« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月30日 (木)

2010年9月30日

【6人フリスケ実施について】 本日23時より実施 6人フリスケは無事終了しました。

26日から30日にかけて掲載した募集要項および関連記事は削除いたしました。
なので、不自然に文章量が少ない記事があります。ご了承ください。

X360nxe40

昨晩は「ビューティフル塊魂」の残りふたつのDLCを購入してプレイしていました。
それぞれのステージに隠されたメイツとプレゼントをすべて手に入れ、各コンプリート実績を
ようやく解除しました。これで残す実績はあと9つ…ほとんどがオン関連です。
オフ関連は100時間と200回プレイ、それに150km塊。ここからが本当の戦いだ…(笑)

昨日配信開始になったXBLA「HYDROPHOBIA」の体験版も一応触ってみました。
なんというか…ちょっと想像と違ったかも。水没系パニックアクションではあるんですけど
壁をのぼったり銃を撃ったりと、色んなアクションゲームの要素が詰まっています。
あと、非常に文章的情報量が多いので読むのがニガテな人にはツラそうです。



うわぁ…見るアニメがない。ついそんなことを言ってしまった人は結構いそうな感じですが
来期にまたいで続くアニメも放送がなかったりで、本当に見るものがないですよね。
ちなみに来期も継続視聴するのは「アマガミ」と「ぬら孫」だけかな…。

明日の晩から早くも新作が始まるわけですが、とりあえずこのへんはスルーしようかと。
来週から始まる「咎犬」の枠にカブられると録画する側としては困ってしまうわけで。
いまのところ「咎犬」「薄桜鬼」「荒川」「それ町」「禁書」あたりに期待しています。

「イカ娘」はなぁ…キャストに不満を感じる人のキモチが若干わかりましたよ。なんか違う。
たしかに自分も井口声の方が納得できるし、金元声が合ってるとは言い難いです。
それ以外のキャスティングは非常にベタというか予想通りらしい。どうなることか…。

| | コメント (0)

2010年9月29日 (水)

2010年9月29日

X360nxe39

うっかりキャプ撮り忘れたんで「Brother Hood」のアバターアイテムでも紹介しときます。

昨晩は「ビューティフル塊魂」のDLCをふたつ購入してゴロゴロと遊んでおりました。
これで残るDLCはふたつかな…オンデマンド販売以降DLCが値下げになって買いやすい
のはありがたいんですけど、これあきらかにアンロック系DLCだろ…って内容なのがね。
まあ「ソウルキャリバー4」ほど露骨じゃないからいいんですけど。

「メタルマックス3」はやるヒマなし。というか情熱が尽きかけています。RPGダメだ…。



この数日の間にHDDレコーダー整理しなきゃ…録画番組数200超えとか初めてですよ。
なかには録画したっきり見てない映画とかもあるけど、この際どうでもいいかと。

まさか「けいおん!!」まで最終回直後に映画化の発表をおこなうとは…予想の範疇ですか?
第2期もわりとキレイに終わっただけに、どの部分を抜粋して映画化するのか気になるけど
一番気になるのは劇場版という表現ではなく映画化と表現してることにあります。
まあ…京アニさんのやることだし、観客をガッカリさせることはないと思いますが。

とりあえず第2期を総じて感想を述べるなら、良い空気感をもっていたアニメだと思います。
第1期で獲得した期待に反することなく、それぞれのキャラの魅力をより良く表現していて
これ以上ないファンサービスになっていたのではないでしょうか。
商業的にも成功し、なおかつファンも嬉しいというのは最良のバランスですよ。

| | コメント (0)

2010年9月28日 (火)

2010年9月28日

Mm309

昨晩のメインは「メタルマックス3」でした。エルルースのビルもほぼ終了という状態。
バイクを買い戻してボス戦用にカスタマイズし、その効果を確認するところまでは進んで
いるんですが、ボスのレアドロップ狙いでまた止まっているという…(笑)
とりあえずクリアできればいいし、あまりレア武器に執着しないようにしようかな。



目下の懸案はメイン記事のそれです。プロフィールが見つからないってどういうことなの?
製品版を持ってない人のは見つかるのに、実績コンプ間近の人のが見つからないとか…。

「オカ学」の最終回、ラストシーンの食卓はスプーンではなく箸であってほしかったなぁ…。
たしかにスプーンがキーアイテムではあったけど、本当の意味での理解という意味も込め
食卓にひとつだけカレーと箸の組み合わせを用意しておいてほしかったと思います。

客観的に見るとやはり「アニメノチカラ」枠はそのチカラを最大限に発揮できなかったのか
次回作「ざくろ」には「アニメノチカラ」というカテゴリー付けがなされていません。
「ざくろ」はどうなのかなぁ…主題歌がスフィアという時点で決してるかもしれませんが。

今晩の「けいおん!!」最終回を境に、アニメの視聴予定表が一新されます。
来期の新作1本目は10月2日の「バクマン。」かな…実は原作未読なんだよなぁ。

| | コメント (0)

2010年9月27日 (月)

2010年9月27日

Skt3a9

昨晩はしいなさんにお付き合いして「skate3」のオン関連実績の談合をやりました。
ふたりだけで解除できる実績にも限度がありますが、既にオンが過疎ってるのを利用して
ランクマッチの勝利実績などをチマチマと潰して廻ってみました。

ただ…オンにもまだチラホラとプレイヤーが残っているらしく、邪魔されることもしばしば。
単に参加するだけならいいんですが、無言でフレンド申請飛ばしてきた挙句に勝てないと
わかると捨てゲーしていくという困った人もいまして…なんだかなぁ。
まあ、外人プレイヤーの捨てゲー率の高さなんていまに始まったことじゃありませんが。

「メタルマックス3」はエルルースのビル内で3つの戦車用武器のレアリティ調整をしただけ
なので、ゲーム自体はまったく先に進んでいません。でももう進めます(笑)
バイクの改造やソルジャーの育成もしたいし、まだまだやれることはたくさんありそうです。



なんかもう寒くて、缶のお酒を1缶飲めなくなってきましたよ…温かい缶のお酒出してよ。

「あそびにいくヨ!」はなんかヘンな魅力のあるアニメでしたが、客観的に見ればかなり
強引に尺を詰めて終わらせたビミョーなアニメだったとしか言えませんね…(笑)
健康的なお色気ありギャグありパロディありと、そういうテイストを目指して作っていたのが
ハッキリとわかっていただけに、期待を裏切られたという人はいないと思いますが。

一部では既に「スフィアが主題歌を歌うアニメは売れない」というジンクスまで囁かれていて
あながち否定できないような…でも「ナウスカ」自体は良い曲でしたよね。

| | コメント (0)

2010年9月26日 (日)

2010年9月26日

Skt3a8

昨晩は久し振りに「skate3」でリプレイを撮ったりしていましたが、メインは「MM3」でして
主に★3武器を出すためにトライ&リセットを繰り返しておりました。
これのせいで本編マジ進まない。別に諦めてしまってもいいんだけどさー…。



ニチアサも実況が常習化してしまい、サブ記事に書くことがマジでない週末になりつつある
今日この頃ですが、おかげで清々しい早起きが習慣化されて昼間眠い。マジ眠い。
「プリキュア」見ない自分は実況の陰で「オーズ」を即リピート視聴してるのはナイショだ。

「オーズ」のフォームチェンジシステムは部分的に奪われて使用不可能になるというのが
ちょっと斬新で、今後のストーリー展開に大きく影響してくるように思われます。
だだし脚本を複数人で兼任するようになると矛盾や破綻が起こることも想像できるので
シリーズ構成がしっかりしていなければできないシステムです。

オーズドライバーをお持ちの方はご存知かと思いますが、メダルの裏側にはそれぞれの
部位を示すラインが引かれていて、その本数でどこに挿入するのか判別ができます。
全身同じ種族のコアメダルで統一した場合はなにか付与されるのかな…?

| | コメント (1)

2010年9月25日 (土)

2010年9月25日

Mm308

「メタルマックス3」は現在、エルルースのビルを攻略中。全30階とかマジか。
マジはマジなんですが、実際に攻略が必要なフロアは限られているので省略は可能。
余分なフロアにはシンボルエンカウントの敵がいるだけで、アイテムが置いてある場所も
非常に少ないので実質5~6フロアの攻略で終わってしまうようです。

まあ…今回も大半は戦車に乗れないわけですよ。このフラストレーションったらないね。
戦車RPGなのに戦車に乗れないとか、ポケモンマスターが素手で殴り合うようなもんです。

ギガントマウス戦で出てきたキラキラしたBBQマウスが最悪でしたよ…。
「MM3」のザコ敵には稀にキラキラしたエフェクトがついてる個体がいて、通常のザコ敵より
得られる経験値やお金が倍化されている代わりにステータスも強化されているんですが
1ターン内の与ダメよりも回復力が高いという…永遠に終わらないイベント戦闘(笑)

幸いキラキラ個体は逃走しやすい性質があるので無事戦闘は終わってくれたんですけど
ひとり死亡の状態で戦ってたので内心かなりしんどかったですね。

余談ですが、戦車用兵器に最大★3つのレアリティが設けられてるのも厄介なポイントで
気にしなければそれで済むし知らないならもっといいんですが、最大で100以上も数値が
違うとなれば時間をかけてトライ&リセットを繰り返したくなってしまいます。

こういうのは奥が深いというよりはプレイヤーに対する時間稼ぎでしかないですよ。
もともとRPGがニガテな自分は「メタルマックスだから」という理由でプレイし続けてますが
そういう贔屓目がなかったら色んなところで不満を感じるゲームだと思います。

Amazonの否定的なカスタマーレビューはおおむね正しいことを言ってると思いました。
「メタルマックスらしさ」という言葉で誤魔化しちゃいけない部分もあるということです。



「黒執事Ⅱ」は先週終わってしまっているので金曜晩に書けることがほとんどないという
状況なんですけど、ボチボチ来期の予定表を組まなきゃいけない時期なわけですよ。
それと同時にHDDレコのフォーマットもしなきゃいけないのに、未消化の作品などもあって
若干焦りを感じているようないないような。「ブレイクブレイド」見なきゃなぁ…。

最近はネットラジオも数日どころか次の更新が来る直前まで聞かないまま放置してたりで
「続・ぶるらじ」は9月前半の分(更新遅れた回)を先程ようやく消化しました。

ほかにもアレやりたいコレやりたいと思う私事はありつつも、なんだかんだで先延ばしに
なってしまっていることがいくつかあります。Twitterのアイコン作るのとかね。
このままだとすぐに来年の年賀絵とかが来てどうにもならなくなりそうなんですが…。

そういえば、今月を予定していたXperiaのアップデートが来月末以降に延期になりました。
凄いビミョーな発表ですよね。来月末以降って永遠に先延ばしできちゃうわけで。
それならせめて年内とか言ってほしかったな…その方がまだ希望を持てるじゃないの。
しかも延期したぶん何かを追加するわけでもないらしいし。ダメだこりゃ。

| | コメント (0)

2010年9月24日 (金)

2010年9月24日

Mm307

「メタルマックス3」のいわゆる前半部分にあるクエストをほぼすべて消化し終えました。
とはいえプレイしてた時間のほとんどはレアドロップ武器のために割かれていましたが…。
わりとムチャクチャなステータス設定のボスが多いので先々のために…ね。

残すはドゥーム球場関連の賞金首なんですが、戦闘に持ち込むための下準備がダルくて
内心「後回しにしようかなぁ…」とゲンナリしているところです。

というのも、その賞金首と戦うためにはフィールド上に落ちている特定のアイテムを30個も
集めなければならないという条件…というか付随するクエストがあるのです。
しかもこのアイテムは別のクエストでも膨大な量を要求されるという厄介なアイテムでして
さながら廃人仕様のネトゲみたいな感じなんですよ…オフゲーだというのにねぇ。

収集系クエストはこれだけではなく、ほかにももっとヒドいものが用意されています。
特定の敵を倒した際に1/4ぐらいの確率で手に入るアイテムを100個超集めてこいという
ものもあって、これをクリアしないと手に入らない戦車もあるんです。

まあ…クリア後の要素があるゲームだから長期プランのクエストがあるんでしょうかね。
個人的にはクリアしたらサッパリ終わってくれる方がありがたいんですが。

ポケモンなんかはある意味、クリアしたあとの方が本編という感じなんでしょうか。
実は「MM3」にもなんと無線通信を利用した対戦モードが用意されています(笑)
しかしこのゲームにそういうものを求めているプレイヤーがどれほどいるのか疑問ですが。



「HERO MAN」はまさに『完走』という言葉がふさわしい最終回になっていたと思います。
総じて少しもブレがなく、緩急の付け方も上手く、予定通り尺を使い切った感じ。
最後にどの攻撃方法で撃破するかについては好みが分かれるところかもしれませんけど
夕方6時台のアニメで犠牲を伴うラストにするのはやはり相応しくないのかもしれません。

これが深夜枠ならジョーイの最終戦闘ver.の一撃で終わり、エピローグにつなげるという
選択肢もあったのかもしれませんし、自分はそれで納得して見ていたと思います。
ただ、そうすると最後に仕込んだあのネタでニヤリとできなくなってしまうわけで(笑)
一部ではアレを第2期への布石と見てるようですが、アレはベタなネタですよ。

でも憑依系装備好きな自分としてはあの巨大な左腕は捨てがたいのです…。
それと、やはり間接攻撃より近接攻撃の方が熱いという個人的な好みも含んでいます。

否定的な感想も見受けられましたが、そこまで言うほどの内容だったでしょうか…?
まあうちのブログは常に「楽しんだ者勝ち」であるという側面が強いのでわかりませんが
見せるべきコンセプトがしっかり固まっている良いヒーローアニメだったと自分は思います。

…そういえばウィルどこ行った!?ドサクサにまぎれてまた行方不明?
あと、何気に群集のなかにいたSUDA51ロゴTシャツの男性が気になったんですけど。

| | コメント (0)

2010年9月23日 (木)

2010年9月23日

Skt3a7

まずは当然この話題から。「skate3」日本国内向け正規販売が決定したそうです。
今週発売のファミ通の早売り分からの情報なんですが、いま現在判明している情報は
12月発売であることと5,040円という値段だけのようです。

ただ、amazonに掲載された商品名にはしっかり「英語版」と書かれていました。
おそらくローカライズをした日本語版ではなく、他のEAのマイナータイトルと同じように
日本語マニュアルが付属する程度の日本向けパッケージになると思われます。

日本向けに正式発売されるとなれば当然気になるのがDLCの配信の有無なんですが
いまのところそれもまったくわからず、パッケージに収録されるかどうかも不明です。
でもまあ…収録はまずないな。英語版のまま配信されれば御の字というところでしょう。

突如このような情報が飛び込んできたせいで北米MSPの購入を再び躊躇しております。
どうせ日本でも配信されるならそれまで待ってもいいかなぁ…なんて。

X360nxe38

昨日はほかにもマーケットプレイスにいくつか動きがあったのでここで紹介しておきます。
以前に配信されたキャンペーンモードのデモに続き、「VANQUISH」のチャレンジモードの
デモが配信されています。ほかにも日本語版「H.A.W.X.2」のデモ版などが登場。
ローカライズ済みなのに不穏な動きがあった「BLACK LIGHT」もようやく配信開始。

昨晩の自分の動向は…「ビューティフル塊魂」のDLCをひとつ追加してプレイしてました。
それと、あいかわらず「R.U.S.E.」のデモ版もスルメをしゃぶるように遊び倒してます。



中秋の名月と満月はどう違うのか?という感じもしますが、今日がホントの満月です。
ただ…昨日と比べて天候が荒れ荒れなので見るのは難しそうですが。

「ストライクウィッチーズ2」の最終回はこれ以外に方法がなく、予想通りな感じでしたね。
全体を振り返ってみると、この結果に辿り着くために必要なエピソード数は非常に少なくて
やろうと思えば2時間映画ぐらいにまとめられたような気がします。
それだけ余分なエピソードが多かったというか…そこも求められてる作品なんですけど。

本筋の部分とファンサービスの部分のバランスはよかったものの、その関係が希薄過ぎて
結果として余分に感じられてしまうのが問題なので、もうちょっと本筋に絡んだサービスを
展開してくれれば違和感は薄かったのではないでしょうか。
まあ…第2期自体が大きなファンサービスみたいなものだし、言うべくもないですが。

戦争は終結したものの、他の部隊を描く布石のようなものを見せてくれた気がします。
そのへんの展開は今後のソフトの伸び次第かなぁ…テレビではやらないかもしれないし。

| | コメント (0)

2010年9月22日 (水)

2010年9月22日

X360nxe37

「skate3」の新DLC「San Van Party Pack」が予定どおり昨日配信されました。

本日の19時になるまで正確なことは言えませんが、おそらく今回も日本国内配信はなく
北米MSPでの購入が必要になるのでDLCの内容についての報告は遅れます。
まあ…さすがにこの時期になると我先にと飛びつく情熱もあんまりないのです(笑)

昨晩は箱○関連はおやすみして「メタルマックス3」を進めておりました。
エルルースまで足を伸ばしたおかげで装備が充実し、レスラーも実戦レベルにまで成長
してくれたので、取りこぼしていた賞金首を徐々に消化し始めました。
「MM3」の賞金首はほとんどがシンボルエンカウントなのが非常にありがたいところ。

ただ、あきらかに場違いなスペックの賞金首が配置されていることも多いです。
普通に進めていて到達する段階では絶対に勝てないどころか、ある程度進んでいても
歯が立たないレベルの賞金首がわりといるんですよ…さすがはメタルマックス。

そういえば戦車があまり増えないけど、いまのところ増える必要もないかな…。



「アイマス2」騒動は収束点が見えません。なにせ公式が燃料を追加してるものですから。
ラジオに続いて公式ブログ声明や歌詞改悪問題と、手を変え品を変えよくやりますよね…。
こうまで続くとわざとやってるんじゃないかと思えてくるほどです。

ただ、これはビジネスであり一個のコンテンツ下に多数の人生がぶら下がっているわけで
ヘタしたら多くの人たちが路頭に迷う可能性だってあるのではないでしょうか。

「けいおん!!」今週で最終回だと思ってました…ってか、ファストフードに棚町いなかった?
あと以前から思ってたんだけど、OPのワンシーンに凛子っぽい子もいるよね。
トンちゃんの声をあてる和ちゃん…あのあとも多分さらっと生徒会に行ってしまったんだね。

| | コメント (0)

2010年9月21日 (火)

2010年9月21日

Mm306

「メタルマックス3」は昨日、テッペンタウンから南下してようやくエルルースに到着。
ただ、ホントに到着しただけでエルルースの地下街をひと通り廻る程度に留まりました。
本当はここに来るまでにもっと北方面のメインクエストやサブクエストを消化しておくべき
だということはわかってるんですが、レベル上げもかねての遠征です。

新メンバーを作ってからレベル20ぐらいまで育て上げるのはさほど難しくないんですよね。
テキトーな戦車に乗せてテッペンタウンからエルルースに向かうだけで10ぐらい上がるし
地下街でこまかい敵を倒せばさらに上乗せできます。で、そのへんで減退が。
でも、その気になればいくらでも後追い育成可能なバランスなのは良いと思います。

なんかエルルースも生身での戦闘が続きそうなんですよね…地下街は障害物が多くて
戦車で移動するには手間がかかるし、そんなに戦車で戦わせたくないのかと…。
おかげで戦車の改造はまったくしておらず、主砲と機銃の交換でここまで来ております。

「skate3」の新DLCの配信が一応本日なのですが、これを書いている前日の時点でも
値段がいくらなのかわからないという状況。もし今回も国内配信がない場合は北米MSPを
購入してからの導入になるので、報告はだいぶ先になると思います。



今月中に配信されると言われていたXperiaのアップデートやココログのAndroid用アプリが
どちらも音沙汰がないのがなんとも…大学生ですら夏休み終わってる時期ですけど。

「オカ学」はああいう回収の仕方しかなかったのかな…普遍的なアニメになってしまってて
この作品でなければできないことにはなっていなかったと思うんですが。
これがオカルトなんだとか、意外性があって良いという好意的な解釈も見かけはしましたが
あれがオカルトだとすれば自分が見てるアニメはほとんどがオカルトですよ(笑)

途中から見始めた「キルミン」は尺の長さもあり、非常にキレイな着地を見せてくれました。
これまでに登場した様々なキャラを使い捨てせず、エピローグでその顛末までちゃんと描き
悪者に対する制裁を適度に濁していた点についても「らしさ」があってよかったです。

深夜アニメの多くに消化不良を感じるのはやっぱり尺の都合なんですかね。
まあ…ムダに長くて辟易する4クールアニメもないわけではないので技量次第でしょうか。

| | コメント (0)

2010年9月20日 (月)

2010年9月20日

Rusedemo3

「R.U.S.E.」のデモ版がやめられない…ヤバい。昨晩ですべての難易度でのクリアを達成。
難易度を上げると敵ユニットの攻撃力や耐久力が上がるのはもちろんのこと、敵軍全体の
思考自体も優秀になるので油断してなくてもあっさり穴を衝かれます。

ノーマルの状態ではテキトーに対戦車砲を配置しておくだけで食い止められた敵戦車も
削られて突破されたり、歩兵部隊をこまかく混ぜてきたりであっさり抜かれてしまいます。
なので、より一層綿密な防御陣営が求められるわけです。

基本はやっぱり潤沢な歩兵。それに戦車や戦闘車輌の混成部隊を配置すること。
対戦車砲だけでもダメだし戦車だけでもダメで、それらをうまく組み合わせることが大事で
その組み合わせ方や配置の仕方を考えるのが非常に楽しい。
で…必死こいて考えた布陣を突破されてアタフタするのもまた楽しいという(笑)

そういえば、何日か前に対戦車兵器の製造施設の建設が大事であると書きましたが
ある段階になると司令部で対人・対戦車砲の陣地を建設できることがわかりました。
一度作ると移動できないので使い捨てな感じになってしまいますが、なかなか便利です。

「メタルマックス3」は…なんかボチボチ進んでます。こまかいクエスト潰したりとかね。
戦車で戦えない敵の対策としてレスラーを育て始めました。



「アイマス2」騒動については自分だけでなく、全体的にだいぶ落ち着いた感があります。
正直こうなると今更もうどうしようもありませんから。署名活動とかも無意味だと思います。
ときに延命治療が致命傷になることもあるというのがわかっただけで上々かと。

ゲームの続編を出すのって難しいってことですよね…人気タイトルならなおさら。
どんな結果に落ち着いても感想の3割ぐらいは否定的な意見で埋まるのが通例であって
そのなかで最大公約数を求められる才能が送り手には必要なわけです。

今回のケースで言えばそれが圧倒的に欠けていて、なおかつユーザー側をあえて無視し
一部のスタッフの所有欲を満たすようなものを作ってしまったのが『敗因』だったと。
既に安定していたコンテンツが賭けに出る必要があったのか?と問いたいです。

「DIVA2nd」とのコラボの件を見てると、坂上P自身はコンテンツの保存を望んでいるようで
その適切な捌け口としてセガに頼ったように見えなくもない…と思えました。
ひょっとすると坂上Pやディレ1よりもさらに上の方で何かが動いた可能性もあるのでは。

「オオカミさん」最終回に新キャラ登場で〆るというのは「絶望」的なやり方なんですかね。
原作の未消化分はまだあるだろうから第2期を放送する可能性はないとは言いませんが
それをできるほど盛り上がったかといえば…ね。

そろそろ来期の視聴予定を立てないといけないな…本数は多くなさそうですが。

| | コメント (0)

2010年9月19日 (日)

2010年9月19日

Rusedemo2

昨晩もずっと「R.U.S.E.」のデモ版をプレイしていました。なんか妙にハマっています。
デモ版にはひとつのミッションしか用意されていないんですが、クリア条件となっている
敵の司令部の占拠を遅らせてしまえばいくらでもプレイし続けられるんですよね。

本来プレイヤーの作戦領域に含まれていないエリアに対して侵攻することもできるので
探り探り楽しんでいたら平気で2時間とか潰れてしまいます。怖いゲームだ…。

デモ版としては久し振りのハマりっぷりではないでしょうか。
でもいまのところ製品版に手を出すつもりはないので、あくまでデモ版の範疇です。
っていうか「メタルマックス3」を進めなきゃいけないしね。こちらもちゃんとプレイしてます。

「MM3」はようやくロックハッカーを手に入れ、あちこちの電子ロックを開錠しているところ。
なんか…「メタルマックス」というタイトルにしては生身での戦いを求められる場面が多くて
戦車のカスタムが二の次になっている印象があります。
この先マップの南側でどういう展開になっているかはわかりませんが…ちょっと不安。

実際、過去のシリーズでも躓いた場面はことごとく生身で戦う場面なんですよね。
マッドマッスル然りテッドブロイラー然り…レスラーかソルジャー育てておこうかな。



ディレ1こと石原Dのインタビューがファミ通.comに掲載されましたが、繰り返し確認しても
言ってることがムチャクチャでポカーンとしてしまいます。意味がわからない。

オンライン対戦の要素を削除した結果、競り合う絶対悪の存在が必要になったというのは
まあ理解できなくもないんですが、なぜその結果が男性アイドルに結び付いたのか。
インタビュー中では「敵が女性アイドルだと憎みきれなくなる」という説明をしていましたが
黒井社長が既に憎まれ役を果たしてくれているのではないかと。
 
プレイヤーに男性が多いから、敵対する相手も男性の方がいい。これも黒井社長で済むし
あえて男性アイドルを新キャラとして迎えるだけの説得力に欠けています。
 
そもそも敵対するアイドルを憎む必要があるのか?という意見もあると思います。
お互い尊敬すべき部分は尊敬し合い、相手の方が優れていたから負けてしまったんだと
素直に認められる状況であった方が「燃え」としては正解ではないでしょうか。
それなら、スタートラインが同じである女性アイドルの方が適していると考えられます。
 
インタビューを読んでいると、男性アイドルを出すのが前提でそれにもっともらしい理由を
付け加えただけのように思えて仕方がありません。
 
既存のアイドルを分割した理由もテキトーな脳内設定(笑)を暴露しているに過ぎません。
「半年もPがいなかったら765プロは傾き、彼女たちが独自に動き出す」?
事務所が危ないから高木社長は新人P(つまりプレイヤー)を求めているわけでしょ?
それって新人Pが来ること自体を拒んでいることになりませんか…?
 
なんというか…まあ、非常にツッコみどころの多いインタビューになっていますよ。
アイマスというコンテンツにそれほど傾倒していない自分ですらここまで言えるんですから
本業のPからしたらそれこそ怒髪天を衝く勢いで罵声を連ねると思います。
 
同情すべきは男性アイドルの中の人たちで、むしろその同情のなかから男性アイドルに
対する暖かな感情が芽生える可能性もあるかもしれませんね…。
それをまた「プレイヤーたちにも認めてもらえた」とか好解釈しちゃうんだろうなぁ。

とまぁ…読んだ直後は色々書いたんですけど、そのあとTwitterで色んな意見を見てたら
どうでもよくなったというか、ある部分では好意的に解釈できるまでに落ち着いてしまって
いまはそれほど強い反対の意思がなくなりました。
決して賛成したという意味ではなく、どうしようもないから放棄してしまったんです。

今後もこの騒動は続くだろうし新たな情報次第では更なる惨状も想像できます。
それによってプロデューサーたちがより冷めることはあっても、沸くことは恐らくないでしょう。
一般にはよく炎上と言いますが、今回のケースでいえば鎮火と言うのがもっとも適切かと。

「自分には関係ないから」と、この事例をあまり軽く見ないでください。
きっと「アイマス」だけじゃ済みませんよ。ほかの作品でも起こりうることですから。

| | コメント (0)

2010年9月18日 (土)

2010年9月18日

Skt3a6

昨晩は「R.U.S.E.」のデモ版を中心に、久し振りに「skate3」を起動してアップデートを適用後
具合を確認したりテキトーに流してフォトの更新をしたりしていました。

「R.U.S.E.」は今秋国内でも発売予定の第二次大戦を題材としたRTSで、当デモ版は現在
北米マーケットプレイスでダウンロード可能ですが、中身はちゃんと日本語化されていて
音声も含めてすべて日本語で再生されるようになっています。

Rusedemo1

まるでボードゲームのようなミニチュア感あふれるフィールド上で歩兵や戦車を生産したり
敵軍に攻撃を仕掛けたりと、非常に雰囲気の良い仕上がりになっています。
SLGやRTSというと操作が難しく敷居が高そうなイメージがありますが、本作はシンプルに
まとめられた操作系統や画面レイアウトのおかげでライトゲーマーでも楽しめそうです。

ただ…難易度は硬派ですよ。ちゃんと理解していないとボコボコにされます。
これからプレイする人にひとつ助言をするとしたら、画面上の指示にはまったく出てこない
対戦車兵器の製造施設の建設を早い段階におこなっておくといいでしょう。

敵の戦車に戦車をぶつけても消耗戦になってしまい、攻撃の効率がよくありません。
しかし対戦車砲を視界の開けた場所に配置しておくと面白いぐらい倒してくれます。
あとは対戦車砲を破壊しに来る敵の工作兵への対策として、低コストで製造が可能である
軽戦闘車輌を対戦車砲の後方に待機させておけば万全です。

あとは飛行場を確保できれば勝ちも同然。したがって潤沢な歩兵も必要になります。
さらに付け加えるとすれば…デモ版後半に出てくるロングトムは封印しておくべきです。
あまりにも厨能力過ぎて、使ったあとに後悔するタイプの兵器なので。

最終的には歩兵がモノを言う的なSLGっていいですよね…なんか地味で(笑)



いっそ「アイマス2」不買運動を本気でやったらいいんじゃないかと思う一般デーの午後。
「龍が如く」の最新作もファンの期待の斜め上を行ってるなぁ…と思っていた直後なだけに
これほど大幅にファンの期待を裏切れるのはある意味才能と呼べます。

既存アイドルのファンを無視した実質の削減と、削減した穴を埋める男性アイドルの登場。
余分なものを取り除いて新要素を加えるならまだしも、必要なものを除いて不純物を入れる
というワケのわからない調合をしていることに現場の誰も気付かないわけが…。

仮に女性向け恋愛SLGの続編を出すとして、既存の恋愛候補を減らしてライバルとなる
女性キャラを増やしたとしたら、前作のファンははたして喜ぶでしょうか。
また、その新要素によって男性ファンを新たに開拓できると思えるでしょうか。

いづれにせよ、公式の場で発表された以上はこれが仕様となって発売されるわけです。
あとは買うか買わないかぐらいしか選択肢はありません。

予想外な出来事といえば「黒執事Ⅱ」の最終回もかなり予想外でした。うーむ。
原作と今回のアニメ2期はまったくの別物として解釈しなければならないのは承知の上で
なぜこういう着地点を選んだのか、スタッフに伺ってみたいキモチはあります。
主従関係が永遠に続くという意味ではこの作品を永遠に楽しめる結末ではあるんですが。

| | コメント (0)

2010年9月17日 (金)

2010年9月17日

昨晩はML360の延長が響き、どのゲームもほとんど進展していません。
TGS会場からの中継ということもあって新しい情報がどんどん届く有意義な時間でしたが
TGS初日の晩に4時間放送とかホントに大丈夫なんですかね…まだ初日なのに。

Mm305

「メタルマックス3」はサイドウェイ経由でプエルト・モリへ陸路での開拓をおこなったのちに
主に人間用装備を揃えてイービル不動産の攻略を進めました。賞金首以外は終了。
あとは不動産内の施設が揃ってから賞金首対策をするつもりです。

お金がいくらあっても足りないよ…と思ってたら、なんと「MM3」には資金と経験値を無限に
増殖させるバグ技が存在するそうで、ゲーム崩壊の可能性もあるとかなんとか。
本当に困ったらそれに頼るとしてとりあえず今は普通に進めたいと思います。

「MM3」以外ですと、なんか突然「TDU」をプレイしたくなってデモ版を再ダウンロード。
時間制限がなく無限に続くコースを走れるのってやっぱ面白い。
あと、BGMがないことが良い方向に働く珍しいタイプのゲームであると言えます。



キネクトの仕様はやはり自室向きではない…完全に不可能ではないんですけど。

正直、フタを開けてみるまでこんなに箱○攻勢気味のTGSになるとは思いませんでした。
というより箱○以外のハードがあまりにも消極的過ぎた結果かもしれませんけど。
今回はタイミング的にも発売間近のビッグタイトルに大きな関心が集まるせいもあってか
ハードというよりソフトもしくはコンテンツに注目が偏ったせいかもしれません。

3DSにしてもMoveにしても、もっと色んな発表があって然るべき時期じゃないのかな…。
それとも神は言っているのか…いまはまだその時期ではないと。

「アマガミSS」中多編は中多さん視点の話という印象を強めたラストだったと思います。
普通あの場でウェディングドレス着られたら男性側としては精神的な重圧を感じてしまい
ヘタするとそれが理由で別れにつながることもあり、それを実行してしまうこのシナリオは
多分に女性視点が含まれている…と感じるわけです。

さて、次回からはいよいよ七咲編。久し振りに橘さんの変態性が戻ってくるか(笑)
ちなみに5人目が梨穂子で最後が絢辻だそうな。クリスマス時期に来る絢辻は大変だ…。

| | コメント (0)

2010年9月16日 (木)

2010年9月16日

Bktmr05

世間が「Reach」旋風なのに自分は「塊魂」。DLCをまたひとつ追加購入しました。
一気にガバッと買ってしまわないのは、21日配信予定の「skate3」のDLCが国内向けの
マーケットプレイスにも来るかもしれないと期待しているからです。
まあ無理でしょうけど…っていうか、現時点で価格が公表されてないってどうなのさ?

昨晩は初めてオンライン対戦にも挑戦。勝負には勝ったけどクッキー数で負けた…(笑)
勝っても負けても相応に獲得できるこのクッキーの数にも実績が用意されているんですが
プレイヤー間でクッキーの譲渡が可能らしく、既に大量に持っている人からもらうだけでも
実績の解除は可能だそうですので…ってズルはよくないか。

どのみちオンラインの対戦回数に関する実績を解除する過程で同時に解除されるそうだし
どちらかといえばその規定の回数分戦ってくれる相手を探す方が重要なようです。
なにせオン人口皆無だからね…ゼロだったからね。

「メタルマックス3」は現在、プエルト・モリへ向けて陸路での開拓を準備中です。
その過程で何体か賞金首も倒し、所持金が10万近く貯まりました。装備そろえなきゃ…。
バイオタンクに必要な鉄くずは集め終え、次はぬめぬめ細胞です。100個超とかマジか。



なんとなくノートPCのモニタ設定に不安を覚え、急遽Adobe Gammaを導入して調整。
いままではだいぶ寒色系の設定になっていたようで、調整したら暖色系になりました。
目が慣れるまで変な感じ…今後ゲーム画面の画像の色味が若干変わるかもしれません。

「BLACKLIGHT:TANGO DOWN」はやっぱり日本国内でも配信するんだそうな。
なんだか話が二転三転していますが、北米配信から2ヶ月ほど遅れ今月の22日の予定。
でもタイミング悪いよね…世間は「Reach」というFPSの看板タイトルに夢中な時期ですし。

「ストライクウィッチーズ2」も来週いよいよ最終回。ちょっと尺が足りなさそうですが…。
大和浮上!(笑)はともかく、ネウロイ化した大和の舳先に刺さった烈風丸もひょっとして
ネウロイ化しているのではないか…というのが大きなフラグになりそうな予感。
いづれにせよ、それぐらいしか現状の危機を打開できる策がないように思えます。

| | コメント (0)

2010年9月15日 (水)

2010年9月15日

Halo3m77

昨晩は夕方頃に持ち上がった「Halo3」の実績談合パーティーに参加しました。
「Reach」の発売に先駆けて「Halo3」や「ODST」を揃えたという人が意外にいるようでして
ほかにも、以前からプレイしていたものの解除が難しく半ば諦めかけていた実績をなんとか
解除したいというメンバーを集めて決行。かなりの収穫がありました。

タイミングの難しいものや特定のマップでないと解除できないものにかなり悩まされまして
予定していたすべての実績を解除するには到らず…後日再び開催されそうです。

こうして見ると自分はそこそこ難しい実績を談合以外の場面で解除していたことがわかり
それなりの運は持ち合わせていたことを実感。「パーフェクトゲーム」なんかは特に。
ただ…いまになって「パーフェクトゲーム」解除時のリプレイを見るとかなり消極的な動きを
していたことがわかってしまって、客観的にはかなり恥ずかしいです…。

Halo3m78

さて、明日はいよいよ「Reach」の発売日。既にフラゲしちゃってる人もいるらしいんですが
今回の実績はざっと見た限りでは「ODST」よりも更に簡単になっている感じがします。
ファイアファイトなんてステージごとの個別実績とかないし…あの苦労はなんだったの?

「MM3」「塊魂」は当然ながらお休みです。オフ専ゲームは後回し!



最近の西川さんのツイートが普通のアニオタレベルで共感したり不安を覚えたりな毎日。

TGSに関連して新作情報が次々飛び込んでくるなか、昨日Twitterを若干賑わせたのが
PS3版「うみねこ」の発表。内容はep.4まででフルボイス化&CG刷新だとか。
たしかに付加価値はあるものの、PS3という土壌でさらに強気の値段設定であることから
どの程度伸びるものなのか予想しにくいです。失敗はしないと思うんですけど。

「うみねこ」は選択肢が一切ないそうなので、BD再生やtorneをアニメ視聴に役立てている
タイプの客層であればすんなり受け入れられる…のかな。無理があるのかな。

ep.4までということは、アニメ第2期放送→PS3版後編発売ぐらいの予定なんでしょうか。
いや…そもそもアニメ第2期をやるのかどうか。やらない方が不自然かもしれませんけど
噂によると第1期のソフトがあまり芳しくなかったらしいのでどうなることやら。

「けいおん!!」はあまりにもキレイに終わってしまい、特に申し上げるべきこともなく…。
かなりあずにゃん視点に寄った印象があるというか、卒業する4人の心理描写が皆無で
あずにゃんにしか感情移入できないような構成になっていた気がします。
これから軽音部はどうなるんだろう…という疑問を番外編が解決してくれることを祈りつつ。

最終回でも和ちゃんは生徒会に行ってしまうのか(笑)完全に持ちネタになってるし。

| | コメント (0)

2010年9月14日 (火)

2010年9月14日

Mm304

「メタルマックス」の進展は踏破済み地域のクエスト埋めのみ。主にドゥーム球場周辺。
ドゥーム球場は周辺にドッグシステムで飛べる街がなく、交通の便が悪いのでできるだけ
少ない回数にまとめて用事をこなしたいところですが、球場内のクエストをクリアしないと
追加されないクエストがあるので結局繰り返し通うことになるんですよね…。

最低でもあと1回、それと球場に関係した賞金首もまだ残っています。
このへんもうちょっとスムーズにいくようなマップ配置にしておいてほしかったと思います。

引き続き「ビューティフル塊魂」もプレイ中。上手くなると続けたくなる心理。
難題であった冥王星も安定して100点を出せるようになり、それに続いてほかの惑星でも
100点を取れるように頑張っています。コツがわかると応用が利くようになりますね。
突然のフリーズでセーブ前の記録が飛ぶこともありますが、わたしは元気です…。

実績コンプはさほど難しくないらしいので必要なDLCを購入して挑戦してみようかな。
問題はプレイ回数と時間の実績か…100時間とか勘弁してよ。



ゲーム関係の話題として書いちゃいますけど、なんか4Gamerの懸賞に当選してしまって
「ストークト」という箱○用のスノボのゲームを戴けることになりました。
4Gamerからは以前にもBitcashを戴いたこともありましたし、何か縁があるのかも…。
というわけで、いつ届くかはわかりませんがいづれ「ストークト」のプレイ記事を書きます。

とりあえず直近の予定は21日配信の「skate3」の追加実績付きDLCですね。
おそらくこれが最後のDLCになると思うんですが、公式ブログを見ると次回DLCかもしくは
「skate4」の話が…みたいなことが書いてあってかなり意味不明です。
「3」の不具合だってやっと解消できるかという時期に「4」の発表はありえないでしょう…。

「オカ学」の急展開は確かに賛否両論あると思います。自分はおおむね否の側ですが。
まるで打ち切りが決まった週刊連載漫画みたいな方向転換だし、これが許されてしまうと
話数を重ねて積み上げることの意味がまったくなくなってしまいますから。

もっと簡単な話をすると、前回と今回の話が全然つながってないでしょ!っていう…。
前回と今回の間にあるべきエピソードがあきらかに飛ばされている感じがしますよね。
今回の急展開を否定しないとして、ほかのエピソードを割愛してでも前回と今回をつなぐ
エピソードを用意するべきだったのではないかと思います。

| | コメント (0)

2010年9月13日 (月)

2010年9月13日

Mm303

「メタルマックス3」の現在の進行状況をマップで説明するとこんな感じです。
もともと自由度の高いゲームだし、なおかつ今回はクエスト方式をとっていることもあって
進行状況を説明するのは難しいんですが…これは視覚的にわかる方かな。

峠を抜けてようやくマップの北側~北西側にかけてのルートが開放されました。
ザコ敵もそこそこ強くなってきたものの戦車に乗ってさえいれば今までどおり苦労もなく
サクサク進んでくれています。北端の樹海周辺は厄介ですが…。
レーザービーの自重しない増殖がヒドい(笑)アルファベット数えでPとかQまでいくって…。

今後は北側から南西側へのルートを開拓しつつ、既に踏破している地域に残ったクエを
可能なものから埋めていこうと思っています。まずはドゥーム球場周辺から。

箱○の方は特にやることも思いつかず「ビューティフル塊魂」のプレイ時間&回数稼ぎ。
各ステージ10回クリアが実績のカギになるとかなんとか…10回以上クリアしたステージは
それ以降、既成の惑星と入れ替えるかどうかの質問が出る点で判別可能です。



暑さも今日までという予報が信用できない…どう見ても夏です。ありがとうございました。

TwitterのTL周辺が盛り上がってるので、あえて盛り下げないように向こうでは言わない
ようにしていますが、自分は「Reach」は様子見しようと思っています。
前作「ODST」の値下がりがハンパなかったことと、海外レビューにおいてシングルモードの
プレイ時間の短さを指摘されていたことが気がかりなものでして…「MM3」もあるしね。

「オオカミさん」次回最終回。この段階で振り返ってみて…なんかビミョーな感じだったな。
こういう作品があるんだという紹介にはなったものの、この作品の独自性を示すどころか
むしろ他との類似性ばかりが目につく結果になってしまったように思えます。
今週の結末についても、続きは予見できるけどスッキリとはしていなかったのでどうも…。

アニメの原作をラノベに求める傾向は今後も続きそうですが、ラノベ界も玉石混合な昨今
アニメ化してから当たりかハズレかわかるという状況だけは避けてほしいと思います。

| | コメント (0)

2010年9月12日 (日)

2010年9月12日

Mm302

「メタルマックス3」の途中経過は初報告になりますが…早くもRウルフを入手しました。

主人公ひとりでロクな戦車もない頃は主人公側が圧倒的に強いバランスであるのに対し
戦車や仲間が追加される頃になるとパワーバランスが微妙に逆転していくという展開は
非常に良く調整されていると思いました。しかも決して厳し過ぎない。

たしかに一部の賞金首は強いんですけど、基本的にシンボルエンカウントになっていて
倒さなくてもメインストーリーの進行に支障がないんです。
で、倒さなきゃいけないボスについては戦車での戦闘も選べるような救済措置があって
そこに気付けばゲームの進行自体は阻害されないようになっているわけです。

一部のボスには低確率で落とす武器なども設定されているので、コアゲーマーにとっては
時間をかけてこだわれるようにもなっているという敷居の広い印象。
その代わり、全部の要素を見ないと気が済まない人には大きな問題になりそう(笑)

実際自分の場合、パーティーにどの職業を連れて行くかで未だ悩んでいますからね…。
シリーズファンにはイマイチなじみのないレスラーやアーティストもかなり使えるようです。
幸いレベルを上げるのはさほど苦しくないのであとから追加するのは厳しくなさそうですが
なんか噂によるとレベルの上限がとんでもないことになっているとかなんとか…。

個人的にはラスボスを倒した時点でスッキリと終わってほしいんですけど、どうやら「3」は
長期プランで挑む必要のあるゲームのようです。



金曜深夜に続いて日曜早朝も実況するスタイルが習慣づいてしまい、サブ記事のネタが
より一層減っていくという事態に。まあ…もともとサブだからいいんですけどね。

「Xperiaのアップデートは2.1まで」という話題でちょっとした騒動になっている様子。
2.2になると劇的に速くなるなどの恩恵があり、2.1で止まるというのは終わりを意味する
などというアンチな人たちの発言を自分はわりと軽く受け止めています。
だって、別に使えなくなるわけでもないしサービスは継続していくわけでしょ?

2.2の時代が来たら今度は「3.0以下はクソ」と言い出すのが目に見えていますから…。
そうやって四六時中なにかを叩いていないと正常な意識を保てない人がいるというのは
悲しくもあり滑稽でもあります。安い優越感だわ…。

「オーズ」の影響でアジアンやタイダイが流行ったり…しないか。あのシャツいいなぁ。

| | コメント (0)

2010年9月11日 (土)

2010年9月11日

Bktmr04

「ビューティフル塊魂」早くもスタッフロール。一応クリアということなんでしょうか。
あとはオンライン対戦関係の実績とかがたんまり残ってる感じ。まあボチボチやりましょう。

総評ってわけでもありませんが…時間制限のないステージが出てくるまでが我慢というか
そこまでが結構苦しく、その先は爽快感が出てくるので多少の忍耐は必要。
あとはこの独特の世界観と豪華なボーカル曲に惹かれるなら…という感じですかね。

一応パズルゲームではありますが、ガチでポイントを競い合うようなゲームではないですし
箱○としてはかなり珍しいタイプのゲームだと思います。「ピニャータ」より平和だし。
いや…結末を考察すると必ずしも平和とは言い難いけど。

太陽系をブラックホールから救うために、ブラックホールを塞ぐのに必要な塊を作るという
解決方法自体はいいんだけど、その塊に太陽系の全惑星と生物を注ぎ込んでしまったら
そこには何も残らなくなるのでは…というのは考え過ぎなのでしょうか。
いや、確かに王族だけは助かってるから目的は達してるのかもしれませんが。

…っていうか「メタルマックス3」に本腰入れなきゃいけないんだけどね。
やっと7時間ぐらい進んだところで、レベルもクエストも頭打ちになってきた感じです。



これといって特に書くことがないのが恒例となりつつある土曜日。暑さが戻ってきました。
ただ、一時期のようにバカみたいな暑さではないので過ごしやすくはありますが。
今夏の反動で冬は寒くなるなんて噂もありますけど、実際のところどうなんでしょうね?

| | コメント (0)

2010年9月10日 (金)

2010年9月10日

Mm301

ようやく「メタルマックス3」をゲットしました。特に何もついていない通常版でございます。

まだホントに触りしかプレイしていないのでなんとも言えませんが、おおむね旧シリーズの
大事な部分はキープしている気がします。それはまあ今後判断していきましょう。
現段階で気になるのは音楽かな…ファミコンの初代でももっと良い音出せてましたよ。
限定版にはリマスター仕様のサントラがついてたわけで、買った人ならなおさらその差に
苦しめられるのではないかと。DSの音源ってこんなにヒドかったかな。

「DS版で不評だった部分は全部カットした」というスタッフの発言もあり、タッチ操作ゼロと
いうDS用ソフトとしてはかなり割り切った仕様になっているのも注目のポイント。
でも…それならPSPで出せばよかったんじゃね?というのが正直なところ。
画面の狭さや音質の悪さなど、「3」で感じる不満はすべて解決できてしまいそうですし。

最初から最強の主人公という設定については上手い具合に働いてるなぁと思いました。
とりあえずクルマと仲間を手に入れるところまではプレイしてほしい…という配慮だろうし
基本的にRPGがニガテな自分にはとてもありがたいです。

なんだろう…同じDSということもあってか「DQ9」に似てるような。クエスト制だったりとか。

Bktmr03

「ビューティフル塊魂」はボチボチ。コツがつかめてきたようなつかめていないような…。
Twitterで経験者に色々教えてもらったものの、言われたとおりに実行するのは難しくて
89点とかいうビミョーな点数で止まることが多いです。

かろうじてやる気を支えてくれてるのは王子やメイツの着せ替えですが、この着せ替えも
ころがす塊が大きくなるとプレイ中はほとんど見えなくなってしまうんですよね…。
塊の大きさに比例して王子たちも大きくなってくれるといいんだけどなぁ。



新型iPod touchを店頭で見てきましたが、本当に薄いのは外周部分だけで実は背面は
ラウンドバックでござるというオチに多少ガッカリしつつ納得しました。ですよねー…。

「アマガミSS」いいわぁ…バスを待っているふたりの独特の距離感とかたまりませんな。
お互い好きでもう手をつないでもいい頃だとわかっていても、お互いそれを切り出せない
というあの感覚が上手く表現できていたのではないかと思います。
女の子は握ってくれるのを待ってるんだよ。そこで実行できる橘さんは男前です。

中多編はほかのヒロインと比べていわゆる一般的な恋愛SLGのストーリーに近いという
誰かの発言に納得しつつ見ています。確かに王道というか、らしい感じ。
ただ、あえてそれを「アマガミ」でやる必要があるのか?という疑問はありますが。

「HERO MAN」も終盤。予告でウィルがサラッと出てたけど、それなら今週のどこかで先に
ウィルと合流する描写を入れておくべきだったのでは…ネタバレ感がヒドい(笑)

| | コメント (0)

2010年9月 9日 (木)

2010年9月9日

Bktmr02

昨晩は「Halo3」の対戦を少々、「ビューティフル塊魂」を少々。予定が狂ったのですよ…。
「メタルマックス3」をようやくお迎えする予定だったんですが、ヨドバシの店頭に在庫がなく
そんなこんなで場つなぎが続いてしまうことになったわけです。

「塊魂」はかなりスローペースで進めています。一晩にだいたい2ステージぐらいかな?
各ステージでアイテムやメイトをちゃんと確保しつつ進んでいるのでこんなものかと。
収集要素は結構シビアなのに対し、各ステージの得点については実績に絡むものがなく
そのへんがプレイの気軽さにつながっているのではないかと思います。

相変わらずロード時間にイライラすることもありますが、わたしは元気です。

それより「MM3」ですよ…amazonの在庫が復活してるからポチッてしまおうかなぁ。
それと、久し振りに「Halo3」をプレイしたことで「Reach」も少し視野にはいってきました。
でもなんか…いま自分が求めてるジャンルではないような気もするんですよね。



台風過ぎて嘘のような涼しさ。いや、むしろこの気温が普通なのかもしれませんが。

嘘のようなといえば、NTTから送られてきた100メガ対応のモデムに早速交換したところ
回線速度が従来の3倍に向上しました。しかもモデム自体のサイズは半分程度に。
実際ネットにつないでいて体感速度の違いを実感できるレベルです。ちょっと感動。

今回のハルトマン…いや、マルセイユ回はちょっと優遇され過ぎでしょ。
501のメンバーでもないのに主題歌にまで参加するわ、ゲストの将校ふたりは豪華だわ
作画は倉嶋さんだわ…前回のペリーヌが余計にかわいそうになってきました。

連合艦隊の主力兵器が大和に続いて日本製だったりするのはスタッフの趣味ですか?
でもまあ、実のところ日本は潜水艦大国だったんですよね。意外に知られていませんが。
驚異的な生産数とバリエーションの豊富さは一度調べてみる価値がありますよ。

| | コメント (0)

2010年9月 8日 (水)

2010年9月8日

Bktmr01

というわけで「ビューティフル塊魂」はじまってました。「AC6」と同梱だったのです。

もはや説明するまでもなく有名だし、そのゲーム性についてはご承知の方ばかりであると
思うので細かい説明はバッサリ割愛します。自分は初「塊魂」ですが…。
おもしろいか否かについても始めたばかりなので決断を下すタイミングではありませんが
これだけはどうしても言いたいということがあります。それはロードなどの待ち時間。

とにかく待ち時間が多く長い。それがゲームプレイのリズム感を著しく壊しています。

最大で千数百個の動的オブジェクトを初期位置にリセットしなければならない都合があり
ゲーム開始時やリトライ時に回避し難いロード時間が挿入されてしまいます。
最悪なのはステージのノルマをクリアできなかったときで、王子への罰ゲームシーンの後
リトライのために更にロードが挿入されるという煩雑さ。結構イライラします。

さらにイライラを助長させるのは王様のセリフがムダに長いこと。
「スキップすればいい」というのがそもそもの間違いで、スキップさせるという余分な手間を
毎回プレイヤーに強いるシステムになっているのはこういうジャンルのゲームにおいては
タブーだと思うんですが…そこまで思うのは自分ぐらいのものでしょうか。

繰り返しプレイし、記録を残すタイプのゲームでこのリズム感の悪さはいかがなものかと。
直前にプレイしていた「AC6」はロード時間が皆無でサクサクだったので、その反動からか
余計に待ち時間を長く感じてしまうのでした…。

そんなわけで、今後は場つなぎ的に「塊魂」の話題が出てくることになると思います。



「skate3」の新DLC…最後のDLCかもしれませんが、今月21日配信予定だそうです。

「うますぎWave」のもいもいの様子がガチ過ぎて毎回不安になるんですけど…どこまでが
マジでどこまでが演技なのか読めず。でも実際、声優さんって大変なのかも。
「スパロボ学園」の頃に奇妙な確執が生まれていた(笑)三上さんはジワジワ売れてるし
何か思うところがあるのかもしれませんが…すべて演技だと思っておきます。

「ぬら孫」見てて物凄い違和感を感じたんだけど、セーラーにベストっておかしくない?
実際にあるとか機能的な問題は関係なしにして、見た目がダサ過ぎるんですけど…。

| | コメント (0)

2010年9月 7日 (火)

2010年9月7日

Ac6cap25

「AC6」のフリーミッションモードで難易度ACEの全ミッションS判定コンプ完了。
これで勲章もフルコンプとなり、オフラインで解除できる実績は完全コンプリートです。
ここまでのプレイ時間は約26時間。まあじゅうぶん遊べた方なのではないでしょうか。

S判定を取るためにはより多くの敵機を撃墜する必要があり、つまりは最短クリアよりも
自機に降りかかる危機を進んで排除できるという点ではラクなんです。

それと、昨日の記事でミッション13の無人戦闘機も全て撃墜しないとダメと書きましたが
どうやら無人戦闘機はクリア判定の基準には含まれていないようです。
パステルナーク機のみをレールガンで撃墜したデータでもS判定ついてましたから。

Ac6cap26

さてさて…これにて「AC6」は一応おしまい。まだオンライン関係の実績は残っていますが
現在のプレイ人口などを考慮してもおおよそ無理なので端から捨てていました。

「AC6」の総評ですが、非常識なほど長続きはしないもののじゅうぶん面白かったですね。
評判の悪いストーリーについても酷評されるほどのものではなく、あっさりとした味付けを
どう判断するかで分かれるのではないかと。自分的には全然ありでした。

箱○初期に発売され、まだまだオンラインでできることやユーザーから望まれていることが
漠然としていた頃に作られたものですから不満を感じないわけではありません。
もしいま作るとしたらかなり違う味付けになっていたんじゃないかな…そういったポイントを
最新作でどう変えてくるかに期待。下請けが作るのではないなら(笑)

今後しばらくはまた場つなぎで何かが挿入されると思います。ご了承くださいませ。
いや…うん。ゲーマーカードでネタバレとかしてないし。ね。



着るものを大量に買い込みたい、そんな気分。秋ですもの。

「オカ学」見てボロ泣きしてました。どうもこういう死者との約束ネタには弱いのです。
子供にとっては絶対の存在である親に約束を破られる、裏切られるというのは重大であり
いつまでも忘れえぬ心のキズになります。自分にも経験のあることでして…。
たとえフィクションの世界であっても、誰かが幸せになる様子を見るのは嬉しいことです。

最後のシーンのマヤは顔に涙を拭いた跡すらないというのはどうなんでしょうか…(笑)
次回はおっぱいあり殺人ありとよくわかりませんが、小林ゆうのポテンシャルだけは理解。

「キルミン」も終盤展開。この1ヶ月であと何回泣くことになるんだろう?

| | コメント (0)

2010年9月 6日 (月)

2010年9月6日

Ac6cap23

「AC6」のフリーミッションモードでNORMALとHARDの全ミッションをS判定コンプ完了。
基本的にやることはターゲット属性以外の敵機(レーダー上に緑色で表示)を可能な限り
殲滅するだけという…ぶっちゃけ作業ですが、攻撃の順番については頭を使います。

ターゲット属性の敵機をわざと残す技術が求められるので、僚機や味方の支援を使うとき
自機の向きや距離を微妙に調整するか、もしくはすべて自機のみで倒していくことに。
体感的には出現した敵機を90%程度殲滅できればS判定がつく感じです。

なかにはしんどいミッションもあります。たとえばミッション13の後半とか。
無人戦闘機を打ち止めになるまで撃墜しなければならず、昨晩HARDでS判定を取ったとき
リザルトで49機撃墜って表示されてましたからね(笑)完全に忍耐との勝負です。

Ac6cap24

残すところ難易度ACEのS判定コンプのみとなりました。
既に大半のミッションでS判定を取ってあるので数日のうちにコンプできると思います。
それが終わったらとりあえず「AC6」は終了。その先はいまのところ未定としておきます。
そろそろ携帯機の世界へ行っちゃうかもしれませんし…。



サンマリノと聞いて「またか」と思わないモータースポーツファンはいません。辛いです。

今週の「あそびにいくヨ!」は凄く深いSF的テーマを扱ってたのに、あの歌のせいで(笑)
そのへんがなんだかウヤムヤになってしまった感じがするのがちょっと惜しいです。

不気味の谷とはちょっと違うけど、現実においても今後ロボット開発のある段階において
あえて人間とは違うものを作るようになるかもしれない…というのが示唆されていたような。
AIBOのように実物の犬とは違うから打ち捨てられていたのか、しかし現実では実物の犬も
モノとして扱われ、捨てられ処分されることもあるから難しいところです。

できれば意思疎通のできないものにも愛情を注いでほしいし、仮に意思を持っていたなら
主の死後には延命を希望しない選択をしてもらえる関係でいてほしいと思います。

| | コメント (0)

2010年9月 5日 (日)

2010年9月5日

Ac6cap21

「AC6」早くも6周目終了。タイムアタックと無被弾の勲章をゲットしました。

全15ミッションで2時間05分。かなりギリギリではありましたが平均値ぐらいだと思います。
もっと縮めることはできるんでしょうけどそういうゲームではないので…まあこんなもんで。
むしろ無被弾の方が大変だったかもしれません。何回わざと墜落したか…(笑)

もうすぐチェックポイント…というときに被弾することが多く、泣く泣く最初からやり直しという
精神的に来る失敗を何度かやらかしました。なぜそこで当たるんだと…。
そもそも後方に張り付いてる敵機が味方の後方支援部隊のなかに紛れ込んでいるため
レーダー上ではまったくわからないというのも問題なのではないかと。

特定のターゲットを破壊する際に一直線で向かわず、細かく蛇行しながら移動してみたり
とかも試してみましたが、先に敵の航空機を全滅させる方が確実で早かったです。

Ac6cap22

キャンペーンモードでやるべきことはすべて終わったので、続いてフリーミッションモードで
すべての難易度でオールSを目指すことに。とりあえずHARDはコンプ完了。
これで勲章の獲得数が15個に到達し、機体の追加カラーがすべてオープンになりました。

オフライン実績は残すところふたつ。ひとつは勲章コンプリートの実績。
もうひとつは「ゲーム内のすべての隠し要素をオープン」というのが条件になっているので
勲章コンプ=オフライン実績コンプとなるはずです。…たぶん。



本日も自分がいかにクルマでの移動に弱いかが実証された日でございました…。
単に酔って吐き気がするという感じではなく、全身の血の気が引いて両足が痛み出して
マトモに座っていることすらままならないという状況になってしまいます。

酔い止めを飲むと症状を知覚できなくなるだけで、身体の異常自体は発生しているため
体調がおかしくなることには変わらないという残念な仕様。不便な肉体…。

「W」が昭和風の王道を往ったのに対し「仮面ライダーオーズ」はすべてが特異というか
従来の仮面ライダーシリーズにあちこち似ている気はするもののどれにも当てはまらない
ある意味ではオリジナリティ溢れる作風になっていると思いました。

それぞれの種族に「電王」のイマジンのようなボスがいたり、缶飲料の形状から動物に
変形する「響鬼」のディスクアニマルのようなサポートメカがいるのが目立つポイントで
ほかにも「ファイズ」のサイドバッシャーっぽいカラーリングのバイクも出てきました。

ということは…「W」の昭和に対し、平成ライダー作品の様々なニュアンスを取り込んだ
「W」と対になるライダーという位置付けなのかもしれません。

| | コメント (0)

2010年9月 4日 (土)

2010年9月4日

Ac6cap20

「AC6」5周目終了。難易度ACEとEXPERTの具体的な違いは実感できないままでした。
クリア評価は別として、EXPERTでクリアできる人はACEも普通にクリアできると思います。
難易度ACEのクリア報酬は専用のゲーマーアイコンでした(右のゲーマーカード参照)。

さて…各ミッションでのクリア判定ですが、どうやらマップ上に出現する敵機をどれくらい
撃墜できたかによっておおまかに変動するようです。
5周目の後半で意識的にターゲット属性以外の敵(マップ上で緑色の表示)を倒したところ
それ以降のほぼすべてのミッションでS判定を取ることができました。

作戦失敗で味方の勢力が減ろうが被弾しようが評価には影響がないようです。
なので、タイムアタックを意識していないなら徹底的に敵を叩くのが良いということですね。

6周目は難易度NORMALでタイムアタックと無被弾の勲章狙いで始めました。
現在ミッション9まで終了した時点で約62分経過。被弾パーセンテージはもちろんゼロ。
タイムアタック勲章の条件は全15ミッションを2時間15分(135分)以内ということなので
残り6ミッションを約80分以内にクリアできればオッケーということです。

ミッションの途中で強制的に会話を聞かされる場面もおそらく時計は止まっていませんが
自機が撃墜および墜落し、チェックポイントから再スタートした場合は時計も戻るようなので
もし無被弾と同時に狙う場合は被弾したらわざと墜落すればいい…のかな。
クリアするまではちょっと確信がもてないので、クリア後にまた報告したいと思います。

Vnqsdemo1

先日触れた「VANQUISH」の体験版をとりあえずひと通りプレイしてみました。
「BAYONETTA」に続いてセガが送り出す洋ゲーテイスト満載な高クオリティのTPSですが
なんというか…既に箱○で体験したアレやコレに似てるんじゃね?的なとこはあるものの
まずはそれらと同水準に達していることに和ゲーとして評価できると思います。

チュートリアルをプレイしたあとなら操作も快適ですし、ほかのゲームで培ったノウハウを
イメージした通りに活かせるというだけでもワールドスタンダードなのではないかと。
加えて、ブーストゲージを使った独特のアクションがゲームバランスと爽快感に直結して
なおかつ適度な拘束感があるのもまたいい。かなりよく出来ています。

ただ、こういうTPSに慣れていればいるほど「あと一歩何かが欲しいな…」と思ってしまう
感じもするんですよね…強烈な牽引力や個性がないというか。
しかし期待はさせてくれます。その何かが製品版にはあるのではないか…と。



この数日ちょっと記事が長過ぎたので、本日は自重してこれぐらいにしておきます。
っていうか「黒執事Ⅱ」をオンタイム実況すると土曜更新分に書くことがなくなるんです。

| | コメント (0)

2010年9月 3日 (金)

2010年9月3日

Ac6cap18

「AC6」5周目はミッション13まで終了。パステルナーク戦も手馴れたもんです。
攻撃頻度はわかりませんが、少なくとも軌道の鋭さは難易度によって変化はしないので
いままでの周回での経験を活かせば難易度ACEでも普通に渡り合えます。
しかもこちらには架空機と厨兵器があるのだよ(笑)でも一網打尽でもないんですが。

無人戦闘機の一部はパステルナーク本体の周辺を群がるように飛ぶ習性があるので
パステルナーク機めがけて特殊兵器を射出すれば最低でも1機は撃墜できるはずです。
あとは電子支援機の効果をバカにせず、できるだけ湾内上空で戦うこと。
位置によっては最大でLv.3の支援効果がつくので撃墜確率も自然と高まります。

湾内で戦うメリットは他にもあって、飛行場での離着陸が安全にできるようになります。
あとはひたすら特殊兵器を撃ち続ける。そして合間にとりあえずバルカンも撃っとく(笑)
特殊兵器を射出した瞬間など、まぐれ当たりで撃墜する回数も結構多いんですよ。

航空支援はほとんど役に立たないと思ってた方がいいですね…僚機は別ですけど。

Ac6cap19

なんだかんだで難易度ACEも残すところあとふたつのミッションのみ。
難易度ACEでのクリアを5周目の課題としたので、6週目はNORMALでタイムアタックと
無被弾に挑戦することになります。テンションが続くうちにやっちゃいたい。

「VANQUISH」の体験版とか色々後回しになってますが…週末になんとかしたいです。



うちのブログでピックアップしまくりの箱○や「AC6」、それにXperiaを貶す人が目につき
不愉快に思うこともしばしばありますが、そういうのは見なかったらええねん。
見なかったらええねんけど…イヤでも目につく瞬間があるのです。とても凹みます。

批判の内容が具体的であれば読む気にもなるし、一定の理解を示すこともできるんです。
しかし、大抵の場合は蔑称ひとつで済ませて持ち主の人格まで否定するわけです。

時代に合わせて次々と新しい蔑称を考える人の頭ってどうなってるんでしょうね。
その発想力には感心することもありますが、実際に使う人については品性を疑います。
言葉遣いや文字はその人の内面を映す鏡であり、知性は口から垣間見えるものです。

自分もこうして言葉の持ち主の人格まで否定しているわけですが、気分はどうですか。
それが蔑称を使われる側の気持ちですよ。理解できるならあなたはまだ救いがあります。

| | コメント (0)

2010年9月 2日 (木)

2010年9月2日

Ac6cap17

「AC5」5周目はミッション7まで終了。難易度ACEは思ったより難しくありません。
ただ、クリア判定の評価も若干辛めになっているのかいつもほどには成績が伸びません。
そもそもクリア判定って何が基準なんだろう?クリアタイムは関係なさそうですが。

さすがに5周目も取りこぼすのはマズいと思い、今回はアサルトレコードコンプを意識して
唯一取りこぼしていたシュトリゴン機を撃墜し、無事コンプ完了しました。
ゲーム内で獲得できる機体も架空機の3番目のカラー以外はすべて入手済み。
最後のカラーは獲得した勲章が15個を超えたときにオープンするそうです。

昨晩はオフラインに加えて、初めてオンラインプレイも体験しました。
Co-op以外のルールに設定されている実績はいまから解除するのは到底無理だと思い
とりあえずすぐに解除できるCo-opのミッションふたつを野良でクリアしてきました。
「AC6」のCo-opはなかなか快適で意外に面白いかも。ミッション自体は少ないけどね。

バンナム作品のオンライン対戦というと「SC4」で痛い目を見た記憶があるのであんまり
期待はしてなかったんですが、「AC6」について言えばラグは感じませんでした。
あれだけの機数を同時に動かしてもラグが生じずに同期が取れるというのは素晴らしい。

一応これで「AC6」の実績は500を超えました。ここからどれだけ伸ばせるか…。



昨日からサービス開始となったドコモのスマホ向け新サービス「spモード」を早速契約。
簡単に説明すると、いままでスマホでは利用できなかったiモードのメール送受信機能を
スマホでも利用できるようにしちゃおうというのが主なサービス内容です。

「spモード」サービスの主なターゲットはFOMAからスマホへ機種変更を検討している人か
スマホに機種変更した際にFOMAで利用していたiモード契約を解約していなかった人で
FOMA端末との二本差しからスマホへの一本化を考えている人だと思われます。

「spモード」にはインターネット接続機能も含まれているので、従来ドコモのスマホ向けに
用意されていたmopera Uを解約してしまうこともできるわけです。
つまり契約内容をシンプルに再編成できるというメリットも含まれているのです。

以下に、色々と確認してみたことをまとめて箇条書きでご紹介しておきます。
「spモード」にしようかどうか迷っている人は参考にしてみてください。

 ・iモード→spモードに変更する場合はiモードのメールアドレスの引継ぎができる
  (iモードとspモードの利用料はどちらも月々315円なので金額的な差はない)
 ・iモードとspモードは両立可能でメールアドレスをふたつ持つこともできる
  (当然利用料は倍になるのでよほどの理由がない限りは必要ないはず…)
 ・mopera Uの解約は任意だがspモード接続の方が通信速度が速いという噂
 ・FOMA端末とスマホ端末でメールを送り合う場合、FOMA側の受信だけが無料扱いに
 ・spモード専用アプリはAndroidマーケットで検索すると普通にヒットする
  (ドコモマーケット経由でダウンロードする場合は3G接続必須なのでパケ代発生)
 ・アプリのインターフェースは非常にガラケーチックで使いやすいが動作は重い
 ・iモードメールに個別の着信音は設定できず、電話用の着信音が鳴る
 ・3GやWi-fiをOFFにしていてもメールの着信通知だけは届く(通知だけSMS扱い)
 ・着信通知を受け取るにはメールアプリを常駐させておく必要はない
 ・iモードメールのWi-fi経由での送受信は不可能(3G必須)
 ・Wi-fi接続を一旦切断してからでないとiモードメールの送受信はおこなえない

Wi-fi接続がメインでGmailなどのアドレスをバリバリ使いこなしている人にはメリットがなく
やはりFOMA時代の交友関係をスマホに持ち込みたい人向けかもしれません。



今週の「ストライクウィッチーズ2」は2期のエピソードのなかでも群を抜いてビミョーというか
もはやネウロイもウィッチも関係ないアニメになってしまってたのが残念です。
ようやく来たペリーヌ回だというのに作画は良くないし坂本さんがおいしいとこ持っていくし
純粋にペリーヌ好きの人には非常に申し訳ない(笑)ミーナ受けに喜ぶ人の方が多い?

PROJECT ACESが血迷ってゲーム作ってくれないかな…機銃縛りになっちゃうけど。
「スト魔女」は無理としても、大戦機でプレイできるタイトルはいつか作ってほしいです。

| | コメント (0)

2010年9月 1日 (水)

2010年9月1日

Ac6cap15

「AC6」4周目終了。無事すべてのミッションでネームド機の撃墜に成功しました。
難易度EXPERTでの挑戦でしたが、ゲーム自体の難易度よりネームド機を捕捉する方が
難しかったというか…そう思えるのも架空機のおかげなんでしょうけど。

気が付けばほとんどのミッションでS判定ついてましたからね。それだけ架空機は凄い。
すべての難易度のすべてのミッションでS判定をつけるという課題は最後に回すとして
5周目の目標をどうしましょうか…難易度ACEで行くのが無難かな。
難易度ACEであれば必然的に無被弾の勲章も獲得できそうな気がしますし。

Ac6cap16

勲章は半分以上コンプ。右下がスカスカなのは各難易度のS判定コンプの分ですね。

そういえばアサルトレコードが埋まってないんですよ…ミッション4で取りこぼしてるらしく
それが埋まればアサルトレコードはコンプということになります。
しかし、4周もしておきながら毎回取りこぼしてる自分ってどうなのかと(笑)



昨日のサブ記事を読み返していてふと思ったんですけど、ニコ動で「アイマス」関連動画を
製作・公開してる人たちは名前の後ろにPをつける傾向があり、それが結果として誤解を
招いているのではないかと。Pは当然プロデューサーの略です。

アイドルをプロデュースしているからプロデューサーなのであって、プロデュースしていない
人をプロデューサーと呼ぶのは道理に適わないことはご理解いただけるはずです。
なので、本編未プレイの動画製作者はPに代わる別の呼称を作ればいいわけですよ。
たとえばそうだな…現実のPV監督っぽく、ディレクターの頭文字のDでもいいし。

しかし…たった2回でも「アイマス」をクリアしたことのある自分はプロデューサーを名乗る
資格をもっているということに驚きですよね(笑)名乗る気さらさらないけど。
自分は同じPを名乗るならフォトグラファーのPを名乗りたいです。

今年発売でプレイしたいと思ってるゲームがほとんど携帯機であることに気付きました。
携帯機は写真撮るのがめんどい…それはともかく、既に時期ハズレになりつつあるものも
出てきているので、年末にかけて安くなるようならボチボチ集めていこうかと。
「MGS:PW」は新品で3,000円を切るところも出てきているようです。値下がり早いなぁ…。

「MAFIAⅡ」が日本国内でも発売されるそうな。日本語化されるかどうかは現在不明。
吹き替えはいいので字幕と画面内の指示だけローカライズしてくれたらいいな。

TGS前に色々と情報が流れてきますが…とりあえず「MHP3」だけあればいいや。

| | コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »