« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月31日 (火)

2010年8月31日

Ac6cap14

「AC6」4周目はミッション9まで終了。架空機の特殊兵器が強過ぎてEXPERT意味ない!

4周目はファイター機縛りとネームド機体の全撃墜が目的で、架空機はファイター機だから
それは気にしなくていいとして、問題はネームド機体の全撃墜です。
いまのところすべてのネームド機を撃墜できてるので今後も順調にいってほしいです。

ネームド機はターゲット指定されていないものばかりで、僚機や支援攻撃などでうっかり
ターゲット指定されている敵機すべてを落としてしまうと消滅してしまうわけです。
だから、出現条件を満たしたら真っ先に探しに行って確実に撃墜しなければなりません。
画面左に表示される撃墜報告をこんなにチェックすることは後にも先にもないでしょう…。

ミッション9のアイガイオン戦の場合、アイガイオンのコックピットを攻撃するように促される
あたりでアイガイオンから発進することになってたそうですが…よくわかりませんでした。
ただ、ミッション9でターゲット指定されてない敵機はアイガイオンに燃料を供給していた
6機の補給機とネームド機体だけだと思うので見分けはつきやすいです。

ネームド機体はひとつ落とすごとに機体カラーとアサルトレコードが追加されていくので
収集好きの人はわりと楽しめる課題なのではないかと思います。



昨晩自分がTogetterに投稿したリストが予想に反し、多大な反響を呼んでしまったことに
非常に驚くのと同時に、リスト化したツイートの発信者様に対し申し訳なく思っています。
リスト番号をTwitterで検索すると、様々な感想と同時に幾重にもRTが繰り返されていて
改めてTwitterの伝播能力の強さと速さを思い知りました。

自分の考えをひとつ言うとすれば…「原作を超えた」という現象はありえないと思ってます。

仮にそれが原作を補完して余りある出来だったとしても原作に対するリスペクトがある以上
間違っても「原作を超えた」「公式にしろ」という評価はつかないはずです。
そういう評価を下す人の中には原作に対するリスペクトの心がないのではないかと…。
飢えた多くの民に施しを与えた牧師を「神を超えた」と称えるようなものです。

同様に、牧師自身には神に対する尊敬と畏怖の念があるので「俺は神を超える」という
邪な理想は生まれようがないと思うんですが…なにせ二次創作ですからね。
オリジナルではない以上、どんなに結果を残したって他人のふんどしなんですから。

自己表現の場として未読の原作を利用するというのはなんかもう…よくわかりません。
描き慣れたコピペ顔のキャラにコスプレさせただけのエロ同人誌で小銭を稼ぐ的な感覚と
同じものと思われても仕方ないような気がします。

少なくとも、それで原作の客数拡大に貢献してるとは思わないでほしいですね。
そもそもリスペクトがない時点でその人の中には貢献という概念が存在しないはずですし
それによって拡大されるのはあくまで二次創作作品のファンです。

でも…東方ではたびたび「原作未プレイの人が圧倒的に多い」なんていう話も聞きますし
残念ながらそれが昨今の二次創作のスタンダードになりつつあるのかもしれません。
アイマスやったことないとプロデューサーやっちゃだめなんですか」という不可解な発言を
なんの矛盾も感じずにツイートする人がいるあたり、それを裏付けていると思います。

インターネットの浸透によって、原作に触れるよりも先に二次創作とそれらの活躍の場に
出会ってしまうケースが格段に増えているのかもしれません。ニコ動然りpixiv然り。
そのうち「二次創作でファンになったけど原作見たら全然違ってて合わなかった」とかいう
妙な状態になりそうな…いや、現状既にそういう人たちも間違いなくいるでしょう。

なんかモヤモヤするわぁ…この記事もうまくまとめられた気がしないし。

| | コメント (0)

2010年8月30日 (月)

2010年8月30日

Ac6cap12

「AC6」3周目クリア。かなりハイペースといえばハイペースかもしれません。

バルカン縛りでの終盤3つのミッションですが、ミッション13のパステルナーク戦を越えれば
あとはそんなに厳しくないです。っていうかほぼ僚機のおかげですが…(笑)
ミッション13のパステルナーク戦も、普通にミサイル使うよりバルカンの方がラクかも。
常時撃ちっぱなしにしながら旋回してると無人戦闘機が勝手に当たって落ちてくれます。

Ac6cap13

アタッカー機およびバルカン縛りクリアは無事成功し、該当する勲章をゲットしました。
ついでに余裕があるときに前線着陸しまくって前線着陸10回の実績も解除してあります。

さて…早くも4周目の話題になりますが、今回は難易度EXPERTでネームド機コンプ狙い。
自機の耐久力はHARDよりも更に落ちて、敵のミサイル一発でも当たれば即アウトですが
今回は自機に架空機&厨兵器を使えるのでバランスはイーブンだと思います。
問題はネームド機の発生条件と撃ち漏らししないようにしなきゃいけないことですよね…。
念のためにオートセーブはOFFにしておこうかな。



Xperiaのデジカメの設定がだんだんわかってきました。そのうちまとめて説明しようかな。
とはいえ、Xperiaでゲーム画面撮影してるのなんてネット広しと言えど自分ぐらいか…。

一応本日がPC経由、明日が端末で直接アップデートをおこなえるようになる予定ですが
追加される機能がどれほどのものなのやら…なんでも、英国版ファームの最新分と同等の
ものがリリースされるという噂もあり動作の高速化が期待されます。

アニメの感想は本日は割愛。女の子がすっぽんぽんになるのばっかりだったよ(笑)

| | コメント (0)

2010年8月29日 (日)

2010年8月29日

Ac6cap11

「AC6」3周目はミッション12まで終了。やはりアイガイオンが大きな壁となりました…。

それまでと同じようにTornadoで出撃して試していたんですが、最後のコックピット攻撃が
どうにも成功せず10回ぐらい墜落した時点で一旦休憩。集中力が限界でした。
で…1時間ほど休んで再開したとき、ためしにA-10で行ってみようと思いつきで出撃すると
なんと一発でコックピットを撃破(笑)あっけなくクリアできてしまいました。

原因はA-10のバルカンが特殊な角度で設置されていることにあります。
ほかの多くの機体が同軸機銃であるのに対し、A-10のものは若干斜め下に発射される
という地上攻撃向きなセッティングになっていたのでした。

この特殊な仕様により、ほかの機体ではアイガイオンの真正面から狙わなければならない
コックピットを背後から…というか、同じベクトルで移動しながら狙えるんです。

ただ、やはりA-10やF-117は飛行速度が遅いので局地的な使用に留まると思います。
実際そのあとのミッションでためしにA-10で出撃したら物凄く大変でしたからね…。
A-10は対アイガイオン用の機体として割り切って使うのがよさそうです。

ちなみにトンネル内のターゲットを狙うミッションについてもA-10は不向きと言えます。
斜め下に向かって攻撃する都合、天井からぶら下がってる障害物を排除しにくいのです。

…本日の画像、角度と色合いのせいかハセガワの箱絵っぽい感じ。



Xperiaはネットのあちこちで言われてるほどガッカリな端末ではないですよ。
Android端末はカスタムしてナンボなところがあるし、持ち主ごとに付加したい機能だとか
使う目的がハッキリしていないとガッカリな結果になってしまうことがあるというだけです。
そのへんは非常にパソコンに似てます。あくまで道具だということ。

でもまあ…何も考えなしにスマホを持ちたいならiPhoneが無難だと思います。
理由はシェアが大きいから。iPhoneがDSやPSPだとしたらXperiaは箱○です(笑)

DSやPSPはシェアのおかげで、ゲームに対して主体性がなくても楽しめるハードなんです。
(「友達がプレイしてるから」という理由でモンハンなどに参加してしまえるという意味)
箱○は具体的な展望があって自分でなんとかできる人でないとオススメできません。
箱○とXperiaはネット上での叩かれ具合においても非常に似てるので、覚悟が必要です。

「仮面ライダーW」最終回は蛇足な印象が強いものの、ハッピーエンドとしてまとめることと
特別編というかエピローグというか…ファンサービスとして考えれば妥当だったかな。
ひとつのエピソードにまとめるためにかなり窮屈な編集になってしまったことが惜しいけど
「W」でやっておくべきことはこれですべて消化できたのではないでしょうか。

個人的にはハッピーエンドでなくてもよかったというか…強引にフィリップと再会せずとも
この「W」という作品は先週の時点で成立していたと思うんですよね。
そういう意味では若菜姫が現世に残っていた方がシリアスな印象を強められたと思うし。

「題名のない音楽会」のゲーム音楽特集は無難な内容でした。豪華だったけどね。
やっぱNHK-FMが飛ばし過ぎだったんですよ…先にあれをやられたら勝てないでしょ。

| | コメント (0)

2010年8月28日 (土)

2010年8月28日

Ac6cap10

「AC6」2周目クリア。難易度HARDでのクリアなので架空機体CFA-44が追加されました。

HARDの終盤ふたつのミッションはHARDとはいえそれほど難しさは変わらなかったかも。
むしろ最終ステージは前回の経験が活かせたのでかなりラクにクリアできました。
最終兵器の攻撃によりグレースメリアが大変なことになってる的な無線で焦らされるけど
実際はそれがクリア時のランク判定に影響したりしないので、ゆっくり慎重にプレイすれば
たとえ対地用の特殊兵器が弾切れになってもまったく問題ありません。

むしろバルカン強いし扱いやすいですよ…マジで。射程距離は短いですけど。
3周目はアタッカー機体&バルカン縛り、難易度NORMALで既にミッション5まで終了。
僚機にCFA-44が使えるようになったので掃討能力が格段に向上したこともありますが
アタッカー機独特の低速飛行とバルカン掃射による地上攻撃はバカにできません。

ただ…つまり対空攻撃が大変ってことなんですけどね。完全に僚機まかせ(笑)
アタッカーに分類されている機体は3種類しかなく、アフターバーナーまで加速できるのは
Tornado GR.4だけなので選択の余地はありません。
A-10とF-117をあえて使う場面はおそらく今後ないと思いますよ…趣味機体扱いかと。

余談ですがTornadoのエストバキアカラーが迷彩なので地味にカッコいいです。



Xperiaのアップデートが今月30日に来るとか。Android自体のアップデートではないですが
いままではユーザー単位で対策しなければならなかったiモードメールの送受信機能など
あれこれ強化されるので、改革の第一歩と捉えてよいと思います。

みんなが心待ちにしているであろうAndroidのアップデートはいまのところ「秋」とだけ…。
まあそんなに焦らなくてもいいかな。来るというのだから待とうではありませんか。

アップデートが来るといえば、箱○もキネクト発売に向けてアップデートが来るそうな。
キネクト対応サービスを表示するための新デザインのダッシュボードが主な変更点ですが
それに付随してボイスチャットの音質改善などもおこなわれるんだとか。

「秋」…もうそんな話題が出て当たり前な時期ですもんね。箱○だとまずは「Reach」。
正直なところ、ほかにもやりたいゲームが多過ぎてマジで悩んでます。

| | コメント (0)

2010年8月27日 (金)

2010年8月27日

Ac6cap08

「AC6」2周目はミッション13まで終了。パステルナーク戦でかなり時間を取られました。
UFOのように不規則な軌道で高速移動する本体と無人戦闘機27機、合計28機を相手に
戦い続けること約1時間(笑)初めてタイムオーバーまで経験しましたからね…。

常に5~6機の無人戦闘機にピッタリと追いかけられつつ掃射されるバルカンをかわして
なおかつ本体が放つミサイルの弾幕もすべて避けなければならず、警告音は四六時中
鳴り響くわ太陽と雲で視界を遮られるわで本当に大変。

けど面白い。長時間全神経を集中してると感覚が研ぎ澄まされていくのがわかるというか
一心不乱に落とすか落とされるかの駆け引きを続けるのが快感になってきます。
やるべきことがシンプルだからいいってのもあると思います。

Ac6cap09

しかしまあ大変でしたよ…対空ミサイルが尽きるたびに前線の空港に着陸していたら
離陸時に猛攻撃を受けて離陸すらままならないなんてこともありましたし(笑)

ちなみに、懸念していたミッション12はまったく問題ありませんでした。まさに読み通り。



Xperiaのカメラのセッティングが未だに安定しません。なかなか扱いが難しいです。

紗江ちゃんの作画かわいかったのう…しかしなぜ急にナレーションを入れたんだろう?
まさか中多だから中田譲治さん呼ぼうぜ!的なその場のノリで決めたんじゃないだろうな。

腹式呼吸を意識するための最も初歩的な練習方法は寝ながら発声することだったと記憶
していますが、接客時の声の大きさはお店の雰囲気によりけりだと思いますよ。
それこそ梅ちゃんの実家みたいに寿司屋なら必要だけどファミレスはどうなんだろうね…。
お店によっては品位を意識してあまり大声を出さないようにするところもありますし。

紗江ちゃんED曲はもっとボサノバっぽい編曲にしてほしかった気がします。ベタでもね。

「HERO MAN」にたびたび登場するあの写真、ジョーイのお母さんだったのね…(笑)
姉ちゃんの髪色は父親譲りということになるけど、性格的に地毛金髪であってほしかった。
でもまあ…だいたい息子は母親似、娘は父親似になるもんです。あ、姉妹だったか。

物語はいよいよ終盤。すべてがひとつにつながると言うほど多岐に渡ってないような…。

| | コメント (0)

2010年8月26日 (木)

2010年8月26日

Ac6cap07

「AC6」2周目はミッション11まで終了。歯抜けになってた選択肢は順調に埋まってます。
しかしあのトンネルくぐる任務はちょっとだけ躓きました…今回マルチロール縛りにしてる
都合もあって、低速で慎重に飛ぶっていうのがなかなか難しいんです。

トンネルをくぐりつつ、トンネル内部のターゲットを撃ち漏らさないようにしないといけないわ
トンネル上部からぶら下がってる障害物は対処しなきゃいけないわで大変でした。
コツってわけでもないですけど、バルカン掃射しつつターゲットにミサイルも撃っていくと
障害物にぶつかって墜落することだけは避けられると思います。

次のミッション12も問題だなぁ…前回の失敗で学んだからちゃんと対策しないとダメだね。
僚機を遅めのものにして、対地攻撃が完了したら全速力で逃げてみようかな。
あの数の敵機をマトモに相手してたら大変だしね。援軍を待った方が賢いでしょう。

余談ですが写真ブレブレでごめんなさい。これだけ動きのあるゲームだと厳しいです…。



ここ数日「ADW.Launcher」が細かい更新を繰り返し、ドロワー(いわゆるアプリトレイ)に
とうとうアプリの分類機能が搭載され、普段使わない不要なアプリを選別して非表示に
することができるようになりました。これはマジで便利。

まあ…それでも邪魔くさいアプリが勝手に起動するんですけどね。
定期的にサーバにアクセスしようとするタイプのアプリを強制的にシャットアウトするような
アプリがあれば便利なんですが…root化した方が早いとか言わないように。

「ストライクウィッチーズ2」のシリアス回は単発ですかそうですか…来週元通りっぽいよ。
パワーアップ展開のベタさや大和に艦載されてた都合の良さ、扶桑艦隊を襲うネウロイが
ビミョーにヤバげなデザインだったことなどシリアス回でもツッコみどころは多かったけど
震電のカッコよさを前にするとイチャモンをつけるのも野暮な感じさえします。

もともとの震電は後退翼の機体なんですが、ストライカーユニットとしてアレンジした都合で
前進翼のように見えるというのも新型っぽさが強調されてて良いですよね。
正しくは前翼型と呼ぶらしいけど、その前翼の意匠も再現されているのが細かいポイント。

艦隊戦にかけるスタッフの情熱はあいかわらず(笑)それとストライカーユニットを置いてた
格納庫内に零観みたいなのも置いてあったけど、まさに誰得という描写…。

| | コメント (0)

2010年8月25日 (水)

2010年8月25日

Ac6cap05

「AC6」2周目を難易度HARDではじめました。昨晩の時点でミッション8まで終了。
あんまりHARDになった実感がないのは、おそらく引継ぎで性能の良い機体があることと
1周して多少は腕が良くなってるからだと思います。かなりサクサク進んでるし。

一番大きいのは特殊兵器の使い方が上手くなったことにあると思ってます。
最大6つまで同時にロックオンできる対空兵器や最大4つの地上施設を垂直に破壊できる
対地兵器の使い勝手が異様に良く、使うのと使わないのとでは大きく違ってきます。
特に前者はミサイルよりもロック可能な距離が長いため、敵機が回避行動に移るまでに
撃墜できる可能性が高いのでバンバン使った方がいいです。

Ac6cap06

弾が切れても作戦時間内ならいくらでも補給できるってのはかなり甘めな仕様ですよね。
たとえ前線で確保した飛行場であっても、近くまで行ってLS押し込み→スタートボタンで
着陸シークエンスぶっ飛ばして補給できてしまうし。完全にチートです。

今回は勲章狙いもあって、全ミッションをマルチロール機縛りでクリアしていきます。
マルチロールというのはあらゆる局面で運用可能なオールマイティな機体を指すもので
分類としては他にファイターやアタッカーなどがあります。
これらは機体選択画面で確認可能です。マルチロールはかなり少なめですが。



以前にここで話した8月中に届く云々の話ですが、9月上旬という正式通達が来ました。
どういう相手か詳しくは言えませんが、大手企業もロクなもんじゃないと思います。

しかし…いくらアニメとはいえクシャミした瞬間に前髪切るほどバカな子はいないよ(笑)
パッツンはパッツンでかわいいかもしれないけど、普通の文房具として売ってるハサミは
髪束相手にあれほどの切れ味を発揮することはまずないし。
あの前フリで澪がホントにドレッドで来たらどれほど面白かっただろうか…。

世間的には律っちゃんの前髪再来に歓喜してたようだけど、個人的にはそのあとの澪が
カチューシャを正しい位置にセットできたことの方が百合百合しててよいのではないかと。

澪の進路選択はあれでよかったのかな。いや…唯律が澪の水準に辿り着けるのか心配。

| | コメント (0)

2010年8月24日 (火)

2010年8月24日

Ac6cap03

「AC6」1周目クリアしました。いやー…期待していた程度には楽しめたと思います。
ただ、終盤の展開は整合性が取れてるかどうか微妙な気もします。そこを強引に押し切り
いかにもACシリーズらしい(笑)最終ミッションになっていたのではないかと。

何を言わんや細い通路ですよ。多少は予想してたしネタとしても出てくるとは思ってたので
覚悟はできていましたが、思いのほか簡単な要求だったのでホッとしました。
しかしあの場面で「本当のコアはここだ!」みたいな会話が始まったときは「やっぱり…」と
思うのと同時に「いいかげんもういいでしょ…」とも思ってました。

全体を通してストーリーを振り返ると…及第点かな。キレイにまとまっていたと思うし。
「ACにストーリーはいらねえよ」ぐらいに思ってる人には決して語り過ぎていることはないし
「ストーリーもちゃんと見たい」と思う人には多少物足りない程度に納まる感じというか。

あれだけのことをやったエストバキアが停戦後、世界的にどのような扱いを受けるかなど
気になる部分はあるんですけどね…グレースメリアだって大変なわけだし。
そのへんがモノローグなりでキチンと説明されていればよかったのではないかと思います。

Ac6cap04

勲章やメダルにだいぶ空きがあり、今後はそれらを埋めていくのが主な目的となりますが
難易度を上げて挑戦する必要があるので簡単にはいかないと思います。
そのうち機銃のみでオールクリアとかもやらなきゃいけないんだよなぁ…できるのかな。

そういえばストーリーに分岐はないのに名前ありパイロット一覧が埋まってないんですが
これって難易度や担当したルートによって変わってくるんでしょうか。
っていうか、ここまで細々とパイロットの設定がなされていることに驚きました。



ここ最近自分のなかで新垣結衣の好感度がグングン上がってます。内面的な意味で。
それらがすべて『作り』ではないという前提での話ではありますが…一応信じておきます。

今週の「オカ学」のまとめ方はちょっと強引&性急過ぎた感じがしました。あと違和感ね。

アニメの都合だとは思うんですが、親チュパカブラの牙の長さから考えると失血しなくても
内臓にかなりのダメージを負いますよね…亜美ちゃん平然とし過ぎじゃねーの(笑)
あの体躯であればアゴ自体の力も相当なものだと思うし、骨もタダでは済まないのでは。
でも、ネイルガン数発で首が吹っ飛ぶ程度に体組織が脆かったのかも。謎。

遺骨の数からして、ゲイナー君と同じように誘拐されて死亡した人たちがかなりいるのに
そのことが町で話題になっていないのもおかしいのではないかと。あの数だし。
まあ…隠蔽されていたと解釈したらすべてクリアになってしまいますが。

ところで、名前の一番はじめが『水』の声優さんっていうと誰でしょうね。
何人か心当たりはあるものの、あの歌声に合致する候補が思いつかないんですけど。

| | コメント (0)

2010年8月23日 (月)

2010年8月23日

H3odst38

前回からだいぶ間が開いてしまいましたが、昨晩は「ODST」の実績解除のお手伝い。
レジェンドCo-opのデータハイブ以降ということで全員が気を引き締めてかかったところ
予想外にサクサクと進み、1時間もしないうちにエンディングを迎えてしまいました。

まあVidmasterデジャブの解除を目指すのでなければこんなもんかもしれませんね。
アレはわりとガチで厳しいからなぁ…正直二度とやりたくないレベルの面倒クサさです。
エンデュアも同じくらい大変。クラシックはひとりで解決できるからよし。

H3odst39

ファイアファイト各ステージの実績もいづれ挑戦することになるのかな…もしやるとしたら
成功率を高めるためにもあまり難易度を高くせず、ゆっくりやるべきだと思います。

「ODST」が予定よりも早く終わったため、残りの時間は「AC6」の1周目を進めました。
昨晩の時点でミッション13まで終了。グレースメリアの解放戦が終わったことになります。

パステルナークさんカッコ良過ぎる…しかし敵に回すとメチャクチャ厄介な人でもあり。
ミッション13の後半でパステルナーク率いる無人戦闘機の大群と戦うことになるんですが
その軌道がハンパない。「マクロスプラス」のゴーストX-9を彷彿とさせます。

個人的にはミッション13よりも12がキツかったですね…うっかりF-117で出ちゃったから。
序盤が対地メインの隠密作戦だからってF-117を選ぶととんでもないことになりますよ。
僚機は先行して敵に捕捉されちゃうし増援から逃げ切ることもできないしで散々です…。
もうひとつ厄介なのは撤退ライン付近に広がる大きな雲ね。トラップだらけじゃねーの!!



8月中に送ると言われたものが未だ送られてこない罠。まだ8月だから待ってやんよ…。

「オオカミさん」の悪フザけっぷりに文字通り噴飯。冒頭からナウシカネタとかマジでズルい。
おつうさんの中の人ネタや同スタジオ製作アニメのキャラが登場したりと、いままでにない
パロディの応酬が目に付きましたが、それより過去のゲストキャラが総登場したことの方が
特筆されるべきポイントだったのではないかと思います。

執事の名前がセバスチャンだという刷り込みの起源ってなんなんだろう?と思い調べると
「ハイジ」が起源だとか。いや…正直そういう世代じゃないからわからないです。
っていうかwikipediaにセバスチャンという名前の単独ページがあることに驚きましたよ。

セバスチャンといえば、セガから「黒執事」のプライズ関係の商品が出てるのを知りました。
最近ゲーセンとはホントに疎遠だからなぁ…しかしゲーセン行く層に需要あるのかな。

| | コメント (0)

2010年8月22日 (日)

2010年8月22日

Ac6cap01

というわけで…いつかやりたいと言い続けてきた「エースコンバット6」はじめました。

既に発売から3年近く経ち、その評価も出尽くしているので今更レビューの必要もないけど
これ以降に発売された「H.A.W.X.」ならびに「2」がこの「AC6」を超える水準を満たせてない
というのを鑑みると、当時としても凄いものだったんじゃないですかね。
地上攻撃が多いというミッションも思ったほど苦痛ではないし、かなりスリルがあります。

っていうか…うっかり敵陣に飛び込むと警告音がうるさくて素でイラつく(笑)
わりと一騎当千な雰囲気のあるACシリーズですが、Normalでも援護要請前提の難易度で
チームワークで戦うことの重要性や、ポイントごとの攻略を重んじている作戦の内容などが
頭を使わせてくれるのでよいと思いました。援護強過ぎだけども…。

ひとつ気になるのはムービーシーンかな…ミッション3ぐらいまでは映画的な展開もあって
続きが非常に気になる作りになってるけど、途中からメリッサ視点の淡々とした独白が続き
ストーリーに抑揚がなくなってしまうのが問題ではないかと。
ムービーの編集自体もだんだんドキュメンタリー風味で味気なくなってくるし。

Ac6cap02

とりあえず初日のテンションでミッション8まで終わらせてしまいました。楽しんでます。
実績関係はとりあえずオフラインコンプが目標かな…オンライン関係は目標数おかしいし。
バンナムは実績の目標数を100に設定するのが好きなんですかね?



もういいから夏終わってよ…高校野球とコミケが終わったら夏は終わりなんでしょ?
暑いと食事も睡眠も苦痛で仕方なくて、生きてるだけでストレスがアフターバーナーです。

「仮面ライダーW」も次回で最後ですか…最後にフィリップが残したロストドライバーを使い
最終回ではジョーカー単独で戦うという流れが熱い。しかしどう締めくくるのか…。
ユートピアについてはかなり巻き気味に倒す結果となってしまい、ラスボスらしい重さが
あまり感じられなかったのが少々残念。やはりテラーがラスボスであってほしかった。

余談ですが「W」見てる最中にテレビが故障しました(笑)
テレビの背面側にあるS端子1と2のうち、1は以前に壊れて白黒化しちゃってたんですが
本日とうとう端子2も白黒化し、ためしにつないだ正面側の端子3も白黒になってました。
つまり…S端子が使えなくなっただけで他の接続では普通に映るってことです。

居間で使っていたテレビを地デジ化した際に引き取った年代モノのテレビなのでそろそろ
寿命が来てもおかしくないし、買い替えの時期が迫っているのかもしれません。
しかし不便だなぁ…完全移行したらいまのHDDレコーダーも使えなくなっちゃうし。

| | コメント (0)

2010年8月21日 (土)

2010年8月21日

X360nxe36

本当はもう場つなぎする必要なくて、昨晩から新しいゲームを始める予定でいたんですが
フレンドがタイミングよく揃ったこともあり「ベガス」の協力テロハンをやることに。
しかし…難易度リアルで人数・高はキツい。味方が全滅した回数の方が多かったです。
でも、数少ないクリアの経験値で階級がひとつ上がって使える武器が増えました。

その後は「BF1943」を1回だけ(製品版を持ってないのでひとつのマップ限定で)やって
休憩を挟んだあと、XBLAの無料ゲーム「AEGIS WING」のCo-opを久し振りにプレイ。
みんなが実績コンプできるまでやりたいけど、スコア系実績が意外に難しそう。

余談ですが、パーティー4人のアイコンがそれぞれ違うウィッチでちょっと面白かったです。
なんかドンジャラみたいな(笑)トゥルーデがいたらカールスラント揃ったのになぁ…なんて。

Pdiva2demo1

一昨日に引き続き「LoA」と「DIVA 2nd」の体験版も少しだけプレイしました。

「LoA」はようやく防具を強化できるだけの素材が揃いましたが、武器の生産に必要なのは
ほとんど砂漠でしか取れないってのは凶悪な仕様ですよね…ボス戦めんどい。
モンハンみたいに採集系のクエストとかは用意されるんでしょうか。

「DIVA 2nd」は「Just Be Friends」を気に入って、Normalで繰り返し挑戦しています。
でも最高で28万点ぐらいしか出てないな…COOLのタイミングがビミョーにズレてるような。



安物買いの銭失いではないけど、安い方に飛びついたことで高い方を買う以上の苦痛を
同時に手に入れるということが時折ありますが、昨日はその最たるものでした。
価値観には個人差があるのは承知してるけど今回のケースは常軌を逸しておりました。

そうだなぁ…たとえて言えば、調理担当者がトイレに行ったあと手を洗わないまま握った
おにぎりを買わされて「食べても死にはしない」と言われたような感じでしょうか。
じゃあお前さんは他人にそうされても文句は言わんのか?と。
そこで「別に気にしないよ」って言われたらその時点でこの話題はアウトなんですけどね。

あきらかに商品価値を下げる要素がある場合、その点を了承させぬまま売りつけたなら
法的に詐欺が立証できるかは別としてその人の信用を著しく失墜させることになります。
どんなに安価な取引でもそれは信用で成り立っていることを努々お忘れなく。

ハンナは大変だなぁ…目潰しされたり剣飲まされたり、腹にチェーンソー突き立てられたり。
アロイスサイドの展開のためにわざわざ専用OP&EDと新ED曲を用意したのは凄い。
今回のエピソードでアロイスサイドの勢力が二分されたように思えますが、今後の展開に
それがどのように反映されていくのかが気になるとこころ。ハンナ生き延びろ…!

| | コメント (0)

2010年8月20日 (金)

2010年8月20日

Loademo01

本日は久し振りにPSP用ソフトの体験版を紹介。スクエニの「ロードオブアルカナ」です。
正直なところ世界観やゲームシステムなどの予備知識をまったく持たずにプレイしたので
細かい部分についてはよくわかっていませんが、話題になりそうなソフトのひとつですから
当方でも一応インプレッションぐらいは書いておこうかと(場つなぎの意)。

ざっくりと説明するなら…PSOをスクエニ風味にしたMOアクションRPGという感じ。
プレイヤーは複数ある武器から好みのものを選び、PSO風のダンジョンへと潜ります。
そこではカギをもったモンスターを倒すことで次の部屋へと続くゲートが開くようになってて
ボスを倒すなり特定のザコ敵を指定数倒すなりすればクエスト終了。

ただしPSOと大きく違うのは、ダンジョン内はシンボルエンカウントであるということ。
ダンジョン移動中も宝箱の開閉などに攻撃は使えるのですが、敵には使うことができず
敵との接触方向でステータスの有利不利が付加され、戦闘が開始されます。
で、実際の戦闘はアクションなんです。その雰囲気はほぼPSOのまま。

PSOの場合はダンジョンの地形によって多少は戦闘の有利不利があったわけですが
「LoA」の戦闘シーンは広い円形のフィールドになってて、障害物は一切登場しません。
つまり、複数の敵が出現したらダッシュなり回避なりで逃げ回るしかありません。

武器は片手剣や大剣、長物が数種。体験版ではそのうち片手剣と大剣のみ使えます。
□ボタンの連打で一定のコンボ(おそらく武器スキルに比例してバリエーションが増える)
△ボタンで固有技のようなものが発動、○ボタンには魔法が割り振られています。
ちなみにジャンプはなく、×ボタンは回避とガードとして使います。

Lボタンを押すことで敵や敵の部位にロックオンが可能で、ロックオン状態で敵を倒すとき
画面に○ボタン指示が表示され(QTEのような感じ)フィニッシュムーブが炸裂します。
この技に他のザコ敵が巻き込まれた場合は大ダメージを与えることができます。
また、画面下のゲージが溜まった状態で△+○を押すと召還獣で全体攻撃ができます。

拠点となる村では武器や防具の生産および強化、アイテムの売買や保存ができるほか
マルチプレイ用の施設などを利用できるようになってます。

ここまでざっと基本部分を説明してきましたが…そろそろ感想も書いてみましょうか。

Loademo02

もっともショックだったのはシンボルエンカウントですね。正直「マジか…」と思いました。
そのせいで恐ろしくテンポが悪いし、ダンジョンが無駄に広く感じます。
攻撃のレスポンスも非常に悪く、これをラストまで繰り返すのかと思うとゾッとします。

ボス敵を倒す際にはQTEが必須という仕様にもかなりイライラさせられました。
ボス敵は瀕死の状態になると逃亡へ移行し、逃亡が成立すると戦闘が終了します(笑)
そしてダンジョン内のどこかへランダムでポップし直すというモンハンみたいな仕様。
モンハンのように部位破壊できるボス敵もいますが、部位破壊報酬はないようです。

続いて世界観。言葉による説明が多いのはまだいいけど、そのどれもが白々しい。
チュートリアルで延々流れるナレーションとか、村人たちの話す温かみのない会話とか
全体的にスカスカした印象を受けます。テクスチャの解像度が異様に低いのも問題かも。
あと、平穏な村の中なのに抜き身で剣を持ち歩くプレイヤーキャラは異様です。

キャラクターメイキングも期待しないでください。「FF11」程度の自由度です。
唯一の救いはプレイ開始後も顔や髪型などを無料で変更できることぐらいでしょうか。
髪型は少ないうえにロングヘアはなく、音声も似通ったものが5種類程度。絶望的です。

プレイ開始してキャラクターメイキングで自由度の狭さに凹み、ダンジョンの無駄な広さや
シンボルエンカウントに幻滅し、クエスト終了後に飛ばされる閑散とした村に呆然として
NPCになんかボロクソ言われた挙句『ギルド』に編入されるという…。

ここまで読み進めて(途中で読むのをやめたかもしれませんが)面白そうだと思った人や
すぐにダウンロードしなきゃ!とPSPを起動した人ははたしているのでしょうか。

仮にオススメできる層があるとすれば、いままでPSOシリーズや「ゴッドイーター」などを
プレイした経験がなく、スクエニブランドに価値観を見出せるタイプの方々だと思います。
せめてシンボルエンカウントじゃない普通のアクションMOだったらなぁ…。

これが無料オンラインゲームのβテストならよかったんですが、10月14日発売予定です。
公式サイトでは意見の受付もしてるので、ここからどれだけ修正してくるかがカギですね。



もうちょっとオブラートに包もうかと思ったけどかなりボロクソな感想になってしまった。

既にTwitterの方では書いちゃいましたけど、「LoA」と一緒にダウンロードした初音ミクの
「Project DIVA 2nd」の方が個人的には楽しめました。体験版にしては太っ腹だし。
ジャージミクを見て素直に「ミクかわいいなぁ」と思ったしね…まさか自分の口からミクを
褒め称えるような言葉が出るとは思ってませんでした。変われば変わるもんだ。

ただ…やっぱりボーカロイドの歌声は好きじゃないし、ボーカルに合わせてボタンを押す
というこのゲームのシステムにはどうにも馴染めません。タイミング狂うんだよね…。
気に入ったのはたぶんミクの見た目と収録楽曲なんだと自己分析。

「アマガミSS」棚町編は尺の都合で最後のあたりがカットされたそうな(提供バック参照)。
ただ、それを踏まえても良いラストだったと思います。なんか理想的な関係だよね。
自分が特に気に入ったのは今回も橘さんの心理描写で、過去に負った大きな心のキズを
薫の何気ない一言が静かに塞いでくれたあたりがとても心に響きました。

恋愛SLGやADVだと、心にキズを負ったヒロインの側を救っていくという作品が多いだけに
このへんが「アマガミ」の特異性なのかなぁ…という気がしました。
次回以降は中多編。予告の段階で作画からして既にかわいいんですが…。

| | コメント (0)

2010年8月19日 (木)

2010年8月19日

Skt3a5

引き続き場つなぎ状態。配信開始になった「ララ・クロフト&GoL」の体験版をやろうかとも
思ったんですが、容量が2GBを超えると聞いてパスしてしまいました。
なんかCo-opモードが実装されてないとかで初日の感想は散々だったような…。

そんなこんなで昨晩も「skate3」の野良オンキャリア。内容は芳しくありませんでしたが。

一部のコンテスト系チャレンジはプレイヤーよりNPC操作のチームメンバーに任せた方が
クリアできる可能性が高いものがあるんですが(MMCトレイニーコンテストのRound1など)
そのへんのことを理解してない…というより、最初からオンキャリアに依存してしまってる
プレイヤーにとってはそもそも判断材料として無いのかもしれません。

野良でコンテストのジャムをやると依存型プレイヤーは如実ですよね…。
そういうときはわざと点数を稼がないようにして、チャレンジ失敗させるのも手です。



いわゆるサービスシーンがひとつの売りになっているアニメ作品を成立させるためには
サービスシーンが本編になってはいけないんだということを考えてほしいと思います。
そういう付加価値的要素がオマケとして機能しない作品は単なるエロアニメでしかなく
アニメを次代の性産業であると捉えられかねないという危険性を孕んでいます。

「あそびにいくヨ!」はそういう意味では上手いバランスを保っている作品だと思います。
なんというか…サービスシーンの表現と尺、それに引き際を心得ていると言いますか。
常識のある誰かが程好いタイミングで止めにはいることが多いし、シリアスもあり。

逆に、今週の「ストライクウィッチーズ」はある意味ではアウト。よくあの本で通ったな(笑)
ズボンアニメがズボンを捨て去る日が来るとは…っていうか電気を集める子ネウロイが
樹液に群がっていたことの説明がつかないでしょ。侵入型なら擬態の意味もないし。
2期におけるネウロイの小道具扱いのヒドさがより強調されたエピソードという感じでした。

来週の予告を見る限りではそろそろマジメな展開へと向かうようですが…どうかな。
旧軍好きにはたまらない描写が満載のようだし、今から楽しみです。

| | コメント (0)

2010年8月18日 (水)

2010年8月18日

Skt3a4

相変わらず場つなぎ状態です。進展があるとしたらおそらく…早くて明後日とかかな。
予想外に遅れてしまっているのには多少理由がありますが、いまは伏せておきます。

そんなわけで昨晩は「ベガス」の自主練と「skate3」の野良オンキャリアでつなぎました。
「skate3」の野良は意外とまだまだいるようですが、だいたいみんな残しちゃっているのは
クリア報酬がない(つまり野良がおいしくない)Own The Lotばかりの様子。
たまに意外なチャレンジに当たるのは、おそらくオンのクリアマークをつけるためかと。

北米圏では新DLCが配信になっていますが、今回は完全に海外のみのようです。
内容に興味がないわけではないんですけどMSPを投資してまで欲しいか?と言われると
どうかなぁ…というレベルなので、今回はスルーすることにしました。

今晩はどうしよう…「MHF」のトライアルクエストってギルドポイントつくのかな?



「仕事をしない」「仕事が美しくない」「仕事が遅い」の3つを比較したとき、どれが一番悪い
かというのをしばしば考えることがあります。消去法でいくと「仕事をしない」はないです。
そういうタイプの人は最初から計算に入れる必要がないので迷惑にはなりません。

残りのふたつは、仕事をする義務と権限をもっていながらその結果が芳しくないことから
他の同僚にかかる迷惑の度合いが「仕事をしない」の比ではありません。

まあ…もっと厄介なのは「他人の仕事を奪う」「他人の仕事を増やす」かもしれませんが。

いやぁ…「けいおん!!」のライブシーン、重かったです。積み重ねの妙といいますか。
観客に向けられた大量のありがとうはOP曲と完全に連動。これを言いたかったんですよ。
ただ単にファングッズとしてCDが売れればいいわけじゃないという含みもありそう。

祭りのあとの壮絶な寂しさ。高校野球もそうだけど、制限時間があるからこそ盛り上がるし
二度とその時間がやってこないんだという悲しさを痛感します。
しかし…憂ちゃんの病的な愛がキモチ悪いな(笑)いいぞもっとやれ!

| | コメント (0)

2010年8月17日 (火)

2010年8月17日

Hawx2demo

昨日から「H.A.W.X.2」のデモ版の配信が開始されました。ご存知フライトSTGの続編です。
前作ではラジコンのような特殊な3人称視点での操作に注目が集まりましたが、今作でも
その操作方法は当然健在で、それ以外のどこに進歩があるかに注目が集まります。

しかし…デモ版をプレイした感じ、その印象は前作よりもマイナスな感じさえします。
非常にオモチャっぽいオープニングデモに始まり、あまりキレイではないブリーフィング。
ようやくゲームが始まると、飛行機と地面以外の空間が異様にスカスカな感じ。
どこか具体的な新要素的部分はあるんでしょうか。非常に前時代的な匂いがします。

ガイドのクセにまったくガイドの機能を果たさないガイド…結局手動でおこなう空中給油や
発・着艦はスリリングでなかなか面白いですが、当然そういうゲームではありません。

なんかもうダメなんじゃ…デモ版のせいで売れなくなる可能性が高そうです。



「さと」まで入力するだけで佐藤聡美や佐藤利奈が候補に出てくるGoogle恐ろしいな…。
「pl」で検索するとスフィアの公式サイトがトップに来るし、世の中どうかしてますよ。

WindowsPhone7の話題がにわかに盛り上がってますが、携帯ゲーム機を持ち歩かない
自分としては「ゲームができるスマホ」にはあまり魅力を感じないんですよね。
「怒首領蜂」が動くiPhoneとかは確かに凄いと思うけど、戸外でゲームが必要なときって
電車の待ち時間や乗車中などの限られた、制限付きの環境下だと思うんですよ。

そういう状態でシビアなゲームができるとは思えないし、むしろソリティア程度のレベルで
じゅうぶん事足りるのではないかと。DSですら過剰な能力だと思っています。

っていうか…ゲーム専用機でない場合、バッテリーの持続時間が問題になってきます。
Xperiaの感覚で言えば確実に『ない』。1日に何回充電しなきゃいけないんだと…。
そのへんがクリアされないと「ゲームができるスマホ」の現実味が湧いてきません。

都合よくケモノ耳や末端のみケモノ化するアニマリアン化ガスなんなの…オトナって!!
っていうかあっさり交際宣言する先生にはビックリしました。らしいといえばらしいけど。

| | コメント (0)

2010年8月16日 (月)

2010年8月16日

Peggle01

実は既に次のタイトルにあたりを付けてはあるんですが、それが手元に来るまでの間は
何かでつながなきゃいけなくなり、昨晩は「Peggle」の体験版からスタート(笑)
噂には聞いてたけど「Peggle」ってホントに見てるだけって感じのゲームなのね…。

そういう書き方をすると勘違いする人が出てきそうなので一応ルールを補足しておきますと
弾数制限のあるボールをコリントゲームのような盤に射出し、オレンジ色で指定されている
すべてのピンにボールを当てればクリア…という感じ。
一般的にはよく「ブロック崩しとピンボールを足したようなゲーム」と言われています。

プレイヤーは一度ボールを射出したら、そのボールが一番下に着くまでは見てるだけ。
それ以外に本当に何もできないという非常にシンプルなシステムのゲームなんです。
だからこそ奥が深いし、パズルとしての面白さがあるというわけです。

まあ…「Peggle」は主にそういった基本ルール以外の部分で話題なんですけどね。
こればっかりはプレイして自分の目で確かめていただきたい。

その後は自主練のつもりで「ベガス2」のソロテロハンをこなし、Twitter経由で召集された
「ベガス」の協力テロハンに参加して終了。このへんはいつもの感じです。
「ベガス」は全然階級が上がらない…シングルモードで稼げないのが非常にツラい。



世の中の基本は等価交換、ギブアンドテイク。そうあるべきだと思います。
他人に「○○してほしい」とたのむのであれば、それに相当する代償…というか恩返しを
しなければならないと考えるのが道理です。ここまでは間違ってないよね?

たとえばコミケ会場で知り合って、「うちの卓を見に来てくださいよ」とたのむのであれば
事前もしくは事後に相手の卓に顔を出しに行くのが当たり前ではないかと。
「いや、別にそっちからはたのまれてないし」で済ますのは社会人のやり方ではないです。

何を言わんやという感じですが、まあ…そんなことが起きたって話ですよ。
なんか昔っからこんなことばかりだなぁ。学生時代にもこんなこと言って孤立してたような。
自分はそういう性格だから世の中の渡り方がヘタなんだというのは実感していますけど
道理に外れたことをしてまで世渡りを上手くしたいなんて毛頭思いませんし。

…っていうか、信頼を失ってまで世渡りを上手くしてたら最終的には自滅するでしょ?
でもなぁ…世の中それで自滅しないようになってるから不公平なんだよなぁ。

よくよく考えると「MHF」で受けた恩義に報いてない気がする。自分もダメだ…。

| | コメント (0)

2010年8月15日 (日)

2010年8月15日

Skt3a3

非常に唐突ですが「skate3」の新DLCが来週火曜に配信されることが発表されました。
「Skate.Create Upgrade Pack」と題された今回のDLC、主にskate.Parkモードを強化する
内容になるようですが、それ以外にも細々とした追加がおこなわれるようです。
もはやDLCの定番となった追加アイテムも含まれているそうな。

ただ…プレイヤーが求めているもの、気にしているのはそういうとこじゃないんですよね。
恐らく一番気にしているのは新たな追加実績を含んだDLCが配信されるかどうか。
前作「2」では1500まで上限が伸びたので、それに倣うのが自然であるという考えです。

なお、この新DLCと同時におこなわれるアップデートで「L4U」のようなグリーンバックという
機能が搭載されるとかなんとか。そこまでして動画製作する人いるのかな…。

昨晩は「skate3」少々のあと「Madden11」の体験版をプレイし、その後Twitterで連絡して
「ベガス」の協力テロハン…というか定番のテロリスト大学で経験値稼ぎしてました。
ヘタなホラーゲーよりも怖い「ベガス」のテロハンは夏にオススメです。



暑い…自宅でこの暑さなんだからコミケ会場はもっと大変なことになってるんじゃないの?
Twitterが普及したことにより、直接の友人が参加していなくても会場の動向や雰囲気が
伝わってくるというのはなんだか不思議。倒れる人も出てるとかなんとか。

自分は今週末は完全に休息日。普段あまり長時間寝られないのに記録的な睡眠時間を
持続することができて、いつもより長く走れたみたいな充足感があります(笑)

「仮面ライダーW」はもうすぐ最終回。残るは財団Xとフィリップの安否というところですが
財団Xの面々はラスボスにしては貧弱な印象を受けるというか、やっぱ物足りないです。
園咲家の失墜で財団は行方をくらまし、残りの数話は若菜やフィリップの問題を解決する
という運びの方がしっくり来たのではないかと。

…って、ここまで書いて気付いたけどどうやって解決するんですかね?
地球の本棚で永遠に暮らすとか、エクストリームメモリに保存されるって感じでしょうか。
元の肉体に戻れそうなヒントが現時点までに登場していない気がしますし。

| | コメント (0)

2010年8月14日 (土)

2010年8月14日

Indiegames2

昨晩は「ベガス2」と「MNC」体験版のオンラインプレイを経て、なぜかパーティーの全員で
インディーズゲームの話題作(?)「萌めくり」をプレイすることになりました。

基本ルールはひとつのパネルをめくるとそのパネルに面したパネルもつられてめくられる
という法則のもとに、すべてのパネルを裏返しにすればクリアというもの。
具体的には思い出せないけど以前にプレイした記憶があるパズルという感じ…(笑)

Indiegames3

ボーカル曲4つに各ステージ各レベルごとにご褒美イラストが用意されているというのは
お値段80MSPのインディーズゲームとしては異様な仕上がりであると言えます。
ボーカル曲自体の仕上がりも良く、ボカロ厨やプラスチックポップ好きにはツボかも。

自分は体験版の制限時間内に3面までクリアしましたが、パーティー内には9面までクリア
してしまうという猛者まで現れ(笑)どの程度の敷居かは想像していただけるのでは。

その後パーティーのメンバーは「アイマス」のオデ対戦、自分はなんとなくプレイしたくなり
「エースコンバット6」や「レイストームHD」の体験版を再プレイしておりました。
「skate3」は完全に旬を過ぎてしまった感じがします…もうやりたいことが思いつかず。



サブ記事に書くことがまったくない…横のブラウザ画面では「むちむちポーク!」箱○版が
いままさに発表されている状況ですが、なんかケイブ的に凄いことになってます。
「ぐわんげ」に続いて「フィーバロン」もほぼ間違いなく箱○で出…るんですよね?

別に自分はシューターではないけど、箱○が活気づくならなんでも歓迎してしまいます。
特に日本のメーカーが動いてくれるのは大いに素晴らしいことだし。

こういう実況ポスト的な内容はそれこそTwitterで書くべきだけど、最近Twitterの扱いが
ちょっと難しいなぁ…と思えてきたというか。まあ色々と思惑があるわけですよ。
そういう意味ではこっちのブログは無法地帯なので。いくらでも恐怖政治ができます。

| | コメント (0)

2010年8月13日 (金)

2010年8月13日

Mafia2demo4

一昨日ご紹介した「MAFIAⅡ」の体験版、配信停止になりました。原因はたぶん…(笑)
体験版の範囲で自分が確認しただけでも3種類のグラビアがあったし、普通にプレイして
ミッションを進めていても激しい流血や全身炎上シーンとか出てきますからね。
仮に国内販売されたとしてもそのうちいくつかは削られることになるでしょう。

クライムアクションを含めたZ指定作品の多くは、そういう部分を楽しむためのゲームだと
勘違いされがちですが、実際はそういった部分はメインではないんです。
そういう表現がないと不自然に見えるから、そういう表現が盛り込まれてるんですよ。

ゲームを普通にプレイする上ではまったく必要のないグラビアでも、その時代の風俗史を
表現するための小道具としては非常に効果的であると自分は考えます。

Mafia2demo5

冷蔵庫にはちゃんと中身が用意されていて、お風呂場に行けばシャワーから水が出るし
目についた窓はちゃんと開閉ができ、すべての室内灯には個別にスイッチがあります。
実際に使うことはできないけどアイロンとアイロン台も用意されています。
人間が生活する上で不自然にならないような家財道具が全部用意されているんですよ。

だから、そこにグラビアのひとつふたつあっても当たり前だと思うんですよね。
人間は撃たれたら血を流して倒れるぐらいに自然な表現ではないかと。



猛暑になると餌となる昆虫が増えるため、肉食性のスズメバチが増えるとかなんとか。
最近自宅の周辺でもキイロスズメバチがユラユラと飛んでいる姿を目撃しました。

世の中はコミケ真っ盛りですかねー…自分はあえて参加しないようにすることを決意して
もう数年が経とうとしているので、参加しないで傍観してるのが当たり前になっています。
ラジオでコミケ関連の告知を聞いても無反応。人間変われば変わるもんだ…。

一番大きいのは自分が積極的に絵を描かなくなったことにあるし、絵を描くということ自体
世の中で当たり前になっているというか、絵描きの人口が急激に拡大していることもあり
自分がそうしなくてもよいようなキモチになっているのが実情。
完全に描かなくなったわけじゃないですが、描きたいときに描かないと楽しくないですから。

ジョーイが初めてちゃんと女の子の格好をしてた…でも何か違和感を感じてしまう自分。

世の中一般には「男の娘」というと女性的なファッションの似合う、外見的な要素を重視する
傾向にあると思うんですが、服装が男性的でも女性としてしか認識できないというのが
「男の娘」の本道ではないかと思うんですよね。
ジョーイは普段の男性スタイルの方が女性的な印象を受けるという自分は間違ってます?

| | コメント (0)

2010年8月12日 (木)

2010年8月12日

Mncdemo1

連日体験版の消化をお伝えしてますが、もはやわんこそば状態。更に追加です。
昨日から配信が始まったXBLAタイトル「MONDAY NIGHT COMBAT」をご紹介します。

架空のTVショーという体裁で進行するこの「MNC」、基本は「GoW2」のHordeのような
Waveごとに送り出される敵の集団を次々と殲滅していくTPSという感じになっていますが
そこにターレットや防御目標というタワーディフェンス的な要素が加わることで、行動しつつ
配置や拠点防御も考えなければいけないという複合的ジャンルのゲームです。

今年話題となったXBLAタイトルである「TOY SOLDIERS」が参加できるタワーディフェンス
であったのに対し、「MNC」ではさらにプレイヤーが自由に動き回れるようになったという
感じに考えてもらえればわかりやすいのではないかと。

ただ、それはあくまでひとつのルールでしかなく他にも対戦用のルールが用意されていて
本筋はCo-opやチーム同士の対戦モードにあるようです。

ざっと触れてみた感じ…うーん…長続きはしないんじゃないかなぁという印象。
リスポンの早さなどかなり軽快に遊べる仕様になっているのでプレイ人口さえ増えれば
盛り上がりそうではありますが、そこがXBLAタイトルの難しさでもあります。

あとはブーストが意味不明過ぎる…なぜ高く飛べるようにしなかったのかと。
スタート位置の高台に戻るにはジャンプスキルをひたすら強化するしかないのかな?



コミケが始まってる頃には台風も通過してるでしょうか。つまり搬入組が死ぬ。

いやはや…良い最終回、もとい良いエイラーニャ回でした。しかし第1期を見てない人には
エイラとサーニャの関係はわからないし、宮藤に突っかかったりラブラブモードになったりと
支離滅裂に映った可能性は否定できないと思います。まあ…普通は見てるか。

航空機にとって速度と高度はロマンであり、トゥルーデ回での速度への挑戦に引き続いて
高度への挑戦をテーマにしたあたりが非常にマニアックなポイントだと思いました。
ただ、ネウロイがそれぞれのキャラクターのエピソードを描くためのただの素材になっていて
本筋の展開はどうするんだろう…という不安がないわけでもありません。

あとはペリーヌの扱いが単なる便利キャラに落ち着いているというか(笑)一応この先には
ペリーヌ回も用意されていると思いますが…そういえばエーリカもまだか。

「HOTD」一応継続して見てます。噂の第6話は聞いていたほどエロくもなかったなぁ…。
昨今このぐらいが当たり前になっている…というか当たり前と認識してる自分もアレですが
それより男性陣は入浴できたのかどうかの方が遥かに気になります。

| | コメント (0)

2010年8月11日 (水)

2010年8月11日

Mafia2demo1

昨日から「MAFIAⅡ」の体験版が配信開始になりました。いわゆるクライムアクションもの。
クライムアクションといえば「GTA」シリーズが代表的ですが本作も「GTA」を強く意識しつつ
独特の雰囲気や登場人物、都市デザインで個性を放っています。

体験版を開始してまず気付くのは人物表現の凄さ。遠目に見たら実写に見えるレベル。
たとえるなら汗をかいてない「Fight Night Round」のような、そんな質感です。
そして各登場人物の服装や周囲にある調度品、街中を行く自動車が時代に即していて
非常にオシャレかつ違和感のないものになっています。

Mafia2demo2

まずはプレイヤーの自宅の中を色々とイジってみてください。結構こまかいです。
視界にはいるドアはだいたい開けられるし、冷蔵庫に冷えた炭酸飲料とビールが完備。
体験版にも関わらずクローゼットには着替えもあるほか、自宅の脇にあるガレージには
いきなり3種類のマイカーが用意されています。遊び放題ですよ。

ミッションの目的地へは丁寧にマーカーが誘導してくれるので英語の読解はほぼ不要。
操作やレーダーの見方、自動車の運転方法は「GTA」で慣れていれば問題ないでしょう。
全体的に押すべきボタンも視覚化されていて非常に丁寧です。

Mafia2demo3

ミッション自体は実際にプレイしてもらえばいいとして、とりあえず時間が許す限り街中を
観察してみてはいかがでしょうか。とにかくビビりますよ…遠景もメチャクチャキレイだし。
あと、交通法規に則って運転してもNPCに邪魔者扱いされません(笑)
「GTA4」は信号停止してるとガンガンぶつけられるし抜かれるしね…アレはヒドかった。

体験版で確認した限り、「GTA4」でできることはすべてクリアできているという感じですし
製作側も相当意識していることは窺えますが、十分渡り合える出来だと思います。
日本語化されないかな…日本語化されなくても買っちゃうかもしれないな。



世の中はコミケ直前で慌しいのかな…自分は参加しないのでイマイチ実感がありません。
コミケといえば「プレイブルー」のアークシステムワークスが落選したとかいう噂を聞いて
ビックリしたんですけど、企業でも落選ってあるんですね…。

コミケとは関係ありませんが、DIMEの「けいおん!」特集には驚かされました。
最近は「ラブプラス」とかもいわゆるアニメゲーム誌以外の表紙を飾ったことがありましたし
なんか世間的に妙な方向にころがりつつあるんでしょうか。
まあ…この不景気に経済を大きく動かしている存在であるのは間違いありませんが。

その「けいおん!」は原作が次号で最終回、アニメ第2期も終盤に差し掛かっています。
本来なら学園祭やライブというのはラストにもってきそうなネタですが、この作品の場合は
音楽活動よりも学校生活がメインなのでこういう配分になっているのでしょう。
「DIME」の表紙もどことなくすべてが終わったあとのような雰囲気を匂わせています。

長髪ウィッグつけた律っちゃんかわいかったなぁ…第1期の前髪を下ろしていたときにも
思ったけど、ボーイッシュな子がたまに見せる女性的な一面をこっそりと演出しているのが
非常にニクいというか上手いというか。客席の黄色い悲鳴もまた良し。

「ぬら孫」はそろそろOP用の音源用意してきてくださいよ…いまどきアレはないでしょ。

| | コメント (0)

2010年8月10日 (火)

2010年8月10日

X360nxe35

昨晩も引き続き「MHF」プレイ期間に配信されていた体験版やXBLAのお試しをしてました。
とはいえ、残っていたのは「ナルティメットストーム2」と「悪魔城ドラキュラHD」の2本のみで
それに加えて国内未配信タイトルである「BLACKLIGHT: TANGO DOWN」をプレイ。

「ナルティメットストーム2」はUBIの「Rise of a Ninja」や「Broken Bond」と比較されがちな
タイトルではありますが、それらに匹敵するグラフィックや演出を備えつつも日本人向きな
味付けとバランス調整になっている感じがします。
体験版の容量が小さく内容も短いので、これで全体を判断するのは難しいと思いますが。

「悪魔城ドラキュラHD」は自分の周りでも既にプレイし始めている人の多いタイトル。
しかし、これは自分には向いてませんでした…キャラクターの挙動を許容できません。
良くも悪くもレトロというか、同シリーズのスタイルを踏襲している感じでシリーズファンには
ありがたいことなのかもしれませんが、プレイヤーを選ぶゲームだと思います。

「BL: TD」は近未来を舞台にしたFPS。オンラインプレイが主体のようです。
XBLAタイトルにしては非常に凝った作りで、プレイヤーキャラの装備や外装をイジれるし
グラフィックもそれなりの水準に達しているので深く掘り下げれば楽しめるのかも。
ただ…ファーストインプレッションがあまりにも悪かったです。

北米配信版でも既に日本語化されており、国内配信は時期を見定めている段階だとか。
しかしこれにMSPを投資するぐらいなら他に魅力的なFPSはいくらでもあると思いますし
あえてこれを選ぶ理由があまりないのではないかと…。
ゲームルールや世界観などの部分でもうちょっと個性が見えたらなぁと思いました。

体験版ツアーのあとはフレンドがプレイしてた「ベガス2」のテロハンに乱入。
なんだろう…いつも以上に慎重さに欠けた行動が出てしまうダメな結果となりました。



自分からフォローして相互フォローになった都合、フォロー解除しにくい相手がいるという
事実をここで何気に暴露してしまおうと思います。Twitterって難しいね。
まあ…Twitterでしかつながりのない人だから解除しても問題ないとは思いますが。

今週の「荒川FM」ヤベえ…マジこええ。沢城先輩は普段もそんな感じなんですか…。
というのは冗談で、「ギャラクシーエンジェル」時代から交流のある藤原啓治との関係が
話題にのぼったりと普段みゆきちが見せない顔が見えた気がしました。
しかし…マリア役は完全に当たりだったとしか言えないぐらいあのコーナー怖い(笑)

普段レギュラーで聞いてないラジオの話題も出せるぐらい生活に余裕ができているのは
それだけ「MHF」が様々な面で負担をかけていたということなんです。
ハンターライフというのは比喩ではなく、生活を投げ打つレベルのゲームなんですよ。

今週の「オカ学」は作画は良いし亜美はかわいいし、途中から「RD 潜脳調査室」だったり
オチがマジで「そんなオチかよ!?」と視聴者みんなでズッコケるという非常におもしろい
回だったと思います。そして〆は「HOT LIMIT」という…(笑)

モスマンのコスプレをした亜美が色合いのせいか「ペルソナ」っぽい感じだったような。
来週はサブタイからすると亜美回なのかな。ちょっと亜美に興味湧いてきたし。

| | コメント (0)

2010年8月 9日 (月)

2010年8月9日

一昨日の「MHF」のアレコレで昨日は一切ゲームをやらないようにしようかと思いましたが
見逃していたInsideを消化する必要もあり、結局箱○を起動してしまいました。
どうせなら何かやろうと思い、同じく消化できていなかった体験版を一気にプレイ。

Mw2demo

昨晩消化できたのは「MW2」「Kane&Lynch2」「LIMBO」「Hydro Thunder Hurricane」。
仮に「抽選で4本のなかからお好きな1本をプレゼント!希望のソフトを明記してください」と
言われたら、自分なら無難に「MW2」を選ぶと思いました。
しかしプラコレ化されるわけでもないのになんで今頃体験版を配信したんでしょうか。

「K&L2」はTPSのよくない部分ばかりを凝縮したような感じ。戦闘システムが大雑把。
たとえるなら「GTA4」の銃撃の部分をさらに悪くしたような…と言うと「GTA4」に悪いか。
独特のグラフィックとカメラは見た目には面白いんですが、プレイ環境としてはかなり悪く
3Dゲーで酔うタイプの人だと即アウトになりそう。自分でも危なかったし。

「LIMBO」はまあ…うちで説明するまでもないですよ。興味があったらプレイしてください。
ずっと森なのかと思いきや、先の方には都市部のステージもあるのね…意外でした。

「HTH」はボートを使った水上レースゲーム。なのにあまり爽快感がありません…。
思いのほか速度が上がらない、コースが閉鎖的で暗い、水の表現が非常にチープ等々
水上レースゲームに求められそうな要素の真逆を向いている感じがしました。

これだけ遊んでも実はまだ消化しきれてない体験版があるんですよね。
とりあえず「MHF」の呪縛(笑)から解き放たれたので、今週は残りの体験版を消化したり
久し振りに「skate3」や他のパッケージタイトルに戻ってみようかと思っています。



NHK-FMのゲーム音楽三昧のあと、自主的にゲーム音楽三昧した人も多いと思いますが
自分は「MOTHER」の原音の方を聞いてひとり涙腺を緩めていました。
なんだろう…いま聞いてもファミコンの音源とは思えないほど表現力が豊かで驚きます。

「ドラクエ」や「FF」の影に隠れて目立たなくなってしまっているRPGは山ほどありますし
それらのタイトルにも数多くの名曲が内飽されていることをもっと多くの人に知ってほしい
というか…つまり10時間では足りないってことなんですよ。第2回放送を望みます。

たまたま食事で抜けてた時間帯にレースゲー特集が放送されててひっそり泣くなど…。
そういえばTwitter上の某・中の人の発言によると「GT5」がまだまだ危ないんだそうな。
まあ…誰も出ると思ってないからゆっくり時間かけていいですよ。出さなくてもいいですし。

| | コメント (0)

2010年8月 8日 (日)

2010年8月8日

360mhf30

結果から申し上げますと、「MHF」の最後の端数実績は解除できませんでした…。

昨日は午前中からひとりで黙々と上位キリンハメでHRPを稼ぎ、お昼過ぎにHR50に到達。
しかし他の猟団員がまったくログインしてくる気配がなく、誰にも助力を求めることができず
仕方なく公式狩猟試験のミラボレアス討伐にソロで挑むことになりました。
あらかじめ予想はできていましたが結果は惨敗。近接でも拡散Lv2調合撃ちでもダメ…。

全力でHRP上げをしたのに結果が実らず、呆然と脱力していたところに猟団員のひとりが
ハンターライフコースを延長して戻ってきました。
そう…ここで気付いたんです。ログインしていなかったんじゃなくて、できなかったんだと。
先にHR50を超えていた猟団員数人は一昨日の時点で既に期限が切れていたんです。

お金を払ってわざわざ延長してくれた彼いわく、ミラボレアスはふたりでも厳しいとのことで
半ば賭けのような状態ではありましたが狩猟試験に挑戦。見事ミラボレアスを撃破。
この時点でテンションは最高潮。自分は休憩と食事のために一旦ログアウトしました。

ミラボレアス討伐の報酬(たしかHRP2800ぐらいだったと思います)ではHR51には届かず
食事のあと再び上位キリンハメを再開し、ハンターライフコースの期限が切れる30分前に
なんとかHR51に到達して急いでマイトレへと駆け込みました。

しかしそこでNPCに言われた言葉に驚愕。マイトレ管理人が来るのはリアルタイムの0時。
つまり期限切れの2時間後ということ。どう足掻いても期限内には会えないってこと。

そこでしばらくグシャァってなっていると、Twitter経由で猟団員から思わぬ情報が。
ハンターライフコースの期限が切れてもトライアルコースに戻るだけで、ログインすることは
可能であるというのです。実際、一昨日切れた猟団員たちはログインできてたとのこと。

それなら0時を過ぎてからでもログインできる!と一握の希望に頼り、0時を待つことに。
ですが…容赦ない悲劇がそこに待っていたのです。



ワクワクしながら「MHF」を起動すると確かにログインでき、マイトレに駆け込むとそこには
待望のマイトレ管理人さんが出現。あとは話しかけるだけで実績解除だ!と思ったら…

360mhf31

ハンターライフコースの期限が切れているとマイトレ管理人のメニューに辿りつけないので
実績解除の内部的処理がおこなわれず…実績は解除されませんでした。

激しい徒労感に見舞われ、呆然としていたところに他の猟団員に課金までさせてしまった
ことの罪悪感なども加わって完全に死亡。長時間プレイによる疲労もヒドいものでした。
そして固く誓ったのです。しばらくはモンハンに関わるのはやめよう…と。

ちなみに自分たちがミラボレアス討伐に用いた手段は麻痺Lv2と拡散Lv2の調合撃ちです。
諸事情により支給タル爆は使えなかったため、ダメージは実質自前オンリーでした。
あとはバリスタと大砲が少々。それにラスタの鬼人斬破刀も多少は追加されていたかも。
プレイヤーが3人いたらあんなに苦労することもなかったし、早く終わっていたと思います。

ちなみにもうひとつ。トライアルコースでも制限付きではありますが「MHF」はプレイ可能で
つまりお金を払わなくても猟団の維持は可能なんです。猟団長の人にはありがたい話。



「MHF」プレイ後しばらくしてからやる気が回復して、「ベガス2」の協力テロハンに参加。
しばらく色んなマップを回して深夜3時頃に解散となりました。皆様お疲れ様でした。
とりあえずしばらくお休みします。箱○にも長期休みを与えないとね。

で…さきほど起床して「仮面ライダーW」を消化し、その衝撃的な内容に感動してました。
本編部分もさることながら、アクセルの戦闘シーンが凄かった。なんかガンダムみたい…。
あとは寺田農の怪演。狂気に満ちた最期が素晴らしかったです。

| | コメント (0)

2010年8月 7日 (土)

2010年8月7日

Xperia02

さて…Xperiaを使い始めてだいぶ経ち、良いところ悪いところが見えてきた感じがします。
また、徐々に固めつつあった自分好みの環境構築も落ち着いてきたように思えます。
何かとiPhoneと比較されがちなXperiaですが、具体的に両機種のどのへんが違うかは
他所のレビューサイトに任せるとして、Xperia単独で自分が感じたことを述べていきます。

まずハード面ですが、画面の解像度が高くキレイです。iPhoneよりも上だとか。
あとは正面にハードキーが3つあることや下部にストラップホールがあるのも特徴です。
iPhoneがホームキーひとつで済ませているのはいかにもMacイズムという感じですけど
こちらは逆にDOS/V的というか、役割の分担を明確にしています。

カメラの性能については何度も触れましたが、スマートフォンに限らず携帯電話において
最高水準のカメラと言えるだけの性能を持っていると思います。かなり実用的。
半押しフォーカスなハードキーやLEDフラッシュもあり、場所や用途を選ばず使えます。
頻繁に撮影するタイプの人にとっては前述のストラップホールの存在が利いてきます。

iPhoneに比べるとアプリのバリエーションが少ない印象がありますが、必要十分にあって
デフォルトの状態では不満に感じる部分をほとんど補完できるようになっています。
かゆいところに手を届かせるためのソフトは揃ってる…という感じ。
お遊び関係のアプリが充実してくるのはもっと先のことになるのではないかと思います。

唯一の不満は…ハード面でもソフト面でもなく、サードパーティーのアクセサリーの少なさ。
この点に関しては完全に劣勢。iPhoneの充実ぶりを羨ましく思います。

自分が実際にインストールして使っているアプリのほとんどはアプリ紹介サイトを参考に
導入したものばかりですが、一応それらも含めて列挙しておきます。

★インストールしたアプリ

・APNdroid …3G通信設定を誤魔化して機能させないアプリ
・Task Manager …起動中のアプリを選別して終了させるアプリ
・QRコードスキャナー …QRコードを読むためのカメラアプリ
・XPERIA FlashLight …カメラのフラッシュ用LEDを単独起動させるアプリ
・乗換案内 …鉄道の乗換や路線の検索ができるアプリ
・The Schwartz Unsheathed …端末をライトセーバー化する(笑)アプリ
・FxCamera …トイカメラエミュレータらしいけど使ってません
・ToyCam …シャッター音の鳴らないカメラアプリ
・トリカゴメモ …Twitterへの投稿機能がついた一言メモアプリ
・画面メモ …ブラウザ画面のキャプを保存してオフラインで見られるアプリ
・ADW.Launcher …拡張機能の多いホームアプリ
・SwiFTP FTP Server …端末をサーバ化してファイル交換可能にするアプリ
・radiko.jp …AMラジオをネット経由で聞けるサービスのAndroid版
・MoonPhase Widget …月齢を確認できるウィジェット
・xbox Live Stats Widget …ゲーマーカードっぽいものを表示できるウィジェット
・ADW.Theme - Alternate Dark Free …ランチャー用のテーマ
・AK Notepad …いわゆるメモ帳アプリ
・Ringdroid …MP3ファイルから着信音を切り出すことのできるアプリ
・Gauge Battery …充電池の残量を確認できるウィジェット
・Astrid タスク …いわゆるTo Doを表示できるウィジェット

「APNdroid」は自宅内でWi-fi接続、もしくはWi-fi接続専用で使うつもりの人なら必携です。
あと、PCと頻繁にファイルのやりとりをするうえで充電池の充電回数が気になる人には
「SwiFTP」はかなりオススメ。こちらもWi-fi環境が必要になります。

変わりダネは「xbox Live Stats Widget」かな。ホームスクリーン上にゲーマーカードを貼る
というだけのものですが、きっと貼りたい人は多いと思うので…(笑)
ただこのウィジェット、同期できないと表示されなくなるというのがちょっとネックです。
Androidマーケットにはほかにも箱○のアバターを貼れるウィジェットなんかもあります。



…ホントはこの記事、もうちょっと暖めてから公開したかったんですが事情がありまして。
主に「MHF」のHR上げと「黒執事Ⅱ」の実況ツイート、それにNHK-FMのせいです。
Xperia関連の話題は今後も思いつき次第ブログで紹介していければと思っています。

| | コメント (0)

2010年8月 6日 (金)

2010年8月6日

Skt3a2

昨晩はラオ戦の最中にフレンドからメッセージが飛び込み、長らく話題にしていたものの
なかなか実行できていなかった「skate3」の6人フリスケ実績の手伝いに行くことに。
オン関連の…いや、「skate3」の全実績のなかでもおそらく最も解除が難しい実績なので
ここぞというチャンスを逃すことはできなかったわけです。

ちなみに自分はこれでオンラインチームを5つぐらい渡り歩いたことになるのかな。
発売前は「3」の売りとして騒がれていたチーム制も、結局期待通りに機能しないどころか
特定の実績を解除するうえでプレイヤーの邪魔にしかなりませんでした。

さて…途中で打ち切ってしまった「MHF」の方は、今回もまたノルマを達成できず。
それでも一応上位キリンハメ数回と下位ラオのぶんのHRPは加算されているので今晩から
多少頑張ればなんとか予定の進度に辿り着けることでしょう。

…とか言ってるけど、ホントは半ば諦めてます(笑)ミラボレアス対策が決まってないし。
それに韋駄天杯の配信がいまのところまったく決まってないので、どのみち端数の実績を
解除する手立てがないということです。「MHF」は今週末で終わり…かな?



Xperiaのバッテリーは減るのが早いという定評があるけど、単に減るのが早いだけでなく
現在の残量をかなり正確に表示するせいでその印象が強まっているように思えます。
普通のケータイだと残量メーターは3段階とか4段階といった感じに目安程度であるけど
Xperiaの残量メーターはドット単位でかなり細かく表示されます。

また、残量をパーセンテージで表示するウィジェットもたくさん用意されています。
自分はこれを導入してから更に一層減りが早くなった気がしました。意識の問題かな…。

その変態性ばかりが注目される「アマガミ」の橘さん、普通にいい人ですよね。
今週のエピソードで薫に向かって言った「それ知ってたら…止めなかったよ」という言葉も
その一言で周囲に対する配慮や静かな怒りが込められていて非常に共感できると思うし
ヒロインたちに不思議と好かれる理由もなんとなくわかるというか。

とかくこの手の作品の主人公は視聴者が理由もわからないまま無闇にモテるというのが
よくあるので、妙に感心してしまうのでした。もちろん梅ちゃんもいい人です。

| | コメント (0)

2010年8月 5日 (木)

2010年8月5日

360mhf29

昨日、「MHF」公式でブースターパックなるものが一気に5種類も配信?されました。
これは「MHF」のパッケージに付属してたアイテムセットのような感覚で、コードを入れると
部分的に共通なのかもしれませんがランダムな内容のアイテムセットが貰えるというもの。

その多くは日常よく使うような回復アイテムだったりするんですが、生産チケットもあって
入力したそれぞれが一喜一憂するという…憂の方が多かったかもしれませんが。
自分は手に入れたものの価値がよくわかってないので(笑)ピンと来ておりません。

そのあとはひたすら上位キリンをハメて稼いでいました。しかし終盤にやった街ヤマツにて
大失態を犯してしまい、予定していたHRPに届かないという事態が発生。
〆のイベテオには勝ったからよかったものの、なんとも後味の悪い一晩でした…。
翌日分のノルマが若干増える…そのぶんまたキリンが絶滅に近付くというオチ。

そういえばハンターライフコースの継続チケットに不具合が生じているらしく、その影響で
お詫びとしてエクストラコースが若干長引くとか書いてあったような。
いっそ1週間ぐらい遅れて、ハンターライフも1週間分ぐらい延長してくれればいいのに。



彼女は真実を隠していた可能性はあったとしても、別に嘘をついていたわけではないので
ファンを騙していたことにはならないけど期待を裏切った可能性は大いにあります。
しかし、そもそも彼女がそういう幻想を纏うに値するタレントだったかどうかは疑問です。

そもそも彼女がいままで何だったのか、今後何であるかが根本的な問題ではないかと。
アイドルならば幻想を有料提供するためにもファンの期待と理想を裏切ってはいけないけど
ただの声優ならその必要はないし、タレントとしてならなおさらのことです。
彼女はどのカテゴリーに押し込めるにも中途半端だと思います。何になりたいんだろう?
いや、正確に言えば「何にしたいんだろう?」でしょうか。

今回の一件を事務所による特定ファン層の切り捨てと考える人もいるようですが、それなら
切り捨てた先にどんな層がどれくらいの数残るのか興味があります。

まさか「ストライクウィッチーズ」で「ローマの休日」をやるとは…エイラかわいいよエイラ。

| | コメント (0)

2010年8月 4日 (水)

2010年8月4日

「MHF」は引き続きHR上げ。またドスファンゴのクエストで上げるしかないかと半ば諦めつつ
オンして猟団のメンバーとダベっていたところ、ひとつの提案をいただきました。
それは雪山の安全地帯を利用した上位キリン討伐で稼ぐというもの。

雪山の安全地帯はポータブルシリーズにもあったし、「MHF」では更にやりやすくなってる
ということを事前に知っていたのでまずは必要なヘビィボウガンから製作することに。
モンハンプレイヤーなら誰しも一度は体験したことのある、人為すら感じる素材運の悪さに
翻弄されつつも目的のタンクメイジ改を完成させるまでの過程は割愛します(笑)

360mhf28

「MHF」における雪山キリンの安全地帯ですが、エリア8にある山の裏側に抜ける洞窟の
一番奥の片足が浮くぐらいの位置です。ここで「あいさつ」のジェスチャーをおこないます。
(ジェスチャー以外でも、回復系のアイテムを使うなどで代用可能です)
するとなぜか立ち上がることができるので、ヘビィボウガンをかまえて一人称視点にして
洞窟の入り口側を向いて照準を入り口の一番高いフチに合わせたら準備完了です。

あとはキリンが来るのを待ち、発見状態になってキリンが洞窟の入り口で暴れ始めたら
残弾尽きるまでひたすら撃つだけ。それ以降は移動もホットドリンクもいりません。

 ★タンクメイジ改(最終攻撃力 参考値361)
 内訳…改造最大+バレル取付+攻撃力UP【中】+力の護符+ネコ飯攻撃力UP(+5)
 防具…ルーキー一式(攻撃力UP【中】、自動マーキング、女神の赦し、採取+1)
 使用弾数…散弾Lv1~3(各60発)、通常弾Lv2(60発弱)

散弾装填に特化したもっと強力なヘビィボウガンや火事場スキルを使う場合は散弾だけで
倒すこともできるそうですが、上記のレシピでは散弾だけでは足りなかったので予備として
通常弾Lv2を使用するようになっています(その場で調合するよりはラクかと)。

クエスト受注やネコ飯、それに弾の購入などで3000zぐらいの諸費用が必要になりますが
成功報酬が19300z得られる上に上位キリン素材もついてくるので損はありません。
ちなみに獲得できるHRPは1200。条件はかなり良いと思います。

この方法を使ったおかげで昨晩はなんとかレベル上げのノルマを達成できました。
本日以降も猟団員が揃わないときはこの方法で稼ぐ予定ですが、自分が「MHF」を始めた
タイミングが遅かったために他の猟団員の期限が早めに訪れるということに気付きまして
延長の可能性がない場合はホントにひとりで稼ぐことになりそうです…。



ココログは既にiPhone用のエディタアプリをリリースしてるけど、Android用も今秋に向けて
鋭意開発中とのことです。Xperia的には秋に様々なアップデートが予定されているので
まさに「夏休み終わったら本気出す」状態の端末であると言えそう。

ココログといえば、以前自分も利用していたニコッとタウンとの提携がいつの間にか終わり
新たにココログ独自のアバターサービスを開始したようですが…かなりビミョー。
昨今各社で様々なアバターサービスを展開してるけど、なぜかビミョーに可愛くないというか
ぶっちゃけキモチ悪いデザインが多いのが非常に気になります。

日本人向けのデザインも考慮すると言っていた「FableⅢ」の村人を製作できるシステムが
最近公開されましたが、期待した自分がバカだった(笑)阿鼻叫喚と言わざるをえない。
「ODST」のデアがマトモに見れるレベル。剣を向ける相手を間違えそうです。

| | コメント (0)

2010年8月 3日 (火)

2010年8月3日

360mhf27

昨晩の「MHF」はスペシャルクエストのドスファンゴだけを延々回してレベル上げ。
場所が大闘技場で、うまくいけば0分針で賞金約2万Gと500HRPを獲得可能ということで
時間あたりの稼ぎ効率が非常に良いのです。

初めて挑戦したときは金冠クラスのドスファンゴとブルファンゴ15匹を同時に相手するのが
非常に大変だと思いましたが、慣れてくるとその数でもなんとかなってしまうもので…。
ただ、壁際に追い込まれて時間差で突進を繰り返されるとハメ殺されます。
プレイヤーキャラの起き上がりの硬直時間にヒットするので回避不可能ってヤツだ。

コツは…あまり積極的に攻撃せず、まずは大闘技場をグルグルと移動すること。
そのうちタイミングよく1~2匹こぼれてくるので、それらに確実に攻撃を加えていきます。
それを繰り返していると、ブルファンゴ同士が相打ちで自然死したりで数が減ってくるので
残りを確実に仕留めていって最後にドスファンゴを片付ける感じです。

ラスタがいる場合はドスファンゴを倒すタイミングがもっと早くなる可能性もあります。
先にドスファンゴを片付けてしまうのも手かもしれません。試したことはありませんが。

しかし…これで着実にHRを上げるにしても、どう考えても日数が足りない気がする(笑)
しかもHR51の試験ってミラボレアスらしいし。どうやって倒せと…。
そういえば「MHF」って覇弓ないんだってね。ボウガンで攻めるのが定石なんでしょうか。



なんか身体が徐々に慣れてきたのか、ある程度の暑さなら耐えられるようになった気が
するんですけど、我慢してもなんの得もないので寝るときぐらいはエアコンつけます。

Xperiaを使い始めて10日ぐらい経ったのかな…前のケータイに比べて触れる頻度が増え
なんとなく時代の最先端にいる気になってますが、ネットワークのソースを増やすためにも
そろそろ雑感とか使ってるアプリをまとめて記事にしてもいいかなと思ってます。
購入の参考とかではなく、こういうスタイルもあるんだというひとつの提示としてね。

「オカ学」のなかで生徒を仮死状態にする実験やってたけど普通にマズくないですか…。
数多くの実験を経て擬似臨死体験装置というものが世の中に浸透しているならいざ知らず
1999年の時点でそれがおこなわれているというのが…ああ、これもオカルトなのか。
そりゃそうだ。次元転移装置や未来ケータイが普通に使われてる架空の歴史だもんね。

みんながゲイナー君ゲイナー君言うからゲイナー君にしか見えなくなってきたよ(笑)
花澤さんはあいかわらずどこのアニメ見ても出てくるね。でもこのキャラはちょっと異例かな。

| | コメント (0)

2010年8月 2日 (月)

2010年8月2日

360mhf26

「MHF」は順調にレベル上げを進めHR43に。エスピナスを初めて倒しました。
怒り時の突進がティガなどとは違って多段的に削ってくるため、ガード性能などをつけても
スタミナが150から一気にゼロになることもあり厄介なモンスターです。
あとは複数の状態異常効果があるブレス?も面倒くさい。ソロではやりたくないですね…。

直線的な動きが多いので罠にはめやすいし、平常時は草食獣なみに敵性反応がないので
攻撃のチャンスがそこそこあるのが救いといえば救いです。

昨日おこなったソロ活動のほとんどは鉱石の採掘。おかげで武器がかなり強くなりました。
エクストラコースの期限が切れると便利な採集クエストが利用できなくなってしまうので
掘るだけでいい素材についてはいまのうちにまとめて集めておいた方がよさそうです。

…なんか「MHF」が忙しくて新着のデモやXBLAを全然試せてないなぁ。
自分が予想以上に「MHF」にハマってしまったのが原因ですが。こんなはずじゃなかった。



NHKの「MJ」でアニソンの魅力についてのインタビューがあったけど、自分に言わせると
作品あってこその楽曲というか、アニソン単体で語るのは難しいと思うんですよね。

恋愛をテーマにした楽曲なら自分の境遇と重ね合わせた思い入れというのがあるけど
アニソンの場合、アニメに対する思い入れがそれに代わるというか。そんな感じ。
そのへんに関しては晩に放送された「J-MELO」で解説されてましたね。

だから、歌詞がアニメの内容に合致していればいるほどその効果は大きくなりますし
逆に言えばそれができていないとどんなに楽曲が良くても評価できないのではないかと。

しかし、全国放送でみのりんの素のトークが流れただけでも大事件ですよ…(笑)
NHKの暴挙は続きます…来週は天使が舞い降りますよ。窓辺からやがて飛び立ちますよ。
ゲームミュージック三昧も来るし、この1週間は何かおかしなことになりそうです。NHKが。

こちら側ではない人たちはこういう文化をどのように受け止めているのか気になります。
特に敷居を意識せず良いものは良い悪いものは悪いと感じてくれていればいいのですが。

| | コメント (0)

2010年8月 1日 (日)

2010年8月1日

360mhf25

昨晩の「MHF」は大きな変化はなし。HRは地道にコツコツと稼いで42に到達しました。
ひとりで稼ぐときは1回の獲得HRPが多い難しめなクエストよりも簡単で早く終わるものを
何度も繰り返した方が効率が良いことは以前にもお伝えした通り。

しかし…飽きるのが早い。基本的に経験値稼ぎという作業が大嫌いな自分ですから。
しかもRPGと違ってただボタン押してりゃいいってわけでもないですからね。
何か近い目標を立てつつプレイした方がモチベーションを維持できるのではないかと思い
手近な武器をひとつひとつ作ったり強化したりしていますが、これもいつまで続くことやら。

自分がモンハンを好きになった理由のひとつが「レベル上げがないこと」だったというのに
そのモンハンでレベル上げを強いられるというのが本当に苦痛。勘弁してほしい。
最近のカプコンは微妙にプレイヤーとのすれ違いが起きている気がします。
それは「ロスプラ2」の仕様も然り…そんなことだから業績がボコボコになるんですよ。

…と愚痴ってても仕方ないので時間の許す限りHR上げに専念します。



大規模メンテナンスを週末にやるだなんてTwitterバカじゃないの。平日にやりなさい!
これは現地時間的に考えてもおかしいことだと思うし、本当によくわかりません。
まあ…自分はそれほど依存してないけどさ。PC起動してないときはほとんど使ってないし。

先月無理をさせて破壊してしまった手動シュレッダーに代わり、新型がようやく到着して
さっそく使ってみたものの裁断ユニット内に残るゴミの量が異様に多い。
さすがに逆流はしてきませんが、紙の差込口から見える範囲でいつまでもウネウネしてて
買ったばかりなのに若干不安になっています。使うたびに掃除しなきゃダメかも。

「仮面ライダーW」もいよいよ終盤。テラーから出てきた何かのデザインが凄くカッコいい。
フィジカルでもメンタルでも強いとなるとどう倒すべきか悩みますが、これまでの傾向から
考えると「よくわからない理屈でゴリ押しで勝つ」というパターンが真っ先に浮かびます。
できればそれだけはやめてほしい…オトナはともかく子供だって納得しないぞ。

やっぱ能登さんの恐い演技は本当に恐いな…でも「ウィッチブレイド」みたいな方が好き。

| | コメント (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »