« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月30日 (金)

2012年11月30日

「とびだせ どうぶつの森」順調に病的にハマっています。マジでほかのことができないくらい。

スクリーンショットの撮影が非常に簡単にできる反面、ブログの記事にするまでもないことでも
気軽にパシャパシャと撮ってしまうため、枚数ばかり増えてしまうんですよね…。
あと、日時や季節限定のイベントも多いのでブログだとどうしても遅れてしまうのです。

今回はたくさん撮ったものを列挙し、それに対してひとつふたつコメントをつける程度にします。
とにかくキリがない…ボリュームがおかしい。「とび森」は息抜きにならない(笑)

3ds_tobimori10

だいぶ前におこなわれた第1回つり大会の結果。ブラックバス限定で見事1位に輝きました。

事前に釣っておいたものを持ち込むことも可能ですが、当日になってみないとどの魚で競うのか
わからないため、あまりアテにはできないようになっています。
次回以降はトロフィーを集めるために2位や3位を狙う予定。そのほうが難しい…。

3ds_tobimori11

世を席巻するしずえ人気。ゲーム開始時から一挙手一投足すべてかわいいという反則キャラ。
しずえを生み出した時点で「とび森」は成功を確約されていたと言ってもいいぐらいですね。

しずえ以外のキャラも時々居眠りをすることがあります。かなりレアですけど。

3ds_tobimori12

崖っぷちキャンプ場の完成記念式典。無理に式典やることないんじゃないかなぁ…。
どんな小さな公共事業でも記念式典をやろうとするしずえ。さすがに消火栓は必要ないでしょ。

3ds_tobimori13

ハーベストの食材探し。基本的には自宅にいる村民になにかを上げることで食材を得られる
ようになっているので、時間さえかければ(たぶん)コンプリート可能です。
問題はここで大量に余る食材ですか…ミルクや小麦粉ってほかで使えるんでしょうか?

3ds_tobimori14

今回導入された素潜りで、ホタテを捕ると物々交換を要求(強要?)してくるラコスケ師匠。

まずホタテそのものがレアというか、非常に捕獲しにくい生き物なんですよね。
で、なおかつ持ち物がいっぱいだとラコスケが現れないという。素潜り中は持ち物欄を開けず
不要品を捨てることもできないので、注意しておかなければなりません。

3ds_tobimori15

村民が偶然見せる出来事もこのゲームのおもしろさのひとつ。なぜかみんなで深夜の釣りに。

3ds_tobimori16

南の島の登場により存在価値が薄れてしまったカブですが、ATMの預金額に応じて得られる
非売品アイテムが今回1億ベルまで用意されてるので、目指すならカブ必須です。
しかし下落もおそろしい…さすがにこれ以下の記録を出すのはなかなか難しいのでは。

3ds_tobimori17

銀のパチンコをゲットした直後に金のパチンコもゲット。
その後立て続けに銀のパチンコが3つも飛んでくるという珍事に。さすがにそんなに要らんよ。

3ds_tobimori18

他所の村で発見した地上絵。マイデザイン関係は専用のツールなども出回っているようですし
手打ちの見本を用意するところまではそんなに難しくないようです。
自分はマイデザ枠のやりくりに苦労する状態なので、地上絵に手を出す予定はありません。

3ds_tobimori19

ややオーバースケールですが自転車と装備一式。モデリングにこだわりを感じます。
リメイクでフレーム部分の塗り替えが可能なので、好みの一台を見つけてみてください。

3ds_tobimori20

プレイ開始から結局一度も雨が降ることのないまま雪の季節に。初雪でシーラカンスをゲット。
現実的には生きたまま捕獲しただけで大変なニュースになるのですが、この村ではたいした
ニュースにもならないどころか換金アイテムですね…。

3ds_tobimori21

姉のしずえも役場に24時間勤務とかなりハードなのに、さらに弟のケントは野外で24時間。
雨の日も雪の日も、いつ来るともわからない客のために立ち続けるのです。

3ds_tobimori22

実時間の月齢に合わせてゲーム内の月も変化する様子。満月だと月の光もやや明るいです。

季節ごとの空気感を大事にしているようで、普段は離れていると聞こえない電車の走る音が
海岸近くからでも聞こえるようになったりというこまかいこだわりも。

現在の目標はハッピーホームアカデミーの満点を取ること。現在12万点までいってます。
これが終わらないことには自宅を好きなようにコーディネートできませんからね。
非売品家具のコンプリートセットで季節ボーナスを獲得するのが一番手っ取り早そうですが。



Smarttouchpen01

「とび森」の購入から少し遅れて手に入れた、ボールペンのようなノック式のタッチペン。

モリゲームズ製の「スマートタッチペン」という商品で、外見は普通のボールペンなのですが
ペン先…というか中身がボールペンの芯のカタチをした樹脂製のタッチペンになってます。
同タイプの替え芯を使うボールペンに中身だけ移植できそうな気も…。

Smarttouchpen02

外側はPILOTのボールペンのままという噂。たしかに同じカタチのものが出ています。
ペン先も含めて全体がスケスケなので、3DSのバックライトが透けて見た目がキレイですね。

肝心の使い心地ですが、やや軽いという不満はあるものの良好。持ちやすいです。

| | コメント (0)

2012年11月16日 (金)

2012年11月16日

3ds_tobimori07

「とびだせ どうぶつの森」、発売から1週間が経過していろいろ気になるところも出てきました。

自分が特に気にしているのは壁紙やじゅうたんの手に入りにくさ。
時々訪れるローランがいるからギリギリなんとかなっているものの、初期状態では販売してる
施設もないため、村民からのプレゼントに頼るしかない状況がしばらく続きます。

3ds_tobimori08

あとはリサイクルショップを利用する村民の少なさ。おもに出品に関する部分で。
プレイヤーが出品したものを買ってくれる村民はそれなりにいるのですが、中古家具を新たに
出品する村民というのはほとんどいなくて、1週間プレイして1~2個出品された程度。
みんなが利用するリサイクルショップというより村長のお店って感じですよね…。

まめつぶ商店に入荷する家具は毎日2個。基本的に高価なのがネック。

家具集めに関して現時点で一番つかえるのは住宅展示場ですが、これは地域差もあるので
誰もが「これは便利」と思える機能ではないと思います。
また、時計をイジるなどの方法で揃えた家具をならべる不正なモデルハウスも集まります。
そういうところから家具を買うと、不正に加担してるようなキモチになるのでよくありません。

残りの入手経路は村民との地道な交流や、木を揺すって出すなどのランダム要素。
家具の総数が増えたわりに入手できる機会が少ないのでイマイチ実感できないわけです。

3ds_tobimori09

家具が手に入りにくいので、自宅の拡張を遅らせて公共事業に資金を回したほうがよさそうな
気もしますが、公共事業そのものにあまり魅力を感じられません。
遊べる施設は別として、単に見栄えだけの施設はなんというか…虚しい感じが。

ただ、多くのプレイヤーが家具収集やマイデザイン製作に情熱を傾けているので逆に行く感じで
公共事業による村の発展に尽力するというのもおもしろい選択かもしれません。

いくつか不満を挙げましたが、不満に感じる部分がこのゲームの『難易度』ということなのかも。

| | コメント (0)

2012年11月13日 (火)

2012年11月12日

3ds_tobimori04

「とびだせ どうぶつの森」事前に予想していたよりもハマっています。あくまで初動ですけど。

『特定の時間にしかできないことがある』が逆転して、『この時間にはこれを確実にやる』という
行動の指針となり、なんだかんだで毎日続けてしまえるのです。
それが義務感になってしまうとよくないんですけど、いまのところかなりユルいですね。

以前(DS版)に比べて雑草の生え方がかなり控えめだったりで、毎日手をかけてあげないと
やる気がなくなる!…というほど急かされる感覚がないからかもしれません。

3ds_tobimori05

ローン返済生活については今回かなり『規格外の収入源』があるらしく、難易度(?)で言えば
だいぶ低めなのではないかと。カブで失敗する怖さも少ないですし。
少なくとも果物の特産を考えて数百ベル単位の小遣い稼ぎをする苦労はないでしょう。

そのぶん虫や魚、化石のような収集物は換金にまわす必要がないため純粋に収集物として
博物館の寄贈に専念できます。…といっても最初の1個目だけですが。

ただ、今回は自宅のローン以外にも公共事業などで多額の資金が求められます。
普通にプレイしていたら恐ろしい金額なのですが、これも『規格外の収入源』の存在によって
あまり心配するほどでもないようです。金銭感覚がおかしくなりますね…。

根本にあるのがコーディネートの見せ合いっこなので、そのために必要な資金に困らないように
という調整なのでしょうが…過去作を知ってると驚かされます。

3ds_tobimori06

さてさて…マイデザインの公開もやりたいのですが、これはまた後日。
マイデザインをQRコード化するのもひとつのアンロック要素となっているため、自分の村はまだ
その段階にないんですね。アンロックの条件も施設によって様々なんだとか。
話しかけた回数だったり、その店で消費した金額だったり。公共事業によるものもあり。

「とび森」やってて「AKB0048」も好きな人を探すのはなかなか難しいとは思います。
でもTwitterで検索すると、自分以外にも研究生組の衣装を作ってる方が何人かいましたね。

いづれの要素もとにかく山盛りです。1年かけても遊び尽くせるのかどうか…。



「星矢Ω」の黄金聖闘士はどうしてどいつもこいつも小者臭がするのか…威厳がないのかな?

元祖「星矢」の黄金聖闘士は敵対するとはいえ悪の傘下ではなかったので、多少性格の悪い
キャラもいたものの(笑)ここまで人間的魅力に欠けてはいなかったのですが。
一応、「星矢」の黄金聖闘士からそれぞれの特徴を読み取って模倣してるのはわかります。

「星矢」との比較で一番注目されるのが巨蟹宮ですが…まあ、イケメンにはなりましたよね。
それ以外の面では表現の違いはあるものの「星矢」のまま。蟹座の自分としてはややツラい。

| | コメント (0)

2012年11月 8日 (木)

2012年11月8日

3ds_tobimori01

「とびだせ どうぶつの森」発売日に無事届きました。グッジョブAmazon、そして日本郵便。

自分にとって初の3DSタイトルの購入となったため、任天堂がプッシュしていたダウンロード版
ではなくパッケージ版にしました。本体のスロットを埋めたいという理由もあり。

3ds_tobimori02

しかしパッケージ版、非常に簡素ですね…取扱説明書もカラー印刷されたカード1枚ですし。
ダウンロード販売がメインで、単にそれを物理的にしただけのものという印象があります。

導入部分をざっと触ってみた感じ、基本的な部分はシリーズ通じて変わっていないようです。
通常説明されない「実はこんなこともできる」的なところもそのまま継承されていますね。

3ds_tobimori03

3DSになったことで視点の違いから来る便利さみたいなものは、現段階では実感できず。
初日の段階では家がない(テント暮らし)ので確かめようのない部分もあるのですが。
視点の変更によって空が見やすくなり、様々な発見につながりそうな気はします。

主要施設のほとんどが村の敷地とは別に、一箇所にまとめられたのはわかりやすいですが
どうせなら役場やリサイクルショップも全部まとめてしまってもよかったような。
あれほど近代化された商店街があるのに踏切から南はド田舎ってのは違和感が…(笑)
でも、地元の最寄り駅も北と南でこれぐらい違うのでリアルといえばリアルかもしれません。

もっとも気になるのは借金の返済速度ですが、このへんは特に調整されてもいないような。
かぶシステムはベストフレンドと結託することで効率良く換金できるのかも。

時間的制約もあり本日はあまり色々できませんが…今後も報告していきたいと思います。



※下の写真は3DS本体内蔵のカメラで撮影したものですが、3D写真ではありません。

Ar0048

ARカードダス「AKB0048」、カードの発売に先駆けてAndroid向けアプリの配信が始まりました。

その容量は約62MBもあり、2年前ぐらいのスマホだとメモリを圧迫することこの上ないのですが
要求されるAndroidのバージョンは2.3という低さで、古い機種でも動く場合があります。
うちのSO-01B(ThGo2 v18b)でも思いのほか普通に動きます。

カードのない状態でもデモプレイが可能なので、メインとなる音ゲー部分の体験ができます。
ルールは「Project DIVA」に類似。違うのは流れてくるマークに従ったボタンを押すのではなく
画面上のマークを直接タップするというだけ。

ただ…これはスマホサイズの画面だと苦しい。あきらかにタブレットサイズ向けです。
メニュー画面のUIなどもかなり詰め込まれているため快適とは言えません。
あとはスマホの3D描画能力の問題というか…非常に勿体無い感じがしますね。

ターゲットとなる小中学生にとってはスマホというだけでもかなりの壁で、カードの単価も高く
しかも取り扱っている店舗も限定されているという三重苦。
それこそ「DIVA」や「mirai」のようにPSPや3DSのような、既に子供たちに普及してるハードで
展開してくれたほうが様々な人がシアワセになれたのではないかと。

AR(拡張現実)を冠していながら、カードを読み込むときぐらいしかARらしい要素がまったくなく
AR技術で遊んでいる感覚が乏しいことも残念ですね。
3DS本体に付属しているAR系のゲームを見たあとだからなおさらそう思えます。

最後に残るのはカードそのものの美術的価値ですが…(記事はここで終わっている)

| | コメント (0)

2012年11月 4日 (日)

2012年11月4日

Xbla_minecraft13

箱○版「マイクラ」β1.8.2で新規に作ったワールドで、新要素の廃坑をようやく発見しました。

難易度ピースフルでプレイしてたから探索自体はラクでしたけど、敵対MOBが出現していたら
おそらく地獄の様相を呈していたのではないかと…空間とスポーンブロック多すぎ。

最近は「マイクラ」を一緒にプレイできるフレンドも減り…というかゼロになり、追加要素のなかで
唯一見つけられていなかった廃坑を発見することがひとつの目標となっていました。
その唯一の目標もとうとう達成してしまったので、ひとまず「マイクラ」は終了ですかね。

もうじき「とび森」も発売しますし、それまでは「スパⅣ」なりでテキトーに時間を潰すつもりです。

そういえば、Xbox LIVEアワードから提供されたコードで1ヶ月だけゴールド復帰中です。
とはいえ先述のとおり「マイクラ」のブームも終わった感があり、ほかにマルチプレイを楽しめる
ゲームがないのでその恩恵を得られるところがほぼ無いのですが。

周囲から遅れに遅れてはじまった3DSライフは現状、交換日記と広場オンリーで遊んでいます。

| | コメント (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »