« 2012年1月19日 | トップページ | 2012年1月29日 »

2012年1月25日 (水)

2012年1月25日

■MSI CR500 冷却ファン(CPU/GPUクーラー)のメンテナンス備忘録

Cr500fanclean

以前からたびたびお伝えしてきたファンの異音、やはり軸受けのグリスが枯渇していたことが
原因だったようで、グリスを注して起動したところハッキリと違いを確認できました。

今回グリスアップに使用したのはタミヤからミニ四駆用に発売されているFグリス。
近隣の玩具店や量販店などで入手しやすい商品ですし、当然Amazonでも取り扱っています。

他のサイトではタミヤのモリブデングリスの使用が報告されていますが、モリブデングリスだと
軸受け周辺が黒ずんでしまうのであまり見た目によろしくありません。
まあどのみち見えなくなるので黒くなろうが効果さえ発揮すればオッケーなんですけど。

 ※追記:Fグリスは乾きやすいので、乾きにくい別のグリスのほうがよいかも?

以下にグリスアップまでの手順を記録しておきます。



 ①CR500の裏面にある4箇所のネジをはずし、パネルを開ける

  この時点で保証が切れますが、メモリの増設やHDDの交換を考えている場合はこの先
  どうしても超えなければならない壁となるので、思い切って保証を捨てましょう。

Cr500clean09

  CDドライブを固定してるネジを間違えてはずしてしまいそうになりますが、CDドライブのは
  わかりやすく刻印されているので、そこ以外の4箇所のネジをはずしましょう。

  パネルには指を引っ掛けて持ち上げるための隙間があります。
  そこを持ち上げつつ、パネルの周囲にマイナスドライバーなどを挿し込んでテコの原理で
  ひとつずつ慎重にツメをはずしていってください。さもないとツメが折れます。

  長期間掃除していなかった場合、パネルの裏側にもホコリがついていることがあります。
  はずしたあと置き方に気を付け、スリット部分も掃除しておきましょう。
 
 
 
 ②冷却ファンの電源コネクタをマザーボードから抜く
 ③ヒートパイプを固定している5箇所のネジ(CPU側3つとGPU側2つ)をはずす

Cr500clean01

  冷却ファンの電源コネクタはツメを引っ掛けて引っ張れば抜けます。
 
 
 
 ④冷却ファンを慎重に摘出し、CPU/GPU周辺の放熱グリスをキレイに拭き取る

Cr500clean02

  購入直後はグリスではなく、放熱シートが熱で融着した状態になってると思います。
  放熱シートは温めたあとのほうが剥がしやすいので、シャットダウン後がオススメ。
  グリスの場合、消毒用エタノールを染み込ませたティッシュや柔らかい布で拭き取ります。

  冷却ファンのヒートパイプのほうにも当然グリスは残っています。
  グリスが付いているほうを下にしないように置き、忘れずに拭き取っておきましょう。
 
 
 
 ⑤冷却ファンの4箇所のネジをはずし、ヒートパイプ部分から分離する

Cr500clean03

  小さいネジなので、なくさないように注意してください。
 
 
 
 ⑥冷却ファンからファンを引き抜く

Cr500clean04

  ファンの羽根部分の端と端を持ち、真上に引っ張ると抵抗もなくスポッと抜けます。
  このとき、羽根を曲げたり破損したりしないよう気を付けてください。

Cr500clean05

  下の隙間にマイナスドライバーなどを挿し込んでテコの原理で持ち上げる方法もありますが
  そこまでするほど強固でもないし、破損するおそれがあるので手でやりましょう。
 
 
 
 ⑦冷却ファン内部とファンのホコリを除去する

Cr500clean06

  冷却ファンは黒で成形されているのでホコリが見えやすく、掃除し忘れることはありませんが
  金属製のヒートシンク部分は見落としがちです。ここの通気性が非常に大事。
  ブロアーや使い古しの歯ブラシなどを使って内部までキレイにしましょう。
 
 
 
 ⑧ファンの軸と軸受けにそれぞれFグリスを適量注す

Cr500clean07

  適量というと曖昧ですが、適量盛りましょう。常識的な範囲で。
  少々多くても特に異常が起きるわけでもないので気楽に塗ってください。
 
 
 
 ⑨CPU/GPUに放熱グリスを塗り直す

Cr500clean08

  こちらも適量。チップが隠れるように、ケーキにクリームを塗るイメージで伸ばします。
  今後も定期的に清掃することを考えると、放熱シートだと毎回手間がかかってしまうので
  個人的には普通のシリコングリスをオススメします。
 
 
 
 ⑩手順を逆に辿るように組み直して終了

  1. ファンを冷却ファンに挿し込む
  2. 冷却ファンをヒートパイプ部分をネジで固定する(4箇所)
  3. ヒートパイプ周辺のネジ穴と位置を合わせるようにしつつ、冷却ファンをPC内に戻す
  4. ヒートパイプをPC内に固定する(ネジ5箇所)
  5. 冷却ファンの電源コネクタを挿し込む
  6. 裏面のパネルを戻して固定する(ネジ4箇所)

   裏面パネルは幅が広いほう(冷却ファンの排気口がある側)にあるツメを先に挿し込み
   パネル周囲のツメをひとつずつ押し込んでいってください。
 
 
 
自分のように酷使とは呼べないペースで使用していても、1年間でかなりのホコリが溜まるので
グリスの枯渇の前にホコリを疑うべきですし、なによりホコリで空気の道を塞がれてしまうのが
運用上もっともよろしくないため定期的な清掃は必要だと思います。
問題はアクセスしづらいことですよね…放熱グリスを毎回塗り直すのは面倒ですし。

清掃とグリスアップが完了しても、設計上の問題で発生する風切り音は解消できません。
完全な静音化を目指すならやるべきことは色々出てくるでしょうね…SSDに載せ替えるとか。



最近のゲーム関連の動向といえば、「L.A.Noire」を終えて「スパⅣ」を再開した程度です。
LG Cupなどの大会がおこなわれた直後ということもあって多少やる気が戻ってきていますが
ランクマを再開するほどのやる気には至らず。エンバトをぼちぼちという程度。

それでも「スパⅣ」を続けようという意欲が続いているのは単純に操作が楽しいからですね。
操作自体が楽しいから続けられるゲームっていうのは理想ではあるもののなかなかないので
たまに巡り会えると周囲には理解できないほど続けられるものなのです。

そういえば…近日中にアケコンの修正をしなければなりません。
以前から発生していた元のパッドの不具合、左のアナログスティックが上方向に信号を出す
頻度が最近顕著になってきたので、アナログの摘出手術が必要になりそうです。
ただ、置き換えに必要なカーボン抵抗が手元にないので決行するのはしばらく先かと。

|

« 2012年1月19日 | トップページ | 2012年1月29日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

本記事をとても参考にさせて戴きました、カリカリと煩かったファンが静かになりとても快適になりました。SSDに換装しもう少し働いてもらおうかと思います。

投稿: 通りすがりのCR500ユーザー | 2021年8月16日 (月) 14:01

コメントありがとうございます。お役に立てたのであればなにより。
しかし10年近く前の記事にコメントがついたこと、いまだにCR500ユーザーが残っていることに
正直言ってだいぶ驚いているのですが、ファン以外の部分に問題は起きていないのでしょうか…?

SSDの導入はいつかやってみたいと思いつつなかなか実現できていません。いまだHDDの人です。

投稿: うごー(ブログ著者) | 2021年8月16日 (月) 20:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2012年1月19日 | トップページ | 2012年1月29日 »