« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月31日 (金)

2010年12月31日

昨日はほぼ1日ずっと…というと大袈裟ですが、購入後最長時間「MHP3」をやってました。

トンネルで協力プレイを始める前になんとかして必要な素材だけでも揃えておきたいと思い
ソロで集会所下位のアグナコトル連戦というかなりマゾいことをやってました。
さすがにアレだけ連戦すればあの奇怪なモーションも読めてくるというものです…。
連戦の成果もあって、ようやくアグナ一式を揃えることができました。

Mhp3rd34

アグナ一式はガード性能+1・見切り+1・業物というランスに特化した装備であると言えます。
スロット数もそこそこあるので、素の一式で発動してしまうマイナススキルをうまく殺しつつ
ガード性能や見切りを+2に上げることも可能な優秀な防具です。

ただし火と雷以外のすべての属性で大幅なマイナス耐性がついてしまう問題もあります。
でもまあガードしてナンボなランスなら、そんなに気にすることでもないかもしれません。

ちなみに自分は護石でガード性能+2を実現してみました。効果は…まあまあかな(笑)
「P2G」の後半は体術+2でガード性能の代用をしていたこともあり、個人的には体術による
ガードと回避を駆使した戦法の方が好みです。スタミナゲージ管理しやすいし。

一応、体術+2装備も護石で作ってあります。こちらは下位の穴埋めで活躍してくれそう。

護石採掘については賛否両論ありますが、理想の装備のためには必須となりそうです。
上位火山の採掘マラソンは護石の獲得以外にも、資金調達やユクモポイント稼ぎとして
かなり役に立つので「MHP3」をプレイする上で覚えておいて損はないはずです。
ただ、それに時間を割き過ぎると何を楽しみにゲームしてるのかわからなくなりそうですが。

そういえば…昨日は属性武器の可能性も実感できた1日でした。
アグナ連戦で無属性武器と水属性武器でためしたところ、クリアタイムが10分違いまして
属性値が全体的に低めな「MHP3」においては数値以上の効果が期待できるようです。



今年も終わりだねぇ…と、コミケの報告をTwitterで追いながら過ごす大晦日です。
新年一発目の更新は通常の更新時間と異なります。何時になるかはわかりませんけど。

「海月姫」の最終回は今後の展開を大いに感じさせるもので、続きが気になるなら原作を
読みなさいという上手い誘導になっていたと思います。原作集めようかな…。
個人的にノイタミナ枠って途中でダレてしまうことが多かったんですけど、ここまでハマれる
作品に巡り合えるとは…来年から始まる「放浪息子」は描画表現がおもしろそうです。

今回の年始は珍しく天気が悪くなりそうです。まさか雪になったりはしないだろうけど。

| | コメント (0)

2010年12月30日 (木)

2010年12月30日

Mhp3rd33

昨晩の「MHP3」はソロで村☆5のクエを数回と、その後トンネルで協力プレイに参加。

ベリオロスは予習の効果もあってかなりあっさりと捕獲に成功。思ったよりチョロいかも。
そこそこモンハン歴があるので飛竜系のモンスターからは精神的脅威を感じないのですが
どうも「3rd」から登場した頭上から見下ろしてくるタイプのモンスターはニガテです。
攻撃方法がどうのという前に精神面で負けてる(笑)

ベリオ素材は出やすいはずの爪がなぜか枯渇中。やはり物欲センサー働いてますね。
あれからオオマヒシメジもマジで1個も出てませんし…スラッシュアックス使いのフレンドは
山のように持ってることから、使用武器の傾向で変動してる可能性はありそうですが。
(スラッシュアックスにはオオマヒシメジを使用する派生武器がひとつもないので)

トンネルの方ではフレンドの好意に甘え、上位☆6のキークエを埋めて緊急ナルガを倒し
上位火山採掘が利用可能になるHR5に昇格させてもらいました。
上位火山が個人で利用できるのとできないのとでは大きく違いますからね…。

ただ、これによって駆け足感がより一層進んでしまいました。装備が追いついてません。
防具は次のものが手に入るまでのつなぎで、とりあえず5段階ぐらい強化しておきました。
あとは属性系ランスを何種類か並行して生産・派生強化を進めています。
それでもまだ実戦に出せるレベルのものはなく…というか真ユクモノが優秀過ぎました。

とりあえず現状はこんなとこです。ソロでは引き続き村クエを進めたいと思います。



昨日から「GTA4」の追加エピソード2種(どちらも日本語版)が800MSPに値下げの様子。
これはいわゆるホリデーセールやOne Day Dealではなく、今後ずっとこの値段のようです。
ときちくさんが「GTA4」の動画製作を始めたこともあり、若干再燃していたタイミングなので
年明けにMSPを用意して「GTA4」を再開しようかと思っています。

今年はもうお金使わなくていいでしょ…といっても、もう残すところ大晦日のみですが。
唯一の懸念材料は年越し一挙放送の「迷い猫」の録画をどうするかということぐらい(笑)

年明けに向けてHDDレコーダーの整理を終えたものの、来年から始まるアニメがなんだか
どれもツボにはいらずどうしたものかと思っています。強いて言えば「GOSICK」かな。
今期もそんなことを言って意外と当たりが多かったし、開けてみるまでわかりませんが。

新番組は一応すべて時間枠がカブらないように視聴予定表にならべてあります。
新年最初は4日からですかね…なんかもう正月特番とかいらないから平常に戻してよ。

| | コメント (0)

2010年12月29日 (水)

2010年12月29日

Mhp3rd32

昨晩は「MHP Tunnel」に代わる新たなトンネルソフト「PSP.NetParty」の実験も兼ねて
素材目当てのクエスト回しをしていました。しかしこれといって新しいものも作れずじまい。
「MHP3」にもあいかわらず物欲センサーが備わっているということですよ…。

アグナ一式を作るために必要なアグナコトルのヒレだけが全然出ていません。
あと、農場でしか採集できないオオマヒシメジの出現率が低過ぎてかなり困っています。
感覚的には5回クエストを回してやっと1個出る感じ。意図的に確率下げてるのでしょうか。
パラッシュニードルの最大強化まであと15個必要なんですけど…。

ベリオロスと集中的に戦ったことで今後挑戦する村ベリオに多少自信がもてました。
基本的にはナルガと同じようなものですし、タックルの予備動作さえ見誤らなければ平気。
あとは個人的にニガテ意識のあるボルボロスとウラガンキンの対策ができればいけそう。

年末年始は村と集会所下位の穴埋めに徹することになりそうですね。
そこである程度装備を固めて、協力プレイへの準備ができればと思っています。

…書き忘れるところでした。先日紹介した百均のUSB充電ケーブル、ありゃゴミですよ。

昨晩協力プレイ中に電池の警告ランプが点滅し出したので保険として使ってたんですけど
バッテリーが0%になるのと同時に電源が落ちました。スリープにすらなりません。
電圧はともかく圧倒的に電流が足りないのがその原因だと思います。

つまり百均のUSB充電ケーブルはプレイ中は使えず、電源オフ時は満充電に半日以上も
かかる上に超音波発生機能を備えたケータイストラップ程度のシロモノだということです。

Amazonなどで販売されている100円以上するUSB充電ケーブルはどうだかわかりませんが
供給源がUSBである以上はそんなに期待できないのではないかと思います。
しかし惜しいことをしました…せっかく手に入れた上位ボロス素材が水の泡ですよ。



気が付いたらコミケの初日でした。コミケに参加される皆様は寒さに気を付けてください。
条例の件を受けて今回は参加しようかと思ってたんですけど、あの条例でコミケがどうにか
なるというわけではないのでそんなに急く必要はないと楽観視しております。

それより、あの条例がゲームの規制も含んでいるという話が若干気になります。
現状CEROとソフ倫による徹底した審査がおこなわれているにも関わらずそこに割り込んで
独自の規制をかけるというのは、マンガのときに言われた「審査団体が存在しない」という
推進側の意見がまったく無意味になってしまうということでもあります。

この件についてはまだ推測の域を出ていないのでなんとも言えませんが、仮にこの件が
本当だとしたら様々な分野へと飛び火してより大きな問題へとなっていきそうです。

そういえばTAFの日に角川が別のアニメイベントをぶつけてくることを発表しましたね。
主に物販や海外メディアの承知が目的だと思われますが、なにやら面白いことになりそう。

「ぬら孫」の最終回が本当に総集編だった件について。しかも四国編だけの総集編という
全体の半分ぐらい見て予備知識をつけてないとよくわからない総集編になってました。
総集編のために新規に作られたシーンはないし、本当に穴埋めみたいな内容。うーむ…。

| | コメント (0)

2010年12月28日 (火)

2010年12月28日

Mhp3rd31

昨晩の「MHP3」は村☆5のナルガクエ2種をクリア。ほかは装備品の準備や拡充など。

ナルガは新たにティガのような回転攻撃が加わり、尻尾叩きつけの頻度が増しましたが
基本的には元のナルガと変わらないので戦い方もそのまま継承できる感じ。
なんかもうね…奇抜な新モンスターが多過ぎてナルガに安心するぐらいですよ(笑)

ナルガやティガはランスにとってある意味カモなので、このへんは気楽にプレイできます。
☆5はウラガンキンとかも来ますからね…あと、終盤の連続狩猟がちょっとめんどい。

武器はランパートをランパート改に、そして別派生としてドリルランスを製作。余興です。
雷属性のランスならおそらくジンオウガ素材で作れるものの方が優秀なのでしょうけど
どのみち全派生作るだろうし、ジンオウガ素材は現在貴重なので遊びでは作れません。

今回は麻痺ランスが1種類しかないから早いところ作っておきたいのですが…素材がね。



自分の初ネトゲである「PSOBB」が昨晩でサービス終了。長い歴史に幕を閉じました。

あの頃はまだネトゲに選択肢があまりなく、少ないタイトルにプレイヤーが一極集中して
賑わったものですが、ネトゲバブル以降はプレイヤーの拡散と短命なタイトルの氾濫で
長く続けることのできるものが損なわれていってしまったように思えます。

セガの先見の明により今や各ハードにネットワーク対戦機能が盛り込まれるようになって
「PSO」から派生するように誕生したMOタイプのゲームが世を席巻しています。
そう考えると、セガって尖っているけど何か凄いものを確実に持ってる気がしますよね。

今年のレギュラー枠のアニメは「ぬら孫」で終了…と思ってたら「ぬら孫」が終了だった罠。
マジか…総集編が最終回とか意味わからんぞ。先週が最終回でよかったのでは?

| | コメント (0)

2010年12月27日 (月)

2010年12月27日

Mhp3rd29

昨晩とうとう緊急ジンオウガを討伐し、「タイミングが早過ぎる」と話題のスタッフロールを
ようやく見ることができました。スタッフロールで流れるメドレーにちょっと感動。
モンハンのほかのシリーズ作品をたくさんプレイしている人ほど胸に来るものがありそう。
ゲームで郷愁というのも不思議な話ですが、ポッケ村に帰りたくなりました。

ジンオウガはソロで戦うと色々大変でしたね…特にスタミナゲージの管理が。
自分と同じようにランスで挑む人はガード性能か体術をつけておくべきだと思います。
でないと3回連続の引っ掻き攻撃に対処できなくなる恐れがあるので。

あの引っ掻き攻撃は一撃の重さもさることながら、追尾性能も尋常ではないほど良くて
「このぐらいの移動でかわせるだろう」と思っていると事故ることが多いです。
自分は一応死亡なしで倒しました。危ない瞬間がなかったわけではありませんが(笑)

Mhp3rd30

その後は集会所下位☆3をひたすら穴埋め。難しいものはなかったものの時間のかかる
採集クエストが多くてダレましたね…特にモンスターのキモはツラかったです。
なんであんなに出る確率が低いんだろう?ほかの素材の獲得を重視してのこと?

黄金魚釣りは心配をよそに黄金ダンゴの仕様変更であっさりクリア。
黄金ダンゴ放り込んだら黄金魚が5~6匹出てくるというのはちょっと甘過ぎませんかね。
あまりに露骨な増え方をするので笑ってしまいました。なんともはや…。



録画予約をするたびに「見るアニメが減っていくなぁ…」と思うものの、大晦日一挙放送の
アニメなどが待ち受けていることを考えると悠長なことも言ってられませんね。

箱○用の日本語マニュアル付き英語版「skate3」発売以降、Amazonのレビューを荒らす
不穏な輩が後を絶ちません。削除されるたびに付けに来るという有様。
そこまでの情熱をなぜ自分の好きなゲームに向けられないのか?と疑問に思います。

PS3用の方は英語版の内容について「日本語化されてない」という理由で低い点をつける
という非常に頭の悪い状況になっていましたが、わかっている人たちによるレビューが付き
ようやく均衡が保たれている状態です。いづれにせよ頭の痛い話ですが。

DLCの国内配信についてはまだわかりませんね…徐々に増やしていく予定なのか。
国内外ともに公式サイトやTwitterアカウントがまるで機能してないというのはちょっと…。

| | コメント (0)

2010年12月26日 (日)

2010年12月26日

Mhp3rd27

昨晩はラジオを聴きながらひたすら村☆4の残りのクエストを片付けていました。

ラングロトラを倒した時点で緊急ジンオウガが出現したものの、無視してひたすら村☆4の
クエストの穴埋めに徹してコンプまで残りひとつという状態まで終了。
クエストの数のわりには大型モンスターが少ないですね…後半は採集ばかりでしたし。

ジンオウガは協力プレイで一度戦った経験があるのである程度は動きをつかめていますが
ソロでやるとなるとまた事情も違いますし、それなりに準備をしていきたいと思います。

Mhp3rd28

村☆4後半の火山での採集クエは目的のアイテムよりも塊&お守り掘りがメインでした。
おかげで初めてのさびた系武器をゲット。しかも運よくランスを引き当てました。

「MHP3」になって塊の鑑定方法が変わり、同じ塊を複数個持ち帰ることが可能になったり
クエスト終了時にすべての塊を無料で鑑定できるようになったりと便利になったことにより
クエストそっちのけで火山マラソンに熱中する「鉱夫」が増えました(笑)
今回、お守りによるスキル値の補正効果が非常に大きいですからね…。

緊急ジンオウガが終わったらまた集会所に戻って下位の穴埋めかな。
装備品の充実もあるのですが、ひとつひとつキレイに埋めていきたい性格なんですよ。



今年も残すところ数日。振り返れば色んなことがあったようで、それでいて早かったような。
身のまわりの変化も色々あったし、変わらないままでイライラすることもありました。
たとえ来年になったとしてもそれがいままで通り繰り返され続くだけ。
この歳になると年の変化なんてその程度のものでしかないと思えてくるようになります。

今年一番印象的だったのはゲームラッシュかな。有力タイトルの続編が目白押しで。
個人的に好きなシリーズの続編が集中したこともあり、まだ手を出せていないものも多く
来年になってもそれらのタイトルを取りこぼさないようにプレイしていけたらいいですね。
まあ…目下やるべきはモンハンですが。次は何が来るかな?

アニメや漫画には大きな変化がなかったけど、Twitterを介して趣味を共有するというのが
身辺において一番わかりやすい変化となりました。あの条例の件も含めて。
一般市民の間で報道の概念が大きく変わった1年だったのではないかと思います。

来年は完全地デジ化移行を控えているというのが若干の懸念。お金が動くよねぇ…。

| | コメント (0)

2010年12月25日 (土)

2010年12月25日

昨晩は復旧したSkypeを利用しての「MHP3」トンネル協力プレイ。しかし色々大変でした。

数日前にSkypeのクライアントが更新されたばかりで、その更新でUIに大きな変更があり
システムに大きな負担をかけるある種改悪とも呼べる状態にあったようです。
うちのメインPCはメモリ不足のせいか、負担をかけると操作不能な時間が長くなってしまい
Skypeのクライアントも含めて「(応答なし)」の頻度が非常に高かったです。

トンネルソフトとSkypeのクライアントだけに絞ればそこそこ快適にプレイできることがわかり
Twitterのクライアントやブラウザを停止して協力プレイに臨みました。

Mhp3rd24

昨晩の協力プレイでHRは2から一気に4へ上昇。上位クエストへの扉が開きました。
ただしかなりのブーストであり、装備品の準備が追いつかなくて状況は切迫してます(笑)
自分がランサーじゃなかったらおそらく何回か死んでたと思います。

キークエストに指定されていたドボルベルクがトラウマ級の強さでした。何アレ…。
尻尾で叩きつけるとかハンマーよろしく室伏回転するあたりまではまだ妥協できましたが
まさか遠心力を利用して飛ぶとは…スタッフもネタに困って暴挙に出てきましたか。

なんかもう先に進めば進むほどソロでは戦いたくない敵がどんどん増えていきますね。
ほかのキークエモンスターであるディアやティガが生ぬるく思えるほどです。
ジンオウガはそこそこおもしろかったかな…苦痛にならない程度に強いというバランスで。

Mhp3rd25

「MHP3」では初となる大型モンスター、ジエン・モーランとの戦いも体験してきました。
シェンガオレンやラオシャンランは追いかける手間や移動に巻き込まれるリスクがあって
かなり忙しかったのに対し、ジエンはおよそ事故死の起こりそうにない相手でした。
なんというか…いままでのモンハンとはちょっと毛色の違うクエストという感じがしました。

戦ってる感覚に乏しいと言うと誤解を招きそうですが…上手く説明しにくいですね。
自分は初見で「ロスプラ2」の列車砲のステージに似てるなぁと思いました(笑)

Mhp3rd26

さてさて、とりあえず上位には辿り着いたものの今後はしばらく下位埋めに専念です。
先述のとおり装備品が間に合ってないというのがその理由。わりと深刻なレベルなので。
あとは可能であればアグナ装備製作の準備を進めたいところです。



一応クリスマスらしい話もしたいところですけど、これといって特に思い当たらず。
教会暦では日没とともに日付が変更されるため、本来イヴとは24日の晩のことを指す
という知識が新たに加わった程度でしょうか。

アニメ版「咎狗」は低い離陸から低空飛行を続けたのちそのまま墜落したという印象。
今期ワーストなのは間違いありませんが、今期とか今年なんていう狭い範囲ではなく
近年稀に見る駄作であったと言わざるをえない完成度でした。

お話や設定に光るところがあればそれなりにキモチを維持して見れたのでしょうけど
結果として評価できたのは声優さんと音響さんのお仕事、それにOP曲ぐらいでしたね…。
毎回違うED曲というのも今回に関して言えばむしろ逆効果であったと思います。
本当に酷いアニメ化でした。ニトロ原作というジンクスすら無意味と思えるほどの酷さ。

| | コメント (0)

2010年12月24日 (金)

2010年12月24日

Psp1000options2

昨日ご紹介したシリコン製キャップを装着した状態です。装着した状態もなかなスマート。

昨晩の「MHP3」はトンネルソフトとアドパの併用で4人プレイに挑戦。
やり方はKaiとアドパの併用と同じことで、ホストとなる人がトンネルとアドパを同時起動し
プレイヤー全員の仲介を果たすようになります。今回も通信速度は比較的良好。
ただ、今回も箱○のボイチャを併用してたのでホストは大変だったでしょうね…。

Skypeを使えればいいのですが、昨日からアジア圏のSkypeのサーバがダウンしてしまう
という非常にタイミングの悪い状況なのです…まるで見てたかのような仕打ち。

昨晩は若干遅れ気味だった自分のためにキークエ中心でクエスト回しをしました。
おかげでHRはようやく2になり、HR3への昇格試験である緊急クエのジンオウガが出現。
ほかにもアグナコトルという未知の巨大モンスターと戦いました。

ウラガンキンにしろアグナコトルにしろ、火山に出てくるモンスターは恐いですね…。
素材はおいしいのですが、ぶっちゃけソロでは戦いたくないタイプのモンスターです。

ウラガンキンからの剥ぎ取りでランパートの強化に必要な素材を得ることができたので
次の協力プレイまでにはなんとかしたいと思っています。
あとは集会所☆3の抜け落ちてるクエと、当然村☆4の方も先に進めたいです。

ちなみにUSB充電ケーブルですが…あれは色々と問題がありそうですね。
USBから得られるアンペア数が純正ACアダプタの1/4しかなく、充電に時間がかかるのは
わかっていたことなんですが、さすがにあそこまで遅いと実用レベルではないですね。
あれで本気で満充電しようと思ったら半日以上かかりそうです。

あと、電源OFFの状態で充電すると音がすごい。甲高い音でピーピー鳴きます。
幸いON状態では鳴らないので、通信プレイ中に電池の残量が少なくなってきたときには
保険としては使えると思います。持病の電源切断も起こらないことがわかりました。



「skate3」のDLCの国内配信に若干希望が見えてきましたが、まだまだ予断は許さず。

「アマガミSS」最終回はなんと上崎編ということで、原作のこのネタを知らない人にとっては
衝撃的なネタバレを喰らったことと思いますが、この上崎編をもってしてもやはり橘さんの
優しさだけが強烈に伝わってくるのです。でも視聴者的には賛否両論かな…。

自分か当事者だったとして上崎の行動を許せるかどうか、答えは様々だと思います。
上崎自身にそうするに到る理由があったことを知ったうえでも答えを出すのは難しいですし
あの場で「謝りにいこう」と言える橘さんの器の広さは計り知れないことがわかります。
エンドロールで描かれたエピローグ的内容もよかったと思いました。

さて…ソフトの方ではなにやら美也編が描かれるとか。物凄いスタッフ愛を感じます。
「アマガミ」のコミカライズもどんどん増えるし、来年以降もこの流れは続いていきそうです。

| | コメント (0)

2010年12月23日 (木)

2010年12月23日

Psp1000options

前々からPSPに対して抱えていた不満を解消すべく、色々と小物を集めてみました。

モンハンに限らずPSPを触っていて気になるのがアナログスティックの滑り止め加工。
優しく操作しないと親指の腹部分が削られるようで、痛みを感じることすらあります。
そのスティックにかぶせて使用するのが「プレイアップボタンセット」(写真左)。

メーカーのサイトには商品情報がなく(笑)Amazonのレビューでは散々な評価なのですが
実際に使用してみると、シリコン製の4種類のキャップは実用に堪えるものでした。
ABS製のキャップはそのまま使うにはブカブカで安定せず(両面テープ的なものが必要)
十字キー用のアタッチメントにいたっては冗談かと思えるような仕様でした。

ただ、1000番台のPSPに使用可能なオプションとなるとかなり限られてきてしまうため
このセットに含まれるシリコン製のキャップはわりとオススメできると思いました。

現在使用しているPSPの最大の難点は電源周りで、純正のACアダプタで充電してるとき
プラグ部分を回すと電源が落ちてしまうという持病を抱えているため、Kaiの協力プレイでは
何度も恐い思いをしました。実際それで通信が途絶えたこともあります。

L字のプラグだから回りやすいのであり、ストレート型に変えれば防げるのではないか?
という考えを実践するために百均で充電ケーブルを買ってきました(写真中央)。
まだ電源が切れるかどうかまでは確認していませんが、純正のACアダプタとくらべて
小さくて取り回しがよく、USBさえ確保できればどこでも充電できるというのは魅力的です。

L字のイヤホン延長コード(写真右)はPSPの操作に干渉しなくていいかなぁという発想で
同じく百均で買ったのですが、現状そんなに必要ないかもしれません。
しかしこれだけ揃えても合計600円程度におさまるのだから世の中おそろしいものです。

実際の使い勝手については今後も随時おしらせしていければいいかと。
昨晩は突発「オラタン」大会を開催してしまったため「MHP3」は進んでないんです…。



「VO4」発売日だというのに「オラタン」大会という運びになったのはDeal of the Weekで
安くなっているのでこのタイミングで始めた人のために…という話だったのですが、結局は
安くなる前から持ってた自分とフレンドのふたりだけでタイマン大会に(笑)

2時間ほどぶっ通しで対戦してわかったのは、グリスボックの火力が高過ぎるということ。
あと上手い人のテムジンは恐い。そしてヘタな人のアジムは弱過ぎ(笑)
なんか急に訪れた「オラタン」ブームですが、上手くなりたいという欲も出てきました。

「VO4」購入組は「MHP3」から離れていくのかな…などと思ったりもしつつ。
今年はホントに目玉タイトルのラッシュで、とりあえず買ってから悩む派なゲーマーたちは
つまみ食い状態の積みゲーが大変なことになっているのではないかと想像します。

自分はとりあえず年賀絵がんばるので。まだネタが出せるような気がする…!

| | コメント (0)

2010年12月22日 (水)

2010年12月22日

Mhp3rd23

昨晩はKaiに代わるもうひとつの通信手段、トンネルソフトで「MHP3」をプレイしました。

トンネルソフトとはフリーソフト「MHP Tunnel」のことで、通称トンネルとも呼ばれています。
パソコンゲームでは一般的な手段なのですが、プレイヤー個人が独自にサーバを建てて
そこに集まるという小規模かつ軽快な環境を実現することができるのです。

詳しい情報については配布元のサポートに任せるとしますが、基本的に必要になるものは
Kaiとほぼ同じで、Kaiに使用する無線LANアダプタをそのまま利用できます。

実際にプレイしてみると快適そのもので、個人個人のシステムエラーさえ回避できれば
大幅にラグることも関係のない人に乱入されることもなくサクサクプレイできます。
しかもトンネルソフト自体にテキストチャット機能があるので意思の疎通もカンペキです。

昨晩はトンネルソフトと一緒に箱○も起動し、ボイスチャットを併用してプレイしましたが
回線やマシンスペックに不安がなければSkypeの併用でも解決できるようです。

そんなこんなで昨晩は集会所下位の☆4~5を中心にした協力プレイとなりました。
まだ☆3をさまよってる自分にとっては未知のクエ、初見のモンスターばかりでしたが(笑)
それにりに経験と勘があるので一死もせず戦えました。
しかし…今後アレとソロで戦うことになるのかと思うと多少気分が萎えますね…。



「百花繚乱」のラストはどうなんだろう…自分的には非常に不満が残りましたが。
戦闘シーンの盛り上がりは確かにあったけど、結果としてストーリーがまとまってないし
エピローグの尺の足りなさもあって何がなにやらわからんという感じに。
終盤の「トップ!」みたいな白黒演出についても賛否両論だったのではないでしょうか。

黒バックに黒文字で流すというまったく読ませる気のないエンドロールにもカチンと来たし
最終回の様々な要素のせいでこの作品全体の評価が変わってしまいそうでした。
野心的な映像表現に挑戦していた作品と思っていただけに色々残念です。

「ぬら孫」は総集編を挟んで来年も続くそうな。キリがいいからてっきり終わるのかと…。

| | コメント (0)

2010年12月21日 (火)

2010年12月21日

Mhp3rd22

「MHP3」は昨晩から村クエを再開。☆4のハプルボッカ、レイア、ペッコの3つをクリア。

ハプルボッカのファーストインプレッションをあんな感じに書いた手前、言いにくいのですが
やっぱりあんまり楽しい相手じゃないですね…追いかける時間が長くて。
ウルクススにしてもラングロトラにしてもそうで、「MHP3」で出会ったモンスターの多くは
戦闘してる時間のうち半分ぐらいを追跡に費やしている気がします。

ニガテ意識のあったペッコももう慣れてきたかな…斬れ味さえ確保できれば攻撃し放題で
部位破壊も比較的やりやすいので、倒すこと自体は普通の感覚になってきました。
ただ…労力のわりに報酬が毎回おいしくないという点でやっぱり好きになれません(笑)

レイアはもう普通ですね。変更点も含めてたいした脅威はないと思います。
尻尾回転中の脚周辺の攻撃判定が若干増えてるのかな…なんかやたらぶつかりますが
それもさほど恐いわけではないのでシリーズ通じてのいつもの対処で済みます。

うーん…若干防御力の面で不満が出てきたかも。もうちょいあると安心なんだけどなぁ。
今後に備えてもう一式ぐらい何か作っておくべきかもしれません。



今年も残すところあと10日だってさ…具体的な数字になると恐ろしくなってくるね。
コミケは行っておくべきなのか悩むなぁ。東京都のアレコレで考えさせられることもあり。

好評のうちに幕を閉じたと言うにふさわしい内容だった「イカ娘」。その気になれば次が…
というか、放送終了前に2期製作のネタバレみたいな話も出てましたっけ?
放送開始前はキャストの件も含めて色々と不安視されていましたが結果としては成功で
今期もっとも記憶に残る優良コンテンツになりました。流行語やらブームにもなりましたし。

「ざくろ」はもうちょっとだけ続くんですね…こちらは鳴かず飛ばず感が強かったです。
やはりターゲットが曖昧だったのかな。もっと露骨でわかりやすい方がウケるのかも…。

| | コメント (0)

2010年12月20日 (月)

2010年12月20日

Mhp3rd21

昨晩は何日かぶりにマジメに「MHP3」を進め、集会所下位☆2をコンプリートしました。
このへんまでは敵の体力が低めなのでいまの装備でも不満は感じません。

村クエでもまだ遭遇してないラングロトラに初挑戦しましたが、見た目のわりに柔らかくて
黄色ゲージでも普通に背中をサクサク攻撃できてしまうことに驚きました。
厄介なのはエサを食べたあとのガス攻撃ぐらいかな。これも予備動作わかりやすいし。
ウサギさんと同じく、追いかけるのが面倒くさいというのはあります…。

図らずも予習ができたし、次からは村☆4の攻略に戻ろうかと思っています。
ランパートの強化素材は火山のモンスターを倒さないことには手に入らないらしいし。



色々と物議を醸した「俺妹」も最終回を迎えました。しかし尻切れトンボというか予定調和な
感じがして、全体的に文芸面での不満を感じる作品となってしまいました。
これは一応2期フラグと見ていいのかな。沙織の本性とかも掘り下げられなかったし。

桐乃のアメリカ留学の件について、モデルとして契約してる事務所はどう反応してたのか
というのが若干気にならなくもないんですが…読モって個人契約だったりするのかしら。
だとしても貴重なタレントを易々と手放すとは考えにくいんですけどね。
留学を取り止めるに際し、そのへんを言い訳のネタとして使ってもよさそうだったのに。

問題の航空券を隠す必要があったのはいいとして、なぜそれをアルバムに挟んだうえに
桐乃の聖域の奥底に隠していたのかがイマイチわからないんですが…。
それがアルバムであること、アルバムを見せること自体に意味はなかったのでしょうか?

こまかい話、深夜販売の行列で鉢合わせした友人の声がマージーでニヤリ(笑)
しかし…ガチムチ系も腐女子の範疇にはいるんですかね。自分にはわかりませんが。

| | コメント (0)

2010年12月19日 (日)

2010年12月19日

Kaiandadpa

昨晩はKaiを応用したひとつの実験をおこなっていました。

PS3のアドホックパーティー機能(通称:アドパ)とKaiを同時に利用できる人を中心にして
アドパだけ利用できる人とKaiだけ利用できる人をつなぐというものです。
既に成功例がいくつもあるそうで、通信速度的にもプレイに支障がないとのこと。

しかし、ここ最近はKaiに接続すること自体が難しいため実験に必要な状況を作り出すこと
すらできないまま時間だけが過ぎて終わってしまいました。
正直Kaiだけでも集まってゲームをするのが困難というレベルですからね…。

そんなこんなで昨晩も「MHP3」に進展はなく、ジャギィノス3匹クエをソロでやっただけ。
今週末はアレコレと忙しく、おそらく今晩もダメかもしれません。



週末でもありますが一応年末でもあるため、自分もそれなりに師走ってるわけですよ…。

年賀絵の第3案が線画の段階まで終わり、これまでに出した3つのなかでは一番丁寧に
仕上がっています。もともとラフな雰囲気のまま出すつもりだったんですけどね。
3枚目ぐらいになってようやく「いま自分がやりたいこと」が見えてきた気がします。

Twitterで報告してなかったのはそれくらいかな…あと、あまり体調がよくありません。
血圧の低さと目の疲れでしんどい状況が続くと何をするにもツラいのです。

| | コメント (0)

2010年12月18日 (土)

2010年12月18日

Mamedaifuku

画像は豆大福。

昨晩は今年最後のML360本放送を集中して見ていたため、ゲームは1分もプレイせず。
しかもそのまま金曜深夜のアニメ実況に突入してしまったためにアニメの感想ネタもなく
本当になにも書くことがないのです。まさかこんな日が来ようとは…。

その間のこまかい感想はTwitterのログにまかせるとしますが、ML360の影響を受けて
自分もだいぶ「CoD:BO」への興味が高まりました。まだ買うには到りませんけど。
なんだろう…やはり送り手の顔が見えると違いますよね。

とりあえず今週末は「MHP3」がんばります。圧倒的な遅れを取り戻したい…。

| | コメント (0)

2010年12月17日 (金)

2010年12月17日

Mhp3rd20

昨晩はKaiを利用して「MHP3」初の協力プレイを体験。やっぱりみんなでやると楽しいです。

ただ…以前から続いていたKaiのサーバ不調はあいかわらずで、接続自体がまず難しく
プレイ中にも2回ほど強制的に切断(おそらくサーバ自体が落ちて)されました。
もうちょっと盛り上がりが落ち着くことに期待したいところですが、おそらく「MHP3」の次に
「PSPo2i」のブームが来るので春を過ぎても厳しいかもしれませんね…。

協力プレイではソロで未経験だったギギネブラやハプルボッカとも戦いました。
ギギネブラはアクティブになったフルフルという感じ。毒も追加されて厄介になりました。
ハプルボッカはドスガレオスに比べて地上に露出している部分、および時間が長いため
攻撃のチャンスが格段に増えたことでストレスを感じにくくなりました。
似たようなモンスターではあるものの細かいところで改良してきているのがわかります。
退屈とストレスの間、緊張感と面白さを兼ね合わせた良い調整ではないかと。

いまのところ装備に不足は感じませんが、この先上位に上がることも見据えてそろそろ
モンスターの弱点に合わせた武器の用意もしておきたいところです。
なんにせよソロをがんばらないと…思いのほかはかどってなくて焦ってます。

余談ですが…うちのPSPの持病の問題で、充電しながらの撮影は自殺行為なのです。
協力プレイしつつだとなおさら余裕がありません。勘弁してください。



「アマガミSS」絢辻編終了…おもわず拍手が出ました。ほかのヒロインと比べて紆余曲折
激しいストーリー展開でしたが、それもひっくるめて良い話だったと思います。
橘さんのセリフにもあったけど、やはり「アマガミ」は橘さんを救済するための物語という
一貫したテーマがあるのが独特の魅力ではないかと。梅ちゃんも救ってあげて!

ここまで6人のエピソードを見てきて、なんか絢辻さんが一番お気に入りかもしれません。
見る前までは薫が好きだったんだけどね。いま思うと薫編は押しが弱かったかな…。
あと、単純に猟奇的ヒロインが好きという理由も含まれます(笑)

紺先輩は見た目や言動のわりに異様に女の子っぽい走り方するなぁ…そこが魅力か。

| | コメント (0)

2010年12月16日 (木)

2010年12月16日

Xblatitle04

昨晩は「Doritos Crash Course」の日本ステージに集中。オール金メダル達成しました。
以前にほかの実績のためステージ4だけ金メダルを取ってあったので、実質4ステージ分
がんばればよかったわけですが、がんばればいい程度の気軽さではありません…。

ストレスと心拍数で言えば自分自身が走ってるに等しいですよ(笑)キネクトだこれ。
ひたすらトライ&エラーを繰り返し、最短タイムを実現するためのルートを構築していって
あとは理想どおりにそれを通過するだけ。うん…するだけです。
一番キツかったのはトランポリン周辺かな…ランダム要素がキツくて疲れました。

これだけ頑張ってもフレンドの上位ふたりを抜けないという事実。どうなってるんだ一体。
まあ…とりあえず金メダルのラインさえ超えていれば自分はそれでOKですけど。
ともかくこれにて「Crash Course」は終了。しばらく箱○は眠りにつくかもしれませんね。

自分に限らず「MHP3」発売以降フレンドのオン率がガクッと下がりました。
「COD:BO」はもっと長生きすると思ってたんだけどなぁ…なんか意外な感じがします。



日本語マニュアル付き「skate3」、箱○版だけ発売延期。理由は開発が遅れたとかいう
意味不明な話なんですが…だってそのゲーム半年前に発売されてますよね?
日本語字幕を入れるわけでもないのに何が起こって今更たった1週間の延期なのか。

内容は北米版のままなのでサーバの問題はないはずだし、日本語版を作れないほど
売上が見込めないのだから増産が決まったなんてこともありえないし…うーん。
残るのはただ単にスケジュール管理がずさんだったという可能性。ありそうだしなぁ(笑)

「skate3」の発売で一番気になるのはDLCの扱いです。はたして来るのかどうか。
実は「skate3」は「RDR」なんかとは違い、自主的にDLCを落とさない限り実績の上限が
伸びない仕様になっているので、来なければ気付かない感じなんですよね。
過去の例も踏まえると色々不安…適切な動きがあるかどうか期待しましょう。

| | コメント (0)

2010年12月15日 (水)

2010年12月15日

Mhp3rd18

昨晩は「MHP3」のみ。フロギィ一式の具合を確認するため集会所・下位☆1のクエストを
勢いで全部クリアしてきました。体術+1でもなかなか良い具合です。

ランサーをやってるとどうしてもスタミナ管理が気になるので(ほかの近接職でもそうか…)
回避などで消費されるスタミナ量が1/2になるというだけでも大きな違いが出てきます。
今回は追加動作でさらにスタミナを消費する場面が増えましたからね。

「MHP3」で追加されたガード前進やカウンター突きにもだいぶ慣れてきました。
むしろそれらの追加動作を利用することで攻撃に幅ができ、厄介な攻撃をしてくる敵にも
新たな突破口が見えてくることがあります。反面、突進は使いづらくなりましたが…。
三連突きの途中から突進に派生できなくなった弊害は意外と大きいのです。

Mhp3rd19

ガード前進で敵のブレスを防ぎつつ間合いを詰めたり、突進攻撃の多い敵にカウンターを
入れたりというやり方で、突進を使わない新たな戦い方が身に付いてきました。
…っていうかそんなに突進に頼った戦法をしてたわけでもないんですけどね。
あると便利なんですよ突進…体力が低下してるときに緊急退避用に使ったりとかで。

フロギィ一式は剣士用防具も見た目がガンナーっぽい感じ。ウエスタンルックですな。
そういえば今回なんとなく黄色やオレンジの防具が多いような。



決戦は本日でしたっけ…なんかもう見えざる力の影響でどうにもならない気もしますが。
ただ、この一件で誰が日頃どんなことを考えているかがわかっただけでも収穫かと。
そしてある程度の地位さえあれば偏見をルールに盛り込めるということも。

ブログ用に描いた年賀絵をそのままハガキにキレイに印刷できたらなぁ…などと思って
色々調べたら便利そうなサービスが既に実現してるんですね。
300dpi以上の断ち切り込みの図案と相手の住所を送ると印刷して届けてくれるサービスで
1枚あたり128円で送れるそうな。Twitterのアカウント宛でも送れるそうです。

プリンターなんてこの時期しか使わないという人にとっては、印刷精度や維持費の面から
考えてもなかなか良いサービスではないでしょうか。問題は原稿の締め切りかな…。

| | コメント (0)

2010年12月14日 (火)

2010年12月14日

Xblatitle03

昨晩は秀吉に影響されて「Crash Course」の金メダルコンプ作業。ヨーロッパまで完了。
残りは日本ステージ5つですが、現状の最短記録が惨憺たる状況なので気が重いです。
しかしこのゲーム、本当にわずかなフレンドうちでビミョーに盛り上がってる感じ(笑)
自分の上にいるふたりを抜くことはほぼ不可能だと思われます。

「Crash Course」のあとは久し振りに「ベガス」の協力テロハン。腕が落ちてましたね…。
FPSに限らず反射神経と判断力を求められるゲームはブランクがあると露骨に技術が落ち
頭ではわかってるのに動けない的な状況に陥ることが多々。
オンラインのランクはあいかわらず先が長過ぎて直視できないレベルです。

「MHP3」はようやくキー素材を手に入れてフロギィ一式に必要なものが揃いました。
あとはこの体術装備が実戦で役に立つのかどうか検証。+1だとあまり変化がないかな。
将来的には「P2G」の最終形と同じく体術+2と回避距離の組み合わせが欲しいですね。
今回は無理に組み合わせなくても一式で揃うらしいですし…。



猪瀬某いわく「たとえ条例ができてもそれを突破するような名著を送り出してほしい」との
ことですが、逆に言えば「俺らの御眼鏡に適わない本は書店に置く場所ねえから」という
恐ろしく主観に寄った考えでもあるということになります。

しかしこれは好解釈すれば、条例が可決しても出版は可能という意味でもあります。
「※ただし名著に限る」という但し書き付きの話ですけど…だれが名著って判断するの?
名著なら条例の例外として認めていいの?それって条例としてどうなの…?

猪瀬某はほかにも「区分をハッキリすれば売上が伸びる」とも述べているそうな。
ほ、ほぁ~…そいつァ凄いや。区分棚に置かれることで売上が伸びるんだってスッゲー!
子供の目に届かなくなったものが不思議パワーで売れるんですね!わかります!

一方で、行き過ぎたエロ漫画が書店から消える程度にしか思ってない人も多いらしく
本当にその程度のことで済むなら世の中こんなに騒ぎになってないんじゃないですかね。

曖昧ではないハッキリとした線引きが明示されれば従うのもやぶさかではありません。
問題は現状、知事や副知事に関係者や反対派ごとに「何が禁じられるのか」というのを
まったく違う見解や線引きで話している傾向にあることだと思います。

[更新後若干修正]

| | コメント (0)

2010年12月13日 (月)

2010年12月13日

Mhp3rd16

昨晩はちゃんと「MHP3」やりました。とはいえ時間にしたらかなり短かったですけど…。
次へ向かうための準備期間と位置付け、ランスの強化に必要な鉱石系素材を採集したり
ドスフロギィを中心に集会所下位のクエストを転戦しておりました。

ほかの鉱石は特に出にくいと思ったことはなかったんですがアイシスメタルだけはなぜか
自然な集まりが悪く、意識的に集める必要がありました。
原因はアイシスメタルが凍土のなかでも数少ない採掘ポイントからしか出土しないうえに
それらの採掘ポイント周辺にはギィギの巣があるため、長居を嫌っていたからのようです。

プレイヤーが採掘限界に達したあとはオトモに採掘を続けさせるといいようです。
そのおかげで1回の採集クエで9個のアイシスメタルを得ることもありました。

Mhp3rd17

そんなこんなでとりあえずランパート完成。斬れ味ゲージの緑の幅がだいぶ伸びました。
引き続きランスも強化しつつ防具の用意も進めたいところ。そういえば火山にいるザコの
素材からいかにもランス向きなスキルのついた防具が作れることがわかりました。
あきらかに定番っぽいし、そっち狙いでいった方がいいのかもしれませんね…。

この週末に予定していたKaiのテストは色々あってお流れ。なかなか難しいものです。
人によってOSや無線LANアダプタの違いなんかがあって、問題の解決法も環境ごとに
違ってくるのでササッと用意するというわけにもいかないわけです。

一番簡単なのはみんながPS3を用意することなのかな…それはそれで厄介ですなぁ。



キリマンジャロ氏マジキチでござる…としか言えなかったよ今週のAパート。「俺妹」ね。
いや、Bパートのオチもマジキチといえばマジキチでござる。ありえないでござる。

冷静であるかどうかがカギではあるけど、さすがにあそこまで過剰にエログッズを配置
されていたとしたら麻奈美でなくても「何かがおかしい」と考えるのではないかと。
逆に、あのトラップで麻奈美は京介争奪戦においてリードを確信した可能性もあるやも?

今回みたいにデレる前のキリングマシーン氏の方が個人的には見るべきところがあった
と思うので、良いことではあるんだけどなんか違うなぁという気がします。
京介氏が落ち込んでる様子を描いたシーンを間に挟む必要があったかもしれません。

| | コメント (0)

2010年12月12日 (日)

2010年12月12日

昨日は突発的にXBLA「Harms Way」と「Doritos Crash Course」の実績談合を実施。
双方とも実績コンプリートのためにはフレンドの協力が不可欠な部分があり(野良は不可)
もしコンプを目指しているならあらかじめ約束しておいた方がいいと思います。

Xblatitle01

「Harms Way」に関しては野良でも多少の可能性はありますが期待しない方がいいです。
なにせ人がいないので…正直、配信初週でこんな状況になるとは思いもしませんでした。
オン以外の実績はコントローラーがふたつあれば一応すべて解除可能です。

Xblatitle02

「Crash Course」の方は「フレンドに勝つ」という条件が明言されています。
また、オンラインですべてのコースをクリアする方はぶっ通しでやると30分はかかるため
仮に野良でプレイヤーを確保できたとしてもそこまで付き合ってくれるのは稀でしょう。
というか…こちらも配信初週にして荒野のウエスタン状態です。

一番難しいのは全コースで金メダルのタイムを出すことでしょうね。実績値も大きいし。
繰り返しプレイすれば不可能ではありませんが、ゲームの仕様上途中で諦めた場合でも
時計をリセットして即リプレイということができないので結構不便です。

正直そこまで夢中になるものなのか?という気もしますが、意外とハマるゲームなのです。
それだけにリプレイの不自由さに不満が募る仕様が残念でなりません。

さて…肝心の「MHP3」は全然進んでおりません。温泉クエの4つめをクリアした程度。
村クエ緊急のレイアに思った以上に時間がかかったことを考慮し、先に集会所下位クエを
攻略して素材を集め、装備を充実させてから村クエを再開しようかと思っています。
未だ協力プレイデビューしてないこともあって素材の集まりが遅いのです…。



年賀絵の第2案も一応8割がた終わりましたが、なんとなく不満が解消されてくれません。
描きたいものを描けてる感じがしないというか…現在の環境では限界なんでしょうか。
とかなんとか言いつつ第3案も考え始めていたり。余裕あるな自分。

今期も早いもので最終回を迎えるアニメが出てきました。まずは「薄桜鬼」。
Twitterを見る限り、原作ファンとアニメからの視聴者の間でだいぶ感想が分かれるようで
熱心なファンはあのラストでもかなり泣けたようです。自分は無理でしたが…。

情報量の多い原作をプレイしているぶん脳内補完が進んでグッときたのかもしれませんが
客観的に見れば非常に駆け足で、あきらかに尺が足りてない印象が残りました。
なにせ第2期10話ですからね。なにが影響して2話分ほど削られてしまったのでしょうか。

原作でいうところの土方ノーマルENDを採用したことについてはおおむね好評の様子。
どのみちほかの隊員は退場してるし、こうするしかないという感じですが史実から考えると
五稜郭で戦死するように運べなかったものかとも思えてしまいます。

| | コメント (2)

2010年12月11日 (土)

2010年12月11日

Mhp3rd15

昨晩の「MHP3」は村クエの攻略を一旦ストップし、温泉の泉質を高めるクエストに取り組み
4つ出現していたクエストのうち3つをクリアしてそこそこ使える泉質にしました。
その過程で武器も若干強化。金属系ランスは基本的に鉱物のみで育つので助かります。

そういえば温泉クエストを進める過程で専用のチケットをもらいました。
このチケットを素材として作れる防具が、なんと温泉で着用するバスタオルやサンダルで
破廉恥極まりない(笑)この格好のままクエストに行けることがわかりました。
仲間の進度が一致してれば全員バスタオル縛りでクエストに行くこともできますね…。

温泉の泉質とは別に用意されているドリンクは基本的にアイルー向けなんでしょうか?
それぞれの効能を見ると「P2G」で言うところのアイルーキッチンでの食事後にランダムで
発動していたスキルとほぼ同じように見えるのですが…。

体力とスタミナが固定値で上がる温泉や任意のスキルをつけられるドリンクなどを見るに
ほとんど頼まれることがなかったアイルーキッチンのほかのメニューやランダム要素を
一気に排除して簡略化されたように思えます。まあラクといえばラクですかね。

本日の画像はちゃんと褐色肌に見えてますかね…PSPの画面の撮影は難しいです。



例の条例案の件、新聞数社が先走って可決という見出しを紙面に載せたようですけど
実際に本文を読むと少しも可決とは書いておらず、さながらスポーツ誌の大見出しのような
いや…もっと悪く言えば2ちゃんねるのニュー速の釣りタイトルレベルです。

おそらくその見出しでも気に留めなかったという人の方が圧倒的に多かったことでしょう。
世間的にはその程度の話題であり、秘密裏に遂行できるというのが向こうの目論見です。

数日前にここで書いた「わかっていたフリ」の件、即座にTwitterで散見されました。
なんだかなぁ…という感じ。それで本人が満足なら別にいいんですけど。

| | コメント (0)

2010年12月10日 (金)

2010年12月10日

Mhp3rd14

昨晩の「MHP3」は緊急クエストのレイアを片付けただけ。いやはや…なかなかの手応え。
幾度も戦ってきたレイアではありますが、「MHP3」になって行動パターンが多様になって
良い意味で隙が無くおもしろいモンスターに変化したと思います。

ただ、多様化した行動の起点となる飛行状態の時間が長くなったのがアレですけどね。
ダンナのように逃げ回らないだけマシですが、滑空するにしてもツメで強襲するにしても
いちいち飛び上がられるのは面倒ですし時間もかかってしまいます。

突進の頻度が減った上に突進後転倒しなくなったことも大きな変化ではないかと。
なんにしてもとにかく隙が無い。ブレスしてくれるとありがたいとすら思えます。
そういえばブレスにもパターンが追加されて、なんかバーストみたいなのが増えてました。
こちとらランスなのでどうということはありませんが他の近接職の人はキツいかも。

敵が飛躍的に強くなっていくわりにプレイヤーの武具はイマイチ貧弱なままです。
火山がアンロックされたから金属系ランスも伸びるかな…それとも他のランスもそろそろ
作り始めるべきですかね。なんにせよ試行錯誤の連続です。

いまのところ…というか、「MHP3」が発表されてから関連サイトや攻略wikiの類を一切
見ないようにして現在に到るので外部からの情報を完全にシャットアウトしています。
なんかその方が楽しめそうな気がしたもので。実際楽しいですし。



絢辻さんが厨二キャラ過ぎる…まるでどこぞのギャルゲーのヒロインみたいじゃないか。

裏表どころか多重人格少女なのか?と思わせる引きでしたが、いままでの絢辻さんから
考えればこれも演技のひとつなのではないかと思うのは橘さんも一緒ではないかと。
しかし突然の所有物宣言といい、どうもギャルゲーやラノベのエッセンスが漂います。

アンチ絢辻派の女子3人組は全員なんかたどたどしかったけど、なかでも黒髪の子の
発声が異様に幼稚っぽく「謝っても許さないよォ?」が可愛過ぎて憤死しました。
3人ともどうやら新人声優さんが演じているようです。今後の活躍にも注目しましょう。

| | コメント (0)

2010年12月 9日 (木)

2010年12月9日

Mhp3rd13

「MHP3」は昨晩で村☆3のクエストをコンプリート。緊急クエストのレイアが出現しました。

☆3の終盤は舞台が凍土ということで、寒さとギィギ(フルフルベビーみたいなヤツ)に注意
しながらの攻略となるため多少気配りが必要ですが、クエストの内容自体は難しくなく
ほかのフィールドに比べるとマップの構造が単純なのが救いでした。

「MHP3」の新モンスターであるウサギさんは攻撃パターンどうこういう以前に追いつくのが
大変で攻撃を当てにくいのが問題でしたね。体力的にはクマさんと同レベル。

そういえば、ケルビやガウシカをスタン状態にしてツノだけを効率よく剥ぎ取るという新たな
要素が便利かつ面白いと思いました。殺さない程度に弱いハンマー必須かも。
このへんのパワーバランスを考えて武器の初期攻撃力を下げた可能性もありそうです。

X360nxe47

さて…昨日は箱○の方でドリトスゲーの新作2本が配信開始となりました。どちらも無料。

「Harms Way」はマリオカート的なレースゲームにFPS的な?破壊要素が加わったゲームで
走る側と攻撃するタワー側に分かれ、走る側は単純にトップを目指しタワー側は走る側を
撃ちまくるというヘンテコなバランスで構成されています。
ぶっちゃけそんなに面白くはないかも…モデリングは良いけどゲーム性はイマイチ。

「Doritos Crash Course」はアバターが徒歩でおこなう「Trials HD」みたいなゲーム。
基本的な操作はジャンプとダッシュのみで、障害物などが設置された一本道のコースを
ひたすら横スクロールで走っていくというもの。クリアタイムをフレンドと競うことができます。
シンプルでなかなか難しく、過去に配信されたドリトスゲーでは一番おもしろいかも。

どちらも無料かつ200Gの実績がついています。興味があったらおためしください。



今後都内の青少年が荒れるたびに「都政が原因」と言えば規制に導けるのでは?

スカパーで今月中旬から始まる番組「つれゲー」、新井里美のブログで知ってたんですが
なんともうひとりのパーソナリティが利奈さんって…しかしスカパー見れぬわ。
それにしても声優さんが顔出しでゲーム実況する番組が続きますよね。
まあ「東京エンカウント」は杉田&中村というガチゲーマーコンビなのでアレですけども。

なんかもうSとMの定義がよくわからないことになってた今週の「えむえむっ!」。
パンダのぬいぐるみを踏まれてる様子を見て、パンダと自分を置き換える妄想というのは
ドMとしては甘いのではないかと。本来踏まれるはずの自分を差し置いて踏まれている
ということに対するNTR的な興奮を覚えるのが正常なのでは…?

レンガのようなパンなのかと思いきや本当にレンガだとは(笑)キレイな焼き上がりだわ。

| | コメント (0)

2010年12月 8日 (水)

2010年12月8日

Mhp3rd11

「MHP3」は村☆3をクエスト順に進めて、ルドロス10匹討伐までクリアしました。
ロアルドロスは体験版で何度も戦ったので動きが読めていたこともあり、当たり前ですが
苦戦せずに倒すことができました。でもあの独特の尻尾攻撃は苦手ですけどね…。

目下の問題であった防具はとりあえず現金で揃うハンター一式を用意(笑)
数字の面では防御力は増加してますが、体感でその違いがわかるレベルではないです。
できればフロギィ一式を揃えたいですね…「MHP3」の体術の恩恵を知りたいので。
「P2G」後半は独自に編み出した体術ランス装備で完全に安定していましたし。

Mhp3rd12

Kaiの方ですが、ちゃんとしたテストはまだですが一応接続はできたようです。
そのまま「MHP3」のアリーナまで行って野良のプレイヤーが集会所に表示されるところ
までは確認できましたので、おそらくプレイも支障ないと思います。

テストプレイはいまのところ確認できている範囲では今週末になりそうな予感。
集会所でプレイしても恥ずかしくないだけの装備を整えたいし、とりあえず村クエを進めて
Kai再デビューに備えることにしましょうか。「P2G」当時の仲間にも会えたらいいな。

あ…そういえば諸事情あってKaiのタグを変更しました。箱○と同じく「ugoh76」です。
旧タグだと箱○以降に知り合った方々に覚えてもらう難しさがありましたので…。



最近このサブ記事がTwitterでは言えないことを書くスペースになってる気がする…。

なんか色々あって「都民やめたいなぁ」ぐらいに思ってますが、そう易々とはいきません。
今回のアレはソレとして、気が付けば来年の春に都知事選が待ってるんですよね。
ただ…ぬか喜びしてはいけないのは、今回の件に無頓着な人の割合のこと。
現職知事の様々な発言をマスコミはもっと公表すべき。歌舞伎役者なんぞ後回しで。

胸糞悪いことの多い傍らには、今回の件で様々な議論が飛び交っている渦中に乗じて
「俺は頭がいい、わかってないお前らは頭が悪い」的なアピールをしてる人もいまして
それが余計に腹立たしい。いまはそういうイニシアチヴを発揮する場面じゃない。

ともかく…ディストピアと化すこの現状、なんとかならないものかと思っております。

| | コメント (0)

2010年12月 7日 (火)

2010年12月7日

Mhp3rd09

昨晩はKai環境の再構築に四苦八苦していたため「MHP3」自体はあまり進んでません。

以前はWindows2000+有線LAN接続というありふれた環境で使用していたということもあり
たいした問題もなく接続できていたのですが、今年メインのPCをノートに変更したことで
Windows7+Firefox+無線LAN接続という環境になったため越えるべき壁が非常に多くなり
ググってアレコレと試し、ようやく接続の可能性が見えました。

つまりまだ成功してないってこと(笑)今夜ノートPCを有線接続にして再挑戦します。
こんなことなら発売前に再構築しておくんだった…今更だけども。

Mhp3rd10

「MHP3」は村☆3の序盤を少しだけ。ユクモノ一式のままボルボロスに挑戦して2死。
「MHP3」をプレイし始めて初めてダウンしましたね…色々反省点が見えました。
次回はちゃんと防具をそろえ、長期戦にならないよう捕獲一式も持っていこうと思います。

ところで「MHP3」って「P2G」までで言うところのアイルー食堂ってないんですかね?
ひょっとして温泉の効能やアイルードリンクがその代わりになってるんでしょうか。
だとするといま現在なにひとつ効果がない&売ってないからちょっと厳しいかも…。



なんかマジメな時事ネタを長々と書いたけど馬鹿馬鹿しくなって消してしまいました。
ただひとつ言えるのは、他人の意見や価値観を見て自分のなかにあるものを変えられる
人間でありたいと思いました。老いると脳も硬くなるようなので。

たいしてわかってもいないのにわかったようなクチを利いてはいけないということですよ。
よくわかっている人の意見を聞き、わかっている人に一任するのが妥当ということです。

難しい話はやめて早苗ちゃんの奇行でも楽しもう(笑)今週のBパートもヤバかったわ。

| | コメント (0)

2010年12月 6日 (月)

2010年12月6日

Mhp3rd08

「MHP3」は若干進みまして、村☆2をコンプしたあと緊急クエをクリアして☆3に昇格。

クルペッコめんどくせぇ…マジめんどくせぇ。クルペッコ単体でもわりと厄介な設定なのに
際限なく呼び出される他のモンスターの対処も非常にめんどくせぇ。マジめんどくせぇ。
てっきり一定時間後に消えるのかと思いきや、一度呼び出されたモンスターは倒すまで
同じクエストに参加し続けるんですね…体力の設定もおそらく通常どおりでしょうし。

このタイミングとしては皮膚がわりと肉厚だし、飛行時間が長くて攻撃できないときもあるし
ステータス異常を起こすブレスも持ってるし…位置付け的にはゲリョスに相当するであろう
雰囲気ではありますが、ある意味ゲリョスよりも厄介です。
部位破壊するなりで召還能力を消したりできるのかな…でないと性能良過ぎない?

歴戦のモンハンプレイヤーならともかく「3rd」でデビューした人にはツラそうな感じです。
クマさんやドスジャギィがヌル過ぎた反面キツい印象でした。

まあ…それも、自分が防具の強化を後回しにしてるせいなのかもしれませんけど。
資金はそこそこあるけど決めかねておりまして…先にオトモ装備だけ揃うという(笑)
カエルさんかわいいよカエルさん。性能とか関係なく見た目で選んでしまいました。

育てたオトモをみんなで持ち寄って、オトモだけでクエストに行けたら面白そうなのになぁ。
それって「アイルー村」じゃね?ってのは禁止で。リアルアイルーがいいのだよ。

巷で話題のバグ技については資金調達やオトモの負担が軽くなると思えばいいのかと。



やっぱりあやせちゃんが一番の鬼畜かつ害悪だわ…と思った今週の「俺妹」。

劇中でさらっと「一点モノのフィギュア」と言ってましたが、それって原型を渡してるわけで
きょうびのマスプロ事情を考えるとなかなかありえないことだと思うんですよね。
最低でも一次複製品を塗装したものを渡すはず…というのはオトナの発想過ぎるのかな。

それと、コスプレイベントで参加者ひとりに2分近く割くというのがまずありえません。
前回優勝者のブリジットちゃんですら一連のアクションで終了だったというのに…。

| | コメント (0)

2010年12月 5日 (日)

2010年12月5日

Mhp3rd06

「MHP3」が全然進んでないので書くことがありません…まだ村☆2を消化中です。
発売日に入手したクセに周辺で一番進みが遅いけど、人それぞれということで。

どうやら☆2の間は初期防具のままでいけることがわかりましたが、クエストの傾向からは
ジャギィ系装備を作れという無言のアピールが伝わってきます。作らないけどね。
正直、装備なんて見た目ですよ…というのは言い過ぎだけど重要なことなんです。

Mhp3rd07

見た目といえば、「3rd」から登場した新モンスターってどれもかわいくないですよね…。
クマさんはまだいいけど、ジャギィとか砂漠泳いでるカジキとタツノオトシゴ組み合わせた
みたいなヤツとか愛嬌のカケラも感じられないんですが。
ランポスやガレオスはアレでも一応見た目のかわいさはあったと思うんですけど。



年賀絵は8割ぐらい仕上がったものを第1案として、現在は次の案を考えているところです。
我ながら例年ちょっと正月らしからぬものを描いてしまっているので、来年は多少明るい
ものを描きたいと思ってるんですが…自分のなかに無いものは出せないようです(笑)

第1案がかなり例年どおりな仕上がりなので、ここからがある意味本当の勝負。
どうしたものやら…なにか外側から強烈な刺激でも与えた方がいいのかもしれません。

| | コメント (0)

2010年12月 4日 (土)

2010年12月4日

Mhp3rd05

「MHP3」はあまり進んでおりません。現在、村☆2の中盤ぐらいをプレイしています。
進んでない理由は後述するとして…今回は採集クエひとつ取っても頭を使わされるので
「3rd」からの新要素をしっかり頭に叩き込んでおかないと軽く詰みますよね。

特定の植物を身体に蓄えて巣に戻ろうとする昆虫や、背後から驚かすことでタマゴを出す
鳥であるとか、特定の素材を手に入れるための手順が必須となってきます。
…って思いっきり説明クサい話になってますけど(笑)最初はホントに戸惑いましたよ。

ボスモンスターについては、ドスファンゴ討伐後に来るアレを見て多少ビビッた程度。
「倒してもいいけど倒さなくてもいいよ」的な説明が出ますが、倒せるとは思えません…。
ただ、ああいう演出がクエスト中に起きるという新要素は面白いです。

若干の進展といえば金属系ランスを作った程度ですかね。切れ味の面で有利かと。
武器強化は切れ味が変わらないまま攻撃力だけ上がるので、派生の最上位にしてから
さらに上を目指す際に利用するのがベターであろうと判断しました。
序盤で10程度違っても意味ないですし…アイテムは温存しましょう。



モンハンが進まない理由はお絵描き関係にありまして、なんか変に波に乗った感があり
昨晩はML360と深夜アニメを挟んでほぼずっとそちらに集中しておりました。
着実に完成には進んでるのに、最初にイメージしてたものとは違ってるんですが…(笑)

こういうとき毎回必ずお手本とする薄い本を傍らに置いてるんですけどどうにも近付かず
結局自分のなかにあるものに落ち着いてしまうのは仕方のないことなのでしょうか。
それが自分の個性であると前向きに受け止められればいいのでしょうが…。

なりたいものとなれるものは明確に違うってことですよね。理想と現実といいますか。

そんなこんなで公私共に忙しく、「Bleach」と「Dグレ」の新刊は未消化のまま詰んでます。
「Dグレ」は久し振りの新刊だけど予定より1ヶ月遅れての刊行という事実。

| | コメント (0)

2010年12月 3日 (金)

2010年12月3日

Mhp3rd03

「MHP3」は現在、村クエの☆1をコンプリートして緊急クエストをクリアした段階です。
「P2」から「P2G」に移った際は引き継ぎをおこなった関係でモンハン特有の序盤の苦難を
逃れることができましたが、今回は引き継ぎがないので大変です。
ですが…苦しいのはどうもそれだけではないような気もするんですよね。

たとえば従来のランス系初期武器であるアイアン系にしろホーン系にしろ、初期攻撃力は
最低でも3ケタを超えていました。それに対し、今回の武器は2ケタから始まります。
プレイし始めたときはケルビでさえ数回ダメージを与える必要があります。

ただ、緊急クエで登場したクマさんはこの初期武器でもじゅうぶん渡り合えるほどに弱く
なにか全体的に力のデフレが起きているように思えます。
「P2G」や「MHF」で際限なく上がり続けた数値を意図的にリセットしたのかもしれません。

結果としてどうなったかというと、ザコ敵とターゲットの差が縮んでしまいました。
ザコ敵の掃討がエラくしんどい…しかも結構複数同時に出現することが多いです。

Mhp3rd04

そういえばすっかり報告し忘れていましたが、今回も引き続きバンビでプレイしております。
「3rd」のバンビさんはこんな感じ。「P2G」から時間が経ってちょっとオトナになったかな。
名前は今回から全角文字が使えるので、オトモたちに合わせてカタカナにしました。

今回のキャラクターメイキングに用意されている顔もビミョーにものが多くて迷ったんですが
かわいいのとキモいのを除いたらほとんど選択肢がなくなってしまいました…(笑)
今回は顔パーツといって、フェイスペイントや唇など顔の一部に特色を入れることが可能で
上のバンビさんはアイシャドウとリップを控えめに入れてあります。

「P2」や「P2G」のときのように、今後「3rd」関係の絵も描いていけたらいいかなぁ…。



年賀絵の方はわりと順調に進んでいて、もうじき線画はなんとかなりそうな予感。
もっとも、それを決定稿にするかどうかは未定。まだまだ時間も可能性もありますから。
しかしウサギというモチーフは難しいよね…油断するとベタなものにしかならないし。

裏表のあるタイプの人って、その裏表がハッキリしてる人ほど実は裏表のないタイプでは
ないかと思うんですよね…裏表がなさそうに見えて、時として身内すら犠牲にできるタイプ
の人の方が遥かに裏があって恐いというか。説明しづらいですが。

そういう意味では絢辻さんのような人は裏表がハッキリしてて好感度が高いです。
裏側が恐いというよりは、その線引きがハッキリしているぶん付き合いやすい感じがして
変に理想を裏切られることがないと思うのです。
キッカケはそれとして、早い段階で裏側を見ることができた橘さんはラッキーだったのかも。

しかしラブリー先輩は誰のエピソードにでもしゃしゃり出てきて個性を発揮するな…(笑)
ラクガキで即先輩の仕業とわかるし。絢辻さんは脚立も用意せずに塗装を始めていたけど
あのあとどうなったのかちょっと気になってしまいます。まさかひとりで全部?

| | コメント (3)

2010年12月 2日 (木)

2010年12月2日

Mhp3rd01

「MHP3」無事受け取ってまいりました。この日のために別枠でお金用意しといたからね。
ある意味モンハンは必要経費というか生活費の一部として処理できるものなのです(笑)

さて、ざっと触った感じですが…まあ基本的にはモンハンですよね。
舞台が和風になったことで街並みや音楽に若干戸惑うことはありますが、動かし始めると
やっぱりモンハンだなぁという感じで、すんなり溶け込めてしまうスタンダード感。

今回が初モンハンとなる人のためにもクドいくらいのチュートリアルが用意されています。
自分はそういうところもちゃんとやってしまう人なので、昨日は2時間ぐらいかけてそれらに
クリアマークをつけて廻るだけで時間を使い果たしてしまいました。
ただ、本当に基本中の基本のことしか教えてくれないので説明書も重要です。

特に各武器の新モーションは説明書を見ないとわからないですよね…。
特定の攻撃からのみ派生する新モーションとか咄嗟に出せる自信がありません。

Mhp3rd02

そんなこんなで昨晩はマトモなクエストに挑戦するどころの状況ではありませんでした。
とりあえず新しい要素を把握して、覚えるべきことを頭に叩き込むという作業の連続(笑)
最初はこんなもんですよ…マップのどこに採集地点があるのかさえわからないし。

現時点でこれは面白いなぁと思ったのは端材を使ったオトモ用装備の生産要素。
それだけで生産行為の自然味が増すし、オトモに対する愛着が強まります。
あとは渓流に生息する生き物。こういう枝葉末節な部分こそが大事なんですよね…。

色々と不安はありましたが、ユクモ村の生活もなんとかやっていけそうです。



「GT5」の国内売上が43万本という順調なスタートを切った背景には、もともとPS3本体を
グランツーリスモのために買ったというユーザーが多かったことも踏まえる必要があるし
現状「GT5」ほどの知名度やブランド力のあるキラータイトルがないため、PS3ユーザーの
購買対象が「GT5」に一極集中した結果ではないかという見方もあります。

それこそいわゆるライトゲーマー、ないしFFやDQのときだけ盛り上がるタイプの人たちが
累計に含まれることを考えればもっと伸びていてもおかしくないと思う半面、レースゲーム
というニッチなジャンルでここまで伸ばしたのは快挙と考えるべきかもしれません。

ただ…ネットで情報を集めるのが好きな人たちなら今回の「GT5」がどのような状態のまま
リリースされたかはご存知だと思いますので、購入者のうちどれくらいの人がその惨状に
落胆しているかは計り知れません。それともそういう部分すら気にしてない可能性も…。

あの状態でリリースされたのに海外のレビュースコアが一様に高いのも違和感があるし
業界全体が売り抜けを企んでる気がしないでもないような。
「FF13」のワゴン状態の再来を危惧してて当然だし…というのは考え過ぎでしょうか。

| | コメント (0)

2010年12月 1日 (水)

2010年12月1日

世の中がモンハンブームに沸いているというのに、本日の特集は「ベガス」です(笑)
追加DLCマップ『戦場の町』のソロ攻略法がだいたいまとまったのでご紹介いたします。

■レインボーシックスベガス 『戦場の町』 人数・高 攻略法

Vegas1senjo01

○用意する武器

 メイン武器…軽機関銃+銃床もしくはショットガン(一発撃つごとに即リロード推奨)
 サブ武器…P90(敵からマガジンを拾える機会が多いので)
 ハンドガン…自由
 特殊兵器…手榴弾、スモークグレネード(焼夷弾でも可)


①スタート地点~ポジションA
Vegas1senjo02

 スタートと同時に左を向き、突き当りのハシゴまで急いで移動して上に昇ります。
 ハシゴを昇って小部屋にはいり、右奥の角に着いてハシゴの方を向いたら準備完了。
 あとは敵の一団が押し寄せてくるのをじっくりと待ちます。
 敵の人数はだいたい10人前後。8人到来後、間隔をあけて残りが来ることが多いです。

 敵がなかなか来ないときは部屋の側面の穴から外を観察しましょう。
 敵をひとり発見できたら適当に狙撃し(倒さなくても可)ポジションAに戻ります。


②ポジションA~ポジションB
Vegas1senjo03

 ハシゴを降りて小部屋を脱出し、正面にあるスロープから橋の下へ移動します。
 橋の袂の穴から通路を通ってハシゴの手前に着いたら、角を陣取って準備完了。
 ハシゴの上から次々と敵が滑り降りてくるので順に対処します。
 敵の人数はだいたい6人前後。角より前に行くと通路から回り込まれることもあります。

 ここでショットガンの出番は終了なので、敵が落とした適当な武器と交換しましょう。
 軽機関銃を持ってきた場合は交換せず、最後まで携行しましょう。


③ポジションB~ポジションC
Vegas1senjo04

 通路からスロープまで来た道を逆戻りします(敵の出現フラグを立てないため)。
 橋の上を通過後、正面の建物の一番左にある入口でカバーできたら準備完了です。
 敵の人数はだいたい2人前後。部屋の中と外から来ることもあるので左右をチェック。


④ポジションC~ポジションD
Vegas1senjo05

 橋の上を戻り、中央の橋に一歩だけ踏み込んで即座に反対側の橋まで移動します。
 橋の手前にある土嚢の陰にカバーできたら準備完了。時間的にはかなりシビアです。
 中央の橋付近から敵の一団が攻めてくるのでよく観察しつつ対応しましょう。
 敵の人数はだいたい10人前後。無駄に頭を出さず頻繁に隠れること。

 このポジションDは周囲に遮蔽物が少なく、格好の待ちポジションとなっています。
 最終的にこのポジションに戻ってくるのでこの位置を覚えておいてください。


⑤ポジションD~ポジションE
Vegas1senjo06

 このシークエンスは2段階に分かれています。まずは橋に一歩踏み込んでください。
 このとき正面にある建物の窓に敵が出現するのが見えることがあります。
 もし見えた場合は適宜対処しましょう。人数はほぼ1人で確定です。
 敵が出現しない場合は待ってても仕方ないので次の段階へ移行してください。

 正面の建物に侵入し、通路を進んで奥にある広場に一歩踏み込んでください。
 そしてすぐに180度方向転換して橋の欄干部分まで戻ります。
 欄干部分でカバーしたら、そのまま左スティックを左に入れて完全に隠れてください。
 あとは建物内から押し寄せる敵の一団を次々と始末していきます。
 敵の人数はだいたい6人前後。入口に手榴弾を投げ込むと一網打尽にできることも…?

 難易度リアルの場合はこの位置だと不安なので、ポジションDまで戻ります。
 戻る間に背後から撃たれることもありますが、無視して移動を続けてください。


⑥ポジションE~ポジションF
Vegas1senjo07

 奥の広場をL字に囲う建物は先程のシークエンスですべてクリアリングされています。
 広場を抜けて教会の脇にあるピックアップトラックの背後にカバーしたら準備完了。
 教会内から敵が出てくるので入口に集中して対処してください。
 敵の人数はだいたい6人前後。こちらも入口に手榴弾を投げ込む方法が有効です。


⑦ポジションF~ポジションG
Vegas1senjo08

 教会内を通過して反対側の入口の左側にカバーできたら準備完了です。
 正面奥に見える土嚢あたりに敵が見えたらタイミングを見計らって迎え撃ちます。
 敵の人数はだいたい7人前後。手榴弾が飛んでくることが多いのでカバー重視。


⑧ポジションG~ポジションH
Vegas1senjo09

 教会を出て、建物を通過後マップの一番端にあるハシゴを昇って建物にはいります。
 そしてすぐ目の前にある木箱の背後、部屋の角に陣取ったら準備完了。
 主に正面に見える隣室と、背後のハシゴから来る敵を始末していきます。
 敵の人数はだいたい3人前後。たまに右の階段から来ることもあるので注意。

 「ベガス」全般に言えることですが、敵の出現や行動はだいたい音で確認できます。
 ヘッドホンもしくはイヤホン推奨。ハシゴから来る敵の対処に効果的です。


⑨ポジションH~ポジションI
Vegas1senjo10

 建物2階を移動して一番奥の部屋にある窓から外に出て、目の前の壁にカバー。
 時間的に余裕がありそうな場合は近くのラペリング地点まで散歩しておきましょう。
 部屋の窓から来る敵がメインですが、後半になるとロープを伝って昇ってきます。
 敵の人数はだいたい5人前後。まれにすべての敵が押し寄せる場合もあります。
 (窓がある側とは反対側の壁に触れるとすべての敵が来るかも…?)

 敵が時間差で来るので、油断して次の行動に移ると危険です。
 じゅうぶん過ぎるくらい時間をかけて待ちに徹し、敵が近付く音に集中しましょう。


⑩ポジションI~ポジションD
Vegas1senjo11

 おそらくこの段階で敵の残り人数は10人ジャストぐらいになっているはずです。
 ラペリングで正面広場に降り、教会内を通ってポジションDへ移動します。

 途中、未チェックである2階へ通じる階段の前を通ることになります。
 階段に一歩だけ踏み込み、2階にスモークグレネードなどを投げ込んで逃げましょう。
 敵がグレネードに反応して移動を始めるので、ポジションDで迎え撃ちます。

 敵の一団を片付け終わってもまだ敵が残っている場合、先程の階段を昇った先にある
 部屋のなかに引っ掛かっている場合があります(階段上がって左奥)。
 この場合、階段を上がってすぐ右にある銃座のある小部屋で待ちましょう。
 残り1~2人の敵が反応して入口に押しかけるので、掃射して終了です。


●補足事項

 敵の出現数に多少の波はありますが、ほぼこの方法で確定したと言えるでしょう。
 待ち時間が少なければ25分程度、長い人でも45分程度でクリアできるはずです。
 必要なのは度胸よりも慎重さ、それと危険を感じたときにすぐ逃げられる危機管理能力。
 あとはじゅうぶんな解像度のあるモニタとヘッドホンでしょうか。



モンハンブームだというのにモンハンの話を書けないのは当然、このブログの仕様です。
毎日18時に掲載されている記事は前日に書いてるものですからね…。

「ぬら孫」の納豆小僧、新井里美から小桜エツ子に交代して視聴者が慣れてきたころに
再び新井里美に戻すという困惑の交代劇。小桜ボイスのままでもよかったのでは?
みっこの休業中は「ぬら孫」以外でも豪華な声優による代役がおかれるという事態になり
そのなかでも最も代役の話数が多かったのが「ぬら孫」でした。

穿った見方をすると、そこまで現場で重要視されている声優なのか?という感じもしますが
そうまでして復帰する場所をキープしてくれていた現場の優しさが大きいのかと。
ほかの職種ではなかなか考えられないことですよね…うらやましい話。

| | コメント (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »