« 2011年8月21日 | トップページ | 2011年8月23日 »

2011年8月22日 (月)

2011年8月22日

昨日は一応「スパⅣ」を触ったという程度。コンボの確認とちょっとしたキャラ対策をしてました。
「GODSGARDEN」明けだったせいかフレンドの多くが「スパⅣ」」をプレイしていたようです。

最近「スパⅣ」をプレイしていて、ひとつ発見がありました。

Ssf4ae07

家庭用「スパⅣ」には通称・甘えボタン(1ボタンに弱中強同時押しを登録する機能)があって
同時押しが不得意な人にとっては失敗の予防になる良心的な措置だと思います。
先日の「GODSGARDEN」でもレギュレーションとして甘えボタンの使用は許可されていました。

この甘えボタンなんですが、普通に弱中強個別のボタンを同時押しするときにどうしてもできる
押し漏らしがなく、システム上正確に「ボタンを3つ同時に押した」と認識されます。

たとえば、春麗の【斜めジャンプ強K→立ち近強K→強百裂脚】というコンボがあります。
最初のジャンプ強Kを遅めに入力すれば強Kボタン5回連打で自動的にキャンセルもかかる
お手軽さで初心者でも簡単に入力できるうえに、ダメージ248というおいしいコンボです。

このコンボの最後を【EX百裂脚】にする場合、若干入力がシビアになります。
立ち近強Kがヒットしたのを確認してから急いでKボタンを複数連打しなければなりませんが
これを甘えボタンで入力する場合、強Kボタン5回連打と同じタイミングで成功するのです。

弱中強個別のボタンを同じタイミングで3つ同時連打した場合、なにかしらのミスが起きます。
途中の立ち近強Kが出なかったり、最後のEX百裂脚が普通の百裂脚になったりと様々。

Ssf4ae08

トレモでキーディスプレイをONにするとわかりやすいのですが、弱中強個別のボタンを同時に
連打するとどうしても取りこぼしがあり、連打の途中に1ボタンや2ボタン入力が挟まることで
想定していたコンボとは違うものになってしまうことがあるのです。

実際、弱中強個別のボタンなら4回連打でもEX百裂脚が出てしまうことがあるのに対して
甘えボタン4回連打では絶対にEX百裂脚は出ません。お試しください。

また、甘えボタンにはもうひとつ別の使い方があることもわかりました。

「スパⅣ」には強K>強P>中K>中P>弱K>弱Pの順にボタン入力の優先順位があって
この優先順位を利用し、【屈弱P→屈弱K+強K】と入力することで相手のバクステを最速で狩る
「エミリオ式」と呼ばれる入力技術が存在します。
この「エミリオ式」ですが、甘えボタンで簡単に出せてしまうのです。

 ・相手に密着した状態で【屈弱P→屈弱中強K】の順に押すと屈弱P→屈弱Kが出る 
 ・相手に当たらない位置で屈弱P→屈弱中強K】の順に押すと屈弱P→屈強Kが出る

そうそう使える場面があるわけではありませんが、覚えていて損はないのではないでしょうか。
特にパッド勢にとっては知ってるのと知ってないのとでは大きな違いになると思います。

最後にもうひとつ、甘えボタンというか優先順位についての補足情報を。
特殊技をもつキャラの場合、上記の優先順位を無視して特殊技が出るようになっています。
たとえば春麗の場合は前入力しながら甘えKボタンを押すと、優先順位の高い強Kを無視して
【鶴旋蹴(前中K)】が出ます。つまり通常攻撃より特殊技のほうが優先順位が高いのです。

同じ方向にふたつ以上の特殊技をもつキャラの場合はボタンの優先順位で判断されます。
リュウなら前入力しつつ甘えPボタンを押すと【鳩尾砕き(前強P)】が出るわけです。

ただし春麗だけは特殊で、しゃがみ前入力しながら甘えKボタンを押すと【鶴脚落(屈前強K)】
ではなく【後方回転脚(屈前弱K)】が出ることがわかりました。必殺技扱いなんでしょうか?
ちなみに通常投げは特殊技より優先順位が高く、その上が必殺技のようです。

まあ…甘えボタンに頼り過ぎると環境が変わったときに困るのでオススメはできませんが。

Ssf4ae02

オマケとして先日撮った画像をぺたり。部屋人数「0/2」ってどゆこと…?

|

« 2011年8月21日 | トップページ | 2011年8月23日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2011年8月21日 | トップページ | 2011年8月23日 »