角度でそのテーマに挑戦してきたのが面白い。
街を塗り替えるという言葉がポジティヴにもネガティヴにも受け取れる感じがして
その判断を視聴者に投げかける姿勢もまた「Sins」たる部分だと思った。

「ef」最終回…2クール通して見てきた人でないとこの感慨は味わえないだろうな。
あれだけネガティヴな演出を積み重ねてきたからこそ、不安の影がひとつもない
ハッピーエンドが映えるというか。できればネガティヴがない方がいいけど(笑)
個人的には久瀬さんが元気でいてくれたことが一番嬉しかったよ。

最後の最後のモノローグはちょっとクサかったけど、2期OPが彩色されたうえで
火村の掌から杭が抜かれたことの効果は大きかったと思う。

 >マックスファクトリー美希はイイ線行ってるかな?と。
 >積みゲーは・・・耳が痛いです・・・

マックスの美希は値段なりの情報量をもった優秀なフィギュアだったということと
原型師の色をあまり出さない社風が功を奏したと思っています。
ただ…あそこまで値下がりするとは予想してませんでしたが。

メガ家 美希 どんな顔なのか うごーさん 教えて」って検索フレーズがあったので
文面でわかるように説明すると…ハンコ絵。春香さんややよいと同じ顔って感じ。
雪歩もホントに顔がそのまんまなので、それが芸風なんだと思いますよ。

積みゲーって贅沢な話だと思うんですよ。自分が貧乏性なのかもしれんけど。
義務教育の頃は年に1本買えるかどうかって感じだったので、買った1本に対する
情熱と義務感(笑)が未だに身に染み付いているんだなぁ…。

| | コメント (0)

2008年12月22日 (月)

誰もが気付いてました。

Oblv27

闇の一党クエストの終盤の展開に正直引いた。これ普通にZ指定じゃないの…?
あんまりネタバレするのもアレだけど、発売からだいぶ経ってる廉価版ソフトだし
だいたいの流れを把握できるように箇条書きにしてみます。

 ▼罪のないNPCを殺害したことで暗殺ギルドに勧誘されたプレイヤー
 ▼暗殺ギルドの上司から次々と任務を言い渡され実行していく
 ▼しかし途中、なぜか暗殺ギルドの正装を持った人物を殺すことになる
 ▼実は途中から指示書を偽装され、ギルドの幹部を殺し続けていたプレイヤー
 ▼真の裏切り者を探さないと自分が裏切り者扱いされる!とビビる上司
 ▼上司は身を案じて空家に身を隠し、プレイヤーに裏切り者の始末を命じる
 ▼偽の指示書を運んでいた男を見つけ、裏切り者の隠れ家を問い質す
 ▼場所は教えるが、隠れ家からなんかヒドい匂いが漏れてると言う
 ▼裏切り者の隠れ家に潜入すると、動物や素性の知れない人間の腐乱死体が
 ▼しかも1体や2体じゃなく、部品も含めるとかなりの数であることがわかる
 ▼飛び交うハエを掻き分け、プレイヤーは謎の日記帳を発見する
 ▼中を見ると「コロス」で埋め尽くされたページやキ○ガイじみた発言が
 ▼裏切り者は暗殺ギルドに母親を殺された過去があることがわかる
 ▼しかも手を下したのは上司であると書かれている
 ▼ふと日記から視線を上げると腐乱した女性の生首と目が合う(持ち帰り
 ▼これ…母さんです
 ▼こいつぁヤベェと急いで上司の元に帰る
 ▼しかしドアを開けたそこにはあちこち部品のなくなった上司が逆さ吊りに
 ▼大事な部分もごっそり削ぎ落とされている(描写あり)
 ▼裏切り者は始末した、さあ首領のところへ行こうとにこやかに誘う幹部集団
 ▼首領の個室には幼児のものと思われる白骨死体が数点(描写あり)
 ▼そこで突然、幹部集団に潜んでいた真の裏切り者が大暴れして幹部皆殺し
 ▼残った首領と一人の幹部、そしてプレイヤーで暗殺ギルドを再興しよう(笑顔

Oblv28

ファンタジーRPGのつもりで遊んでたら実は猟奇サスペンスゲームでした。
概要のわりには長くなっちゃったけど、ここまで説明しないと伝わらないもんね…。
まあともかく、暗殺ギルド単品でも十二分に面白いストーリーでございました。

Oblv29

暗殺ギルドの途中でいただいた優秀な馬ことシャドウメアさん。顔がガチで恐い。
「オブリ」に登場する馬の中では最速、しかも不死属性という厨性能。
ユニコーンは速くて強いけど、抜刀するのを見たらプレイヤーですら攻撃対象に
加えてしまうという厄介な子だったのでシャドウメアさんの方が扱いやすいです。

Oblv30

雪山とシャドウメアさんとわんこと死体の図。シャドウメアさんは気性が荒い。
しかもなまじプレイヤーより視力が良いのでいつのまにか犬を喰ってます。
ユニコーンの好物はカニだったなぁ。

さて…次は戦士ギルドでも始めようかな。メインクエは意地でもやんねー!



「GoW2」日本語版発売決定とか。欲しい人はみんな買ったあとかもしれんが…。

某所で画像ビューワーのサムネ画像を見て「これは何なんだろう?」と思っていた
ものが「魔法少女アイ参」だったことがわかり、ちょっとスッキリした。
定価9,240円で総CG枚数が14枚(半分は差分)、選択肢6個で最短15分で終了。
公式サイトには謝罪文が掲載され、追加CGを入れたROMの配布を決定したとか。
むしろ、何が原因でそんなことになったのかを説明してもらいたいと思う。

お正月のテレビにはあまり期待してなかったんだけど、tvkとBSイレブンがなんと
ファーストガンダムと新生Zの劇場版3部作をそれぞれ一挙放送するらしい。
快挙というか暴挙だこれ。他には日テレが深夜に「イノセンス」をやるとか。
大晦日は…正直、ゲームでもやってた方がシアワセになれるかもしれない。
積みゲーの多い人は特に!(「アイマス」から目をそらしつつ)

メガ家の「アイマス」シリーズは春香とやよいに続き、雪歩と美希を発表。
原型担当は引き続き山猫亭とのことで…完成見本を見た限り、前の2体と変わらず
独自のクセをもった顔つきで好みが分かれそう。個人的には…ノー。
なぜ「アイマス」はゲーム中の絵に忠実なフィギュアが出てこないんだろう?

今週の「今日の5の2」…ぶっちゃけ、花火の回以降ほぼ垂れ流しで見てます。
当り障りの無い内容なんで、当り障りの無い感想ぐらいしか書けないのよ…。
面白くなくはないけど感想を捻出するのに困る作品というか。

ちなみにキツネはコンコンではなくワンと鳴く脅威。コンコンは…童話的擬音?

「屍姫 赫」…前回物凄い勢いで動かした反動か、今週はちょっと覇気が無い。
セリフ回しも妙に説明臭く違和感があったし…超重要な回なのに勿体無いな。
絶叫シーンをあえて無音にしたのは狙ったものなのかな。しかも2連続。

| | コメント (0)

2008年12月21日 (日)

人体牽引免許取得制度。

Oblv25

昨晩は短いプレイ時間で都市クエストの穴埋めを完了。
残すはアイレイドの彫像関係3種と、家を買わなきゃいけないクエストのみ。
家購入クエをすべて完了する為にははたして幾ら必要なのかを試算しようとして
途中でウンザリしてやめました。日本の雇用対策ぐらい絶望的です。
アイレイドの彫像をすべて集めれば1万ぐらい稼げるけど、スキングラードの豪邸に
家具をすべて揃えるまでに約5万かかることを考えると…挑戦したくないなぁ。

残してあるメインクエストと、戦士&魔術ギルド全部のクエスト報酬を合計して
10万超えるというのならやってもいいかな。やってみないとわからないけど。
その前に、すべてのクエをクリアするまでに何時間費やされるかを考える方が…。

Oblv26

気を取り直して闇の一党クエストを進めることにします。
シェイディンハルの聖域最後のクエを終え、今後は「奪いし者」として活動継続。
今後は暗殺というよりはガチで戦う系になりそうなのでちょっとつまらないかも。
ただ、進めると実績が解除されるクエストはやりがいがあります。

X360nxe09

余談ですが、冬休みのテーマが無料配信されております。



短いプレイ時間で…と言ったのは、年賀状のこととか考える必要があったから。
ヒマさえあれば牛に絡めたネタ出しをしてますが、なかなか良いアイデアも出ず
冬コミが終わる頃カツカツの状態で描いてる自分を想像できます。

「TopGear」のFordフィエスタ紹介の回があまりにも面白過ぎて深夜だというのに
笑いを堪えきれなかった。国営放送であるのをいいことにやり過ぎだコレ。
邦画は英国のレギュラー番組一本にすら勝てないと思ってしまうのであった。

今週の「仮面ライダーキバ」…キングのファンガイア形態がどう見てもイマジンの
リデコなのが残念だけど、今週にかける熱意だけはよく伝わってきた。
ダークキバへの変身や現代編の内部崩壊、そして無駄にカッコいい753と(笑)
ようやく終盤らしい熱い要素が増えてきた。残り1ヶ月ぐらいか…。

「かんなぎ」…おふざけというより悪ふざけ。「らき☆すた」から見続けている人なら
笑えるネタという意味でのキャスティングはそれとして、そのあとのはなぁ…(笑)
残り時間があまりないのに、少ない要素とセリフでかなり尺を稼いでいたけど
どのへんまで描いてどう終わらせるつもりなのか…。

「ガンダムOO」…ダブルオーがどんどん厨性能に。もはや攻撃すら当たらんとは。
しかしサジとルイスの関係に重点が置かれ過ぎて、戦闘シーンとは別の作品が
展開しているようにすら思える。むしろ第2期はこっちが重要なのかもしれない。

「種死」のシンステと違うのは、ルイスが自らの意思で過去と決別したことと
前期の主人公が必要以上に彼らの存在を食っていない(笑)ことにあると思う。
でも「あの頃から関係があったんだ」って言われるとつい…恋愛沙汰なのかと。

| | コメント (0)

2008年12月20日 (土)

名前を書き忘れずに。

Oblv21

クエストを進めるたびに所属する団体が増え、暗殺者集団や吸血鬼ハンターから
お姉様と呼ばれる日々を送っております。シロディールは自由過ぎるな…。
正確には同朋を意味する「兄弟(brother)」を女性向けに言ってるんだけどね。

Oblv22

経過日数が100日を超え、完了クエスト数が60に達しました。
暗殺ギルドのクエストは不覚にも面白い…暗殺といっても「アサクリ」のような
大義名分は一切無く、単純に殺害を楽しむものばかり。
密室化された洋館で起こる殺人事件を自作自演するクエストは必見。

並行して都市クエストを埋めてます。残りはアイレイドの彫像と他いくつか。
アイレイドの彫像を集めるのが思いのほか大変だけど探索は楽しいからいいや。
人を殺すか遺跡を荒らすかしかない、英雄とはかけ離れた生活(笑)

Oblv23

クエストを進める過程で手に入るアイテムの中に、クエスト終了しても破棄できない
アイテムがいくつかあります。これは「オブリ」の既知のバグらしいです。
クエストアイテムには重さがないので不便することはないけど、邪魔だよね。
どうしても気になる場合は手に入れずにクリアするしかないそうです。

Oblv24

ユニコーンは放置すると出現位置に戻るようになってるけど、馬小屋だけ例外で
その付近に停めた場合は留まってくれるらしい。昨晩気付きました。
扱いにくい馬だけど強いしタダだからいいや。馬買うほどの余裕もないし。



170億円かけて生活保護世帯に地デジチューナーを配布するって…どうなの?
なんつーか、本当に必要な支援ってそういうことじゃないと思うんだが。
生活保護を必要とせず、自分の稼ぎで地デジ対応テレビを買えるような生活を
取り戻させてあげる支援こそが本当に大切なんじゃなかろうか。
テレビさえ見れりゃ生活が豊かになるなんて昭和家電三種の神器の感覚だわ。
賑やかに喋るテレビを前にして息絶える家族が増えないことを祈りつつ。

拡張型心筋症で亡くなった少年に運転士の辞令を贈った江ノ電の話は泣ける…。
殊世知辛い昨今に、なにか希望を与えてくれる正社員雇用だと思った。

数日前から、デジカメなどのリムーバブルメディアをUSBに挿して認識させると
空のFDDから異音が鳴るようになってしまった。なんでそこにアクセスするんだろう?
そろそろ新しいOSにしてFDDのないパソコンにしたい。

今週の「テイルズオブジアビス」…ルークがようやく活躍し始めるシリアスな話なのに
ルークとジェイドを残して地盤沈下したときにそれがすべて崩れ去ってしまった(笑)
どんなに激しい戦闘をしてもズボンだけ破れないサイヤ人なみに不自然だろ…。
ナタリアは戦闘要員以外の役目がなく、完全に空気扱いされてて泣きそうです。

「鉄のラインバレル」…なんだこれ。まあアレか。いつものアレってことで流すべきか。
森次さんがオチとして残されてるかと思いきや、完全に忘れられてて泣きそうです。

 >烏合さんは本当に面白そうにゲームをしてますね。
 >オブリやりたくなっちゃいますよ。

ある時期、急にゲームを楽しめなくなったときがあって「これが卒業なのかな」という
不安を覚えたことへの反動だと思います。まだまだゲームを楽しめるのが嬉しい。
世の中にはまだまだ面白いゲームと、それを作れる人がたくさん残っているんだと
思えるだけでなんかシアワセになれるというか。

 >牛のネタか,ニクコップンしか思いつかない

暗い年明けになりそうだからそういうネガティヴなネタは避けたいわ…(笑)
狂牛病に限らずO-157やセアカゴケグモって国内外に絶えず残る脅威なのに
報道のブームが過ぎると、あたかも根絶されたもののように思えるから恐いよね。

| | コメント (0)

2008年12月19日 (金)

白き不夜城。

Oblv18

クエストが一段落したので、マップ右下の端まで遠征。
水辺に沿って走るとニルンルートをまとめて稼げるし、気晴らしにはいいかも。
現在、帝都の未開拓のクエや闇の一党クエを気分次第で埋めている感じです。
実績の解除のみを目的に遊んでもつまらないから気長にやります。

Oblv19

「オブリ」は本当に恐ろしいゲームだわ…一般的なゲームでよくプレイ時間というと
半数は「強引に遊び続ければこれぐらいにもなる」という数字である場合が多いけど
「オブリ」の場合は「全部やろうと思ったらこれぐらいじゃ足りない」という意味で
冗談抜きで100時間以上かかるゲームだと思う。マジで死ぬ。実生活が。

ギルドクエストを1種類やるだけでも、一本のゲームをクリアするぐらいの達成感が
得られるんじゃないかと思う。本当にボリューム感が凄い。

Oblv20

最初はなんとなく「あーサクサク進むなぁ」と思ってたけど、フィールドやダンジョンの
いわゆるザコ敵は自分のレベルに比例して強化されていくのね。
何気なく歩いてたとき野生のライオン(笑)に襲われて始めて気が付いた。
敵が装備してる武器や防具も店売りとは比較にならないぐらい強くなっていくので
レベルが上がれば上がるほど収入もアップしていくということです。

豪邸を買うのに金貨2万枚必要と言われたときは最初唖然としたもんだけど
レベル2桁台になると、それぐらいで当然の値段だと思えてくるから恐い。

ひとりのキャラで全部やろうとするとクエストの難易度が上がり過ぎると思うので
何人かのキャラに分けて進めていくのもありかもしれません。



ここ最近、新聞もニュースも見る楽しみがない。理由は言わずもがな。
暗い年の瀬だが、更に恐ろしいのは年明けが待っていることである。
多少明るめな不安を言えば…年明け一発目の更新でやるネタがないことか。
牛は難しいなぁ。牛子所有者はそれでネタがひとつできそうだ。

「武装神姫」のコスチュームにとうとうゴスロリが。やっととも言えるけど。
ネット上のそれはそれとして、やはり立体物としての次が気になるところだなぁ。
なんとなく出尽くした感といまの枠を脱せるデザインの無さが大きな壁だと思うので
もうちょい冒険してもらえたら嬉しいなぁ…。

今週の「ロザバンCAPU2」…本来なら最終回直前の引きに持ってきそうな展開を
アバンタイトルに持ってくる意外なやり方にはビックリしたが、変化したあとの話に
重点を置いて描くというのはこの作品なりの面白いところだと思った。
最終回前にこれだけシリアス要素を集めたってことは、最終回Bパートは多分…。

 >オリジナルのテロメアの長さを記憶しておいて、同じ長さになったら成長速度が
 >通常に戻るようにしている って言うのはどうだろう。
 >外見年齢も気になるけど記憶の継承も気になるよね、
 >目覚めた瞬間は赤ん坊と同じだろうに

成長曲線が弓形な個体を作る…ってことかな。わりとありかもしれない。
しかも上手くやればクローン元の最盛期の時代を長く発現できそう。
記憶については脳記憶と遺伝子記憶で分かれそうだよね。
ふとした行動や発言、選択肢の一致で「…あれ?」と思うような感じかな。
クローン元とまったく同じにするには秒単位での学習蓄積を再現しないと…。

 >自分の場合闘技場は、透明化の魔法使って後は
 >召還獣にひたすら戦わせる、という酷い戦法オンリーでクリアしたなぁ…(笑)

闘技場は明るいし視界も開けていて、不確定要素が少ないからそこまでせんでも
わりとサクサク勝てるような…召還も序盤はあまり役に立たないし。
スケルトンや死霊を使ったけど、気をそらす程度にしか効果がなかった…。

| | コメント (0)

2008年12月18日 (木)

売れる薬と売れない薬。

「アイマスSP」の発売日が2月に延期とのこと。PSP的には嬉しくないだろうなぁ。

Oblv15

盗賊ギルドのクエストをコンプリートしました。いやぁ…やりごたえがあったわー。
特に最後のクエストは非常に長く、パズル的要素もあって「インディジョーンズ」を
彷彿とさせるような展開が熱かったです。ひとつやり終えた感じ。
ギルドクエストのコンプリート報酬としてギルドマスターの部屋を貰いました。
いままで拠点にしていた海賊船のすぐ近くです。

Oblv16

そしてギルドマスターの証であるグレイ・フォックスの頭巾をゲット。
これを被ると常に衛兵から追われるようになりますが、これを被っている間に犯した
罪はすべてグレイ・フォックスのせいにできるという特典があります。
特定のクエストで一般のNPCを殺害する必要がある場合に重宝します。

Oblv17

で、盗賊ギルドをコンプリートするまでに溜まった悪名は九大神クエでチャラに。
8つの祠を巡礼した状態で止めておくという確信犯ぶり。
これで盗賊ギルドと闘技場が終わったから、次は闇の一党クエでも埋めようかな。
メインクエストは未だ着手せず。いづれ気が向いたら…。

あ…そういえばあっさり流してしまったけど、闘技場も終わってました。
あまりにも簡単過ぎたんだもの。最後のチャンピオンも思ったより強くなかったし。
戦士・弓手・魔法使いという勇者様ご一行との対戦が一番面白かったかな。

「お前にも助っ人をつけてやる!ポークチョップだ」と言われて、包丁や斧を握った
大柄な狂戦士を想像してたら、出てきたのがなんとイノシシ(笑)
しかもこの可愛いイノシシが弓手をボコボコにするわ、魔法使いが戦士を背後から
火球で燃やすわとカオス過ぎて腹筋の耐久値がゼロになる勢いだったよ。
コンプリート報酬がこのイノシシだったらよかったのになぁ…。

X360nxe08

そういえばアバターエディタに新着衣装が来てます。今回はちょっと多め。
女性アバターにもフォーマルなスーツやドレスが増えたのは嬉しいところ。

ちなみにLAの無料ゲーム「Dash of Destruction」を開発したのは「AKfK」と同じ
NinjaBeeだったりします。よーく見ると街の建物等オブジェクトの雰囲気なんかが
「AKfK」と共通する部分も多いような…男性の悲鳴は使い回してるし。



今頃になって冬コミの日程を確認する自分。興味が薄いとそんなもんよ…。
やはりそのとき自分の中でブームが起きてる作品がないと購買意欲が起こらない
というのが一番の原因だと思う。「とらドラ!」好きだけどそこまでじゃないしな。
絶望の第3期開始前に「みなみけ」本で心の隙間を埋めるのもありか…。

今週の「とらドラ!」…男の視点と女の視点、そして本人の視点があると思うけど
当人の受け取り方次第である問題で他人がケンカするのも馬鹿馬鹿しい話。
でも実際あるよなぁ…こういうの。本人以上に感情移入しちゃうっていう例。
竜児は父親がいない境遇が原因かな。櫛枝は背景が未だよくわからないまま。

天井吊り固めをキレイに決めるのって結構難しいと思う。マネできんな…。

「とある魔術の禁書目録」…アニメや映画におけるクローンを見て常々思うんだけど
クローン技術による複製はいいとして、成長加速はどうやってるんだろう?
超加速で成長するとしたらその速度に比例して老化し、使用期限が切れるよね。
都合よくクローン元と同じ年齢で加速を止める方法ってかなり興味があるなぁ。

ステイルが表皮を剥かれたのに比べたら御坂妹の死体は生易しいと思う(笑)
それにしても…あの3人+1匹が出てくると急激に緊張感が削がれるなぁ…。

 >アルゴニアンとか懐かしい…。
 >俺も萌えようと思ったけど流石に無理だった

キャラエディットしてて思ったけど、見た目は結構可愛く作れるんだよね。
水中呼吸&盗賊向きなステータスだから地味に人気のある種族みたいだし。
ただ…あの声がなぁ。なんでみんなババア声なのか。

| | コメント (1)

2008年12月17日 (水)

消える蒼星。

X360nxe07

箱○起動してビックリ。まさかスノーグローブを配信とは。
今後も季節ごとにこういう企画をやってくれるのかな。ニクいね。

「オブリ」は現在、盗賊クエストの終盤。各都市のクエと掛け持ちで進行中です。
盗賊クエは面白いねー。ファンタジーの世界で「MGS」やってる気分になれる。
ピッキングと隠密動作を駆使して屋敷や城に潜入するのはかなり楽しいです。
仕事の規模のわりに収入が乏しいのが唯一の難点かな…。
盗賊になれば盗賊の、暗殺者になれば暗殺者のゲームに変化するのが
「オブリ」の本当に面白いところだと思います。

Oblv13

しかし…「オブリ」における萌えの感覚はよくわかりません。
希少な妹系キャラがアルゴニアン(トカゲ女)だったり、ツンデレ騎士がオークだとか
狙いどころがニッチとかいう次元じゃない。トカゲメイドを題材にしたエロ本もあるし。

Oblv14

NPCの死体については一応の解決ができました。72時間で無事消滅。
あと、他のオブジェクトと同様に死体もLBで移動できるということに気付きました。
近場に海があるところなら海に捨てるもよし(笑)変なポーズを取らせるもよし。
死体で遊ぶという不道徳感に苛まれない人であれば是非。



先日、模型屋時代の友人から冬コミへのお誘いっぽいメールが届いた。
正直どうしようか悩んでいる…自分は主に初日や2日目が目的なのに対し彼は
いつも最終日のみを目当てに参加する人だから、自分と会う約束のためだけに
彼を呼び出すことになってしまいかねないからだ。

自分も最終日に欲しいものがないわけではないけど、数を比較した際にどうしても
初日の方が上回ってしまう。あとは…収穫がなかったことのことを考えると、ね。

これも含めて、最近かなり決断力の低下が露骨になってきた気がする。
今晩何を食べるかとか100円単位のことですら優柔不断を超えた時間をかけて
悩んでしまうのである。もうちょっとポジティヴな精神が欲しい…。

あみあみのブログ「あみブロ」にメガ家版の春香さんとやよいのサンプル写真が。
塗装はかなり良くなったけど、やはり顔がどうもイメージと違うよなぁ…これ。
「このキャラのアイテムなら見境なく買う!」という人なら問題ないのかな。

今週の「ケメコデラックス」…主にメガネがエロい。その一言に尽きる回だった。
エムエムが何の略なのかは、ミシマの看板がエムな時点で誰でも気付きそうだ。
この作品にとってはそういう謎解きや、未知の発明とかホントにどうでもいい(笑)
戦闘シーンは毎回凝ってるなぁ。戦闘シーンがあるマジメな作品やってほしいわ。

「とある魔術の禁書目録」は諸事情により明日に持ち越し。

| | コメント (0)

2008年12月16日 (火)

我が家の犬は靴を拾う。

Oblv12

ブラヴィルの岸辺に来ています。「哀しげな番兵」を進行中。
「オブリビオン」はRPGでありながら、戦闘行為が一切ないクエストも結構あって
それが個人的に嬉しいと思えるところです。

何をどこまで進めたか把握できない…同時進行するクエストが多過ぎる。
アレをやってコレを進めて、このイベントが発生するまで○時間ぐらいあるから
その間に別のクエストを消化しておこう…と思うとさあ大変。
「あれ?…この街に来た目的ってなんだっけ?」と手が止まってしまったり。
頻繁にBボタン押して進行中のクエストを確認しています。

発売してだいぶ経つゲームだから一応すべてのクエストを網羅したwikiもあって
それに沿って進めていけば取りこぼしとかはないと思うんですけどね。
今回も例に漏れず、埋めたクエストを確認する表をExcelで作成しようかな。

NPCの死体がなかなか消滅しないので、その条件を検索して確認してみたところ
死体が置かれているエリアに(シロディール時間で)72時間アクセスしなければ
自然消滅する…と書かれていました。これは試してみねば。
いいかげん波止場に行くたびに海賊の死体を見るのもイヤになってきた(笑)



PEACH-PIT入院の記事がトップに来るっておかしいだろ…この世の中。
これも⊿効果なんだろうか。連載本数の多い漫画家って大変だなぁ。
…というような話題がある日はまだいい。最近はタイトル考えるのも困るくらい
暗いニュースばかりでニュースすら見たくなくなるほどだ。
切実に願う。明るい話題が欲しい。

コトブキヤのプレイアーツシリーズに「KH」版クラウド登場。これは欲しいな…!
チェスピースみたいなヤツでもクラウドだけが異様に高値で取引されたこともあるし
これは結構売れるんじゃなかろうか。発売は来年4月。だいぶ先だなぁ。

今週の「キャシャーンSins」…この作品にしては非常に良く動く特異な回だった。
作監が羽山賢二で、関智一率いる3人組が活躍するせいかどうしても「真ゲ」を
連想してしまう感じが(笑)それにしてもあのデカい鉱石はなんだったんだ?

人間の手で生み出され、機械のように働かされた挙句に滅びが訪れる…という
この作品の設定がどうにも昨今の情勢とカブって見えてしまうんだよなぁ。
現実においてもそのうち人間が追い詰められるか、はたまたキャシャーンが出るか。

「ef」…演出の一環として受け入れるには少々強引過ぎる尺の稼ぎ方だと思った。
あそこで前期OPがはいるのは面白いし、回想シーンも重要だけど冗長な印象。
久瀬さんが絶望を払拭し、決断する過程も少々簡単過ぎた気が…まあいっか。

 >>GBA版BOF2
 >日本版と同じ絵だコレ
 >日本版は海外版でカットされてる仲間のイラストも入ってるので、
 >アマゾンあたりで御覧になっては?

 >豆知識として、BOFシリーズはリメイクも含め、
 >『全て』同じ人がイラストを描いてます
 >当時、PS版3の絵を見た時は『絵師が変わった』とばかり…
 >後で同じ人だと知った時は驚きました

海外版でジャケ絵を差し替えるとき、意図的に人数を削ることがあるっぽい。
特にRPGではストーリーの主軸となるキャラに絞って購入者に伝えやすくする
向こうなりの考え方があるんだと思う。

絵柄の変化は時代に即したものかと。
いま初代や2を見ると「スレイヤーズ」を見るような気恥ずかしさがあるし…。
カプコンは他のメーカーと比べて看板絵師が非常に多いのが特徴だと思う。
それだけイラストが与える効果を重視してるメーカーなのかもしれない。

| | コメント (0)

2008年12月15日 (月)

上げて落とす。

Oblv10

持ち金が5千を超えたので、この金額で手が届く売り家を見て回ってきました。
帝都は論外として…アンヴィルの幽霊屋敷はちょっと広過ぎるのと、室内の構造が
後々不便に感じそうな気がしたのであまり気が進みませんでした。
ブラヴィルぐらいが丁度いいサイズだけど利便性がイマイチ。

Oblv11

なんだかんだでタダで手に入れた海賊船が一番扱いやすい気がします。
次に手が届きそうなのはレヤウィンか…もうちょい大きな収入源が欲しいなぁ。

Oblv09

いまの持ち金まで増やすのに利用したのは闘技場。主に自分が戦う方で。
基本的に1対1で戦えるのと、実質30秒程度で稼げるというのが非常に大きい。
ランクが上がれば貰える金額も増えるし実績も解除されるので良いこと尽くめ。
あとは地道に錬金術と、死体から装備を剥ぎ取って売る「羅生門」作戦(笑)

闘技場に所属するとタダで貰える上の画像の装備は重量が軽く性能も良いうえに
デザインがカワイイのが素晴らしい。重装版はちょっとセイバーっぽいし。
剣はコロールの家宝を返却せず使い回し。これ性能良過ぎるんだよ…。

たまたま山中で出会ったユニコーンが暴走して帝都兵を皆殺しにしたりと
思わぬハプニングも色々あって、楽しい「オブリ」ライフを送っています。
このシステムでMMOなら面白そうなのになぁ…それってまさに「SWG」か。
いま振り返ってみても「SWG」ほどの神ネトゲはないね。後続の至らなさが露見。

 >アイマスさんに、お金を貢ぎまくろうぜ!

好感度は際限なく上がるかもしれんけど、まったくメリットがないんだぜ!!
追加コスチュームやアクセサリーをくれるんなら貢ぎまくるけどねぇ。



Game*Sparkの海外版「ストライダー飛竜」の記事を受け、同サイト内にある
海外版カバーアート特集ページを見てたんだけど…あまりにも変化がヒド過ぎる。
でもGBA版「BOF2」はジャケ買いしたくなるぐらい良い出来だなぁ。

それを見たことと、痔の配信で聞いたこともあって「ダブルドラゴン」のテーマ曲
聞きたくなって久し振りにYoutubeに行ったら横長画面仕様になってて驚いた。
これって投稿できる画像のフォーマットも変わったってこと?

痔で思い出した…書いていいのかこれ。兄が痔で入院しました(笑)
兄がお世話になる病院、実は10年ほど前に父も痔の手術で入院したことがあり
なんというかケツ縁を感じる出来事だよね。自分も気を付けよう。

そろそろFigma版呂蒙子明が出る頃だろうか。欲しいような欲しくないような。
どうもFigmaは発売して1ヶ月もすると恐ろしいほど値段が下落する例が多いので
ちょっと我慢すれば安く買えてしまうのでは…と思えて手が出せない感じがする。
それと、ここ最近は立体物よりもゲームの方がブームなのも買い控えの原因か。

当ブログでも何度か書いたけど、ゲームと模型と絵のブームが三竦みで周回して
ひとつのブームが来てるときは他があまり手につかないのが自分であります。
こういうときは無理に他に手を出さない方が得策なんだと思う。

今週の「今日の5の2」…なんともシュールなアニメだ。「みなみけ」の山田っぽい。
そういえばうちの近所の「水のない」公園にも水鳥が来てたがどうなったのやら。
小学生時代に教室を寒いと感じた記憶がない。暖房ってついてたんだっけか。
冷房がなかったことはハッキリ覚えてるんだけどねぇ…高校が初クーラー。

「屍姫 赫」…冒頭から漂う死亡フラグ臭。まあ原作通りなら当然の流れなんだが。
無関係の一般人を守りつつ戦う防衛戦は個人的に大好きなシチュエーション。
ただし敵の狙いがハッキリしてるだけに不安がないから緊張感に欠けた感じ。
回想シーンの繋ぎ方が個性的で面白かった。幼い眞姫那が無駄にカワイイ。

| | コメント (1)

2008年12月14日 (日)

外に出れば敵がいる。

Oblv08

噂のアイマスさんがいたぞー!!

隠密行動と盗品のシステムに興味があったので盗賊ギルドを優先してみました。
隠密についてはダメージ増加等のボーナスがあるけど、幻惑系魔術を伸ばして
透明人間化できるようになった方が有利なのかもしれません。
透明化できれば盗みにはいっても追われることもないし。

カギ開け技術についてはレベルを上げて対処するしかないな…。
いまの状態だとピックが何本あっても足りない。ブログ書く時間も足りない。



久し振りにビール…ではなくビール味のリキュールを飲んだけどなかなかだった。
月イチぐらいのペースで呑むぶんには飽きないんだけどなぁ…ビール味。

今週の「仮面ライダーキバ」…先週見逃したかと思ったわ。また都合の良い展開だ。
ライダーシステムやファンガイアが存在する世界ならタイムスリップもありえることと
普通に理解できるものなんだろうか。ましてや自分の息子なんて言われても…。
かなり久し振りに普通のキバのまま戦ってたのは個人的に嬉しかった。

そういえばダークキバの玩具って出るのかな。
去年のダークカブトが一年越しでフィギュアーツ化されたし…一年後か(笑)

「かんなぎ」…正直言って、見ている我々の方がよくわからないと思う回だったよ。
先週までの(先週が特異過ぎたんだが)流れからこうも急落されると、ギャップが
キツ過ぎて非常に受け止めヅラい。こういう疑問のないアニメだと思ってた。
ある意味では現代のアニメ全体に投げかけるテーマだったのかもしれない。

「ガンダムOO」…家族の話が出る→死亡フラグというのが見え見え過ぎる展開。
その渦中で生き残ったセルゲイは、ある意味奇跡としか言いようがない。
演出的にカッコいいのはわかるが、MS全体を覆えるほど広大な布という表現は
どのガンダム作品においても違和感バリバリ。熱源遮断なら布じゃなくても…。

謎の力で意思疎通や戦闘中の合体など、過去の作品を匂わせる要素が増えた。
前期でガンダム離れを見せ、今期で戻ってきてしまった感じがする。
シンステ信者としてはサジとルイスにはうまくいってほしいと願うばかり。

| | コメント (0)

2008年12月13日 (土)

バンプ・アヘッド。

「オブリ」をやっててふと思ったけど、かなり遅れて始めた上にご存知のシステムで
進行過程というものを具体的に書けないからどうしたものか。

Oblv05

着せ替えしてるだけでもそれなりに楽しいので、街中の木箱やタルを開けては
衣料品ばかり根こそぎ集めて一喜一憂。「SWG」を思い出すなぁ…。

Oblv06

指輪やネックレスのような装飾品もちゃんとグラフィックに反映されます。
鎧とかマジ着てらんねー。付加される防御値が紙レベルだし。

とりあえずメインストーリーは完全放置してます。あんまり興味がないから(笑)
出会った人に話し掛けて、クエストが発生したらひとつひとつ消化している感じ。
自分のレベル=クエストの難しさに直結するらしく、つまりクエストごとに難易度が
設定されているわけではないそうです。ただし問題もあります。
特定のメジャースキルを極端に上げると詰む可能性があるらしい…。

現在コロールを中心に動いてます。ハックダート関係はほぼ終わったかな。
クエスト終了後に行って、敵対してくる住人を皆殺しにしたあと家捜しを決行。
金策と自宅の購入が最大の目的になりそう。早く家がほしいです。

Oblv07

それまでは海賊船で我慢。海賊は衛兵に倒してもらいました(笑)
つーか…NPCの死体って未来永劫残ってしまうんだろうか。
人間はともかく、ゴブリンの死体とかもそのまま残ってるのはどうなんだろう。



「オブリ」が面白くて他のことが手につかない…。
やることを探す前に、やれそうなことを試すだけでもかなり時間を食うし。

検索フレーズ「うごーさん 検索ワード いいの 思いつかない」はさすがにズルいよ。
多少アルコールがはいってたせいもあるけど、しばらく笑いが止まらんかったわ。
しかもこのフレーズ、ググると秀吉の方が先にヒットするから面白い。

今週の「テイルズオブジアビス」…ミュウは浮いてるんだから溺れるはずないだろ。
この時期に合わせてきたエピソードなのかな。冬の背景が非常にキレイだった。
ルークを更生させたあとはジェイドの背景を…と言わんばかりの内容だったけど
これを丸々入れてもまだ話数に余裕があるんだろうか。ひょっとして来期も続く?

「鉄のラインバレル」…私的事情でクリスマスを中止にするとは。まさに壷に帰れ。
それにしても噛ませ犬過ぎだよなぁ。高速機動&浮遊爆雷&アーマーパージという
厨性能全開な機体だったのに、早瀬の気合い一発で負けてしまうという…。
まあ本題はここよりも山下君の活躍と、最後のパーティーにあるんだと思えば。

「オブリ」に食いつく人多し。やはりビッグタイトルは違うなぁ。

 >>誰もツッコんでこなかったな…(笑)
 >ツッコんだら負けだと思った
 >オブリは自作魔法が楽しそうだよね、Fallout3にそういうのが無くて残念

まだ自作魔法は手を出してないな…回復魔法ぐらいしか使ってないし。
自分で作った魔法に名前を付けられるっていうのも非常に魅力的だと思った。
まあ「ビブリボン」ネタはどこでもやり尽くされてるだろうからな…。

 >すげー…キャラメイク上手すぎる…。
 >あのパーツでこれだけの物を作れるのはすごいよ!

ここに辿り着くまでに4時間かかってるからね。情熱の賜物です。
最初はとりあえずランダム生成を連打して、そのうち好みに近いのが出てきたら
そこから細かくイジっていくと結構上手くできると思います。かなり地道。
こういう手間を回避する為にPC版でMODが人気なんだろうねぇ。

 >すげーキャラメイク良く出来てる。マジ関心。
 >オイラもオブリ少しやってたけどキャラは蛮族見たいのしか作れなかった。

こういうキャラメイクがあるネトゲたくさんやったから経験が活かされたのかも。
下水道の出口直前でセーブして、少しパラメータをイジっては下水道でBを押して
ゲーム中でどう表示されるかを確認してOKならセーブ…の繰り返し。
ブレトンやウッドエルフはいいけど、ハイエルフで挑戦したら死ねると思う…。

 >そういや俺もオブリビオン買った時に全く同じネタ(ビブリボン)をやった気がする…

「ビブリボン」知ってたら誰もがやるネタだと思うんで…と書いてて思ったんだけど
ひょっとして若年層は「ビブリボン」自体知らない可能性もあるのかしら。

 >オブリですかぁ…僕は最初のゲートで酔って以来放置してます。
 >苦労して作った娘を放置もかわいそうだし再開してみようかな?

自分は極度のクルマ酔い体質だけど、3D酔いはまったく経験したことないです。
ただ、暗い画面をよーく見ようとして画面に近付くことは多いかな。
非常に長いゲームだし、時々中断しては再開するぐらいが丁度いいかも。

| | コメント (0)

2008年12月12日 (金)

変わる世界に代わり無し。

既にゲーマーカードでお気付きの方もいらっしゃるとは思いますが「オブリビオン」を
昨晩から始めました。周囲の「Fallout3」熱が影響したのかもしれません。

Oblv01

「オブリ」は「Fallout3」の前身にあたる作品で、FPS視点で(TPSにも切り替え可)
楽しむファンタジーRPGという感じ。システムもほぼ「Fallout3」と同じです。
いわゆる一般的なRPGとはかけ離れた自由度がその魅力であり、豊富な項目から
自分好みに…というよりは自分そのものを作り、自由にスキル構築をして
世界中に点在する数多のクエストを好きなように楽しむことができます。

その膨大な選択肢と自由度から、既存のRPGファンからは多少敷居の高いゲームと
思われがちなのも事実。そこに楽しみを見出せる人向けのゲームだと思います。

あとは戦闘システムかな…あまりFPS慣れしてない人は最初かなり戸惑うはず。
敵の攻撃モーションを見てLTでガードするか、もしくは後退でかわしてRTで攻撃。
近接武器のリーチさえわかればノーダメで勝つこともできると思います。
対戦型FPSを楽しめる人であれば退屈はしないはず。後半はわからないけど。

Oblv02

戦闘は難しいものの、無断階制の難易度調整システムがあるので大丈夫。
難易度はゲーム中いつでも変更できるので、極端な話をすれば特定のボスだけ
難易度を下げて進んだりすることも可能。逆もまた然り。

ぶっちゃけ…標準の難易度でも序盤は結構厳しいです。
まさか魚に食われて死ぬとは思わなんだ…この世界の漁師って大変だなぁ。

Oblv03

しかし…「最初の下水道から出られない」という言葉の意味がようやくわかった。
キャラメイクが思い通りにいかないね。何度も何度もやり直してる。
製作中に確認できる顔とゲーム中で見られる顔がなんか違ってしまうのよ。
かれこれ3~4時間ぐらいここで詰まってる(笑)難易度の高いゲームだ…。
バトーの部下みたく「最初のトイレから出られず徹夜」な気分だわ。

横顔はかなり理想に近付いたんだけどなぁ…正面はどうも違和感が残ります。

Oblv04

あとは音楽と風景が素晴らしい。筆舌に尽くし難いものがあります。
時間の経過と共に光と影が変化し、星空まで美しいという稀に見る環境ゲー。

まあ…箱○なんで相変わらず「向き不向きのあるゲーム」というのはあるけれど
「ロードオブザリング」とか鼻血が出るくらい好きならプレイして損なし。
睡眠時間がゴリゴリ削られること請け合いです。



自分の中でのバンビのイメージとして、多国籍風な顔立ちというのがあります。
どこかの国を想起させるような固有の造形はNG。だから再現するのも大変…。
特に洋ゲーは基本骨格が北米仕様だから尚更難しい。
これでも「EverQuest2」よりはマシだけどね。あれはもうプレイヤーへの挑戦状。

実写版「ドラゴンボール」の予告動画が国内でも配信されていますが…とりあえず
見てもらった方が話は早いか。いまからでも公開を中止にしてもらいたい(笑)
自分はあまり「DB」に思い入れがないどころかアンチ鳥山なぐらいのスタンスだけど
これが「DB」でないことぐらいは容易に判断できるというレベルである。
こんなことになるなら全編フルCGとかの方がまだマシだったと思う。

今週の「ロザバンCAPU2」…妖怪の本性が出るのなら紫ちゃんや瑠妃さんなどは
一応人間なんだから効果がないはず。内なる欲望が開放されるという意味でなら
月音や響子もその効果が出てしまうのでは…アニメの都合と解釈します。
しかし川村万梨阿の妖精声を聞けるとは。あいかわらず声については豪華だなぁ。

 >オブリビオンやってる!

誰かが触れるまでは記事にしないつもりでした。本当に思いつきで買ったから。
一応昨日の絵が前フリにはなってたんだけど誰もツッコんでこなかったな…(笑)

 >♪うーさーぎ おーいs…ゴメン

重いコンダラ理論で解釈してしまうよね、あの歌詞は。
ウサギの正しい解体法は知ってるけど、実践する日は来ないでほしいと思う。

| | コメント (0)

2008年12月11日 (木)

うさぎにしなくても。

Vib12moon

♪月がとっても丸いから~

ぶっちゃけ今日はマジでネタがない!
ここ数ヶ月で最も短い記事かもしれない。たまにはこんなこともあるさ。

リンゴをウサギ型に切るアレを知らない、作り方がわからない世代が増えてるという
妙な統計が出たらしいけど…ぶっちゃけホントにどうでもいいと思うんだ。
つーかオメーはウサギ食うのか!?みたいな。

マドレーヌが超クリスマスだっただけにシェリーは普通過ぎるんだが…。

今週の「とらドラ!」…やっぱりりえりえは多少影のあるキャラの方が魅力的だなぁ。
父親から送られてくる生活費を頼りに生活しておきながら、父親を捨てたというのは
やっぱり成り立たないかな。しかしいつの世も被害者は子供なのである。
人並みの普通の生活がもし取り戻せる距離にあるなら、手を伸ばした方がいい。

同じ階に自販機あるんだから冷蔵庫は要らんだろ…エアコンはまだしも。
エアコンといえば校内人体実験の話を思い出す。アメリカなら今頃訴訟問題です。

| | コメント (0)

2008年12月10日 (水)

二代目はいづこへ。

Gta452

「GTA4」2周目、もとい「30時間以内にクリア」の実績解除達成しました。
クリアした時点での総プレイ時間は13時間42分。多分もうちょい縮められます。
途中でこまめなセーブを忘れたままミッション失敗したりして、そのままリプレイで
クリアしたのも含まれているので実質13時間ジャストといったところかな。

結果としてフランシス死亡、ケイトとは距離を置くようになったので携帯電話に
登録されてる番号は実績解除に必要なフレンド3人分しかない…スッキリしてる。
遊びやすい状態ではあるけど明らかにBADルートなのでオススメできない。

さて…いよいよ終わりかな。時々オン対戦ぐらいはやるかもしれないけど。
そろそろ次のゲームを探しておこうと思います。で…

Civr01

海外アカを使って「シヴィライゼーション・レボリューション」の体験版をDL。
当然北米版です。シミュレーションなのに全部英語というなんと敷居の高い…。
まあだいたいの概要は把握してるし、自分の英語力でもなんとかなるでしょう。

Civr02

体験版で選択できるのはカエサルとクレオパトラのみ。家康は相変わらず信長…。
褐色を選択できるときは褐色を選ぶのがデフォですよ。なのでクレオパトラで開始。

シド・マイヤーの作品といえば過去に「レイルロード」とかをやったことがありましたが
雰囲気的には継承されてる感じがしますね。街や人の細かい動きとか。
ルールは思った以上にシンプルで、ボードゲーム的側面が強いと思いました。
ぶっちゃけ説明文読まなくても雰囲気でなんとかなるレベル(笑)
これは「レボリューション」で簡素化されたおかげらしい。遊びやすいです。

Civr03

よーするに他のプレイヤーより先に文明を発展させてイニシアチヴを獲得するのが
このゲームの本題だけど、完全友好&蛮族討伐オンリープレイでも問題なし。
ガレー船団を作って未開拓領域を探検してると「Neo ATLAS」を思い出します。
そういう意味では、自分なりの楽しみ方を開拓できるゲームなのかもしれません。
まあ…それは他国に侵略されない前提での話ですが。



色々と奔走してて変に忙しい。これが師走というヤツか。

今週の「ケメコデラックス」…ポールもパトリックも姓じゃなく名だと思うんだが。
ママのお話は本編にまったく関係ないな(笑)ある意味季節ネタではあるけども。
実際、アニメの最終回を見る為に交際相手との約束を断ったヤツもいるしな…!

後半はちゃんとラブコメな展開になってて、唐突な挿し込みだけどツボは心得てた。
ここから後半戦かな。この作品的にあまりシリアスにはならんと思うが…。

「とある魔術の禁書目録」…なんつーか、急にキャッチーというか萌え寄りというか
この作品であえてそれをやる必要があるとは思えない要素が増えまくったな…。
しまパンは百歩譲るとして、研究都市にメイド学校ははたして必要なんだろうか。

アクセラレータ編の始まりではあるもののアクセラレータ本人は触り程度の登場。
やっぱ廃ビルが似合う超能力者が出てこないと盛り上がらないよなー!

| | コメント (0)

2008年12月 9日 (火)

粉雪を手紙に乗せて。

Gta451

「GTA4」2周目、71種のミッションを終えて約10時間経過。
ひとつあたりが長いミッションが増え、そのぶん予定より時間がかかっている感じ。
特にパッキー関係は厳しいね。そのぶんフランシスで稼いでますけど。
残るはジェリー、フィル・ベル、ペゴリーノ、ガンベッティ。そして最終ミッション。
最終ミッションも1周目とは別のルートを選択するつもり。こっちの方が簡単らしい。

いやぁ…しかし、追跡系のミッションがホントに面倒臭い。
赤字で指示が出るわりには、一定距離走行してからでないとダメージを与えられない
設定になってたりするのがね…演出の為とはいえ自由度を下げていると思う。



ぶっちゃけ今日はかなり元気ないです。松岡修造に怒られたい。

CHANGE 総理で「チェンソー」には吹いた。その発想はなかったわ…。
首を斬られるという意味では総理も一般市民も大差ないのかもしれないなぁ。
いや、そんなことはないな。ガチでバラバラにされないことを祈りつつ。

つーか「ヤスる」って完全に模型用語じゃね?我々フツーに使ってますがな。
「シャカ男」は多分、目を開くと本気が出るタイプの男性のことだと思います。

わからないことは他人に聞くべきか、それとも自分で考えて答えを出すべきか。
確かにこれは…各々の立場によって分かれそうなところである。
例えば職場の上司として見たとき、わからないことを素直に聞く部下がいいのか
自分で考えて行動する部下がいいのか。両方とも正しいような気がする。
しかし、ちょっと間違えると指示待ち人間とか独断専行と言われてしまう。
それぞれを長所として考えられれば一番良いんだろうなぁ。

…と、「うますぎ」を聞いて思った。中村悠一は空気読み過ぎ(笑)

今週の「キャシャーンSins」…もし噂どおりルナが生きてるとしたら、ロボットたちの
破滅が進行し始めた本当の理由が別にあるってことになる。…なんだろう?
すべての原因はキャシャーンではなくディオだった…とかだと安っぽくなるか。

「ef」…実のところ、神と呼ばれるものは人の中にある良心の別名であると思う。
良心を行使する人がより多くいれば…という目的から、その拠り所が作られたはず。
つまり神は必要ではなく、たくさんの良心が揃えばそこに神が生まれるということ。

前置きはいいとして…早く救急車を呼べ(笑)あのエンドロールは完全にギャグだ。

 >パチンコ、パチスロはアクエリオンが成功しすぎたってのがなぁ
 >いくらイレギュラーな事だとは言え、エヴァレベルならともかく
 >深夜アニメがヒットしたって前例はデカイんだろうね

「アニメ台ならヒットする」と「パチスロ化すると一般層に浸透する」というお互いの
利害が一致するビジネスが成り立ったのは、「アクエリオン」のアニメ製作をした
サテライトがSANKYO傘下だったことが大きいと思うんですよ。
「アクエリオン」以前にもコアアニメ台はあったものの話題にならなかったからねぇ。

 >知ってるとは思うが…一応Civは戦争による征服勝利や制覇勝利だけではなく、
 >宇宙移民を成功させることによる宇宙開発競争での勝利、
 >偉人や文化遺産などを多数所有することによる文化的勝利、
 >国家予算を増やしまくることによる経済的勝利や国連総長に選ばれることによる
 >外交的勝利など平和的な勝利条件も色々あるよ
 >…とは言っても、それでも終始平和にゲームが進行するわけではないし、
 >無理に買ってくれとは言えんなぁー
 >アクションゲームでドンパチが好きなフレンドが多い中、
 >うごーならもしかしてと思ったんだけどね

そういう弁解が来ることは予想してた。ただ、その「勝利」というのが気に入らない。
どんな分野であれ他国と勝負して勝ち負けを決めるってのが肌に合わんのよ。
あと、確か「Civ」ってターン制限があるんじゃなかったっけ?
そのへんがやっぱり自分の求めるシミュレーションとはズレがあるんだなぁ。
まあ…しばらくニコ動でも眺めて考えてはみます。

つーか自分も結構アクションでドンパチ好きだけど、先述の通り勝ち負けを決める
ゲームが好きではないという部分で他のフレンドと差異があるのかも。
もっと協力プレイが盛り上がるゲームが増えるといいなぁ。

| | コメント (0)

2008年12月 8日 (月)

汚れた豚のように。

Gta450

ジャージで現金運んでるときのニコさんは部活帰りの学生にしか見えない…。

「GTA4」2周目は現在、全94種のうち50種のミッションを終了。6時間半経過。
単純計算すれば約12時間程度ですべてのミッションを消化できそうです。

選択肢のあるものはできるだけ1周目とは違う行動を選び、追跡ミッションなども
1周目では試せなかった(チート的な意味で)方法にしています。
生き残る可能性のあるサブキャラは基本皆殺しですよ…胸が痛むけど。
普通選ぶはずがないドウェイン死亡ルートのセリフが一番ツラかったです。

でも…チートのおかげでかなりラクしてるなぁ。よほどのことがないと死なないし。
このラクさを1周目で体験してはいけないと思うね。
電車で移動するターゲットをヘリで追跡する(笑)とか反則にもほどがある。

秀吉が「Civ」買え~!と熱視線を送ってくるけど、どうしたもんかな…。
自分は砂箱を他人に荒らされるのがあまり好きではないので、不確定要素となる
他国の存在があまり好みではないのですよ。戦争も控えてるわけだし。
単純に都市&文明開発シムだったら手を出してたと思う。
12月中に何かしらゲームを買うと思うけど、何にするかは正直わかんないです。



「BLEACH」と「D.Gray-man」の新刊を買ってあるものの未だ読めてない。

時々ふと、自分はいつ頃まで漫画を買い続けるんだろう?と思うことがある。
それは世間的に言うネガティヴな「卒業」という意味ではなく、いま買い集めている
漫画の連載がすべて終了して購入をストップする時期の話ね。
でも…面白いアニメの原作とか買っちゃうのかもなぁ。

アニメについてはさほど困らないんですよ。保管するにも場所を取らないから。
漫画はホント…あっという間に増えるから。特に少年誌の作品は恐い。

漫画やアニメのグッズが山のようにあったと報道する反面、それらのものの中には
特異な犯罪を誘発するものはなかった…という変化球を使ってくるとはねぇ。
大抵の人はニュースのヘッドライン部分しか読まないから、そこに漫画やアニメと
書いてあったら事件との関連性を連想してしまうのではないだろうか。
「カラオケで演歌を歌うのが趣味」って部分も大きく書いてみては?

エイサーの15インチワイド液晶モニタが破格の1万円切り。なんつう安さだ…!?
解像度はいまうちのメインモニタで可能なワイド表示と同じ1280x720。
アナログVGAしか挿せないけど、箱○専用モニタにするなら全然オッケーだなぁ。

今週の「今日の5の2」…いわゆる痛み療法的な発想は日常にわりとあると思う。
良薬は口に苦しじゃなく、その苦味や匂い自体で効果が出てしまうみたいな。
あの流れで普通にイイ話で終わるっていうのが狙ったオチだとしたら恐いな…。
それにしても何故にしらたき(笑)妖精さんの足が必要以上にムチムチしてたわー。

「屍姫 赫」…北斗の描写自体がまさしくそれという感じだけど、今回全体を通して
非常にガイナックスっぽい描写が多かった。牛島のセリフもまさにそんな感じ。
後半戦…というよりは第2期へ向けたキャラ紹介的な話になっていたと思う。
それに合わせてOPとEDも微妙に変化。いや…むしろネタバレと言った方がいいか。

| | コメント (0)

2008年12月 7日 (日)

神に仇なす男。

眼鏡かけた喜屋武ちあきは可愛いな!!

X360nxe05

箱○のアバターエディタに新しい衣装が追加されています。
追加された項目には左上に☆マークがついてます…が、追加されたのはどれも
たったひとつだけなので結構ぬか喜びです。でもまあ増えただけよしとしましょう。
今後もこんな感じで増える可能性があるんだってことがわかったわけですし。

ちなみに「顔&からだ」の「髪型」にカーソルを合わせて1分間ほどそのままにすると
「髪型」のアイコンがクルッと回転して、そこでAボタンを押すと髪色が増えます。
追加されるのは1ページ分。特殊な色が多いので使い道は限定されそう。

「30時間以内にクリア」を目指し、「GTA4」2周目を開始。
現在17ミッションをクリアした段階で約2時間。このペースでいけるんだろうか…?
ムービーと電話は徹底的に飛ばし、デートや遊びは全部断り続けるのは基本として
1周目&実績埋めの間は封印してたチートまで使っています。
終盤になるまで成功するか判断できないけど、とりあえず頑張ってみます。

巷で話題の「バイオ5」の体験版、自分も試してみたけどありゃ…ダメだ。
あの操作方法を考えた担当者はプレイヤーにストレスを与えるつもりなのかね。
スリルや爽快感を味わう前に、操作性のストレスがマッハで死ぬゲームとは…。
タイプCやDのコントロール設定はかろうじて馴染めると思った。
最近のゾンビは知性があって統率されてんだな…足も速いし。



今日の記事は画像の編集もすべてサブモニタでやってみました。
ダメだ…画面が狭いのはまだしも、DVI-Iの色使いに慣れるとかなりキツい。
ワイド液晶は最安値で1万6千円程度からあるけど、性能は値段なりだろうなぁ。
どうせならHDMI接続できる地デジ対応テレビの方がいいのかもしれない。
必要予算がウナギ昇りじゃねーか!

「エウレカセブン」までパチスロ化とは…さすがに世の流れを疑うぜこれは。
「アクエリオン」や「ギャラクシーエンジェル」のような比較的新しい世代のアニメの
パチスロ化が進み、各社それぞれ競い合っているのかもしれない。
アニメ業界側としても、何がキッカケで過去のコンテンツに火がつくかわからないし
旨みの多いコラボレーションなのかもなぁ。こうなると次が恐いというか楽しみだ。

今週の「仮面ライダーキバ」…不要なギャグパートが一掃され、やるべきことのみ
ぎっしりと詰め込んであるので見応えがあった。しかし詰め込み過ぎな感じも。
本来あるべきセリフやシーンごとの「間」がなく、妙に窮屈な印象が残った。
ただ、色味を考えた絵作り等に「キバ」の本気が見えた。今後もこの方向で是非。

「かんなぎ」…こんな感じの話を「らき☆すた」あたりで見た記憶があるんだが。
いや…見間違いかな。流星はもっとこう、バーッと輝いているもんな…。
普段の星野さんや早水さんを知ってる人ほど今回の話は楽しめると思った(笑)
でもこれ…多分またCDを売る為に挟んだ回なんだろうなぁ。姑息過ぎる…。

「ガンダムOO」…あの若スメラギさんがどういう過程で呑んだくれになったのやら。
イノヴェイターと呼ばれる種族がすべてリボンズの配下なのかどうかが問題で、
名前につながりのあるキャラをすべて敵側と考えるべきか判断が難しい。
それによってはOライザーですらリボンズ側の手回しとも思えてしまう。

姫様と子供の会話から何かヒントが出るのかと思いきや何も出なかったぜ…。
そ…それより「ハガレン」なんだぜ…!?

 >いつの間にかゴールドの期間が延びてるね

あれば何かと便利だし、「GTA4」や「AKfK」でやり残したことなんかもあって
今後もしばらくゴールド特典が欲しいと思って買い足しておきました。
さすがにまだ12ヶ月分を買うほどの覚悟はないけど。

| | コメント (0)

2008年12月 6日 (土)

冬の到来。

Akfk17

とりあえず2周目もほぼ終了。このあと教会とかも建てて得点を見てみる予定。
ブループリント派生の最後にあって、効果がイマイチよくわからない建物なんかを
建てておくよりは好きな建物を選んで建てる方が健康的なのかもしれない。
ただ、そういう自由度に走る為にはもっと余計な建物も欲しかったと思う。
彫刻家や保育園の生産物はビミョーにヘンテコでツボを押さえるものがないし。

お城の組み立て方がやっつけ過ぎなのは大目に見てほしい…。
だってさー…城壁と繋ぐとビミョーに隙間ができて、それが不愉快なんだもの。
しかも城壁を無闇に作るとピース数の限界が訪れることも判明したしね。

「AKfK」でやれることもだいたいやり尽くしたのでそろそろ他のことをするか…。

Akfk18

そういえばいつもゲームをやってるサブモニタから試しにメインモニタに切り替えて
ワイドスクリーン表示にしてみたんだけど、解像度がマジでハンパねえ。
当然レターボックス表示にはなる。それぐらいのリスクは許容できるぐらいキレイ。
サブモニタは表示解像度への柔軟性がないのを「自動調整機能」という便利そうな
言葉に置き換えてるのが本当に腹立つ。所詮はゴミモニタか…。

でも今更パソコン用のモニタをXGA表示で我慢するのはツラいよな。
ゲーム用にワイドモニタが欲しいと思う今日この頃。



「コードギアスR2」のサウンドエピソード6に収録されている「Reason」という曲、
どこかで聞いたことがあるなぁ…と思ってたら「スクライド」の「Drastic my soul」を
歌っていた酒井ミキオによるものらしい。なんつーか…まんま過ぎる(笑)
酒井ミキオの公式にある過去の仕事一覧を見ると色々興味深いことがわかる。
こんなに後藤さんの曲書いてたのか…。

今週の「テイルズオブジアビス」…ミュウの使い方が反則過ぎるんだよ毎回!!
セリフのないところでもきっちり動かし続けるその熱意に賞賛を贈らねばならない。
オラクル兵たちがルークの顔を見て何も思わないのは不自然じゃなかろうか。
まさか髪を切った程度で見分けがつかないほどではあるまい。

勇者だと思ってたら普通の人、むしろそれ以下かもしれないことを知ったときに
この作品のRPGとしての資質が発揮されると思った。中古で探してみようかな。

「鉄のラインバレル」…こういう言い方をすると熱心なファンには失礼かもしれんけど
なんかもう本当にどうでもいいアニメになりつつある。当り障りが無さ過ぎて…。
つまらなくもなく、かろうじて質も維持されてるのでケチをつける部分もない。
点の入らないJリーグの試合を延々見続けているようなモヤモヤが残るばかり。

解除してください!割ってください!と言わんばかりのリミッターに吹いた。
あんな前フリされて解除しなかったら来週の見せ場はないと断言できるね。

 >プロフのバンビさんかっけえ イケメンすぎる…

これ描いたの2ヶ月前なんで、今更誉められてビックリした。
そういえば最近ゲームばかりやってて全然絵を描いてないよなぁ…。

| | コメント (0)

2008年12月 5日 (金)

箱舟の外。

2周目の続き。ちなみに2周目はオンラインモードをソロでやってます。

Akfk15

合理的な建物の配置を心掛けようと、3時間ほどアレコレと悩みつつ進めてたら
箱○本体がフリーズして泡沫の夢と消えた罠。なんという惨事感。
しかしよくよく冷静に思い返すと、そのうち2時間ほどは推敲に使っていたわけで
1時間もあれば元の状態に戻せるんじゃないか…と再度奮起。

その間、ダンジョンとゲートハウスのみを連接させるだけで工場が解除されたりと
「AKfK」の設定上の穴をまた発見できたし、それなりに収穫もありました。
Ninjabeeはもっとマジメにバグ出ししろ(笑)

<不具合追記>
「AKfK」オンラインプレイ中にLiveの接続が切断されると、自動セーブもされないまま
タイトル画面に戻ることが判明しました。こまめなセーブをオススメします…。

秀吉のキャプ画を見る限り、どうやら偶然にも同じ結論に辿り着いたようで
マップの一番左端のくぼみを拠点にして4種類のリソースをかき集める配置が
輸送距離を短くする上でも一番良い判断らしい。

Akfk16

これは本当に極端な(笑)配置図の一例だけど、新たなリソースを求められるたびに
あっちこっちに輸送する手間が省ける意味では非常に合理的なんです。
最後に建てることになるお城のワークショップは用途が完全に限定されているので
この配置図内や近くに建てる必要はないと判断しました。

お城のワークショップのブループリントが解除されるまで4時間半で済むってことは
クリアに必要な時間は約5時間程度なのかもしれない…。

Gta449

ついでにどんぶりを貼っておきます。ちなみにこれ中にはいれます。



「AKfK」を終えたあとお酒を飲んでたら、なんかヘンなスイッチがはいったらしくて
全身に寒気と痛みが走り出して死ぬかと思った。どうも悪酔いってヤツらしい。
それから3時間ほど半死半生の状態が続き、そのまま朝になってしまった。
普段から飲んでる種類のお酒だったのに…体温が下がり過ぎたのかもしれない。

それにしても…夏みたいな天気だったな。スイッチ入れたように雨が降ったり。

今週の「ロザバンCAPU2」…久々登場の後藤さんはモブ扱い。これはマジでヒドい。
子安がようやく本領発揮だが、あまりにも子安過ぎて気持ち悪い(笑)ご褒美です!
Bパートの完成度の高さは神がかり的。バカな今作の中でも極めてバカな一本。
みぞれさんのメイドスタイルが某キャラにしか見えないのはわざとなのか。

シャフト作品のように毎回なにかしら変化のあるもの以外は、だいたいこの時期に
なるとオープニング飛ばしちゃうんだけど「CAPU2」だけは毎回見てるなぁ…。
これ描いた人は凄いよ。特に瑠妃さんのキレ過ぎなダンスは見てて飽きない。

 >正直『セインツロウ2』は魅力感じないな。
 >GTA4と比較してしまいダメです。
 >それだけGTA4の出来がよいということかな?

同じクライムゲーでも目指す方向や客層がまったく違う感じがしますね。
「GTA SA」が好きだった人にはウケがいいみたい。逆に「SA」が好きな人にとって
「GTA4」のような進化は望ましくなかったらしいです…難しいところだ。
個人的にはあの着せ替えシステムだけは一度触ってみたいと思いました。

「GTA4」が犯罪を犯すことのリスクを描いていたのに対し、「セイントロウ2」には
お祭り的な楽しさしかなかったから規制が激しくなったのかもしれません。

 >ちょっとアレな検索ワードあったらすぐ俺の仕業とかひどいよね
 >もっとひどいのはそれが俺の仕業だということだけれども

や っ ぱ り 犯 人 は ま こ P !
でも…これでまこPがどういう仕事をしてる人なのか俄然興味が湧いてしまったよ。

| | コメント (0)

2008年12月 4日 (木)

東方の話題は東方板へ。

Akfk14

建物の最大数についての検証結果が出ました。重複効果はないみたいです。
なので幾ら劇場やアリーナをたくさん建てても最大数に変化は起きません。
「AKfK」は建物のパーツ1マス単位で数えているらしく、やたら城壁を長くすると
それだけでも最大数に達してしまうようです。
なので、より高得点を稼ぎたい人は壁や石像は立てない方がいいです。

「AKfK」の2周目はなかなか熱いぞ…そして相変わらず時間を喰う。
市庁舎を建てるまでの段階でマップ上のすべてのリソースを採取してしまうのが
ベストだと判断し、約3時間かけて採掘。隠しアイテムをすべてゲット。
その3時間のうちにかなりリソースに蓄えができたので先がラクになりそう。

ちなみに隠しアイテムの位置は毎回同じ位置だと思われます。
なので採掘速度が速くなるアイテムなんかは先に取った方がいいでしょう。



烏合×金髪野郎」で検索して来た人がいて、またまこPの仕業かと思いつつも
アクセスログを調べてみると、とんでもないところから接続してたことが判明。
個人情報なんで詳しくは言えないけど…うーん。「gatekeeper」でググれ。
今日は他にも国立国会図書館内からのアクセスがあって結構ビックリした。

日本語版「セインツロウ2」はだいぶ規制がかけられたことが伝わってくる。
血が出ない、人が燃えないというだけでもかなり魅力が損なわれている気がする。
しかし、同様の表現を日本語版「GTA4」ではなぜそのままにできたんだろうか。
本来なら同じ規制が一律にかけられるべきだろうに。…オトナの事情?
箱○版はまだマシらしく、PS3版はゲーム性が変わるほどヒドいんだとか。
本当の「セインツロウ2」を遊びたい人は北米版を買った方がいいかもしれない。

「タツカプ」のガチャピンにちゃんと最終戦闘モードがあってちょっと嬉しかった。
ただこれ…こんな体格差があってちゃんと格ゲーとして成立するのかな。

一時的にサービスが停止されていたライトFPS「ペーパーマン」ベータテスト再開。
以前に参加しようと思って、サービス停止に泣いた人(主に自分)には朗報。
簡単に説明するなら…天才繪里子とあっきーが初音ミクと撃ち合うゲームよ。
アバターの着せ替え等を主眼に置くライトMMOと、昨今韓国などでも人口増加中の
オンラインFPSを融合させたような感じで、FPSなのに見た目は非常にキャッチー。

リニュ版「神姫」はパッケージング凝ってるなぁ。担当者グッジョブだ。
世間の神姫マイスターがどういうものを欲しがってるか理解してる気がする。
ただ、こうされると開けるのが勿体無いというか…保存用も買えということか。

今週の「とらドラ!」…オチについては先週の最後で読めてしまっていただけに
それをどう締め括るかがカギだったが、かなり無難に軟着陸してしまったか。
川嶋がひとり損した感じだなぁ。他はわりと願ったり叶ったりな感じだし。
対岸の花火とそれぞれの表情で夏の終わりを匂わせるあたりは非常に上手い。

| | コメント (0)

2008年12月 3日 (水)

虎の威を狩る紅弧。

Akfk10

生活感ある密度を表現しようと、城下町を作ろうとした結果がこれだよ…!
屋根や壁の塗り替えに必要な通路を1マス分確保しつつテトリス配置していったら
密度というよりは単にゴチャってしまった感じが…それも密度のうちか。
基本的には普段利用しない住宅や病院などで固めてあります。
その為、本来なら得点重視で荘園にすべき住宅をコテージで止めてあったりして。

Akfk11

ちなみに「AKfK」には建物の限界数というものが存在します。
具体的に言えば60戸を越えたあたりでピース数の限界に到達するらしく、
飾り付けの為に石像などを作るとその限界がすぐに来てしまうみたい。
単純に点を稼ぐプレイをするなら、一切の無駄を省いた建て方が必要になります。
ダンジョンのように、乗り換えで効果を発揮しなくなった建物も得点が発生します。

限界数を増やす為の建物も用意されていますが、それらを複数個建てたときに
個数分の効果を発揮するかどうかは未検証。あとで試してみます。

Akfk12

工場やワークショップはパーツが排出される位置を集めて実用的に。
どれかひとつのリソースが欠けても他から提供しやすい利点もあります。
そういえばお城のワークショップに「らせん階段」ってパーツがあるけど、これって
どの建物のブループリントでも要求されてないような…未実装?

Akfk13

極端な話、クリアする為だけならマップ全体の1/6程度の面積で足りると思います。
ただし広場から遠く離れた森林や岩山の中に「愛」などの隠しアイテムがあって
そこのリソースがゼロになるまでマップ上に出現しないようになってるのが厄介です。
ある程度Keflingに余裕ができたら遠くまで派遣して伐採させた方がいいでしょう。

さて…そろそろ2周目いくかな(笑)分岐ルートの方も埋めておきたいし。
2周目といえば「GTA4」も頃合を見て始めたい。



今日は天気が良かったせいでテントウムシフィーバーだ…ベランダが恐い。
特に目のあたりにシャチのような黄色い丸印があるヤツが本当に恐い。
昆虫好きでありながら、唯一テントウムシだけはどうにもトラウマなのであった。

「ミラーズエッジ」の発売が1週間後に迫っているけど、なんとなく不安になるのは
先に公開された北米版の実績一覧。なんつーか…タイムアタックが多過ぎ。
ステージの少なさは許容できるけど、時間を競うだけの実績はダレるよなぁ…。
ゲーム自体の評判もあまり芳しくないと聞く。こりゃ一考の余地ありだな。

更に1週間後に発売される「プリンスオブペルシャ」も気になるは気になるけど
どうにもあのキャラデザを受け入れられない自分がいる。
ただ、それを理由にプレイしないのは少々惜しいのでこちらも一考なり。

最近の「神姫」は売り切れになることも稀だけど、リニューアル版はどうなんだろう?
シリーズがここまで続いたということは少なくとも定数売れ続けてるってことかな。
自分はグラ姉の値下がりをひっそり待つことにするよ…クリスマスが狙い目か。

今週の「ケメコデラックス」…テンション高いタマ子さんが可愛過ぎる。反則だこれ。
オンブするなら足にシャツを巻く必要はないわけで、これはおっぱい密着確信犯?
確かに普段の格好と水着、布面積にあまり違いはないよな…。
初登場のミウラは能登なのにオマケ扱い程度のキャラ。なぜ胸が裂けるのか。

「とある魔術の禁書目録」…アウレオルスの怒りの理由も矛先も理不尽過ぎる。
そもそも最初から「右腕を骨折!」とか想像しておけばよかったんじゃなかろうか。
理想的な現実を描き続けるには集中力が要る。「常に想像するは最強の自分」か。
その他1名のロン毛(笑)が回を追うたびに丸くなっていく様子が微笑ましい。

 >イヤ!うごーさんったらやっぱりそういう方面の人に人気なのね!

昨日の記事のどの部分にかかるコメントなのか判断しかねる…最後の一行?
うちの記事で記述したことのないような、某無修正系UGサイトの名前だったらしく
なぜそのフレーズでうちが上位に来るのか甚だ疑問です。

| | コメント (0)

2008年12月 2日 (火)

文句があるなら他意に倣え。

Akfk06

台湾在住のプレイヤーにナンパされたりと色々大変でしたが、とりあえずなんとか
オンラインの実績ふたつを解除することができました。実績は残りひとつです。
実績「友達」の条件がわかりづらいので一応補足しておきます。
「オンラインプレイ中、自分以外のプレイヤー10人のバナータワー製作に立ち会う」
ということなので、他人の街でもなんでも累計10人分見ればOKです。

もう一方のオン実績「世界を旅する者」は、自分以外のバナータワー20人分を
ただ単に見ればいいのでたくさん建ててあるマップに参加した途端解除されます。

Akfk07

昨晩はオフも早々に秀吉ヒョードルさんと合流し、3人で協力プレイ。
やっぱり日本語が通じるフレンドと遊ぶと面白い。それぞれ性格も出るし。

建物の色を何色に塗るかとか、そういうところでも違いを感じました。
なんであんな…屋根も壁も青色に塗ってんだろう?みたいな(笑)
自分は頻繁に使用するワークショップを目立つ赤色で塗り、学校やギルドは青色、
住宅など普段使わない施設は緑…という感じに色分けしていました。

Akfk08

オフラインモードは恐らく10時間ぐらいで最終目標に到達できると思います。
現在の人口は31人。25人から29人ぐらいの頃が一番大変かな…。
その山さえ越えちゃえば、最終目標である城は意外と簡単に作れてしまいます。
簡単過ぎて拍子抜けするかも…城のワークショップを建てたらほぼ終わりかと。

Akfk09

ボリュームの少なさは値段なりだと思った方がいいです。
すべての目標を達成したあとは採掘や生産に縛られることなく都市設計できますし
ひたすら引っ越ししたり、オン用の「他人に見せる為の都市」を作るのもいいかも。

最初からオンをメインに始めるなら、オンラインモードを招待制で始めるのがベスト。
設定を「公共」にしない限りは他人がはいってくる恐れもなく、実質オフと同じです。

 >このゲーム興味あるんだけど、ピニャータのような急がしさはありますか?

自動で何かが減ったり破壊されることはないので自分のペースで遊べます。
災害の起こらない「シムシティ」のようなものを想像していただければよいかと。
ただし操作しないでいるとKeflingsの動きも停止するように設定されているので
「シムシティ」のような完全放置プレイは不可能です。



姫様…セツナはガンダムと結婚したんですよ。
コミケを一ヵ月後に控えたいま、この件がどれほど影響を与えるのか気になります。
自分はアイドルや声優が結婚しようが子作りしようが別になんとも思いませんけど
そういうことに過敏に反応するネット過激派みたいのがいるのも事実。

むしろ、早く結婚してほしいと思う声優ほど縁がない悲しさよ。永久のカナシよ。
三十路越えたらもうゴールしてもいいよね…?

巷で話題の男性用ブラのデザインはヒド過ぎる。何あのSMグッズ。
もうちょっと可愛げのあるデザインや模様にはできなかったんだろうか。
そもそもこの商品を求めるのがどういった層の人たちなのかも非常に気になる。
少なくとも女の子になりたい人たちは絶対選ばないと思う。

スパロボZ スペシャルディスク」なる商品が来年3月に発売されるとのこと。
内容は戦闘シーンを好きなようにカスタマイズして閲覧可能なバトルビューワーや
設定資料などのほか、追加シナリオやチャレンジモードも収録。
ゲーム本編はどうでもいいけど戦闘ムービーは見たいという人にはオススメか。
でも本来ならこれって「スパロボZ」に収録しておくべきだったよね…。

どうでもいい話だけど、最近「お風呂ポスター」なるグッズがあることに驚いた。
よーするに耐水素材のポスターね。確かにポスターって貼る場所や色褪せなどに
困ることの多い商品だし、まっさらな壁が余ってるお風呂場は最適かも。

今週の「キャシャーンSins」…突然萌えキャラ出てきたら「あっちに行け!」だよ。
作品の雰囲気に合わないそれはただのクッション材でしかなく、今回注目すべきは
ツンデレロボの方にある。手や足の細かい演技も涙腺を刺激するものがあった。
遠回りしているようで、実はちゃんと終盤へ向かっているのかもしれない。

「ef」…ストレスを全部外側に向かって発散できる人ってちょっと羨ましいと思う。
にしても理不尽過ぎるが、「妹と一緒に死ぬべきだった」という望みは遂げられたか。
火事のシーンがあまりにも冗長。新しい表現なのか場繋ぎなのか判断に悩む。
終盤に向けてようやく明るい方向に向かってきたか…早く久瀬さんを助けてー!

 >適当な単語でぐぐってたら っしーのページを発見する現象をなんと命名しよう

どちらかというと っしーというよりは「」なんですけどね。似たようなもんか。
そうだな…じゃあ「セブンスウェル」と呼びますか。レントンだし。

ちなみに同時間帯に言えないような検索フレーズで来た人がいまして…。

| | コメント (0)

2008年12月 1日 (月)

キセキが起こる教室。

昨晩乱入した部屋、素材をマップに並べて「千早」って書いてて吹いた。
しかも素材の個数がちゃんと72個になってんの(笑)なんという千早愛。

Akfk04

「aKfK」にはバナータワーという建築物があって、自分のゲーマーアイコンを貼った
塔を建てることができるんですが…日本人のほとんどが「アイマス」ですよ。
ちなみにこのバナータワーを見た個数や、参加したプレイヤーが建ててくれた個数が
「aKfK」のオンライン実績に繋がるというわけ。なので建てるのが義務なのです。

それにしても止め時がないゲームだわ…「あれが終わったら次はこれ」みたいに
次々とやりたいこと、やるべきことが思いつくからいくら時間が全然足りない。
で…先に進むと意外なリソースが枯渇したりして予定外の施設まで建て始めて
都市設計の計画が狂うわ人手が足りないわでもうてんやわんや。

「リソースが枯渇」と書いたけど、実際は無制限に掘れるんですよ。
マップの端にある採掘ポイントは採掘限界が「∞」になってて、そこを掘らせれば
永遠にリソースを産出し続けることができるようになっています。
しかし問題はそこじゃない。消費が採掘のスピードを超えちゃうんだよね…。
先に進むと採掘速度が上がるアイテムとかも出てくるけど、それでも限界があって
中盤は素材の割り振りや配置に物凄く悩むことになります。

Akfk05

いくつかTipsを書くとすれば…まず、Keflingsにできるだけ運搬させないこと。
プレイヤーが運んだ方が圧倒的に早く、ゲーム進行に直結すると言えます。
採掘能力はプレイヤーと同等なので、採掘だけ任せるのが基本となりそうです。
運搬を任せる場合は可能な限り短い距離を往復させること。
具体的な距離で言えば5マス以内。それ以上だと効率が悪くなります。

無限に採掘可能なポイントのすぐ近くに加工施設を建て、生産施設まで短距離で
輸送ルートを作るとオートメーションでリソースを増やせるようになります。

 >このゲーム、実画面見ると面白そうだ…。
 >オンラインではどんな事ができるの?協力プレイとかあると楽しそうだけれど。

オフラインでできること全てを最大4人同時にプレイできるようになります。
何もない土地をみんなで協力して盛り上げるもよし、仲間の邪魔をするもよし(笑)
他のプレイヤーがこれからどこに何を建てようとしてるのか、考えを読み取って
必要な材料を生産して運んであげたりできるので効率アップにも繋がります。
で、完成したらアバターで拍手したり踊ったり。楽しみ方は色々です。

 >>中国産プラモデルの説明書を読み慣れた人ならすんなり受け入れられるはず
 >なかなかハードルの高いフレーズだな

一応説明しておくと、日本語訳された説明書の誤字がヒドかったんですよ。
今でも改善されてないのかな…自分が売ってた頃は読むのが楽しみだった(笑)
店頭で箱を開けて塗料を揃えようにも、まずは何が書いてあるか解読しないと…。

 >うごーのゲーム紹介を見ると自分も遊んでみたくなってきちゃってヤバイ
 >ちょうどゲイツポイント余ってるし… ところでそのゲーム、何て読むの?

一応言っておくと、この値段にしては面白い程度に考えておいてほしいんです。
箱○のゲームを紹介する際にいつも出る「向き不向きがある」って話ね。
「ピニャータ」始めたら朝になってるタイプの人なら文句なしでオススメできます。

読み方については聞かないで!公式すら日本語表記したがらないんだから(笑)
恐らくホビットと同じ意味で使われるハーフリング(halfling)あたりをアレンジして
固有の小人種の名前にしたんじゃないかと。



今週の「今日の5の2」…不謹慎ではあるけど、確かに台風はなぜか盛り上がる。
ただしどんなに昼休みが長くても、その間に通り過ぎる台風はまずないよな…。
最近の小学生はオシャレだと思う。自分が小学生だった20年ぐらい前だと学年に
ジーンズを履いてる子は数えるほどしかいないぐらいだったなぁ。

ちなみに調理実習は一度も参加したことがない。
なぜか実習当日いつも体調を崩して休んでいたのが原因だったりする。

「屍姫 赫」…猫がいた場所とは明らかに違う場所を鷲掴み(笑)猫のせいです!
てっきりこのエピソードについては思いっきりギャグ展開に振るのかと思いきや
わりとあっさり本道に戻ってきたのが残念というか当然というか。

原作読者によるとアニメ版の伊佐木と水薙生への肩入れは異常らしい。
ほんの数コマしか登場しないキャラをここまで引っ張った理由はなんなんだろう?

 >アビスはもうそんな所まで話が進んでるのね…
 >その辺りはゲームでやってて非常に胃が痛くなる展開だったなぁ、
 >ミュウがいなかったら心が折れてたよ

原作やってないから知らないけど、特に違和感もなくサクサク進んでますねぇ。
ひょっとしたら「あの部分が丸々カットされてる!」的な感想もあるのかもしれない。
ルークの成長劇としては良いけど、気持ちいい展開では…ないかもなー。
まあ変にハーレム展開とかされるよりは全然好みですけど。

| | コメント (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »