« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月28日 (火)

2012年8月28日

あらかじめ紹介記事を書こうと思ってたのに、「アーカムシティ」いつのまにかクリアしてまして
その事実に我ながら驚いてます。まさかあんなタイミングで終わるとは…。

Acbatman01

前作「アーカムアサイラム」からシステム上、ストーリー上のつながりがある本作。
非常に限られた箱庭のなかで遊ぶものだった前作に対し、今回は完全にオープンワールドに
なっているため、もともと魅力的だったシステムをより活かせるものになっています。

具体的に言えば移動ですね。ワイヤーアクションだったり、マントを開いて滑空したりといった
いかにもバットマンらしい行動を緻密に作られた都市のなかでのびのび体験できるわけです。
正直、ストーリーなんかなくてもこれだけでじゅうぶんおもしろいと言えるんですよ。
しかしそれだけに留まらないのが本作。さすがはGOTY獲得作品。

前作で不満に感じた部分は静かに改善され、ストレスが溜まりにくくなっています。
「アサイラム」の記事で書いた、やたら強すぎるザコ敵の攻撃判定がかなり軽減されたらしく
新動作によっては完全無効化してカブせることもできるようになりました。

どこを切っても本当に優秀。強いて難点を挙げるとすればボリュームがありすぎる(笑)
ひと通りクリアしてもゲーム達成度が50%超えるかどうかというレベルなので、すべてを楽しむ
ためには本当に膨大なプレイ時間を要求されるのではないかと…そこが厳しい。

[9/1 やや追記]
部分的には前作より悪くなってる部分もありますね…ザコ敵が3人同時に攻撃してきたり。

Acbatman02

バットマンが使用できるガジェットは増加、それにともなってパズルの種類や組み合わせも増え
リドラーチャレンジの数は全体でなんと400種!もはやパズルゲームすら凌駕するほど。
そして、今回はDLCを追加することでプレイアブルキャラも増えます。
特定のキャラでなければ進入できない場所や、解けないパズルも用意されている様子…。

また、前作をプレイしていないとストーリーを芯から楽しめないというのもややネックですかね。
本作の出来が良くても本作単体でプレイすることはオススメできないので…。

ストーリーに関して言えば、まさかこのタイミングでスタッフロールが流れるとは…という感じで
バットマンという作品が好きであればあるほど驚愕のエンディングだったと言えます。
後味とかそういうのではなく、本当にポキッと折れて終わってしまうので。

しかしまあ…とにかくすごいゲームです。Twitterの更新が止まるくらいハマってます。



ハマっているといえば最近の自分のAKBに対するハマりようも異様で、いまの状態になって
初めて見えてくるのが、ネットで散見される執拗なまでのAKBバッシング。

自分は芸能人に対して基本的にはフラットで、よっぽどの理由がない限りはキライであることも
公言しないので、なにがそこまでさせるのか常々不思議に思っています。
ただ単に商業主義や猛烈なプッシュが鼻につくというだけで、そこまで憎めるものですかね。

憎む理由はさておき、そういう環境にあるなか活動するAKBのファンは大変だと思いました。
それ以外にも金銭的・肉体的にね…週に放送されるテレビやラジオの番組、ネットの情報など
すべて追いかけてたらキリがないですし、身が保ちません。

いまのところ自分は「推し」というのを決めていませんが、先に述べたような苦労を考えたら
追いかける対象に制限を設けるのがいいのかもしれません。

| | コメント (0)

2012年8月20日 (月)

2012年8月20日

Aabatman03

「アーカムアサイラム」最高難易度のアドバンスでオールクリア。二度は挑戦したくないです…。

ストーリーモードでできることは完遂。収集物も含めてコンプリートの状態です。
あとはチャレンジモードという、格闘戦および隠密戦の課題が半分ほど残っています。

Aabatman04

クリアして振り返ってみると…まあ、おもしろかったですかね。細々とした部分を除けば。

このゲームを評価するうえで、初プレイでいきなり最高難易度を選んだのがそもそもの間違えで
普通の難易度を選択していればもっと高い評価を付けていたかもしれません。
それぐらいアドバンスはツラい。ボス戦に到達するたびに呻くぐらいツラかったです。

ただ、覚悟して臨んだわりにラスボス戦はそんなに難しくありませんでした。
なぜかラスボス戦だけは途中回復があるんですよ…これまで一切なかったのに(笑)

ラスボス戦でそういう気遣いができるんだから他のボス戦でもやれって話ですよね。
それがなかったがためにこれまで散々苦労してきたのに…でもまあ、それで鍛えられたから
ラストを簡単に思えたのかもしれませんが。

さて、次回は続編である「アーカムシティ」を始めます。難易度系実績がなくてよかった…。

| | コメント (0)

2012年8月13日 (月)

2012年8月13日

「スプリンターセル コンヴィクション」をざっと終え、現在は「バットマン アーカムアサイラム」を
プレイしているところです。この記事を書いてる段階ではほぼ終盤ですね。

Aabatman01

「アーカムアサイラム」はいわゆるキャラゲーとしては過去最高の評価を受けたヒット作であり
ゲームの随所に製作者の本気と、バットマンに対する愛情を感じる作品となっています。
ジャンルとしては「コンヴィクション」に近く、ステルス要素の強いアクションゲームという感じで
様々なフィーチャーすべてがバットマンのなりきりを体験させてくれます。

アクション自体もすごいんですが、詰め込まれた情報量もハンパじゃないんですよね。
シリーズに登場するキャラ敵味方を問わず、ここはwikipediaかと錯覚するほど資料が用意され
敵側にいたっては診察という形式でインタビューが収録されているほど。

また、実際にゲームに登場する敵に関しては常軌を逸しているほど緻密に表現されていて
登場しないキャラについても「この形跡はまさか…」と思わせる小ネタを満載。

それでいながらバットマンファン以外も満足させるほどのゲーム性を備えているのです。
「ギネスに登録されている」という宣伝文句が安い飾りではなく、納得させるほどの出来であり
少し触っただけでも「ああ…これはすごいな」と実感させてくれます。

Aabatman02

今回は最初から最高難易度のアドバンスで始めてしまったので正確なレビューにはならない
かもしれませんが、アドバンスでプレイしていて不満に感じたところを少々。

移動や攻撃、ガジェットの使用など複数の操作が要求されるこのゲーム。
直感的ではない同時押しがあったり、特定の行動を受け付けるタイミングが不明瞭だったりで
プレイヤーの意図しない行動に化けることがあり、非常にストレスが溜まります。

このゲームはミッション失敗(いわゆるゲームオーバー)時の演出にまでこだわっていますから
リトライ待ちの時間が長く、繰り返し失敗すればさらにイライラが募っていき…。

通常の難易度でプレイするぶんにはそこまでシビアなものを要求されないのかもしれませんが
最高難易度クリアの実績も用意している以上、配慮しておいてほしかったですね。
そんなこんなで「コンヴィクション」に続き、わりとピリピリしながらゲームを進めています。

あとは戦闘全般ですかね。突き詰めると格ゲー並みにシビアな気が。
コンボの3発目のモーションの硬直が長いため、複数のザコ敵に囲まれているときはコンボを
切られる可能性が高く、アドバンスだとその一撃の重さもバカになりません。
回避行動と当て身攻撃をいかにうまく織り込んでいくか。少しでもミスればまたリトライ…。

お世辞にも親切とは言えないカメラワークのなか、非常に狭く見通しの悪いところで3D格闘を
やらされ、ちょっとした背景の角に引っ掛かったがために敵の攻撃を喰らい…。
ボタン2回押しで発動する緊急回避というのがまたクセモノで、出ないこともしばしば。

たかがザコ敵の処理でゲームの進行が止まるというのはいただけません。
ただまあ…それも自分が勝手にアドバンスで始めたせいなんですけど。

収集要素が非常に多いのも人によってはいやがるポイントかもしれません。
自分はそういうの好きだし、このゲームはプチ箱庭感と移動の楽しさが補ってくれているので
本作に限ってはOKという人もいるかも。リドラーの課題は頭を使うおもしろさがあります。

ともかく、万人にオススメできる洋ゲーでありキャラゲーであることは間違いありません。
日本のゲーマーが敬遠しそうなこれらの要素を抱えてなおオススメできるゲームなのです。

| | コメント (0)

2012年8月 4日 (土)

2012年8月4日

ワンフェスのレポートも書かずに長らくブログを放置して何をやっていたかというと、支援者から
届いた物資のなかから「スプリンターセル コンヴィクション」を選びプレイしていました。

以前に体験版をプレイして、独特の雰囲気をもつスニーキングアクションとして気にしてはいた
のですが、シリーズのほかの作品をプレイしていなかったので手を付けずじまいで…。
この記事を書いてる時点ではすでにストーリーモードを1周クリアし、現在ハンターモードという
「ベガス」で言えばテロハンのようなモードを難易度リアルでプレイしている段階なんですけど
「スプセル」をプレイして感じたことを短めに書いてみようと思います。

Spclcv01

まずは悪いところから…というか、現在進行形で悩まされてる部分なんですけどね。
プレイヤーキャラの操作でストレスを感じるところが非常に多いです。

アクションを起こしたいオブジェクト(落ちている武器や登れる壁、照明のスイッチなど)に対し
瞬時にカーソルが合わないというか、誤爆するケースがかなりあります。
特にそれらのオブジェクトが一箇所に集まっている場合は顕著。

登り降りが可能な地形というのは初見ではわからず…いや、1周してもなお発見があるという
レベルの判別のしづらさなので、アクションを起こせるかまず確認する必要も出てきます。
それを緊張感ただようかくれんぼをやりながらですから、ミスは頻発します。

そうなるともうホントにグダグダで、プレイヤーの意思を他所に動き回って発見されて撃たれる
という、ゲーム自体に設定されたものとは別の難しさで悩まされるわけですよ。

それをひとつのゲームルールとして(「モンハン」の回復薬ガッツポーズみたいなものとして)
あらかじめ想定した動きをすれば、思い通りに動かしてる感覚は得られます。
この「ゲームに合わせてやらなきゃいけない不自由さ」が唯一にして最大の不満です。

Spclcv02

ほかは概ね良いんですよ…ホントに。ストーリーは簡潔明瞭、吹き替えのレベルは非常に高く
テレビで見るアクション映画の楽しさを体現している実に「らしい」内容でした。

敵は程良く賢くて手応えがあり、プレイヤー側は様々な方法で隠れ、接近戦で得たポイントを
マーク&アクションと呼ばれる一撃必殺の攻撃方法で消化していくという仕組みのおもしろさ。
欲を言えば、もう少し武器ごとの個性を押し出してほしかったですね。
だいたいの人が最終的にFIVE-SEVENとMP5-SD3に固定してたんじゃないかと。

武器の特性に乏しいことも含めて、このゲームはTPSというジャンルではないと思います。
あくまでスニーキングアクションであり、もっと言えばスニーキングアクションというルール上で
構成されているパズルアクションみたいな印象。反射神経よりも組立重視。

余談ですが、上の画像を見てもわかるように全体的に画面が暗くて見づらいです。
ただ、光や影の要素をコントロールするおもしろさもあるのでこれはマイナスにはならず。

| | コメント (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »