« 2010年10月21日 | トップページ | 2010年10月23日 »

2010年10月22日 (金)

2010年10月22日

Mm312

「メタルマックス3」クリアしました。一時期はどうなることかと思いましたが…。

ラスダン自体はシンプルで短く、そのほとんどが数多くのイベント戦闘に割かれる感じ。
事前に下調べしておいたこともあってラスボス手前の強敵もラスボスもあまり苦戦せずに
対処することができました。あやうく全員マヒで全滅するところでしたが…。
クリアタイムは54時間半。多少ブーストしてるので普通はもう少しかかるかもしれません。

最終戦に臨んだメンバーと戦車の構成を以下に紹介しておきたいと思います。

■主人公(レベル64)…Rウルフ(RウルフⅢ)
Cユニット:クレオパトラ
エンジン1:Wロケットカルメン
エンジン2:Wロケットカルメン
あな1:225ミリヒュドラ☆☆ → 180ミリバースト☆☆☆
あな2:サンビームガン
あな3:ファイアボール → バイオデストロイヤ
あな4:サンビームガン
あな5:ATパトリオット

■ハンター(レベル59)…ソイヤウォーカー(梅田ウォーカー)
Cユニット:ミサイルボックス
エンジン1:Wロケットカルメン
エンジン2:Wロケットカルメン
あな1:ヤマタノオロチ → 火星バースト砲☆☆
あな2:ファイアガン → サンビームガン
あな3:紅蓮ワルキューレ → レーンサイクロン
あな4:紅蓮ワルキューレ → レーンサイクロン
あな5:紅蓮ワルキューレ → レーンサイクロン

■レスラー(レベル54)…チョッパー(キャノンドリラー)
※レスラーは基本生身戦闘なので戦車は盾として機能すればなんでも大丈夫
ぶき1:ダイコン棒
あたま:サラトガヘルム
からだ:サラトガスーツ
うで:三冠グローブ
あし:サラトガブーツ
アクセ:三冠ベルト

■犬(レベル66)
ぶき1:ポチサンダー
ぶき2:ポチインフェルノ
ぶき3:ポチウィング
あたま:戦国かぶと
からだ:ポチアーマー
うで:ポチクロー
あし:ポチレッグ
アクセ:スーパーポチタンク

武器は基本的に攻撃力最大、弾数もある程度強化してあります(→は予備武器)。
予備武器とキャンプキットを牽引車(スカウター)に、加えて各車輌にタイルパックLLを3個
ずつ搭載していくと連戦に耐えうる状態になるでしょう。

レスラーが乗る車輌はセメント弾を撃てるのがベストですが、なくても勝っちゃいましたし
有効と言われている睡眠攻撃もすっかり忘れていたので(笑)まあ大丈夫かと。
それより音波とマヒ対策をしっかりしていく方が重要だと思います。

あとは回復を見越してのダメージ計算でしょうか。これもあまり考えていませんでしたが。
ラスボス手前の敵は3回まで全回復をおこなうので、体力の低い方をギリギリまで削って
回復回数を消費させる戦法を取るのが重要なんだとか。

ちなみにこの組み合わせであれば、終盤に相手することになるであろうギガンテリオン等
強力な賞金首もゴリ押しで勝てるようになります。迎撃もほぼ無視できますし。

とりあえずこれで一段落つきました…クリア後の要素は無視させてください。


  ◇    ◇    ◇    ◇    ◇    ◇    ◇    ◇    ◇  


クリア後の総括としてまとめるならば、やはりメタルマックスというゲームをわかっている
人でないとツラいゲームであるという一点に尽きると思いますね。
「3」でメタルマックスデビューした人がどう感じたのかが非常に気になります。

客観的に見て、エンカウント率の変動とアイテムのレアリティ要素は蛇足だと思いました。
それと散見される時間稼ぎ要素(ダンジョンの設計やクエストアイテムの必要数など)。
ゲーム単体でのボリューム感を重視してのことだと思いますが、仮に次回作があるならば
これらの部分にたよらない方法でそれを目指してほしいと切に願います。

おそらく購入者のほとんどが利用したことのない通信対戦機能と主人公の変身スキルは
その存在意義を疑うべきレベルでしたね…スキル制度自体はよかったんですが。
パーティーの入れ替えとクエスト制も近年のRPGに則した良い変化だと思います。

あとはストーリーかな…正直、これはそんなにメタルマックスっぽくないです。
わかりやすい勧善懲悪になってしまったというか。非常に普通のRPGっぽいので…。
それでもいままでの亜種に比べたら全然。シリーズファンなら絶対プレイすべき。

良い変化も多いし変化についての反省点も多い、そんなゲームでした。
あー…そういえば結局、森島先輩カラーのラスプーチンにラブリー砲装備やらなかったな。



「それ町」枠に「アマガミ」が録画されてた…未だに枠が押すなんてことあるんだね。
七咲編ENDは完全にヤバいよね。CEROを通過したというより突破したエピソードだし(笑)
塚原先輩が言っていた「壁を越える」というのはこういうことだったんだよ…!!

「ミルキィホームズ」は安定して面白いです。G4も出てきて鉄壁の構成になった感じ。
しかしG4のキャスティングは完全に狙ってるとしか思えない…「GA」の頃に駆け出しだった
メンバーがいま新人たちをそういう目で見ているかと思うと感慨深いものがあります。
コーデリアさんはこういう役回りの人決定か(笑)ある意味おいしい。

|

« 2010年10月21日 | トップページ | 2010年10月23日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2010年10月21日 | トップページ | 2010年10月23日 »