« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月30日 (日)

2013年6月30日

3ds_girlsmode01

「わがままファッション GIRLS MODE よくばり宣言!」を購入しました。

昨年秋に発売され、おもなターゲットである女性にとどまらず男性にも異様な好評を得た本作。
3DS LLの購入を検討する際に「とび森」とならんで気になっていたタイトルでした。
というか、現在にいたっても「とび森」と本作以外で注目する3DSのタイトルがないほどで。

3ds_girlsmode02

「GIRLS MODE」は公式的には『よくばりファッション』というジャンルに属しています。
なんじゃそり?って感じですけどね…ただ、ほかに上手い説明ができそうにないのも事実。

プレイヤーはブティックのアルバイト店員から始めて、店長の指導という名のチュートリアルを
経験したのち、店長に任命されてブティックの経営を任されることになります。
店長のおもな仕事は在庫の仕入れや陳列、それとお客さんへの商品の提案です。
これだけ書くと経営シミュレーションのように思えますが、そこまで敷居は高くないのです。

実際プレイしてみるとわかりますが、経営シムというほどシビアな要素はないんですよね。
ほったらかしにしてもブティックは潰れないし資金が底を突くこともまずない。
光熱費やアルバイト店員への給料の支払いという概念もなく、客足が途切れることもないうえ
テキトーな提案でも商品は飛ぶように売れていくという…とにかく苦しさが皆無なのです。

プレイヤーは経営的なことに余計な頭を使う必要がなく、感性のおもむくままに問屋で仕入れて
買い物とファッション、アドバイスを求めるお客さんへの提案を楽しむことができるのです。

3ds_girlsmode03

コアなゲーマーからすると、難しくないゲームをどうやって楽しむのか?と思われそうですけど
ファッションという『感性に基づくパズル』であると考えてみてください。
多岐に渡るファッションのジャンル、形状、色使い。それらを客の好みに合わせて組み合わせ
いかに好評を得られるか?という、芸術的評価を重視したパズルだと考えられるわけです。

ただ、パズルというほど明確な答えのあるゲームでもないんですよね。
コアなゲーマーが知る既存のジャンルには当てはまらないゲームなのかもしれません。

一番近いところで言えば、モンハンシリーズやMMORPGの装備の組み合わせだけをひたすら
考えるようなゲームという感じでしょうか。しかもステータス無視するタイプの。
防御力やスキルを軽視し、見た目の統一感やかわいさを重視してしまう人ならこのゲームは
至宝と呼べるレベルの幸福感をもたらしてくれるでしょう。

3ds_girlsmode04

なにせ衣類は15,000アイテム以上、それに膨大な数の化粧品やヘアスタイル、カラコンなど
外見を組み立てる要素が他とは比べものにならないくらい充実しているのです。
キャラクターエディット大好きな人には天国のような環境なわけですよ。

プレイヤーが心ゆくまでファッションを楽しめる、『よくばりファッション』というジャンルに恥じない
欲望の充足と幸福の追求しかない徹底した作りになっているのです。

3ds_girlsmode05

そして、特筆すべきは細部までこだわりを感じられる丁寧なビジュアルデザイン。
過度にファッション寄りでも女児向けでもない、かといって媚び媚びのアニメ寄りでもないという
絶妙なキャラクターデザインと彼女たちのモーションは非常に魅力的に映ります。
女性にも男性にも不快感なく愛されるであろうこのデザインは本当に素晴らしいです。

お客さんのデータも何人分用意されてるのか…それぞれ個別に名前や好みのジャンルがあり
それが外見に反映されるので、自然と常連客の顔を覚えることができます。

全体の雰囲気が子供向けではないのもポイントですよね。
あえてオトナっぽくすることで、オトナっぽさに憧れる子供たちにも確実にウケそうな雰囲気は
同時にオトナが持ってても恥ずかしくないオシャレさもあるわけです。

目立たない部分では、音楽や効果音、小物のデザインなども秀逸だと思います。
折り畳み式のケータイを閉じたときってこういう音がするよなぁ…って地味に感心したり。

3ds_girlsmode06

ひたすら褒めちぎってきましたが、不満や違和感を覚える点がないかといえばそうでもなく。

まず、起動時のローディングが長い。起動時にセーブデータも読み込んでしまうせいでしょうが
「とび森」の高速さに慣れてしまうとややダルさを感じてしまいます。

あとは在庫が切れた商品の再補充が難しいこと。需要がありそうな同じ商品を再度仕入れる
という当たり前にできそうなことができないため、最初は戸惑うと思います。
ただ、そうすることによって新たなアイテムへの着目と仕入れにつながっていることを考えると
意図的にそのようなシステムにしたのではないかと考えられます。

そして…先にちょっと触れましたが、労働基準法的にヤバいってことですね(笑)
店長になると自分の勤務時間を自分で管理することになるため、夢中になってプレイしていると
24時間営業のブティックになってしまうおそれがあるのです。
本作をお子さんに与える場合、「自分の時間は自分できちんと管理する」という約束を交わして
プレイさせるべきではないかと思います。これもゲームを通じた学習のひとつ。

3ds_girlsmode07

いや、むしろ悪いオトナこそこのゲームで自己管理を学ぶべきかな。
気が付くとあまりのブラック企業ぶりに「このブティック大丈夫か?」って心配になりますからね。

そんなこんなで、今後は「とび森」と並行して「GIRLS MODE」をプレイしていきます。

| | コメント (0)

2013年6月25日 (火)

2013年6月25日

3ds_tobimori75

「とびだせ どうぶつの森」とうとう我が村にも青バラが誕生しました。長かったですねぇ…。

いわゆるデザイン本に掲載されていた新しい交配レシピをためし始めたのが5月の初旬。
それから1本目の青バラが出来るまでに約1か月半かかりました。

旧来の青バラ交配レシピも継続していましたが、こちらはまるで成果が出ませんでした。
それに比べて、新しい交配レシピは最後の特殊赤バラ2本が揃った2日後に青バラが誕生。
新しい交配レシピは準備段階こそ時間がかかるものの、準備が整ってしまえばあとは高確率で
青バラを誕生させることができることを実証できたと思っています。


3ds_tobimori76

こちらの図が新しい交配レシピ、いわゆるデザイン本の交配方法です。

園芸店で販売されているバラの種から開始して、図のように代を重ねて特殊バラを作ります。
オレンジと紫の交配以降は、同色の特殊バラ同士で交配していきます。
特殊オレンジ2本までは簡単でしたが、特殊赤バラ2本を揃えるのに非常に時間がかかりました。

最後の特殊赤バラ同士の交配からは、約25%(1/4)の確率で青バラが誕生するそうです。
また、その前の代のオレンジ同士からも3%(1/30)程度の確率で青バラが誕生するとのこと。

注意すべきなのは途中にある当たりハズレのある紫バラですが、なにをもってハズレとするのか
判断基準がまったくわからなかったので、あえて無視することにしました。
次の代の特殊オレンジが誕生した時点で当たりと考えるしかないと思います。

青バラがもう1本出来れば、あとは青バラ同士の交配で青バラを増やしていけます。
村の一角を専有していた交配実験区画もこれでようやく縮小できそうです。



3ds_tobimori74

さて…先日おこなわれた夏至のイベントにも少し触れておこうと思います。
といってもイベント限定アイテムと顔出し看板があるだけの、いつもの簡素なイベントでしたが。

冬至が極夜だったのに対し、夏至は一日中昼間の明るさが続く白夜の状態に。
ただ、いつもの昼間の明るさとはちょっと違っていました。博物館の美術品展示ルームのような
強烈な光が真上から当たっているような感じで、特殊な状況が表現されていました。

あと、通常夜間にしか出現しない生き物がいたこともおもしろかったです。
村全体が明るいのに照明に惹き寄せられて飛ぶガや、川辺を漂うホタルの違和感…。



3ds_tobimori77

後日談。なんと2日連続で青バラが誕生しました。条件さえ整えばこんなもんなんですねぇ。

| | コメント (0)

2013年6月20日 (木)

2013年6月20日

3ds_tobimori70

「とびだせ どうぶつの森」も梅雨の季節。低木にアジサイの花が咲くようになりました。

梅雨なんだから当たり前ですけど、とにかく雨がたくさん降るので微妙に助かっています。
美化条例にしなくてもすべての花に水やりができますから(笑)ただ、副産物的にハニワが出て
一日の作業に若干負担が生まれるというのもあり。探すのもめんどいし…。

そういえば、雷雨という天候を初めて見ました。普通の雨より激しく、音や光でも確認できます。
雨の量が村の環境に影響を与えることはありませんが、初めてだと結構驚きます。

3ds_tobimori71

さて…いよいよムシとり大会の季節がやってまいりました。

基本はつり大会と同じなのですが、採点基準や家具をもらえる条件などがかなり異なるため
単純にサイズの小さい順に渡していけばいいというわけではないのが難しいところ。
今月はその仕組みというか、ルールを確認するための回として割り切って参加しました。

ムシとり大会の採点基準には希少性とサイズ、それに色ツヤというものがあります。
各ムシには可視化されていないレア度があり、レアであればあるほど基本得点は高くなります。
そして、同じレア度のなかでも当然サイズが大きいほうが高評価となります。

3ds_tobimori72

一番問題なのが色ツヤですね…実はコレ、完全にランダムなのです。
リセットを繰り返すとわかりますが、同じ個体でも渡したときの評価がコロコロ変わってしまうので
確実な基準が存在せず、運次第としか言いようがありません。

さらに、最終的な評価点が80点以上でないとムシとり大会専用の家具をもらえないのです。
このムシとり大会独自のルールがあるため、家具コンプを狙うとちょっと大変なんです。

単独でコンプを狙う場合は、まず各ムシのレア度の確認が大事です。
最終的な評価点が80点から90点の間に来るムシ、90点から100点の間に来るムシ…という
区分を覚えておき、大会前日までにとにかく捕獲しておきます。
80点から90点の間なら、島でたくさん獲れるモルフォチョウがちょうどいいでしょう。

今回もつり大会と同じく、もらえる家具は6種ずつに分かれています。
一回の大会で6回記録更新できればいいわけですから、必要なムシの数も定まってきます。
100点以下で4回も更新できればあとは簡単。最高ランクのムシを数匹渡すだけ。

ちなみに最高ランクに属するのはヘラクレスオオカブトやアレクサンドラアゲハなど、ごく一部。
アレクサンドラアゲハは条件さえ揃えば村でも捕獲できます。
120点前後で更新できれば御の字。最大で160点を超えることもあるそうですが…。
ヘラクレスオオカブトやオウゴンオニクワガタ以外の甲虫は意外と得点が伸びないようでした。

3ds_tobimori73

「単独でコンプを狙う場合は」とあえて書いたのは、フレンドがいると事情が変わるからです。
フレンドの村でムシを提出した場合、その記録はフレンドの村には登録されません。
つまり、そんなに得点が高くないムシでも連続で家具の獲得が狙えるというわけです。

あらかじめフレンドに80点ジャストぐらいの記録を出してもらっておき、そのフレンドの村に行き
モルフォチョウなどを連投するだけですぐにコンプできてしまうわけですね。

トロフィーの全色コンプは採点基準の問題もあってなかなか難しいと思います。
ガチでやるならプレイヤー住民を増やして、1位から3位まで独占してしまうのが確実でしょう。

| | コメント (0)

2013年6月13日 (木)

2013年6月13日

3ds_tobimori67

「とびだせ どうぶつの森」開始から8か月、ようやくハッケミィから出店の提案が来ました。

占いの館の出店条件は、不定期に訪れるハッケミィに累計20回占ってもらうことらしいのですが
それにしても随分かかりましたね…まあ、正攻法でいったせいでもありますが。

村に複数のプレイヤーキャラがいる場合、村長以外で占ってもらった場合もカウントされるらしく
新たな住人を作る→占ってもらう→住人を削除する…の繰り返しでもいけるとのこと。
自分はなんとなくその方法がイヤだったことと、占いそのものをあまり重視していなかったため
自然にやってるうちにできればいいやというスタンスでいました。

3ds_tobimori68

で…商店街に占いの館が出店すると、テントのときと何が変わるのか?

店内の様子や占いの内容自体はテントの頃と変わりません。
ただし、占いの内容が良くなかったときだけ開運アイテムをハッケミィから買うことができます。
ここで買える開運アイテムはほかの衣料品とは異なり、装備しているだけでつねに効果があり
占いの結果が良い日もさらなる相乗効果を期待できるというスグレモノなのです。

ただ、見た目が気に入らないという人もいると思います。自分もそのひとり。
先述のとおり、自分は占い自体を重視していないので開運アイテムはあくまでコレクションとして
買うだけ買って倉庫にポイしてます。いつか使う日も来るかなぁ…?

レアな魚が釣れやすくなるとかいう効果があるなら別なんですけどね。
あくまで基本の占い結果に相乗効果が乗るだけなので、用途は限られるでしょう。

さて…我が村で最近起こったもうひとつのニュースを紹介。

3ds_tobimori69

うちの村は川を境界に、南側の陸地にしかいままで住人が住んでいなかったんですね。
あくまで偶然そのようになっていたのですが、最近これを破る者が現れました。
駅舎と橋の間の家がそれです。完全に動線塞いでてジャマ過ぎる…。

非常に不愉快な位置に越してきたので、越してきた当日にも挨拶に行かなかったほどでしたが
数日経ってもその住人を外で見かけなかったので、なんとなく予感がして覗きに行ってみたら
引っ越し早々風邪を引いて寝込んでいました(笑)
転入が望まれないものであることを理解していたのか、それとも村長の呪いか…。

青バラ交配の結果は未だ出ず。この調子だともうしばらくかかりそうです。



「とび森」とは関係ありませんが、「クリエイトーイ」には完全に手を付けなくなってしまいました。

パーツを集めて自由にクニャペを作っても、その先の遊びの乏しさにすぐに突き当たってしまい
あのルールのなかで、あの世界でやりたいことが見当たらなくなってしまうというか。
底の浅さに意外なほど早く気付かされてしまうゲームでした。
人によってはクニャペを組み上げた時点で終わってしまう場合もあるでしょうね。

もっと長く遊ばせるためには組み立てたあとの部分を拡充させる必要があると思います。
現行のダンジョンのような、数値と確率と不快感だけで構成されているようなものではなくて
新しいクニャペを組み立てることに意義と楽しみを見出だせるようなものを。

たとえば「バンジョーとカズーイの大冒険 ガレージ大作戦」のように、用意された課題をクリア
するために必要なパーツ構成や移動方法を考えるパズル的な要素とか。
最高速度やタイムアタックなど、やる気を煽り繰り返し遊ばせる方法はあるはずです。

まあ…所詮1200円のゲームと言ってしまえばそれまでなんですけどね。
でも、任天堂のゲームだからと期待してしまうところもあるのです。次作あるなら改善に期待。

| | コメント (0)

2013年6月11日 (火)

2013年6月11日

「AKB0048」を発端として、これまでAKB48に対する自分なりの考察を色々書いてきましたが
先日の選抜総選挙の様子を受けて思ったことをさらに書いていこうと思います。

まず、Twitterのタイムライン上で見かけたとあるツイートについて。
スキャンダルが明るみに出るなどして、これまでのアイドルに比べて遥かに生々しい存在なのに
なぜファンの方々は彼女たちに夢中でい続けることができるのか?というもの。

AKBのファン、いわゆるヲタはそこまで真剣に考えてないと自分は思うんですよね。
難しく考えていないというか、むしろ可能な限りおもしろくなるように考えているのではないかと。

生々しいからこそおもしろい、次になにが起こるかわからないから楽しい、次に誰が脚光を浴びて
話題の中心になるのか、その一部始終に立ち会える臨場感が良い。
これが現代のアイドルのエンターテイメント性であると言えます。
ファンも参加者として同席し、演者のひとりとしてショーを作れるおもしろさがあるわけです。

おそらく旧来のアイドルに求められたような、幻想的な処女性というものは期待されておらず
外部の批判的な人だけがいまだにそう思い込んでるのでしょうね。
一応建前として恋愛禁止を掲げているので、在籍中はそのルールに反することをしてくれるな
というレギュレーション的な見方しかしていないのではないかと自分は考えます。

アイドルとはいえ生身の人間なのだから、誤った選択も失敗もする。
そんなことは百も承知で楽しんでいる、精神的に割り切れた良識あるファンが大半なのです。

スキャンダルが発覚することによって彼女たちの生々しさはより強調されます。
しかも、スキャンダルの発覚によってショーとしてのシナリオがよりおもしろく書き換えられるので
彼女たちを失墜させようという企みはむしろ助力になってしまうのです。
一時的に推しの変動はあったとしても、AKB全体の話題性には影響がないわけです。

話題性がAKBの寿命を伸ばし、話題性が順位に反映され、新たな話題を生む。
話題が供給され続ける限りAKBが本当に終わる日は来ない気がします。

スキャンダルの影響で左遷された(ように見える)メンバーが今回1位に選ばれたことについても
話題性という言葉で半分は説明がつくのではないかと。もう半分は内情にあります。

ローカルアイドルの興隆によって入植が困難だった九州で、メンバーの大量離脱で若年組のみ
取り残されて統率も経験も乏しかったHKTに編入された指原莉乃が、この1年におこなったことは
偉業と讃えられるべきことであり、少なくとも批判されるものではないと思うのです。
指原単独でのメディア出演数の増加、知名度の向上もあり、妥当な評価だったと言えるでしょう。

いま一番世間に知られていて、一番評価されているメンバーが指原莉乃であるということ。
それは大島優子や渡辺麻友よりもさらに上だったということです。

アイドルは清純で売るもの、恋愛禁止のイメージでやってるのに正統派なメンバーが評価されず
指原や峯岸のようなメンバーが評価されるのはおかしいというファンの声も当然あります。
でもそれも、選抜総選挙というルールのうえでは仕方ないのです。
特定の投資家が大量に投票しようが正統派が上位に来なかろうが、ルールに則っているなら
現在のAKB全体の評価としてそれを受け入れるしかありません。

アイドルファンだけがアイドルを支えているわけではない、ということ。
これが重要な事実なのに、論ずるうえで意外と認識から抜け落ちてしまうところなんですよね。



実は総選挙そのものにはあまり興味がなく、自分は投票もおこなっていません。見てただけ。
「さよならクロール」を個人的に気に入っていたならCDを買って、そのついでに投票していたかも
しれませんが、あえて投票するために買おうとは思いませんでした。
また、モバイル会員でもないのでCD購入以外での投票権も持ち合わせていません。

日本国民としての選挙権は別ですけど、あまりこういうのに関わりたくないんですよね。
好きだからこそ影響を与えるような行動をしたくないというか、そこはあくまで客観的に見たい
という変なポリシーがあるのです。Twitterでも好きな有名人はフォローしない主義ですし。

とりあえずNO NAMEのメンバーの半数以上が圏内にランクインしてよかったですね。
特にあみなちやん。センターに選ばれたことが今後少しでも良い方へと働いてほしいです。

| | コメント (0)

2013年6月 4日 (火)

2013年6月4日

「とびだせ どうぶつの森」6月に突入しました。また生態系が微妙に変化しております。

わかりやすいところでは夕暮れ時から見られるホタルの光。室内に飾ってもよし。
いままでは南の島でしか見かけなかったモルフォチョウやビワハゴロモなどの珍しい虫も村に
出現するようになり、どの時間帯も視覚的な変化を感じられるようになりました。

3ds_tobimori64

そんなわけで、図鑑と博物館を充実させるべくさっそく捕獲に勤しみました。
6月からは魚類も結構追加されてますからね…しかも出現率がかなり低いものも含まれていて
1時間粘った程度では目撃することも叶わないレアなものもいます。

魚影の大きさと出現する時間帯、出現位置である程度までは分類できると思います。
ライギョのように分類上『池』にしか出現しない魚の場合、近隣の建物に出たり入ったりして
ロードを繰り返してやるのが捕獲までの時間短縮につながります。

ちなみに『池』というのは川から隔離された『溜め池』ではなく、川の途中にある幅の膨らんだ
場所のことを指します。『溜め池』はカエルが出現するところですね。

3ds_tobimori65

この季節最大の難関はガーでしょう…マジ出ない。いればサイズですぐわかるんですが。
逆に意外とレアじゃないのがドラド。ガー待ちで試し釣りしているとホイホイ釣れてくれます。

タランチュラは出現率こそ低いものの、画面の周囲にいれば特徴的な足音が聞こえます。
なのでできればイヤホンをつけましょう。釣りもイヤホンがあったほうが当然やりやすいですが
タランチュラに関しては耳で探すのが非常に有効だと思います。

釣りに夢中になってるとカに刺されることも多いですね…カの音もイヤホンだとわかりやすい。



最近「とび森」起動直後に村長が謎のモーションをとることが気になっていたのですが、どうやら
これは気温と服装の影響のようです。長袖着てないで衣替えしろってことですね。
マイデザ作りもだいぶサボっていたので、夏向けになにか作ろうかと思っています。

3ds_tobimori66

先月末、とたけけのミュージックをほぼ集め終わりました。残すところあと1曲。

最後に残ってるのは「きみのたんじょうび」というお誕生日ソングなんですけど、実はだいぶ前に
フレンドの村で触らせてもらったのでカタログには登録されているのです。
ただ、この曲は誕生日にもらうべきだろうと。なので来月頭の誕生日にコンプリートとなります。

今月は初のムシとり大会と父の日ですか…ムシとり大会の家具集めが気がかりです。

| | コメント (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »