« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月29日 (金)

2013年3月29日

Dirt2c1

今月は、先月末のゲームオンデマンドセール中に購入した「DiRT2」をプレイしていました。

「DiRT2」についてはこのブログでもだいぶ前に、体験版が配信された際に記事を書きましたが
体験版を繰り返し遊べたゲームは製品版を買っても絶対失敗しないという当たり前のジンクスは
今回もやはり証明できたと思います。「DiRT2」、実におもしろかったですね。

コリン・マクレーシリーズは時代によってゲーム性がだいぶ変わっていて、「THE RALLY」時代は
もっとシミュレーターテイストの強いストイックな内容であったと記憶しています。
「DiRT」シリーズも「3」以降になると、よりアーケードライクなテイストへと変化しているようです。

「DiRT2」はシリーズの順序から言っても、ゲーム性から言ってもだいたい中間くらいの味付けで
極度にアーケードライクに寄せすぎずシミュレーターほどガチガチではない感じが遊びやすいので
純粋に爽快感を追求できる良いレースゲームだと思います。

UIのデザインや車種選択、コースの種類や全長なんかも「DiRT2」がベストのようですね。
収録曲の良さも「DiRT2」の特筆すべきポイントでしょう。

ほぼ良いところしかないゲームなのですが、個人的に感じた悪い点もいくつか紹介しておきます。

Dirt2c2

まず…ラリーカー以外のクラスは必要ないんじゃないか?ということ。
レイドやトラックの競技は敵車が衝突を仕掛けてくる頻度がハンパではなく、しかも衝撃によって
あらぬ方向にステアが切られる確率も尋常ではありません。
マトモに走ろうと考えると、もはやストレスを溜めるために走ってるとして言いようがないのです。

個人的に「THE RALLY」時代からのSS(スペシャルステージ)方式で競うルールが大好きなので
Class1バギーやレイドでもラリーカーと同じようなルールで走れたらよかったなぁと思いました。
なので、必要がないというよりは車種を堪能できるルールが足りないって感じですかね。

Dirt2c3

ぶつけ合うのが楽しいという人もいるとは思いますが、それだけでは底が浅くなってしまいがち。

ぶつけ合ってもプレイヤー側にはフラッシュバック機能があるので、正確に言えばフラッシュバック
回数の消耗戦にしかならないんですよね。それもCPUが操作する敵車に削られる不快感。
さらに言えば、プレイヤーが敵車に衝突してもあんまり効果ないっていう…。

その代わり敵車には稀にアクシデントで自損事故を起こしたり、スタートでエンストすることがあり
ビミョーなバランスの取り方をされている感じがあります。

あと気に入らないのはラリーのペースノートの読み上げが遅いことかな。
日本語吹き替えによって、本来読み上げるべきタイミングに収まらなくなってしまった可能性も
あるんじゃないかとは思いますが、それなら英語も選択できたらよかったですよね。

とりあえず不満はそんなとこです。それ以外は非常に爽快なゲームです。

Dirt2c4

そういえばゲームオンデマンドで初めてゲームを購入したわけで、そこにも触れないと。

購入の手順は各ゲームのDLCを購入するのとさほど変わりません。MSPでも購入可能です。
(年齢制限が一定以上のタイトルはクレカ購入のみで、年齢確認を兼ねているそうな)
ロード時間はそれほど変わらないと思われますが、ディスクが回らないので静かですね。
定期的に遊びたくなるタイトルならGoD購入は結構オススメだと思います。

とはいえ国内だとGoD配信されてるタイトル少ないか…次世代Xboxはディスクドライブを廃して
すべてをGoD的な扱いにし、中古ソフトを排除する可能性もあるとか言われてますよね。
日本では浸透できるのかなぁ…個人的には受け入れ難いところ。

「DiRT3」には待望の雨天や雪道も追加されているのだとか…プレイしてみたくはありますけど
あまり良い噂を聞かないのでどうしたものか。安い海外版でも買ってみようかな?



そろそろなにか大ハマりできるゲームに手を出してもいいかなぁとも思ってるんですよね。
手を出したら絶対マズいという理由でスルーした「R.U.S.E.」や「Skyrim」あたりが狙い目かな。
「アサクリ」も「ブラザーフッド」以降プレイしていないので追いかけたくもあります。

「とび森」は預金が2800万ベルに到達。青バラ配合用の区画整理をしたりしています。

| | コメント (0)

2013年3月13日 (水)

2013年3月13日

Ngzk46kibou

本日発売の乃木坂46の新譜「君の名は希望」について、どうしても語りたくなってしまいました。

歌詞が発表され、一読した瞬間に「なんだこれは!?」と衝撃が走ったのも記憶に新しいですが
歌詞単独で読めば読むほど、曲に乗せて聞くほどにその衝撃が強まりました。

公式ライバルという関係にあるAKB48の楽曲にも、歌詞の内容を気に入ったものはありましたが
メンバーのバックボーンや曲との関連性、そして「AKB0048」を見たあとであるという時間軸から
考えると、曲単体で気に入ったとは言い切れません。

「君の名は希望」は本当に、単独で強烈に胸を打つものがあります。
たとえるならカバーをはずされた薄い文庫本のような、短く繊細な短編文学の読後感。


舞台はおそらく年が明けて桜の幹が色付くまでの、ちょうどいまごろの季節。
冬の寒さが残る色味のない乾いた校庭に独りたたずむ「僕」。

学業や運動、学内の行事で特別活躍できるような白い側の生徒でもなく。
AKB48の「軽蔑していた愛情」に登場するような、すべてに失望と諦観を抱えた黒さもなく。
自分を変えることも、かといって死ぬほどの勇気ももたない灰色の「僕」。
いつしかその色も失い、あまりの存在感の無さからクラスで「透明人間」と呼ばれていた。

「透明人間」と呼ぶ周囲の生徒や、この世界そのものに一切の興味をもっていなかった「僕」。
そんな「僕」の希薄な存在感に気付いてくれた、気付かせてくれた「君」が現れる。


世界のすべてが色付いていく様子が簡潔なワードによって情景として浮かんできます。
もはやアイドルの楽曲に留めておくのが惜しいというか…いや、決して失礼な意味ではなく。
ただ、これを乃木坂のメンバーが歌っているからこそ突き刺さるというのも確実にあると思います。

前作「制服のマネキン」も「君の名は希望」に近いところがあり、「制服のマネキン」で方向性が
確立されたのではないかと思えます。方向性というより音楽性かな?
AKB48や各支店のどれとも違う、割れたガラス片のような文学性を打ち出してきた感じがします。
そのガラス片に触れた痛みと、血濡れた指を見るときの驚きをもつ独特な詩の世界観。

恋愛をテーマにした歌にも様々な種類があって、48Gそれぞれにアプローチの仕方が違います。
最近の楽曲でいえばHKT48の「スキ!スキ!スキップ!」なんかがわかりやすいですよね。

ただ…「君の名は希望」は受け手によっては恋愛の歌ではないのかもしれません。
「君」と呼ばれる存在が人間ではない可能性もあって、その「君」の存在に気付いたことによって
世界の見え方が変わり、世界に「僕」の居場所を見つけられたという見方もできます。
そこにただのアイドルソングに留められない、この歌の奥深さが感じられますよね。

似たようなアイドルグループが数ある現状において、どのようにして差別化を図るか。
特に48Gはすべての歌詞を秋元康が執筆しなければならないという大きな制約もあります。
そういった状況下で乃木坂46は一歩先んじて、楽曲により独特の個性を手に入れたと思います。

こういう方向性の曲が続くと今後の期待が高まりますよね。
自分としてはぜひこの方向性を貫いてほしい。もしかしたらAKB48より好きになるかも…。



こういう曲に出会ったとき、若い人なら「神曲」とでも表現するのでしょうか。ちょっとマネできねえ。

ジャケ写とMVが曲の内容から剥離しているという批判も目にします。
個々に見るぶんにはどれも良いのですが、統一感があるとは言えませんよね。

しかし、この歌詞の内容のまま映像化されなくてよかったとも思います。
視覚的にイメージが固定されてしまわず、あくまで文学として歌詞が機能することに意味があると
この「君の名は希望」という曲については言えると思うので。

余談ですが…カップリング曲「シャキイズム」のMVに登場するメガネをかけた男装の生駒里奈が
「君の名は希望」の歌詞に登場する「僕」のイメージにピッタリなんですよね。
「君の名は希望」のMVを大掛かりな企画をもとに撮影して、内容から剥離してしまったぶんを
カップリング曲のMVに要素を寄せることで取り戻しているのかなぁ…などと思いました。

| | コメント (0)

2013年3月10日 (日)

2013年3月7日

Gf1monohikaku

DMC-GF1と付属の現像ソフト「SILKYPIX」を使っていてひとつ気付いたことがあります。

様々な色調やモノクロで撮影する際に設定するフィルムモードは、RAW形式で撮影した場合も
その色調は記録されるようですが、「SILKYPIX」で読み込むと無効になってしまうようです。
しかも「SILKYPIX」上ではフィルムモードの色調を再現する手立てがありません。

フィルムモードのMY FILMで個別に設定したオリジナルの色調についても同様です。
つまり、GF1で設定した色調をそのまま活かすには撮って出しのJPEGファイルを「SILKYPIX」に
取り込んで編集・現像をおこなうしかないようです。

なんかおかしいとは思ってたんですよね…フィルムモードが全然反映されてないから。

P1020252f

GF1を使い始めて約1か月。旧型ではありますが本機の魅力は現行に負けないものがあります。

現行のマイクロフォーサーズ機はセンサーの性能も向上し、マイクロフォーサーズだからという
妥協を感じさせない性能の進化と、マイクロフォーサーズだからできる小型化がどんどん進んで
GF1ですら大柄で古臭いという雰囲気になってきています。

どのへんで妥協するか、どれだけ愛着をもつかという感じがしますね。こういう分野は。
新しい機種がどんどん発売されて買い時がわからないパソコンやスマホに近いと思います。

「過不足なく撮れればそれでいいよ」というのが自分の結論。
フィルムの装填や現像の必要なく、既存の財産である古いマニュアルフォーカスレンズが使えて
撮影結果をすぐに確認できてネットにアップロードもできる。じゅうぶんでしょう。

| | コメント (0)

2013年3月 3日 (日)

2013年3月3日

3ds_tobimori44

2か月ほど記事にしていませんでしたが、「とびだせ どうぶつの森」は毎日着実に進行中です。

前回触れたのが年始の雪だるまの話でしたが、気が付くと年越しイベントをまったく記事にせず
せっかく撮影した写真も全部ほったらかしという状況でなんともはや…。
それだけ時間が過ぎるのが早いということですよ。なにせ今年になってもう2か月経過ですもの。

3ds_tobimori45

1月は特別目立ったイベントもなく、2月は節分とバレンタインデーがありました。

バレンタインデーについては特記すべきこともありませんが、当日を迎えるまでの好感度によって
届くプレゼントの種類や、誰から届くかが変化するという噂を聞きました。
自分はしずえからチョコレートケーキを、女性の住人からチョコをもらったと記憶しています。

3ds_tobimori46

3月のひな祭りは感覚的には節分に似ていて、しずえがちょっと盛り上げてくれるだけ。
商店街になにかしら季節限定のアイテムがならび、しずえからもイベント限定アイテムをもらえる
というだけで、これといって重要とは言えませんでした。

節分は住人が反応してくれるだけまだマシでしたね…それに節分の豆は非常に有用です。
あの豆は川や海に向かって投げると魚影を追い払う効果があるので、特定の魚を狙った釣りを
しなければならないときなどは、豆を持って取り組むとはかどります。

3ds_tobimori47

このシーズン中最悪のイベントだったのが2月におこなわれたカーニバル。

まずカーニバルという日本人に馴染みの薄いイベントに参加させられるというのがアレですね。
なにを目的とした行事なのかわからないまま、気持ち悪い鳥(笑)に羽を集めてこいと言われて
色数が豊富かつ出現がランダムな羽を集めなければならないという苦行。
雪だるまママのイベントの応用編といった感じですが、その面倒くささは段違いです。

3ds_tobimori48

そして、苦労して集めた羽で交換できる限定家具は1周目から平然とダブります。
ほかのイベントでこういう交換をする場合、とりあえず1セット揃うまではダブらないようになって
いたので、1周目ぐらいはがんばろうというキモチにさせてくれました。

もうね…コンプ寸前になるとダブりがヒドくてストレスしか溜まらないイベントなんですよ。
なぜカーニバルだけダブり抑制がなかったのか、スタッフに一度問い詰めたいです。

3ds_tobimori51

雪だるま家具は雪が消えるギリギリのタイミングでなんとかすべてコンプリートできました。
結果として一番ツラかったのはやっぱりビンゴですかね。非常に時間がかかりましたし。
上の写真はゆきんこ家具4種を手に入れる際に作った失敗作の例。ママが特にヒドいです…。



3ds_tobimori49

この間にグレースの出店イベント…というかデパートへ改築するための4回の審査もクリア。
なかでも苦しい部類であるモダンとゴージャスが来てしまいましたが、なんとか乗り越えました。

ゴージャスは大半がグレース開店後でないと手に入らないものの、そこそこ数が用意されてて
そんなに困難とは言えません。王冠を購入していれば簡単な部類と言えるかも。
やっぱ一番キツいのがモダンですね。こればかりは事前に集めておく必要があります。

3ds_tobimori50

無事デパートが開業し、「とび森」で拡張可能な施設はほぼ揃った感じです。
あとはハッケミィの占いの回数を稼いで出店してもらうくらいかな…そんなに要らないような。

3月といえば生態系も徐々に変化し、採集できる生き物が若干変化します。
とはいえ劇的な変化とは言えないので、しばらくはできることが少ない日々が続きそうです。
セブンイレブン家具を集める人は大変かも…隔週なのでビミョーに忘れやすそう。

| | コメント (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »