« 2010年9月18日 | トップページ | 2010年9月20日 »

2010年9月19日 (日)

2010年9月19日

Rusedemo2

昨晩もずっと「R.U.S.E.」のデモ版をプレイしていました。なんか妙にハマっています。
デモ版にはひとつのミッションしか用意されていないんですが、クリア条件となっている
敵の司令部の占拠を遅らせてしまえばいくらでもプレイし続けられるんですよね。

本来プレイヤーの作戦領域に含まれていないエリアに対して侵攻することもできるので
探り探り楽しんでいたら平気で2時間とか潰れてしまいます。怖いゲームだ…。

デモ版としては久し振りのハマりっぷりではないでしょうか。
でもいまのところ製品版に手を出すつもりはないので、あくまでデモ版の範疇です。
っていうか「メタルマックス3」を進めなきゃいけないしね。こちらもちゃんとプレイしてます。

「MM3」はようやくロックハッカーを手に入れ、あちこちの電子ロックを開錠しているところ。
なんか…「メタルマックス」というタイトルにしては生身での戦いを求められる場面が多くて
戦車のカスタムが二の次になっている印象があります。
この先マップの南側でどういう展開になっているかはわかりませんが…ちょっと不安。

実際、過去のシリーズでも躓いた場面はことごとく生身で戦う場面なんですよね。
マッドマッスル然りテッドブロイラー然り…レスラーかソルジャー育てておこうかな。



ディレ1こと石原Dのインタビューがファミ通.comに掲載されましたが、繰り返し確認しても
言ってることがムチャクチャでポカーンとしてしまいます。意味がわからない。

オンライン対戦の要素を削除した結果、競り合う絶対悪の存在が必要になったというのは
まあ理解できなくもないんですが、なぜその結果が男性アイドルに結び付いたのか。
インタビュー中では「敵が女性アイドルだと憎みきれなくなる」という説明をしていましたが
黒井社長が既に憎まれ役を果たしてくれているのではないかと。
 
プレイヤーに男性が多いから、敵対する相手も男性の方がいい。これも黒井社長で済むし
あえて男性アイドルを新キャラとして迎えるだけの説得力に欠けています。
 
そもそも敵対するアイドルを憎む必要があるのか?という意見もあると思います。
お互い尊敬すべき部分は尊敬し合い、相手の方が優れていたから負けてしまったんだと
素直に認められる状況であった方が「燃え」としては正解ではないでしょうか。
それなら、スタートラインが同じである女性アイドルの方が適していると考えられます。
 
インタビューを読んでいると、男性アイドルを出すのが前提でそれにもっともらしい理由を
付け加えただけのように思えて仕方がありません。
 
既存のアイドルを分割した理由もテキトーな脳内設定(笑)を暴露しているに過ぎません。
「半年もPがいなかったら765プロは傾き、彼女たちが独自に動き出す」?
事務所が危ないから高木社長は新人P(つまりプレイヤー)を求めているわけでしょ?
それって新人Pが来ること自体を拒んでいることになりませんか…?
 
なんというか…まあ、非常にツッコみどころの多いインタビューになっていますよ。
アイマスというコンテンツにそれほど傾倒していない自分ですらここまで言えるんですから
本業のPからしたらそれこそ怒髪天を衝く勢いで罵声を連ねると思います。
 
同情すべきは男性アイドルの中の人たちで、むしろその同情のなかから男性アイドルに
対する暖かな感情が芽生える可能性もあるかもしれませんね…。
それをまた「プレイヤーたちにも認めてもらえた」とか好解釈しちゃうんだろうなぁ。

とまぁ…読んだ直後は色々書いたんですけど、そのあとTwitterで色んな意見を見てたら
どうでもよくなったというか、ある部分では好意的に解釈できるまでに落ち着いてしまって
いまはそれほど強い反対の意思がなくなりました。
決して賛成したという意味ではなく、どうしようもないから放棄してしまったんです。

今後もこの騒動は続くだろうし新たな情報次第では更なる惨状も想像できます。
それによってプロデューサーたちがより冷めることはあっても、沸くことは恐らくないでしょう。
一般にはよく炎上と言いますが、今回のケースでいえば鎮火と言うのがもっとも適切かと。

「自分には関係ないから」と、この事例をあまり軽く見ないでください。
きっと「アイマス」だけじゃ済みませんよ。ほかの作品でも起こりうることですから。

|

« 2010年9月18日 | トップページ | 2010年9月20日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2010年9月18日 | トップページ | 2010年9月20日 »