« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月31日 (金)

キティーへの手紙。

Indiegames1

Indie Games(旧Community Games)にこんなゲームがアップされていたよ…。
いまのところ北米限定のサービスだけど、近々日本国内でもサービス開始するというし
先んじてのことなのかな。北米ゲーマーはどう受け止めてるんだろう?

「無双5エンパ」の防具集めは順調ではないけど、残り4個になりました。
さすがに飽きが来ないわけもないのでここ数日あちこち中古ショップを巡っていますが
これといって収穫もなく…何か新鮮なゲームに手を出したい今日この頃。
でも「GoW2」はあまり興味ないし。



今日はかなり短めに記事をまとめることができた。ネタがないだけって感じもするけど。
それよりも「みなきけ」が終わってしまって傷心気味なのじゃよ…。
ただ、まさか最終回に軽い利奈さんイジメがあるとは思ってなくて若干嬉しかった。

今週の「PandoraHearts」…ギルとアリスちゃんが学園に溶け込み過ぎているんだが。
オズの理想像であるエドガーも理解できるし、それに対するエリオットの反論もわかる。
これは各々が目指す方向性の違いとしか言いようがないので永遠に和解できない。
ただ、従者の目の前で従者本来の在り方を否定するのはどうかと思うけどな(笑)

「東京マグニチュード8.0」…ようやく良心的なモブが登場した。片手で数えられる程度に。
心にも無いことを言う→はぐれる→追いかける→即合流みたいな流れが毎回続いていて
どんなに悲壮感溢れていても見ている側としちゃあダルいの一言に尽きる。
このタイミングで弟がころぶだろうなぁ…と思ってたら本当にころぶあたりはヒドい。

なんだかんだ言ってそれでも見てるのは、まさかこのままでは終わらんだろうという
淡い期待を抱いているからだけど…毎回これで最後まで行く可能性も否定できない。

| | コメント (0)

2009年7月30日 (木)

その面構えにビングと来た。

Mik01

ダウンロードしたまま完全放置してた「勇者からは逃げられない!」の体験版をようやく
触ってみましたが、まあ…新しいことに挑戦してるなぁという印象です。

Mik02

ご覧の通りモデリングの質は非常に良く、肉感溢れる肢体は撮影にも適しています。
これは「人工少女」シリーズとは違い、エディットできないからこそ可能なこと。
髪の毛や服装のパーツ、胸などが慣性に影響されて細かく揺れるようになりました。

Mik03

一番気に入ったのはこのお尻のライン。イリュージョン史上屈指の表現ではないかと。
他の部位についてはこれといって特筆すべきこともありませんが、頭部のモデリングが
過去のイリュ作品と比べて平面っぽさが減ったのが好印象。
あとは地味な話、眼がカメラを追うほかに瞼の閉じ具合で表情を微妙に変化させます。

で、肝心のマリオネットシステムなんですが…一長一短といった感じです。
確かに自由にポージングを楽しめるのはいいけど、イマイチ狙った感じに動かせません。
これは腕なら下腕、足ならスネの部分をドラッグして動かすというシステム上の問題。
ヒジやヒザにもポイントがあればもっと引っ張りやすいのになぁ…。

また、物理エンジンを搭載しているわけではないのでめり込みまくります。
股関節というか腰骨のあたりは開脚の度合いによって激しく歪んでしまうことも。
その場合、逆にめり込みを利用してポージングの不自然さを解消するのがオススメ。
あえてめり込みの要素を残した…という言い方もできそう。

Mik04

あとは…背景テクスチャの汚さは伝統を受け継いでいるという感じ(笑)
きょうび高解像度環境でプレイしてる人も多いんだから気を使ってほしいところですよ。

体験版には詳しい操作方法が表示されませんが、過去のイリュ作品とほぼ同じです。
F1キーでグラフィックのオプションへ移動できます。背景消しも当然可能。
撮影時のズームや角度調整はそれぞれ「れ・け・む」と「る・め・ろ」でおこなえます。

Mik05

余談ですが、こういう注意文が表示されるあたりに傷跡を感じます…。
良識あるオトナなら今更そんなこと言われなくてもわかりますとも。良識があればね。



買えってことですね!わかります!
以前ラジオ内では買えなくなってるというような発言があったと記憶してたんだけどな。

予選決勝で17点差って…やっぱ日大三高に1点差で負けた日野高は凄いと思うよ。
決勝に限らず日大三高はいづれも大差で勝ち進んできたんだもんなぁ。

XBLAで配信が始まった「マブカプ2」の体験版をやろうとしたら、オフライン対戦だけしか
できない仕様に激しくガッカリした。つまりコントローラー2個ないと体験不可。
まあ1人プレイしたけりゃ買えってことですよ。よほど自信があるのかないのか。

今週の「NEEDLESS」…Nice boat.は置いといて、情報屋や少女部隊が出てきたことで
怪しげだった雲行きが一層ヒドくなってしまった。調和というものがないな…。
ただ、子安が一層面白くなったことには一定の評価をしなければならないと思うんだ。

「かなめも」…最近堀江さんの芸風が変わってきたと思うんだ。ぺろーんぺろーん(笑)
っていうか、今週はミュージカル風味なのか。なぜミュージカルなのかはさておき。
実際カリフォルニアとかなら水着で新聞配達する風景もありな気がする。…いや無理か。

| | コメント (0)

2009年7月29日 (水)

機械の誤りは人の過ち。

Ars02

小石川さんとこの「アークライズ」が終わってしまい、もうレスリーさんの活躍を見られなく
なってしまったので代わりにカッコいいレスリーさんの近影を貼ってみる。
しかし「アークライズ」にも利奈さんが出てるとは…知りませんでした。
利奈さんといえば、来月10日配信の「アマガミラジオ」にゲスト出演するそうです

「無双5エンパ」はエディット防具収集のために6周目を開始しました。
特定の討伐戦闘をクリアするのがもっとも確実な方法ですが、条件がわからないものも
あるのでとりあえず数たくさんこなしていく予定。厳しいかもしれないなぁ…。

武器を長棍から弓に変更したんですけど、まったくの別ゲーになった感じです。
例えるならジークモードをクリアしたあとにアーシアモードをプレイしてるみたいな…って
この例えで理解できる人の方が少ないか。つまり、かなり新鮮です。
近接武器とは違って、敵との間合いを読む必要があるので単調さも解消されます。
でも無双攻撃の使いどころが…慣れればなんとかなるのかな。



本日予定通り、ココログにアバター機能が実装された。自分も作ってみるつもり。
ただ…あっちこっちのポータルでこんなのを作っては放置してるような気がする(笑)
ガンホーゲームズなんて最たるものだよなぁ。

拍手CGIのロボット回避策はやっぱり効果がない気がする。Yahoo! Slurpに貫通された。
他のロボットの気配が消えたことから、Slurpだけタチが悪いのかもしれないが。

今週の「CANAAN」…明夫さんの声で言われると全部スネークの言葉に聞こえてしまう。
カナンが最も忌み嫌う青いオーラを、シャムの一件のせいで自らが放ってしまうことにより
その特殊な能力をもってしてもアルファルドには勝てないということなのか。
マリアの方は正直よくわからない…絵に描いたような自暴自棄にしか見えないが。

「GA」…某感想スレで「能登のマネをしてる戸松」というレスを見てから、如月のセリフを
聞くたびにヘンな笑いが出てくるようになってしまった。確かにこれは…なぁ。
コラージュの授業なんてそういえばあったね。あれはどの学校でもやるものなのかな。
うちの学校も特殊校舎が離れてたから似たような経験をした覚えがある。

| | コメント (0)

2009年7月28日 (火)

雨上がりの夏空に。

Sm5ea0

しばらく掲載していなかった「無双5エンパ」ですが、全シナオリクリア達成しました。
報告があっさり風味なのは、画像が100枚超えてしまったからです。

Sm5ea1

やはりCPU同士の攻め合いをゆっくり見ているのはかなりの苦痛で、本当に酷いときは
1年間まったく動かないなんてこともありました。これは要調整ってとこですよね。
最後は小喬軍と甘寧軍がひとつずつ領土をもつ状態になり、甘寧軍が小喬軍に侵攻。
結果、甘寧軍とのタイマン状態になりあっさりと制圧。

Sm5ea2

実績は残すところあとふたつ。各武将ごとの勝利実績が2種類です。
それよりもエディット防具ですよ…未だに5個くらい獲得できてないものがあります。
なのですべての実績を解除したあとも防具獲得のために続ける予定。
ついでだから武器を変えて挑戦してみようかな。弓やハンマーとか。



同市内の住人として、よくぞ健闘したと言いたい。相手は日大三高だもの。

昨日「八咫鴉ワークス エロ同人」や「八咫鴉ワークス エロ漫画家 デビュー」といった
検索フレーズで訪れた人は何を考えてたんだろうね…(笑)
ついでに「ヒルシュ ロートヴィルト エロ」というのもあった。いや…ないよそれは。

「ゴルロア」のwikiは今でも盛況のようだけど、自分はあそこに戻るつもりはないし。
そういえばしいなさんのキャラはどうなったんだろう?

今週の「シャングリ・ラ」…香凛が話の中心に来たことで俄然面白くなった気がする。
しかしまさか本当に秋葉原全部を買ってしまうとは…スポンサーなのに美邦様に対して
へつらわなきゃいけなかったり、地下のプールで妖しげな生き物の世話を始めたり
終いには手に入れた街を焼き払うための爆撃機をくれと頼まれるし。

「戦場のヴァルキュリア」…久し振りにセリフあったなイーディ。ネットラジオ以外で。
広域煙幕弾を使用した際の戦車内からの視界ってのはどれくらいのもんなんだろう?
それと気になるのは、頭上のトーチカを攻撃できるくらいの仰角がとれるのかどうか。
ベタといえばベタな敗残兵による一撃。ロージーの心境変化に注目が集まる。

| | コメント (0)

2009年7月27日 (月)

首を縦に振る。

■ワンダーフェスティバル2009夏 小報告

例のエスカレーター事件を受け、冬のワンフェスが中止になり会場が変更になったことで
以前のリセット騒動後のような微妙な緊張感漂うなかでの開催という感じでした。
ただ、フタを開けてみれば「メッセなかなか快適じゃね?」という意見が多かった感じ。
距離が遠いこと以外はこれといった不満もなく、空調の効きも良くてなかなかの快適さ。

ワンフェスに参加し続けて10年以上経ちますが、今回初めて「当日パンフを買う」という
体験をしたことも新鮮でした。事前に購入する余裕がなかっただけなんですけど…。
そのせいでディーラーのチェックがまったくできなかったために、今回は会場をグルリと
一巡一瞥する程度しかできなかったことが悔やまれます。

撮影した写真を後で確認したら、大半が企業ブースのものでした(笑)
一般ディーラーに華が無かったというわけではなく、今回は企業ブースの発表会として
機能するほどに面白い新商品がたくさんあったことが原因だと思います。
それがワンフェスにとって良いことか悪いことかはまた別の話…。

Wf09s01

まず最初に驚いたのが、噂には聞いてたリボルテック版「戦国BASARA」の展示。
リボルテックのリーズナブルさやサイズ、アクションの面白さという観点からこの選択は
かなり評価できるものだと思います。女性ファンにも買いやすそうだし。
いまのところ筆頭と幸村だけですが、好評ならシリーズが続くかもしれません。

Wf09s02

次にコトブキヤのインジェクション版ホイホイさん。写真が白飛びしててスイマセン…。
浅井さんの可動フィギュアで話題になったホイホイさんですが、コトブキヤの新解釈で
服装も含めてすべてプラスチックで構成された新しいホイホイさんとなります。
値段も3,150円と、浅井版の高騰に嘆く人には非常にリーズナブルな設定。

Wf09s03

コトブキヤのブースでもうひとつ気になったのがこちら。ライトセーバー型の箸。
刃の部分が透明になっているので、ブラックライトで照らされた食卓で使用したら光って
見えるのではないかという妖しい期待が募る一品。素晴らしいネタ商品です。

Wf09s04

こちらはタカラトミーの「地上航行模型シリーズ 戦艦大和」という商品。
1/700スケールで砲塔など各部が可動するウォーターライン型のラジコンです。
値段は安くありませんが、この小さなスケールによくぞここまでギミックを仕込んだと
思わされるなかなか面白い商品だと思いました。

Wf09s05

タミヤのブースは近年定番となりつつあるミニ四駆のコースの設置と、それに併設して
歴代の車輌の展示と物販をおこなっていました。これだけ揃うと圧巻です。

Wf09s06

俺も超像可動シリーズで発売されることになったぞジョジョーッ!!
9月のザ・ワールドに続いて待望というか当然のごとく、DIOも発売されることが決定。
今回のワンフェスではその原型をいち早く見ることができました。似過ぎ…。

Wf09s07

DIOにはおなじみのナイフに加え、微妙に表情の異なる3種類の頭部が付属します。
残念ながらロードローラーは付属しません。
ちなみに来年以降の超像可動シリーズのラインナップも発表されていました。
キラークイーンと吉良吉影、ジョセフ&イギーなどいまからワクワクが止まらない感じ。

Wf09s08

さてさて…今回の薬味堂ですが、もはや貫禄の完売。
既製品のアレンジと再販が中心という薬味堂にしては珍しい商品構成となってましたが
そのおかげでなかなかの競争率だったようです。ただし今回で完全売り切り。
次回はまた別の、もしくはまったく別の作品になる…みたいな話をしていました。

薬味堂といえば…もしパンフレットをお持ちの方は19ページを開いてみてください。
とうとうここに写真が載る日が来ましたよ。これも継続による成果でしょうね。

一般ディーラーのブースは終始落ち着いた雰囲気という感じでした。
会場が広かったこともあって通路に余裕があり、企業ブースのイベントに留まる客が多く
成人向けフィギュアが柵の向こうに完全隔離されていたのが原因でしょうか。
コミケが成人向け作品の問題でメッセから撤退したことを考えると、隔離されてたものの
開催と販売に踏み切れたというだけでもかなり凄いことなのかもしれません。

ただ…落ち着きのもうひとつの原因として不景気も挙げられると思います。
いつも自分が廻るころには「これは!」と思ったものはだいたい売り切れてるものですが
今回は遅い時間でも結構残っていました。あとは古トイ系の価格設定とかですね。
量販店やネットショップに比べるとあきらかに高いところが多かったです。

いままでも様々な変化を遂げてきたワンフェスですが、幕張への移転でまた新たなる
変化を迎えたような気がしました。ちなみに次回冬も幕張だそうです。

正直なところ開催前日まで参加を渋っていましたが、結果として参加してよかったです。
今回もおみやげはありませんでしたが非常に充実していて楽しかったです。
このキモチを手に入れるためなら安くない入場料だと思いました。



気が付いたらすっかり寝てて、深夜に急に飛び起きて記事を書き始める自分がいた。
絶好の天気のおかげもあり、久し振りにキモチいい疲労を味わったような気がした。
自分が幕張に詰めていたころ両親はお台場でガンダムを拝んでいたらしい(笑)
あー…そっちも見たかったよ。見たくないわけがないじゃないの。

今週の「鋼の錬金術師」…マリア・ロス受難。でも少尉がカワイイので全然オッケー。
焼死体というのはもっとも一般的な偽装方法であり、検死医がグルである場合はほぼ
この偽装を暴くことができなくなってしまう…と思うんだ。少尉は死んでないはず。
こういうときに率先して汚れ役を引き受けられるマスタングはカッコいいと思う。

「懺・絶望先生」…あびるフラグでおなかいっぱいです。かわいく描いてくれてよかった。
カエレ先生のアニメ化はなぁ…小林ゆうの声がつくと途端にエロさがなくなってしまう。

日焼けに対する過保護ってのは確かにわかる。ヒジまであるような手袋するぐらいなら
ノンスリーブなんて着るなと…二の腕が日焼けするのはOKなのか?
あとは日傘を差したまま自転車乗ったりとか。それ、安全運転義務違反だし。

「うみねこのなく頃に」…提供バックであの部分の動画を繰り返すのはズルい(笑)
ようやく碑文の半分ぐらいがあきらかになり、事件との関連性を匂わせてくれたものの
推理する余地もないほど連続殺人が続いていく。呆然と見ている感覚がある。
魔方陣の効果がもっと直感的にわかるものであれば感情の起伏もあるというのに…。

 >頼むからリボルケインは光らせてくれと…
 >OPの劇場版での映像では光っていたのに…。

恐らく来週のどこかで決め技として使うために控えてたんじゃないかな。
でないと…今週見ただけの平成っ子は「昭和ライダーは棒っきれで戦ってたのか…」と
大いなる勘違いをしかねないよね。ひのきのぼうでラスボス倒す勇者みたいな。

でもリボルクラッシュ後の決めポーズと背後で生爆発もないとイヤだなぁ。

| | コメント (0)

2009年7月26日 (日)

褪めぬ記憶、醒めぬ記録。

ひょっとするとワンフェスの報告が載るかもしれません。
ただしその記事の編集が定時までに完了するかわからないので先にエントリーだけ。
久々の遠出なので精根尽き果てて更新がおこなわれないというオチもあるかも…。

[19:00追記]
無事帰宅しました。ワンフェスの報告は明日の更新に回そうと思います。
先に結論だけ言ってしまうと収穫はゼロ。写真の撮影枚数もかなり少ないです。
でも、参加してよかったと思えるものでした。



イリュの新作体験版の感想をうちではなく求めず秀吉に求めるとは…。
かく言う自分はダウンロードしただけで起動せず。更新のネタに困ったらやろうかと。
ただ、今回は例の事件の直後であることと某RPG似なことで既に話題になってるので
今更うちで話題にすることもないかと思っていたり。

「うみものらじお」の儀武ゆう子が面白過ぎて箱○のコントローラー落としそうになった。
なんつーか…お笑い芸人がパーソナリティを勤めるAMラジオみたいなノリだこれ。
もともと危険な面白さで定評のあるアスミスと、ビミョーな女子高生ネタを入れる寿嬢に
現地人パワーがミックスされて異様に面白い。

それと、すっかり忘れてた「ぶるらじ」の第8回も視聴。コンちゃんが崩れていく…。
ラスボス知っててガンダム好きだったらあの回答を描かない手はないよなぁ。

今週の「仮面ライダーディケイド」…光太郎の目ヂカラは昔と全然変わってないね。
通常のBlackを飛ばしていきなりRX→ロボという変身には面食らったけど、後半最後に
Blackの登場をドラマチックに描くためのことだったんだねぇ。ギリギリギリ…!
変身バンクがないせいかちょっと違和感があったものの年寄りには嬉しい回だった。

RXの活躍に目を奪われがちだけど、アポロガイストのデザインもかなり良いと思う。
それと稲田徹。ここで稲田徹を使うという点にも今回にかける本気を感じる。

| | コメント (0)

2009年7月25日 (土)

ユンカース・カム・バック。

Lpc19

AKハントでAKを4体も倒してしまった!恐らく過去最高の成績だと思われます。
まあほとんどが体力わずかの状態で逃げているところをVSショットガンでドスンでしたが
奇跡的な運の良さも含めての記念ということで。よくやった自分。

個人的にVSのなかでもバイクが好きで、バイクにパイルもしくはVSショットガンという
組み合わせが一番戦いやすい…というか戦ってて楽しいと思ってます。
ぶっちゃけAKを倒すよりもバイクに乗ることを主眼に置いているというのは内緒。

…つーわけで「ロスコロ」だけで時間いっぱいだったので「無双5エンパ」は進展なし。



明日がワンフェスだなんて信じられん…でもこの調子なら降られないかもしれない。
しかし幕張はマジで面倒だなぁ。東京駅での乗り換えが最悪。

今週の「ハヤテのごとく!!」…最終回かと思えるほどの王道カップリングハッピーエンド。
しかしあのワープ航法のためだけに浪川を呼ぶとは…無駄遣いにもほどがある。
宇宙人とUFOはナギの創作とお母さんのパワーによるものだったってことなのかな。
…下田でお花見のあとにホワイトデーのイベントが来るというのはちょっと違和感が。

「バスカッシュ!」…大きな人類が出てくるあたりはやはり河森テイストといったところか。
いままではスポーツというルールのなかで戦ってきたけど、あの殺し屋の登場によって
暴力行為が直接的になってしまう流れだけは避けてほしいなぁ…と思う。

「うみものがたり」…なんともタイムリーな日蝕ネタ。あれぐらい晴れればよかったろうに。
本家プリキュアとは逆に、身内から敵キャラが生まれるという流れなんだろうか。

 >引用ならblockquote使えばいいんじゃないかなーとか

ウェブ上の文章は本来あまり改行せず一行でズラッと書くのが閲覧する環境を選ばない
ベストな方法であり、blockquoteはそういう文章のためのものです。

ただ…個人の価値観の問題ですが、改行せずにダラダラとつながる文章は嫌いだし
意図した改行位置を狂わされるのはもっと嫌いなんですよ。
もっとも、IEで文字サイズを「大」以上にされてたら無意味なこだわりですけどね。

| | コメント (0)

2009年7月24日 (金)

裸心の奉仕。

Sm5e99

乱世モードは現在193年3月。北方の三国を囲む状態で保留してあります。
毎月「刹那の約定」カードを使って一切の侵攻を阻んでおけば、三国間の戦いのみを
純粋に傍観できるという仕組み。ただしこの間も敵武将のレベルは当然上がります。

敵武将はだいたい3ヶ月に1ぐらいのペースでレベルが上がっているようです。
とはいえバンビは既にカンストしてるし、配下の無双武将も敵武将より平均で5くらい
高いレベルを維持してるので難易度の面では問題なさそうです。

各無双武将の実績を解除してて思ったんですけど、使い勝手の良い武器とそうでない
武器が見つかるので意外と興味深いです。孔明マジ使いづらい。
先にひと通り使ってからエディット武将の武器を選んだ方がよかったかもしれないな…。

 >>個人的に女体化までは許せますが擬人化はダメです。
 >>元の機体のカッコよさや設計の優秀さをオミットするのだけは許せません。
 >よく言った!好きなだけ給油口をファックしていいぞ!!

いや…でも冗談抜きで、あんなスツーカとか見せられたらキレるレベルですよ。

 >まあ昨日のはアレとしてこういうのもあるよ
 >>物語の舞台は第二次大戦中のヨーロッパ。
 >>プレイヤーは、大戦下に創設された秘匿特殊部隊の一員としてヒトラー暗殺計画に関わるほか、
 >>1942年の北アフリカ戦線から1945年のベルリン市街戦に到る各地の戦場を戦い抜くことになります。
 >>その過程には、ドイツ軍が大戦中に秘密裏に製造していた原爆が完成していたら?などの「if」が
 >>盛り込まれており、史実とフィクションが交錯する、緊迫感溢れる物語を体感できます。

 >と、説明にあるんだけどキャラクターが人狼変化したりする素敵ゲームです
 >あと声優陣がやたら豪華らしい、ググった結果以下の人は出ているそうで

 >>神谷浩史、沢城みゆき、大塚明夫、井上和彦、玄田哲章、森田成一、真田アサミ、子安武人、秋元洋介
 >体験版もDL出来るみたいだよ

引用が長いよ!
以前にMSPが余ってたとき、色んなゲーマーアイコンの絵柄をチェックしたことがあって
それでなんとなく目に止まってサイトを調べたことがありました。
昨晩ニコ動でプレイ動画見て、体験版もプレイしてみたけど…正直これはないです。

グラフィックはPS2並みだしカメラは最悪だし、直感的にプレイできないわでイライラして
あまり気持ちよくなかったです。SIMPLEシリーズだったら買ってもいいレベル。
色んな意味で惜しいと思うけど買うほどの擁護派にはなれません。



いまどきfont属性なんて化石だ、という声があるので今回span属性を使ってみたけど
結果として表記が複雑で長くなってしまうのであんまり好きになれない。
文字のサイズを自由に設定できるという点だけは歓迎。

昨晩「モンスターハンター キリン装備の女の子がババコンガ、フルフル、オオナズチ、
ドスギアノス、グラビモスに犯される画像
」という検索フレーズがあった。
ネッ広過ぎて自閉症モードを解除するのがツラい。グラビモスって…どうやって?

ココログにもアバター機能が実装されるというアナウンスが。
どうやら@niftyのポータルで既にサービスがおこなわれている「ニコッとタウン」のものを
ブログパーツのような感じでインポートするらしい。うーん…どうなることやら。
まあYahoo!のアバターと比べたら格段にカワイイので歓迎しないわけでもない。
製作と運営を担当してるのはスクエニらしいし。

今週の「PandoraHearts」…学園ネタというのは一度はやっておかなきゃならんのよ。
しかし妹デカくなってるなぁ…いろんな意味で。しかも「年上の妹」というファンタジー。
新キャラのキャストも嬉しいけど、今回なにより驚いたのは白猫と黒猫のキャストだ。

「東京マグニチュード8.0」…主役3人に感情移入させる効果を狙ってのことだろうけど
周囲が不自然なくらい不親切だったりイラついてたりすることに物凄く違和感を感じる。
そのせいで真理さん以外に善人がいないかのような印象を受けてしまう。
震災直後は自分のことに必死でみんなあんな感じになると言われたらそれまでだけど
だからなおのこと真理さんのヒーロー的活躍が浮いて見えるんだよなぁ…。

ところでビッグサイトや有明コロシアムには緊急用の食料とか置いてないのかな。
あれだけ大きな埋立地に避難施設がないとは思えないんだけど。

| | コメント (0)

2009年7月23日 (木)

ヒー・ガット・ザ・サン。

Sm5e98

192年9月、ちょっとやる気が出たので南方を制圧。1箇所ドーナツってますが。
北方の趙雲(緑)と甘寧(赤)、小喬(水)がうまい具合に小競り合いをしてくれるので
それを見守りつつ余分な場所を削っている感じです。
じきにその三国の争いにも介入しなきゃいけなくなりますが、できれば三国を制覇する
強国が生まれてほしいですね…その方がゲーム的に面白いので。

エディットキャラ用の防具は残すところあと8パーツ。
総プレイ時間が45時間になろうとしてるのにコンプできてないことの方が問題かな…。
実績は乱世シナリオクリアとシナリオコンプ以外の、各武将での勝利で解除されるのが
20キャラ分残ってます。これは時間をかければ確実にコンプできるので問題ないです。

 >>箱○はSLG少ないからなぁ。出せばそこそこ売れるとは思うんだけど。
 >
いいだろう

その存在は知ってたけど…これはないでしょ。萌えとか素で要らないし。
しかも箱○版は大事な部分が修正されてるんだっけか。セールスポイントだろうに。

個人的に女体化までは許せますが擬人化はダメです。
元の機体のカッコよさや設計の優秀さをオミットするのだけは許せません。



頭が上手く働かないときは何をやってもダメだ。抵抗しない方がいい。
少なくとも、上手くいかない自分を見て更に落胆することだけは避けられるはずだ。

Firefoxになってから原因不明の不具合が2回発生した。
サイトAに飛ぼうとすると、まったく関連性のないサイトBに飛んでしまうというもの。
ブックマーク登録してあるアドレスをクリックしても、アドレス窓に直接入力して飛んでも
勝手にサイトBへ移動してしまい、リロードすら受け付けなくなってしまう。
何が原因でそうなるかわからないし、どういう理由でサイトBのアドレスが選ばれるかも
いまのところまったくわからないけどPCを再起動すると復旧できることが判明。

ver.3.5.1になって驚くほど起動が早くなって使いやすくなった。この点は素晴らしい。
導入して一週間もしないうちにすっかりFirefoxに馴染んでしまった。

今週の「NEEDLESS」…自分でバラしておいて「バレちゃあしょうがねえ…!」って(笑)
キタエリの声で内田と呼ぶのはなんか奇妙な感じがする。お前が内田じゃねーか!
いま戦ってる相手だけでなく過去に戦った相手の技も引き続きコピーできるというのは
それでなくても強キャラ補正のかかっている主人公を更に強化する設定だと思う。

「かなめも」…釘宮キャラが釘宮キャラ過ぎて生きるのがツラい。あまりにも釘宮過ぎる。
これはもう釘宮理恵をキャストに迎えるのを前提に作り出したようなキャラだな。
あんな営業スマイルの拡張なんて見たことないわ…まあ子供が来ることがないけど。
子供連れの勧誘といえば大抵は宗教関係だもんなぁ。

 >中部弁じゃなくて関西弁?マジか、なんという改悪
 >それともアニメオリジナルの関西弁キャラが出た?

後々調べてみたんだけど、美術部の部長だけが中部弁を話す設定なんだよね?
作者の故郷が福井で如月は作者をモデルにしたキャラだというから、受験前に行った
文具店の店主と孫が中部弁でもおかしくないのかな…とも思った。

アニメ内では中部であるという注釈はいまのところないので、アレを聞いた初見の人は
「なんでこの人たちだけビミョーな関西弁なんだろう?」と疑問に思うはず。
イントネーションだけで中部弁であると解釈できた人は少ないんじゃなかろうか。

| | コメント (0)

2009年7月22日 (水)

もっと光を。

Xbox360の次期アップデートは来月11日にリリース
個人的には早くアバターマーケットプレイスがどんな感じになるのか見てみたいです。

Sm5e97

192年2月、西側一帯を制圧。うーん…やっぱり他の勢力の動きが物足りない。
争覇モードの領地争いがもっとアクティヴだったらゲームとして面白くなってただろうに
難易度を上げてもこの部分だけは変わらないというのがビミョー。
難易度「修羅」なんて要らないから争覇モードをもっと突き詰めてほしかったです。

でもまあ…本格的なSLGをやりたいなら「三国志」をやれってことだよね。
箱○はSLG少ないからなぁ。出せばそこそこ売れるとは思うんだけど。

乱世シナリオとは別にセーブデータを作り、残りの実績埋めも開始しました。
とは言っても本当に作業です。乱世で始めてテキトーに討伐戦闘をクリアするだけ。
ただ、繰り返す回数が尋常ではないので飽きずにできるかどうか…。
ネットラジオの消化ついでぐらいのキモチでやるのがちょうどいいかもしれません。

 >>~音ゲーに出てきそうである。
 >言われてみればPop'nのMILKに似てるようなそうでもないような
 >うん、確認したら余り似てないね

でもまあ言わんとするところはわかるし伝わった気がする。色使いのポップさとかね。
うららの代わりに「スペースチャンネル5」に登場しても違和感がないぐらいなので
MMVは「アークライズ」のスピンオフとしてレスリーさんメインのゲームを作るべき。

あー…でも、その結果出てきたのが「FFX-2」みたいのだと困るかも。



フタを開けてみれば、日本列島の大半で「太陽の位置すらわからん」という大惨事に。
期待を込めて専用のメガネとか用意した子供たちはどんな顔で空を見上げてたのやら。

色々見直してみて再度METAタグを挿入し、拍手を無事正常稼動させることができた。
これでダメだったら本当に諦めようと思う。さほど深刻な問題でもないし。
むしろこの数ヶ月間まったく更新してない拍手絵の方が問題だ。
過去分の記事を見るといくつか描く描く詐欺してるし…まあ誰も待ってないだろうけど。

今週の「CANAAN」…ギャルゲーだこれ(笑)一応新キャラの紹介っぽさはあったものの
名前も出てこなければセリフもほとんどないので紹介として機能していなかった。
OPやEDの印象からすると、ここまでで登場した女性キャラ中心で進んでいくのかな。

作品の背景をあきらかにする引き換えに登場人物がリタイアしていってしまうのが
勿体無いというかなんというか…しかも貴重な男性キャラが消費されていく。

「GA」…知らんかった。菅原道真はエンピツを使ってたんじゃ…ってステキな話だな。
内容的にはホントに当り障りがなく、面白いともつまらないとも言えないビミョーな位置で
見終えたあとに感想を書くにしてもイマイチ思い出せる部分がないというか…。
文具店の人たちまで違和感のある関西弁を使う必要はなかったんじゃないかと思う。

| | コメント (0)

2009年7月21日 (火)

理解なき分解と再構築。

Ars01

あんなこと言ったけど実はエスティさんよりレスリーさんの方が好きなんだ…。
あきらかに作風に合ってなさげなデザインとカラーリング。音ゲーに出てきそうである。
エスティさんも勢い余ってロロナと冒険に出れば評価も変わるだろうに。

Sm5e96

「無双5エンパ」の乱世モードは191年10月。なんか領地がミョーに細長くなってます。
本当はあんまり侵攻したくないんだけど、侵攻しないと他とのレベル格差が広がるので
領地が1箇所の勢力をジワジワと攻めていったらこんなことに。
そういえば董卓がいきなり仕官してきたんですけど…強いけど使わないよなぁ。

あとは「Aegis Wing」の「一度も発砲せずにステージクリア」の実績を解除。
これを野良で解除するとき困るんだよね…自分だけあきらかに挙動不審になるから。
ちなみに「Aegis Wing」は北米アカがあれば無料で落とせる横スクロールSTGです。

しかし…海外プレイヤーは弾幕を避けるのがあまり上手くないのかな。
自分の腕でもそこそこ上手いと思えるレベルだから不思議。



大統領の名前なんて覚えてなくていい、と歌っていたのは前世紀の終わり頃だった。
いまは自分の夢すらアヤフヤなのに大統領の名前だけはみんな覚えている。

オバマは子供たちをXboxから遠ざけろと言ってるみたいだけど、我々はオトナなので
一歩も離れる気はないと宣言しておきたい。常世の夢を奪わないでください。

簡単な話、地上の夢に絶望したなら空を見上げればいいのです。
幸い明日であれば一日中空を見上げていたとしても誰も気に止めないでしょう。

今週の「シャングリ・ラ」…砲撃する植物に進化って「メタルマックス」みたいな世界だな。
美邦様の決断と行動、ミーコの忠心、そしてまさかの小夜子の逆襲と見所が多かった。
しかしあそこまで肉体改造…本物の女の子になれたから本望とも言えるのか(笑)
来週は小夜子と香凛という異色の出会いがあるようだし、後半戦なかなか楽しめそう。

「戦場のヴァルキュリア」…なんというウホッ!な展開。…ってのは当然嘘だけど。
多少ベタではあるものの、やりとりのもどかしさが上手く表現されててよかったと思う。
しかし原作には登場しないラマールにイサラをもっていかれて、原作のイサラファンは
あまり快く思っていないのではないか。

 >やってくるクローラを全部蹴りたいなら、robots.txtでなくとも
 >headに<meta name="robots" content="noindex,nofollow">を追記するとか。
 >robots.txtであればUser-agent: *にするとかでしょうか。

METAタグはCGI内に適切に追記したのにCGIが作動しなくなったのでやめました。
robots.txtのワイルドカード指定は一番最初に当たり前のように試したことだったので
それが効いていれば今頃こんなに困ってないんですよ…。

まあ…ほっといても無言の拍手が増えるだけだから問題ない感じもするんですけど。

| | コメント (0)

2009年7月20日 (月)

出馬ならぬ出走。

Skt2g4

昨晩は妙にやる気が起こらなかったので、色んなゲームをつまみ食いするように遊んで
どれかひとつでも反応があるものを続けようと思ったけど…なんかダメでした。
結局一番長続きしたのが「skate2」だったかな。

「skate2」も実績コンプしたことで気持ちが落ち着いたし、「無双5エンパ」はその内容に
見合わないぐらい盛り上がった反動で萎んできたので(笑)そろそろ終わらせたい。
そろそろまた何か新しいソフトに飛びつく頃合だと思ってます。

次はなんだろうなぁ…「ソウルキャリバー4」のプラコレ版あたりが順当なところだけど
同じ「SC」なら来月末に出るPSP版をやりたいような気もするんだよね。
キャラクターエディットが「SC4」以上に細かくなってるという話だし。



【お問い合わせ内容】
 検索ロボットの無効化について

【回答】
 一般的には、「robots.txt ファイル」は、そのサイトのトップに置いてい
 ただく必要があるかと存じますが、設定方法等に関して弊社ではサポート
 できかねますので、お手数ではございますが、関連書籍やインターネット
 検索等をご活用の上、ご自身でお調べくださいますようお願いいたします。

ためしに問い合わせてみたらこのザマよ…。
グダグダやってるうちにまた別の新しい検索ロボットがやってくるし…いやがらせなのか。
しかし世の中には検索ロボットがいっぱいあるんだなぁ。

今週の「懺・絶望先生」…正式OP来たわぁ。でも今回はちょっとインパクトが弱いかな。
まああのOADのOPを見たあとだとどんなOPが来ても弱く感じるけどさ…(笑)
本編については今回も原作通り。アニメならではの楽しみは絵描き歌だけかもしれない。
中村悠一はともかく、まさか麦人さんにまで描かせるとは思わなかったよ。

「うみねこのなく頃に」…咄嗟のこととはいえ、秀吉さんの発言は粋な計らいだった。
他は…順調に連続殺人が展開しているだけで、視聴者側には推理に必要な素材が
あまりにも不足しているので傍観するしかないという感じ。

「そして誰もいなくなった」をベースに「ひぐらし」的な考え方をすると、1周目では犯人が
わからないまま登場人物が全員死んで、2周目以降から謎解きが始まるんだろうか。
だとするとまた長い付き合いになりそうだな…。

| | コメント (2)

2009年7月19日 (日)

東の芝生は青い。

Sm5e95

色々な実験などを取り入れつつ、乱世シナリオを進めております。

開始時の分布図と比べると色数が減り、有力な軍勢がハッキリしてきた感じがします。
面積の大きなところを治めているのはだいたい無双武将かエディット武将です。
甘寧(赤)と太史慈(薄橙)、小喬(水)が派手に領地の奪い合いをしています。
南方の紫とピンクはそれぞれエディット武将とモブ武将です。モブ頑張ってるなぁ…。

バンビは紫に仕官し、しばらく働いたあとに在野に戻って西涼(青)で旗揚げを決行。
その際に張角(薄黄)の領土を奪ったことで若干の小競り合いが起きています。
そうこうしているうちに劉備が紫と橙の間、大陸のほぼ中央で突然の旗揚げ。
NPC武将の旗揚げイベントって初めて見ました。まだ見てないイベント結構ありそう…。

今後の方針としては、周囲の勢力とレベル格差が起きない程度に侵攻を進めつつ
できるだけ静観して全体の動向を見守る予定です。
できれば300年まで試してみたいけど、そこまで自分が飽きないかどうかが問題。
途中、別のセーブで実績埋めしつつ進むことになるかもしれません。

「無双5エンパ」の画像もそろそろ100枚超えそうなので今後は控えめにいきます。



ニコ動にファミコンやスーファミの思い出の名曲を集めた動画というのが結構あるけど
箱○購入後、思い出に残るようなゲームの名曲ってあったかな?と考えた。
しかし…音質が良くなったことに反比例するように記憶に残る曲が少なくなっている。

昔の内蔵音源の方が主旋律がハッキリしてて覚えやすかったことや、ここぞという時に
最高のタイミングで流れ出すというゲーム内容との相乗効果が強かったこともあって
涙腺のバルブに直結しているように思える。

箱○でこれという楽曲といえば「ロスプラ」のメインテーマか「魔法をかけて」かな…(笑)
「オブリ」や「アサクリ」はロクにBGMが流れないから音楽の記憶がほとんどない。
「GTA4」と「skate2」は既存のアーティスト曲をそのまま使ってるから該当しないし。
なんか…冷静に振り返るとものすごく物足りない感が強まってきた。

今週の「仮面ライダーディケイド」…どこへ行っても居場所がない、必要とされない上に
拒絶さえされる主人公というのが現代の若者の境遇を反映しているように見える。
少なくとも帰れる場所があり、その場所を支えてくれる人がいることは幸せだと思う。
この世界には帰る場所さえ失くしてしまったライダーが山ほどいるんだから。

まさか次回予告で泣くことになるとは思わなかった…南光太郎が帰ってくるよ!!
来週は確実に永久保存版です。本当にありがとうございました。

仕方ないので溜まっていた「化物語」2・3話を一気に流し見することにした。
OP曲凄いな…凄いメンバーだな。しかしそのOP曲が流れない方が多いとは不遇な!

アニメを読んでいるような感覚は相変わらずで、絵は挿絵のようなものだと思う。
なんというか…「美味しんぼ」や「コナン」のような文章量の多い漫画を読んでるような
いわゆる『重み』のあるアニメであり、「ef」とは別の意味で非常に疲れる。
文章として読むぶんには面白い言葉遊びも、アニメになるとツラいものになるね。

「鋼の錬金術師」…ロス少尉との会話の部分は非常に巧み。会話が成立してるし。
短いセンテンスで伝わるセリフ、重く厳しい笑顔、そして悲壮感漂う音楽。
正直もう隙がなさ過ぎて感想が短くなる一方だ。

 >タイトル「スワヒリ語」だっけ?カッコ良い!

これがですね…実は英語のフォントなんですよ。アラビア文字に見える英語フォント。
似たような感じでキリル文字に見える英語フォントとか、英文をタイプすると意味不明の
カタカナの羅列になるエセ日本語フォントなんかもありました。

| | コメント (0)

2009年7月18日 (土)

これから先は神の領域。

Sm5e92

ほい捕縛。…ってテキトー過ぎですかそうですか。
今回の曹操はあっさりというわけにはいかず、二晩に分けて捕縛に挑戦しました。
捕縛にはこれといった条件がないのでこちらから準備できるものは忍耐力のみです。
繰り返し試せばそのうち捕縛できるわーん程度に気楽にやった方がいいですよ。

Sm5e93

天下統一の際には三国鼎立シナリオの四大君主が次々と出てくる豪華っぷり。
逆に普通の武将がほとんど出てこないという異例の状態でした。

今回挑戦した完全捕縛プレイは「無双5エンパ」に用意されているシナリオのなかでは
最短でクリアできる方法だと思います。一度は挑戦してみることをオススメします。
さてさて次回は最後となる乱世シナリオですが、一応事前に説明しておきます。

Sm5e94

乱世シナリオは史実をまったく無視し、すべての武将がランダムに配置された状態で
始まる言わばフリーモード。このシナリオのみエディット武将も君主スタートできます。
開始するたびにランダムで配置されるため、無双武将がまったく登場しない場合もあり
それが原因で難易度が下がる可能性もあります。

まずは在野で開始して、それぞれの攻め方を見守ってみるつもりです。
どのタイミングで仕官するか、はたまた旗揚げするかは流れ次第ということで。

 >>…見てないから似てるかどうかわかんないんだよなぁ。
 >超似てる、というかほぼ再現
 >でも原作ではあたり前だけど前線でバリバリ戦ったりしないので
 >魏なら楽進とか張遼とか、蜀なら関羽とか張飛とかの方がいい気がする
 >まぁそれらもきっと出るんでしょうけどね!!
 >きたないさすがDLC商法きたない

まあ無料DLCですから…でも「蒼天航路」が理由でこのゲーム買う人はいるのかな。
張遼は無双武将でいるけど楽進はモブ武将だったかな。そういう意味では無双武将と
カブらない武将をDLCで補完していってもらえると嬉しいなぁ。
っていうか続く前提で話してるけど、本当に続くのかな。
個人的には「一騎当千」の呂蒙と関羽のパーツが欲しい…無理だとは思うけど。

 >マリみてのどの薔薇が三国志かって前に言ってたけど
 >紅は祐巳の人徳=劉備で蜀
 >白は完璧+女好きで魏
 >黄は不運・不遇なイメージで呉
 >っていうのもアリじゃないかな

祐巳の人徳か…そんな設定もあった(笑)祥子とドリルが誰になるのか気になるわ。
白薔薇は志摩子を誰にするかで悩むんですよ。絶対軍師タイプだと思うし。
…と色々考えてて気付いたけど、自分はキャラの個性で判断してたっぽい。
国の特色で考えればまた別の答えが出るのかもしれないなぁ。



robot.txtの効果が出ない。置く場所を間違えてるのかな…。
@niftyはホームページ用の素材とcgiを置く場所が明確に分かれる厄介な仕様なので
どこにrobot.txtを置けば正常に機能するのかわからんのだよね。
なので、数撃ちゃ当たる的に該当しそうな場所複数に置いてみることにした。

そういえばもうすぐワンフェスだけど、今年は行くかどうか自分でもちょっとわからない。
場所が幕張になったことが理由ではなく、一身上の都合で参加できないかもしれない
という不安があるので事前に参加の可否を言えないというか…。
同じ理由でコミケの参加もビミョーなところ。最近収穫ないから行かなくてもいいかな。

今週の「ハヤテのごとく!!」…この第2期でひとつ気になるのが、各キャラクターの両親が
頻繁に登場するということ。前期はハヤテの両親ぐらいだったような気がする。
練習で空き缶ばかり撃ってたせいでつい空き缶を狙ってしまったというのはツボだった。
ナギはさておき、一緒に裸を見られた咲夜のリアクションがあまりにも小さかったような。

「バスカッシュ!」…まったく予想がつかない展開と言えば誉めているように聞こえるが
前後関係があまりにも希薄で、そういうシーンを描きたいがために強引につないでいる
かのような印象を受ける。しかしテンポは良くなった。

「うみものがたり」…ゆかりんは本人の柔和な性格を反映したキャラを演じることが多い
という印象があったので、ワリンのようなキャラを演じていると新鮮さがある。
しかし洞窟と海賊船といえば「グーニーズ」なんだよ。最後を浜辺で〆るあたりも含め。

| | コメント (0)

2009年7月17日 (金)

本遼発揮。

結論から言うと、難易度「達人」で侵攻戦を操作武将のみでクリアは無理でした…。
恐らくよほどの好条件が揃ってない限り、これを実現するのは難しいと思います。
圧倒的なレベル差があり、なおかつ火計などが発生していれば…という感じ。

Sm5e89

つーわけで本日は進展がないので昨日配信が始まった「蒼天航路」DLCを紹介。
このDLCはアニメ版の曹操と劉備を再現するための髪形と輪郭、そして頭部以外の
防具がセットになっています。…見てないから似てるかどうかわかんないんだよなぁ。

Sm5e90

ちなみに今回のDLC防具は他の防具などと組み合わせが可能です。
ただし顔のパーツだけは曹操セット、劉備セットとして固定されています。
髪型は色の変更も含めて自由に使えるので、新たなキャラの材料として使えるかも。

Sm5e91

というわけで真っ先に作ってみましたが…いやーやっぱり無理があるわ。



Pffholic

Firefoxは気軽にテーマを変更できるから、自作のテーマで痛ブラウザにしてみたりと
なかなか遊べるようになっている。唯一気になるのは初回の起動が遅いことぐらいか。
本日配信されたアップデートで多少早くなった…らしい。

マリナ姫こと恒松あゆみが「DQ9」のメンバーを「ダブルオー」キャラで構成していて
しかも既にレベル30に到達していることに驚いた。意外とゲームする人だよなぁ。
しかしなぜ女子4人なんだろう…せっちゃん入れてあげてもいいのに。

今週の「PandoraHearts」…なんだかファンタジー系RPGの王道みたいな展開だなぁ。
放送開始前は謎が謎を呼ぶみたいな売り込みだったけど、それほどの伏線もなくて
つまるところお家同士の闘争といったところか。わかりやすくなったとも言える。
しかし来週は何か…どうころんでもガス抜き回っぽい。それはそれで!

「東京マグニチュード8.0」…フジテレビ社屋の堅牢さを宣伝するためのアニメなのか。
無謀とも言えるアクションシーンや救出劇で初回のダルさを多少は持ち直している。
しかしすぐに弟が見つかり、3人が危機的状況を脱しているように見えてしまうことが
パニックムービーに必要な緊張感を奪ってしまっているとも言える。

今後は両親の再会までを描くことになると思われるが、そこまで付き合っていくには
かなりの忍耐力が必要かもしれない。とりあえず来週も…見るよ。

| | コメント (0)

2009年7月16日 (木)

存在しないモノの証明。

「無双5エンパ」と「蒼天航路」のコラボDLCは本日から1年間限定の配信とのこと。
今回のDLCは防具だけでなく顔のエディットパーツも追加になるようです。
「蒼天航路」に限らず他の三国志関連作品とどんどんコラボしてほしいものですが…。

Sm5e87

217年7月、あっさりと孫権捕縛。実際はそんなにあっさりじゃないけど。
敵将の攻撃は痛いし、回避先にも敵は待ってるし、雑兵の滞空攻撃が地味に痛いしで
死亡→再挑戦が恐くて侵攻戦の間に3~4回セーブを入れたほどです。
孫尚香の弓コンボがあんなに強いと思ったのは初めてです。てっきり地雷武器かと…。

昨日の記事で敵君主捕縛プレイについて少々書き足りない点がありました。

Sm5e88

自軍の領地に接している敵軍の領地でなければ侵攻できないので、仮に敵の君主が
領地の奥の方を治めている場合はそこまで掘り進まなければなりません。
ただ、この三国鼎立シナリオは各軍の君主がどれも最前線に配置されているので
先に劉備軍から落とせば連鎖的に侵攻が可能になります。

続けて曹操を捕縛しに行きたいところですが、難易度「達人」以上でプレイヤー単独で
侵攻戦をクリアという名声条件を先にクリアしたいと思います。
ある意味曹操を捕縛するよりも難しいかもしれませんが…頑張ります。

しかし…今回も気になるのは敵陣営同士の抗争があまりにも静かであること。
プレイヤーが介在しないところでもっと奪い合いがあると面白いのになぁ。



新生Inside XBOX最初のゲストが身内ってどういうことだよ(笑)しかも呼んだ意味が…。
LAランキングを見て、そういえば「マスターD」を放置していたことを思い出す。
やっぱ自分は2本以上のゲームを同時進行できるほど器用ではないことがわかる。

バンナムから今秋「ゴッドイーター」という「モンハン」の影響をモロに受けたようなのが
PSPで発売されるとのこと。UIの構成なんかはほぼ「モンハン」のまま。
でも期待してみるよ。なにせ褐色白髪で中井和哉声のキャラが出てくるんだぜ!?
当然キャラメイクありで、最大4人で同時プレイ可能…というのはもはや基本事項か。

今週の「NEEDLESS」…引き出しの奥にしまってある大学ノートを発見しちゃったような
コミックスが1巻までしか出てないような少年漫画を読まされてるような気分だ。
だいたい第2話にして四天王のひとりが出てくる時点で危険な匂いしかしないだろ…。
で、四天王のなかでも最弱!なんだろうなぁ。久し振りの眞弓姉さんだったのに。

「かなめも」…自転車の乗り方っていうのは物理現象の実践だよ(敷居を上げてみる)。
それを無意識のうちに実現できるようになる瞬間って、一体なにが起きてるんだろう。
針宮さん(笑)釘宮声でまたツンデレとは…しかしまあ、終始女の子同士のキャウフを
楽しむためのアニメという判断で間違いなさそうだ。

…そういえば先週分の「化物語」をまだ見てない。周回遅れ決定か。

| | コメント (0)

2009年7月15日 (水)

なかったことにして。

Sm5e84

216年10月、三国鼎立シナリオは孟獲軍を討ち果たしたところからスタートしました。
…あっさり討ち果たしたことになっていますが、難易度「達人」でレベルの低い序盤に
ロクに配下もいない状態で旗揚げ戦を成功させるのは至難の業です。

難易度「難しい」まではそれほど感じませんでしたが「達人」はかなり手厳しいです。

まず敵の雑兵が侮れません。徒党を組んでの波状攻撃は非常に鬱陶しく感じました。
次に副将。副将の連攻撃に一撃でも吸われるとそのまま即敗北というのが多々。
そして最悪なのが投石してくる兵士。あのダメージと命中率はチート性能。

運良く孟獲軍を討伐し、君主プレイに移行したところでひとつの方針が浮かびました。
今回の三国鼎立シナリオでは敵君主の捕縛狙いで天下統一を目指します。

Sm5e85

敵君主の捕縛に成功すると、敵陣を一気に奪うことができます。
このシナリオではちょうど3つの陣営に分かれているので、劉備・曹操・孫権の3人を
捕縛してしまえばその時点で天下統一、シナリオ終了ということになります。

Sm5e86

というわけでまずは劉備を捕縛しました。…って、またあっさり言ってますけどね。
捕縛はだいたい1/5ないし1/4程度の確率で成功するような気がします。

このゲームはおかしなことに侵攻戦の途中でセーブすることが可能なんです。
中断セーブして、再開したらそのデータが消えるってわけではないんですよ。
ひとつの独立したファイルとして残るので、そこからいくらでもやり直しができるんです。

つまり、敵総大将の体力をある程度減らした状態でセーブ。捕縛できるまでやり直し。
この方法を使えば確実に捕縛できてしまうのです。
反則といえば反則ですが、一定の緊張感とモチベーションを保つことはできますね。
なにせ自分のレベルもかなり低く維持されるので常に死と隣り合わせの戦闘です。



東京、朝9時の時点で30℃越えてるとか超ウケるんですケド。

「戦場のヴァルキュリア2」はPSPか…アニメ化がなにかしらのプロモーションになると
思ってはいたけど、あえて携帯機にする理由があるんだろうか。

今週の「CANAAN」…なんというクレイジータクシー。あの運転手は吸血鬼かなにかだ。
ようやく渋谷との関連性が見え、話の背景が少しずつ明らかになってきた気がする。
さながらアクション映画のようにテンポよく次々とピンチが訪れ、見る側を飽きさせない。

…という全肯定な感想を述べる人は少ないことがわかった。世の中わからんもんだ。
原作との比較というのがこのブログには基本的に無いのでその差かもしれない。
アニメで初めて作品に触れた人が楽しめることも重要なんだと思うし。というわけで…

新番組「GA」…第一印象は、原作の絵を再現しつつ上手く動かしてる感じがすること。
畳みかけるようなテンポの良さだが、その分野の人でないとわからない「あるある」な
ネタを理解できるかどうかが気になるところ。知らない人は逆に発見があるかも。
自分は美術系出身なのでちょっと懐かしさも感じつつ楽しめる感じ。

でも、ポスターカラーなんて在学中に一度も使わなかったなぁ…中学時代は別だけど。
ピクトグラムはやったけど、あんな詳細に既成のパターンの勉強はしなかったと思う。

 >ゲーマータグの76ってなんだろうねってこの間話してたのに今思いだしたよ…
 >お、おめでとうございます
 >ブログのデザイン、というか色が変わったのにも今気づいたのだけれど
 >涼しげでイイネ
 >あと「許さんし!」っていう言葉の響きが好きすぎる、たぶん池田ァ!のせい

今更祝ってもらうような歳でもないし、祝いの言葉をせびるのも虚しいことだと思って
あえて誕生日の記事にはそのことを一切書かなかったんですよ。
ブログの配色やタイトルロゴは常々変えようと思ってたんだけど機会に恵まれなくて
今回面白いフォントを手に入れたのをキッカケにこっそり変更しました。

「許さんし!」は小石川さんの受け売りです。彼は最近世の中のあらゆることに憤って
許さんしを連呼しておりますが、二次元だけは許すそうです。でもまこPは許さん。
まこPはうちのアクセス解析で遊び過ぎ!

| | コメント (0)

2009年7月14日 (火)

母の足の下で。

Sm5e81

214年8月、劉備軍が天下統一を果たしました。やっと消化試合が終わった…。
初回の袁紹に比べると扱いが全然違うのがよくわかります。

次の三国鼎立シナリオに繋ぐにあたっての妄想は特に…というかもう無理でしょう。
なにせフルボッコにした曹操は北方の将として復活するし、義姉であるバンビに倒され
在野武将にまで降格した孫権も呉を治めてる時点から再開なわけだし。
そもそも三国鼎立シナリオの時代に起こった事実などがイマイチ知識としてないので
開始するにあたってちゃんと読み込んでおこうと思います。

Sm5e82

エンディングムービーはふたつ新しいのが追加されました。
ひとつは襲い掛かってきた虎を虎戦車で撃退するというムチャクチャなムービー。
そしてもうひとつは女性武将が露天で織物を奪い合うムービー。ほほえましいです。

一度見たエンディングムービーはいつでも再生可能で、登場する武将を差し換えたり
できるんですが残念なことにエディット武将は使えないんですよ…。
なので撮影も常に一発撮り。ブレまくる。無理ス。

Sm5e83

さて…三国鼎立シナリオは216年1月からスタート。見事に三国三つ巴。
しばらくは難易度に慣らすのと、全体がどう動くか様子見といった感じです。



今まで使っていたIE6のサポートが終了するという噂を聞き、前々から存在は知っていた
Firefoxへの乗り換えを図ってみた。つーかOSの方もサポート終わりそうなんだけどさ。
タブ形式のブラウザというのは初めて使うけど、存外に使いやすいことを知った。
また、IEからの乗り入れにも非常に柔軟なことは特筆に値することだと思う。

一番大きな変化はブックマークツールバーかもしれない。これは画期的な機能だ…。
今までIE6ではサイドバーにブックマークを表示していたのでブラウザとして使う領域が
狭くなっていたんだけど、ツールバーにすることで横いっぱいに使うことができる。
右上に小さなGoogle検索窓もついてるし、至れり尽せりだ。

先日久し振りにDSの電源を入れたことで多少興味が湧き、何か安くなってないかと
過去のソフトを調べていたら「ファンタシースターZERO」の下落っぷりにビックリした。
最も安いところでは新品980円。そんなに不評だったのか…少々気になる。

今週の「シャングリ・ラ」…まだ1クールも尺があるのに色々と佳境な匂いがしているが
ここに来て新しい発見や展開、決意が生まれて後半戦に繋がっていくのか。
草薙と國子の関係はさておき、ミーコを失った美邦様を想像するとちょっと恐ろしい。
貧乏なクラリス!貧乏なクラリスが本当に貧乏なクラリスになっちまった…。

ED曲はCD収録版に差し換えたのかな。音にメリハリがついて良くなった。
正直嫌いだったんだ…前の版の印象があまりにも悪かったので。

「戦場のヴァルキュリア」…ロージーの父のセリフが説明臭過ぎる(笑)わかりやすい。
過剰なダルクス人狩りが両親を殺したのであってダルクス人に殺されたわけではない
という事実に本人も気付いているのだろう。本人ほど思い通りにできないものだ。
しかしさすが皆川純子。そういえば今期いろんなところで声を聞くような気がするなぁ。

明日こそは「GA」の初回を消化できるかな…世間ではもう2話だというのに。
「かなめも」も見てない気がする。困ったもんだ。

| | コメント (0)

2009年7月13日 (月)

我が血肉よ大地となれ。

Sm5e78

赤壁シナリオも終盤。とうとう曹操軍を追い詰めました。

難易度「難しい」でもプレイヤーキャラのレベルが40を超えたあたりから敵との格差が
生まれてくるようで、50になると群集の中に放置してても簡単には負けません。
この緊張感のなさが消化試合の退屈さを助長してるんだと思います。
ある程度できるようになったら武器引き継ぎはしない方が楽しめるかもしれません。

Sm5e79

高みの見物で曹操をボコり中。さすが曹操、火計つきでも易々とは倒せません。
…あくまでプレイヤーが荷担しなければの話ですが。
レベル50もあると無双乱舞や強攻撃を封印したとしても瞬殺できますから。
次のシナリオでは難易度を更に引き上げてプレイしようと思います。

Sm5e80

214年5月、曹操軍滅亡。孫権軍と孟獲軍も残り1箇所となりました。
サクサク終わらせてどのエンディングムービーが流れるかを確認したいと思います。



イリュージョンの新作が発表されたけど、あいかわらず予想の斜め上を飛んでいた。
今までのどの作品にも似てないし、ジャンルも発売するメディアもわかっていない。
成人向けゲームではないのではないか?という憶測まで飛ぶ始末。

イリュで思い出したけど、なにやら民主が頑張ってくれたそうで例の児ポ禁の一件は
ひとまずマンガやアニメにまでは侵食しないことになったとか。
「実在の人物を保護するのが主たる目的だから」というのは非常に現実的で良い。
世の中にはまだマトモな見識の大人がいたことを知り、胸を撫で下ろした。

今週の「懺・絶望先生」…第3期になってから原作なみのギリギリネタが増えたよなぁ。
でもギリギリネタが増えると著名人のモノマネが楽しみになるという嬉しさもあり。
あと細かい話、横顔の描き方が原作に忠実になった気がする。下唇のあたりとか。
あいぽんに歌わせちゃったよ…なんでマトモな歌詞でも不安定になるんだろう(笑)

初回で「読者」というセリフを「視聴者」に変えないことの違和感があったけど、今回は
Aパートで「カット」というセリフに置き換えていたのにBパートは「読者」のままだった。

「うみねこのなく頃に」…原作の知識がひとかけらもない自分からすると、現段階では
オカルト色が強い以外では普通のサスペンスという印象は初回から変わらない。
原作ファンからすると言いたいことが色々あるようだけど、先入観のない自分としては
わからないことなので不満はない。しかし逆に言えば惹き付けられてもいない。

発音については原作者が監修し、音響監督が厳密に指定しての結果だと思うけど
確かに碑文が全文あきらかになってないというのはサスペンスとしてどうなんだろう?
それとも金塊を探す段階になってから初めて紹介されるんだろうか。

昨日の日中うっかりしてアニメの消化を忘れてしまった。消化が追い付かない…。

| | コメント (0)

2009年7月12日 (日)

ハードルは越えなくてもよい。

Skt2g3

「skate2」のオンラインランクがレジェンドになり、実績1500コンプリート達成しました!
これで名実ともに「skate2」キ○ガイです。本当にありがとうございました。
でも、今回費やした時間の倍をかければ通常のポイント割り振りでも達成できたって
ことになりますが…まあ終わったことなのでよしとしましょう。

余談ですが、HoMばかりやってたせいで今週のランキング表に掲載されました。
自分が確認した時点では26位だったんですけど明日には降格してると思います。

…そんなこんなで「無双5エンパ」は1ヶ月も進んでません。

「skate2」終了後、しいなさんに誘われて「ベガス」の実績談合を再開。
やはりDLCマップパックのバグが実績解除を邪魔するという事実が確かめられたので
あらかじめDLCを入れないようにしておいてよかったと思いました。

あと談合で簡単に解除できそうなのは「射撃の名手」と「爆弾エキスパート」かな。
ランクマッチが条件になっている実績は結構手間がかかりそうです。



レスリーはカッコいい。ピンク色なあたりが特に。

「DQ9」に影響されてか、ふと気になって久し振りにDSを起動したら電源がはいった。
1年以上充電してなかっただろうに…しかも初期型。DSのスタミナはハンパない。
しかし箱○の影響でBボタンで決定しようとする自分がいた。

そういえば「星空の守り人」って「まもりびと」って読むのね。てっきり「もりびと」かと。

今週の「仮面ライダーディケイド」…実は「シンケンジャー」一度も見たことないんだけど
だいたいの設定がこの1話でわかるようにまとめられている感じで非常に助かった。
書道変身は見た目にカッコいいけど寿司だけは受け入れられないな…(笑)

ライダーのいない世界というのがこの「ディケイド」においてどのように機能するのか、
あの空欄のカードは何を埋めるものなのかといった点が気になる。
そして、このままの流れでいけば「プリキュア」の世界も全然ありえると思うぞ鳴滝よ。

「鋼の錬金術師」…新OP良し。声質がどことなくポルノグラフティに似てるせいかも。
シン国編は旧アニメ版にはなかったので比較もなく新鮮な気持ちで見ることができる。
声の面で嬉しい新キャラばかり。堀さんマジでヤベえ。これだけで一週間生きられる。

スカーは分解の行程で止めてるけど、錬丹術と同じく生きてる肉体に作用する術法を
使えるという点で共通しているのか。錬金術ではできないことなのかな。

| | コメント (0)

2009年7月11日 (土)

並ぶことに意義がある。

「skate2」のランクマッチモードが今週末限定でExpを2倍獲得できるキャンペーン中。
実測値でいうと2時間で500ポイントぐらい。いままでは100ポイントがせいぜいでした。
今週末は「無双」ひかえめで「skate2」最後の実績解除に努めようと思います。
…それでもあと8時間もかかるのかorz
3時間ぐらいぶっ続けでHoMやって、残り800ポイントぐらいになりました。早い!

Sm5e77

「無双5エンパ」今週の新DLC防具はこんな感じです。
ほぼ見たまんまですが…男性は忍者と孫悟空、女性はダンサーと卑弥呼がモチーフ。
このダンサーが!ダンサーが褐色肌に合うんですよ!!コーエーよくやった!
いいかみんな。この無料DLCのためにソフトを買うんだ。わかったね?

Sm5e74

さて、赤壁シナリオの進行状況をお伝えします。前回から約1年経過しました。
位が更に上がり、軍師が計略を発案してくれるようになったことで3ヶ月に1回だった
侵攻戦が2~3回に増えて一気に曹操軍の領土をごっそり奪い取れました。
ただ…軍師の計略は侵攻する対象がランダムなので孫権軍にも1箇所攻めてます。

それが尻を叩いたのか、孫権も重い腰をようやく上げて曹操軍から柴桑を奪還。
残りのオレンジの領地は孟獲軍。かなり静かで存在感ゼロです。

Sm5e75

いよいよ出ましたよ孔明の罠。八門金鎖の陣を使って名声ポイントをゲット。
八門金鎖の効果は「侵攻戦が優位な状況から始まる」というものですが、実のところ
周瑜や陸遜の火計の方が効果はデカいです。まあ孔明ブランドってとこですよ。

次いで木牛流馬は資材を運ぶための水上船のようなもの。
「撤退した武将が再参戦するまでの時間が短くなる」という効果があります。
まあその効果どうこうよりも、侵攻戦の回数が1回増えることのメリットが大きいかと。

Sm5e76

軍師の計略も利用して侵攻戦を進めていけば、あと1年もすれば天下統一できそう。
だいぶ早回しになってしまいますがとっとと赤壁シナリオを終わらせてしまいましょう。



色んな意味で気が重くなる都議選が来た。
何が問題かというと、立候補者全員がなんの問題もなく当り障りもなければいいのに
自分が住んでいる市の立候補者はどれも何かしら問題を抱えているということ。
かといって投票に行かないのは癪に障る。投票が不信任制だったらいいのに…。

「みなきけ」でみのりん、収録中に熟睡に続いて出血。そしてエロい足!
最新分は久し振りに「みなきけ」っぽい雰囲気があって聞いてて嬉しかった。

今週の「ハヤテのごとく!!」…ドア開けた時点で列車は非常停止すると思うんだが。
直後にハヤテを轢いたトラックはタイヤ痕から見て、轢く直前に急加速してる感じだし
三千院家の私道であるとハッキリ注意書きをしてある道路を所有者の目的に反した
利用方法をしている時点であの殺し屋カーは停車措置を取られるべきだよね。

まあ法的観点は置いといて、隕石で胸は大きくならないよな。
せいぜい宇宙外寄生生物が付着してて、感染者が暴力的になる程度だと思うよ。

「バスカッシュ!」…新OPは主題歌としてではなく、単体で聞いたら結構好きかも。
さて後半戦。月への射出までの展開は非常にスピーディーで楽しめるものだったけど
最後の最後で打ち返されて雲行きが(テコ入れが)怪しくなってきた。
ミスターパーフェクトには今後も活躍してほしい。ああいうのは個人的に好きだし。

「うみものがたり」…なんという斬新な入浴シーン(笑)ああいう隠し方もあるのか!!
カレイにしてもスズキにしても、この作品でいうところの空人が勝手につけて名前だし
海人であるマリンたちがその名前を知ってることに違和感があるんだよなぁ。
それにしても夏音の私服がありえなさ過ぎる…都会に対する憧れのせいか。

 >真面目に答えずにもっとネタに走るべきだったかと本気で考え込んでしまった・・・

至極当たり前なコメントを送られるとそれ以上に話題を広げる手段がなくなってしまい
Exactly(そのとおりでございます)とお答えするしかない…ということです。
烏合はコメント慣れしていないので柔軟な返信ができないのです。

| | コメント (0)

2009年7月10日 (金)

ポケットの中の先生。

Skt2g0

昨日夕方から「skate2」の新DLCマップ「Maloof Money Cup Pack」が配信開始。
本日は「無双5エンパ」日記に代わり、この新DLCを紹介しようと思います。
「無双5エンパ」も新しいDLC防具が配信されてるので明日以降紹介する予定です。

Skt2g1

いわゆる陸上競技場のようなカタチをしたマップの半分をストリート系オブジェクトが、
もう半分をバート系オブジェクトが構成しているような感じになっています。
このマップにしかないという目新しいものは特にありませんが、あえて特筆するなら
奇妙なカタチをした立体的なマニュアルパッドや大型ランプが特徴的です。

そんなに広いマップではないし、オフラインのチャレンジもたったふたつしかないので
本当に「skate2」好きのためのマップという印象。実績増加も含め。
DLCの価格が240MSPと安く、値段なりのボリュームと割り切るべきでしょう。
ちなみに今回のDLCもオンラインアクティビティが含まれています。ただし4つだけ。

Skt2g2

今回非常に嬉しいのが、日本語版ソフトで使用しても説明文が文字化けしない点。
おかげで英文ではありますが指定されている内容を理解することができます。
しかしすべての語尾に大量の芝生が(笑)まあ読めるだけよしとします。



世間は「DQ9」に夢中なんだろうか。自分も興味がまったくないわけではないが。
ドラクエが原因でRPGに対する苦手意識が芽生えた身としては、どんなに面白そうに
見えてもドラクエという名前を冠しているだけで気が引けてしまう。
ただ、時代のニーズに合わせて変化していくドラクエを応援しないわけではない。
今回の「9」が発売後どのように評価されるかには非常に注目している。

今週の「PandoraHearts」…ひとつひとつ新事実が明らかになっていくのはいいんだが
その情報が何を意味するものなのかがイマイチわからなくて置き去り感がある。
まるで道端で用途不明のカギを拾い、拾ったこと自体は喜べるけど使い道がわからず
途方に暮れてしまうような…そんな感じがする。とりあえずアリスがデレたよ!

新番組「東京マグニチュード8.0」…OPのインパクトが最大で、そこから右肩下がりに。
正直この作品がどのへんをターゲットにしているのかサッパリわからなかった。
少なくとも深夜アニメ好き向けではないし、ノイタミナを見る層に向けてるとも思えない。

当たり前の日常に不満を抱えていた人々が、大震災を機に当たり前の生活の幸せを
見つめ直す…というような展開を想像させるAパートはとにかくダルい。
よほど飢えてない限り、この初回を見て「早く続きが見たい!」とは思わないだろう。

 >あー、言葉が足りなかったね
 >レンズに穴開けた部分が弱いってのもあるけど、
 >皮脂がレンズに付着する方が問題なのよ
 >本人が気づいてなくても意外とレンズに指が当たってたりするんだわ
 >最も、コスプレ用の眼鏡にそこまで気を使う必要は無いんだろうけど

 >アクセントに関してですが、
 >自分の地域はアクセントの概念が無いので何とも言えませんねえ
 >聞き手は話の前後で語彙判断してます

コスプレ撮影のメガネに触れるポーズというのは大抵、蝶番の部分をつまんでます。
中央を押し上げる云々は半分冗談だと書いたのは、そんなポーズで撮影してる人は
まず見かけないから…という意味でのこと。フチなしは特にね。
なのでおっしゃる通り、そこまで飛躍した心配をする必要もない話題だと思います。

アクセントについてはそんな当たり前のこと言われても…はい、その通りだと思います。

| | コメント (0)

2009年7月 9日 (木)

オーバーテイク。

~前回までのあらすじ~
西を鎮めた劉備軍は、曹操軍の囲い込みを阻止するために南への進軍を開始。
一方孫権軍は相変わらずの音沙汰無しで、領土が奪われるのも傍観していた。

Sm5e71

昨日の予告通り、曹操軍の囲い込みを防ぐために長沙と零陵の奪還へ。
正直言って3ヶ月おきの侵攻戦が待ち遠しい…ゲームの展開遅過ぎ。
君主モードは武将モードと違って毎月侵攻できるから早く終わるんですよ。
初回と2周目でプレイ時間にして5時間ぐらいの差が生まれたのはそのせいです。

あと、君主モードは侵攻戦で敵武将の捕縛もできるのも大きいと思います。
運良く敵の君主を捕縛できればテーレッテーですから。

Sm5e72

侵攻戦が始まったら敵側の奇襲を防ぎ、逆に奇襲をかけ、更に火計で荒らして回る
という完全ルーチンプレイをしててふと「…これって消化試合と同じじゃね?」と冷静に
考えてしまいました。これはゲームとしてどうかと思うのですよ。

味方が面白いぐらい敵を圧倒してくれればまだ救いがあるのに、味方は結局のところ
敵の本陣までは落とせないという不便な存在なので放置プレイもできません。
なにか面白くなりそうな方法を考えなきゃいけないかも。

Sm5e73

212年7月、領土が縦にクッキリ。えーと…孫権軍、柴桑を奪われてますね。
赤壁の戦いって孫権も頑張るエピソードだと記憶してたんだけどなぁ…。



ためしに一度、可能な限り短い記事で更新してみたい。理想は3行ぐらい。
あくまで通常更新で…という制約があるので実現は難しいけど。

XBLAの新作「BF1943」はフルプライスに匹敵するぐらいのクオリティ。
ただ、お世辞にも優秀とは言えないEA鯖なので初日はラグがヒドかったそうな。
ラグならまだしも鯖が見つからない、本体をDLできないなんて話もチラホラ。

新番組「NEEDLESS」…まったく期待してなかった(笑)怪作と呼ぶに相応しい作品。
10年…いや20年ぐらい前のアニメを見直して「こんなのをカッコいいと思ってたのか」と
自己嫌悪に陥ってしまうような内容。でも不思議とだんだん楽しくなってくる。
「CANAAN」とは別の意味で一度は見ておくべきだと思う。残念ながら面白い。

| | コメント (0)

2009年7月 8日 (水)

火の病。

~前回までのあらすじ~
ひとつ奪い返しては別方向から囲まれるという一進一退の攻防を繰り広げる劉備軍。
まったく頼りにならない孫権を尻目に新たな知将、司馬懿を配下に加えたバンビ。
諸葛亮との策士コンビで勝負は決するか、はたまた舟は山を登るか。

Sm5e67

話が前後してしまいますが司馬懿を配下に迎え、代わりに貂蝉を切りました。
本来ならレベルの低い馬超か龐統を切るべきところなんですけど、個人的な好みと
武器レベルの育成の点でこのような結果に。

しかし…赤壁シナリオは各勢力に無双武将がめいっぱい振り分けられているせいか
自軍の勢力からリストラした武将がすぐに敵武将として登場します。
実績解除のために一度だけ使って切ってたら反旗を翻されても仕方ありませんが。

Sm5e68

後方の憂いを断つために、軍議で積極的に意見を出して侵攻先を変更します。
西涼に続いて漢中を奪還。今後は南方の囲い込みを防ぐ予定。
それにしても曹操軍以外の軍勢がまったく動かないというのは違和感があります。
シナリオ上そういう設定になってるとしか思えないぐらい静か。

Sm5e69

…で、212年1月現在の状態がこちら。曹操軍は更に南へと領土を広げました。
孫権マジ不甲斐無い。いないのと同じレベル。草葉の陰で親族が泣いてるぞ!!

バンビは西側諸国を手中に収めた手柄によって鎮西将軍の位に就きました。
っていうか…ゲームの進行に合わせて役職名が変わることに初めて気付きました。
何気に細かいとこ良く出来てるなぁ。

難易度「難しい」でも、キャラが成長してくると結構無茶できることもわかってきました。
その気になれば旋風回避のみで敵武将を倒すこともできちゃいます。
でもそれだとつまらないので、敵武将が集団で攻めてくるところを積極的にガードして
個別指示で味方武将を上手く使う…というのが正しい遊び方だと思います。

Sm5e70

オマケにけしからん防具貼っとく。どこが防具だ!?いいぞもっとやれ!



ここでひとつ、読者の皆様に少々伺ってみたいことがある。それは発音の話。
服(ふく)、靴(くつ)、瓶(かめ)を発音するときどちら側にアクセントが来るだろうか?

自分は関西系の父親をもったせいでだいたい前方にアクセントが来る。
しかし瓶は関東発音。動物の亀の場合、前方にアクセントが来るようになっている。
また、牡蠣(かき)は前方で柿(かき)は後方に来る。
どうも関西と関東の発音がビミョーに混在してしまっているようなのだ。

この前テレビを見ていたときナレーションの「瓶を頭の上に載せている」というセリフが
「亀を頭の上に…」と聞こえてしまい、ひとりで面白くなってしまった。
同音異義語の難しいところでもあるし、それが日本語の面白さでもあると思った。

今週の「シャングリ・ラ」…今回の話は東京の土地鑑がないと展開がよくわからない
のではないかと途中まで思ってたけど、さほど重要なポイントでもなかったみたいだ。
池袋から東京駅まで徒歩で移動するのってわりとマジで大変なんだよ…それなのに
勢いだけでサラッと移動しちゃったみたいな話がありえるわけがない。
恐らく都心の各所に擬態してるだけであってスケールは再現してないと判断した。
しかしタケヒコはなぜ議事堂ではなく都庁に集まるよう命じたのか…。

新番組「CANAAN」…「428」原作っていうからてっきり渋谷が舞台なのかと思ってた。
どこを切っても優秀なアニメという印象。世界観、作画、声…とにかく気合を感じる。
それらに既視感を感じないわけではないが、そういう文句をつけられる次元じゃない。
一発目のインパクトとしては今期最高かもしれない。見ておくべき。

 >>メガネをわざとらしくつまむのは許さんけど、中央押し上げるのは許す
 >よくわかって…らっしゃる…!!!
 >私いかにもメガネっ子です!的なポーズはメガネに対する冒涜だと思うんです。
 >メガネをかけてる私こそキャワイイ!みたいな、そういう、
 >メガネを利用しているだけな感じがして。
 >そんな写真見るたびに「こいつ許さんし」と思っていた僕は40wです。

まあ中央押し上げるは半分冗談だけど、メガネに触れて撮るのはマジで許さんし。
コスプレのメガネはリアリティがないので、結局のところメガネをかけてること自体に
違和感であるといっても過言ではないと思う。根本から否定してみた。
少なくともひとりは同意してくれる人がいたことに驚きと感謝を申し上げたい。

 >ヤフオクの取引連絡で、顔文字やら^^やら付けられるとビミョーな気持ちになりまぅ

あー…それ経験あるわ。主婦が取引相手だと多い気がする。
素人とはいえ一応、個人情報や金銭をやりとりする大人の契約を結ぶわけだから
そういう公の場で使ってはいけないよね。雰囲気を和らげるためなんだろうけどさ。

 >眼鏡のブリッジを押し上げるのは上手くやらないとレンズ痛めちゃうんだよなぁ、
 >縁無し使ってると特に気を使うわ
 >それはそうと、最近は(笑)を見るたびにイライラする・・病んでるかもしれない

どんだけ力強いんですか…身体から自然に発するオーラで宙に浮いてる人?
でもまあ、いくら細いとはいえレンズに穴あけてるんだから脆いのも理解できます。

(笑)は新聞やインタビュー記事で公に使われるようになったのでうちのブログ内でも
使っていますが、ひとつの記事につき使用する回数を制限しています。
(笑)をレス合戦の武器としても使う世の中なので、一応の自主規制です。

…それにしても、あんな長文をちゃんと読んでレスしてくれる人が3人もいるとは。

| | コメント (0)

2009年7月 7日 (火)

第五の審判。

あらすじとして書けるほどのことがなかったので今回はあらすじ割愛。

Sm5e63

諸葛亮から直々に依頼が来ましたよ。これもきっと孔明の罠のひとつなんだぜ…。
伝令というのはそのまんまの意味で、敵陣の真っ只中からスタートして自陣の本陣に
制限時間内に辿り着くのが戦功目標となります。戦功なので失敗しても大丈夫。
まあ…いくら敵陣だろうが赤兎馬があれば楽勝なんですが。

問題は敵陣から自陣に向かう都合で、敵将の侵攻を迎撃しにくくなってしまうという点。
一応制限時間には余裕があるのでこのぐらいの難易度まではなんとかなるでしょうが
これ以上の難易度では厳しいかもしれません。
なので、軍議の際には異議を唱えて普通の侵攻戦に変更するのがオススメです。

Sm5e64

さて…諸葛亮といえば思い出されるこの人。しばいさん!しばいさんじゃないか!
どうやら洛陽奪還の際に在野武将となり、劉備軍に仕官していたようです。
ここは司馬懿に恩を売っておき、あとで配下に登用して名声解除を狙ってみましょう。
諸葛亮と司馬懿が同じ軍にいるなんて…なんというドリームチーム。

Sm5e65

このくらいの地位になると三国全土に名前が広まり、スカウトがやってくることも。
ただ、あまりメリットもないのであえて移籍する必要もありませんが。
曹操はバンビによほどの未練があったらしい…と読み解く方が面白いかも。
二喬のエピソードのせいで曹操のイメージが完全にエロジジイになってしまいました。

そういえば後ろにちょろっと見えてるけど海賊ハットをようやくゲット。
この格好で水賊を狩りに行くなんてベタなことをしたのは内緒。

Sm5e66

211年5月、洛陽に続いて晋陽と天水を奪還。着々と領土を広げています。
しかし曹操軍も南方から囲いに来てます…孫権、たのむからもっと頑張ってくれ。



最近、文章の語尾に「^^」がついてるのを見ると妙にイライラする。
壷やニコ動を見る上で「w」を回避することはできないけど、あれにはもう耐性があり
無意識のうちに見えなくできてるので気にならないが「^^」は素でムカつく。
なにがそんなに面白いんだテメー。お前の笑顔見て和むヤツはいねーよ。

少なくとも誰かに頼み事をする際につけてはいけないと思う。お礼も然り。
誠意を伝えるためには文面の生真面目さも必要だって言ってるんだよ。
日本語の乱れとか言うつもりはないし、他の場面でなら大いに使えばいいと思う。
空気を読まずに使って久し振りに屋上に行くことになっても責任取れないし。

最近もうひとつ気に入らないのが、いわゆるコスプレでメガネをかける人の大半が
写真を撮られる際になぜかメガネのフレームをつまんだり触れたりすること。
さもメガネをかけていることを強調せんがためという感じで非常に不自然だと思う。
だがメガネの中央を中指で押し上げるのは許す。不自然最高。

烏合の日常にも「許さんし!」と思うことは数多にあるという話。
まあ…大抵は何も言えないんだけど。言わないけど無言で処分するのが自分流。

今週の「戦場のヴァルキュリア」…新OPスゲー!別のアニメかと思うぐらい凄い出来。
装甲列車の下っ腹を破壊できるほどの爆薬があったのなら、いっそ橋の方を破壊して
列車を川底に落としてしまえばよかったのではないかと…致命的なミスじゃない?
列車砲を発射した反動で橋から崩れ落ちる可能性もあったかもしれない。

新OPの映像は凄いけど、OP・EDともに新主題歌はビミョーかな…なんか違う的な。
前のOP・EDが個人的に気に入ってたこともあるし、HIMEKAは上手過ぎたんだ。
全日本アニソングランプリの優勝と準優勝の間には大きな壁があったようだ。

| | コメント (0)

2009年7月 6日 (月)

誤リ補う勝リ。

~前回までのあらすじ~
曹操軍を裏切り、劉備軍へ合流したバンビ。いよいよレッドクリフの開戦である。

…ってこれしか進んでないのか(笑)無理もない、実を言うと昨日の記事は溜め撮り。
つまり7月3日の夜までの行程を2日に分けての執筆だったということです。

Sm5e60

劉備軍に参戦ということで、防具も心機一転グリーンに統一してみました。
しかし…グリーンは一番組み合わせづらいかもしれません。画面に映えるんだけどね。

Sm5e61

侵攻戦の合間に討伐依頼もクリアしつつ。レベルが上がったので依頼が増えました。
討伐依頼はそれぞれ種類ごとにコンプ報酬があり、戦闘序盤に攻撃力が増加したり
火計や落石を発生できるようになります。地味ですが効果は甚大です。
また、特定の討伐依頼でないと入手できない防具なんかもあったりします。

Sm5e62

210年11月、曹操軍から洛陽を奪還。これで買い物がだいぶラクになりました。
曹操軍に押された孫権軍は南側をぐるりと回り、引き続き孟獲陣営に侵攻中。
孫権にはもうちょっと頑張ってほしいんだけどな…今回全然良いところがありません。

今後は3ヶ月ごとの軍議に沿って侵攻戦を進めていくという感じ。
自分の力が関わるので不確定要素がないから、孫権軍がどう動いていくかという
部分をシミュレーター的観測で書いていけたらいいなと思っています。

そういえば片手間に進めていた「マスターD」の実績が100を超えました。
クリアを目指したいけどできるかどうか…。



少し前の「マリみて」のラジオで、どの薔薇が魏・呉・蜀か?という話題が出てたけど
自分が思うに…白薔薇が蜀で紅薔薇が呉かな。黄薔薇は魏。
魔法少女志摩子みたいにスピンオフでできたら面白いかもしれない。

最近どうも妙な時間帯に無言の拍手、それもこのブログを介してないものが続いてて
気になって調べてみたら検索ロボットが踏んでいたことが明らかになった。
それ用の対策をとってなかった自分が悪いんだけど、ロボットに応援されていたとは。

新番組「かなめも」…「GA」シリーズでおなじみの高柳監督による、まんがタイム系の
アニメということで冒頭は暗いものの基本は女の子たちによるギャグ作品という感じ。
その基本骨子の部分に嫌気が刺さないのであれば楽しめると思う。
新聞配達という健全なテーマのわりには不健全なシーンが多いのも売り…かな。

記憶に残ったのは痴女とわざとらしい百合シーンだけだった(笑)
細田直人はどうやらOPだけらしい。EDも及川啓だからアスリードかと思ったよ。

新番組「うみねこのなく頃に」…今期最大の話題作と言っても過言ではない本作。
スタッフは「ひぐらし」のメンバーをほぼ引き継いでいる感じ。主題歌もなかなか良い。
作画が「ひぐらし」に比べ、悪い意味でディーンの芸風が濃くなったように見える。

舞台設定はハ○ヒが大喜びしそうなサスペンスの王道で、それに加えてキャラデザの
原作とのギャップとネーミングセンスの突飛さに鼻水が出そうになった。
とりあえずそれらに目を瞑るとして…現段階ではまだ何も始まってないようなものだし
作品の良し悪しを判断できるようになるには一ヶ月ぐらいかかりそうな気がする。

| | コメント (0)

2009年7月 5日 (日)

木は森から作る。

~前回までのあらすじ~
丸一年かけて討伐依頼をすべて埋めてしまったバンビは曹操軍を内部から倒すべく
馬超を連れて曹操軍に仕官したのだった。セルフ苦肉の計である。

Sm5e57

素顔を隠し(笑)曹操軍へ潜入。しかし曹操軍…異様に待遇が良いです。
待遇が良いと感じるのは恐らく初回の袁紹が影響してるね。袁紹は色々ダメです…。
非常に良くしてもらってるのを申し訳なく思いつつ、ほんの数ヶ月で寝返ります。

Sm5e58

210年1月、状況はそんなに変化していません。相変わらずの三竦み状態。
唯一気がかりなのは武将の成長が遅いこと。まあ仕官後は解消されるでしょうけど。

Sm5e59

曹操軍が劉備軍に侵攻した際に寝返りを決行。ごめんね曹操…またいつか会おうぞ。
劉備軍は「三国志といえば」な名立たる名将がズラリと揃っています。
昨日の記事で紹介した馬超も結果として劉備軍に籍を置くことになり、これで史実と
ほぼ同じ状況になったと言えると思います。いわゆる五虎大将軍ってヤツね。

同盟のシステムがもっとしっかりしてればなぁ…と思います。最大3ヶ月のみなのよ。
半永久的に同盟を結べるなら孫権軍と協力して曹操を討ち破れるのに。
このゲームの同盟からいくと、最終的には孫権軍も倒さなければならなくなります。



よりによってこの人に一日店長をまかせるなんて…無謀過ぎる。

実は一週間ほど前にデジカメ用の新しい充電池が届き、いま使ってる電池が切れたら
交換しようと思ってるんだけど…こういうときに限ってなぜか長持ちする罠。
っていうか、長持ちするんだったら新しい電池必要なかったんじゃ…。

ちなみに新しい充電池は190円で購入。リチウムイオンも安くなったもんだ。

今週の「仮面ライダーディケイド」…せっかくの巨大ボスだったのでディケイド側も何か
巨大な敵と戦う技で対決してほしかった。…といってもそんなに数ないか。
洗脳されたのに戦力にならなかったユウスケはなつみかん以下の不憫な存在。
しかし、次の世界がまさか「シンケンジャー」とは(笑)

新番組「懺・さよなら絶望先生」…内容はほぼ原作のまま、OP素材は原作頼りという
この状態に不満さえ感じてしまうのは贅沢な話か。OPは今後差し換えあるかな。
第3期でも原作と同じく、枝葉末節に無闇にこだわりがあるので2度は見ておきたい。

初回からキャスト総出演なのは凄いが、1キャラ1セリフ状態なのが惜しい。
キャストといえば最近原作に出てきた新キャラはこの第3期に登場するんだろうか。

新番組「化物語」…シャフト製作のもう一本の新作。いかにもシャフトっぽい作風。
そのシャフトらしさの中で新たな映像表現を打ち出してきているように思える。
しかし…少なくとも「絶望先生」と続けて見るべきではないと注意しておきたい(笑)

朗読CDにビジュアルイメージを加えたような感じ。アニメと呼ぶにはアニメらしくない。
セリフもセリフと呼ぶにはあまりにも文章的で、イマイチ耳障りのよいものではない。
そういう意味でも、原作本を喜んで購読するようなタイプの人に向けて作られたものと
割り切って見るしかないのかも。個人的には…気持ちの良い作品ではなかった。

「鋼の錬金術師」…家弓さん来たァーッ!!今週の感想はそれでじゅうぶんだろう。
インパクトがデカ過ぎて他の記憶はすべて向こう側の世界に持っていかれた。
この枠にしてはかなりの出血&欠損描写。やっぱこの凄惨さも「ハガレン」の一面だ。

新番組の視聴スケジュールが限界なので興味の薄いものから積極的に削る予定。
感想を書いたものに関しては一応見続けるものと思っていただければ…。

| | コメント (0)

2009年7月 4日 (土)

ローマの窮事っ。

Sm5e53

さてさて赤壁シナリオ再開。208年11月の状況はこんな感じ。
劉備軍は曹操軍に、曹操軍は孫権軍に侵攻。孟獲軍も微妙に北上中。

とりあえず前回に引き続き討伐依頼を片っ端から片付けてスキルをコンプリートします。
稀に現れる商人を効率的に利用するため、スキル購入に必要な資金が集まり次第
小銭を残す感じで購入していきます(商人の要求金額は常に所持金の7割なので)。

Sm5e54

難易度「難しい」の難しさが徐々に理解できてきました。兵数の回復が遅い!
あと、敵武将がガード→弾きを多用してくるので処理を間違うと即ピンチになります。
地味な話、練功や強攻撃改を覚えておくと便利です。

Sm5e55

3人目の配下武将として馬超を登用。本当は登用する気もなかったんだけどね…。
さすがに「難しい」になると少しでも戦力がほしくなるのです。
ただ、これが結果として後の行動方針に関わってくるとは予想もしてませんでした。

Sm5e56

209年9月になってしまいました。このレベルで受領可能な討伐依頼はすべて終了。
このあと曹操軍に仕官したうえで、侵攻戦で裏切ることに決定。名声目的です。
しかし…赤壁イベントでも曹操軍の侵攻は凄い。孫権軍が軽くピンチです。
結果として押し出された孫権軍が孟獲軍に攻め込み、時計回りに領土が移動中。

…余談ですが、赤壁が終わると最後のシナリオ「三国鼎立」になるんだけど。
ここまでは一応マジメに進めるとして、その次に乱世モードが残ってるんですが
この乱世モードでは天下統一以外のもうひとつの結末である「300年に到達」という
目標を立ててみようかと思っています。苦行になるかもしれんけどね。



今回ためしにデジカメの解像度を1メガピクセルから0.3メガピクセルに下げてみたけど
編集するとあまり違いがわからない…むしろ画面の縦線が出なくていいかもしれない。
でも若干ぼやけてるかな。自己満足の次元だけど。

今週の「ハヤテのごとく!!」…確かに人気投票は予想通りというか、これが反映されて
アニメ第2期は恋愛パート多めの配分に変更されたと考えるのが自然かも。
ナギはさすがエリート。同じXbox360でも黒を選ぶとは…金持ちなら当然の選択か。
今回のメイン部分である伊澄のエピソードはあまりにも普通で特に思うところもなく。

「バスカッシュ!」…新OP曲は前のよりはいいけど相変わらず本編にマッチしてない。
新EDは言わずもがなrubbish。つまり後半戦は製作当初のデザインコンセプトを捨てて
既成のロボットアニメやスポーツモノのセオリーを踏襲するということらしい。

「うみものがたり」…前回の感想撤回。霊感商法とまで言うつもりもないが、敵や味方
とか変身とかいう要素が出てきて途端に胡散臭くなってきた。なんぞこれ…!?
やってることは「プリキュア」なんかとあまり変わらない気がする…旧態依然。ベタ。
相変わらず絵はキレイだが、そこだけを楽しむアニメになりそう。倉嶋絵!

| | コメント (0)

2009年7月 3日 (金)

老いた象は死地へ赴く。

R6v110

昨晩は「無双5エンパ」をお休みして、長らく放置してた「ベガス」の協力ストーリーを
しいなさん・小石川さん・40W君と一緒にクリア。実績解除達成です。
協力ストーリーモードでやるとシングルモードからカットされた部分がかなりあることに
気付きました…ステージの大半で敵が出ないというのはちょっとマズいよね。

オンラインの実績もかなり解除できてきました。ランクマッチがネックかな…。
そのうちまたみんなで集まってひとつずつ解除できればいいけど。

Bcmd01

「ベガス」のあとは「マスターD」のチャレンジルームをちょこちょこ進めてました。
10個に1個ぐらいのペースでとてつもなく難しいのが混じってるよね…これ。
「100回やったら1回ぐらいは成功するかもね(笑)」みたいなステージもザラにあるし
正直これをコンプできるのかどうか…時々思い出したようにやろうかな。

決して「息抜きにやる」とは言いません。だって息抜きにならないんだもの。
「マスターD」のあとだと「無双5エンパ」なんて全編息抜きですよ。

 >「龐統」がデッカイ蛾に見える (((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

デッカイ蛾が好きな自分にはご褒美です!
脚が太くて眉毛がズバズバで黒い瞳がクリクリしててカワイイと思うんだけどな…蛾。
わりとイケメンが多い三国志のなかで龐統は珍しく「冴えない風貌」と書かれていて
仕事をサボり過ぎて左遷されたりと、なんとも人間味にあふれる人物です。

 >BCRのラスボスをあっさり倒せた俺は運が良かったのかねえ
 >外壁はパターン把握するのに手間取っちゃったのよね

あの機銃掃射はわざと喰らうのがデフォ?だとすると体力勝負のような気もする。
死んだあと「…アームで弾けばいいのかな?」とも思ったけど。
外壁はゆっくり見てたら、わりと親切な動きをしてるなぁと思えてスイスイ行けたかな。
むしろGB版の外壁に相当する部分の方が苦手です。ジェットでボォォ…って。



右上のネタ画像については色々と申し訳ない…本気でリロードした人もいたみたいで。
何か新しい絵を貼れればいいんだけど、ここ最近まったく描けてないからね。
あの一件以来か…まあそのうち気が向いたら何か描くつもり。

ときちくさんの「アサクリ」動画が3ヶ月ぶりに、更に画質を向上して還ってきた。
しかしそのころ烏合はジョン・カビラPの「アイマス」実況動画に夢中になっていた(笑)
テクテクさんの「デッドラ」動画は続編が作られるんだろうか…音沙汰無しだが。

今週の「PandoraHearts」…視聴者もオズと同じ気持ちで、次々と明かされていく謎を
理由はわからないけど追いかけてるという…そんな感覚にさせられる展開。
ただ、あまり好意的な感想ではない。謎解き以外の部分では感慨が薄いんだもの。
すべてはサブリエの悲劇から始まったということか。謎解きを待つしかない…。

| | コメント (0)

2009年7月 2日 (木)

法改正の呷りを受けて。

Sm5e50

さて、本日からは赤壁シナリオです。前回までの赤壁再現は無視しましょう。
208年から開始ということで、各領地には赤壁再現に必要な武将が史実通りの配置で
お互い睨みを利かせている状態です。曹操軍が優勢なのは相変わらず。

Sm5e51

バンビは前回・前々回と同じく孫権の親類という設定により建業からスタート。
また地道に虎や狐を狩り、スキルアップを図るところから始まります。
ただし今回は難易度を「難しい」に設定したので前回より苦しいかもしれませんが…
いや、本当に苦しいのかな。現状あまり実感がないんですけど。

Sm5e52

なぜかやたらと討伐戦闘を依頼してくる龐統と凌統のふたりを仲間に迎えました。
龐統は連環の計の立役者として必要だし、凌統は呉側の武将なので違和感もなく
メンバーが揃った感じがします。しかし龐統…一応30代なんだよなぁ。



「マスターD」の最終ステージのラスボスまで辿り着いてリタイアしてしまった…。
ただ、事前に聞いてたいわゆる外壁部分はそんなに難しいとは感じなかったかな。
初見「うわ…しかもパタパタしてるし」って思ったけど、しばらく動きのパターンを見たら
自分でも意外なくらいスイスイと登れてしまった。でもラスボスが…。

理屈はわかるけど、機銃の射撃範囲?アレはないわー。でも次は倒せるかもね。
しかしこのゲーム…最高難易度以外はクリアしても実績が解除されないんだ(笑)

今月後半のDeal of the Weekは「斑鳩」らしい。安くはなるが…また積みゲーになる。
プレイする時間がないわけじゃなく、クリアできない的な意味で積みそうなんだよ。



中学時代、同級生に車椅子の生徒がいたけど…いま思えば画期的だったんだろうか。
知らないうちに車椅子用の昇降機も取り付けられていたし、理解があるのとないのと
では全然違うんだということを実感する。母校をちょっと誇らしく思う。

今週の「シャングリ・ラ」…今回から後半戦。対立の描写でわかりやすくなった感じ。
KDがカッコ良過ぎる。ゲストキャラにしておくには勿体無いぐらい良いキャラだったので
アトラスから脱出する際に新しい飛行機で迎えに来てくれるとかあればいいが…。
ミーコは本当に良いお母さんになってしまったな。美邦様も随分変わったもんだ。

| | コメント (0)

2009年7月 1日 (水)

理想と実現のジレンマ。

Skt2f9

なんと、この期に及んで「skate2」の新DLCマップの配信が発表されました。
「Maloof Money Cup Pack」という名称で、今月9日から北米で配信が始まるそうです。
値段は240MSP。いままでより若干安いので狭い単一のマップと予想されます。
更に驚くのは、このDLCで実績がまた250追加されるということ。

日本国内での配信はまだ明らかになっていません。また何ヶ月もかかるのかな…?



~前回までのあらすじ~
官渡の戦いも終盤、曹操軍の領土は残すところ北方の2箇所のみとなった。
張飛や関羽といった三国に比類なき名将を抱えるバンビ軍は最後の駒を進めた。

Sm5e45

…ぶっちゃけ消化試合です(笑)昨日の記事で書いたダブル火計を駆使して侵略を
進めていれば間違うこともなく、本当にほっといても勝てるような状況でした。
しかし不思議なのは最後の最後になっても曹操側から侵攻してこなかったこと。
もはや敗北を認めたという意味だったのでしょうか。

最後の侵攻戦で運良く曹操の捕縛に成功し、予定通り逃がしてやりました。
このへんの再現は本来ならば次の赤壁シナリオでやらなきゃいけないんですけど
それはそれということにしておきましょう。次もどうなるか予測がつきませんし。

Sm5e46

黄巾シナリオでは袁紹の片腕としてのラストでしたが、今回は皇帝として天下統一。
エンディングの種類もちょっとだけ違います。そりゃ皇帝ですからねぇ。
エンディングムービーは細かい条件によって枝分かれするようになっていて、これらを
すべて意識的に埋めるのはなかなか難しそうです。条件不明なものもあります。

さて、明日からは本当の赤壁シナリオを始めたいと思います。
今度は逆に曹操側について歴史を変えてしまうというのも面白いかもしれません。

Sm5e47

予告通り、現在保存してあるエディットキャラの紹介をします。

バンビは説明するまでもありませんが…バンビです。いつものバンビです。
バンビの基本的なポリシーというか、彼女はパンツルックを好む傾向にあるのです。
なので本作でも着せ替えするときは基本パンツ。スカートはまず履きません。
モーションを周瑜にしたのは単に自分が器械系武術が好きだったから。キレイだし。

ジークは「カオスレギオン」の主人公です。マイナーゲーとかクソゲーとか言うな!
自分の中で無双系ゲームといえばコレという感じだったので購入日に即作りました。
残りふたりは…説明するまでもないと思うので割愛。みんな知ってるキャラだし。

Sm5e48

この幸村は無双シリーズではなく「BASARA」版。本当は奥州筆頭を作りたかった…。
一応日本風の兜もあるんだけど、筆頭というよりは元就っぽいんだよね。

丘力居は烏丸の大人(酋長のようなもの)で、三国志に密接に関係しているわりに
本作では烏丸関係者の登場機会がなかったのでエディットで加えてみました。
本当は蹋頓を作りたかったんだけど「蹋」の字が使えなかったので断念。

Sm5e49

エディットキャラは100人まで保存可能です。…ってそんなにネタが続かないよ。
ちなみにこの聖騎士系と独角獣系防具はシナリオクリア時にセットで解除されます。
防具は6~7割集まったかな。君主モードだとフラグ立てにくい…。

「無双5エンパ」の合間に本当にちょっとずつ「マスターD復活計画」も進めているけど
確かにステージ構成自体はそんなに難しくもないかな…と思えるレベル。



早いところで今晩から「うみねこ」が放送開始。自分はtvkで土曜深夜に録画予定。
本格的な新作の視聴開始は週末からかな…まあ、シャフト信者としてはとりあえず
「化物語」と「絶望」3期が面白ければいいや。あとは「GA」とか。
今期は前期から引き続き見ることになる作品が多いので、あまり新作を視聴予定表に
組み込みたくないというのが本音。

今週の「戦場のヴァルキュリア」…やっとザカさん登場。これでOPに登場するキャラは
一応すべて出てきたことになるのかな。しかし2クール作品とは思ってなかった。
鉱山でラグナイトが光る様子、それに装甲列車など「ラピュタ」っぽい印象を受ける。
しかしアニメに列車砲が登場するとは良い時代になったものだ(笑)

幸い日本に住んでいると人種差別というものとは縁遠いけど、日本には日本独特の
階級差別のようなものが無言のうちに浸透してるので…余計悪いとも言えるかも。

| | コメント (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »