« 2011年1月18日 | トップページ | 2011年1月20日 »

2011年1月19日 (水)

2011年1月19日

Mhp3rd52

昨晩の「MHP3」は集会浴場下位のクエスト埋めを継続。3つほどソロで片付けました。
下位の最後の大連続狩猟は4種類のモンスターが1頭ずつ出るのではなく、2頭×2セット
という変則的な大連続でちょっと大変でした。比較的弱いモンスターでよかったです。

上位装備で固めていることとドリンクスキルのネコの防御術【小】が働いていることもあり
致命的なダメージを受けることがほぼなく、純粋に立ち回りの練習ができるという意味では
下位のクエ埋めもなかなか有意義なのではないかと思えてきました。

あとはオトモの育成ですかね。採集専門のオトモも気が付けばレベル15になってましたし
そろそろ2匹目を育て始め、採集専門2匹体制で臨むことも視野に入れなければ…。

そういえば風化系武器の強化に必要な「いにしえの龍骨」という素材、凍土の秘境でしか
手に入らないような話を聞いていましたが凍土の洞窟内ならどこでも取れますね。
具体的に言うとエリア4・5・7の中央付近にある採集ポイント。確率はかなり低いようですが
ザコ敵を掃討してオトモを放置しておけば1回のクエで4個は取れると思います。



昨日発表で今日アップデートというXperiaの異常性。たしか前もこんな感じだったような。
今回は「実はできるんだぜ」と言われていたマルチタッチの導入ですが、対応するアプリが
それほど多くないということもあり、喜ぶべきかどうかビミョーなところですね。
というか…そもそも片手で扱うことの多いスマホにマルチタッチが必要なのかどうか疑問。

時々自分の書いてることに矛盾を感じることもあります。特にアニメの感想において。
ただ、そこには明確な線引きがあることを自己分析できるので納得もしてます。

奇をてらって新しいシリアスなものをやってるぞ!と言いながら模倣に見えてしまうのと
意図的に模倣を盛り込みそれも含めてコメディにするというのはまったく別の話です。
前者は既視感が強くて見るに堪えず、後者は安定感をもって受け入れられやすいのです。
独創性と新鮮さを得るのは難しいことなんですよ…数を経れば経るほど。

視聴者が過去どれだけ多くの作品に触れてきたかで評価が変わる作品もあります。
「これゾン」みたいなのは、視聴者が数を経ているからこそツボを突ける作品なわけです。

自分のなかで考慮が足りなかったのは、新しい視聴層が次々と生まれてきていること。
初めて見た深夜アニメが今期の新作だった…という人も間違いなくいるわけです。
そういう人たちにとっての需要となりえる作品という見方も必要だってことですよね。

「夢喰いメリー」のように既視感しかないアニメでも新鮮に感じられる層が少なからずいて
自分はそういう人たちのことを羨ましく感じる部分もあります。

それはそれとして…単純に「メリーちゃんのおへそぺろぺろしたい!」みたいな方向性で
盛り上がれる人も凄いとは思いますが(笑)見た目だけツボにはいればいいみたいな。
自分はその領域には踏み込めませんね…そこまでいけたらたいしたもんですよ。

過去の作品とまったくカブらないものを作るのは至難の業で、逆にカブったものを作って
過去に似た作品で突いたツボを再び突くという方法論についても理解できます。

たまたま昨今自分のツボを再び突くような作品がなかったということでひとつ…。

|

« 2011年1月18日 | トップページ | 2011年1月20日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2011年1月18日 | トップページ | 2011年1月20日 »