« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月31日 (土)

さよなら携帯電話。

Imber05

インベル仮組み完了。白一色でもなかなかカッコいいです。
好き好んで初期状態や千早カラーで塗る人はいないと思うけど…。
以下、組み立て中に気付いたことを書き連ねていきます。

ビニール袋を開けてランナーを取り出して真っ先に感じたのは…ランナーが臭い!
新鮮な驚きを感じるくらい臭くて笑いが出たほど。でもABS臭さじゃないんです。
恐らく独自の配合になってるのか射出したてなのか…面白い匂いでした。

Imber06

パーツの切り出しは意外に素直というか、ABSというよりPSに近い感覚。
バンダイなんかのABSと比べてサラサラしてて切削感がよく、ヤスりやすい感じで
普通にPSを加工する感覚で作れるのでストレスがありません。
ゲートが多少複雑な形状をしてる部分もありますが、修正はわりとラクです。

モデロックシリーズの修正点で一番話題になるのがゾイドのような肉抜きですが
このインベルに限って言えば目立たない位置にひっそりと設けられているので、
見た目に気にならないし埋めるにしても作業はそんなにしんどくなさそう。

Imber07

ほとんどの部分でパーツの擦り合わせの必要もないぐらいよくできています。
唯一気になるのは両脚のスネとふくらはぎの装甲の合いが悪いこと。
スネ装甲の上端を少し削ってやれば改善できそう(まだ試してないので…)。

零神はインストに書いてあったのに、インベルのでは説明がまったくありませんが
今回も残ったランナーを切って組み合わせると即席スタンドになります。
でも見栄えはよくないから市販のものや他のフィギュア等からスタンドを用意して
あげた方がよさそうです。まあインベルはそのままでも自立しますけど。
腰パーツの下にボールジョイントの受けのほか、直径2.5mmぐらいの穴があるので
Figmaやリボのスタンドも利用できると思います。



Insideにあっきーこと長谷川明子がゲストに来るそうで、現在あっきーへの質問や
応援のメッセージを特設アカウントで受付中。期限は来月5日まで。
…って、多分登録してる人にはメールニュースが来てると思うけど。
あっきーのインタビューといえば「ペーパーマン」のものが4Gamer.netに掲載中。
誰とは言わないけど、あっきー好きは両方ともチェックした方がいいんじゃないの?

「タモリ倶楽部」の特番を見て、鉄道の回を全部見てる自分に気付く…(笑)
でも昨晩は「検索ちゃん」の方が個人的にツボだった。あの夫婦コントは面白いわ。

今週の「テイルズオブジアビス」…物凄い全部終わった感。でも終わりじゃないよな。
同じ作品の中で悪役の背面飛び降りを2回繰り返したことにも違和感はあるけど、
死体を確認できない場合は死んだとは言い切れないのが定説。
ましてや「ジアビス」の世界にはレプリカ技術という切り札も用意されてるわけで。
アッシュがだんだんかわいそうな立場に…せめてナタリアだけは取らないでくれー。

バンの作画がなんとなく「ギアス」っぽかったのは気のせいだろうか。
「ギアス」や「宇宙かけ」の絵柄がスタッフに定着し過ぎないことを祈りつつ。

「鉄のラインバレル」…なんかいけないものを見てしまったような感じがする回だわ。
脈絡無く挿入されるカラオケイベントはキャラソンCDの販促。みんな知ってるね!
よくわかんないけど復活したってのは、よほどのことがない限り絶望の布石ですよ。
これで直接矢島と戦ったあと浩一をかばって死んだりしたらテレビ叩き壊すぞ!

拍手の数が過去最大級の多さだったわりにコメントがまったくなく、何か不穏に感じて
検索フレーズを調べてみたら大変なことになっていたでござるの巻。

 >Logi裏 褐色 フィギュア付き同人誌(エロ)発売中!
 >Logi裏 褐色 フィギュア付き同人誌(エロ)
 >Logi裏 エロ同人誌

うちは希有馬屋じゃねえぞ!でも黒牛買おうと思ってたのは事実!
しかしあんなフィギュア買っても人目が気になって飾れないことに気付いたのだ…。

 >うごー バンビさん 褐色オンリー同人誌

これから夏にかけて実生活が一変しない限りは実現しないと思います。

 >八咫鴉ワークス バンビ 乳首はピンク色
 >八咫鴉ワークス バンビ 気の強い女は

バンビさんの乳首は濃茶です。褐色でピンクは色素的にありえないと…。
ちなみに気が強いわけでもなく、ただ単にマジメ過ぎるだけらしい。

 >烏合リョーマ 実は 美少女アイドルだった!

美も少女もアイドルもないわー…。

 >ガンプララジエル 上手に色を塗る方法

これはまったく関係ない検索フレーズだったけど一応ピックアップ。
いやー…調べてみましたが、あれって白一色成型なのね。なら対処もできるはず。
エクシアやダブルオーの指定色で完成見本通りに塗ればいいんじゃないのかな。

| | コメント (0)

2009年1月30日 (金)

アグリカルタ・デ・モーダ。

Imber01

モデロックのインベル届いたー!
朝7時に発送連絡があってその日のうちに着くとは…ペリカン乙。

Imber02

パッケージデザインはあいかわらずこんな感じ。昔のガレキの箱を思い出します。
成型色は白一色。説明書はペラ一枚とシンプルな構成。
このへんはGENEBLOCKをご存知の人には当たり前の話なんですが、
日頃ガンプラばかり作っている人にとっては異常なことらしい。開発規模が違うよ…。

Imber03

ランナーをざっと見た感じで言えば…背骨の処理がちょっと物足りないかな。
塗装したらまた印象が違うかもしれないけどね。
とりあえず組み立ててみてからまた感想の続きを書こうと思います。

Imber04

送料調整もかねて「スカガ」の零神も買ってみた。こっちはヒマ潰しに作ります。



ふと、マーガリンって何語なんだろう?と思って調べてみた。
ギリシャ語由来のフランス語を英語読みした…ということでいいんだろうか。

そういえばすっかり忘れていましたが、刷新分の拍手絵を実装しておきました。
具体的には「ロスコロ」雪歩絵と「アサクリ」千早絵、それにオマケで一枚です。
オマケ絵はちょっと不遇な扱いのまま保存されてたものなので、この機会にと
テキトーにイジって拍手絵に昇華しました。出来は期待しないでね。

拍手絵もアレだけど、そろそろ拍手ボタンの画像も変えたいなぁ。
前のバンビ版ボタンと比べて「わかりづらい」と不評のままよく貼り続けたもんだ…。

去年の春に購入したオーテクの廉価イヤホンにもう断線の兆しが。
値段や音質はともかく、丈夫なイヤホンをご存知の方は是非教えてください(笑)
イヤホンぐらい一年ごとに買い換えるぐらいでいいのかもな…。

「GTA4」のオンラインは意外にまだ人が残ってるなぁ。
特に目的なくフリーモードに接続しても、面白い人がいる部屋であれば軽く数時間
遊び続けられるぐらいまだまだ楽しめます。恐いプレイヤーも多いけどね。
待望のDLCは値段が1600ゲイツで、プレイ時間は12~20時間程度らしい。
新たな武器や乗り物、ラジオなんかも追加されるとか。いやはや…豪華な話だよ。

サンクリの個人情報漏洩事件で友人のサークルも被害を受けてたらしい。
主催者側からの詫びはメール一通だけだったとか。なんとも杜撰な話であります。
まあサンクリ側の損失を考えればその程度の詫びしかできないのもわかるけど、
プロの作家が運営するサークルはメール一通じゃ済まされない状況だろうな。

…あれ?サークルもってる友人いるじゃん。委託できるんじゃね?
いやいややめとこう。友人といっても元上司だ…軽々しく頼める間柄じゃねえ。
つーか実現させない方向に話を持っていきたいよ。

今週の「マリみて」4期…島津が面白かったので許してくださいよ江利子様。
偶然にしては出来過ぎている出会いだが、だからこそ運命を感じるというのも事実。
お見合い茶会のような仕組まれた縁よりもうんと信じるに値すると思う。
ヒマ潰しに妹当てをするというのが非常に先代三薔薇らしいイベントだなぁ。

| | コメント (0)

2009年1月29日 (木)

無意識少年兵。

いいかげん既出の拍手絵刷新のみでつなぐのも申し訳ないし、何かしなきゃ。

Gta4skt2

資料集めというか雰囲気を取り戻す為に久し振りに「GTA4」のオン対戦をプレイ。
フリーモードは相変わらずカオスだな…ロケランしかない部屋は正直ツラい。
ボーッとヘリで飛ぼうものなら中東ばりの緊迫感で弾が飛んでくる。

ロシア産の和風萌えキャラゲー「Xブレイド」の日本語吹き替え釘宮確定マジか。
気になるのは海外で発売される豪華限定版が日本語版でも発売されるかってことと
ゲーム本編は本当に面白いのかってこと。…重要な問題ですよ?

国内販売元がUBIというだけで叩く人がいるけど、自分にはよくわからないな。
まあ他人がなんと言おうと楽しめていれば勝ちです。豊かな人生送れてるはずです。



まことちゃんハウスの件はあれでよかったと思う。

「ディケイド」の初回を再び見てみたけど、いやー…何度見ても面白いわ。
歴代の平成ライダーで初回を繰り返し見たなんて「響鬼」以来じゃなかろうか。
正直もう役者がどうとか気にならなくなってる。いいから早く続きを見せろっ!て感じ。
そういえば二度目で気付いたけど、ディケイドのバイクはビッグスクーターなのな…。

早くもニコ動にディケイドライバーのネタバレ音声動画が投稿されてます。
なんか…平成だけじゃないらしいんだぜ?
むしろあれだけ豊富にある音声パターンを全30回の放送で使い切れるのかどうか
心配になるぐらいだよ。ドラグバイザーツヴァイぐらいたくさん収録されてるっぽい。
クウガで3話使うってことはわかってるけど、各ライダー3話ずつなのかな。

今週の「とらドラ!」…新OPはひとりAice5で話題の(笑)堀江リーダーの新曲。
前期と比べると主題歌のインパクトは弱いが、後半の展開を匂わせる感じがする。
新OP・EDともに長井監督らしさの光る「白」の多い画面構成になっている。

みのりんが空気読めないアニオタ過ぎる。つーかAパートがあまりにギャグ寄りで
今後この反動で物凄く重い展開になるんじゃないかと不安になってしまう。
木原の参戦で恋愛模様は面白くなりそうだが、今更ひとりぐらい追加されたとして
結末が大きく動くほどのことにはなりそうもないなぁ。

| | コメント (0)

2009年1月28日 (水)

妹キャラな姉(倫理的な意味で)。

Chihaya1n

ちーちゃん一進一退。あれこれ追加しては削りを繰り返してる…うーむ。
もう面倒だからシンプルにしてしまおうか。シンプル主義だな。



自分は日頃、老婆心を振り回している可能性があると思ってしまった。

箱○のアバター用衣装が2週間おきに更新されるという法則を知らなかった自分。
それにしても…パンツ一丁になってからのInsideはつまらん。実につまらん!
アシスタントの女の子からゲーム好きオーラがまったく伝わってこないのも原因か。

「デッドラ」と「ロスプラ」の続編について稲船氏が言及したらしいねぇ。
権利の問題で「ロスプラ2」の主役がビョンホンじゃなくなってたらどうしよう。

「絶望放送」が「みなきけ」と同じスタジオで収録されることは以前から知ってたけど
まさかの次女登場。吹き替え音声(笑)がイメージぴったり過ぎて吹いた。

今週の「まりあ†ほりっく」…ひとつのカットあたりのセリフ量が格段に減らされていて
コメディ作品としてのテンポの良さが生まれていた。かなり見やすくなっている。
隆顕様が完全に面白キャラだよ。面白い方に個性を伸ばされるとは思ってなかった。
最後の海産物はやはりクサヤか…某農大漫画的な兵器が出てくる予感がする。

「君に、胸キュン。」のカップリング曲「ネコミミリズム」がすげー気になる…。
沢城単独曲というのもさることながら、なんかアレンジが…ひとりPerfumeというか
先日話題にしたレトロアイドル風味というか。破壊力が高そうだ。

「とある魔術の禁書目録」…なんだこのアニメ(笑)真相については先週の読み通り
父親が術士だったわけだけど、奥さんの容姿を都合よくロリ体形にして食っちまう
というとんでもない野郎という見方もできる。なんにしても悪の元凶だ。
火織さんのサービスショットはいいとして、姫神の変貌が個人的にはご褒美です。

気になった検索フレーズは今後、コメント扱いで返信することにします…(笑)

 >これは 夏コミが 楽しみだね うごーさん 期待してるよ バンビさん本

その夏コミにもう申請できない時期だと思うんですが…つーか出さねーよ!
仮にモノが完成したとしても委託できる知り合いに心当たりもないしな。

 >昨日のコメント、「に入ってから」なんて余計な言葉が混じった状態で送信してた…
 >iPod touchは打ち間違いが多くて困るわー

時々コメントの中で「これって誤字なのかな」と思って修正するか否か迷うときがあり
判断できないときと気付かないときは原文通り掲載してしまっています。
つーかiPod touchでうちのブログが見れるという事実に多少の驚きを覚えたよ…。

| | コメント (0)

2009年1月27日 (火)

二十三の指。

09nenga

千早イジりが忙しく(変な意味じゃないよ?)ネタがないので、とある友人に送った
今年の年賀状の図案を貼ってみる。送られた側もたまったモンじゃないな。
美術の学校に通ってたときの同窓生なのでこういうネタが通じるのである。

ちなみに届いた年賀ハガキは全部ハズれておったよ。

「アサクリ」千早絵は表情の微妙な変更や色味の調整を実施中。
描いてからさほど経ってないのに修正したい点が次々と見つかっております。
そういえば「アサクリ2」の製作が正式に公表されたっぽい。
早くて年末…もっと待たされるかな。でもまあ出るとわかっただけいいか。
「GTA4」のDLC実績も公表されているとか。もうじき来る?



今日病院に行ったら、なんだか妙に本人確認が厳しくなっていた。
まあ確認することに越したことはないが、たびたび聞かれるのもちょっとイヤだな。

「ココログ」のブログネタがマジでウザい…オタクに擦り寄る姿勢が余計腹立つ。
メッセージの停止依頼しても次々と届くし、余計な機能を追加してくれたもんだ。

…なんか今日は文章がイライラしてる。自覚はないのに。
そういえば今年になって初めてカップラーメンを食ったよ!と喜びの報告をひとつ。

今週の「キャシャーンSins」…ちょっと絵がぎこちない。部分的に別の作品に見える。
確実にルナに近付いてはいるんだけど、流れやキッカケもなく唐突につながるから
相変わらずストーリーを追いかけてる感覚が薄い。
今回の話で重要なのは本編よりも、冒頭で語られたレダの過去の方か。

「宇宙をかける少女」…こっちも話が進んでるんだかどうだかよくわからないなぁ。
いわゆる余計な部分でコアな視聴層を楽しませてはくれるものの、本題が未だに
見えてこないせいで「かわいい」「笑える」の次元で止まっていると思う。

この時点でもう変装バラしちゃうんだ…というより隠す気さらさら無いんだな。
イモちゃんの飛行士姿がかわいい。しかし学生運動コスチュームはどうかと(笑)

 >凄い…。凄い。 これ、そのままロスコロのパッケージに出来るよ!
 >特に色使いが堪らなく良いなぁ…

あじゃまーしゅ。
アニメ塗りに行き詰まったときに見た円山応挙の絵が参考になっていると言って
信じてもらえるかは定かではないけど、新しい技法を盛り込めて面白かったです。
個人的には襟のふわっふわ部分の塗りが会心の出来だと思ってます。

 >バンビ山本が出るというのなら寄稿せざるを得ない

なんという奇行。いやー…まず出ないよ。バンビ単独本なんて。
実現しないという想定で現実的に考えれば(笑)烏合の作品集という個人本内で
バンビコーナーを作って他所様からいただいた原稿で固める…って感じかな。

 >新作BC、北米アマゾンだとに入ってから3月9日発売予定になってましたけど、
 >真相は如何に?って所かな。ところで、マスターDはやらないの?

真相は誰も知らない…カプコンさえもな!
ひょっとすると今年度分の数字調整に使うか否かを見定めてるのかもしれないね。
「ストⅣ」が好調なら4月以降にズレ込むと予想。ありえない話じゃないと思う。

しばらくはDTPに集中して「skate2」待ちなので、「マスターD」は更に先延ばし…。

| | コメント (0)

2009年1月26日 (月)

代わってほしい気持ちもわかるが。

Yukiho1m

ちょっと客観的に見る為に試しに貼ってみる。圧縮率については要調整。
これが終わったら「アサクリ」絵を微調整して「GTA4」絵を新規に描き起こすつもり。
んでもって「skate2」の画像整理と…しばらくはDTP的作業が続きます。

「ロスコロ」NORMALクリアで実績がちょうど4000に。意味は…特に無い。
改めてストーリーを見直してもやっぱり巻き過ぎな印象を受けるけど、これは恐らく
アクションゲームに挿入してもストレスのないギリギリの尺で詰め込んであるんだと
好意的に解釈すべきかもしれない。長いとムービーゲーになっちゃうし。
細かいところは映画版で補完してくれりゃいいよ。

「ロスプラ」の音楽を担当しているジェイミー・クリストファーソンの経歴を見たところ
新生「バイオニックコマンドー」の音楽も担当していることが判明。
個人的に「ロスプラ」のサントラは結構気に入ってるので期待できます。
ちなみに「バイオニックコマンドー」の発売日は(北米では)2月13日という噂。



バンビさんオンリー同人誌~褐色Love~ 好評発売中」…ってテメー!!
つーかそれズバリ個人誌じゃねーか。いつか出したいけどページ埋める素材が…。

私生活のことを日記的に書こうと思ったけど特にネタがないな。
とりあえず明日は隔月検診の日なので久し振りに血液を抜いてきます。

今週の「みなみけ おかえり」…斎藤彩夏に普通の高校生役は無理があるなぁ。
言うなれば金田朋子が30代の女性を演じるぐらい厳しいキャスティングだわ(笑)
「フルバ」の紅葉や「ホスト部」のハニー先輩がハマり過ぎだっただけに、
その当時の印象から来るギャップに耐えられない。本人はもう20歳なのに…。
そういえば「QB」のユーミルを演じるらしいけど、それもなんとなく違う気がする。

妹がある日突然急に女らしくなったら、そのときこそ本当に心配した方がいいよ。
あの兄弟のことだから物凄い落胆を味わうことだろう。

「ドルアーガの塔」…オチを予告する場合、予告の通りにするか裏切るかでオチを
選択できるわけだが今回の場合は裏切った上に滑ってしまったな…雪崩だけに。
ローパーのデザインが1期より怖くなった理由が垣間見えた感じがする。
しかしウトゥさん完全にパパじゃねーか。バンザイで袖を通させるのには萌えた。

 >「skate2」は確かに面白いね。
 >若きころやってたので、リアルの難しさがわかるw。多分買います。

実際ならオーリーやるだけでも大変だというのに…。
このゲームをやると「スケートって死にそうだからやらない」って思える(笑)
話を聞けば聞くほどダンナさんのヤンチャな過去がわかってくるわ。

| | コメント (0)

2009年1月25日 (日)

鳥のように海を渡る。

Skt220

今日はとりあえず…おやすみじゃよ。
前々からやろうと思ってたマイ箸の研ぎ出ししたり、ツメを切ったりしておりました。
んで、このあと「ロスコロ」のNORMALステージ10以降でもやろうかと。

「skate2」体験版はヒマなときにSpot Battleなんかをちょこっと遊ぶ程度。
Alphabetでようやく4000点台が出せるようになった。これ以上はちょっと厳しいか。

余談ですが拍手をたくさんありがとう。多少がんばる。



バンナムがWii向けに出す「WE CHEER」のキャラデザがなんともかわいい。
人によってはキモいと言うかもしれないけど、その絶妙なキモかわいさが良い。
バンナムは地味にWii向けの開発を頑張ってるけど、「ハッピーダンス」とコレの
明確な差を打ち出すのは難しいんじゃなかろうか。

新しい操作法を提示されたものの、サードパーティーが使いあぐねている様子は
DSが出たときのそれとよく似ている。なかなか難しいもんだよねぇ。

新番組「仮面ライダーディケイド」は凄い…と言わざるをえない。
平成ライダーシリーズにどれだけ思い入れがあるかでこの作品の評価は変わるが
ひと通り見てきた人で、このアバンタイトルに衝撃を受けない人はいないと思う。
逆を言えば「ディケイド」が初ライダーな視聴者は面白さを理解しにくい。

つーかこのシーン…ディケイドがどう見てもオーガンダムです(笑)

平成ライダーの初回につきものな変な性格や嗜好の主人公の紹介はいいとして
ほぼ全編に渡ってちりばめられた戦闘シーンの数々には圧倒されるばかり。
各ライダーごとの敵の登場パターンなども再現されているので、鏡の前で音が鳴る
というだけでワクワクした視聴者も結構多いのではなかろうか。
しかしザコ敵が圧倒的な弱さで死ぬ(笑)これは仮面ライダー同士の戦いを主軸に
置いている作品だろうから、刺身のツマ的存在と割り切った方がいいかも。

配役についての不安が多少残るものの、続きを見たいと思わせるにはじゅうぶん。
自分は初回で完全に「ディケイド」の世界に飲み込まれてしまった。
撮影時は毎回各ライダーのスーツを用意しなきゃならないかと思うと大変だねぇ。
あ…過去のライダー関連商品が一時的に高騰したりするかも。

佐藤寛子はレギュラーでずっと出続けてほしいな…3話までか。

今週の「屍姫 玄」…色んな意味で遊び過ぎ(笑)新エンドロールはハメはずし過ぎ。
なぜか異様に短い着物やかなりギリギリの入浴シーン、意味不明なケモノ耳など
ヘタすりゃテコ入れとも思われかねない要素が満載の回だった。
マジメなメインストーリー部分は進んでるんだかどうだかわからない程度。

「ガンダムOO」…やはり大人のぶつかり合いがないとガンダムって気がしないね。
クーデターの首謀者ハーキュリーと旧友であるセルゲイという関係はベタではあるが
この年齢のふたりだからこそわかる世界の歪みを描く為にも不可欠だと思う。
しかし6万人の口をタワーもろとも塞ごうというのなら世界を誤魔化すことはできまい。
仮に破壊に成功したとして、カバーストーリー程度で納得されるだろうか。

ブシドー関連にはもう触れたくない(笑)あの戦闘そのものが余分って感じがする。
今週はスーパー恒松タイムがなかったけど腹筋には優しくてよかった。

| | コメント (0)

2009年1月24日 (土)

レッドランプ・オア・フラッグ。

Yukiho1k

「ロスコロ」雪歩絵は着地点を検討中なのでもう少し時間がかかります。
雪歩らしさをアップさせる為に顔を描き直すことも含めて検討しております。
…全部描き直す方が早いか。

「ロスコロ」をやってると何度か壁にぶつかると思う。ひとつめはもちろんミドリメね。
昨日はふたつめの壁である巨大戦車をなんとか乗り越えることができました。
戦闘開始地点の背後にある支柱におびき寄せればノーダメージのまま8割ぐらい
削ることができるので、あとはサーマルエナジーの量と運次第。
面白いかと言われれば…面白くもないか。雪の中にいる頃がやっぱ面白い。

そういえば最近知ったんだけど「ロスプラ」って映画化が決定してるのね。
キャストはまだ発表されてないけど、ウェインはビョンホンであってほしいなぁ。
ちなみに公開は2011年を予定。ゲームの続編も検討してるらしいし期待してます。

「skate2」体験版の未公開キャプ画が50枚を超えてしまった。まだ体験版なのに…。
拍手絵の一新が一段落ついたらまとめ作業にはいらねば。
この時期にスケートボードによる逮捕者が出たりと、あまり販促的にはよくないけど
良識のあるスケーターは危険行為はゲームの中に留めるもんですよ。



日記的要素がほとんどねーや…あ、雪降った降った。すぐ止んじゃったけど。

今週の「テイルズオブジアビス」…解決策はだいたい罠。この作品の定番ですな。
それとなく次の移動先を強制されるあたりRPGが原作っぽいと思えてしまう。
予告やOPで前押しされてたディストは即退場。ギャグと変顔の多い回だった。
このへんで可能な限り抜いておかないと後半はシリアス攻めになるせいか?

「鉄のラインバレル」…あの100の関門、非公式ではあるが維持費はかかるわけで
あれだけの施設を維持する費用が緒川さんさえ知らぬうちに確保されてたと思うと
なんともルーズというか油断ならない企業である。ぶっちゃけアホである。
桐山の退場自体はあまり重要ではないらしい(笑)ほぼ全編ギャグだったなぁ。

道明寺が死亡フラグを回避し続けることが不安でならない…でもいつか死ぬだろ。
矢島の復活で怒涛の後半戦なるか。いや、ならないだろうなぁ。

 >絵見たさの連打を許しておくれ

そんなことしてくれる人を悪く言う人がいるでしょうか。いるわけがありません。
新着画像が10回制限のうちに確実に表示されるといいんだけど、難しいよね。
実装後に自分でテストしてても出ないことがあるし…。

 >こんなKeflingsだったら、見てるだけで幸せだ…
 >blogの方の色だと、お菓子の家に見えて美味しそう

そんなことを言ってくれる人がいるだけでシアワセだ…。
最初は意図してなかったんだけど、運んでる素材をお菓子にしてしまったことにより
全体的なイメージもそんなふうになってしまいました。完全に後付け。
律っちゃんは厳格に指示してるように見えて、自分の取り分は確保してると予想。

| | コメント (0)

2009年1月23日 (金)

経済的には耐久戦。

Akfki2

とりあえず「AKfK」絵は完成させて拍手に実装しておきました。
最後の最後で「Keflings」を「Kefrings」と書いてたことに気付いて修正したりと
何かとアクシデントの多い絵でしたが…一応見られる状態にはなったかな。
自分の脳がアニメ塗りのルールを理解してない件以外は問題ないはず。

今回もやっぱり記事内のと実装版でビミョーにアレンジしてます。
つーかレイヤーイジって作ったこっちも悪くないな…なんだか冬っぽいし。
…にしても、まさかの35MB超えには吹いた。なんでそんな容量食ってんだ!?
「アサクリ」千早絵でも10MBに収まってるというのに。

しかし昨日載せた雪歩絵の方が圧倒的な早さで仕上がっていく…。
今回はアニメ塗りから離れ、色を塗り重ねて表現する水彩っぽい感じにしてみる。
塗れば塗るほど雪歩じゃなくなっていくけど(笑)塗ってて楽しいのは事実。
自分の引き出しにあるものだけでアレコレやってるときは自由でいい。
言わば、冷蔵庫の中にあるものだけで一品作る楽しさのようなものだと思う。

雪歩絵は亜美絵と差し替えで拍手に実装する予定。
ただし拍手絵の基本サイズだと小さ過ぎるので、どう処理するかは未定です。



立川ビックで「スパロボZ」が1980円…安い。安過ぎる。
これから4月までにスパロボ関連タイトルが続けて出るから焦りもあるのかな。
あまり良い傾向ではないと思う。スパロボなんて年1ぐらいで出ればいいんだよ。

オーガニックからモダンペッツ版ミッ○ーとミ○ーのフィギュアが出るみたいだけど
定価1344円で身長6センチはちょっと物足りないかなぁと思う。
メディコムのヴァイナルほどデカいとそれはそれで困っちゃうんだけどね。

「みなきけ」はあいかわらず自由だなー…3人揃わねーし(笑)
利奈さん抜きの2人を放し飼いとか危険過ぎる。食ってばっかでコーナー進まない。

今週の「マリみて」4期…明らかにヒドい前置きだよな、このお見合いお茶会って。
どう考えても名前のあるキャラでくっつきそうなもんだが…いや、突発の無名キャラが
妹の座を奪い去っていくという展開でも面白いかもしれんってギャグだよそれ。
 拍手コメ一件割愛。無理にコメントしなくてもいいんですよ?
 >雪歩の記号…、うーん…。
 >お茶持たせるとか、黒いオーラ出させるとかしか思いつかない(笑)

それは記号ではなく行動だと思うのです。穴掘って埋まるとかもね。
黒い円を3つ繋げただけで訴訟に発展するほどのわかりやすさは求めないけど
髪型+髪色+αで伝わるぐらいだと二次創作する側としてはラクですな。

| | コメント (0)

2009年1月22日 (木)

疫病神に塩を撒け。

Yukiho1g

アニメ塗りの試行錯誤に行き詰まり、息抜きに描き始めた「ロスコロ」雪歩。
雪歩に見えんな…雪歩って似せる為の記号が少な過ぎなんだよな。

「AKfK」絵はボチボチ完成を迎えそう。
だが当初予定していたものとはまったく違う(笑)方向へ向かいつつあるので
今後もアニメ塗りの習得と探求は続いていくのであった。
応援ありがとうございました!次回作にご期待ください!
…みたいなオチでマジごめんな気分。



過去の記事を参照すると、この罫線直下の文章に色がついてることが稀にある。
これは直前の記事内でコメントを引用した際にFONT COLORを閉じ忘れているのが
原因なので…発見次第修正したい。するつもり。いつかする。

不壊のピック 開錠スキルが上がらない?」という検索フレーズを発見。
自分の記憶が確かなら、元々のスキルと「不壊のピック」による上昇の合計値が
100を超えた状態だといくら開錠を繰り返してもスキルが上がらなかったはず。
つまり100になったら「不壊のピック」を収納に預ければいいってだけの話。
ただし100近くスキルがあってもオート開錠に失敗することもしばしばあるので、
特に問題がないなら「不壊のピック」を持ったままにした方が合理的だと思います。

ブキヤのモデロック版インベルは発売予定日が30日に延期。
来月はちょっとした単行本ラッシュだからamazonでまとめて注文しようかな。

「絶望放送」内でスタッフの声の代わりに挿入される動物たちの声に萌える。
ヤギやネコが機材を操作してる様子を想像するとなんとも微笑ましいではないか。
虫ネタはまあいいとして、やっぱ「子宝ちん○すこう」はねーわ…。

今週の「とらドラ!」…これは間違いなく珠玉の一回だ。白熱の演技にただ感激。
北村君は多くの友情に支えられ、多くの機会を与えられてシアワセだったと思う。
会長からあの一言を引き出せただけでも北村君の恋は勝ちだよ。間違いなく。
ただ、落ち着いてそう振り返れるようになるまではだいぶ時間がかかりそうだが…。

会長との間に一応の終止符が打たれ、これからは北村君争奪戦になるんだろうか。
櫛枝は微妙に触れられるもののイマイチ進展がなく淋しい。

| | コメント (0)

2009年1月21日 (水)

旅路を示す一筋の道標。

Skt219

アニメ塗りってやっぱ難しいな…参考にできるものは山ほどあるのに。
塗っていて手ごたえがないし完成形が見えないせいか全然先に進まない。
割り切りとメリハリが足りない。しばらく山篭りするぜ…ゴミの山にな。



なんかここ最近、妙にアクセス数が多くて不安になる。良い傾向なんだけどさ。
奇妙なリンク元をひとつ見つけただけでなんだかソワソワしてしまう自分は小心者。

しかし…「うごーさん 褐色 オンリー同人誌 作ろうぜ!」はいかがなものか(笑)
仮に本気だとしたら丁重におことわりするかもしれない。
褐色好き10人ぐらいで各人2ページ負担ぐらいなら実現の可能性もあるだろうけど
褐色だけで20ページ描けと言われたら困っちゃうもんね…。

「絶対カラフル宣言」のカップリング曲「ワンモア!」がヤバい。これは名曲だぜ…。
OP・EDそれぞれ表題曲が良いのはもちろんだけど、「経験値速上々↑↑」の方に
収録されている「トリプルLOVE」も非常に「みなみけ」っぽくて良い感じ。
従来通りであればラジオの主題歌になるはず。

今週の「まりあ†ほりっく」…なんかよくわからないけど成り行きで三角?関係に。
隆顕様の動機はまだ理解できるものの、奈々美については情報がまだ少ないな。
そのせいで強引にハーレム化した感が強い。…この場合もハーレムで合ってる?
海産物ネタがここまで延々と引っ張られるとは思わなんだ。

「まりほり」は真田アサミの喋りがツボにはいるか否かで評価が変わる。
回を経て少しずつ面白さの「間」がつかめてきた感じがするので、もう一歩に期待。

| | コメント (0)

2009年1月20日 (火)

就中読み辛き世に身を窶し。

Skt218

以前に光と影について話したけど、マップの中でも場所によって影が描画されない
症状が出たりすることがわかってきました。普通にやってりゃ気付かないレベル。
しかし同じ場所でもNPCだけは影が表示される謎…。

「ロスコロ」をNORMALで進めてて思った。やっぱビミョーだわ…オフラインモード。
EASYだと敵の耐久力が低いからビョンホン無双できるけど、NORMAL以上になると
残弾数が無駄に減るだけでザコ敵倒すメリットがひとつもないね。
サーマルエナジーと基本武器回収したらあとはタイムアタックになってしまう。

あと、ストーリーが記憶に残らないわ…致命的だこれ。



下の句は「乾坤一擲合従連衡」で。

「AKfK」絵が片付いたら全ての拍手絵の描き直しをしようかと検討しています。
いまになって見ると、長期に渡って見るには厳しい質であると自覚してきたので…。
できれば粘菌のところに譲渡したシロナさんも描き直したい。

あー…無性にカップヌードル食いたい。あとお金使いたい。

今週の「キャシャーンSins」…やはり後期になってから雰囲気が変わった気がする。
メインストーリーが進まないのは相変わらずだけど(笑)短編ひとつひとつを見るに
前期の考えさせられるようなテーマからだいぶ明るい方面へシフトしたと思う。
そのぶん「Sins」らしさみたいなものが薄れてしまった気がしなくもない。
リンゴの誕生についてはまだ謎が多い。新たな世界が作られることの予兆なのか。

ちょ…後藤邑子の2ndアルバムのCM吹いた。なんだアレ!?小野Dがオチか!

「宇宙をかける少女」…キンタマですね、わかります。なんという大艦巨砲主義な!
Aパートの下ネタ満載もさることながら、Bパートの超展開にもひっくり返りそうだ。
かなり強引な手段ではあるが、学園生活を描く為の導入としてはアリだと思う。
見た目のわりにドジな忍者コンビが「HiME」ファンには嬉しいキャスティング。

「とある魔術の禁書目録」…あっさり流される物凄いエンゲル格差。家主なのに…。
なんだこの同人誌もとい夢オチみたいな!?という導入から始まる新エピソード。
ついついその部分にばかり注視したくなるが(笑)わりと話はキチンとしてる。
現時点で一番怪しいのは父親と名乗っている人物か。本物を記憶してないわけで。
つーか一介の魔術師であるステイルまで術中にハマってんじゃねーよ…。

 >けふりん絵、既に可愛い… これは完成が楽しみ!!

せっかく律っちゃんがメインなのに顔が映らない構図という報われなさ。
その代わりお尻の可愛さで勝負したい。フタミーズは出し過ぎなので自重。

資料を集めるのと雰囲気を取り戻す為に久し振りに「AKfK」起動したら
なんか外人さんが協力を求めてきて、結果としてフレンドが増えてしまいました(笑)
しかも自動翻訳で頑張って日本語でメッセージ書いてきたり。良い人だ。

| | コメント (0)

2009年1月19日 (月)

人の値が問われる市場。

Akfki1

「AKfK」絵では基本に立ち返り、下描きをしっかりしてペン入れすることにした。
普段下描きをしないのはアナログ時代の名残もあってのことだけど、
どんな失敗でもやり直しができるDTPにおいては必要のない手法だからねぇ…。

下描きをしてペン入れするのは単純にめんどいのですよ。
2周クリアしないと真のエンディングが見れないゲームみたいなものだし。



さて…何ヶ月もつやら。月単位ならまだいいか。

「葬式妨害」という罪があることを初めて知ったよ。滅多にないだろうけど。
同項には説教や礼拝を妨害した場合も罰せられるとある。
orzな属性の人も宗教法人を立ち上げれば合法で礼拝できるんだろうか。

今週の「みなみけ おかえり」…作画がなんか2期に近付いてきた気がする。
全期通してこれほどタケルが活躍した回があっただろうか(笑)空気読めないことで
定評のあるタケルが絶妙な買い物をできるなんて誰も想像できなかったよ。
自分は「+7」を見たらきっと「…ナワ?」と読んでいたと思う。
来週はとうとう1期2期通じて使われなかった春香姉様の必殺技が炸裂するのか。

お裾分けといえば…以前にブログで巨大ホタテの写真を載せたことがあったけど、
実は先日またホタテが来たんだわ。もうホタテはいらない…見たくない。

一応念の為に「鋼殻のレギオス」第2話も見てみた。まさに風が語りかけます。
ただ、1話と違ってこの2話は単独の話として見られるので一応理解の範疇にある。
レギオス同士でゲームやってられるほど世界は悠長な状態なのか?と疑問に思うが
斧や実弾を使って本気で演習しないと生き残れない過酷な世界なのかもしれない。
天剣の褐色の人が出てくるまで放置するかな…キャストすら明かされてないけど。

「ドルアーガの塔」…ある部分で物凄く抜けてるのに、冒険モノの文法はしっかりと
守っているのが非常に面白いところであり評価すべきポイントでもあると思う。
悪役がキッチリ悪役で、憎めない悪役もいて、そして前期の仲間たちが活躍してて
素直に笑えてワクワクできる良いアニメになっている。
カイがいちいち可愛いし、リーダーにひぎぃと言わせただけでも価値ある作品だ(笑)

| | コメント (0)

2009年1月18日 (日)

口から生まれた男。

アクセス数が異様に多いときはだいたい秀吉のせい。ウム!
でもこの24時間は大半寝ていたので、せっかく戴いた機会を活かせそうもない。

「skate2」のキャラエディットの最大の問題は、顔面アップのときと全身のときで
なぜかビミョーに顔つきが変わって見えることにあると思う。
顔のパーツの細かい項目をイジっても反映されてんのかどうかわからんのだよね。
あとは肌色の左端2種が他の質感と比べて明らかにおかしい。
加えて、女性キャラの左眉のテクスチャが変形して貼られる点も改善してほしい。
製品版ではこのへんちゃんと修正されてるのかな…されないっぽいなぁ。

うちのバンビ山は基本的にリアル系バランスなので洋ゲーでは似せやすいと思う。
もともとMMORPGの中で生まれたキャラだから外人畑の骨格なんだろうね。
…と、産みの親の分際で他人事みたいなことを言ってみる。
和ゲーだと褐色やウェーブヘアが収録されてない場合も意外とあるし…。

最近久し振りに「ロスコロ」を引っ張り出して遊んでます。
実はまだNORMALクリアしてないんだ…だってこれ意外に難しいんだもの。
結構辛めの味付けをしてあるわりにクリア実績が5Gしかつかないのはケチだよね。
かたやオンラインの20マップ制覇で30Gもつくというのに…。

だいぶ人が減ってるかと思ったけど、昨晩は予想外に盛況だったなぁ。
ルールによって偏りはあるものの、3分と経たぬうちに16人集まる感じでした。



今週の「仮面ライダーキバ」最終回…正直言って、わりとヒドい最終回だったと思う。
旧イクサの腕が助けてくれた、旧クイーン死んでなかった、753の視力回復などなど
ハッピーエンドにする為のご都合主義的な展開が多過ぎて苦笑しか出ない。
物凄い急場しのぎ感が画面全体から漂ってくるし、広げた風呂敷を一気にまとめて
回収しようとするせいかセリフに重みがない。戦闘シーンも物足りなかった。
前日まで白紙だった課題を徹夜で仕上げて提出したみたいな印象を受けた。
良いところも必死で探したけど…ビショップがカッコよかったぐらいだなぁ。

最後の最後にまさかの「バックトゥザフューチャー」オチとは(笑)去年の焼き直しか。
色んな意味で、「電王」は面白かったんだなぁと比較されてしまいそうである。

「屍姫 玄」…窮地かと思いきや、味方もそれ相応に強いということなのかな。
というよりは七星が存外に普通なのか。まさか銃弾を受け付けるとは思わなかった。
結局七星はツラを拝みに来た程度だったんだろうか。襲撃と言うには少々計画性が
足りないような気もするし、かといって他に目的があったようにも思えない。

「ガンダムOO」…やっぱりマリナ様は正ヒロインだったんじゃ!(笑)ラブラブは無い。
特番でも語られたようにティエリアの優しさが垣間見えたが、この2期になってから
あまりにも防戦スタイル過ぎて機体の性能を活かせてないように思える。
まあ…それ以前に、移動する電池としての役割しか持たないアレルヤよりマシか。

アニューは己がイノヴェイターであるという自覚がなく、知らないうちに以心伝心で
位置や情報を伝えてしまってるんだろうか。他に漏洩しそうなところもないし。
しっかし、マスラオはもはやMSじゃなくて何か別のヒーローロボットだな。
新エンディングのメカ作画すげー…。

 >大人になると自由な時間が減って腰をすえてRPGを遊べなくなってるよね。
 >で、パッと始めて止められるアクションに…ハマって睡眠時間が減るという。

ハードの性能が上がってもRPGやSLGのルールって基本的に変わらなくって、
逆にアクションは技術進歩と共にイジれる幅が格段に広くなってると思うんですよ。
最新ハードの実力と感動を短時間で味わえるという意味でアクションは優秀だけど
おかげさまで…ま、まあいいんだ。それで楽しい人生送れるんなら。

 >KX-5やAX-1は予想の範疇だが、SH-101が出たら神降臨(以下略)
 >私的にはVP-330とか出して欲しいなあ、
 >後、JUNO-6・106とか、JUPITERシリーズも捨てがたい。
 >さらにシークレットとかでSYSTEM-100出してくれると凄く嬉しい。

木目が見える系のシンセかぁ…模型で再現する面白さがあると思う。
人によって思い入れのある機材も色々あるだろうから、どの時代のニーズを取るか
模型メーカーもかなり時間をかけて考えなきゃいけないな…。
安全牌でいくならEOSあたりを型番と塗装違いでワキワキ出せばいいんだろうけど
パッチがウネウネしてるようなのも立体栄えして面白そうだし。
SYSTEM-100はコスト的にキツいな…101の部分だけで勘弁してください。

 >で、次のシリーズでローランドのリズムマシンクロニクルを。
 >KORGとかMOOGでもいいけれど。

鳴海君…いくらなんでもそりゃ無茶なんだぜ。

| | コメント (0)

2009年1月17日 (土)

土下座ぐらい安いもの。

Skt217

体験版1回の起動中、2時間かけて写真を数十枚も撮る自分は異常。
光源と影の処理が非常に優秀なので、写真を撮り続けててもまったく飽きないね。
カメラっていうのは光と影を記録するものだから、光と影が嘘をついてるゲームだと
撮影してても面白みが感じられない。その点「skate2」は本当に素晴らしい。

こんなことやってるからいつまで経っても「AKfK」絵が完成しないのである。



パチスロ「CRペルソナ3」吹いた。マジかーッ!?

鳴海君との音楽談義でふと思い立ち、手持ちのアニメソングでテクノ風味なものって
どれくらいあるんだろう?と探してみたものの…思ったより数は多くなさそう。
近年打ち込み系といえばトランス風やプラスチックポップ風が主流になっているので
なかなかそれらしい楽曲が見当たらず。

「少女Q」のようなレトロアイドル風味というと、咄嗟に思いつくのは「ゼノグラシア」の
「悠久の旅人~Dear boy~」だろうか。鳥肌が立つぐらい良いアレンジだと思う。
「少女Q」に限らずシャフト作品の楽曲は独自の路線を貫くものが非常に多い。
それこそかの有名な「猫耳モード」を生んだ「月詠」、昭和歌謡テイストの「絶望」など
他社のアニメ作品とは明らかに違う轍を築こうとしている。

プラスチックポップ縛りなら「月面兎兵器ミーナ」の「ビューティフル・ストーリー」か。
そもそもこの曲はプラスチックブームを世に広めた中田ヤスタカ楽曲だしなぁ。
最近では一人Perfume(笑)こと「バニラソルト」などなど。
アニメソングひとつとっても、時代の先端と逆行を垣間見ることができると思った。

オーガニックが1/12スケール「ローランド シンセサイザークロニクル」をアナウンス。
今のところ第1弾というフリになってるので、今後のラインナップに期待したい。
他社の楽器シリーズのように過去の名機なんかも出るんだろうか。
つーか…このスケールで出すのはつまりFigmaとかと絡めろって意味だろうな。

どこか勢い余ってショルダーキーボードコレクションとか出さねーかな…。
KX-5やAX-1は予想の範疇だが、SH-101が出たら神の降臨を祝さねばなるまい。

今週の「テイルズオブジアビス」…老人がみんなカッコ良過ぎて涙腺が緩むわ。
作品冒頭から単語のみは出てたものの概念が不明瞭だったローレライがついに
登場したかと思いきや、サンドマン様だったとは(笑)最近よく出てくるなぁ。
バンの陰謀とティアの病気、多くの犠牲とレプリカ…重い展開が重なっていく。
エンドロールの絵が変更になったけど、六神将コスというわけでもないのか。

「鉄のラインバレル」…このアバンはズルい(笑)全国に放映される羞恥プレイ!!
もし同じことをやれと言われてもMiiじゃ安いな。せめて液晶テレビぐらいくださいよ。
着替えと言いつつ城崎にシャツしか渡さないのはどう考えても…襲えってことか。
捨て身の演出が若干物足りず、決意を固めるシーンとしては弱かった感じがした。

 >skate2、体験版が非常に遊べたので発売日を調べてみたら2月12日とは。
 >ギリで買える…かな
 >個人的には「服装やボードのお絵かきができる」機能が結構気になります
 >いやー、うごーさんのオススメするゲームは毎回面白いものばかりで!

CMで気付いたけど「アイマスSP」の一週間前なんだよね…こりゃ厳しいなぁ。
お金も時間もかかることだから無理強いはできん。しかも相手はアイマスだぜ…。
公式に用意されてるお絵描き機能は箱○実機とどうリンクさせるのかが注目。
なんか…痛デッキとかヲタTとか作りそうな人がいて今から恐い(笑)

子供の頃はアクションゲームってガキがやるものだと思ってて、オトナっていうのは
静かにRPGやSLGをやるもんなんだぜ!みたいに考えていたもんでしたが、
いざオトナな年齢になると逆にアクションの方が面白くなってるのが不思議です。

| | コメント (1)

2009年1月16日 (金)

正しい資質を示すゼロ。

Skt216

ブルードラゴン!

ブログに掲載する為のものとは別に、「skate2」の画像がだいぶ増えてきたので
なにかニコ動向けに作れないかなぁと考えてみたり。
それよりデジカメがピンチだ…とうとう電池が充電を受け付けなくなってしまった。
色々な思い出が詰まったデジカメなので壊れるまで使ってやりたいと思う。



我が家のWindows2000は今日も元気です。

粘菌はハンサム 烏合さんは?」って知るかバカ!そんなことよりリナニーだ!
つーか検索フレーズで遊ぶのが当ブログの定番化してることに驚くわ。
拝啓 烏合リョーマ様」って真心ブラザーズですか。

「ヘタリア」アニメ放送中止。日本の腐女子の半数が泣き崩れるだろうね…。
いやむしろ怒るか。でも「アニメイトTV」で見られるならまったく問題ないのかもな。
そもそも特定の時代の国家を題材とした作品が公にアニメ化されるに到るまでに
誰もそのことを異常視しなかったことの方が驚くべきことなのかもしれない。
加えて、半島のアンテナが無駄に優秀過ぎなんだよな。輸出してないのに…。

「ストライクウィッチーズ」や「一騎当千」で諸外国から文句が来ない方が不思議だ。
むしろあれぐらいかけ離れてしまうと元ネタと同一視できないからいいのかも。

朝日の夕刊にまさかの…いや予兆はあったか、水樹奈々のインタビュー掲載。
いわゆるアニメ側の住民ではなく、水樹奈々の音楽性にのみ純粋にハマっている
ファンというのはどれくらいいるものなんだろう?
声優のCDを買う一般層の人に出会ってみたいと常々思っている。

水戸でコミケ?行かねーなー。

 >遅くなったけど、台の上のグラインドできたよーありがとう!
 >うごーなら特集記事書いてくれると思ったよ
 >Skate面白いね、2買ったら一緒に滑ろう

おかげで場繋ぎできましたよ…(視線を合わせず)
冷静に考えると日本語版の発売まであと一ヶ月もあるんだよね。意外と長い。
金銭面はともかく、ゆったり遊べるように今から準備しておかねば…。
公式の動画から推測すると、延々とダラダラ滑るだけの部屋も建てられるらしい。
できればヒョードルさんも巻き込んで…。

| | コメント (0)

2009年1月15日 (木)

眉間にシワを寄せるイヌ。

Skt213
プロキシ経由の拍手を弾いてしまったかも。そもそも弾くようになってたのか…これ。
昨日に引き続き「skate2」のパーティーモードをテキトーに解説してみる。
ぶっちゃけまだ「AKfK」絵のアイデアが全然出てないのを誤魔化す為というお話。

Skt214

「Spot Battle」として用意されている「Alphabet」というステージ。
一見どう考えても時間内に間に合いそうにありませんが、よーするに飛ぶんです。
開始位置から加速して、そのままアルファベット状の構造物へジャンプ。
運が良ければ(笑)「A」の斜面を滑走してハーフパイプに辿り付けるはずです。

コツは…開始位置からプッシュボタンを押しっぱなしにして、3回蹴ったところで
タイミングよくトリックを入力。それより早くても遅くても失敗します。
意味ありげに置いてあるレールを利用して飛ぶのは恐らく無理だろうな…。

着地に成功すれば平均で2400点前後、最高で3400点ぐらいは出せます。
着地後もハーフパイプ内でトリックコンボを続ければ加算されるのがミソです。
最初のトリック、空中でのトリック、着地後のトリックが勝負の決め手。

Skt215

「Hall of Meat」の方は単純明快。他のプレイヤーよりヒドい大怪我をすればOK。
ただしこちらは運の要素が大半を占めているので、プレイヤーが意図的にやれる
ことといえば「不安定な姿勢で着地する」ことぐらいかと。
普段のようにボードを進行方向に向けて着地してしまうと無得点になる場合も。

しかし…現実で考えたら何人死んでるかわからん競技だこれ。



検索ワード うごーさん でTOPに出ない」…Yahoo!だと問題なく出るなぁ。
Google先生は検索結果がアクロバティック過ぎて吹く。

そういえば「GRID」は今日発売か…一応体験版を落として一周はしてみたけど、
どうも箱○のレースゲーは画面のリアルさとは裏腹にゲームライクな挙動が多くて
そのギャップに毎回ショックを受けます。とっつきやすいけどね。
それより「GRID」は敵車のブロック動作が優秀過ぎてスゲーイライラする(笑)
自車のダメージが重なるとステアリング等が徐々に壊れて操作に支障を来たす
というこのゲームにおいて、敵車とぶつかるというのは致命的なミスなのよ。
無事完走するのが難しいレースゲーとして記憶に残ってしまった。

リメイク版「SaGa2」のビジュアルはガッカリを通り越してビックリだこれ…。
「1」がなく「2」からリリースするってことはGB版をプレイした人を対象に含んでいる
はずなのに、この仕打ちはあまりにもヒド過ぎる。
過去のコンテンツに頼るのなら、過去のデザインにも敬意を払うべきだと思う。

「スパロボK」は登場作品がニッチ過ぎて非常にコメントしづらいなー…。
これを本気で喜べる人が何人いるのか。「STAR GAZER」は嬉しいけどさ。
「ファフナー」や「ガン×ソード」は出たら面白いね程度に話してたことはあったけど
いざ本当に出されると場違いな感じがしてしまう。

今週の「とらドラ!」…誰からも期待されて、そうなるものと思われながら生きるのは
結構ツラい人生なんだという好例。全頭ブリーチの痛さよりツラいんだぜ…。
しかし聡明な北村君にしては選んだ方法に正当性がなく、しかも古臭いよーな。
ネットラジオでも触れてたけど、後期はセリフの中で具体的に触れはしないものの
お互いの心情を吐露する内容の発言が多い。読み取る楽しみが増す。

自分もかつて全頭金髪から銀髪にして過ごしていた時期があったけど、
色を維持するのが本当に大変なのでもう二度とやらんね。色々と面倒臭過ぎる。

「マリみて」4期…本当にどうでもいいことだけど、呼び込みハッピに帯はねーわ。
反復横跳びから始まる可南子エピソード(笑)ただしこの話、原作ファンからすると
ある部分が(文章が?)隠喩に変更されてるとか。絵でわかるけどね。
ほんの数回しか喋らない父親役に小山力也を呼んだことに驚かされたわ…。

| | コメント (0)

2009年1月14日 (水)

クレイジーがタクシーに。

メイン記事を一日サボる為、先方には既に拍手コメで説明を済ませてあるものの
画像付きで懇切丁寧に「skate2」のイベントを解説してしまおうという企画。

Skt207

ひとつめの撮影イベントは、まず横にある移動可能なランプをRBボタンでつかみ
画面上に表示されている矢印のところに重なるように配置します。
オブジェクトをRBでつかんだ後は左スティックで移動、右スティックで回転です。

Skt208

そして、撮影イベントの開始位置である段差の上から加速をつけてジャンプ。
通常のオーリーで台の上に乗る、もしくは直接レールにグラインドでOKです。
慣れればノーリーで回転しつつグラブも加えて乗ることもできると思います。
また、降りるときにもトリックを織り交ぜると高得点のトリックコンボになります。

Skt211

一応その気になれば、ランプを元の位置に置いたままでもクリアは可能です。
ランプの上を斜めに通過する感じで進入し、台の2段目に向けてジャンプ。
ただしこれができても何の特典もないのでオススメはしませんが。

Skt212

ふたつめの撮影イベントは開始位置の後方から加速してグラインドレールに乗ると
比較的失敗しにくいと思います。逆方向からだとNPCと衝突する危険あり。

Skt209

地味な話ですが、キャラクターエディットのスタイルの項目の中にひっそりとある
スタンスの変更はかなり操作に影響してきます。気付かない人も多いかも。
人によってプッシュに使うボタンの好みがあると思うので、Aボタンを頻繁に使う人は
グーフィースタンスよりもレギュラースタンスの方がラクです。

Skt210

もう体験版だけで何時間遊んだかわからんな…。



「Fallout3」のDLC配信が27日に決定。滞りなく情報が発表されていくなぁ…。

モデロックシリーズのインベルは25日発売予定。amazonでも予約受付中。
色が白/青なので、春香搭乗後の仕様にする為にはピンクに塗る必要あり。
まさか成型色とパケ絵変えて別バージョンで発売したりは…しないと思いたい。

実写映画版「ヤッターマン」のトレーラーを見たけど、なんか「デビルマン」のような
ビミョーな不安が残った…という感想しか出てこない。どうなっても知らん。
でも深キョンのドロンジョはドロンジョだと思わなければなかなかカッコかわいいな。

今週の「とある魔術の禁書目録」…やはりこの作品は大気を一塊の流動体であると
考えてることが、アクセラレータのプラズマ攻撃で読み取れてしまった。
設定通りに考えると皮膚に触れたミクロン単位の表層部しか自由に操れないはず。
空を飛んだり加速したりはできても、空気の圧縮は技術的に不可能だと思う。

アクセラレータが負けることはわかってたものの、もうちょっと心理的に追い詰められ
自壊するような精神描写があった方が自然な展開になったかもしれないね。
つーか彼は再起不能になるまでボコられたわけじゃないし、実験は停止してるけど
個人的感情で復讐される恐れもなくはなさそうなのに…まあいっか。

「まりあ†ほりっく」…文章として読むぶんには面白い長ゼリフもいざ音読されると
尺が長過ぎて妙に冗長になってしまう。止め絵で繋ぐにも限界があるね…。
宮前の性癖はそれとして、もうちょっと女性的な視点や価値観が見えてほしい。
どうも必要以上に男性的視点で描かれているというか…。

しかし、あいかわらず尾石さんの美術センスはぶっ飛んでるな。カッコええ。
「!?」のときよりも解像度が高くなってるおかげで余計にキレイに見える。

 >鋼殻のレギオスは原作みているけど、1話の説明のなさは酷い。
 >戦闘シーンもすごいというより、視聴者をおいてきぼりにしてると思う

1話目を見逃したアニメを2話目から見始めたような感覚だよね。
まず、いきなり出てくる謎のドーム都市に彼らが住んでるという説明さえ無いので
その後出てくる学園都市がドーム内にあることすら読み取れないのが凄い。
(ちなみに自分は後日、実況板のレスを読んで初めて知りました)
虫に襲われているという危機感も伝わってこないから、なんか知らないけど超強い
イケメンが超絶活躍してハーレムでウハウハしてるアニメという印象しか残らない。

世界が砂漠化したことや虫がはびこっている理由、砂漠での戦闘を遠くから見守る
天剣(と劇中で説明したかも不明)がどういう立場の人間なのかもわからない。
原作を買わせる為にわざと説明しない姿勢なんじゃないかと勘繰ってしまう。
素材はどれも良いのに、ここまで面白くなく感じるものなんだと感心してしまった。

 >オブリ絵すげぇ…。見た瞬間にため息が出つつ鳥肌立ちました

自分はアニメ塗りでは勝負できそうにないから、こういう方向で頑張ろうと思って
使用目的のわりに(笑)無闇に塗ってみたり。アニメ塗りマスターしてェ…。
旬のネタを即座にカタチにできるぐらいシンプル&スピーディになるのが理想。

 >助けてくれ!
 >Skate2の、高い台の上にある平均台的なものに乗れってミッションが
 >クリアできず時間切れになってしまう
 >あれは一体どうやってクリアすんの?

というわけで特集記事を組んでみましたぞー。
ランプの移動さえできるようになれば簡単にクリアできるはず。

ちなみに「2」は「skate.」からの純粋進化で、「2」から追加されたトリックも多いから
これから始めるなら「2」だけでいいと思う。プレイヤー人口も増えるだろうし。
それでなくても忙しそうだし…買うソフトは絞ってもいいんじゃないかな。

| | コメント (0)

2009年1月13日 (火)

苦言も言われるうちが華。

Oblv60

とりあえず完成…ということにしてみた。いつまで経っても終わらないから(笑)
やはり線画をエンピツ風のままにすると着彩時にめんどいし仕上がりもよくない。
今後の良い反省材料になってくれたと思う。
完成版は拍手絵として実装済み。完成版といっても色味と背景が違う程度だけど。
さて、続いて「AKfK」絵も考えねば。

Skt205

すぐ飽きると自分自身思ってたわりに「skate2」の体験版は異様に遊べます。
スタートボタンのメニューから見れるトリックマニュアルが非常に便利で秀逸。
RBを使った握り動作は固定されたランプにも有効で、ハーフパイプの頂点あたりで
RBを入力しておくと逆立ち状態になるトリックが用意されています。
しかも追加入力で色んなバリエーションもあり、操作の楽しみが増えました。

Skt206

キャラエディットでおしゃれを追求してるだけでも十分面白い。
北米版は一週間後、国内版は来月発売予定。前作と同じなら北米版との違いは
恐らくマニュアルがカラーかどうかとか、些細なことかもしれません。
鯖の扱いはどうなるんだろうね…隔離鯖かしら。



お願いです…7時間もかけてうちのブログをじっくり読まないでください。
7時間もあったらアフリカに清潔なお水を10ガロンぐらい届けられるはずです。

オブリビオンとセイントロウ2 どちらがおもしろい?」という検索フレーズが。
この2本、恐らく比較すること自体が間違ってるんでしょうが…少なくとも「オブリ」は
よほどの毛嫌いがない限り、買って損することのないRPGだと思います。
「セインツロウ2」はとにかく実績埋めが面倒臭いらしい。その程度しか知らないけど
どちらのゲームの世界観やノリに惹かれるかで選んでしまえばいいのでは…。

今週の「キャシャーンSins」…戦うことの理由は生きる理由に直結するということか。
弱さと優しさの違いなど、「Sins」なりの切り口で答えを見せてくれた回だと思う。
キャシャーン自身は自分がやりたいこと、守るべきものを見出せたのだろうか。

新ED曲を歌うクノシンジの声は、繰り返し聞くたびに凄いなぁと思わされる。
どこか徳永英明を匂わせるようなハイトーンボイス。

「宇宙をかける少女」…OP曲が最悪過ぎる。これはもう普通に怒っていいレベル。
とりあえずALIさん使っておきました的な感じで、作品の雰囲気とか考えてないね。
これを見たあとだと「鉄LB」がまだマシに思えるわ…何度でも言う。最悪過ぎる。
別にALIさんが嫌いなわけじゃない。最近の使いどころがおかし過ぎるだけの話。

そこを除くと、表面上は別作品を取り繕ってはいるものの「HiME」シリーズを匂わせる
要素があちこちに見え隠れした今回。メカデザインなんかは最たるところ。
時期尚早かもしれないが、依然これといった面白さやツボが見えてこない感じ。
丸々2話使ってもまだプロローグをやってるような印象を受けてしまう。
でも黒田崇矢キャラが出続けるなら喜んで見ようではないか。

| | コメント (0)

2009年1月12日 (月)

決まり手は掌返し。

 >skate、実は結構興味があるんだけど中古が安くならないんで手を出せない
 >2が出るなら買おうかなぁ

基本的には箱庭化された都市の中で、撮影スポットやイベントをひとつひとつ埋める
という見た目のわりには地味な(笑)ストリートスポーツゲームです。

Skt203

箱庭ゲーと地道な作業の連続という「アサクリ」にも共通するふたつの要素に加えて
ストリートカルチャー好きであればオススメできます。
グラフィティ要素はないけど「ジェットセットラジオ」のトリックコンボにハマれた人なら
キレイな街中で警官から逃げつつ滑ってるだけでも楽しめるかと。
あとはアディダスやナイキなど実在するスポーツブランドのアパレルや、
人気スケートボードメーカーのパーツが山ほど登場するのも大きな魅力のひとつ。

いま日本アカでも体験版を落とせるし、実際に遊んで判断してもらった方がよさそう。
説明文が100%英語なので多少戸惑う可能性もあるけど…好奇心でカバー。

Skt204

とりあえず基本操作の部分ぐらいはわかりやすく説明してしまおうかな。

 ・左スティック…方向の決定などプレイヤーの操作
 ・右スティック…トリックの入力などボードの操作
 ・X&Aボタン…プッシュ(地面を蹴って前進するアクション)、歩行時はジャンプ
 ・Yボタン…ボードの乗り降り(空中でも可能)
 ・Bボタン…ブレーキ
 ・LT&RTボタン…グラブ(ボードをつかむアクション)、走行中は低い姿勢
 ・LBボタン…マーカーの設置、マーカーへの移動など携帯電話の操作
 ・RBボタン…移動可能なオブジェクトをつかむ

体験版を始めると最初に一応操作説明のムービーが流れます(当然英語ね)。
動かせるようになったあとは、画面右上に表示される指示通りに操作をしていくと
体験版の制限時間が加算される仕組みになっています。
道をふさいでいるゲートはグラブしてくぐり、階段はボードを降りてから上ります。
倉庫内のミゾをトリックで飛び越え、ゴミ箱を移動させた先が目的地です。

説明文をしっかり読んでもわかりづらいのが「manual」というトリック。
これは前輪もしくは後輪のみで走るウイリー状態の技で、Rスティックを下か上に
ゆっくり半押ししていくとできます。その状態からのフリップに成功すれば合格。

前作ではフリップからマニュアルに移行するトリックを求められるイベントがあり、
これが物凄く難しかったことを今でも覚えています。
つまり、フリップで飛ぶ→空中で半押し入力→後輪のみで着地&走行ってことね。
自由時間になったら挑戦してみることをオススメします。マジでムズいよ。



広橋涼の髪型がいつのまにか元に戻ってる…。

Inside Xboxの福井裕佳梨動画があいかわらずユカリン空間過ぎて吹いた。
あまりミーハーなことが好きではないので有名人のサインとか持らわない派だけど
自分がサインを所有する数少ない有名人のひとりだったりする。
あの頃はまだラジオにメールを投稿するぐらいポジティヴだったな…自分。

「すごラジ」や「うたらじ」を発端にネットラジオの視聴者が格段に増えてしまって
昨今は中途半端なメール職人じゃそうそう採用されないだろうと予想。
そもそもそんなに送りたい番組がないか…。

「篤姫」の圧倒的な人気を受けて今年の「天地人」はどうなることかと思ってたけど
2話まで見た段階で言わせてもらえば、負けず劣らず面白いね。
つーか子役の使い方がズル過ぎるんだよ…落としにかかってるとしか思えない。
しかし今週終盤で青年期へと移り、今後どうなるかが注目であります。
見方によっては「なんという喜平次受け…!」みたいな…いや、やめとこう。
それにしても撮影地の東京都八王子市はどのへんだったのか気になるなぁ。

新番組「鋼殻のレギオス」…タイトルだけは以前から知ってたけど触れるのは初。
BGMが超うるさい。浅倉大介が担当しているのが売りだが最大の短所になりそう。
そして説明らしい説明が一切なく原作ファン以外おことわりな雰囲気が。
質は並以上なのは間違いないが、面白いか否かを判断する以前の段階で止まる。
願わくば原作ファンの感想を聞きたい。つまりうちの感想は参考にしない方がいい。

「見るな」という姿勢のアニメを見続けられるほど余裕のないシーズンなんだよ…。
原作を1巻も読んだことがない自分は素直に視聴リストから外すつもり。

「ドルアーガの塔」2期…GONZOの経営状況を考えたら製作されただけもよし(笑)
しょっぱなから世界観ブロークンではあるものの、1期を見てた人はこの初回を見て
ワクワクしないはずはない。期間は開いても色々思い出せるもんだなぁ。
今期も主題歌は良し…ってか、中村優ってsaku sakuの司会やってるあの子か。

「みなみけ おかえり」…主題歌の位置が変則的なのは定型ということが判明した。
つーかデビル藤岡がカッコ良過ぎる…カッキーの悪役声というのも貴重だと思う。
保坂の描写は「全力でカッコ良く描いているのになぜかキモい」というのが理想だが
ただ単に言動が気持ち悪いイケメンになってしまっているのが残念。
しかし、第2話にして「おかえり」に対する不安が一掃されたと言ってもいい。
非常にかわいくカッコよく、そして面白い一本だったと思う。

| | コメント (0)

2009年1月11日 (日)

命の灯火。

Oblv59

やっぱりまだ公開できそうにない。けど一応進んでる証として作業風景をば。
昨晩はひたすら鎖帷子を描くという地獄のような作業の為に脳がお亡くなりに…。
でも去年の「ゴルロア」の経験が活きた感じがするなぁ。
正直苦痛な期間だったけど、長い描画人生においては決して無駄ではなかった。
これからもう少し微調整や修正を加えて完成に向かおうと思います。

Skt201

待ちに待った「skate.2」の体験版が配信開始。
基本ルールは前作と同じだけど、全体的にマルチプレイに重点を置いているらしく
アバターの自由度が増した反面モデリングの質が若干落ちた感じがします。
一応褐色銀髪も作れるけど…あんましかわいくならないね。
白人やアジア系はテクスチャの恩恵を受けてかわいく仕上がります。
まあ…ほとんどの人が男性アバターでやるだろうし気にしないかもしれないなぁ。

Skt202

操作面での最大の変更点はボードを手に取り地面を歩けること。
この状態で階段を上ったり、軽いランプを押して移動することができます。
ボードから離れられるようになったことでコケやすくなった感じもするんですが、
競技上の自由度向上に加えてパーティーゲームとして優秀になったと思います。
とりあえず集まってダベり、その合間にほんの少し滑る(笑)みたいな。

これは普通に欲しいけど、一緒に遊ぶ仲間を探すのは難しいかもしれないねぇ…。



…あまり書くことがない。身辺に変化が無さ過ぎる。
まあひとつ言えるとすれば、土曜深夜の新番組が多過ぎて死ねるってことだな。

今週の「仮面ライダーキバ」…巻き過ぎ。丸々1話分ぐらい尺が足りない雰囲気。
じっくり時間をかけて見せれば自然な展開になりそうなものの、あまりに急ピッチで
話が進むせいで違和感を感じるものになってしまっている。
しかもこれで来週が最終回とかマジか。この時点ではラストが想像もつかない。

「ディケイド」のDX変身ベルトの定価が6千円超えで吹いた。高いなぁ…。
中盤以降の強化変身グッズがそれぐらいの値段だったことは過去にもあったけど
放送開始と同時にこの値段は酷じゃなかろうか。主に親御さんに。

「屍姫 玄」…新番組という名目だが、2期になって変わったのはタイトルロゴだけ。
それ以外の部分では何も変更はなく、ストーリーも普通にそのまま続いている。
一応半年後?の世界になってるのかな。「OO」のような効果は生まれてない。
放送当初言われていたキャストの問題は徐々に解決されてきている感じ。

マジメにやるのか笑いに走るのか境界線がわからん(笑)なんだあの新キャラは。
宗教や死生観を扱うわりには煩悩が多過ぎるという面でも前期のままなのか。

「ガンダムOO」…物凄くマジメにやってるというのに本当に申し訳ないんだけど
変に笑える部分が多くてどうしたものか。特にスーパー恒松ソングな。
何度聞いても「ゴロゴロ」の部分で吹いてしまう…作詞作曲がスゲー豪華なのに。
新OPは曲についてはゴニョゴニョ。妙に色気のあるマイスターの描写がエロい。

ついに後ろの人出たなー。ちゃんとガンダムフェイスがついててちょっと安心した。
サーシェスも今週で退場かと思ったけど、恐らく終盤で華々しく散るんだろうな。
ルイス専用MAというと…どう考えてもサジのトラウマ増加イベントしかないんだが
それはそれでガンダムらしくていいのかもしれない。やはり悲劇がないと。

 >烏合さんは何歳なんだろう?
 >「シュラト」のプラモのシャクティ…鎧部分をミニ四駆に乗っけられましたね。
 >走らせたことありますよ。

以前にも言ったかもしれませんが1980年生まれの28歳です。
サブカル的には一番「穴」な世代なんじゃないかな…「北斗の拳」や「ガンダム」等
ビッグタイトルのどれもズレてる感じ。「シュラト」見てたのは小学生の頃か…。
あの当時にして、あのキットは出来が悪いと判断して買わなかったらしい。

| | コメント (0)

2009年1月10日 (土)

寝たら死ぬぞ。

「オブリ」絵を進行中。まだ見せられる状態じゃないから載せるのはもう少し先。
重装鎧の模様を半分ぐらいまで描き終えた段階で盾の形状が違うことに気付き
それを修正してたら余計に時間がかかって…あいかわらず早くならないな。

常日頃から「短時間でたくさん描く方法を編み出す」という目標を口グセのように
呟いているんですが、結果として時間のかかる塗り方に落ち着いてしまいます。
省略の上手い人は本当に凄いと思う。真似できません。

「AKfK」絵は作品に合わせてシンプルに済ませたい。まだ先の話だけど。



自分の記憶に残っている一番古いアニメや特撮ってなんだったかなぁ?と思って
色々と振り返ってみたものの、具体的なタイトルが思い出せず…。

でも一番最初にアニメグッズを買ったのは「パトレイバー」だったことは覚えてる。
アニメイトの八王子店がまだわかりづらい場所にあった頃だったなぁ。
いま考えてみても、なんであんな場所に作ったのかと疑問に思えてしまう。
目の前は小学校だし…でもあの狭い店舗にイベントスペースもあったんだよな。

初めて作ったガンプラは確かデナン・ゾンだったと思う(笑)
リアルタイムで(再放送抜きで)初めて見たガンダムが「F91」な世代なんですよ。
先に「パトレイバー」の零式を作ってたような…それ以前はBB戦士だったか。
元祖SDシリーズとかも凄く好きで、物凄い勢いで買ってたのを覚えています。
「ワタル」や「グランゾート」もこの頃だったかな。その前は記憶がアヤフヤだわ。

確か「シュラト」のプラモでミニ四駆みたいなヤツが出てたよね?
「シュラト」あたりから声優を意識してアニメを見てたのか…色々思い出されます。

今週の「テイルズオブジアビス」…原作やってない自分でも思えるほど展開が早い。
今までナタリアの待遇がヒドく悪かったのはこの話をやる為の「溜め」だったのね。
ナタリアはアッシュとくっつくべきか…それならティアの収まりどころもあるな(笑)
難しい話が色々あったものの、要約すると全部バンの復讐劇ということらしい。

「鉄のラインバレル」…こりゃどう見ても黒の騎士団です。ありがとうござNice boat.
サンドマン様こと桐山のアクが強過ぎて、キャスト表の順番まで入れ替わる始末。
森次さんの真意は不明、道明寺はやっぱり裏切ってなかった…まではベタか。
一言だけ緒川さんのイントネーションが関西風だったのが謎。

後半戦突入でED曲が変わり、挿入歌としてコミネリサが参加。ワッショイ!
どうせならOPも変えればいいのに…と思う自分はたぶん時流からズレてると思う。
余談だけどテレビ欄の略称が「鉄LB」になってて吹いた。もはや原型がわからん。

| | コメント (0)

2009年1月 9日 (金)

女王の庭にマイクを置くな。

昨晩の「オブリ」配信を見てて、補足しておこうと思ったことをひとつ。
「オブリ」の武器や防具は基本数値に対してプレイヤーのレベルでマイナス補正が
かかるようなシステムになってます。プラス補正ではないのがミソ。
たとえば基本値が最強の剣を手に入れたとして、その剣を基本値通りに使う為には
刀剣と腕力のスキルが最高の状態でないとダメということです。

また、刀剣類ばかりをメインに使っていると斧やハンマーは当然おろそかになるので
「レベル20で最強のメイスを装備したのに攻撃力がゴミ」って場合もあります。
均等に育成した方がレア武器を入手したときに活かしやすくなりますが、ここは恐らく
ひとつの武器を頂点まで極めた方が戦闘には有利だと思います。
で…メインに選んだ以外の武器は全売りして、資金調達に回した方がいいかと。
アレもコレも全部保存しようとすると倉庫の管理がかなり面倒臭いですし。

これは個人的な好みの話ですが、両手持ち武器はあまりオススメできません。
片手持ち武器の方が隙が少なく隠密状態でのボーナスダメージが大きいからです。
あとは単純に重さの問題。荷物の最大値や移動速度にも関係しますし。
オススメはロングソードとメイス、もしくは片手斧。ダガーも馬鹿にできません。
ダガーは一定時間あたりの攻撃回数が多いので、エンチャ付きだと鬼武器に変身。

魔法でスキル補正しつつ戦うという上級テクニックも存在します。
たとえば刀剣と腕力のスキルを3秒間だけ100ポイント引き伸ばす魔法を作成します。
この状態で攻撃を仕掛ければインスタント剣豪の誕生です。
このへんが「オブリ」の自由度の最たるところで、他にも開錠スキルを1秒間だけ
100ポイント上昇させてカギ開けを簡単にしてしまう魔法なんかもできます。

以前に「最初に魔術ギルドやっておけばよかった」と書いたのはこれが理由です。



Kan06u

絵はまだ公開できるような状態じゃないので場つなぎ的に関羽貼っとく。
天気予報通り雪でも降れば写真のひとつも撮れたろうに…。
最近妙に「一騎当千」熱が湧いてきてサブモニタ用の壁紙を「GG」にしてみたり。

とりあえず…みなきけ」が帰ってきたぞォォォォォォォォォォッッッ!!!
初回から三女いないとか相変わらず自由過ぎるけど、それもまた「みなきけ」だな。

初詣客が最多とか。自分はてっきり減るもんだと思ってたけど最後は神頼みか…。
いくら賽銭を注いでも望みを叶えないような神は派遣切りされてもおかしくないけど
そのうち宗教法人が倒産するような時代も来るんだろうか。
枝分かれしてきた宗教が合併して、最後はひとつの宗教になったりしてな。
…それって平和なんじゃね?

「Fallout3」のDLC情報が4Gamerに掲載されてます。「ロスプラ」だこれ…。
つーか「オブリ」より後発の「Fo3」の方がDLC早いってどういうことなのよ(笑)
まあこのへんは発売元が変更されたりで色々とオトナの事情があったんだろうな。

発想貧困な自分の脳では使い道が思いつかないが、Wifi接続&ウェブブラウザを
搭載したコンパクトデジタルカメラ
をソニーが発売するらしい。
分解したら中から携帯電話の基板が出てきた…とかいうオチなら笑えるんだが。

| | コメント (0)

2009年1月 8日 (木)

赤い羽根みつけた。

本日メイン記事なし。執筆中ですのだ。
動画サイトネタでもあればいいけど、最近はニコ動もあんまり見てないので…。
とりあえず「Top Gear」のベトナム編に期待。イタズラがヒド過ぎる。



いいかげん「オブリ」ももう本当にやることがなくなってしまった…。
神像クエをコンプして、手持ちの武器を全部倉庫に入れて召還武器オンリーにして
マップの未踏地域をくまなく埋めてみました。野営地と洞窟が多いねぇ。
クエストが発生しそうなNPCとの出会いはやはり無く、どうも打ち止めのようです。
あとは全スキルを75以上にしてスキルトレーナーのクエストを埋めるぐらいしかなく
それをやるには画面も見ずにただボタンを押し続けるだけのプレイになっちゃうから
ここいらを潮時と考えた方が無難だろうと判断します。

ゲームの進み具合を書く記事はデジカメで撮るだけだから即座にできちゃうけど
絵はそうもいかないので、今後しばらく記事が淋しくなります。
アニメの感想だけで食いつなぐブログにはしたくないなぁ…解決法はないものか。
以前の自分はどうやってネタを捻出してたんだろう。しかも何年も…。

新年一発目の「絶望放送」が腹筋に悪過ぎる…冒頭はご褒美過ぎる。

新番組「マリみて」第4期…もはや第3期まで見てることが前提のアニメですよ。
ロクに説明もないまま本当にいきなり始まるけど、今更過去のシリーズを見ないで
第4期から見始めるなんて人はいない作品だと思いたい。
良くも悪くも従来のシリーズのまま。過去のシリーズほど大きな波風はなさそう?
初回の非常にゆったりした山と谷が今後も延々と続く…ってことはないと思うけど。

今週の「とらドラ!」…後半にはいって失速するどころか物凄く面白くなりそうだ!
それぞれのキャラの新たな一歩、本心が見え隠れする象徴的な回になったと思う。
唯一読みづらいのが北村君だけど、それも来週には明かされそう。
それはそうと主題歌変わるのか…しかもわりと普通な楽曲っぽいのが残念。

 >YMOと言えばライディーンや東風を挙げる人が多いんだろうけど、
 >自分は体操かなぁ(特にPVの印象が強い)

そもそもYMOの三人がミュージシャンだということを知らない世代がいそう…。
それぞれが俳優やタレント、コメディアン(笑)として活躍してた頃だけを知ってる人、
曲は知ってるけどYMOの曲だって知らないって人もいると思う。
自分もDTMをカジらなかったら多分まったく知らないままだったろうなぁ。

| | コメント (0)

2009年1月 7日 (水)

独立連邦国、立つ。

Kan05u

頑張りが足りなかったので関羽貼る。思った以上に遊べるしカッコいいよ関羽。
膝立ちや座りポーズの際には髪の干渉が厄介だけど、工夫次第かと。
付属の青龍刀を使わない理由は、あきらかに持てなさそうな太さだから。
先に握り手の内側を穿孔してやれば塗装剥げは防げるかも。



まあ…絵が進まない最大の理由はゲームだよ。某漫画家を笑えないほどにな。

「オブリ」も120時間目にしてようやくやることがなくなってきた感じ。
神像クエストは最後のひとつを残すのみ。内容がわりと面倒で時間がかかりそう。
ところどころで素潜りしてアイテムを拾い、家を買う資金も貯め続けています。
最近は野盗ですらデイドラ装備になりつつあるから資金源には困らないんだけど
お店の買取価格にそれぞれ上限があるのが結構ネックになっています。
それでも、ひとつのアイテムが1200で売れるなら十分かもしれませんが。

クエストって全部でいくつあるんだろう…総数がわかれば穴が確認できるのに。
とりあえずwikiに掲載されてるものは埋めたつもりだけど、ひょっとすると未確認の
クエストがマップのどこかにあったりして…探してみるのも面白いかもしれない。
そういえばスキルトレーナーもあるか。確実に200はあるね。

新番組「まりあ†ほりっく」…面白いか?と言われれば、面白くもないというところ。
百合か?というと実は百合ではないし、現状どのへんを楽しみにして見ればいいか
判断しかねる作品という感じ。大のシャフトファンの自分でもそう思ってしまう。
絵は定評通りだし、声は亀山組なので不安を感じるところはひとつもない。
なので後は原作が面白いか否か、その見せ方如何で評価が変わってくると思う。

百合な人があえて「マリみて」を我慢してまで見るほどのものではない(笑)
自分はシャフト補正と、ここ最近の「マリみて」の流れに完全に乗り遅れていたので
こっちを優先的に録画することにしたけど…今のところ首を傾げるばかり。

で、「マリみて」は一応今夜録画予定。今期は深夜1時半がマジでキツキツなんよ。
「とらドラ!」が本来の枠で放送される週は録画できなくなってしまうかも。

 >胸キュンといえばアニメの主題歌としてYMOの胸キュンがカバーされてるとか。

ちょうど今日感想を書いた「まりあ†ほりっく」のエンディング曲になってたね。
あえてこの曲を選んだ理由はわからないけど、原曲を知らない人たちには恐らく
普通のアニソンに聞こえていたと思います。

| | コメント (0)

2009年1月 6日 (火)

7号って胸キュン。

Mik2

時間切れ。常に描いて出し。
なのですぐ反省点が見つかって削除したくなるのも事実。
昨日のは鼻筋が高過ぎたなぁ。

保存しておいた「みなきけ」のバックナンバーを聞き返していたけどやっぱ面白い。
DVDドライブと空気清浄機、それにヒーター同時に動かすとうるさいわー。



まだまだ「オブリ」が面白い。昨晩は神像クエ数種とニルンルート集めを敢行。
あとは家の買い占め。ブルーマとレヤウィンを除いてすべて購入完了。
金額にしてまだ5万ぐらい必要になりそうなので、野良潜りが必要かもしれない。
ニルンルートはなんとか100個集め終わりました。よってクエスト終了です。
これで完了クエスト数が175。180を超えるのは確実か。

デイドラ系防具が出てきたときに気付くべきだったけど、碧水晶系もやっと出現。
軽装系最強の防具なので早めに全身集めたい。グリーブが足りないのかな。

今週の「キャシャーンSins」…なんか普段と少し作りが違うような印象を受けた。
中盤の強襲と戦闘はとりあえず置いといて、最後のルナらしき者の登場が今回の
一番重要なシーンだと思う。デザインが物凄くタツノコで嬉しくなるね。
偽者かどうかはわからないけど、仮に偽者なら誰が作ったかが気になるところ。

新番組「宇宙をかける少女」…これには全身の細胞の半数が拒否反応を示したわ。
クオリティは高いが非常にクセの強い絵に「○○」以降のサンライズを感じる。
(「○○」は「ギアス」でも「HiME」シリーズでも「ゼノグラシア」でもかまわない)
過去の作品で一番イメージに近いのはスタジオ違うけど「ステルヴィア」あたりか。

全身の半数というのには理由がある。もう半数はわりと好意的に見ているから。
非常にオマージュ(パクり?)の多いパロディSFアニメを良しとするか否かで
この作品に対する評価が180度変わると思う。あとは福山潤が好きかどうか(笑)
それだけ福山潤要素が強く、美少女要素に陰りさえ感じる作風になっている。

ただし恐らく今後、不必要なお色気要素が盛られていくので…それ次第かと。
現段階ではどこを目指して話が進むかさえ不明。成長?恋愛?それとも全部?
あと余談だけど、ハイビジョン製作なのに放送素材が劣化画質という謎。
これはもう「高画質で見たかったらBD買えよ貧乏人め」というメッセージなのか。

あらかじめ言っておくけど「釣りキチ」は見ないよ。
今期はどの曜日も深夜1時半に集中し過ぎなので、可能な限り空けたいのです。

 >ドリトスのことも忘れないでやってくだせぇ

ん?買ってないよ?

| | コメント (0)

2009年1月 5日 (月)

ノックオン。

Mik1

なまってるので少々腕鳴らし。

「オブリ」をちょこちょこと突き詰めてみる自分。現在のレベルは22。
そういえばまだ見たことないなぁと思いつつ以前に探索したダンジョンに潜ったら
デイドラ系防具を幾つか入手することができました。まあ…重装だけどね。
攻略wikiを見つつマップの凄い端にある単発クエストなどをシラミ潰しにした結果、
未完了クエストと合わせて170のクエストを通過したことに。
神像クエストがまだ半分ぐらいしか終わってないから、確実に180はあるっぽい。
あとは根気と飽きのせめぎ合いだねぇ。

あんまり大きなことを言って実現できなかったらイヤなんで聞き流してほしいけど
以前に「ゲームひとつ買うごとに拍手絵のネタ増やせる」なんてことを言ったので
そろそろ「オブリ」と「AKfK」に関する拍手絵を考えてみようかと思う。
そのつもりでペンタブの設定を再調整してみたし、気分が乗ってるうちにやりたい。

「GTA4」も例の壁紙素材以外にちゃんと描こうとは思っていたんだけど…ちょっと
時間が空き過ぎてしまったので上手いこと処理できなくなってしまった。
まあアレはアレでいいか…それなりにカタチになってるし。



一般人は「フィギュアって何に使うの?」という疑問を口にすることがある(実話)

「かんなぎ」効果で聖地は大騒ぎ…って「らき☆すた」のときも言ってたよな。
ご当地アニメ効果に着目して躍起になってるんだろうねぇ。良いやら悪いやら。
そういう意味でなら「true tears」はもっと評価されていいと思うんだけど。
身近なところでは「天地人」効果で母方の田舎が盛り上がってるかもしれない。

「図書館戦争」で地元の図書館が盛り上がらない事情はなんとなくわかる…(笑)

新番組「みなみけ おかえり」…客観的に見れば絵が原作に近付いた感じだけど
数年ぶりに友人と再会したら整形して顔が変わってたぐらいの違和感がある。
しかも動画のたびに顔が崩れるというオマケつき…初回から不安要素しかない。
サブタイの安っぽさ、背景の空虚感も「原作に似てる」と誉めるべきなのか。

まあ…大好きな作品だからついつい視点が厳しくなってしまうよね。
2期の反省と1期への回顧をミックスし、アスリードなりに努力した結果を出しつつ
「内田がかわいい」という2期最大の魅力(笑)もちゃんと残してある。
挿入するタイミングには大きな違和感があったものの主題歌も非常に良かった。

オチに保坂をもってくるのは安易だったか…あの説明文も要らなかったと思う。
放送前の期待が浅かっただけに、ヒドくガッカリするほどの内容ではなかった。
細田分が少なかったしな…EDの春香姉様の顔が恐い以外はそのままでいいよ。
安心はしてないけどとりあえず続けて見ていこうというキモチにはなれた。

それよりなにより「みなきけ」が復活することが最大の朗報だ!うりぽたーん!

| | コメント (0)

2009年1月 4日 (日)

投げ出さない人を。

Kan03u

購入から約1週間、ようやく関羽の箱をあけて色々とイジり回してみました。
何気に箱の下の方に小さく「制服ver.」って書いてあるけど…出すつもりないよな。
撮影しながらだとめどいのでポーズは固定で。

基本はFigmaなので他のFigmaとそう変わらないけど、頭が小さく脚が長いことで
Figmaのラインナップの中でも特異なボディバランスになっていることがわかります。
単純に身長で見れば「らき☆すた」シリーズとあまり変わりません。
関羽特有の褐色肌は単体だとわからない程度。クレオスのタンぐらい?

顔の出来も塗りもいいし、なぜこれが投売りになるのか理解に苦しみます…。
まあ関羽は「また関羽!」と言われるほど立体化に恵まれたキャラクターなので
あえてFigmaを選ばなくても…ということなのかもしれませんが。
980円で買える地域にお住まいの方は買っておいて損はないですよ。

Kan04u

関羽最大の特徴とも言える長い髪は、某所のレビューでは塗装が剥がれやすいと
言われていますがそんなこともなく。無理さえしなければ全然大丈夫です。
ただしパーツ換装時は非常に恐い…うっかり折ってしまいそう。
それぐらいシャープかつ硬質なので、立体栄えするポイントとも言えます。
胸側に垂れてる髪のせいで頭部の可動範囲が狭いことが唯一の難点かな。
戦闘中のポーズを再現するにはそれなりのセンスと努力が必要のようです。

それにしても難易度の高いフィギュアでした。スカートの換装が難し過ぎます。
両足をはずしておパンツを脱がし、スカートを取り外すところまでは問題ないけど
別のスカートを取り付ける作業が非常に難しい。履くのを拒みやがる(笑)
脱がしたセーラー服はもってけ!と言わんばかりです。

Kan02u

ここまで書いておいて実は自分、「一騎当千」のアニメも漫画も見たことないです。
だいたいの設定と誰が声をあててるかぐらいしか知りません。あと主題歌とか。
少なくとも関羽が主人公ではない。主役の影が薄い作品だよなぁ…。



オグとシオならオグの方が好きです。オグかわいい。
コンビ解消の際にはぜひオグvsシオ戦をやってほしいと思う。燃える展開だ。

「オブリ」の拡張パック「シヴァリング・アイルズ」は5月発売予定だとか。
その前に追加プラグインが出るらしい。そちらは3月。なんとも息の長いゲームだ。
基本的にRPGが苦手な自分でもハマれるくらいの名作だからプレイ人口も多くて
それだけ期待してる人、関わる人が多いってことなのかもしれない。

いくらなんでもそれまで「オブリ」だけでもつはずもなく、恐らく何か買うだろうけど
箱○の発売予定表を見てもピンと来ない…まあボチボチ考えたらいいや。

そういえばアバターエディタに新衣装追加されてます。今回は小物セット。

電子番組表に掲載されてて「あれっ?」と思ったけど、やっぱ「禁書」なかったか。
天気予報と音楽番組をひたすら早送りで見る自分。むなしい…。

今週の「仮面ライダーキバ」…浜辺の謎のオブジェが話に全然絡んでこなかった。
映すからには意味があるものだと思ってたのに。じゃあ場所ズラして撮れよ(笑)
ダブルライダーキックからパパお別れまでの流れは良かった。淋しいな…。
「キバ」はパパと753でもってたようなもんだし…753は今週も無駄にカッコいい。

「ガンダムOO」特番…非常に理想的な内容の特番だったことがちょっと意外。
箱○のアイドルこときゃんちのグラハム語録とか(笑)つっちーの注目部分もよし。
このメンバーと内容だったら倍の尺で見ても飽きないと思った。
唯一の難点を挙げるとすれば新オープニングテーマだな…変えなくていいのに。

 >餅はつきたてをすするものでござる by佐賀の人
 >まぁ、自分の住んでる地域の行事じゃないんだけどね

信州の人が「蕎麦は喉越しを味わうモンだ」って言うのと同じようなもんかな。
世の中にはカレーを飲み物だと思ってる人もいるし…よくわからんよ。
今年はとりあえず雑煮の中でふやけた餅しか食ってないね。そろそろ焼こうかな。
ただ…舌がそろそろカレーを求めてるんだ。早くカレー食いたい。

| | コメント (0)

2009年1月 3日 (土)

講堂に立て篭もる世代。

Oblv56

九大神クエ終わってもうた…何この短いの。さすがは追加エピソードだなぁ。
伝説の勇者様の装備を集めて悪を倒すというドラクエ的超王道展開はよかったけど
伝説の装備がメチャクチャ使えるかといえばそうでもなく、レベル20まで進めていた
自分にとっては今まで使ってきた装備の方がやっぱり使いやすかったです。

Oblv57

そういえば、とうとうコロールの宝剣カンスト。やっとデイドラ系が超えてくれました。
レベル20ぐらいが峠らしい…けど、20超えると倒すべき敵がもういないよね。
重量も含めて考えるとまだ宝剣とイーブンかな。
できれば武器にも軽量化つけられるといいんだけど…武器に軽量化エンチャすると
攻撃するたびに敵を軽量化するピンバイスのような武器になるのでボツなのです。

Oblv58

ねんがんのデイドラスパイダーさんをしょうかんできるようになったぞ!
ただし召還コストが魔力ほぼ全部、なおかつ20秒間しか顕現できない…悲しい。

今後は神像クエとか細かいところを埋めていきますが、記事にはしないと思います。
でもゲームの話題がなくなるとネタに困るんだよね…どうしたものか。



関羽これから開けるぞー。でも発売してだいぶ経つしレビューはテキトーにやる。

餅を喉に詰まらせて緊急搬送される人は山ほどいるのに販売停止にならないなぁ。
つーか、どんな食い物でも詰まるように食えば詰まるだろ…物理的に。
何か販売停止に追い込みたい敵対商品がある人は飲み込めばいいってことだ。
アンチPS3の箱○信者はPS3を飲み込むといいよ!越後製菓!

年始でニュースサイトも休んでるからマジでネタがないわ…。

今週の「テイルズオブジアビス」…お正月一発目で自分の脳が寝ぼけているのか
話が急ピッチに感じられる。ルークたちが何を目的に移動してるのかわからん…。
余裕があったらもう一回見直すことにしよう。作画はあいかわらず不動。

今回はガイを中心とした話で、ガイの過去にまつわる話とそこからの前進って感じ。
記憶を取り戻すのと女性恐怖症を克服するのに利用されるアニス母子(笑)
どっちもヘタすりゃ死にかねない状況だったぞ…女性キャラ不遇なアニメだな。

 >もっと蔑むような目で見てくれ!>bambi_skcs

そういうつもりで描いたんじゃないけど…基本、目つき悪い子だからね。
写真撮られるのが好きじゃない人を無理矢理撮影するようなイメージで描いたので
今後もバンビの肖像は基本的にこんな感じです。たまには笑顔も描くか…。

絵のネタ振り大歓迎。でもペース遅いから…うーん。

| | コメント (0)

2009年1月 2日 (金)

怪しげな壷の押し売り。

Oblv51

「オブリ」のメインクエスト制覇しました。実質「オブリ」のクリアとも言えます。
あんまり詳しくは言えないけど…これで終わりってのはなんかスッキリしないなぁ。
メインクエストという名目ではあるけど、「オブリ」の中にある短編のひとつと考えれば
こういう終わり方もありうるのかもしれないなぁ…という感じ。

メインクエとギルドクエ4種終わって90時間。でもまだやり残しがあるという事実。
神像クエストはまあいいとして、九大神クエストはある意味本編だしやらなきゃ…。

Oblv52

メインクエは中盤以降、英雄と呼ばれ持ち上げられて面倒な仕事を押し付けられる
わりと退屈な内容でした。やはりギルドクエより面白みが薄い。
マーティンの要求に次々と応えてるとき「これでマーティンが真のラスボスだったら」
とか妄想してしまうのは、闇の一党クエの弊害かもしれません。

Oblv53

つーか…城壁内に直接オブリ門展開できるなら攻城兵器とかいらなくね?
一番盛り上がるところではあるけど、冷静に考えると変な感じがしてくる…(笑)
ブルーマ防衛戦の前に各都市に救援を要請したわりには参加人数が少ないし。

Oblv54

ひとまず終わりを迎えた時点で「オブリ」を振り返ってみて、今だからこそわかる
「オブリ」のTipsを書き連ねていこうと思います。

■ひとりのキャラクターで全クエスト埋めは可能
 …多少の向き不向きはあるものの、わりと難なくいけちゃったりする。

■クエ埋め以外の目的で家を買う必要はない
 …結局最後まで海賊船で代用。帝都に近いのが最大の魅力。

■コロールの宝剣最強伝説
 …クエスト「父の罪」で手に入るクエストアイテムは全武器の中でも最強クラス。
  無料で手に入る上に重量ゼロ、しかもアンデッドも普通に切れるチート武器。

■エンチャント武器は意外と使わない
 …いざというときにガス欠になることが多く、戦利品は換金がベターか。

■早期にエンチャント防具を作れるようになると進行がラクに
 …暗視や軽量化は初期から製作可能。発光か暗視かはお好みで。
  全身不可視はラスボスですら見えなくなるチート防具。

■重装と軽装なら重装の方が恩恵が多い
 …クエストで手に入る防具は大抵重装なので軽装メインだと結構寂しい。

宝剣を封印するという意味も含め、次にやるとしたら鈍器&重装使いにするかな。
早い段階でアルケイン大学に出入りできるようにして、軽量化のエンチャを駆使し
装備品は重いけど負担にならないという状態にできれば結構うまくやれそう。

Oblv55

つーか…これだけクリアしてるのに未だ利用したことのないダンジョンが残ってて
そこに関連したクエがまだ隠されてるんじゃないかと思うとソワソワします。
余談だけどここ(地図北端の山頂)の背後にオブリ門開いた子がいるんだよね。
デイドラさんお茶目過ぎる…もう少し被害拡大を狙ってくださいよ。



関羽を開けるどころか先月買ったコミックスを一冊も読んでいない。
まあ…そのうち、ね。

新年から画像のサイズをひと回り大きくしたけど、実は右にあるメニューバーを
左に配置するデザインにすれば文章欄をもっと拡大できるらしい。
そうすれば改行位置をあまり気にしなくて済むし、そうした方がいいのかもなぁ。

画像が大きくなれば当然容量も食うけど、この「ココログ」に移籍してから今までで
1600枚以上の画像を貼ったわりには容量上限の5%しか使ってないんです。
この調子で使い続けたら30年以上もつ計算だよ…どんどん利用していこう。

アニメは本日放送の「ジアビス」から視聴再開。さすがはアニメのMX様だよ…。
年をまたいで「かんなぎ」の最終回が放送される地域も多いかも。

 >うあぁ、イカス!あ、あけましておめでとうございます。
 >今年もその絵で僕を惑わせてください。

そういうストレートな誉め言葉をもらうとこっちが惑います…。
去年のハロウィンはカラウリーをイジれなかったので年賀イラストにしてみました。
いざ完成させてブログに貼ると「まだあのへんはイジれたかな…」と思えることもあり
今年はもうちっと突き詰めていけたらなぁと思います。

 >そういう姿勢尊敬する

やる気のない今年の抱負をまさか誉められるとは…。
みんなは自分を見習わず、もっと高い目標を目指した方がいいと思いますよ。

| | コメント (0)

2009年1月 1日 (木)

言うは易し。

09urny

あけました。今年もそれなりに頑張ろう。

こういう絵を描いてて思う…10年前からあまり変わってないなぁ、と。
良く言えば一貫性がある、悪く言えば変化がない(笑)
変化したいなぁとは常々思うけど、変化しない部分も残しておくべきなんだろうな。
新しくなりてーな。その為にはそれなり程度の頑張りじゃダメだな。
それなりのちょっと上ぐらいを目指そう。ネットにかからないギリギリのサーブだ。



今年の深夜はお笑い関係の番組が多いんだねぇ…新しい人が全然わからんよ。
スザンヌのヒザがエロくなかったら寝てたわ。あ、「オブリ」やればよかった…。

オブリ門閉めがダルくなり、途中から欲しい印石(約30種類の中からランダム)を
出す為に確認してはロードの繰り返しでまた世界平和が遠ざかる。
先に進むたびに強い武器が手に入るとかいうのならまた別なんだけどなぁ。
なんだかんだでコロールの宝剣が未だ最強のまま。ドレモラのクレイモアより強い。

良い感じに酔いが回ってきたのでこれからオブリ門を閉じる作業に戻るお…。

 >どうやら同じ日にアキバにいたっぽいw確かにコミケ帰りの人がいっぱいいた。
 >それでは良いお年をー

友人と歩きながら「これでもアメ横よりはマシだろうな」と話してました。
自分と友人にとって、コミケやワンフェスのあと秋葉原に流れ込むのは恒例行事。
最近は本編よりも重視してる感じもします(お互いコミケでの買い物が少ない)。

| | コメント (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »