« 2012年8月4日 | トップページ | 2012年8月20日 »

2012年8月13日 (月)

2012年8月13日

「スプリンターセル コンヴィクション」をざっと終え、現在は「バットマン アーカムアサイラム」を
プレイしているところです。この記事を書いてる段階ではほぼ終盤ですね。

Aabatman01

「アーカムアサイラム」はいわゆるキャラゲーとしては過去最高の評価を受けたヒット作であり
ゲームの随所に製作者の本気と、バットマンに対する愛情を感じる作品となっています。
ジャンルとしては「コンヴィクション」に近く、ステルス要素の強いアクションゲームという感じで
様々なフィーチャーすべてがバットマンのなりきりを体験させてくれます。

アクション自体もすごいんですが、詰め込まれた情報量もハンパじゃないんですよね。
シリーズに登場するキャラ敵味方を問わず、ここはwikipediaかと錯覚するほど資料が用意され
敵側にいたっては診察という形式でインタビューが収録されているほど。

また、実際にゲームに登場する敵に関しては常軌を逸しているほど緻密に表現されていて
登場しないキャラについても「この形跡はまさか…」と思わせる小ネタを満載。

それでいながらバットマンファン以外も満足させるほどのゲーム性を備えているのです。
「ギネスに登録されている」という宣伝文句が安い飾りではなく、納得させるほどの出来であり
少し触っただけでも「ああ…これはすごいな」と実感させてくれます。

Aabatman02

今回は最初から最高難易度のアドバンスで始めてしまったので正確なレビューにはならない
かもしれませんが、アドバンスでプレイしていて不満に感じたところを少々。

移動や攻撃、ガジェットの使用など複数の操作が要求されるこのゲーム。
直感的ではない同時押しがあったり、特定の行動を受け付けるタイミングが不明瞭だったりで
プレイヤーの意図しない行動に化けることがあり、非常にストレスが溜まります。

このゲームはミッション失敗(いわゆるゲームオーバー)時の演出にまでこだわっていますから
リトライ待ちの時間が長く、繰り返し失敗すればさらにイライラが募っていき…。

通常の難易度でプレイするぶんにはそこまでシビアなものを要求されないのかもしれませんが
最高難易度クリアの実績も用意している以上、配慮しておいてほしかったですね。
そんなこんなで「コンヴィクション」に続き、わりとピリピリしながらゲームを進めています。

あとは戦闘全般ですかね。突き詰めると格ゲー並みにシビアな気が。
コンボの3発目のモーションの硬直が長いため、複数のザコ敵に囲まれているときはコンボを
切られる可能性が高く、アドバンスだとその一撃の重さもバカになりません。
回避行動と当て身攻撃をいかにうまく織り込んでいくか。少しでもミスればまたリトライ…。

お世辞にも親切とは言えないカメラワークのなか、非常に狭く見通しの悪いところで3D格闘を
やらされ、ちょっとした背景の角に引っ掛かったがために敵の攻撃を喰らい…。
ボタン2回押しで発動する緊急回避というのがまたクセモノで、出ないこともしばしば。

たかがザコ敵の処理でゲームの進行が止まるというのはいただけません。
ただまあ…それも自分が勝手にアドバンスで始めたせいなんですけど。

収集要素が非常に多いのも人によってはいやがるポイントかもしれません。
自分はそういうの好きだし、このゲームはプチ箱庭感と移動の楽しさが補ってくれているので
本作に限ってはOKという人もいるかも。リドラーの課題は頭を使うおもしろさがあります。

ともかく、万人にオススメできる洋ゲーでありキャラゲーであることは間違いありません。
日本のゲーマーが敬遠しそうなこれらの要素を抱えてなおオススメできるゲームなのです。

|

« 2012年8月4日 | トップページ | 2012年8月20日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2012年8月4日 | トップページ | 2012年8月20日 »