« タダでは済まされない。 | トップページ | 法改正の呷りを受けて。 »

2009年7月 1日 (水)

理想と実現のジレンマ。

Skt2f9

なんと、この期に及んで「skate2」の新DLCマップの配信が発表されました。
「Maloof Money Cup Pack」という名称で、今月9日から北米で配信が始まるそうです。
値段は240MSP。いままでより若干安いので狭い単一のマップと予想されます。
更に驚くのは、このDLCで実績がまた250追加されるということ。

日本国内での配信はまだ明らかになっていません。また何ヶ月もかかるのかな…?



~前回までのあらすじ~
官渡の戦いも終盤、曹操軍の領土は残すところ北方の2箇所のみとなった。
張飛や関羽といった三国に比類なき名将を抱えるバンビ軍は最後の駒を進めた。

Sm5e45

…ぶっちゃけ消化試合です(笑)昨日の記事で書いたダブル火計を駆使して侵略を
進めていれば間違うこともなく、本当にほっといても勝てるような状況でした。
しかし不思議なのは最後の最後になっても曹操側から侵攻してこなかったこと。
もはや敗北を認めたという意味だったのでしょうか。

最後の侵攻戦で運良く曹操の捕縛に成功し、予定通り逃がしてやりました。
このへんの再現は本来ならば次の赤壁シナリオでやらなきゃいけないんですけど
それはそれということにしておきましょう。次もどうなるか予測がつきませんし。

Sm5e46

黄巾シナリオでは袁紹の片腕としてのラストでしたが、今回は皇帝として天下統一。
エンディングの種類もちょっとだけ違います。そりゃ皇帝ですからねぇ。
エンディングムービーは細かい条件によって枝分かれするようになっていて、これらを
すべて意識的に埋めるのはなかなか難しそうです。条件不明なものもあります。

さて、明日からは本当の赤壁シナリオを始めたいと思います。
今度は逆に曹操側について歴史を変えてしまうというのも面白いかもしれません。

Sm5e47

予告通り、現在保存してあるエディットキャラの紹介をします。

バンビは説明するまでもありませんが…バンビです。いつものバンビです。
バンビの基本的なポリシーというか、彼女はパンツルックを好む傾向にあるのです。
なので本作でも着せ替えするときは基本パンツ。スカートはまず履きません。
モーションを周瑜にしたのは単に自分が器械系武術が好きだったから。キレイだし。

ジークは「カオスレギオン」の主人公です。マイナーゲーとかクソゲーとか言うな!
自分の中で無双系ゲームといえばコレという感じだったので購入日に即作りました。
残りふたりは…説明するまでもないと思うので割愛。みんな知ってるキャラだし。

Sm5e48

この幸村は無双シリーズではなく「BASARA」版。本当は奥州筆頭を作りたかった…。
一応日本風の兜もあるんだけど、筆頭というよりは元就っぽいんだよね。

丘力居は烏丸の大人(酋長のようなもの)で、三国志に密接に関係しているわりに
本作では烏丸関係者の登場機会がなかったのでエディットで加えてみました。
本当は蹋頓を作りたかったんだけど「蹋」の字が使えなかったので断念。

Sm5e49

エディットキャラは100人まで保存可能です。…ってそんなにネタが続かないよ。
ちなみにこの聖騎士系と独角獣系防具はシナリオクリア時にセットで解除されます。
防具は6~7割集まったかな。君主モードだとフラグ立てにくい…。

「無双5エンパ」の合間に本当にちょっとずつ「マスターD復活計画」も進めているけど
確かにステージ構成自体はそんなに難しくもないかな…と思えるレベル。



早いところで今晩から「うみねこ」が放送開始。自分はtvkで土曜深夜に録画予定。
本格的な新作の視聴開始は週末からかな…まあ、シャフト信者としてはとりあえず
「化物語」と「絶望」3期が面白ければいいや。あとは「GA」とか。
今期は前期から引き続き見ることになる作品が多いので、あまり新作を視聴予定表に
組み込みたくないというのが本音。

今週の「戦場のヴァルキュリア」…やっとザカさん登場。これでOPに登場するキャラは
一応すべて出てきたことになるのかな。しかし2クール作品とは思ってなかった。
鉱山でラグナイトが光る様子、それに装甲列車など「ラピュタ」っぽい印象を受ける。
しかしアニメに列車砲が登場するとは良い時代になったものだ(笑)

幸い日本に住んでいると人種差別というものとは縁遠いけど、日本には日本独特の
階級差別のようなものが無言のうちに浸透してるので…余計悪いとも言えるかも。

|

« タダでは済まされない。 | トップページ | 法改正の呷りを受けて。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タダでは済まされない。 | トップページ | 法改正の呷りを受けて。 »