« ヒー・ガット・ザ・サン。 | トップページ | ユンカース・カム・バック。 »

2009年7月24日 (金)

裸心の奉仕。

Sm5e99

乱世モードは現在193年3月。北方の三国を囲む状態で保留してあります。
毎月「刹那の約定」カードを使って一切の侵攻を阻んでおけば、三国間の戦いのみを
純粋に傍観できるという仕組み。ただしこの間も敵武将のレベルは当然上がります。

敵武将はだいたい3ヶ月に1ぐらいのペースでレベルが上がっているようです。
とはいえバンビは既にカンストしてるし、配下の無双武将も敵武将より平均で5くらい
高いレベルを維持してるので難易度の面では問題なさそうです。

各無双武将の実績を解除してて思ったんですけど、使い勝手の良い武器とそうでない
武器が見つかるので意外と興味深いです。孔明マジ使いづらい。
先にひと通り使ってからエディット武将の武器を選んだ方がよかったかもしれないな…。

 >>個人的に女体化までは許せますが擬人化はダメです。
 >>元の機体のカッコよさや設計の優秀さをオミットするのだけは許せません。
 >よく言った!好きなだけ給油口をファックしていいぞ!!

いや…でも冗談抜きで、あんなスツーカとか見せられたらキレるレベルですよ。

 >まあ昨日のはアレとしてこういうのもあるよ
 >>物語の舞台は第二次大戦中のヨーロッパ。
 >>プレイヤーは、大戦下に創設された秘匿特殊部隊の一員としてヒトラー暗殺計画に関わるほか、
 >>1942年の北アフリカ戦線から1945年のベルリン市街戦に到る各地の戦場を戦い抜くことになります。
 >>その過程には、ドイツ軍が大戦中に秘密裏に製造していた原爆が完成していたら?などの「if」が
 >>盛り込まれており、史実とフィクションが交錯する、緊迫感溢れる物語を体感できます。

 >と、説明にあるんだけどキャラクターが人狼変化したりする素敵ゲームです
 >あと声優陣がやたら豪華らしい、ググった結果以下の人は出ているそうで

 >>神谷浩史、沢城みゆき、大塚明夫、井上和彦、玄田哲章、森田成一、真田アサミ、子安武人、秋元洋介
 >体験版もDL出来るみたいだよ

引用が長いよ!
以前にMSPが余ってたとき、色んなゲーマーアイコンの絵柄をチェックしたことがあって
それでなんとなく目に止まってサイトを調べたことがありました。
昨晩ニコ動でプレイ動画見て、体験版もプレイしてみたけど…正直これはないです。

グラフィックはPS2並みだしカメラは最悪だし、直感的にプレイできないわでイライラして
あまり気持ちよくなかったです。SIMPLEシリーズだったら買ってもいいレベル。
色んな意味で惜しいと思うけど買うほどの擁護派にはなれません。



いまどきfont属性なんて化石だ、という声があるので今回span属性を使ってみたけど
結果として表記が複雑で長くなってしまうのであんまり好きになれない。
文字のサイズを自由に設定できるという点だけは歓迎。

昨晩「モンスターハンター キリン装備の女の子がババコンガ、フルフル、オオナズチ、
ドスギアノス、グラビモスに犯される画像
」という検索フレーズがあった。
ネッ広過ぎて自閉症モードを解除するのがツラい。グラビモスって…どうやって?

ココログにもアバター機能が実装されるというアナウンスが。
どうやら@niftyのポータルで既にサービスがおこなわれている「ニコッとタウン」のものを
ブログパーツのような感じでインポートするらしい。うーん…どうなることやら。
まあYahoo!のアバターと比べたら格段にカワイイので歓迎しないわけでもない。
製作と運営を担当してるのはスクエニらしいし。

今週の「PandoraHearts」…学園ネタというのは一度はやっておかなきゃならんのよ。
しかし妹デカくなってるなぁ…いろんな意味で。しかも「年上の妹」というファンタジー。
新キャラのキャストも嬉しいけど、今回なにより驚いたのは白猫と黒猫のキャストだ。

「東京マグニチュード8.0」…主役3人に感情移入させる効果を狙ってのことだろうけど
周囲が不自然なくらい不親切だったりイラついてたりすることに物凄く違和感を感じる。
そのせいで真理さん以外に善人がいないかのような印象を受けてしまう。
震災直後は自分のことに必死でみんなあんな感じになると言われたらそれまでだけど
だからなおのこと真理さんのヒーロー的活躍が浮いて見えるんだよなぁ…。

ところでビッグサイトや有明コロシアムには緊急用の食料とか置いてないのかな。
あれだけ大きな埋立地に避難施設がないとは思えないんだけど。

|

« ヒー・ガット・ザ・サン。 | トップページ | ユンカース・カム・バック。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒー・ガット・ザ・サン。 | トップページ | ユンカース・カム・バック。 »