« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月21日 (火)

2013年5月21日

3ds_tobimori62

「とびだせ どうぶつの森」シーズン最後のつり大会、トロフィー制覇に見事失敗しました…。

ネットオークションのようにこまかくチェックしていたのですが、終了直前に駆け込みで更新され
希望していた銀トロフィーを手に入れることはできませんでした。村民が本気すぎる…。

6月から9月までの間はムシとり大会に切り替わります。機会で言えばこっちのほうがシビア。

3ds_tobimori63

青バラの新しい交配についてはまだ結果が出ていません。準備段階を進めている感じ。
掛け合わせの段階が複雑であるため、指定の因子をもつバラを準備する手間がかかるのです。
この苦労が結果にちゃんとつながるといいのですが。

それと同時に、いままでやたらと面積を増やしまくっていた花畑を急激に縮小しています。
全体の花が少ないほうが交配や管理はやりやすいですしね。

この間に新しく入退出はあったものの、最近はあまり村民に対して興味が湧きません。
話しかける頻度もだいぶ減ってしまいました。花の結果を第一に考えているせいもありますが
村民が入れ替わっても会話の内容がたいして新しくならないのも原因のひとつ。
エイプリルフールの写真大盤振る舞いでやる気を殺がれたというのも大いにあります。

目下モチベーションを維持しているのはバラの交配のみです。結果が出ても危険かも。



「進撃の巨人」が非常におもしろいです。原作の人気に応えるべく、あえてアニメ化した意味を
きちんと理解させてくれるアニメになっているというか。現場の熱が伝わってきます。
アニメ化するにあたっての改変や静と動の巧みなバランスをもつ演出、演者の気迫などなど。
話題作がちゃんとおもしろいことって最近はあまりなかったですしね…。

「ヴァルヴレイヴ」は一周して許せるようになり(笑)過度な期待がないぶん楽しめてます。
いままで誰もやらなかったことにはやらないなりの理由があったのだ、ということを踏まえたうえ
あえてそれをやることで驚きと笑いを生み出しているという貴重な作品です。

そういう意味では、逆に「デビルサバイバー2」は女性キャラの体型以外に抑揚がありません。
悪い意味でも盛り上がりに欠けるため、関心をもって見続けられないツラさ。

「ガルガンティア」は未だ読めませんね…本当に白虚淵なのか、それとも黒虚淵なのか。
陰鬱でシリアスな方向へもっていける要素をいくらでも提示しつつ、しかしスレスレでそちらには
舵を取らないという展開の繰り返しで、次回への期待と不安が募ります。

| | コメント (0)

2013年5月10日 (金)

2013年5月10日

3ds_tobimori59

「とびだせ どうぶつの森」の5月のイベントもほぼ終わりましたね…まだ月頭なはずですが。

5月のイベントはこどもの日とつり大会のみ。しかもこどもの日は当日限定アイテムの授与のみ
というシンプルなタイプのイベントなので特筆すべきこともなく。
3月のひな祭りは限定家具だけでもそれなりに用意してあったのになぁ…この扱いの違い。

とりあえずつり大会は頑張りたいですね。今回こそ銀トロフィーゲットしてコンプしたい。

3ds_tobimori60

久し振りにパロンチーノさんが来てバッヂをくれました。風船割り作業はこれでおしまいかな。
バルーン家具しか出さないという仕様さえなければもうちょっと活用されたのかもしれませんが
季節の変化やアプデで調整される様子もないので今後は無用でしょうね。

3ds_tobimori61

そしてもうひとつ、草むしりのバッヂ。たしか500本抜いてようやくブロンズ…。
発売日に始めた自分が毎日生えた雑草を逐一抜いてこのペースですから、ゴールドバッヂまで
どれだけかかるんだろう…って気もしますが、なにやら近道もあるとかないとか。
ちなみに枯れた花も雑草に含まれるそうです。なのでわざと枯らして抜くのもありですね。

花といえば、最近公表された青バラの新しい交配方法を現在ためしています。
これについては結果が出たらブログでお知らせします。うまくいくといいんですけど…。

周辺でも「とび森」を続けている人はだいぶ減りましたね…皆無と言ってもいいほどに。
自分はとりあえず1年間は続けてみようかと思っています。全部のイベントを見るまでは。

「クリエイトーイ」は海のダンジョンを無事3回クリア。しかし海のパーツが全然集まらない…。
ほかのフィールドに比べてカギの位置がわかりにくいのも影響しているのかも。
先に空が解禁されてしまいましたが、その前に町のダンジョンもクリアしておきたいですね。



塵も積もればと言うもので、小さなキライの積み重ねが大きな嫌悪感につながることもあるのか
最近はアニメの間に挿入されるソーシャルゲームのCMを見るだけでイラッとしてしまうぐらい
某・学園アイドルアニメに対するヘイトが溜まっています。

世間一般がもつAKBへの敵対心もそういう小さな積み重ねから生まれたのかもしれないなぁと
みずからの経験で改めて思うのでした。袈裟ばかり見てたら坊主まで憎くなるとという感じ。

今期のアニメも放送開始から1か月が過ぎ、評価もおおむね固まってきたような。
「進撃の巨人」はだいぶ印象が変わりました。意外に笑える内容も盛り込まれているとは…。
それだけに巨人襲撃中との波が激しく、見る側に良い刺激を与え続けてくれます。

意外といえば、意外とちゃんと見れているのが「クライムエッジ」と「デート・ア・ライブ」。
初回の印象があまり良くなく、「こういうのは自分には合わないかなぁ…」と思っていたのですが
回が進むたびに双方の魅力が見えてきた気がします。

逆に「これは見続けられるだろう」と思っていた「アラタカンガタリ」と「カーニヴァル」が苦境。
サテライト作品はご祝儀的な意味でも見続けたかったところなのですが、かなり厳しいですね。

個人的に今期一番たのしく見れているのは「むろみさん」です(笑)

| | コメント (2)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »