« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月20日 (日)

2013年1月20日

2012年の総括や今期のアニメの感想、評価をまとめる個人および大手のブログは多いわりに
「AKB0048」を取り上げているところが少なくて我々WOTA一同はガッカリしています。

そもそも、彼らアニメオタクが見るべきアニメ(※)として認識されていないと思うんですよね。
アニメの一覧表を見たとき「これは我々が見なくていい作品だな」と片付けられてしまっている
様子が容易に想像でき、まず見てもらうことの難しさを痛感します。

でもそれはそれでいいんですよ。見ないから語らない。当たり前の話。
見てないのに語ろうとすればどうしたって先入観に頼るし、的外れな発言が多くなります。

しかし、多いんですよね…見てないのに語る人。知らないのに語る人。
Twitterや掲示板などで感想を探しているとかなりの頻度で見つかります。
見よう知ろうと思えない、知的好奇心の湧かない話題ならあえて触れようとしなければいいのに
なぜか思い込みや偏見に頼って語りたがるから、事実から遠くかけ離れていきます。

知る努力はしたくないが答えは出したがる。それもできるだけ早い段階で。
これって娯楽過多な時代を生きる現代人の傾向というか、病気なんでしょうか…?




もっと言えば、「アニメオタクが見るべきアニメ」という定義もどうなのかと思っています。

アニメオタクなんだからアニメと名のつくものはすべて網羅しろよ!というのが道理ですよね。
となれば、見ずに語るという状況は絶対に起こりえないはずなのです。
「オタクが見そうなアニメを押さえるだけの人」はアニメオタクと呼ぶにふさわしくありません。
探求意欲がない時点でオタクですらない可能性もありますが…。



アンチAKBになってしまう理由はいくつかあると思うのですが、それらはすべて嫌儲的な思想も
含めて、単なる生理的嫌悪感が原因であることが多いと思われます。

「かわいくない」「歌やダンスがヘタ」という細々とした理由は『坊主憎けりゃ袈裟まで憎い』的
発想によって後付けされたものでしかないと考えられます。
競合するほかのアイドルグループと比較して貶すのも同じことでしょう。
それは「好きになれない理由」にはなっても、「キライになる理由」にはならないのです。

「かわいさ」や「歌やダンスのうまさ」は思い入れ次第でどうにでもころがる主観的価値概念だし
AKBを嫌う明確な理由、客観的な判断基準であるとは言えません。

『坊主憎けりゃ袈裟まで憎い』は、転じれば『アバタもエクボ』にもなりますし。
同じ犬でも飼い犬ならかわいく見える、他所の犬が吠えていたら耳障りに聞こえるというのと
まったく同じ現象が起きているわけです。

メンバーの素性や楽曲を知ってるならまだしも、「名前も顔も知らない」「歌も聞いたことがない」
という人までアンチ側にまわる理由を明示できるでしょうか。

多くの人に今一度、なぜ自分がアンチになったのか理由を考えてほしいのです。
自分の感情を合理的に分析できるのかどうか。思い込みによって感情を左右されていないか。
周囲の価値観を自分の意見にすり替えてしまっていないか。

「キライなものはキライなんだからしょうがねえだろ!」という場合、それはそれでいいのです。
その生理的嫌悪感に「客観的事実ではない理由」を付加して対象を批判しないでください。



とある子供連れの家族がペットショップに行き、子供に犬を見せようとします。
しかし子供は犬を恐れて大泣きし、それを見た母親は「なにがイヤなの?かわいいじゃない」と
不思議そうな顔をしながら、泣きわめく子供に犬を押し付けます。

それくらい、個人のなかにある概念にはズレがあるということですよね。

ただ、自分が子供の立場なのか母親の立場なのかを考えだすと非常に悩める話になるので
上記の文章についてふたたび考えなければならなくなったり。

| | コメント (0)

2013年1月 8日 (火)

2013年1月8日

3ds_tobimori41

今回は「とびだせ どうぶつの森」の雪だるまの作り方について、コツを少々書いていきます。

雪だるまには完成形が4種類あり、大きいほうからそれぞれパパ・兄・ママ・ゆきんこと呼ばれ
胴体部分(下段の球)の直径に応じて完成形の種類が決まるようになっています。

胴体側に対して頭部側の大きさがどれだけバランスが良いかで評価が決まります。
極端にバランスのおかしな(頭が異様にデカいor異様に小さい)雪だるまを作ることもできるので
ゆきんこの景品を意識的にコントロールすることも可能です。

胴体サイズの作り分けですが、パパに関しては上下とも最大まで大きく作ればオッケー。
ゆきんこはプレイヤーが手で押してころがすようになったときのサイズがベストです。
難しいのは兄とママ。なにかを目安にしてきちんと作らないと、最悪なにももらえなくなります。

巷ではプレイヤーキャラの鼻の高さだ首の高さだと、視覚的に非常にわかりづらく曖昧な情報が
流れていますが、おそらくこの方法で確認するのが一番確実ではないかと。

3ds_tobimori42

プレイヤーキャラは操作していないとき、両腕をぶらぶらと閉じたり広げたりしています。

腕を最大限に広げた瞬間の幅がママの胴体の大きさとなります。
兄の胴体はママの胴体と比べて、こぶし1個分大きく作るとベストサイズになります。

雪玉の正面に立って、プレイヤーキャラが両腕を広げた幅と比較するとわかりやすいです。

兄の頭部はママの胴体の大きさを目安に作れば大丈夫。
注意しなければならないのは、胴体に乗せる直前にサイズが大きくなる可能性があること。
「ちょっと小さいかな?」と思えるぐらいがベターなので控えめに作りましょう。

ママの頭部は判定がシビアではないし、多少ズレても交換レートがキツくなるだけですから
そんなにピリピリする必要もないと思います(ゆきんこ家具の調整をする場合は別)。



世はまさにアイドルアニメ戦国時代といった感じですが、そのなかでいかに個性を打ち出して
ほかの作品との差異を図るかという点に自分は注目しています。

現実のアイドルは「外見がかわいい」というだけでひとつの飛び抜けた才能となります。
しかし、アニメキャラなんてのはかわいくて当たり前。むしろかわいくないキャラを探すほうが
難しいくらいなので、かわいいだけで勝負を仕掛けるのは無理があります。
かわいい以外のなにを持っているのか。アニメにおいてはそこが重要ではないかと。

「ラブライブ!」は正直、初回を見た限りではその差異を見い出せませんでした。
言い方はアレですが…いわゆるアニオタ向けの味付けにしてあるという以上のなにかがあると
思えなかったので、「まあ普通かな?」という感想しか出ず。

Twitter界隈でも非常に支持者が多く、それだけの支持を集めるなにかがあるのではないかと
期待していたのですが、なにがそこまで評価を高めているのかわかりませんでした。

ただ、昨年の前例もありますので慎重に見定めたいと思っています。
みんなが楽しんでいるものは自分も楽しめる可能性がある、という理念は信じていますから。
でも「萌え」とか「ブヒれる」という感覚を理解できない自分には確実に壁がありますね。

| | コメント (0)

2013年1月 1日 (火)

2013年1月1日

2013nenga3p2

新年あけました。今年の元旦も快晴。記憶にある限りでは、雨だった年はありません。

さて…今年の年賀絵ですが、昨年末少々サボり気味だったものでこんな感じに。
村長業をサボらなかった弊害がこういうところにまわってきたわけで、完全に自業自得ですけど
差し迫っていたおかげでそれなりに手を抜く手段も見つかったといいましょうか。

今回、線画をすべてエンピツでおこないました。フォントは数字以外を墨汁とナイフで。
アナログの良さ云々もあるのですが、デジタルよりも早く結果を出せると思ったからです。

公開直前まで何回も見直して微修正はしましたが、急ピッチだとやっぱこんなもんですね…。
干支に合わせて縁起の良いものをいくつか取り入れてみたつもりです。
毎回かならず干支に関係するものを集めてるんですけど、どれだけ気付いてもらえているやら。

ヘビのように、手足はなくとも着実に前進する年になればいいなと願っております。

| | コメント (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »