« 2010年9月17日 | トップページ | 2010年9月19日 »

2010年9月18日 (土)

2010年9月18日

Skt3a6

昨晩は「R.U.S.E.」のデモ版を中心に、久し振りに「skate3」を起動してアップデートを適用後
具合を確認したりテキトーに流してフォトの更新をしたりしていました。

「R.U.S.E.」は今秋国内でも発売予定の第二次大戦を題材としたRTSで、当デモ版は現在
北米マーケットプレイスでダウンロード可能ですが、中身はちゃんと日本語化されていて
音声も含めてすべて日本語で再生されるようになっています。

Rusedemo1

まるでボードゲームのようなミニチュア感あふれるフィールド上で歩兵や戦車を生産したり
敵軍に攻撃を仕掛けたりと、非常に雰囲気の良い仕上がりになっています。
SLGやRTSというと操作が難しく敷居が高そうなイメージがありますが、本作はシンプルに
まとめられた操作系統や画面レイアウトのおかげでライトゲーマーでも楽しめそうです。

ただ…難易度は硬派ですよ。ちゃんと理解していないとボコボコにされます。
これからプレイする人にひとつ助言をするとしたら、画面上の指示にはまったく出てこない
対戦車兵器の製造施設の建設を早い段階におこなっておくといいでしょう。

敵の戦車に戦車をぶつけても消耗戦になってしまい、攻撃の効率がよくありません。
しかし対戦車砲を視界の開けた場所に配置しておくと面白いぐらい倒してくれます。
あとは対戦車砲を破壊しに来る敵の工作兵への対策として、低コストで製造が可能である
軽戦闘車輌を対戦車砲の後方に待機させておけば万全です。

あとは飛行場を確保できれば勝ちも同然。したがって潤沢な歩兵も必要になります。
さらに付け加えるとすれば…デモ版後半に出てくるロングトムは封印しておくべきです。
あまりにも厨能力過ぎて、使ったあとに後悔するタイプの兵器なので。

最終的には歩兵がモノを言う的なSLGっていいですよね…なんか地味で(笑)



いっそ「アイマス2」不買運動を本気でやったらいいんじゃないかと思う一般デーの午後。
「龍が如く」の最新作もファンの期待の斜め上を行ってるなぁ…と思っていた直後なだけに
これほど大幅にファンの期待を裏切れるのはある意味才能と呼べます。

既存アイドルのファンを無視した実質の削減と、削減した穴を埋める男性アイドルの登場。
余分なものを取り除いて新要素を加えるならまだしも、必要なものを除いて不純物を入れる
というワケのわからない調合をしていることに現場の誰も気付かないわけが…。

仮に女性向け恋愛SLGの続編を出すとして、既存の恋愛候補を減らしてライバルとなる
女性キャラを増やしたとしたら、前作のファンははたして喜ぶでしょうか。
また、その新要素によって男性ファンを新たに開拓できると思えるでしょうか。

いづれにせよ、公式の場で発表された以上はこれが仕様となって発売されるわけです。
あとは買うか買わないかぐらいしか選択肢はありません。

予想外な出来事といえば「黒執事Ⅱ」の最終回もかなり予想外でした。うーむ。
原作と今回のアニメ2期はまったくの別物として解釈しなければならないのは承知の上で
なぜこういう着地点を選んだのか、スタッフに伺ってみたいキモチはあります。
主従関係が永遠に続くという意味ではこの作品を永遠に楽しめる結末ではあるんですが。

|

« 2010年9月17日 | トップページ | 2010年9月19日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2010年9月17日 | トップページ | 2010年9月19日 »