« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月28日 (土)

局地森林火災。

Skt241

オンラインプレイ中に偶然揃ってしまった春香デッキ。やはり閣下は偉大だぜ…!
そもそもグラフィッククリエイター機能を利用してる人が圧倒的に少ない現状では
オリジナルデッキを使ってる人に出会うこと自体が難しいのです。

オンラインアクティビティは48個までクリア完了。あと2個で実績が解除されます。
メガコンパウンドとスラッピーズ、Waterfrontはコンプリートしました。

オフはスロウダウンが残り5人分、スポットKILLは2箇所となりました
スポットKILLキツいわぁ…でも、アイデア次第でなんとかクリアできるんだというのを
「バスストップ」で実践できたのでここにその方法を紹介したいと思います。題して…



■グラインドできない人の為の「バスストップ」攻略法

Skt242

まずバス停の近くにあるランプを道路の対岸にある駐車メーターの脇に置きます。
その際に若干段差を越えないといけませんが、回転させつつゴリゴリやってると
不意にスッと上に載せることができると思います。
写真のように先端が若干道路に突き出す感じに置くとクリア確率が高くなります。

Skt243

次に、バス停脇にあるベンチを道路のこの位置に置いてクルマをせき止めます。
両車線とも埋めても構いませんが、クリアする為には片側でじゅうぶんです。
ランプとクルマ、奥のバス停が写真のように一直線になるのが理想的。

Skt244

そして、路地の先にある小さな坂(一枚目の写真の奥側)の上から加速。
坂の上まで移動するとスポットキャンセルのカウントダウンが始まってしまうので
オブジェクトの移動を始める前にマーカーを設置しておくのがオススメです。

あとは道路を横断するように飛び、エアトリックを決めて対岸に着地するだけ。
ただし着地するだけでは得点が加算されません。バス停に触れるのがポイント。
なので出来る限り遠くへ飛ぶように意識してください。
もし距離が足りない場合はランプを更に道路へはみ出させて調整してください。

上手くいけば平均で1550点ぐらい出せると思います。
通行人の多いスポットなので、グラインドを使った正攻法で攻めるよりはラクかと。



あ…ヤバい、ゴールドアカウント切れる。買い足さなきゃダメだわ。

「ハルヒちゃん」5・6話でいきなりクオリティ上がってんな…京アニ本気になったか。
キャラそのものの魅力もある意味で本物を喰ってるし、ネタのチョイスも面白い。
まさか長門があのタイミングであの曲を歌うとは想像の斜め上だったわ。

ラジオ「Fate/Zero」ヤバいな…このメンバーでハズレはない。やっぱ面白いわぁ。
恒松さんが自分のCDを予約しに行った件はブログでも書いてたから知ってたけど
まさか予約票のお客様の名前欄にそのまま名前を書くとは…(笑)

戸田さん原型のセイバーは話題になったものの、値下がりの激しさにも驚いた。
やはり個性的な造形やハイライトのない瞳に抵抗を感じるのかもしれない。

今週の「テイルズオブジアビス」…予告では凄い戦いを繰り広げそうだったのに
ディストがあっさり退場させられて吹いた。そこに時間を割いてる余裕ないもんなぁ。
あとはもう名言の嵐。ルークの「みんな!俺に命をください!」は涙腺に良くない…。
ルークの決意を尊重すべく女性恐怖症も忘れてティアを止めるガイも地味に効いた。
だが、微妙に延命されたのはあの場で消えるよりツラいことになりそうだ。

「鉄のラインバレル」…若い森次さんが好み過ぎる。学園都市の超能力者か(笑)
斎賀さんまで呼んで単発ゲストキャラとは勿体無い…もっと過去編が見たい。
実在の原子力空母の全長が300m弱であるのに対し、フラッグの全長は約1km。
それだけ大きなものであるということを劇中で描き切れてないように感じる。
恐らくマキナの全高から考えたんだろうな。あれじゃ厚さも200mぐらいあるよ…。

 >今日の画像、何かの虫のタマゴに見えた…

自分も撮ってて思った。ちなみに解説しておくとサッシについた水滴でした。
空気中にこんなにいっぱい水分があるんだなぁ…と変に感心してしまったり。

| | コメント (0)

2009年2月27日 (金)

牙を抜かれた虎。

「skate2」の実績「フリースケートアクティビティ50個クリア」は四天王の中でも最弱。
アクティビティの総数を数えて知りました…全部で149個もあるのね。
いまのところ149個中39個クリア。あと11個でとりあえず実績がつきます。
149個コンプは…根気と時間的余裕のあるフレンドがいればできなくもない。…かも。
ホストになったら積極的に人気のないスポットへの移動を試みるべきだと思います。

オフラインのスポットKILLは残り3箇所。スロウダウンは残り10人分くらい。
スポットKILLはYoutubeにある動画でやり方はわかるもののなかなか上手くいかず。



Suiteki

今日はゲームのキャプもアニメの感想も絵もない、本当に何もない日だな…。
せめて予報通り雪でも降…降ってるし!?おわー…今回は本当に降ってるわー。
まあ…降ったから何だ?って話ではありますが。

届いたメールは読んでたものの、面倒臭くて放置してた色々な雑務を消化。
そのなかの大半が過去に1回ぐらいしか利用してなかったサイトの登録情報を
削除して回ったりという作業。こういうのって一括して管理できればいいのにねぇ。
ネトゲ関連とかは真剣に思う…忘れたころにアップデートの連絡とか来るんだ。

まとめてゴミ処理したいときは精神的によくないときなんだよ…きっと。
母はよく趣味は「捨てること」と言ってたけど、なんとなく気持ちがわかる気がする。

おっと…スーパー恒松ラジオが更新されとる。聞いておかねば。
気晴らしにラジオ聞きながら滑るとしよう。ゲームやってるときは幸せ。

| | コメント (0)

2009年2月26日 (木)

全然更新をしません。

Skt240

「skate2」の完了ミッション、再挑戦できることがわかりました。
ミッションマップ画面の右下に表示されている説明にある通り、Xボタンを押すと
完了済みのミッションが配置されたマップに切り替わり「やりなおし」できます。
いやー…見落としてた。これで何度でもGVRコンテストとか挑戦できるぞ。

昨晩はスロウダウン8人分ぐらい埋めて、飽きて(笑)スポットKILL埋めに移行。
周囲にあるオブジェクトが必要だったり、用意されてるものが実は必要なかったり
頭を使いながら遊べるから面白い。それでも難しいところは多いけど…。



シロナさんの絵が大変なことになってきたけど面白いからそのまま粘菌に渡そう。

周囲にちょっと遅れつつも「ハルヒちゃん」と「ちゅるやさん」の配信を視聴。
なんだろう…極論、声を出してくれる人さえいればアニメってなんとかなるんだなぁ
とか思っちゃうほど物凄く低予算に見える短編作品だねぇ。
低予算に見えるだけで実際はかなり頑張って作ってるんだろうけど。

でも不思議とこの尺だと見やすいし、続きを見てみたいと思える手軽さがあった。
まさかこれだけ集めたDVDは出さないよね?「ハルヒ」2期のDVDに収録だよね?

今週の「とらドラ!」…これが峠か。とにかく色々ヤバい。緊張感がエラいことに。
発端は木原だけど、木原のイザコザが小さく思えるぐらい後半の展開は厳しい。
亜美の気持ちもわからなくはないが一番隠し事をしてるのも亜美だと思うよ。

期せずして大河の本心を知った(大河本人は言ったことを覚えてない)竜児が今後
どのルートを重視するかが終盤の見どころ。まあ…これは大河ルートでしょ。
竜児と大河をくっつけた場合、他のキャラをどう処理するかが問題になりそうだなぁ。

何気に今週も雪山で真っ白けだった(笑)ホントにわざとやってるんじゃないの?

「マリみて」4期…先週撮り逃したのが痛い。重要な部分を見逃してしまったなぁ…。
何気に中央線が新型車輌に。でもバッタリ出会って隣に座れるほど悠長じゃねー!
ネットラジオのせいもあるけど柏木さんが出てくるとやはり笑いしか出ない。
もはや柏木さんの存在自体がギャグなんだよ…そりゃキャスト陣も笑うっつの。

 >なんという真前…かっけえ

真のつもりで描いててもうっかりすると男の子になっちゃうんだよね…そこが難しい。
とりあえず真に見えてれば成功です(笑)

単体で描いたことない残りのメンバーは律っちゃんとやよい、それに美希かな。
でもこの先しばらく箱ゲー買う予定ないから…。

 >うごーはふたば学園祭とか行くの?

あまり興味ないかな…箱@「」で箱○ゲーに関する原稿の募集をしてるのを見て
ちょっと寄稿してみようかなぁとか思ったりはしたけど。
ふたば固有のネタとかに関心がないと学園祭はツラそうじゃない?

| | コメント (0)

2009年2月25日 (水)

目にもマスクを。

Makoto2g

「skate2」真絵はこんな感じに。アニメ塗りを逆手に取って色々仕込んでみたり。
今回から初めてペンタブの感圧を利用した、圧力で色を変化させる機能を使用。
10年近く同じソフトを使ってて未だに解禁してない機能がまだまだある…(笑)

結果的に前回の伊織絵と構図が似てしまったり、若干窮屈になってしまったりと
色々見直すべき点はありますが…それはまた次回に持ち越しってことで。
それと、今回の絵はまだ拍手に実装しておりません。登録できる絵の数の問題。
解決する為にはcgiの中身をイジらなきゃいけないので…ボチボチやります。

つーわけでこれからシロナさんを描く。というかもう描いてる。



昨晩初めて「skate2」のオフラインのフリースケートモードをやってみたけど…これは
レースゲーでいうところのクイックレースモードみたいなもんなのね。
特に課題が用意されてるわけでもなく、本当にただ滑るだけのモードでした。
やはりアクティビティ50個クリアの実績もオン関係なのか。そんなにあったっけ?
それとは別にオンのアクティビティコンプという実績もあるんだよなぁ…謎だ。

スロウダウンは残り23人…多過ぎる。ひたすら面倒な作業の繰り返しだ。
まあ本当に面倒臭くなったら、絶対勝てる反則技で埋めてしまえばいいんだけど。
それにしたって全25人は多過ぎるよ。ラジオでも聞きながらコツコツやるか…。

XBLAに「チャロン」かぁ。やりたいようなやりたくないような。
この勢いでセガがDCや旧箱のソフトをどんどん移植してくれると嬉しいなぁ。
WiiやPS3で過去コンテンツが好評ないま、箱○もそれに乗っかるべきだと思う。

更新のタイミングがいつ頃になるかわからないけどゲーマーアイコン変えました。
派手なコスチュームなんでポーズも派手にと思ったら見事にヤンマーニ。

今週の「まりあ†ほりっく」…ミッションスクールならみんなクリスチャンという認識は
ひょっとしたら地味に浸透してる恐れがある。仏像好きもいるというのに…(笑)
ただ、マリア様のお祭りは宗教上の行事。無信仰な人に強制はできないと思うけど
ミッションスクール内のそのへんの事情がサッパリわからんので推測の域を出ず。

「とある魔術の禁書目録」…なんかBパート以降がどうにもスッキリしない感じだわ。
登場人物の中だけで変に盛り上がってて、その理由が伝わってこないというか。
シートベルトをせずに急停止したのにフロントガラスを突き破らないわエアバッグが
作動しないわ…そのへんをツッコみ出すと今回全部がおかしく思えてくる。

 >今日は気分を変えて 八咫鴉 東方 という 東方厨 な 検索ワード で 検索してみた

東方には良い思い出がない…つーか東方本体に関する知識がほとんどない。
シューティングゲームらしいことはわかる。あと登場キャラの名前を少し知ってる。
それと、東方厨の9割はゲームやってないって話も聞いた(笑)

 >ロスプラ2ってプレスリリースみたいな正式発表してましたっけ?
 >雑誌のインタビュー記事は知ってますけど。
 >あれのせいで驚きはありませんでしたね。

プロデューサーが雑誌記事でタイトル漏らしたらそれは公式発表でしょう。
あそこで「ロスプラ2」に触れてなければ一応は大発表になったというのに…。

ただ、「モンハン」というのもあながち嘘ではなかったかな。
巨大AKと戦う4人の雪賊というのが完全にSF風「モンハン」って感じですし。
箱○に「モンハン」を供給しない代わりの新しい「ロスプラ」として受け止めます。

 >「ロスプラ2」デモ見ましたよ。
 >どちらかと言うとロスコロの対戦画面がそのままキャンペーンになった感じがした。
 >オモシロそうではあるね。

いまのところインターフェースが表示されてないので画面構成がわかりませんが
プレイヤーキャラが若干センターからズレてる感じが「ギアーズ」っぽいこと以外は
ほぼ「ロスプラ」や「ロスコロ」のままって感じがします。
あとはCOOPが可能になったなりの新要素がどれだけ追加されるかが楽しみ。

完全に余談ですが…発表動画で初めて「雪賊」を「ゆきぞく」と読むと知った自分。

| | コメント (0)

2009年2月24日 (火)

地盤沈価。

Skt238

「skate2」終わってしもうたー…マップ上の全パスコンプリート完了。
最後に残ったのはGVRコンテストだったけど、特に苦戦することもなく普通に勝利。
残すはプロとのS.K.A.T.E.対決であるスロウダウン。これは結構難しい…。
試しに一戦やったら運良く勝てたけど、全員に勝つには時間が要りそうだなぁ。

一度クリアしたコンテストに再度挑戦できるようになってたらよかったのに。
同じ場所でフリーで滑れるからいいけど、なんか緊張感が足りないというか…。

Skt239

実績解除数は38個だったかな。オフラインの実績は残り3個だと思います
ブラックさんを10回呼び出す実績はあと2回で解除。意外に使わないんだこれ。
あとはスロウダウンコンプの実績と、フリースケートのアクティビティ埋め。
そういえば買ってからフリースケートモードって一度もやったことないなぁ。

忘れちゃいけないスポットKILLもあった。フレンドと一番張り合うとこだ(笑)
このへんはまあボチボチやっていこう。まだまだ写真も撮りたいし。



フレンドといえば、「SP」が発売されてからあまり見かけなくなったなぁ…。
いまはみんな箱○よりもPSPに集中してるのかしら。
「SO4」をプレイしてる人がほとんどいないことが一番意外かもしれない。
シューティングの人は少なからずいる(笑)そこが箱○っぽさでもあるかな。

カプコンの秘蔵タイトルは「ロスプラ2」か…ってそれタイトル発表してたじゃん!
自分が大いに待ち望んでいたCOOPが実装されるっていうのが一番嬉しい。
ただ…雪のない「ロスプラ」は「ロスプラ」じゃねえよって感じもする。
「ロスプラ」と他のTPSを明確に差分化していたのは雪の存在もあると思うし。

あぁ…COOP楽しみだなぁ。デモ映像にあったシールド雪賊やりたい。超やりたい。
出るとしたらいつ頃だろうねぇ…「デッドラ2」や「バイオニックコマンドー」も並行して
製作されてるだろうから、今年末でも厳しいかもしれないね。

今週の「キャシャーンSins」…死を得て初めて生き物として生を得る、という概念は
「攻殻」の人形遣いと同じ発想か。永遠に生きることは幸せなのか、正しいのか。
永遠の命を得ることで初めて、死が無いことへの恐怖を覚えることもあるだろう。
身をもって死を体験しなければ命の尊さもまた理解できない…とは思いたくないが。

作画監督6人+馬越総監督ってどういうことよ(笑)先週の反動なのか。

「宇宙をかける少女」…獅子堂家の目的は本来2話目までには語られるべき内容で
いまのいままでプロローグだった感じがする。まあ…本筋とかどうでもいいんだよな。
黄色は本当にいらない子になってるな…悪役化されても驚けないぐらい薄い。

アホの子が不動の人気と立ち位置を確保してるのはいいとして、ほのかのセリフが
今週からちょっと多めになったことで主要3キャラのバランスが安定してきたか。
個性的な男性キャラが出ない代わりに無機質分で補っている感じがする。
小野Dなんて本来の生身よりクロオビの方が登場機会もセリフも多い状態だしなぁ。

 >ドルアーガは本当に面白いですね。
 >アーメイとの二度目の別れは予想してはいても泣かされました。
 >先へ進めの手話とかもう…うぅ…

前期からの積み重ねが活きてましたねぇ…本来ならダンジョンにおける罠として
機能しそうな内容なのに、ジルたちの前進に繋がったというのも大きい。
こういうのも客観的に見れば非常にベタではあるんだけど嬉しいベタだと思います。

昨年は業績不振でアニメ部門の存続も危ぶまれたGONZOでしたが、
今期の新作をざっと見た感じどれも好評な様子。内部態勢に変化があったのかな。

| | コメント (0)

2009年2月23日 (月)

ロストグラウンド。

なんとなく波に乗った感があったので、ゲームはお休みして絵に集中することに。
「skate2」真絵は全体の半分が終わり、残りは個人的趣味による枝葉末節埋め。
たぶん本体よりもこっちの方が大変だろうなぁ…。

そういえばカプコンが今週発表する箱○の新ネタってなんなんだろう?
発表するってことは「バイオニックコマンドー」の正式な発売日とかいうことではなく
未発表の新タイトルがあるってことなのかな。まさか「モンハ(ry



イヤホンの断線が鬱陶しくてここ最近は大きな密閉型ヘッドホンを使ってますが
やっぱり疲れるね…音が良いのはいいんだけど蒸れるし重いし。
でもラインの太さが布巻きで5ミリぐらいあるから安心(笑)これは切れまい。
イヤホンでもこれぐらい太いのがあれば…って無理か。

「天地人」は出演者のスケジュール調整が困難な為か、1カットあたりの出演者数や
舞台装置を徹底的に削減した、舞台作品のような演出が多い印象を受ける。
暗いスタジオにスポットを落とし俳優の独白のみで進むシーンの尺が異様に長い。
画期的な表現とも取れるが、大人の事情でそうなっているような気がしてならない。

そんな大河はまあ置いといて、来週放送の白洲次郎が楽しみである。
白洲本人は現代の目で見ても凄くカッコよかった人なんよ。伊勢谷の当たり役か。

今週の「みなみけ おかえり」…独り暮らしの女は缶のお酒を開けられる[要出典]
久し振りの好作画がまさかのアツコメイン回とは…しかもアツコが無駄にエロい。
普段とは違ってよく喋り反逆するケイコの多彩な表情も貴重だったと思う。
作画のせいもあってか、きもちわるい保坂が普通にカッコよかったのが残念だな。
…残念がるところじゃないな。春香姉様のブルマ+ポニーは核兵器。

「ドルアーガの塔」…色々と衝撃的で涙腺に悪い回だったよ。主にアーメイがね。
まさか再会できると思わなかったっていうのは視聴者みんなの感想だと思う。
カリーも忘れちゃいかんな(笑)そしてヘナロの出生についてが一番驚かされた。
ウラーゴンは今回の一件で物事の見方が変化したのかもしれない。
恐らくマイトと同行するんだろうけど、最終的にどうなるのか楽しみなふたりである。

| | コメント (0)

2009年2月22日 (日)

少年探偵の好奇心。

Skt236

やっとglobeのChaliceが開放された!もう「skate2」やめてもいい!
ストリートコンテストの景品だったのね…スポンサー契約できないメーカーの服は
基本的にコンテストをクリアすることによって開放されるようです。

Skt237

現在、実績は全56個(DLC含む)のうち32個を解除。
オンライン関係の実績はあんまり解除する気がないので省いて考えるとして、
とりあえず870前後ぐらいを目標に進めていこうと思っています。
だってランクマッチつまらないんだもの…アクティビティは楽しいからいいけどさ。



「skate2」真絵、完成した線画1枚を生贄(ボツ)にして新しい線画を召還中。
なんかやりたいことと違ったのよ…完成した段階で気付く自分もどうかと思うけど。

久し振りに「ネギまほラジオ」が更新されてると思ったら最終回でやんの。
歯ブラシの件が面白過ぎる…でも普通独り暮らしなら一本だよ。独りならな…。
無駄に長い半生ライブのグダグダっぷりは必聴。

最近はアニメイトTVを中心にネットラジオを聞くようになってきたなぁ。
一時期はほとんど音泉で、それから多数のネットラジオサイトが生まれてきたけど
目玉番組が終わったり更新間隔が延びるとそれだけで離れちゃうんだよね…。
「Fate/Zero」も相変わらずの雰囲気で嬉しい。恒松出演回が楽しみだ。

今週の「仮面ライダーディケイド」…カイザの乱入は警告どころか時間稼ぎにすら
なっていない状態で、単なるゲスト出演を超える要素が何もないように思える。
キバ編は短い尺で「キバ」で語るべき内容をすべて凝縮できていたのは見事。
「キバ」本編が霞む勢いだった(笑)みゆきちは今後も話に絡んでくるの?

「屍姫 玄」…久し振りによく動く回で、戦闘シーンに絞って見ればかなり良かった。
というのも話がかなりムチャクチャというか…まあ死亡フラグがビンビンだったけど
あれが理由で死んで、直後に号泣シーンというのがどうにもギャグとしか思えず。
それより壊れたアパートと校舎、被害に遭った多数の生徒はどうなるのやら…。

「ガンダムOO」…我が家の時計が正確なら、放送時間は確か夕方だったと思う(笑)
まあこういう落としどころしかないと思う。セツナは宣言通りに任務を達成したわけで
「種死」におけるキラとステラの一件とは明らかに状況が違う。キラは悪。
それにしてもアリオスは…一番機動性の高い機体が被弾しちゃいかんと思うよ。
あと、対人武器でモニタを破壊されただけでダメになるオーライザーもどうなのかと。

 >ふ、フンだ!悔しくなんてないんだからね!
 >何その空中でパタパタとボードを回転させるの!?とか思ってないんだからね!
 >ちくしょー!でも俺は北の方の山下りたとこにある「ウェルカムロッジ」で
 >結構自信あるスコア取ったもんね!
 >動画は撮りわすれたけどな… もし良かったら塗り替えに挑戦してみて

パタパタはたぶんLate Shuvitかな…あれもう無意識に入力するクセがついてるわ。
180以上の横回転ができるエアだと常に右手が動いてる感じ。

「ウェルカムロッジ」嫌いなんだよ…初見での印象が悪過ぎた。
歩行者が異様に多いうえにNPCスケーターが頻繁に超高速で突っ込んでくるから
どうにも集中して取り組めなくて、解除してすぐ投げちゃったんだよね。
さすがにあの点は超えられないな…一応1950点ぐらいまでは出せたけど。

| | コメント (0)

2009年2月21日 (土)

法廷格闘エンターテインメント。

Skt235

「skate2」のデスレースをフルコンプ。正直、レースはそんなに面白くないです…。
後半になると同じダウンヒルのコースの使い回しばかりだし、敵は勝手に轢かれて
距離を離してくれるから完全にストレスとの戦いになります。

エトセトラ以外のHall of Meatの賞金とデスレースの賞金総額を合わせて所持金が
100万ドルを突破しましたが、使い道がありません(笑)服コンプするかな。
スポンサーも半分ぐらい契約達成したけど未だに解禁にならない服が多いなぁ…。
コンテスト系を埋めていけばそのうち解禁になると信じたい。

秀吉が「Alphabet」での得点について繰り返し言うので、ためしにどれくらい出せるか
昨晩再挑戦してみたところ最大で2353点出せました。まだ伸びるなー。
今回は一応リプレイを録画・編集してskate.リールにアップロードしておきましたが
あとから見て参考になる点は何もないような気がします…。



「skate2」真絵らしきものを描き始めたものの、真に似せるのが非常に難しい。
雪歩と同じぐらいよくある髪型なせいもある。エビフライや毛虫はほっといても似るし。

なんか急にUSBメモリが欲しくなってきた。DVD-R代わりのバックアップ用に。
最近は4GBでも千円切るぐらいになってるし、買っても損はなさそうに思える。
DVD-Rみたいにメーカーごとの信頼性とかあるのかな。

今週の「テイルズオブジアビス」…スタッフはミュウを動かし過ぎですの!萌え死ぬ!
ベンチでルークの横に座ってるときの悲壮感あふれるミュウの顔は神作画。
ナタリアの本当の父親がラルゴだとして、黒髪の両親から金髪の娘が生まれるって
遺伝的にかなり疑わしいんだが…さらに別の両親がいそうな気がしてきた。

メインストーリーの部分についてはどう転んでも自己犠牲エンドしか思いつかない。
どちらかひとりというよりは、むしろふたりとも犠牲になるみたいな。

「鉄のラインバレル」…いままでほとんどスポットの当たらなかった美海のメイン回。
せめてもう一話分ぐらい美海の心情を描く回があれば自然に展開できただろうに…
とにかく行動がメチャクチャなうえ、自爆までしようとする唐突ぶりは視聴者を完全に
置き去りにしていたと思う。加えて国連軍の認識の変化にも違和感があった。
たかがあの程度の行動だけでジュダへの印象が変わるとは思いにくい。

| | コメント (0)

2009年2月20日 (金)

目にには目にを。

Skt234

てっきりもっと終盤で開放されるかと思ってたモンスタークラブハウスをあっさり解禁。
必要となる購入資金20万ドルですが、レースで掛け金を高くする等の堅実な方法は
実はまったく必要なく、Hall of Meatだけで問題なく貯まります。

ポイントやボディダメージの最終項目はクリアすれば何度でも報酬が手に入るので
ダムの上から飛び降りるたびに保険金詐欺でガッポガッポヌップヌップです。

で…このクラブハウスに用意されているイベントをクリアすると更に10万ドル弱の
賞金が手に入るようになっているので、実質損失無しでスポット開放という仕組み。
でも実際ここってあんまり利用しないような気がします。無駄に広過ぎて…。
個人的にはelementのトレーニングセンターとかの方が遊びやすいですし。

「skate2」のDLCはFilmer Packまで配信されていますが、実績の最大値が1250に
引き伸ばされているのでいづれ追加マップも配信されると思います。
海外では先行して既に追加マップ第2弾の配信まで決定しているそうです。



本当にやる気とネタのない更新は今日から始まるのであった。

Imas_tag

半分冗談のつもりで書いたら意外とカッコよくなってしまったアイマスタグ。
グラフィッククリエイターはレイヤー100枚の上限がある為にみんな苦心してるけど
それでもミクだの千早だの描いてる人がいるのにはホントに感心してしまう。

「SP」は思った以上に色々調整されているんだねぇ。
既存のアイマスプレイヤーには差異を与え、新規プレイヤーにもわかりやすくという
製作側の姿勢がキチンと見えるというか。でも難易度上がってそうだなぁ…。
プレイヤーを退屈させない=難易度を上げるではないと思うんだけど。

しかし…やはり映像面では箱○に見劣るか。当然といえば当然だわな。
歌やセリフと口パクが合ってなかったり、振り付けがなんだか気持ち悪かったりと
気になる点は色々あるもののPSPなりの頑張りは見せてると思う。

最近やたら真っ白け関連でネタにしている堀江由衣楽曲。
真っ白けの「silky heart」と前作のカップリング曲「I my me」で共通しているのは
編曲を担当している川口圭太。中島愛の1stシングルにも参加しているとか。

I my me」はSUPERCARを彷彿とさせるような、リフレインと透明感が混在していて
個人的にはタイトルチューンである「バニラソルト」よりも気に入っている。
silky heart」に収録されている他の2曲がいかにも声優が歌う曲っぽいことからも
この「I my me」と「silky heart」がちょっと異質であることがわかる。

いわゆるオタク側からは反発が起きそうな要素を含んではいるが、広い目で見れば
音楽的に面白い取り組みのひとつなのではないかと思う。

 >logi裏バトルドーム

超エキサイティングな当ブログなどありえぬ!
世代の問題なのか、あまりあの玩具についての思い出がないんだよね…実際。

| | コメント (0)

2009年2月19日 (木)

神様大安売り。

Iori1g

まだあれこれと追求できそうな気はするものの、いつまで経っても終わらなくなると
それはそれで困るのでテキトーに切り上げることにした「Hexic HD」伊織絵。
今回はやりたいことを試す目的が強かったので元のゲームのイメージが希薄です。
本来ならもっと近未来チックな雰囲気にすべきなんだろうなぁ。

Paintshopのカスタムブラシ機能がバージョンの都合で非常にローテクなので、
こればっかりは最新版を羨ましいと思いました。でも買う気にはならないけどね。

さて…「skate2」熱が高まってるいまのうちに「skate2」絵に取り掛かろう。
ゲームの方はいつのまにか実績が半数以上埋まり、キャリアモードも残すところ
半分ぐらいになったかな。でもまだスポンサー一社しか取れてない。
globeのピンクチェックの靴はいつになったら開放されるんじゃグギギ…。

Skt233

恐らく総プレイ時間は40時間程度になるんじゃないかな。
プレイヤーの習熟度によってはそれより早くも遅くもなるとは思うけど。

問題なのはやはりオンライン人口だな…マジでプレイヤー少なくて笑えます。
日本の総人口>ゲームプレイヤー>箱○所有者>「skate2」人口>Live人口…
という具合に人数が狭まっていくことを考えれば当然の話ではありますが。
プレイ人口が少ないわりには作ったスポットや動画が閲覧されずに沈んでいくので
そこを楽しむ目的で「skate2」を楽しんでいる人は結構ツラいのではないかと。



世間はきっと「SP」に夢中だろうから今日はどんな更新しても許されるだろう。
むしろ更新しなくても誰も気付かないんじゃないかな。つって。

模型側の人間としては昨日から夏のワンフェス開催の件で持ちきり。
漏れ聞いた話によると7月末で場所は幕張。有明は例の件が未だ解消されず…。
幕張というと想像できるのはエロ禁止ってことぐらいかな。
とりあえず復活するだけよしとするけど、同じ空気で復活できるか心配だ。

最近よく名前だけ聞くビリー・ヘリントンなる人物のことが気になり、ニコ動にあった
某レスリング動画を真剣な面持ちで見てみた。これは確かに歪みがない。
しかしこのレスリング…マジでガチな人にはご褒美な動画なんだろうか。

今週の「とらドラ!」…一学年丸々宿泊できない規模で火事になるホテルというのが
消防法的にマズいと思うし、それが原因で修学旅行先まで変更になるっていうのは
ちょっと想像しにくいというか…放送時期に合わせて雪山に差し替えたのかしら。
何気に今週も大河の白いコートから始まったのは真っ白けに掛かってる?

現状は大河と櫛枝がお互いの思い込みを解消しないと先に進まない感じがする。
ただ、櫛枝が見た大河の気持ちもまた真実だろうし…解決するのは難しいよね。
これがきっと親友という間柄でなければもっと早く(残酷に)突破できただろうに。
そういう意味で、描写的にも蚊帳の外にいるのが川嶋だなぁ。
しかも川嶋は自分が蚊帳の外に置かれている現状に敏感に気付いているし。
木原は蚊帳の更に外でブンブン飛んでるだけ。能登はうぜーんだよ(笑)

「マリみて」録画忘れたー…「マリみて」だけVHS録画だからいつか忘れるだろうと
放送開始時から予想してたしな。一話くらい飛ばしてもなんとかなるだろう。

 >アフロサムライってあの
 >ネームがラップみたいに韻を踏んでるという向こうのコミックかな?
 >描いてる人は日本人だった気がするけど

描いてるのは日本人らしいです。ゲーム冒頭でもテロップが出ますし。
自分もwikipediaに載ってる情報程度にしか知識がない…つーかwikipediaの記事を
見てもらえばわかるけど、あの程度の情報しかみんな持ってないんだと思う(笑)

長年放送予定表に記載されてて「いつ放送するんだろう?」と思っていたら
いつのまにか放送終了してて、しかも続編の製作が予定されているとかなんとか。

| | コメント (0)

2009年2月18日 (水)

この記事はブログ爆弾。

Skt231

ちょいと座ってひと休み。
「skate2」は簡単なところと難し過ぎるところに差があり過ぎるんじゃよ…。
しかも、課題の成否基準がよくわからないこともしばしば。

Skt232

プロチャレンジに「BLAOW!!」という鬼門と呼ぶべき課題があるんです。
本来ならプール内で加速し、右のヒップから左のヒップへトランスファー(赤い矢印)
という超高難易度のテクニックが必要なんですけど…昨晩何気なく挑戦してみたら
不意に出した全然関係ないノーリー(紫の矢印)でクリアできてしまいました。
「skate2」の中の人の判定基準がよくわかりません…。

Afsm01

現在北米アカでダウンロード可能な「AFRO SAMURAI」がなかなか凄い。
このタイトルに聞き覚えのある人も多いと思うけど、元はGONZOが製作した作品で
国内でもごく限られた方法で公開されたかなりマイナーなアニメ。
正直言うとアニメ版の方は見たことない…でもこのゲーム版は異様に面白い。

Afsm02

まず驚かされるのがトゥーンレンダリングによる素晴らしい映像表現。
線の細いコミックのイメージがそのまま再現され、しかもリアルタイムで動く。
ゲームシステムは一見大雑把に見えるものの、システムを理解して活用できると
爽快なバッサリ感を味わえるチャンバラアクションに変貌。
敵の攻撃が単調、自分の体力が具体的に把握できない、誘導が不親切だったりと
あちこちに引っ掛かるポイントはあるもののなかなかの良作な気がする。

でも多分これ…国内販売ないだろうな。「NARUTO」と同じく。

その頃日本国内では「ドリームクラブ」の話題で持ちきりになっていると予想(笑)
いいのかアレ。大丈夫なのかアレで。どこを切ってもアイマ…。
この際ほかのキャラがどうこうというより双葉理保の参戦に注目すべきとしよう。
全世界で3人ぐらいいる双葉理保ファンが大いに喜ぶことだろうし。



朝刊一面の見出しが「自殺」ではなく「辞任」で本当によかったと思っております。

伊織絵が完成しそうな雰囲気だったけど明日の更新に回した方がいいだろう。
やっぱ「SP」の発売日に合わせた方がそれらしくていんじゃね?みたいな感じで。
まあ絵の内容は「SP」と全然関係ないんですが。

自分は箱○版が2週目で止まってる状態なので「SP」は買わない予定です。
PSPの死蔵状態が続く…そのうちたぶん「ディシディア」あたりは買うつもりだけど。
いまは「skate2」が楽しいので他に浮気してる余裕がないのです。

今週の「まりあ†ほりっく」…久し振りに鳥類ではない普通の後藤さんメイン回。
まあ…ひとりで思いを巡らせて勘違い自爆する、アニメではよくあるお話ですな。
それにしてもヨナクニさんが話し掛けていた相手は一体なんだったんだろう…?

「とある魔術の禁書目録」…アクセラさんは随分遠いコンビニに買い物行ってるな。
この作品の萌え担当である御坂の真打「ラストオーダー」登場回。
あんな短い会話だけでアクセラレータが動かされたことについての違和感がない
とは言えないけれど、個人的に期待してたエピソードなので黙って見ます。

 >>過去にレースゲーでデロリアンが収録された作品ってあったんだっけか。
 >デロリアン。グランツーリスモ4に登場してますね。
 >デロリアンで遊びたいが為、みかけるたびに買おうか迷います。買わないけれど。
 >それはそうと動画とかどうもです。CDは後日買いに行きたいと思います。

あれ?…「GT4」持ってたことあるのに覚えてない(笑)やり込まなかったからなぁ。
「4」はフォトモードを楽しむだけに買っても損はないと思いますよ。
ただ、箱○やPS3があるいまPS2のレースゲーを買うべきか微妙なとこですけどね。

あの動画が参考になったのであれば幸い。
自分はここのところ「ネコミミリズム」のヘビーローテが続いております。

| | コメント (0)

2009年2月17日 (火)

踊り子に触らないでください。

Iori1f

昨晩は「skate2」をお休みし、HDDレコのデータ整理をしつつ伊織絵を進行。
保存したままで再び見ることのないであろうアニメをごっそり削り取っていったら
60時間程度の空き容量を確保することができました。
「とらドラ!」がまだ全話残ってるけど、見直すだけの時間はあるんだろうか…。

伊織絵は一応全身塗り終わったんでこれから色々イジります。
今回はレイヤーの合成能力にあまり頼らず塗りのみで頑張ってみる予定。
ちなみに絵の無地部分にパレット代わりの円を描くのは絵チャで知った方法で、
こういう塗り重ね系の絵を描く際にはかなり重宝します。



問題を起こしたからではなく、辞めたいから問題を起こすんですね。わかります。

「バンパラ」にデロリアン追加DLCか…過去にレースゲーでデロリアンが収録された
作品ってあったんだっけか。これが初だとしたらかなりの快挙だと思うけど。
DLCといえば「skate2」のDLCは国内でもリリースされるのかしら。

「うますぎWAVE」にまさかの星野さん登場マジか!?写メ撮っていいですか!?
「スパロボK」で「ガン×ソード」のOP曲がどう再現されるのかちょっと楽しみだなぁ。
まあ…個人的には「STAR GAZER」が一番気になるんだけどね。

今週の「キャシャーンSins」…ただそこにあるだけ、という言葉の意味を考えてしまう。
地球上の人々は日々、無意識のうちに太陽の光の恩恵を受けて暮らしているけど
太陽は恩恵を与えてやっているつもりはさらさら無いというのは事実だよな。
けれど太陽は古来から神に等しく崇められている。この状態がルナのそれなのか。

Bパートのガタガタぶりは危険…よくこの人数で頑張ってると思うよ。
つなぎに違和感のあるシーンや同じカットの使い回しぐらい大目に見てください…。

「宇宙をかける少女」…銀河万丈声でコロニー落としは反則級のネタだよなぁ(笑)
高嶺の武器召還は完全に威吹鬼の音笛だし…パロディにもほどがあるってもんだ。
獅子堂一家とネルヴァルの対立構造が判明したのはいいとして、そのネルヴァルが
いかにして人類の脅威となったかがわからないとどうにも話がつかめない。

「HiME」シリーズから引き続き出演する声優がどこに来るかが楽しみである本作。
そのへんを考慮しつつ対立構造を見守るのも面白いと思う。

「ドルアーガの塔」…前期開始から長らく放置されてたニーバとカーヤのその後や
前期の伏線である新キャラの初登場が描かれるわりと重要な回のはずなのに、
なんだか描写がビミョーで勿体無い仕上がりになっていたのが残念でならない。
OPでの様子を見る限りマイトは味方側につくことになるんだろうか。

| | コメント (1)

2009年2月16日 (月)

短き十年、短き一割。

Skt230

昨晩も秀吉と「skate2」オンラインプレイ。あちこちのスポットを巡っておりました。
ゲームとはいえ各プレイヤーごとに得意なトリックがあったりするのがこのゲームの
面白いところで、秀吉はグラインドが得意とのこと。
自分はなんだろうなぁ…エアのバリエーションは豊富に用意してるつもりだけど。

Skt228

ゲーム中の課題で一番必要になるのはマニュアルとハーフパイプの技術かも。
普段あまり意識せずに使ってしまうマニュアルも、ラインの中に取り込んでやると
一連のコンボとして得点が加算されていくので水増しには重要なテクです。

マニュアルの状態で左スティックを左右に倒し続けるとそれだけでも得点が延々と
加算され続けるので、狭いスペースで一定以上の得点を出さないといけないときに
その場でグルグル回り続けるだけでもクリア可能です。…セコい?

Skt227

非常に地味なテクニックなんですが、ハーフパイプでより勢いをつける方法として
上の画像で紹介する操作方法があります。軽く屈伸するようなイメージで。
LTやRT以外にも左スティックを上に押す方法もありますが、上に押してるとたまに
ハーフパイプの外へ脱出してしまうことがあるのでトリガーの方が確実です。

Skt229



■グラフィッククリエイターにアップされた画像を利用する手順■

秀吉からリクエストがあったので、グラフィッククリエイターの利用手順を書きます。
一番重要なのは登録したEAアカウントでログインできるかどうかです。
自分の場合は「skate2」を始める前にEAアカウントを入手していたので、
ここに紹介する手順とは若干異なっていました。なのであくまで参考ということで。

1:EAスポーツの海外サイト(http://www.easports.com)にアクセスする

Sk2gc01
2:サイト右上にある「LOG IN」をクリックし、登録した情報を入力してログイン
3:サイト右上にあるメールアドレスをクリックし「Change your persona」をクリック
  (※ログインと同時に「Account Manager」が表示されてる場合は次へ)

Sk2gc02
4:「Account Manager」内に表示された箱○のゲーマータグをクリック
  (※ゲーマータグが表示されない場合は右下の「Add Persona」から登録)

Sk2gc03
5:ログインしたままの状態で「skate2」のギャラリーページ(一例)へ移動
6:欲しいデザインを表示し、左にある「Send To Game」をクリック

Sk2gc04
7:「Send to Game」の窓が開くので、保存したいスロットをクリック
8:「Send to Game」窓内左下にある「Send」をクリック

9:箱○を起動し「skate2」を開始
10:ゲーム内の着せ替え画面でCustom可能なTシャツや帽子、デッキを選択
11:Tシャツや帽子、デッキの色選択の下にある「Add a graphic」を選択
12:表示された画像一覧の一番下にあるモザイクと数字で表示された画像を選択
13:あとは滑るだけー



エネループさん…お願いですからチャレンジ中に残量なくなるのは勘弁して。
「skate2」のおかげでpixivについての興味がすっかり薄らいでしまいましたよ。
もともとそれほど乗り気な話題ではなかったし。一過性の興味だったなぁ…。

世の中には重度の風邪でも休めないバイト君が山ほどいるという事実を踏まえれば
体調不良でも頑張って会見をおこなっただけでも評価されるべきだと思う。
やたら理由を見つけては辞めろ辞めろと馬鹿のひとつ覚え。恐ろしい世の中です。

今週の「みなみけ おかえり」…マコちゃんがどの女の子キャラよりもヒロイン過ぎる。
マコトとしてもちゃんと千秋のお相手という機能を果たせる優秀なキャラだなぁ。
Bパートはセリフの巧みさもあって、完全に「みなみけ」を取り戻せた感があった。
もう「おかえり」に対して心配することはなさそうだね…あとは絵が維持されれば。

| | コメント (0)

2009年2月15日 (日)

子の子は子。

Iori1e

塗っては消しての繰り返しを続けている伊織絵。
色々と新しい方法を試してみて、良ければ残しダメなら削るという感じ。
正解を知らない数式を延々と解いてる感覚なので答えが出るかはわかりません。

意識的に撮影しようとしないと撮影するヒマもない「skate2」。また撮り忘れた…。
昨晩は秀吉と合流してオンラインプレイ。ようやくこの日がやってきたか。

オンラインプレイの概要をざっと話すと…用意されている15種類ほどのスポットから
自分が参加したいスポットまたは新規に部屋を立てたいスポットを選びます。
するとサーバー側で自動的にマッチングしてゲームが始まります。
現在のところ日本国内限定でマッチングされるので、リストの後半にある部屋とか
あまり人気のない部屋はかなり過疎っている状態です。

それぞれのスポットには集団で取り組む課題(アクティビティ)が用意されています。
どれも難易度が高いのですが、なかでもトリック同調というのが非常に厄介で
課題に参加しているプレイヤー全員が同時にトリックを完成させる必要があります。
つまり参加人数が多ければ多いほど同調が難しいということ。
トリック同調を確実に成功させるには少人数の隔離部屋を用意する必要がありそう。



まこPと話してた例の件はホントに無意味だったな…マジで無意味だった。
そもそも一般人と同一の次元で物事を考えられると思ってたことが間違いでした。
頭を使う以前に、使える頭を持ち合わせているのって貴重なんだと思う今日この頃。

risa magliの春夏新作はどれも微妙だなぁ…安い以外の魅力がまるでない。
しかも色味やデザインが似通ってて、それぞれ名前を分けてる意味がわからない。
値段とデザインを両立するのって難しいのかな。他のブランドはそれなりに高いしな。

今週の「仮面ライダーディケイド」…キバ世界はガルルたちも別キャスト扱いなのか。
しかし新キャストも豪華だな…そして沢城みゆき来たよ。あれは玩具出ないの!?
ファンガイアの生存が認められた世界で、元のファンガイアの在り方を取り戻そうと
クーデターを起こした連中を倒すことがキバ世界での目的になるんだろうか。

カイザは思ったよりも出演シーンが長かった。やっぱあのデザインはカッコいいよ。
「ディケイド」の戦闘シーンが圧倒的に面白いのは、通常の一年作品だと年間でも
ほとんど使われないフォームが戦闘に細かく織り込まれていることにあると思う。
そういう意味でキバとクウガの戦闘シーンは非常に良かった。

「屍姫 玄」…変装を無効化された重無は能力的に戦闘向きではないよなぁ。
wikipediaの記事を読む限り、ストーリーが大幅に変更されてる感じがするんだけど
アニメ版は独自の展開となるのかな。重無の中身は回収されなかったしな。
眞姫那の部屋のシーンを見てると「エヴァ」の綾波の部屋をちょっと思い出す。

「ガンダムOO」…Vや∀のような兵器としてではなく、イノヴェイター的な同調能力を
一般人レベルで実現できるのがダブルオーの光の翼ってことか。これは新しいな。
もっと大きなレベルで脳量子波を出せれば戦争のない世界を実現できるかも…?

アニューの裏切りはもうちょっとあとかと思ってたけど、捕虜を取ったと同時でないと
タイミング的にマズいのか…つーか、少しも疑ってなかった方が異常だわ(笑)
ネーナの裏切りやルイスの迷いなど、今週も色々と動きがあって面白かった。
6本腕サーベルカッコ良過ぎるわー。セラヴィー欲しくなってきたよ。

 >胸キュン。買ったのですか!?羨ましい。
 >近所のレコード屋には何故か置いてないので、
 >私はまだ手に入れてないんですが……ああ羨ましい。
 >しかも北海道には地上波で放映してる放送局が無いから
 >アニメ本編もみれないんですよね……。

鳴海君の耳に合う曲かどうか…曲はともかく作品はそんなにオススメできん(笑)
シャフト作品は見る人によって好みがクッキリ分かれますし。
あんまり合法的じゃないけど一応フルで聞ける動画を紹介しておきます。
これを聞いて好感触ならamazonなりを利用して頑張って入手してみるとか…。

ちなみに「ネコミミリズム」は短い動画しかないんですが…こちらをどうぞ。
ついでに以前話した「少女Q」のOP動画も貼っておきます。いま見ても神OPだ…。

 >2改が足りない!

あれはメタルマックス正史に存在しないソフトでしょう…どう考えても。
自分的には「サーガ」シリーズも正史とは認めたくないぐらいなんですから。

| | コメント (0)

2009年2月14日 (土)

幸運は二度続かない。

Skt223

「skate2」が面白過ぎて生きてるのがツラい。…面白過ぎるってことはないか。
なんか知らないけど色々やってるつもりはないのにあっという間に時間が過ぎるし
終わったあとの疲労感もハンパない。でも楽しいみたいな。

Skt224

遊んでる感覚がレーシングゲームに近いんだよね。
一定の決められたラインやトリックを理想に近い状態で再現できるまで何度でも
繰り返し挑戦する雰囲気が、最速タイムを出す為の繰り返しによく似てます。
これは絶対無理だろ…と思う条件も繰り返し滑るたびに答えが見えてくるし。
…見えてこない課題もたくさんありますけど。

Skt225

課題が苦しかったら息抜きするのも自由。こんな長いレールも普通にありますし。
アイデア次第でどこでもラインに変化するのが「skate2」の自由度だねぇ。

Skt226

南端まで行けばキレイな海もあります。残念ながら浜辺には出られませんが。

現在の進度がどれくらいか具体的に表現できないけど、数日で全部終わるほど
薄っぺらい内容ではないということだけは断言できます。つーかムズい。
実績コンプは早々に諦めました(笑)骨折り系は簡単に埋まりそう。



とりあえずインベルの作業は終了。でも…なんか物足りないスカスカ感があるわ。
割れるのが恐くて墨入れさえしてないのが原因かもしれないね。
青いパーツはやはり青より、薄い灰色等で塗るのがいいような気がします。
胸を春香カラーで塗ると特にそれを実感。青だと色のバランスが悪過ぎます。

伊織は頑張って塗ってますけど、未だ正解が見えなくて塗っては消しての連続。
新しい表現方法を模索する為の課題として犠牲になってもらおう。

ここ最近のIE6のフリーズしやすさは異常。何が原因なのかサッパリわからない。
以前はYahoo!のトップページに限定して起こっていたけど、最近はどこのサイトでも
突然読み込みがストップして固まるようになってしまった。
未だにWindows2000とIE6を使ってる時代錯誤な自分が悪いんだろうか…。

「まりほり」版「胸キュン。」のカップリング曲「ネコミミリズム」はヤバい。
「胸キュン。」の隙間無く音を詰め込んだような圧迫感のあるアレンジに対し、
「ネコミミリズム」のスッキリ感とアイドルっぽさは常軌を逸してると思う。
こんなに良い曲なのにカップリング、しかもキャラソンとして処理されるなんて…。

ここ最近リリースされたものでは、真っ白けで話題の「silky heart」はかなり良い。
前のシングルで見えたアレンジの方向性が引き継がれている印象あり。
あとは無難に中村優の「Question?」とクノシンジの「光と影」あたりだろうか。
クノシンジは売りである高音域は良いとして、低音域部分にもっと気を使ってくると
もっと恐ろしいボーカリストに変貌しそうに思える。

今週の「テイルズオブジアビス」…話のテンポが早過ぎて息つくヒマもない感じ。
アリエッタは凄いよなぁ…声が。最初は雪野さんが演じてるって気が付かなかった。
表現上の都合なのか、血が一滴も流れないままアリエッタ死亡となってしまったので
悲壮感や感慨がもう一歩足りないような空気に。血が必要ってわけじゃないけど。

「鉄のラインバレル」…AパートからBパートにかけての矢島との決闘が谷口風味で
個人的には非常に気持ちよかった。前期主題歌がこう効いてくるとはなぁ…。
浩一と矢島、理沙子の関係は本作冒頭から長らく放置されていた要素だったので
こうしてスッキリと締め括られたことを評価したい。でも矢島は死亡フラグだな…。

 >MM2は遊んだ記憶があるのになぜか手元にない・・・今度死に物狂いで探そう

Mm3box

自分は未だに初代無印と2、リターンズを箱説付きで大事に保存しております。
他のどのソフトを処分できてもこの3本だけは絶対に手放すことはないと思います。

 >あ、 うごーさんの ところに 変な 検索ワードで 飛ぶの 忘れてた
 >・・・まぁ、たまには そんな日があっても いいじゃない

特に書くことのない日に記事の水増しとして始めたのが検索フレーズイジりなので
わざわざ無理してやらなくてもいいんですよ…義務じゃないもの。
特にここ数日は読むのがダルくなるくらい文章量多いし。

| | コメント (1)

2009年2月13日 (金)

入口のない家。

Skt222

気が付いたらこれしか写真撮ってなかったよ…(笑)

「skate2」は期待にたがわぬ出来だわ…すげー!おもしれー!って感覚はないけど
やめるタイミングを見極めないと疲労が極まるまでやめられない魅力があります。
ただ、導入編が終わるとビックリするぐらいプレイヤーの意思に丸投げされちゃうので
能動的に楽しむようにしないと何をすればいいかわからず飽きてしまうかも。

でもまあ…何かしなきゃと思わなくても、ただ滑ってるだけで面白いのは事実。
マップは無闇に広いし、自由に行き来できる道は山ほどあります。
走ってる自動車にグラブしてマーティー気分でグルグル観光してるだけでもかなり
充実した気持ちになれるのではないでしょーか。街並みもキレイだしね。

街が広過ぎる!と思ったら全体マップからワープすればいいだけの話。
しばらくのうちはマップに表示されるスポットを埋め続けていれば、やることに困らず
普通に問題なく遊べると思います。結構な数あるからね…。

恐らく実績を全部埋めてやることがなくなってしまったとしても、なんとなく始めると
ついついコントローラーをイジってしまう…そんなゲームになると予想。
クルマに轢かれても死なないし、警備員に捕まっても罰金を科せられることもないから
物凄い油断しながらボーッと遊ぶこともできる、そんな自由なゲームです。

以下、製品版を遊んで気付いた点をざっと箇条書きにしてみます。

 ■日本語版は当然全編日本語字幕付き
 ├ただしかなり文字が小さいので、小さいテレビで遊ぶとガッカリな状態に。
 └イベントの説明文は更に小さい。絶望的に小さい。笑えるレベル。

 ■キャラエディットはデモ版とほぼ同じ仕様
 ├肌の色や髪型、服装の種類も変わってない様子。
 ├鼻パーツの調整画面の高さと長さは説明が入れ替わってるような…。
 ├緑色の瞳は彩度調整されて緑色っぽく見えるよう改善されている。
 ├性別や体形を含めすべての項目を好きなときに変更可能。
 │├あとから変更できないのは最初に入力する名前のみ。
 │└ちなみに性別を変更するだけで解除される安い実績あり(笑)
 └日本語版でもグラフィッククリエイターのデータは問題なく利用可能!

 ■本編冒頭もデモ版とほぼ同じ
 ├いきなり始まる実写デモに誰もがビックリするはず。内容は面白いけど。
 ├課題をクリアする順番を自由に選択できるようになっている。
 └学校へ向かったあとは完全に自由行動。好きなように攻略してOK。

 ■オンラインを楽しむ為にはEAアカウントなるものを登録する必要あり
 ├これを登録することでグラフィッククリエイターを利用できるようになる。
 ├他人のデザインもすべて無償利用可能だが、膨大な量あり。
 ├EAアカウントは国内外共通利用。英語サイトでもそのまま利用可能。
 ├マッチングは現在のところ日本国内限定だが、国外拡張を予定している。
 └オンライン実績は結構シビア。かなりのやり込みを必要とする。

今年の上半期は他に買う予定もないから、じっくり時間をかけて遊び倒します。
時間ができたらグラフィッククリエイターもイジりたい。



でもあんまり夢中になってると他のことが進まなくなるからバランスよくやろうね。
模型はとりあえずインベルを終わらせたら遊び半分に零神を組み上げる程度かな。
問題は絵だよ…やりたいことはたくさんあるけどテンションが追い着かないんだ。
でも、描くと言ったものについては描くよ。先日の伊織も含めて。

歴代メタルマックスのボスキャラで一番有名で印象的なのはテッドブロイラーだけど
個人的に一番苦戦したのは無印のマッドマッスルなんだよなぁ…。
それまでRPGの予備知識がなかった自分にとってはまさに詰みの状態だったので
マッドマッスル戦の部分だけは兄に頼んだ記憶があります。

昨晩コメで語った「クレアテックに直接乗り込んだ」ってのはマジの話ですよ。
宮岡寛本人と直接話してメタルマックスに対する愛を語り尽くしたのは良い思い出。
当時はまだ権利ゴロの問題とか知らなかったから続編が出るつもりでいたし、
いまになって考えると色々と複雑な心境だったんだろうなぁ…。

figmaの新作に「屍姫」から眞姫那が登場。需要があるのか本気で心配になる。
今回も「一騎当千」と同じく首から下だけ流用されるキャラになりそうだなぁ…。
しかも発売時期がビミョーに番組終了後っぽいのが余計にヤバい。
個人的には嬉しいけど、関羽みたいにボロボロの制服を付属してほしいと思った。

今週の「マリみて」4期…祐巳ママが若過ぎる。見た目もだが感性が若いというか。
しかしスタッフは大変だな…毎回マセラティ描かされて(笑)特定のクルマという
指定のあるキャラクターなので、クルマも似せないといけないのがツラいところだわ。
以前のシーズンではあまり魅力的に見えなかった瞳子がだんだん魅力的に見えて
きているのは、描写の変化や内面の描き方の違いが原因かもしれない。

 >>Aのゲーム
 >エブリパーティ!!(タイトル時の声で)

帰ってくださいお願いします。
しかし野良エブリゲーマーなんているんだねぇ…まさにネッ広。

 >ガンプラ 缶スプレー暖める

冬場のスプレー塗装の基本というか、スプレーサフなら基本中の基本という感じ。
以前はビニール袋に入れたスプレーを洗面器に沈める方法でやっていましたが
最近はスプレー缶を直接お湯に沈めるようになってしまいました。
ちなみにお湯の温度は普段のお風呂やシャワーぐらいの温度がベストです。
10分程度沈めて、人肌ぐらいの温かさになっていれば大丈夫です。

| | コメント (0)

2009年2月12日 (木)

名前はまだ無い。

Skt221

「skate2」買ってきた。手に入れるまでが結構大変だったけど…。
CEROはBか…これでA以外は揃ったな。意外とAのゲームって難しいな。

まさか八王子ヨド売り切れとはね…入荷数が少なくて午前中に完売したらしい。
自分が見た時点でPS3版は残ってたかな。ともかく絶対数が少ないみたいです。
確実に手に入れたいならkonozama覚悟でamazonに注文するのがオススメ。
ポイント還元率差し引きでも金銭的に損することはないだろうし。

実際にプレイした感想とかは明日以降に。
海外版を先に購入した連中はもう痛デッキや痛シャツを増産してるらしいぞ!

…余談だけど、秀吉んとこの左上にいるジェミニのシャツの柄が「skate」のマークに
見えるのは自分だけだろうか。そのつもりで描いたんじゃないとは思うけど。



Imber14

ピンク終了。このあとツヤ消し吹きます。
調色は写真の塗料を、62番をベースに79番と72番を4:1ぐらいの割合で。
イメージとしてはシャアザクカラーのピンクが一番近いんじゃないかな。

結論から言うとABSの塗装はやっぱりオススメできない。仕上がり的な意味でも。
できる限りスプレーかエアブラシに頼るべき素材だと判断しました。
以前にサフは要らないかもしれないって言ったけど、吹くべきだと今は思います。
筆で塗るならできるだけ新しい、天然毛の良い筆を選ぶべきかと。

最近ふたばからエロ系広告が減ったのが地味に嬉しい。
でもそれって広告主が減ったってことだし、運営的には大丈夫なのかな。

本日の記事が通算970記事目で、あと一ヶ月で1000記事に到達しようとしています。
我ながらよく頑張ったなぁと思う。せめてブログぐらいは続けたいもんねぇ。
1000記事祝いに何かやりますかやりませんか。やれません。
…と今から否定的に考えるのもアレだし、何かできたらやる程度に考えておこう。

しかし、気が付いたら3Dギャラリーを丸一年間も放置してた。無理もないか。
やはり模型関係が本職でなくなってしまったことで情報を手に入れる早さだとか
模型に対するモチベーションが著しく低下してるのを実感するし。
更に追い討ちをかけたのは冬のワンフェスが中止になったことだよねぇ…。

しばらくは2D関係とゲームについての記事が続くと思います。
なんだかここに来て急に、絵を楽しみたいと再び思えるようになったし。

今週の「とらドラ!」…やっちゃんの顔が真っ白けで直後OPとか絶対狙ってるだろ!?
つーか北村君はなぜ裸…裸キャラが定着するとロクなことがないぞ。同人的に。
Bパートは完全にズルいよ。先が予想できててもこれはグッと来るでしょ。
結果としてこうなってしまったけど、ここからどう揺れるかの期待の方が大きいわ。

クリスマスソングはリリースタイミングの問題があるなぁ…もう2月ですし。
モロに「ラストクリスマス」を意識したようなアレンジである。

| | コメント (0)

2009年2月11日 (水)

口は災いの元。

Imber13

残るは胸部とヒザ?パーツのピンク色部分を残すのみ。
ただ…写真の赤枠で囲った部分は塗るべきなのかどうか判断に苦しみます。
パケ絵とパケ作例、劇中の絵でビミョーに違うんだよね…塗った方が締まるかな。

ピンクの調色についても、若干灰色や白を混ぜて彩度を落とすのがいいと思います。
コアの球体部分は若干黄色っぽい灰色みたいなイメージだけど今回はオミット。
遠目に見てインベルっぽく見える程度で今回は妥協したい。熱意が続かなくて…。

「skate2」までの繋ぎとして「GTA4」のフリーモードを嗜むのがここ最近の傾向。
昨晩はそこに粘菌が乱入。久し振りにフレンドと遊んだことになるなぁ…。
さすがに「GTA4」のオン人口も減ってきてるけど、ヘリを使って裏世界に行ったりと
楽しみ方を知ってる人たちによってまだまだ遊び倒されているようです。

途中でまた知らない外人からフレ登録が来て、登録してあげたら参加してきたけど
ゲームが終了した途端に向こうからフレ削除されていたでござる。…何?



世間的には物凄く「今更!?」なのかもしれんけど、浅川悠の離婚にビックリした。
直後にwikipediaで調べてみたら、結婚してから2年経ってないんだねぇ…。
両者のファンがどんな心境でこの一報を聞いたのかちょっと興味があります。

もうひとつの驚きは、来月ようやく「ヘルシング」の新刊が出るってことだね。
溜め込んでる漫画を読むヒマがあるのか…明日は「skate2」の発売日だしなぁ。

不意になんとなく聞きたくなってYoutubeで「keep yourself alive」を聞いてみた。
さすがに時代の変化を感じたわ。なにせもう13年も前の曲だし。
その流れでオススメ動画にあったm.o.v.e.の楽曲も幾つかハシゴしてみたけど
なんだろう…いま見てもmotsuのパフォーマンスは未来を生きてるとしか思えんな。
特に「Rage your dream」のPVのカメレオンっぷりには今でも感動する。

今週の「まりあ†ほりっく」…そろそろ鞠也の身辺の事情が明らかになるとかで
かなこが鞠也にシンパシーを抱くみたいな展開が来るのではないかと思ってたが
フタを開けてみれば都合の良い展開でした。しかも平野綾か…うーむ。
小林ゆうならバレないかもしれんけど、平野綾で男子校は絶対バレるよなぁ。

「とある魔術の禁書目録」…何気なく当麻の右手をつかめる能力者ってどうなの?
という細かい話はよしとして、ホットドッグの包み紙の処理に性格が出てるよね。
いや待てよ…几帳面に折り畳むような子が右手の能力忘れるのか?
でも当麻だからこそ御坂の手を握れると考えた方がいいか。ラブラブじゃねーか!

今回の話を見て…いや今回に限らずだが、インデックスを真ヒロインだと思える人は
恐らく1割もいないだろうな。10万3千冊の価値がわかりにくい一因である。
ところでかみやんにブッチされた土御門と青髪はあのあとどうしたんだろうね?

 >自分はpixivを「ちょろっと絵に対してリアクションをもらえるもの」としか考えてない
 >コメントもらったりしても返信してないし、SNSとしては全然活用してねーや
 >でも、コメントだけじゃなく、ソッと得点をつけてくれたり
 >ブクマしてくれる人がいるだけで嬉しいもんだよ
 >ランキングとか高得点とかはそのうち全然次元の違う話だと思えるようになり、
 >気にならなくなるよ
 >と、あずささん絵見たさついでに長々とコメントしてみる

そもそもpixivがSNSとして機能してるのか?という疑問は確かにあります。
いわゆるROM専な人がたくさんいて、しかも去年の年末には年賀状関係のスレで
「図案なんてpixivでテキトーに検索して印刷すればいい」的なレスを見かけまして
ただのフリー素材サイトになってるんじゃないか?という懸念もありました。

おっしゃられるように、描く側と応援する側という健全な構造が維持されるならば
参加してみてもいいかなぁと思うんですけどね。
っていうか「ゴルロア」で盛り上がってた頃に参加しておけばよかったと思いました。
登録してあずささんの大きめの画像とか貼ってみようかな。

| | コメント (0)

2009年2月10日 (火)

輝石を信じて。

Imber12

やってしまったよ…なんか急にやる気が出てしまってやってしまったよ。
結局青い部分は当ブログではスク水ブルーでおなじみのGブルーで塗装しました。
まあ…パケ絵っぽい配色になったかな。違和感はそんなにないかもしれない。
あとは背骨とか細かいところをテキトーに塗ります。また後日。



烏合リョーマ17歳と4237日です。とうとう来たよ1万日記念日が…。

以前から気にはなっているけど登録する気になれないpixiv。
即売会的なテイストを手軽に手に入れられるというのは大きな魅力だと思う。
登録会員数60万人ということは、コミケ2回分の参加者が全員サークル卓を持って
毎日コミケをやってるのに等しい状態って考え方もできるわけで。

しかし交流サイトとは名ばかりに、比較と評価でピリピリしているPvPの場になってや
しないかと不安に思うこともしばしばある。これも昨今の即売会と同じことか…。
pixiv内でのランクを気にするあまり、MMOで言うところの廃人レベルの時間をかけて
他の追随を許さない勢いで描いてる人とかもいるんじゃないかと予想してみる。

また、mixiと同じように「pixivに行ったっきり音信不通になった」という人もいそうだし
なかには「そのpixivすら停滞している」なんて人もいるんじゃないのかな。
自分はmixiでまさにそんな感じなので、たぶんpixivでも同じことになりそうだな…。

ホームページ上にギャラリーを置くような感覚で保存庫として利用している人もいると
以前に聞いたことがあるけど、そういう利用スタイルならなんとかなりそうかな。
pixiv利用者に詳しい実態を聞いてみたい。

「デッドライジング2」は主役代わるのかねぇ…ゲーム性の変化よりもそこが不安。

箱○Insideにカプコンの小野Pが登場。箱○で「カオスレギオン」出してくれよ…。
「ストⅣ」はどうなんだろう。最近はゲーセンも行かないからまったくわからないけど
ゲーム的にはちゃんと「ストリートファイター」っぽくなってるんだろうか。

Liveに接続した状態で対戦待ち受けプレイができるっていうのは良い機能だよね。
オンラインで対戦するぶんにはイス蹴られたり灰皿投げられたりしないしさ(笑)
家庭用の格ゲーに飽きる最大の要因は「対戦相手がいない」ってことだろうし。

今週の「キャシャーンSins」…先週の意味不明な回は今週の内容に続くものだと
理解していないと両方とも理解できなくなると思う。言ってる自分もよくわからない。
総じて言えるのは、ここに来てリューズを急激にヒロイン扱いしてるということか。
そういうものがなくても通用する作品と思ってただけに多少違和感を覚える。

「宇宙をかける少女」…いままで不明瞭でバラバラだったものが今週でようやく
一本にまとまってきた感じはしたけど、それでもまだ目指す方向がよくわからない。
なんにせよ桃子が相変わらず桃子で安心した。これは真剣に嬉しかった。
しかし予告が全部持っていってしまったよ…レオパルドじゃなくて福山本人だこれ。

 >おっと、美希ならショートも選択肢に入れてくださいよ。

いやー…選択肢に入れてもいいけど描く機会があるとは言えないな。
覚醒美希って美希の記号である金髪がなくなるから結構ツラいんですよ…。
同じような理由でずっと避けてた雪歩も結局描いたからわかんないけど。

 >ABSに吹いたことないんですが、ペーパーかけてサフ吹いて
 >ドライブースに突っ込んでおけば何とかなりますかね?

それで問題ないと思います。サフの使用はお好みでどーぞ。
もしサフを吹いた場合は本塗装まで数日放置しておいた方がいいと思います。
サフに含まれる溶剤が抜けきらないうちに本塗装は危険と予想。

ドボンしたパーツをさっき確認したら亀裂はいってました。そりゃ割れるよねぇ。
どんな保険を用意しても割れるときは割れるんで気にせずやっちゃいましょう。

 >以前拍手コメで「北米アマゾンで3月~」って書いちゃったけど、
 >最初から5月だったよ…MayとMarchを間違う俺を罵ってくれ!

バカ!変態!石川啄木!つーかどっちでもいいから早く発売してくれ!
「ラッドの声優がスケジュール合わなくて延期です」とかだったらアルバトロス呼ぶ。

 >バンビさんを 獣化して 獣姦 する 同人誌 鋭意執筆中 の うごーさん

無理だー…ここ最近描いてて思う。
本気で同人誌作ろうと思ったら一年間はテンションを維持できないとダメだね。

| | コメント (0)

2009年2月 9日 (月)

苦い笑顔で釘を刺す。

Iori1d

何気なく描き始めた「Hexic HD」伊織絵。完成させるかは未定。
ただなんとなく無性に伊織を描きたくなったので題材はなんでもよかったのです。

最近「GTA4」のフリーモードで遊んでいると、実績が異様に少ない外人からの
フレンド登録がやたらと来るのが気になります。無論無視してますが。
直前に理不尽な殺し方をしておいてフレ登録してくる人の気が知れません…。

「バイオニックコマンドー」の発売日は5月以降に。カプコンからの公式発表らしい。
まだ延びるか…まあ正式な日付が出るまでは延びると思ってた方がいいね。



次にインベルの塗装についての続報を書けるのは木曜ぐらいかな…。
夏場だと早朝塗装とかもできるんだけど、干した洗濯物が素で凍結する冬場には
そんな強行をやろうなどと微塵にも思えないので。

「Newtype」のCMで聞く限り、平野綾はハルヒの演技を見失ってる感じがする。
それとも期間が開き過ぎて自分がハルヒの声を忘れてるんだろうか。
なんにせよ、あの第1期ほどの爆発的な人気を再燃するのは無理だと思うなぁ…。
初見だったからこその面白さと衝撃って絶対あると思うし。

そんな自分の楽しみは「ハガレン」です。CM見ただけでテカカが止まらない。
同人界にもまた「ハルヒ」「ハガレン」の熱が戻ってくるかな。

今週の「みなみけ おかえり」…なんか絵がだんだん動かなくなってきてて不安です。
各エピソードの「間」が良い感じになっているので、絵をもうちょっと頑張ってほしい。

「おかえり」になってからフジオカではない方の藤岡の登場回数が増えた気がする。
まあ…変な男の子を新規に出されて作品全体をぶち壊されるより全然いいけど(笑)
そのぶん高校生サイドの話が減ってる印象はある。春香の影が薄い…。
一応文句を言うわりにはちゃんと水着に着替えて夏奈に付き合う千秋は良い子。

「ドルアーガの塔」…なんか影を避けて走ってるなぁと思ったらやっぱり弱点だった。
何か他に対応策はないかと見ながら色々考えたけど、コストと即効性を考えるなら
やっぱり煙で影を作るのが一番かも。地中に潜るとかは…多分なしだ。
冒頭で喰われたドラゴンはあの砂漠でいままでどうやって生きてきたんだろうね…?

 >えーと、えーと。じゃあ残ったHexic HDで美希の絵だね!

こちらの更新作業を盗み見てるとしか思えないようなコメントです…(笑)
実は昨日の返信に「実績ありのゲームという括りならHexicもあるよね」と一度書き、
掲載分では消しておいたのに…ヴェーダかお前は!?

美希は使いやすいし登場機会も多いから焦って描く必要もないかなぁと。

| | コメント (0)

2009年2月 8日 (日)

同じ轍を踏む。

Imber10

強風とか最悪過ぎる…でもこれぐらい吹いてると逆に助かるという話もある。
中途半端な吹き方をしているとホコリの巻き込みがヒドいけど、今日ぐらいになると
巻き込む余裕もないから仕上がりにあまり影響しません。
塗装ブースがあればこんな苦労はないんだけどね…あれはあれで大変なんだ。

とりあえずベース塗装は完了。これから細かい塗り分けに移ります。
気温の低さとテンションの上がらなさもあってあまり先に進みませんなぁ…。
もはやヒケの処理とかする気もない。これは塗って遊ぶアクションフィギュアです。

ベース塗装は予定通りガンダムカラースプレー14番のGホワイト(2)を使用。
最近は模型専門店でも置いてないことがあるけど、わりと便利なスプレーなのです。
これがない場合はタミヤの航空機用スプレーに頼ることになりそう。
個人的にタミヤのスプレーはあまり良い思い出がないので使いたくありませんが。
 
青い部分はMr.カラー72番のミディアムブルーぐらいが妥当かな。
ジャケ絵だともっと鮮やかな色だけど、劇中だとかなり灰色っぽい感じになってたし
スケール感を出す為にもあんまり鮮やか過ぎても困るので。
塗っても塗らなくてもいいダクト部分についてもそのまま黄色で塗るのではなく
もうちょっと黄土色寄りな色を選択した方がよいと思います。

[19:30追記]
やっぱABSのキットに塗装なんてするもんじゃない…しかも冬場に。
塗料の乗りと伸びが悪過ぎてダメだわ。結果、4パーツほど溶剤にドボンしました。
ただそのおかげで、ドボンしても割れないことがわかりましたが。

正直もう塗装やめたい。模型製作引退したいぐらい凹んだ。
しかもヒョードルさんが恐ろしいことに大量に買い込みをしてるという事実を知って
更に申し訳ない気分になっております…吐きそう(溶剤臭気込みで)

成型色が白である為、ドボンしても完全に色が抜けきらないという状況なので
ひたすらペーパーがけしてからまたベース塗装しようと思います。
青い部分の塗装は別の方法を考えます。

[22:30追記]
Imber11

塗装に失敗したパーツはなんとかリカバリーできたよ…。
あまりに凹み過ぎておクスリのお世話になるギリギリの状態だったけれども
夕飯に食べたカツオとショウガの臭さを気にしつつペーパーがけを済ませました。
んでもって脚のツメ部分をマスキング地獄。

写真では丸いテープをカットしたものでカーブ部分を補っているけど、正直言って
あまりオススメできないテクニックなのでマネはしない方がいいです。
塗料の定着が弱いABSだと、テープの糊がベース塗装を剥がしてしまう恐れあり。

拍手絵の新調を始めた頃から「絶望放送」の過去分を聞き直しているんだけど
第72回の面白さはやっぱり際立っていると思った。
つーか…そろそろ貯蓄がなくなるね。



先日SOEから突然「スターウォーズギャラクシーズ」についての連絡があった。
内容はどうやら長期間接続してなかった際におこなわれるアカウントへの処理で、
手持ちの建造物なんかが一旦データパッドに回収されるというおしらせらしいけど
そもそもアカウント残ってないはずなんだよな…。
なにせ日本鯖消滅時に海外鯖への転送を申し込まなかったから。

いま現在でも海外鯖で続けている日本人はいるらしいけど、ヒドい過疎っぷりらしい。
もうMMOに戻る気はないよ。国産の新作ですら遊ぶ気が起きないもの。

今週の「仮面ライダーディケイド」…各ライダーで一年間かけて描いてきたテーマを
たった3話に凝縮して放送するような感覚というか…物凄く無理がある気がする。
苦しいながらも一応それらしいことはできてたかもしれないけど、ここで興味を持たせ
あとはホンモノの方をDVDや配信サービスでお楽しみくださいってことだろうな。
なので視聴者側もこの番組は「ディケイド」なんだと思って見なきゃいけないと思う。

玩具で先に確認してはいたけど、あのゴウラムはキツいよなぁ…。
地獄兄弟は消化不良だったものの、他の悪役ポジションライダーの登場の布石が
ぼんやりと見えただけでも収穫ってもんです。来週のカイザは本物来るか!?

「屍姫 玄」…かなり製作状況が厳しくなっているのか、絵がわりと大変なことに。
そのせいもあってか、眞姫那と旺里の絆が結ばれるシーン以外が非常に冗長で
時間稼ぎをしてるようにすら思えてしまった。お胸様再登場はどこへ繋がる…?

「ガンダムOO」…なんと4ヶ月後、メメントモリはたった30秒で陥落した(笑)
その頃アニューさんも陥落し、アレルヤも別の意味で陥落していたというオチか…。
それぞれが想う名前を呟くシーンでセツナが期待通り「ガンダム…」で吹いた。
ティエリアとドリルが自然と仲良くなってるのも妙に面白いところではある。

内通者についてはまあアレとして、イノヴェイター側が自壊の一途を辿るというのが
大方の予想通りといった感じなのかな。問題はルイスとサジだ…。

 >良かった・・・本当に良かった・・・
 >skate2絵は真なんだ・・・病気の子供はいなかったんだ・・・
 >いやー、あまりのストリート感にだまされてしまった。
 >伊織はドリトスゲーで絵を描いたらいいんじゃないかな!?

無理難題をおっしゃる…ドリトスゲーなんて実績埋めしてから全く起動してないし。
でも、スナック菓子をバリボリむさぼる小さな怪獣というイメージは伊織に合うかも。
とりあえず「skate2」真絵はほぼ内定。あとはゲームの手ごたえ次第になりそう。
ゲームを楽しんでいるときの高揚を維持したまま描けるのがベストなので。

| | コメント (0)

2009年2月 7日 (土)

私的独占を指摘してきた。

すまんが物凄い初歩的なことを忘れておった…パーティングラインの処理をな。
なので予定していたベース塗装中止(笑)本日は下ごしらえでフィニッシュです。

Imber08

こういうボールジョイントの多いキットのベース塗装を一気にする方法として、
ダンボールとストローを使うテクニックを紹介したいと思います。
テキトーなダンボールの切れ端にぶつ切りにしたストローをテープで固定してやり、
ボールジョイント部分にマスキングテープを巻いたパーツを挿し込みます。

Imber09

ストローに挿したパーツは指で突付いて動かないぐらいの固定具合がベストです。
塗装中にクルクル回ったり、うっかり落ちたりすると悲劇ですから…。

ボールジョイントのないパーツはダンボールに貼った両面テープにずらっと固定して
まとめて塗装してやると手間や乾燥スペースを省くことができます。
ただしスプレーや風の強さで塗料が回りきらない場合もあるので注意。



最近「めんどくさい…」が口グセになりつつある自分。
それも、特に面倒なことをやってるわけでもないときにポツリと独り言として言ってて
「なんでいまめんどくさいって言ったんだろ?」と自分で疑問に思う始末。

秩序のない「みなきけ」に更に秩序のないゲストがやってきたでござる!
でも利奈さんと競演しているときの画伯はわりと制動が利いてるんだよなぁ。
やはり「ネギま」の競演期間が長かったことが原因かな。

今週の「テイルズオブジアビス」…後半戦が怒涛の鬱展開だったらちょっと引くぞ。
あれでアニスの両親が実はクローンで、本物の両親は既に殺されていたとかだと
更に鬱度が増してよかったのに。いや…よくはないか。でもありうるでしょ?

「鉄のラインバレル」…なぜそこでドレスが脱げる(笑)定番といえば定番なんだが。
敵側と同じようにジュダ側も情報操作というかプロパガンダを取り入れるというのは
良いアイデアだと思う。それでなくてもオカッパコンビは役に立たないから…。
矢島の献身的恋愛スタイルは現実的に考えて通用するんだろうか。

 >Logi裏 バンビ 断面図

それに近い絵を以前に描いた記憶があるんだよなぁ…たしか原稿残ってるはず。

 >skate2絵は「趣味:スポーツ全般」の真が来ると思ったのに!

このコメントを見て「まだ何も言ってませんが…?」と思ってブログを振り返ってみて
昨日の絵がその原因か!と気付いた。あれは「skate2」と全然関係ないですじょ。

おっしゃる通り「skate2」絵は真が来るのが道理だと思ってました。
つーか不遇なんですよ。自分の絵における真と伊織って。
だからこのふたりを積極的に登場させたいと思いつつ…でも伊織は難しいなぁ。
まあいづれにせよ「skate2」絵を描くのは「skate2」発売以降だと思います。

いまはペンのセッティングを調整しつつ落書きする程度。昨日のもそれです。
粘菌宛てに新しいシロナさんの絵とかも描きたいし…やりたいことは色々あります。

| | コメント (0)

2009年2月 6日 (金)

漏れ聞く血に染めし笑顔。

Pentest17

あれこれと設定をイジってみたものの、やはりPaintshop Pro特有のクセなのか
引いた線が「●」を数珠繋ぎにしたようにしか見えない状態をなかなか解消できず。
やはり線画だけでも別のソフトに頼るべきなのかもしれないなぁ。

そういえばこの期に及んでまたPaintshopの知らない機能に気付いた(笑)
ツールバーのアイコンを削ったり追加したり、並べ替えたりできるんだねぇ…。
こういう発見がまだあるからソフトの買い替えに踏み切れないんだわ。



最近「MOTHER」の名曲「Snow man」が頭から離れない。
この曲も色んなアレンジ版があるけど、ファミコン音源の原曲が一番涙腺に来る。

実はもう「skate2」の写真集動画がアップされている事実。マジで速攻作った。
自分で作った動画に自分のブログからリンクすることに対して抵抗を感じるので
興味がある人はテキトーに検索かければいいと思います。
ただし凄い普通な写真集だからコメントのつけようもないだろうなぁ…。

天気がよければ明日インベルの塗装の第一段階を決行する予定。

今週の「マリみて」4期…どう見ても千葉の某テーマパークです。入口でわかるなぁ。
しかし男ふたり連れとか明らかに…なんで女ふたり連れは健康的に見えるのやら。
落ち葉からミルフイユを連想できる日本人は恐らく3割もいないと思う。
そもそも多くの日本人がミルフイユをミルフィーユと発音してるのが問題らしい。

 >このあずささんになら撃たれても良いと思った

モニタの種類や設定によっては左手がまったく見えないということに後で気付き、
それだとこの絵に込めた「GTA」らしさが伝わらないなぁ…と思ったり。

 >なんともけしからん絵だな!
 >いいぞ!もっとやれ!

実は下の毛まで描いてありますが、昨日の記事で書いた解像度誤解の問題で
ブログや拍手にアップしたサイズでは確認できなくなってしまいました。
けしからん絵はムズいよ…同人の第一線で活躍してる連中は凄いわ。

| | コメント (0)

2009年2月 5日 (木)

ミドガルズオルム。

Azusa1j

なんだろう…一応完成はしたものの不満の残る一枚になってしまった。
つーか縮小加工する段階になるまで解像度を一段高くして作画してることに
まったく気付かないままだった。まあ高いぶんには問題ないんだけどさ。
そろそろ線をイメージ通りに引けるソフトを導入すべきかも。
もしくはいまのソフトの設定を更にイジってできるようにするか。課題は多い。

今回も拍手に実装したものの方が本来のアレンジでございます。
次のイラストは順当にいけば「skate2」絵が来ると思われますが現状では未定。
その前に「skate2」のキャプ画をまとめた動画の作成を始めたいと思います。
んで、できれば拍手ボタンの新調。インベルの塗装はいつだ…?



メルクリン破産申請。模型に携わってた人間にとっては大きな出来事ですよ…。
自分もこの手でメルクリンを売ってた身としてあまりにもショッキングなニュースだし
なにより世の不況が模型業界におよぼす影響をまじまじと見せ付けられたような
気がしています。せめてどこかに吸収されてくれれば…プライザーとかさ。

「Dr.インクの星空キネマ」が物凄い件について。芸人にしとくのは勿体無い。
この技術がきちんと評価される国になってくれると嬉しいんだけど。

そういえば昔、絵本の美術館というものに行ったことがある…ような記憶があります。
いわゆる一般書店に置いてある子供向けの絵本とは明らかにレベルが違うというか
もはや絵本は子供に買い与える娯楽ではないという事実に気付きます。
西野君の技術はその水準にあると思う。絵本史に残るレベルの一冊です。

やはり自分も世間に流されず、自分なりの路線を目指していこう。
結局アニメ塗りの答えを見つけられなかった言い訳とも取れるが(笑)

今週の「とらドラ!」…新OPの絵のせいもあるんだけど、どうしてもイントロの部分が
「♪真っ白け~だ」としか聞こえなくなっている自分。わざとなのかこれは。
その空耳とは裏腹になんて真っ黒けな展開だこれ…意外過ぎてドン引きしたわ。
後期は櫛枝にとって厳しい展開だなぁ。恋愛ルートは正しく機能してるけど。

北村君と行動を共にする際に大河が紅潮しなくなったのは心境の変化なのかな。
このまま竜児総受け状態に発展するとあまり面白くないので…。

| | コメント (0)

2009年2月 4日 (水)

望んでも叶いはしまい。

Azusa1i

もうほぼ完成してますが、しばらく時間をおいてチェックするため保留です。
たかが拍手絵なのにレイヤー数がもう36枚…。
工程を簡素化するための塗りを試すはずだったのに結局これだ。

「F.E.A.R.2」体験版やった…マジこえーよ。なんぞこれ。
ある意味で前作とは別のゲームと思った方がいいくらい色々とパワーアップしてるし
前作が子供だましに思えるぐらいホラー表現が強化されてて素でビビります。
フラッシュライトに時間制限がなくなったのはいいけど、心霊現象が起こるとライトが
不規則に明滅したりするからほぼ意味なし(笑)

あいかわらず撃ってる感覚の乏しい銃器類だけど描写は更に細かくなっているし
敵兵が更に頭がよくなってるので戦ってて面白いです。
ただまあ…やっぱりこの表現だと日本国内での発売はないだろうねぇ。
便所の個室あけたら便器に敵兵の頭部が詰まってて「無理だー♪」と把握しました。



絶望したッ!新型新幹線E5系のデザインがガッカリ過ぎて絶望したァッ!!
なんというかお茶の水博士みたいな…斜め上を行く斬新なデザインであります。

今日は「BLEACH」の新刊が出る日だけど、実は前の巻をまだ読み終えてない。
なんというか一時的な漫画離れが来ているらしく、新刊も当分読めそうもない。
月末分までまとめてamazonで注文しておくとしようか。

今週の「まりあ†ほりっく」…バーチャルボーイといえば以前にドバイでブームになり
一時期話題になったけど、そのドバイもいま大変なことになってるらしいから…。
某農大的兵器はアバンで終わったか。あのヒワイなペットも海産物に含まれるの?

「友達になろう」と言って友達になれる関係って本当に友達なの?と思う。
そもそも友達の定義がアヤフヤだからなんとも言えないけど…自分的には無し。
かといって繋がりのある人に「友達ではない」と言えるほど無神経ではないなぁ。
だから他人に聞こえる場所ではなるべく「友達はいない」と言わないようにしたい。

「とある魔術の禁書目録」…新OPもなかなか。しかし新キャラも色々出てきてるけど
残りの話数でこれだけの要素を消化しきれるのか今から不安になってしまうな。
あらあら…急激に中二濃度が高まっていくAパートにかなりの衝撃を受けたものの
あくまでそれは衒学的効果を狙ったもので、本筋とはあまり関係なかったらしい。
土御門の復活まで含めて妙に消化不良というか微妙なエピソードだったなぁ。

 >服を脱がすところまでは分かったんだけど

なんぞこれ…背後でセミがジーコジーコ鳴くタイプのゲームですか?

| | コメント (0)

2009年2月 3日 (火)

ここなら文句も言われまい。

Azusa1h

「GTA4」あずさ絵でようやく世間で言うところのアニメ塗りを理解できてきたような。
ある瞬間にぽーんとヒントが見えたというか。でもやっぱり難しいけどね。
センスよく2値化、3値化する技術ってのは訓練でなんとかなるもんなのかしら。

そもそも短時間・量産化を目的にしたシステマチックな塗り方がアニメやエロゲの
塗り方なわけだけど、いまやそれが主流となりつつあるというのはつまり
マスプロダクツの中に美学を見出すウォーホル的現代美術の姿勢をもっていると
考えることができるのではないか。…と無駄にアカデミックに語ってみる。
知らんかった…リキテンシュタインは時代の最先端を歩んでいたんじゃ…。

あとはその効率化の中にいかに自分の解釈と色を入れていくかだよね。
物事がシンプルであればあるほど個性を主張するのは難しい。



「F.E.A.R.2」の体験版がシルバー解禁になったのでボチボチやります。

スカートの下にスウェットを履き、マフラーを巻いてガリガリ君を食う女子高生を見た。
しかも路上でね。寒いのか暑いのかキッチリしなさい!って感じだったよ。
コタツで食うアイスが美味い理論はわからなくもないけど、そもそも自分はあまり
氷菓というものを食べない人なので語る資格がないのかもしれない。

モデロックシリーズの新作に「ステルヴィア」のインフィニティて…えぇ~…。
正直そんなロボが存在したことすら忘れていたわ。需要あるのかかなり謎です。
どうせならしーぽんたちが乗ってたオーバビスマシンを出すべきじゃなかろうか。
以降「スカガ」の雷神、「デモンベイン」と続いていくそうです。
「スカガ」は全部出してくれそうな雰囲気。バッハとシューニアまでいけるかな。
「ゼノグラシア」については続報がないけど…できれば追加武装が欲しいんじゃよ。

ロボでもないけど「アウトロースター」とか出たら面白いんだけどなぁ。
バンダイ側が動かないことを見越して「宇宙かけ」のQTアームズを出しちゃうとか。

スーパー恒松ラジオ聞いたぜ…あのふたりが一緒だと大変そうだなぁ(笑)
初回の緊張が解けて素の状態が見えてくれば面白くなりそう。
そういえばガンダムの大きなイベントがあるみたいだけど、まさか大観衆の前で
例のスーパー恒松ソングを歌うことになるんだろうか。楽しみだわ…。

今週の「キャシャーンSins」…画面から飛び出すことに定評のある例のビデオかと。
あちこちで言われてることだけど、毎週欠かさず見て楽しめてはいると思う反面
なぜいまこの話を?という脈絡のないエピソードが多過ぎるように思える。
今まではそれも「Sins」の世界観を構築する一部だと思えたけど、今回のはたぶん
一話丸々削っても問題ないぐらいの内容だった。正直…意味がわからない。

「宇宙をかける少女」…ようやく主題である秋葉の目標が見えてきた段階なのに
更に新キャラのエピソードまで追加されて本当によくわからないアニメになってきた。
現状マトモに機能してるのはいつきの話だけだけど、これらが後々ひとつの物語に
集約されていくんだろうか。レオパルドがパーツを集める目的も不明だしなぁ。

高嶺が川澄声だったら危なかったでござる。しかも舞台が月面ってのがヤバい。
あとは忍者QTの分離シーンの掛け声な(笑)そういうところを楽しむアニメだな。

 >バカな 何故俺が 犯人だと うごーさんに 即バレ してるんだ 畜生 粘菌め!!

多分粘菌は何もバラしてない…っていうか指摘があるまで粘菌が関係してるのを
まったく知らなかったので、むしろ粘菌の方が怒っていいはず(笑)
検索フレーズを確認する楽しさが加速したのでありがたいこってす。

 >うごー×粘菌

こちらは鳥類で向こうはバードイーターですよ。完全に捕食対象です。
なので×の前後を入れ替えてもらった方が正しい意味になるかと。…ツッコめ?

 >>隠しBGM
 >ヒットラーの復活でもお馴染みのあの曲ですね、
 >俺もあれ聞いた時は「うおおおー!」って気分になったよ

あれって海外向けに入れたのかな。それとも完全未使用の隠しトラック?
サウンドテストモードもないゲームなんだから収録した真相がわかりませんな。

| | コメント (0)

2009年2月 2日 (月)

カッとなってつい。

特に進展がないのでメイン記事おやすみ。
「GTA4」のフリーモードに接続して、誰もボイチャしないままの状態だというのに
みんなでクルマやボートに分乗して警官隊と戦っては逃げるを繰り返すという
ありえないぐらいの連携っぷりを楽しんでいたらタイムアウトだったのであります。

ゲーム関係の話題といえば…凄いことを発見してしまった。
GB版「バイオニックコマンドー」には本編で使用されなかった隠しBGMががが…。



ヒョードルさん向けに追加でインベルについて少し触れておきます。
このモデロックシリーズで使われているABSという素材、実は塗装に難があります。
そもそも通常のPSを強化する目的で作られた素材なので対抗性が非常に強く、
そのままでは塗料の乗りが非常に悪いんですね。

さらにABSの問題点としてよく挙げられるのが、溶剤の影響で割れること。
特にモデロックシリーズはボールジョイントを使用している付近に力が加わる為に
塗装すると割れてしまう恐れがあります。
どの塗装方法でも同じことですが、溶剤を多用するエアブラシで吹き付けをしたり
エナメル系塗料で墨入れをおこなうと高確率でヒビ割れが起こると思います。
気温が低いいまの季節だと、乾燥が遅いサーフェイサーも不安要素になります。

対処法として考えられるのは、まず力が加わる部分には塗装をしないこと。
ボールジョイントの特にボール側の方はマスキングしておいた方がいいと思います。
そして乾燥の速いラッカー系塗料を使用すること。
筆塗りは細かい部分にとどめ、広い面積を塗るときはスプレーの方がよさそうです。

自分も近日中に塗装するつもりでいますので、後日また報告します。

つい最近、モニタの総使用時間を確認できる機能があることに気付きました。
現在21026時間…単純に24で割って876日、約2年半にあたる数字になります。
購入年と一致するか不明だけど製造年が2001年。…長持ちしてるのかな。

今週の「みなみけ おかえり」…潜水艦の理論でいくと、体内の保水量が多いほど
水の中に沈んでいくのではないかと…その前に水中毒でアウトだけどな。
やはりマコちゃん出てくるとエンジンの回り具合が違うな。それにケイコとリコも。
しかしリコの口調が微妙に変化してるような感じがする…こんなだったっけ?

スケスケを気にする小学生については時代の変化という考え方もできることだけど
3対1でプールに行ってガチ鬼ごっこを強要する中学生は夏奈ぐらいのもんだろう。

「ドルアーガの塔」…多少絵が追い着いていないものの、マジで面白いぞ第2期。
まさか1期の伏線がこんな感じで明らかになっていくとは誰も想像してなかったはず。
放送開始前の予想を良い意味で大幅に裏切ってくれている。続きが気になるわぁ。
ドルアーガが弱くなってることを語るメルトとの知識格差が妙にネトゲっぽい。

「レギオス」は先週分も録画保存してあるけど見る時間と意欲が足りない。
まだ切ったわけじゃない。切る寸前なのは間違いないけど(笑)
「RESCUE」の第2話も見たいんじゃ…ギギギ。

 >うごーさん 検索ワードの 犯人は 主に 粘菌 と 俺 らしいよ
 >でも 俺が誰かは 秘密

まこPは以前からやってたから、加えて粘菌と誰かってことか。
まあ名前を知ってる人なら別に問題ないよ。まったく知らない人だったら恐いもの。

 >え、えっち!

たまにはストレートなエロスでもいいかと思い、あんな感じにしてみました。
でもあずささんはわざとらしいパン見せで誘い受けして結婚に持ち込む魂胆だよ!

| | コメント (0)

2009年2月 1日 (日)

損害が生じる可能性があるブログ。

Azusa1g

「GTA4」拍手絵、なんとか頑張って下描きを進行中であります。
写真資料をもとに忠実なデッサンで描いたものをデッサンが崩れるように修正して
アニメキャラっぽい体形にしたりというワケのわからん工程となっております。
しかもそれが「GTA」らしい絵になるのか現時点でわからないという。
「やってみたいからやるんだ」という理由が一番強いんだろうねぇ…。

そもそも、なにをもって「GTA」らしいと言うのか基準がわからんのだよね。
あのゲームはあまりにも色んな要素を含んでいるから、これというキービジュアルが
具体的にないような気もする。クルマや銃が出てくるゲームは巨万とあるし。



見ず知らずの人が書いてるブログを読む機会ってほとんどないけど、たまに読むと
恐ろしい衝撃とともに「自分のブログもそうなってやしないか?」と不安になったり。
他人に読まれることを意識してないブログって恐いなぁ…。

あまり期待せずに見始めたんだけど「仮面ライダーG」わりと凄かったよ…。
ある意味本放送のライダーより気合い入ってる(笑)バイクに生爆発とかマジか。
スーツは部分的にリデコだったものの良い出来だったし、出演者も素晴らしかったし
なにより特筆すべきはディケイドを含む平成ライダーたち(+α)の客演ね。
並行するもうひとつの世界にいるライダーと考えれば辻褄も合いそうな気がする。

細かいことを言えば結構おかしな点もあったしキレイな顔をふっ飛ばしそうな兵士が
気にはなったものの、特番の枠で放送するにしては及第点以上だったと思う。

今週の「仮面ライダーディケイド」…地獄兄弟の登場が全部持っていってしまった。
初回の大半をディケイド本編の説明に割いてしまった為にクウガ編は余裕がなく、
必要なことを今週全部説明しようとしてクドい内容になってしまった印象がある。
並行世界に飛んでいるときは他のライダーの能力は使えないのかな。
それとも、ひとつの世界が終わるたびに能力が追加されるような感じなのか。

夏みかんは平成ライダーのヒロインとしてはかなりかわいい方だと思う。
基本丁寧語というのもあって妙にツボにはいるなぁ…。

「屍姫 玄」…イエローこと異月メイン回。正直ツラい…イエローの長ゼリフはツラい。
メインふたりが次第に馴染んでいるのに対して、1クール経ってもちっとも変わらない
この状況はなんとかならんのだろうか。お話は予想の範囲の普通っぷり。

「ガンダムOO」…タワーの破片を全軍で撃墜していく様子はアクシズを彷彿とさせる
今期屈指の名シーンではなかろうか。直前のデヴァイン撃墜とか完全に空気(笑)
サジの決意と出撃があまりにも活きてなかったので、メメントモリ破壊までの過程が
もうちょっと長めに描かれていればよかったと思う。ビームサーベルでけー!

 >自分も インベル 買ったのだけど クレオス 使えば 塗れますか? うごーさん

クレオスのラッカー系を選ぶのが妥当でしょう。触って動かすものですし。
…って、まだ塗装してないからなんとも言えませんが他に選択肢なさそうだし。
パーツを中性洗剤で洗って、600~1000番ぐらいで軽く荒らしてから塗装をすると
一応の保険にはなると思います。普段自分は絶対やらないけど(笑)
灰サフをお持ちなら、グレー部分はサフ吹いたまんまでもいいかもしれません。

劇中の絵と比べると白が白過ぎるので、ガンダムカラーのGホワイト1か2あたりを
全身に吹きたい心境ではあるけど…そこまですべきキットなのかも悩むねぇ。

 >検索フレーズが毎回面白すぎる…
 >「MSKK仕事しろ」で1日150件ググられたウチとは大違いだ

最初は誰か特定の人物が続けているおふざけだと思ってたんですよ。
しかしよく調べると複数の人物らしくって…それがなおさら面白いし恐ろしい。
でも150件は羨ましいな。完全に持ちネタの域に達してるわ。

今日の検索フレーズで個人的にヒットだったのは「母乳模型」かな。

| | コメント (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »