« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月31日 (土)

2009年10月31日

Halo3m41

「Halo3」のオンライン対戦は毎週末に特別ルールというものが実施されます。
通常用意されているルールの延長線上にあるものや、本来仲間内でしかプレイできない
特殊なルールが解放されるので個人戦が苦手な人には嬉しい催しです。
ちなみにこの週末のルールは勝利時に獲得できる経験値が2倍に設定されています。

今週末はゾンビvs生存者のInfection。個人戦ですがある意味ではチーム戦…かな?
スタート時に参加者のなかから数人が感染者(ゾンビ)に選ばれ、感染者は生存者を襲い
感染を拡大させていってすべてのプレイヤーがゾンビになった時点でゲーム終了。
生存者側は制限時間までのあいだ感染者を倒し続けて生き残るのが目的です。

感染するまでは生存者全員が味方だし、感染したあとはゾンビ全員が味方になるので
チーム戦という解釈もできなくはないというわけです。

ゲーム終了時にそれぞれ感染させた回数、感染者を倒した回数でポイント集計されて
上位半分のプレイヤーに報酬として経験値が与えられます。

Halo3m40

感染者は操作キャラクターが黒染めされるため、宇宙船内のマップでのリプレイを見ると
まるで「エイリアン」のように見えます(プレイ中は普通のカラーで表示されてます)。

オン対戦のあとは小石川君や100Wコンビと一緒に「ODST」をプレイ。
最後に残しておいた最大の難関「Vidmasterデジャブ」に4人で挑み、見事達成しました。

やはり予想した通りの苦行で、全員で通算何回死んだかわかりません…。
しかし厄介なのはハイウェイ部分だけで、最後の戦闘はそんなに難しくありませんでした。
ひとりあたり1000発用意されているロケランも結局100発弱しか使いませんでしたし。

H3odst34

これで「ODST」の実績はコンプリート完了。いやはや…値段分キッチリ遊び倒しましたよ。

その後、自分以外のメンバーのために「Vidmasterエンデュア」にも挑戦し無事達成。
自分が解除したときはLOST PLATOONでしたが、今回はALPHA SITEでの挑戦でした。
チョッパーを利用したライフ稼ぎや武器の温存ができないため結構苦労する場面もあって
最後の最後まで正直どうなることかと不安でしたが、意外になんとかなりました。

さてさて…今後もしばらくDISK2を使った「Halo3」の野良対戦が続きます。



気が付けば明日はもう11月でやんの。今年も残すところあと2ヶ月かぁ…。

Twitterにβテスト版として追加されたリスト機能がなかなか便利。
特定のジャンルやカテゴリーに属している人を振り分けることで発言をまとめて見やすく
できるという利点があるんだけど、問題はその閲覧の方法になりそう。
対応してくれるクライアントが増えればグッと便利になるんじゃないかな。

とりあえず自分は「フォローしてくれてるけどフォローし返す段階に到ってない人」という
リストを試験的に作ってみました。失礼に当たってなければいいけど…。

ジュライかわいいよジュライ。ギャグパートの多い「DTB」も悪くないぞ。

| | コメント (0)

2009年10月30日 (金)

2009年10月30日

Halo3m39

キャプして気付いたけど、「Halo3」のシャドウマッピングめちゃくちゃキレイだなぁ…。
キャプしたときだけシャドウマップの解像度上げてるのかな?

昨晩からオン対戦をソーシャルからランクマッチに切り替え、スキルを伸ばすことに。
というのも、次の階級にランクアップするために一定のスキルポイントが必要なんですが
ソーシャルマッチではそのポイントが加算されないのです。謎仕様。
まあランクマッチでもチーム戦はあるので可能な限りチーム戦で行きますけど。

しかしあまり気乗りせず、途中からしいなさんに「GTA4」のオンラインを少々手ほどき。
協力プレイモードを2種類とフリーモードでおもてなししてみましたが…うーん。
やはり「GTA4」はプレイする人によって好き嫌いがハッキリ分かれるようです。

ためしに野良のデスマッチに参加してみるのも悪くないと思いますが、ハッキリ言って
「Halo3」のデスマッチの数倍つまらないと言い切れるレベルです…(笑)
あんなものやるくらいならオフで警官と撃ち合ってた方がまだ楽しいですよ。

でも、どうせ警官と撃ち合うなら警官オンのフリーモードで遊ぶのがオススメです。
それこそホードじゃないけど警官隊は無制限に復活しますしね。



Twitter用のアイコンを新規に作ろうかとアレコレ素材やネタを吟味しているんですけど
公式のプロフィールページの73x73っていうサイズも謎だよなぁ…。普通は72では?
ちなみに公式の発言欄は48x48、Echofonの発言欄は32x32。
リサイズされてもズバリその人だとわかるアイコンってなかなか難しいよね。

いま使ってるアイコン画像はミクシィで使用してるものをそのまま流用しました。
まあこのままでもいいっちゃいいんだけど…今年の年賀画像の図案だしねぇ。

「続きは劇場版で!」的な最終回を放送したことで「ディケイド」怒らりちった。
我々大きなおともだちは他にも似たような例をいくつか見てきたことで慣れてしまっている
感じがするせいか、そこまで怒らんでも…と思ってしまうけど怒るのが正解の様子。
視聴者が多い番組だったからこそ問題になったってことだろうね。

でも、あの程度でBPOに苦情が殺到して局の社長が怒るなら今頃フジテレビは…。

| | コメント (0)

2009年10月29日 (木)

2009年10月29日

Halo3m37

昨晩も「Halo3」の野良チーム戦をしていたところ、知らない外人からお誘いが来ました。
たまたま階級がアップして小休止を入れていた途中だったので、勢いで参加してみると
どうやらフォージで製作したオリジナルマップのテスターを集めていたようでした。

いくつかプレイしたなかで一番印象に残っているのが本日のキャプの「ジェンガ」(笑)
空中に積み上げられたジェンガの上にプレイヤーがいて、そのジェンガの山にめがけて
対岸からオブジェクトを飛ばしてジェンガを崩すというもの。その発想はなかったわ…。

Halo3m38

他にもゾンビvs生存者で戦うInfectionというルールを初めて体験させてもらえましたが
どのマップも基本的に俺TUEEE!を楽しむ的なゲームバランスを無視したものばかりで
マップの仕掛けを熟知してる数人だけが物凄く活躍する結果となってしまいました。

でもまあ…久し振りに面白い出会いがあってよかったです。
我々もあれぐらい強引な手で知らないプレイヤーを引き込まないとダメだねぇ…。



「森一丁」でググれ。そういう日ですから。

昨日の今日で「ニンテンドーDSi LL」発表。しかしスペック欄には頑なに解像度表示なし。
そのまんまに受け取ると老眼者向けDSとしか思えないんだけど…。
大きいペンに関して言えば、ペンタブユーザーは誰もが一度は試してるよね(笑)

不思議なもので、アニメ本編を気に入るとその主題歌まで好きになってしまうものでして
榊原ゆいの「にゃんだふる!」なかなか気に入ってきました。
ゆいにゃんというとライブでのオタ芸禁止令の一件が非常に印象に残ってしまったせいか
なんとなく恐い人というイメージがあります。実際そんなことはないんだろうけど。

そういえばここ数ヶ月分のうちの記事を読み返したんだけど、このブログ読みづらいわ。
もっと大胆に軽量化すべきだなぁ…要検討。

| | コメント (0)

2009年10月28日 (水)

2009年10月28日

Halo3m36

昨晩は「Halo3」の野良チーム戦。5試合に参加して2勝3敗。まずまずといったところ。

フラッグ戦の終盤、自軍のフラッグを奪った敵を追いかけてたらキャプのような状態に。
敵のフラッグは接近戦用武器として使えるけど、こちらが射撃なのでバリアから出れず
こちらは射撃武器しかなくて、バリア内にはいると近接攻撃はフラッグの方が強いという
お互い手を出せない完全な均衡状態となってしまいました。

仕方ないからお互いスクワットしたりグルグル回ったりしてひとときのなごみタイムを
過ごしていたところ味方のひとりが突撃。しかし殴り合いの末に味方は敗北。
その隙に背後から近付いた自分と敵の殴りが相殺してダブルKOというオチ。
あの状況でどちらかが勝ってたら遺恨が生まれたので良い結果だったと思います(笑)

さて…ソーシャルマッチの対戦回数が通算100回となりました。
現在の獲得経験値は56。ちなみに「Halo3」は通常1勝あたり1ポイントという計算です。
負け続けてたつもりだけどわりかし勝ててるのかな…均等になる程度には。



■実績「Vidmasterチャレンジ:デジャブ」の覚え書き
 ・マップ「コーストハイウェイ」
 ・難易度「レジェンド」(最高難易度)
 ・Ironスカル使用(死亡時リスポンなし)
 ・Xbox LIVE経由で4人参加
 ・ワートホグとスコーピオン使用不可(マングースとゴーストは使用可)
 ・ハイウェイ冒頭の地下通路に弾数1,000のロケラン4つとマングース2つがポップ


うちのブログはある意味気楽だなぁ…楽天的に考えればの話ですが。

11月用の看板絵の原画の解像度が高過ぎたのでためしに半分に落としてみてはと思い
11月後半用という仮題をつけて新たに描き始めてみましたが…やっぱ線が太い!
低解像度でも細い線をキレイに引けるソフトがあるといいなぁ。

| | コメント (0)

2009年10月27日 (火)

2009年10月27日

H3odst31

昨晩は小石川君と40W君とともに「ODST」のファイアファイトに挑戦。
WINDWARDで20万点突破し、ファイアファイト関係の最後の実績を解除できました。

WINDWARDはリスポンエリアがマップの中央にあり、そこを取り囲むように敵が降下して
攻めてくるので常に背中を向けておけるような安全なポイントがありません。
他にも初期武器が意味もなくスナイパーライフルだったり、予備の武器やライフパックが
非常に取りにくいところに配置してあったりとかなり不親切です。

更に一階の出入り口が丁字になっているので、外に出ようとすると必ずもう一方のドアに
背中を向けなければならないというのが大きな不安要素に。
そして最悪なのが、暗視ゴーグルをつけると明る過ぎるしはずすと暗過ぎるという
敵を捕捉するうえで非常に厄介なライティング。終始イライラしっぱなしでした。

H3odst32

わりと早い段階で透明ブルートが現れたり、ハンターやハンマー持ちがリスポンポイントに
乱入してきたりと不測の事態が重なるかなりいやらしいマップです。
正直、実績解除目的以外ではあまりやりたくないマップのひとつですね。

唯一の利点は敵も狭いところに集中するのでハンマー無双できることでしょうか。
後半の得点倍率が高いときなら数秒で1万点近いポイントを叩き出すことも可能です。

H3odst33

最強のブルート同士のデュエルいまここに極まれり。
ハンマー持ちは攻撃をさらっと避けて背後から殴るのが一番ラクな倒し方じゃないかと。
慣れればそんなに難しくないし、動揺さえしなければなんとかなります。

さてさて…実績も残すところひとつとなりましたが、いつ解除できることやら…。
実績の解除条件見ただけでイヤなキモチになるレベルです。



解像度の問題などあったものの、来月用の看板絵はなんとか間に合いそうです。
一応いまのところバンビとそれ以外のキャラを交互にモデルとして起用してる感じなので
もし11月後半にまた差し替えるとしたらバンビ以外のキャラになるかと。誰にしよう?

解像度といえば、にわかに噂が出回り始めた新型DSの解像度が少々気になるんだけど
単純に画面を大きくしただけだと見た目が汚くなったりしないのかな?
それとも新型対応のソフトは高解像度で、古いソフトはアップスキャンとか?

| | コメント (0)

2009年10月26日 (月)

2009年10月26日

Halo3m34

昨晩はなんとなくやる気になったので「Halo3」の野良オン対戦に参加。
たまたま週末限定プレイリストがチーム戦だったので、これはと思い参加してみたものの
普段ソーシャルのチーム戦にはいない物凄くいい動きをしているプレイヤーだらけで
結局2時間ほどプレイして1勝1分、経験値にして4ポイントしか獲得できませんでした。

途中日本語のボイチャが聞こえる組と何度か一緒したんですが、彼らが口々に言うほど
汚い立ち回り方をするプレイヤーが多かったです。関西弁でキレられると恐いね…。
他にも、なぜか自分のチームの参加者ばかり対戦開始前に落ちることが続いてしまい
なんと言いますか…ストレートに言えば面白くない一日でした。

Halo3m35

でも引き分けの試合でプラズマソード三人斬りをキメた瞬間だけは輝いてた!
「Halo3」やってると時々こういう異様な活躍をする場面ってあるよね。
普段追い詰められる側なので、追い詰めて惨殺するのは実に楽しかったです(笑)

最近エリートを使うようにしてるのは、単にエリートの使用者が少ないからというだけ。
エリートのアーマーをもっと獲得したいけど個人戦はイヤだ…。



アメフトのインディアナポリス・コルツにトニー・ウゴー(Tony Ugoh)という選手がいて
背番号67をつけているというのを知りました。76だったら完全に一致だったのに。
背中に「UGOH」って書いてあるユニフォームいいなぁ。

アニメ版「うみねこ」そこそこ面白くなってきたなぁ…能力に限度が設定されたベアトが
当代無限の魔女と戦うという構造は、「ひぐらし」における運命への抗いに似てるかも。
新しい家具の軽薄な腹立たしさもそういう効果を狙ったものと思えば許せそう。
だが俺は認めねえッ!!あの攻撃バンクを二度使ったことは断じて許せねえッ!!

原作派がどう思ってるかは別として、アニメなりの組み立ては成功してるんじゃないかな。
そこに辿り着くまで物凄いスローペースだったことは認めざるをえませんが。

…あれ?今週は「新・三銃士」ないの?と思ったら放送予定が変則的だったらしい。
第10話までが週5本放送で、今週からは金曜のみの週1本とのこと。
土曜のまとめて再放送も最初の5本分のみだったみたい。混乱するわぁ…。

| | コメント (0)

2009年10月25日 (日)

2009年10月25日

H3odst30

昨晩はなんとなく「Halo3」をプレイする心境じゃなかったので、「GTA4」のフリーモードで
リバティーシティを周遊したり暴動に参加したりといつものことをひとしきりやり終えて
満足して看板絵の製作に戻りました。なので特別報告することがなかったんです。

なんかこう合間合間にサクッとプレイするようなタイプのゲームが一本欲しいところ。
現状「GTA4」や「Halo3」はそんな感じだけど、なんかイメージとズレるというか…。
できれば携帯ゲーム機でほしいかな。死んでるPSPとDSを活用したいし。
…そういえば「ピクロスDS」絶賛放置中だなぁ。でもアレはストレス解消にならないよね。



試験の直前で、数学や化学をド忘れして絶望してる…という夢を見た。
起きて十数分間そのことで動揺してたんだけど、そういえば自分もう学生じゃないじゃん
という事実に気付いてホッとしました(笑)気付くのが遅過ぎるし!

試験に限らず学生時代に関する夢って結構な割合で見るんだよねぇ…。
でも、見たこともない校舎の中で小中高の同級生が混在してて違和感に気付くわけさ。
社会人になってからの夢ってのは不思議と見ないもんだ。なぜだろう?

| | コメント (0)

2009年10月24日 (土)

2009年10月24日

H3odst28

昨晩はmayのとっしーたちとファイアファイト。ALPHA SITEで20万点目指しました。

しかし急造チームであったこと、それと参加したメンバーがあまりボイチャをしないタイプで
意思疎通に若干の問題があったことなどが影響してか、かなり苦戦しました。
1回目と2回目の挑戦はそれぞれ20分程度でゲームオーバー。
そして三度目の正直で見事20万点を突破し、最終的に52万点を獲得できました。

ALPHA SITEは武器庫やライフパックがかなり奥の方に置いてあることもあってなのか
武器の調達や回復が遅れる場面がかなり目立っていたと思います。

H3odst29

3回目の挑戦で全員無言のうちに、このラインで防衛することに決定しました。
これ以上深く攻め込むと知らないうちに挟み撃ちにされることが多く、
なおかつ回避時にうっかり床のないところへ飛び込んでしまうことが結構あります。

このラインに留まると敵が細い通路に集中するので弾薬やグレネードをかなり効率よく
使うことができるだけでなく、敵のグレネードの誤爆を誘うこともできます。
もしこのラインを突破されたとしても中央のフロア一箇所に攻撃を集中できるようになり
視認しやすく対処もバツグンに成功しやすくなります。

そして、ウェーブが終わったら次のウェーブまでの間にラインの前方で武器を掻き集め
再びこのラインに戻ってきて息を整えるのが肝要です。特にグレネードは大事。

あと…気付いたのは、後半意外とプラズマガンのチャージショットが有用だということ。
おかげでライフゼロのラストマンスタンディングも乗り切れましたからね。
でもあの場面では終了時刻を考慮して死んでおくべきだったかもなぁ…(笑)



来月の看板絵にボチボチ着工。順調とは言い難いペースで。

蘇芳の能力の解釈が難しいんだけど、一度見た武器を構築できる能力なのかな。
まさかあのライフルに限定しての能力ではないと思いたい。後半の強化のためにも。
アンリミテッドブレイドワークス的にポンポン出てきたらそれはそれで面白そう。

| | コメント (0)

2009年10月23日 (金)

2009年10月23日

Halo3m33

昨晩のチーム戦の結果は3戦3勝。妙に運の巡りが良かった感じがしました。
フラッグ戦では0対0の後攻ラスト1秒でタッチダウンして勝利。かなり劇的な展開でした。
デスマッチではワートホグで3体同時轢き殺しに成功(カウント的にはダブルキル)。
しかもおかげでひとつ昇進して階級がGunnery Sergeantに。

途中、味方のグレネードの投げミスでバリア消失→その間に敵に殺されるということが
何度か繰り返されたことに少々イライラしましたが、まあ帳消しということで。
彼らにとっては挨拶のつもりなのかもしれないけど、背後から撃たれたり殴られたりする
のはあまり気持ち良いものではありません。背中預けてるわけですし。

さて…階級の実績を解除するために最低でもあと20勝しなきゃいけないわけですが。



箱○のブルーレイドライブ騒動はホントに馬鹿馬鹿しいとしか言いようがありません。
あの発言をどう解釈すれば「ブルーレイドライブの存在を認めた」となるのか…。
まるで「神の存在を否定できない」=「神は存在する」と言い切るほどのレベルですよ。
「凛子は実在する」は数多くの証言から真実であると認めざるをえません。

 >獣神ライガーか、俺はアニメの方が印象に残ってるなぁ…
 >OPの走ってるシーンはどう見ても「明日」には向かってないよね
 >サンダーソードは…雷落ちると火事になるし、大きな括りで火の一種と考えてたよ

 >放送時期や主役が田中真弓ってのもあってワタルもセットで思い出してしまう

昨日の拍手返信を書いてるときにふと気付いたけど、「獣神ライガー」の印象があまり
深く残ってないのは同時期に「パトレイバー」にハマってたからという理由もありそう。
しかしいまになって考えるとあの当時の年齢でハマってた自分も妙だよなぁ…。
当時ジャンプ派だったのに初めて買った単行本がサンデーコミックスだったというのも変。

「ライガー」のOPはあきらかに荒廃が進む街になぜか笑顔で向かってるのが凄く不可解。
「ワタル」は録画するほどハマってたけど、主題歌にキャラの名前が出てくるという点から
後続の「グランゾート」の方がハッキリと記憶にあります。あくまでOPくくりの話ね。

そういえば「ライガー」はWiiの「スパロボNEO」に出るらしいのね。
でも「ライガー」はロボじゃねえだろ…主題歌がどうアレンジされてるかは気になるけど。

| | コメント (0)

2009年10月22日 (木)

2009年10月22日

Halo3m30

昨晩はmayのとっしーの召集で「Halo3」のチーム戦へ参加。7人の大所帯。
彼らは無印「Halo3」の実績を1000以上にしてるツワモノばかりで、しかもボイチャによる
連携があるので圧倒的な強さで引っ張ってくれました。結果は8戦6勝だったかな。

途中マッチング人数の関係で4:3でチームを分けられての対戦もあったんですが
お遊び半分…いやお遊び7割ぐらいのノリで戦うことに。非常に神経が休まりました。

Halo3m31

休まった結果がこれだよ!エレファントが立つという恐るべき事件に発展。
このあとエレファントは完全にひっくり返ってしまったんですが、更に恐ろしい続きがあり
なんと片手でエレファントをつかんで元の姿勢に戻せたのです…。
チーフがコヴナントから悪魔と呼ばれる理由がうっすら垣間見えたような気がします。

Halo3m32

自分の個人的な成績を言えば、スパルタンレーザーを使って奇跡的に活躍。
そもそも対戦中にスパルタンレーザーが自分の手に渡ることすら珍しいという状態なので
そのなかで1試合に6人分レーザーキルできたのはわりと凄いことなんです。
ただし悪評もいただきました。悪評も勲章のうちでしょうか。



web拍手の需要がかなり落ち込んでることを踏まえて若干の変更を実施。
と言っても、過去の看板絵をweb拍手の拍手絵として掲載していく予定だったのをやめて
過去の看板絵専用のギャラリーをこっそり設置したという程度のことなんですが。
で、web拍手の方には現在テキトーに描いた絵を一枚だけセットしてあります。

来月以降の看板絵はどうなるやら…一応月イチぐらいでなんとかするつもりではいます。
描き始めるまでが時間がかかるのよ。描き始めればわりと早いつもり。

…とか思ってたら拍手が動く不思議。

 >どうでもいいこと書かなきゃ、私のTwitterなんて9割消えてますよ
 >あくまで「今、何してる?」に対する一人言ですもの

基本的に自分の発言は他人が勝手に見てるものだと思えばいいっぽいのね。
だから、ちょっとした執筆欲を満たしたり場つなぎのつもりで利用することにします。
とか言いつつ外から書き込む気満々ですが。

 >♪走れ 走れ 明日へ走れ~、とリバプールの風になるんですね

深夜こっそりジュニアヘビー級の試合を見てた自分だからかろうじてわかるネタですが
いきなりこれを言われて通じる人は重度の新日ファンだと思います。
確かにアニメの方はサンライズ製作でOP冒頭で無駄に走ってるという条件を満たしてる
けどアニメの主題歌としての印象が薄い(笑)「スパルタンX」と同じ感覚だわ。

しかし、サンダーソードなのに炎の剣というのが未だに納得できん…。

| | コメント (0)

2009年10月21日 (水)

2009年10月21日

H3odst27

昨日は特に進展もなかったので一昨日のファイアファイトのキャプを一枚。

Chasm Tenは二階通路が狭く、しかも落下すると致命的なダメージを受ける高さにあり
オマケに常時バイザーモードにしなければならないほど暗いなどの様々な問題があって
あまり得意ではありません。更に厄介なのはエンジニアが出現すること。

エンジニアは「ODST」本編と同じく、周囲にいる分隊に強固なバリアを施します。
ファイアファイトでは率先して倒すべき対象となりますが、エンジニア本体もバリアがあり
携行武器では少々厳しい相手です。しかしプラズマガンだけは違います。
プラズマガンのチャージショットなら一撃で倒すことができるんです。

ただしチャージショットを喰らった場合は、全身に取り付けられたプラズマグレネードが
大量にばらまかれて周囲を危険地帯に変えてしまいます。
でもまあ…アレで死ぬなんてことは滅多にありませんけどね。



Twitterにもっと書き込むようになるかと思ったけど、思いのほか書き込めてません。
もっと気軽にホントにどうでもいいことを書けばいいのかな。

昨晩はゲームをしながらPCのHDDを整理。主にネットラジオのバックアップなど。
とりあえずDVD-R2枚分終わったけど、予定ではあと6GB分は焼かないといけないので
2枚のDVD-Rにどう振り分けて焼くかを現在検討中。

それとは別に、本棚がかなりギュウギュウな状態なのでそっちも整理したい。
年末に向けて(気の長い話だけど)少しずつ改善していく予定。
本を置くスペースをあまり広く取れないから長期続く漫画はあまり歓迎できません…。
「ブリーチ」はいつまで続くんだろう。50巻超える前に終わってほしいなぁ。

ふと思ったけど、OP冒頭で無闇に登場キャラが走ってるアニメって結構あるよね。
今期だと「聖剣の刀鍛冶」や「とある科学の超電磁砲」とか。流行りなのかな。
昔はサンライズ作品のOP冒頭で、主人公がガレキに座る背後を背景が流れるという
お家芸的な伝統があったけど最近あまり見かけないなぁ…。

| | コメント (0)

2009年10月20日 (火)

2009年10月20日

Halo3m28

昨晩は「ODST」のファイアファイト。Security ZoneとChasm Tenで無事20万点に到達。
これでDISK1の実績は残り3つになりました。Vidmasterデジャブが最後の壁になりそう。
ちなみに参加者は小石川君、ハトのダンナ100Wコンビといういつもの面々。

平日なのにだいぶ深い時間まで続いてしまって解除時のキャプが撮れなかったので
本日掲載しているキャプは他の日に撮影した予備分のものです。
一応今晩にでもシアターでキャプろうかと思いますが、掲載するかは未定です。

Halo3m29

繰り返しファイアファイトをプレイし続けてきて戦闘スタイルが変わった気がしますね。
特に難易度の高くなる後半はプラズマグレネードやスパイクグレネードなどを温存して
接近戦での貼り付けを連発する場面がかなり増えました。…得意技?

あと、色々と武器を試したものの結局初期装備に戻った感じもします。
ハンドガンの優秀さは言うまでもありませんが、サプ付SMGはドローン戦でも重宝するし
ブルートやジャッカルの防壁を破るのにも無難に役立ってくれます。



Echoponの着信音を立木さんの「ジョォーカァー!」に設定。非常にうるさい(笑)

amazonに注文しておいた「ブラックラグーン」の9巻と「ブリーチ」の41巻が到着。
注文したときには配送がかなり遅れるっぽい試算を出してたのに…やるなamazon。
ついでに頼んでおいたDVD-Rも届いたのでHDDの整理もしたいところ。
いつぞやの再インストールでライティングソフトまで消えてるから準備が大変です。

「禁書目録」から「超電磁砲」に変わり、監督が「とらドラ!」の長井龍雪になりましたが
作品全体の雰囲気も長井テイストになった感じがします。EDなんか特に。
きょうび眉毛をイジってない女子中高生なんているのかな…。

| | コメント (0)

2009年10月19日 (月)

2009年10月19日

Halo3m25

昨晩はmayで募集がおこなわれたVidmasterエンデュア解除部屋に参加し、見事達成。

エンデュアというのは少々特殊な実績で、Xbox LIVEを利用したファイアファイトモードで
参加者が4人の状態で、なおかつ難易度アドバンスで4セットクリアするというもの。
難しさもさることながら集中力の持続や参加者のスケジュールなど様々な要素を踏まえ
「ODST」の実績のなかでもかなり厳しい実績と言われています。

Halo3m26

実際、実績の解除まで約2時間戦い通しでしたからね…。
メンバーの実力はもちろんのこと、トイレタイムを挿むことすら許されない(笑)ということで
メンタル・フィジカルの両面を酷使しました。いやー…失敗しなくてよかったです。

Halo3m27

コツと呼べるほどのものがあるかはわかりませんが、序盤からチョッパーを掻き集めて
ザコ敵の掃討やボーナスラウンドの得点稼ぎに利用するのが良いようです。
特にボーナスラウンドの結果で支給されるライフは後半かなりの恩恵となりました。
上手く立ち回れば上のキャプのように9万点近い得点を叩き出すことも可能です。

…自分の獲得ポイントが低いのは、他の3人にチョッパーを任せて拠点防衛してたから
というふうに好意的に解釈していただきたい。倒した敵の数はそんなに差がないし。
いや…正直言えば他の3人にかなり頼ってたと思います(笑)

忘れちゃいけないのがスパルタンレーザーの温存。対レイス専用武器にしてしまうべき。
レイスが降下したら即破壊するぐらいのペースでやらないと、難易度アドバンスのレイスの
砲撃はとにかく正確で恐ろしいので死亡率に直接響いてきます。

まあそんなこんなで上手いこと歯車が噛み合ってのエンデュア解除でございました。
ちなみに達成時の総獲得点数は1,428,842点でした。100万超え!



Twitterを使ってて思ったけど、これが普及したらweb拍手いらなくなるね…。
web拍手やブログのコメント欄だとなんとなく敷居が高いと思っちゃうような気軽なことも
Twitterだと抵抗なく書き込めるというか。伝わる早さも違うし。

アニメ版「うみねこ」の面白さを維持しているのは間違いなく伊藤美紀。
「ひぐらし」でも鷹野三四で作品全体を大いに牽引してくれたけど、今回それ以上かも。
あとはデレ期を迎えたベアト。作品全体をあきらかに別方向に変えてしまった。
でも、改心して人に夢を与える魔女になってめでたしめでたし…で終わったら困るなぁ。

| | コメント (0)

2009年10月18日 (日)

2009年10月18日

Halo3m23

昨日はひたすら「HALO3」のオン対戦。それなりにハマってるのかもしれません。
階級をひとつ上げてSergeantのGrade3に。Lieutenantの道はまだまだ遠いです…。
一応オンラインの階級系実績ぐらいは解除しておこうとは思うんですが、
なにせスムーズに勝ち星を重ねることができないので遠い未来の話ですよ。

きっと、次に面白いゲームとか夢中になれるものが見つかったら忘れます(笑)
それぐらい比重の軽い目標ということです。

Halo3m24

終盤は息抜きにフォージ。お師…もうすぐあなたの聖帝十字稜は完成する。
ってカタチが全然違うけどね。



あれほど参加に対してゴネてたTwitterをあっさり導入。わりと普通に使えてます。
見てるだけでもそれなりに面白いし、たとえばゲームの待ち合わせなんかにも使えると
思うのでアイデア次第ではかなり便利なものになりそう。
なによりクライアントが非常に軽いというのが良い。これは広まるはずだわ。

まだ知人以外の人とのフォロー関係はありませんが、必要になればいづれということで。
突然飽きてやめるかもしれないという可能性もありますし。

「仮面ライダーW」を見ながら朝食というご家庭も多かったろうに…(笑)
いままでもゴキブリモチーフの怪人がいなかったわけではないけど、まさかあそこまで
ド直球のデザインにしてくるとは誰も思わなかったはず。すべての責任は寺田さんに。

そういえばガイアメモリ付きの食玩やガイアメモリのガチャが出るそうな。
どちらも音声がちゃんと出力されるうえに、オリジナルのメモリも収録されるとのこと。
ドーパント側のメモリを作りたいので発売されたらしっかり押さえねば。

| | コメント (0)

2009年10月17日 (土)

2009年10月17日

Halo3m20

昨晩はimgの「」たちと一緒に「ODST」のファイアファイト。実績をひとつ解除しました。
それよりこの画像にご注目いただきたい。おわかりいただけただろうか?
ブルートがリコンアーマーを着てることではなく、ハンドガンが異様にデカいってことね。

予定開始時間の10分ぐらい前に急遽飛び入りしたから人数的に間に合わなかったかと
ちょっと心配しましたが、予定時間になって招待メッセージが届き無事開始。
難易度ノーマルで4人いればステージひとつあたり30分ぐらいで20万点行くようです。
まあLost Platoonは例外ですが…ボーナスラウンドだけで8万点強出てたし(笑)

Halo3m21

ファイアファイトのあとは同じメンバーのままDISK2のチーム戦に参加することに。

King of the Hillというルールは初めてプレイしましたがなかなか面白かったです。
約1分おきぐらいにマップ内を移動するエリアをどれだけ長く占領していたかを競うという
特殊なルールなんですが、参加者の攻撃が一箇所に集中するのでとにかく派手です。
かと思えばルールそっちのけで激戦が繰り広げられたり。とにかくカオス。

Halo3m22

結果は3位でしたが、階級差がかなりあったので良い位置に食い込めたと思ってます。

以降は毎晩やってるような感じ。人数が多いとルールも限られます。
キル数は最低なのにアシスト数ではトップという試合結果が多いことから、
やはり自分は先陣を切って戦うよりも支援に回った方が活躍できるタイプなのかも。



「新・三銃士」いいわぁ…コンスタンス可愛過ぎる。フィギュアとか出ればいいのに。
朝日新聞の三谷幸喜の連載で操演について触れていたけど、そういう角度から見ると
また一段と面白くなる感じがします。舞台裏とかも見てみたい。

コンスタンス役として新たに貫地谷しほりが加わったけど、ほかの配役は基本的に
数人の声優が兼役しているという点も注目すべき。声優の技術の凄さがわかります。
とにかく見所の多いこの「新・三銃士」。月曜から金曜まで毎日放送されているんですが
もし録画ミスしても土曜に一挙放送してくれるので安心です。

人形劇のフィギュアといえば「三国志」や「プリンプリン物語」を売った記憶がありますが
また海洋堂が乗り気になってくれれば…と祈るばかり。
「新・三銃士」の人形はどれもリボ化しやすそうな関節構造をしているし。

今期のオススメについて小石川君がお尋ねのようであったけど、今期はいわゆる続編的
作品が多いので予備知識のない人にオススメしやすい作品が少ないんですよ。
そのなかで「聖剣の刀鍛冶」と「にゃんこい!」は比較的見やすい部類だと思います。
もっとベタベタにエロゲ的ご都合主義な作品はいくらでもありますが…。

| | コメント (0)

2009年10月16日 (金)

2009年10月16日

Gta461

特に変わり映えのない日々。「ODST」のDISK2でチーム戦を何回かプレイ。
ホントに対戦してるだけで、報告するほど面白いことが起こるでもなく…。
そしていつしかオールタイムスタンドードとなりつつある「GTA4」に戻るのでした。
自由の女神に乗ったの初めてかも。とりあえず乗った記念で久し振りのデジカメ撮影。

このあと自由の女神の頭上から徒歩で降りられるか挑戦してみましたが、肩で挫折。
ネイトだったら色んなことが起きてホイホイ降りられるのに…。

そろそろまたデモ版のレビューを書かなければならなくなりそうです。
ただ、ここ最近箱○に配信されたデモ版といえば「シュタインズゲート」ぐらいなものだし
他はバスケやサッカーなどのスポーツゲーばかり。撮影しづらいのよ…スポーツは。



メイン記事からじゅうぶん伝わると思いますが、現在かなりやる気がありません。

今期もなんだかんだで佐藤利奈の出演作品が多いなぁ。嬉しい限り。
ただ、最近の写真を見ると徐々に松来さん並みの丸顔になりつつあるのが恐い…。

気が付けば本棚がヤバい。そろそろまた整理してスペース確保しないと。

| | コメント (0)

2009年10月15日 (木)

2009年10月15日

Halo3m18

フォージによる「CoD4」風キルハウス完成。完成ということにしたい…。
配置するたびに微妙に傾斜する壁を垂直に修正する作業なんてやりたくないし。

ロープによる昇り降りは「HALO3」には当然ないので、冒頭の3フロア分を昇るところは
リフターをふたつ重ねてそれっぽくすることに。上にはちゃんとサブマシンガンを用意。
フラッシュグレもないのでプラズマグレで代用したんですが、ターゲット代わりに配置した
パレット(フォークリフトで運ぶ際に使うスノコ)まで破壊しちゃうんですよね…。

Halo3m19

「CoD4」と同じルートで何回か試してみましたが、ちゃんとCQBの練習になりそうです。
ただ、実際の敵はもっと小さいし動き回るので本当に気休め程度ですが。
しばらくはこのマップに色々付け加えて実験を続けてみようかな。

余談ですが、実際の「CoD4」には冒頭で使うものとは別のキルハウスという名前の
追加マップが用意されているそうです。それの再現もありかもしれません。



…いや、やめとこう。書いてもマイナスにしかならないことは書かない方がいいし。

「NEEDLESS」はスケジュール管理大丈夫なのかな…アレを演出とは呼びたくないです。
謎の仮面の女戦士はだいたいお姉さん。聖闘士だからわかる。

 >ニコ動で生放送された北斗無双発表会を見たけどブシュブシュ血出てたよ
 >キャストはがっかりキャストだった
 >ラオウが立木さん…悪くはないけど、ないわー

出血よりも欠損表現が気になりますが…とりあえず爆死してくれればいいかな。
しかしキャストないわー。って言うと新キャストに失礼だからアレだけど。
恐らくその違和感とプレッシャーに一番直面してるのは新キャスト本人だろうし。

| | コメント (0)

2009年10月14日 (水)

2009年10月14日

Halo3m16

ちょっとした思い付きで、フォージで「CoD4」冒頭のキルハウスを作ってみることに。
昨晩の時点で下のフロアは作り終え、天井を張って2階に着工。
これを対戦でどうこうというわけではなく、本当に単なる思い付きでやってるだけなので
完成したら一応全体図をお見せして終了ということにします。

Halo3m17

野良対戦については特に進展もなく。爆弾運ぶときだけ異様に活躍する自分。

さすがにDISK2で話題をつなぐのも限界だと思ってますよ…自分自身でも。
そろそろ何か別のゲームやりたい。「ODST」は意外と寿命が短かったことになるなぁ。
せめて「ODST」のぶんだけでも実績コンプしたいとは思ってますが、どうなることやら。



しばらく続いた歯医者通いも今日でひとまずおしまい。新しい銀歯がはめ込まれました。
今後も定期的にチェックしてもらった方がいいんだろうけど、面倒臭さが先立って…。

以前から噂では聞いていた「北斗無双」がコーエーから正式に発表されました。
「北斗の拳」をテーマにするうえで一番気になるのはゴア表現の程度。
これまでの無双シリーズではどんなに刃物で斬ろうと時代劇レベルの平穏さだったけど
今回の「北斗」は噂ではそれなりにやってくれるらしい。レイとか大丈夫なん?

ほかにもキャストの再現やストーリー上どこまでやるのか等、疑問は山のようにあるので
今後発表される情報に注目が集まります。

| | コメント (0)

2009年10月13日 (火)

2009年10月13日

Halo3m14

昨晩も引き続き「ODST」のDISK2でフォージの研究。
…とか言いつつ途中からはワートホグを使った「Trials HD」の真似事になってましたが。
パーツの豊富さや編集のしやすさなどの点からFoundryが一番イジりやすいです。
頑張って組み立てればキルハウス風の対戦マップとかも作れそう。

しかしフォージによるオブジェクトの配置は骨が折れます。
フォージ自体が対戦用ルールである以上、配置の際中にも物理エンジンが働くので
オブジェクト同士がぶつかって位置がズレたり落ちたりすることはザラにあります。
また、床のマス目に合わせてキチンと並べようにも角度調整がアバウト過ぎるため
典型的なA型キッチリさんにはあまりオススメできません。キレます。

ひとつのオリジナルマップを完成させるために数時間かかるのは普通らしいです。
それから設定通りに働くかどうかテストプレイの繰り返し…まるで開発者のよう。

Halo3m15

少々ストレスが溜まってきたので後半はいつもの野良チームプレイ。
偶然背後をチェックしてたことで、特殊部隊っぽい絵が撮れてしまいました。

あいかわらずデスマッチとフラッグ、それに爆弾の3種類の繰り返し。勝率はビミョー。
総合経験値が20になったのに実績「UNSCスパルタン」が解除されないな…と思ってたら
どうも解除条件が変更されたらしく、総合経験値が30にならないとダメらしいです。

一見楽しそうにプレイしてますけど、そんなに面白くもないですよ?
でもいま他にやれるゲームがないんだもの。



小泉元総理が声優デビュー。一応言っておくけど「ムダヅモ」ではない。

ドラマ「JIN-仁-」がバツグンに面白かった。視聴率もかなり良かったらしい。
TBSのドラマというとセットや照明の安っぽさが際立っているので少々不安だったけど
現代劇ではないからそれほど目立つこともなく、2時間があっという間でした。
好みの役者がたくさん出てるし、子役の演技も真に迫るものがあって素晴らしい。

最近は民放の時代劇が少なくて淋しい思いをしてたけど、ちょっと異色ではあるものの
この「JIN-仁-」は今後も見続けようと思いました。録画を忘れない限りは(笑)

今期もうひとつアニメ以外で気になるのは、NHK教育で始まった人形劇「新・三銃士」。
三谷幸喜による脚色のせいで悲劇的な場面も喜劇になり、爆笑問題の田中裕二による
ナレーションがまるで講談のような雰囲気を与えているのは賛否両論だと思うけど
人形の造形や出演陣、音楽など見所が非常に多い一作。オススメです。

今期はアニメの視聴本数が少ないぶん、他に時間を取られそうな予感。
でも、見たいテレビ番組があるのは個人的にはシアワセなことです。

| | コメント (0)

2009年10月12日 (月)

2009年10月12日

昨晩は「ODST」のDISK2でひたすらフォージの研究をしていました。

フォージというのは既存のマップに新たなオブジェクトを足したり引いたりしてオリジナルの
対戦マップを作るという、言わばエディタのようなモードです。
あくまでオブジェクトの追加と削除のみで、各オブジェクトには配置限界数があります。

Halo3m11

ためしに色々積み上げたりしてみましたが…アイデア次第ということでしょうか。

少々特殊なのは、このフォージは製作中であっても対戦の続行が可能であるという点。
敵の頭上に戦車を落としたり、取ろうとしている武器を消してしまうこともできます。
しかも製作に関われるのはホストだけではなく、他のプレイヤーも随時可能なので
フォージを使った対戦というジャンルも確立してるんだそうな。

Halo3m12

途中からは対戦で使用したことのないマップの観光になってしまいました。
しかし、遠い未来だというのにまるで第二次大戦後の廃墟みたいな感じだなぁ…。
「HALO」というと宇宙船や基地などいかにもなマップの印象が強いんですが
個人的にはこういう自然と融合してる風景の方が戦場の匂いがして好きです。

Halo3m13

常人よりも大きいスパルタンアーマーですら小さく感じます。



理解できない人の理解を得るための説明を考えるのって難しい。
「不可能なんです」って言っても「不可能とかいいからできるようにしてよ!」という感じに
切り返され、ああもう無理なんだな…と嵐の海岸を見つめるような気分に。

「飛び出せ!科学くん」のナレーションはズルい。全部スネークのウンチクに聞こえるし。
危険生物の説明はだいぶ誇張してる感じがしたけどなかなか面白かったです。

「超電磁砲」は「とある科学の瞬間移動」に改めるべきかと。どう見てもみっこメイン(笑)
前期は純粋に超能力バトル系な内容だったけど、今期は現段階ではただの学園ドラマ。
むしろ世の中的にはバトルよりも学園ドラマの方が求められてるのかもしれないから
今後敵らしい敵が出てきたら逆に評価が下がったりして。

| | コメント (0)

2009年10月11日 (日)

2009年10月11日

Halo3m08

昨晩はmayの箱スレの募集に便乗して、とっしーたちとチームを組んでみました。

自分以外全員歴戦の兵士という感じで階級にかなりの差がありました。
試合の結果も当然。階級と実力は比例するということを見事に実証(笑)
戦果を気まずく見守る自分を他所に参加者は盛り上がり、予定の時間をオーバーして
朝刊が配達されるぐらい深い時間まで対戦会は続きました。

終盤は参加者がフォージで作ったマップを幾つか見せてもらいましたが
「F-ZERO」のようなコースで順位を競うものや、コートの左右からグレネードを投げ合う
ドッヂボールのようなルールのマップなど内容は様々。
アイデア次第で色んな対戦ができるというのはなかなか面白いと思いました。

Halo3m09

「ODST」本編には登場しない乗り物を見られるのもDISK2の良いところです。
これは砂漠の上をホバー走行するプラウラーという乗り物。ポッドレーサー的な感じ?
両側のソリの部分にも搭乗可能で、最大4人乗りが可能です。

Halo3m10

マップによってはこんなティルトローターっぽい飛行機も登場します。
でも実際こんな感じに機外に乗るのは恐いよなぁ…いくら低速で飛ぶとはいえ。



ヒートとトリガーの組み合わせだと完全にキカイダーだな…しかし良い話でした。
前後編制にした「仮面ライダーW」は当たりだったと思います。

「ハガレン」の新主題歌は変わったばかりの違和感ではなく、なんかビミョーな気が。
第1・第2クールの各曲が非常にハマっていただけにそのギャップが大きい。
今週は総集編っぽい内容だったけど、その組み立てが濃密で良かったです。
この第2クールで色んなことが起きたんだなぁ…と、しみじみ。

 >トップの子を題材に同人誌を描いてみたいのですが如何でしょう

申し出は大変ありがたいのですが、あなたが当ブログを訪れるにあたって使用された
検索フレーズを考慮に入れると「どうぞ」とは言えません。

| | コメント (0)

2009年10月10日 (土)

2009年10月10日

Halo3m06

昨晩は「ODST」のDISK2でチーム戦を数回程度。

海外プレイヤーはよくわかりません…仲間なのに殺されて武器を奪われました。
直前に彼の背後にいたチョッパーをこのロケランで倒したので、感謝されることはあっても
恨まれる覚えはないのですが…武器を奪われた上に死体殴りまでされました。

フレンドリーファイアと勘違いされてのことならここまで執拗にはやられないと思うので
恐らく相当に残念な遺伝子の下にお生まれになられたのでしょう。
もちろん悪評入れておきましたけどね。

全試合の全行動が逐一記録される「HALO3」の対戦でこういう行為をするっていうのは
交番の前で自転車を盗むぐらい愚かな行為だと思うんですが。

Halo3m07

チームデスマッチもやっぱり運の要素が強いような。タイミング次第で活躍もできたり。
一試合でダブルキルを繰り返す実績を解除できたのは奇跡的だったと言えます。
でも、確実に勝つためにはやはり連携と意思疎通が必要だと思います。

「HALO3」のチーム戦はたとえばフレンド同士で4人のチームを組んだまま8対8の対戦に
参加することもできるので、その場合はレベルの均等化をおこなうマッチングシステムが
機能しないことになります。つまり歴戦の兵士が初心者と当たる可能性もあるってこと。
試合開始前にあきらかに階級章がおかしい人が混じってることもザラです。

勝たなければ1ポイントも経験値がはいらない「HALO3」の対戦において、始まる前から
勝敗が見えてる試合に挑むことほど馬鹿馬鹿しいこともないという結論にいたり
試合開始前や試合中に接続を切るプレイヤーが多いのも無理ないと思いました。
自分はそこまでカリカリしてないから適度に抵抗はしますけど。

H3odst26

続いて、小石川君と40W君と共に久々のファイアファイト。
複数のマップを経てRally PointとLast Exitで目標の20万点に達することができました。
やはりマップによってかなり難易度に差があります。人数も関係あるかもしれませんが。

それと、休憩と称して(笑)ムネタツも解除させてもらいました。
これで「ODST」の実績は900に到達。残りはファイアファイトとVidmaster関連です。



何気に看板絵をまた変更。今月は10日おきに看板絵を変える予定でいます。
言っておくけど今月だけだぜ。現在は下旬用の看板絵を鋭意製作中。

ババコンガの頭はどうやってはずれるんですか」という検索ワードを発見。…なぬ?

「DTB」の感想は言うまでもない。テンション上がり過ぎて今年いっぱい安泰です。
せっかくの堀さんが初回で…初回で…。

| | コメント (0)

2009年10月 9日 (金)

2009年10月9日

Halo3m05

引き続き「ODST」のDISK2をプレイ中。フラッグ争奪戦はそこそこ楽しめる感じ。

「HALO3」のオン対戦用ルールは多種多様に見せかけて実は3つ程度のカテゴリーに
分けられるぐらいしかなく、そのなかで細分化しているだけだったりします。
例えば武器が違うだけのデスマッチとか、奪うものが旗か爆弾の違いだけの争奪戦とか
「ロスコロ」の方がよっぽどバリエーションが多いと思えるレベルです。

唯一気になるのはゾンビ側と人間側に分かれて、感染させるか全滅させるかを競い合う
Infectionというルールなんですけどこれはマッチングでは不可能なようです。

個人戦ではどうにもならないだろうと思い、できるだけ人数の多いチーム戦を選んでます。
そうなるとチームデスマッチかフラッグ争奪戦ぐらいしかメジャーなものがなく…。
オン実績のなかには個人戦でしか解除できないものがたくさんあるのがツラいところ。

余談ですが、オンラインランクの付け方が複雑でわかりづらいと思いました。
各ルールごとにも階級があるらしい?うーん…よくわからん。

Skt2g6

しいなさんが北米版DLCを購入したということで、久し振りに「skate2」をプレイ。
久し振りにやるとさすがに腕が落ちているのを実感します…指の動きが固い。
それでなくてもトリックリストの意味を理解するのが大変なのに(すべて英文ですから)
指定されたトリックが出せないとなるともうお手上げ。宿題ができました。

そして「skate2」の閉めはなぜかいつもクーガーマウンテンのコンテナギャップ(笑)
でも以前に思ってたほど難しくないかも。時間内に3回はクリアできたと思うし。

2箇所目のコンテナはスタート地点から加速してしっかり溜めたオーリーで飛べば
2個目のコンテナの上に着地でき、toマニュアルでクリアできることが判明。
あえてレッジを狙うという難しい攻略法を選ぶ必要がなくなりました。
発売から半年以上も経って初めて気付く…。

しかし、久し振りにプレイして改めて「skate2」の面白さを実感しました。



「ベヨネッタ」の体験版が機能から配信されていますが、あえてうちでレビューせずとも
他のサイトやブログでいくらでもやってくれるだろうと思ったので欄外的に紹介。

Bayofcdemo

率直なインプレを言えば、イロモノゲーの皮をかぶった本気アクションという感じ。
「アサクリ」に匹敵するとは言わないまでも、かなり緻密に作られたステージはキレイだし
ベヨネッタを魅力的に見せるひとつひとつのモーションも楽しませてくれます。
そして痛快かつストレスのない操作感。複雑になり過ぎないコンボシステムと武器操作。
決して見た目だけに頼らない、遊べるアクションゲームという印象。

国産としては一種異様な、ある種の美学やこだわりを感じられる良作ではないかと。
スタッフが面白いと思うこと、やりたいと思うものが詰まってるのが伝わってきます。

強いて難点を挙げるとすれば画面が見づらい。敵とプレイヤーの位置取りを把握しにくい。
あとはせっかくのベヨネッタの肢体が小さめに表示されるのも気になります。
もうちょっと大きめに表示されると迫力と色気が前面に押し出されていいのになぁ…。



やっぱデジカメでキャプるのは時代遅れだと思うんだよね…。

「ベヨネッタ」をプレイしてて、なんとなく「ダイナマイト刑事」を思い出しました。
とは言ってもそんなに関連性もないんだけど、世が世なら「ベヨネッタ」も業務用として
ゲームセンターに並んだりしたのかもしれないなぁ…とか思ったり。

貴重な褐色キャラを2話目にして消しやがった「にゃんこい!」め…褐色でもないか。
マンバファッションどうのというより、うりょっちの女性キャラというのが個人的にはあまり
ツボにはいらない原因だったりするんで。しかし肌の色までは変わらんだろう…。

褐色といえば「風来のシレン4」がすげー気になるんですけど。RPGニガテなのに。

| | コメント (0)

2009年10月 8日 (木)

2009年10月8日

Halo3m03

昨晩も引き続き「ODST」のDISK2でオン対戦。ODSTのヘルメットをゲット!
「ODST」のDISK2だとアピアランスに追加される防具はODSTやスカウトぐらいなもので
本気で色々着替えがしたいなら無印「HALO3」が必要になりそうです。

なんだろう…やっぱり緊迫感がないです。「SC4」の対人対戦の緊張感が嘘のよう。
一瞬の攻防が戦果にまるで影響しないのがその原因だと思われます。
だから勝っても負けても感慨がないし、殺されて挑発されても怒りも覚えないという有様。
かといってエモート機能もないから仲良しごっこもできません。

Halo3m04

ひたすらマッチングされるのを待って、ボーッと撃ち合って結果を見るだけ。
こんな退屈なオン対戦がなんで世界的に支持されているんだろう?と困惑しきり。
けど視覚的・精神的疲労も全然ないのでボーッと続けられるというか。
得るものも失うものもない、そんな感じです。

ある程度気心の知れたメンバーとパーティーを組んでやればまた違うのかもしれません。
あとはフォージ?ってヤツを使ってみるとか。レース用のコース作ってる人もいるらしいし。
キャプ撮るのは楽しいんだけどね。でもチーム戦だと設定したカラー反映されない…。



台風一過。休校にするほどのこともなかったんじゃないかなぁ…。

先日のCT検査の結果、再発の様子もなく順調とのこと。検査間隔が3ヶ月おきに変更。
肉体的な不安もボチボチ消えてきたし、もうちょっと前向きに生きてみたいと思います。

この1週間くらいイメ検の数が多い。原因はやっぱり「勇者からは逃げられない!」。
ユニークが増えるのは嬉しいけどビミョーな気持ちになるね。

 >twitterは今日食ったものを書いていくだけなら何とかなるんじゃないかと思った
 >…思っただけ

まるで声優さんのブログみたいだ…。
でも、携帯電話で何気なくメールを送るような感覚でもいいのかなぁと思ったり。
そういえば久し振りにmixiにログインしたら同じような機能が実装されててビックリ。

| | コメント (0)

2009年10月 7日 (水)

2009年10月7日

Halo3m01

「ODST」が一息ついてしまったことと、残りの実績を解除するにも人数の問題があるので
しばらくはソロでできる何かを探そうと思って「ODST」のDISK2を解禁してみました。

「ODST」のDISK2は「ODST」の付属品ではありますが「ODST」ではありません。
その証拠にDISK2のレーベルにはどこにも「ODST」とは書いてませんし(「HALO3」のみ)
DISK2で解除される実績はすべて無印「HALO3」と共用(1750のうち875を解除可能)。
箱○の「プレイ中のゲーム」表示も「HALO3」と表示されます。

よーするにこのDISK2は「HALO3」からマルチプレイの部分だけを切り出したもの。
加えて既にリリース済みのDLCマップをすべて収録しているので、「HALO3」を持ってない
自分みたいな人間にとっては非常にリーズナブルであると言えます。
先に「HALO3」のDLCマップを個別に買ってた人には悲劇としか言いようがありませんが。

Halo3m02

グラフィックはバツグンにキレイでカラフルだから見てて楽しいです。
このキャプなんか塗装済みフィギュアをデジカメで撮影したと言っても信じられるレベル。
はじめから自キャラのカラーリングやエンブレムを選べるのも良心的だと思います。

しかし、「HALO3」のマルチプレイのインプレを言わせてもらえば…ビミョーかな。

なんか妙に面白くないというか。耐久値があるせいで遭遇戦の緊張感が薄いのかも。
数秒間派手に撃ち合いを続けなきゃいけないから第三者の攻撃に非常に弱い個人戦。
先に強力な武器を確保して包囲戦に持ち込めば圧倒できてしまうチーム戦。
敗色濃厚になるとさっさと回線を切ってしまう外人プレイヤー多数。

マッチングシステムも個人的にはあまり好きではありません。
レベルによるゲーム結果の差を縮めるのはいいけど、同じぐらいのレベルの人がいないと
ゲーム開始までの待ち時間が非常に長くなってしまいテンポが悪いです。
「ロスコロ」なんかだとホストが見切りをつけてゲーム開始できちゃいますし。

個人的にはやはり「ODST」のファイアファイト的なものをマッチングでプレイできればと
思うんですけど、あえて「ODST」にマッチングシステムを入れなかったのは何故?



なんかリンク先周辺のtwitter率が高まってきてる感じ。こえー。
自分もZAS君と同じく、twitterを始めることで他の濃度が薄まることを危惧しています。
一度書いたことを公開までの間に推敲して削除もできるからブログは気楽です…(笑)

今期数あるラノベ原作アニメのなかでも「聖剣の刀鍛冶」はなかなか良い印象。
独特の作品群からラノベ原作アニメをやるとは考えにくかったマングローブの製作だけど
そこは非常にマングローブらしい、繊細さを保ちつつ良く動く素晴らしい仕上がりに。

ただひとつ気になるのは作品の雰囲気に似つかわしい主人公セシリーのデザイン。
幼くして当主を引き継いだという弱々しさがあるのはいいけど、あまりにもオタ向け過ぎて
このへんがラノベのラノベたる所以なのかなぁ…と残念に思ってしまう。
っていうか主人公は刀鍛冶の方?じゃないんだろうな。原作の表紙飾ってないし。

今期は1曜日1作品ぐらいに絞り込めたのでホッとしてます。

| | コメント (0)

2009年10月 6日 (火)

2009年10月6日

H3odst24

「ODST」のキャンペーンモード、難易度レジェンドをソロで完遂。おつかれ自分。

最終日はコーストハイウェイのハイウェイからラストまででしたが、ハイウェイさえ過ぎれば
もう終わったものと思って問題ないかと。その代わりハイウェイは地獄ですが…。
とにかくバンシーとゴーストが恐い。絶対にブレない射撃能力と頑丈さ。
ワートホグやスコーピオンは破壊せず、運転手のみ銃殺するという器用な連中です(笑)

あとは仲間を過信し過ぎないこと。特にワートホグに同乗するバックはクセモノです。
どうやら攻撃範囲内でもっとも重要な敵を先に倒そうとする習性があるようで、
ガウスワートホグに乗り換えてからはレイスを破壊しないと他の敵を攻撃してくれません。
たとえバンシーが攻撃範囲内に飛んできても無視します。
なので、プレイヤーもそれを想定した立ち回りを要求されることになります。

スコーピオンに乗り換えてからは倒す順番を選ぶ権利が与えられますが、これも問題で
順番やタイミングを誤って攻撃するとスコーピオンでも1秒で沈みます。
いえ…正確にはスコーピオンを器用に残してプレイヤーだけが銃殺されるんですが。

H3odst25

最後の戦闘はバックにロケランを渡して室内に篭ってれば10分程度でカタがつきます。
プレイヤーはその間、細かい敵をハンドガンで倒しつつロッドガンに気を付けていればOK。
最初に「ハイウェイさえ過ぎれば」と書いたのはそれが理由です。

「レジェンドでクリアするとエンディングがちょっと違う」というのも確認できました。
ホントにちょこっとだけですけどね。あってもなくてもいいレベルというか。

さてさて、難易度レジェンドをクリアして実績の総計がとうとう1万を超えました。
とうとう5ケタの仲間入りですよ。ようやく周囲と肩を並べた感じがします。
「ODST」の残りの実績はFFなどの協力プレイ関係のみ。



今期のアニメはギャルものが多いと以前書きましたが、一応そういう新作も初回だけは
チェックしています。しかしまさかここまでド直球が多いとは予想外でした。
初回から失禁シーンが複数挿入される「充電ちゃん」には辟易。福原香織は好きだけど。

ブログに載せないまでも、整理する意味で各作品の感想をまとめています。
そのなかから紹介にいたるものがどれだけ出てくるやら。

とある筋からBitCashなるものをいただいたんだけど、使い道がなさ過ぎて困っています。
主にネトゲの有料サービスで使うのかな。でもいまネトゲやってないしねぇ。
いっそMSPでくれればよかったものを。もしくはWebMoney。

| | コメント (0)

2009年10月 5日 (月)

2009年10月5日

H3odst22

「ODST」のソロレジェンドはキコワニステーションとデータハイブを通過し、ハイウェイへ。

キコワニステーションはバンシーやロッドガンなど武器が豊富に用意してあるので
道中で詰まるようなことはまずありません(バンシーを降りてロック解除する場所を除く)。
問題はステージのラストに登場する巨大四足歩行メカ、スカラベです。

他のレベルだと足一本破壊する程度でコアへの攻撃が可能になることもあるんですが
レジェンドの場合は四本の足と砲塔、それにタレットをすべて破壊するのがオススメ。
途中で出現する敵のバンシーも放置しておくと恐いので、先に倒しておいた方がいいです。
とにかく焦らず時間をかけて慎重に。ひとつでも見落とすとアウトです。

H3odst23

データハイブは特に困ることもないかな…大量に押し寄せるドローンが非常に恐いけど
デアにレーザーライフルを持たせて先行させておくとあっさり進めたりすることも。
名前ありのNPCは基本的に死なないので有効活用した方がいいです。

コーストハイウェイの冒頭も同様に、NPCに良い武器を持たせるとサクサク進めます。
プレイヤーはハンドガンでグラントやジャッカルをHSしておけばいいかな。
あとはニードラーやグラビティハンマー、焼夷弾でブルートを適宜退治。

残すところハイウェイと最終決戦のみとなりましたが…スムーズに進めるか不安だなぁ。



み…美香ちゅわんマジか。

本日はCTでございました。相変わらずCTはテンションがクライマックスです。
箱○なんぞ軽く凌駕するほどの騒音と風、身体の周囲を高速回転する撮影装置。うへへ。
でも今回は造影剤の注射する人があまり上手くなくて結構痛かったです。

「夏のあらし!春夏冬中」は正統派続編という感じ。作風にほぼ変化はなさそうです。
しかし上賀茂が可愛過ぎる…それと、安元さんに歌わせること自体あいかわらず凄い。

| | コメント (0)

2009年10月 4日 (日)

2009年10月4日

H3odst19

「ODST」のキャンペーン難易度レジェンドはONIアルファサイト~NMPD本部を通過。

ONIアルファサイトはどの難易度でも結構難しいところなので、これがレジェンドになると
ちょっとした諦めが芽生えてくるぐらい大変でしたが…一応なんとかなりました。
ハンターにはスパルタンレーザーを惜しみなく使い、ビル内にはいったらNPCに渡して
ある程度傍観してるぐらいの状態の方が良いみたいです。

H3odst20

NMPD本部は序盤のスナイピングを要求されるエリアさえ終わればラクなもんです。
なので重要なのはエコ射撃。スナイパーライフルの弾は極力温存の方向で。
あとはどのレベルでも頼りになるハンドガンをキープしておいて、出来る限り敵の武器で
近~中距離戦闘をしのいでいけば大丈夫です。ニードラークラッシュも大事!

ソロのあとはハトのダンナに誘われ、40W君や小石川君と一緒に協力プレイ。

デアを「霊長類に近い」とか罵りつつ頭をガンガン殴っては叱られるというお祭り状態で
サクサク進んでエンディングまで辿り着きました。
あとで気付いたんですけど難易度アドバンスだったのね…やけに死ぬと思った(笑)
おかげでレジェンドとまとめる予定だった「アドバンスでクリア」の実績が解除されました。

H3odst21

そのあとは軽くファイアファイトして終了。このラストマンスタンディングは輝いてたなぁ…。
きっと種が割れてたんだと思う。…ってこの表現もだいぶ古くなってきたね。

 >昨晩はお疲れ様でした。今度はレジェンドでやりましょう!
 >ODSTで酔わなかったので、Halo3もいけるんじゃないかと。今日買ってきます。

いやー…レジェンドですか。4人でできるなら是非!(笑)
わりと本気でキツい場面もあるので、即リスポンできればかなりラクになると思います。
自分は「ODST」が終わったらDISK2を始めようかと検討中。
無印「HALO3」は序盤は画面が明るくていいけど中盤からはちょっとしたホラーです。



「勇者からは逃げられない!」で検索してくる人がやたらいるけど、買ってませんよ?
なんか今回はゲームとしての難易度がわりと高いらしい。

箱○のゲームなのに気軽にキャプが撮れるようになってしまうと、いわゆる撮影ゲーを
あえてパソコンでやる必要がなくなってしまうというか。エロは楽しみじゃないので。
「ODST」のシアターモードは多少不便だけどどのゲームにも欲しいと思える機能です。

箱○といえば最近またたくさんデモ版の配信がおこなわれています。
とりあえず「NEED FOR SPEED SHIFT」はプレイしてみましたが、やはり「NFS」というと
公道レースというイメージがあるせいかサーキットでの競争にはちょっと違和感が。
非常にゲームライクな動きで、4WDなのに後輪がすべるという謎仕様。TCSカット?

新番組「テガミバチ」なかなか悪くないです。スタジオぴえろのクセさえ消せれば…。
主題歌にスガシカオとHIMEKA、音楽に梁邦彦と耳の面では最高の取り揃え。
初回は沢城みゆきの息による演技が素晴らしかった。

「ハガレン」はもう別次元過ぎる…面白さでニヤケが出るアニメなんてなかなかないよ。

| | コメント (0)

2009年10月 3日 (土)

2009年10月3日

昨晩は「ODST」のキャンペーンモード、難易度レジェンドの続き。
詰まっていたタヤリプラザの難関を辛くも脱出し(結局ハンターは無視して素通りして)
他の実績のために何度も挑戦したアップリフトリザーブに突入しました。

H3odst15

そこでVidmasterチャレンジのひとつ、「クラシック」の実績を解除。
これは難易度レジェンドの任意のミッションで、一度も武器を使わずにクリアするという
言わばソロでおこなうムネタツのような課題。アップリフトリザーブが最適なんです。
自分が攻撃しなければいいだけなので、ワートホグの同乗者に強力な武器を持たせ
速攻で駆け抜けてしまえばいいんですが…あっちこっちで引っ掛かりました(笑)

可能であればすべての敵を無視してゴールに辿り着いてしまうのが一番なんですけど
難易度レジェンドだとレイスやタレットの砲撃がかなり正確で恐いです。

H3odst16

続いてキジンゴロードも通過。ここはさほど苦戦しなかったかな…?
スコーピオンに乗ってるとはいえあまり突っ込まず、敵の出現を見ては一歩後退して
ひとつひとつ確実に潰していくようにすればなんとかなります。

H3odst17

スコーピオンは外観をじっくり見ると、こだわりをもって造形されているのがわかります。
まさにサソリのような砲塔は従来の戦車がニガテな俯角をとっての砲撃が可能ですし
搭乗者の荷物がくくりつけてあったり、注意書きがあったりと良い雰囲気です。

H3odst18

そして、かなり深い時間になってからハトのダンナ40W君と一緒に協力プレイ。
難易度ノーマルでタヤリプラザからキジンゴロードの冒頭まで同行。
ワートホグにODST隊員が3人乗ってる様子は壮観でした。

協力プレイでも敵の攻撃が厳しいのは変わりないんですけど、仲間が生存していれば
そこからリスポン可能なのは非常に便利で助かります。
あとは誰かが注意を引いてる隙に背後から殴り一発で倒せたりとか。

あれ?そういえばダンナも「ODST」買ったんだ…。

昨晩はまこP配信の「ロスコロ」と「GTA4」の対戦に参加したり、その対戦中にほかの
フレンドから「GTA4」のお誘いが来たりとなんだか色々忙しかったです。
USBキーボードを用意してから箱○でメッセージを打つのがラクになり、ついつい文章が
長くなりそうになってしまうのがちょっとした問題。短くサクッと送らないとね。



何気に看板絵をこの週末限定で差し換え。リニューアル直後だってのに…。
誰だかわからない人も多かろう。少なくともうちのバンビさんではないぞ。

今期の新番組は全体的にギャルものが多いなぁ…いわゆる4コマ原作系のような
同じ女の子ワンサカでもほのぼのした作品なら見るんだけど、本当にド直球な内容だと
見る気が失せるというか。消化不良中に特盛りのパフェを出される心境。
そんななかで辛くも残った視聴予定の新番組は以下の通り。

 ・「にゃんこい!」(初回視聴済)
 ・「とある科学の超電磁砲」(初回視聴済)
 ・「夏のあらし!春夏冬中」
 ・「聖剣の刀鍛冶」
 ・「DARKER THAN BLACK -流星の双子-」

これに前期から引き続きの作品が加わり、一週間で9作品という感じに。
ただ、これ以外でも「初回ぐらいは録画して見よう」というものもなくはないと思います。
今期は本数が少ないから多少の増減があっても負担にならないし。

一応リニューアル前までの分としてキリをつけるため「バスカッシュ!」最終回の感想を
書こうと思いますが、やはりこの作品に歌の要素は必要なかったんじゃないかと。
最終回でもシトロン…というか中島愛と歌を強引に世界の平和に結び付けていたけど
完全に浮いていたと言わざるをえません。それ以外の部分はまあよかったかな。

テコ入れ後の大風呂敷の畳み方としては無難というか(笑)理解しにくい展開だったけど
一応バスカッシュという競技としてラストを迎えた点はよかったと思うし。
でも、ここから更にビジネス的拡大を図ろうというのは厳しそうな気がします。

| | コメント (0)

2009年10月 2日 (金)

2009年10月2日

H3odst13

昨日の記事でちょろっと書いたプラズマガン関係の実績「エンジンブロー」を解除。
やはり予想した通り、アップリフトリザーブの一番最初のエリアが最適のようです。

H3odst14

最初のワートホグがころがってるところにグラントやブルートの集団が攻めてくるので
グラントからプラズマガンを強奪し、その後やってくるチョッパーかゴーストを狙って
チャージショット→殴りで解除できました。難易度はビギナーです。

 >>乗り物に乗ってる敵ってどこにいるんだろう?アップリフトリザーブあたりが妥当?
 >ゴーストとチョッパー以外は奪えないらしいので
 >アップリフトリザーブかオンでやるしか無いっぽいです

…てなわけでコメントをいただく前に解除してしまいました。
実はモンバサ市街地でも時々ゴーストが出現するのでできないことはなさそうなんですが
出現確率がかなり低いので、確実な方法とは言えません。

オフラインでひとりで解除できそうなのが「難易度レジェンドでクリア」だけとなったので
ためしに始めてみたんですが…タヤリプラザの広場のところで頓挫しました。
コヴナントカービンとジャッカルの狙撃が恐過ぎます。このあとハンターも出てくるの?
これをソロでクリアして「今回のレジェンドはヌルい」と言ってる人もいるしなぁ…マジか。

そのうち協力プレイでなんとか…。



今期の新番組が早速始まりましたが、とりあえず「にゃんこい!」は当たりだったかな。
多少ベタな感じはするものの猫側のキャストの面白さもあって引っ張ってくれそう。
監督は旧アニメ版「ハヤテのごとく!」の川口敬一郎。

そういえば他所でもとっくに報告あると思うけど、「キングゲイナー」最終巻出てましたね。
amazonから届くまでは半信半疑だったんですが無事手元に。かなり分厚いです。
今度病院行くときにでも持っていくか…って次回、久し振りのCTだ。

リボの「QB」シリーズの最新作メナスがちょっと気になる。今までで一番顔が良さそう。
でもこのシリーズを部屋に堂々と飾っておく勇気はないな(笑)

「MGS:PW」TGS以降の感想を受けて操作系統を改善中とのこと。ちょっと安心。

 >劇的なほどにガラッと変わるのかと思ったらそうでもなかった
 >でも色合いは今の方が好きだな
 >黒い背景って閉塞感を与えるらしいよ

あくまでリニューアルであってサイトイメージの変更ではないですからね。

背景が白系になったことでの唯一の問題は記事に貼るキャプ画が浮いてしまうこと。
周囲が黒いと配色のリズムが良いので気にならないんですが…。

| | コメント (0)

2009年10月 1日 (木)

2009年10月1日

H3odst11

昨晩も「ODST」の細かい実績をふたつ解除。

「コンビネーションキル」の実績を解除するために、モンバサ市街地でグラントを探しては
プラズマガンを強奪しジャッカルやブルートを撲殺していました。
普段は落ちてても拾いもしないプラズマガンなのに、いざ必要になって探してみると
なかなか落ちてないという…それと意外に盾持ちジャッカルが少なくて大変でした。
難易度イージーのジャッカルならチャージショット→殴りで倒せます。

H3odst12

プラズマガンついでということで「ターゲットキラー」の実績も解除。
むしろこっちの方が大変だったかも…うっかりブルート倒しちゃって自爆させちゃったり。
プラズマガン関係の実績はもうひとつあるんですが、どこで解除すべきか検討中。
乗り物に乗ってる敵ってどこにいるんだろう?アップリフトリザーブあたりが妥当?

実績の残りの大半はFF関係。野良でできないからどこかの募集に乗るしか…。
あとはキャンペーンのアドバンスとレジェンド。ムネタツも残ってます。



さて、リニューアルで具体的に何が変わったのかを箇条書きにしてみたいと思います。

 ・デザイン変更
 ・レイアウトのピクセル単位の変更(すげー地味)
 ・記事タイトルの割愛
 ・アニメの感想を廃止(非・完全廃止)
 ・記事全体をですます調に

本当は右の柱を左に移す予定で、実際一時的に左に移動させたんですがしっくり来なくて
結局元通りに戻してしまったというのはナイショ。やっぱこれが見やすいし。

今後しばらくこれで試してみて、改善したい点は随時変更ということでひとつ。
しかし記事タイトルの考案やアニメの感想は日課になっていた感があり、しばらくの間は
うっかり書いてしまいそうな感じがしなくもない…いや、書いてもいいんだけどさ。

読みやすい文章量にするのがリニューアルの本意ですが、読んでほしいことがある場合
その制約を破って以前のような長文を書く可能性もあるとあらかじめ言っておきます。

 >なんてこった、ここがエロサイトになってしもうた

こんなもんでエロサイトって…いつの時代の中学生ですか。

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »