« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月16日 (土)

2013年11月16日

3ds_tobimori96

9月以降の「とびだせ どうぶつの森」内での出来事をこのタイミングでまとめたいと思います。

中秋の名月。お月見のイベントは毎年旧暦の8月15日、今年は9月19日におこなわれました。
内容はいつものヤツで、当日限定の家具の配布と顔出し看板のみ。
ただ、この日にちょうど満月になるのは数年に一度のことなので映像的には結構貴重。

3ds_tobimori97

このころはもう「モンハン4」を始めていまして、「とび森」に対する情熱は完全に消滅しており
数日おきのプレイで住人の引っ越しや誕生日をガン無視という村長らしからぬ姿勢に。
初期住人以外にはあまり思い入れがなく、エイプリルフールに写真の大放出があったせいで
余計に冷めてしまったというのも事実。あれから半年よくもちました。

3ds_tobimori98

9月のムシとり大会、11月のつり大会でそれぞれ金の道具を受領。

ずかんは3種類すべて完成したものの、博物館は美術品だけが結局未完成のままです。
つねきちが売りに来る美術品は村ごとにあきらかに偏りがあるように思えます。
10月の終わりごろから寄贈してない真作が偏って販売されるようになりました。調整かしら?
それにより、11月初旬の時点では美術品のこり3点に。

3ds_tobimori99

10月31日はハロウィン。「とび森」発売当初、タイムトラベラーの代名詞として活躍した家具が
ようやく正規で手に入るようになり、なんだか感慨深いものがありました。

しかし、ハロウィン当日限定の家具やアイテムの総数がハンパじゃありません…。
10月中デパートに陳列されたものも含めてハロウィンシリーズが全13種、ロリポップを渡すことで
手に入るホラーシリーズが全10種。一巡目はカブらないだけ救いはありますが膨大です。

3ds_tobimoria0

これらに加えてホラーマスク全6種、カボチャマスク全5種、ボロいふく全5種、ボロい内装2種と
びっくりばこがあり、31日当日だけで42個も集めることになるのです。

交換に使用するロリポップは村の住人が自宅にいるときに特定のマスクをかぶって驚かすと
手に入るようになっていますが、改札を開けても自宅待機してくれない住人もチラホラいるため
ホラー10種分そろえるのはなかなか至難の業です。
低確率でホラーを入手可能な引き換えアイテムとなるアメが無限に得られるのは救いでした。

3ds_tobimoria1

これで「とび森」のイベントも一巡。ひとつの区切りとなり、止め時が見えました。
今後も配信限定家具は続くようですが、以前ほどの活気はおそらくもう続かないでしょう。

| | コメント (0)

2013年11月 6日 (水)

2013年11月6日

Mh4_20

「モンスターハンター4」、村の最終クエスト「団長からの挑戦状」なんとかクリアできました。

わざとゆっくりやったとまで言うつもりはありませんが、できるだけ慎重に攻略しようと考えたら
結果としてこんなギリギリのタイムに…それでもクリアはクリアです。

「挑戦状」を攻略するにあたって、事前に様々な装備を考えました。
メインで使っているランスや太刀でいくか、それとも一部のガンランスや弓の高火力に頼るか。
スキル構成も含めて悩みに悩んだ結果、とりあえず手持ちの装備でなんとかならないか?と
思いつきでそろえた装備が意外にも結果に結び付きました。

Mh4_21

それがこちらの装備。武器は攻撃力960の41式(前の記事で紹介したもの)です。
キングテスカブレイドを用意できればよかったのですが、風化大剣がいまだ出ず代用することに。

防具は以前から使っていたベリオ一式に、回避距離+6・気力回復+2の護石と装飾品を加えて
体術+2・氷属性攻撃強化+1・回避距離UP・回避性能+1を発動しています。
今回は爆破属性の武器を使ったので氷強化は効果を発揮していませんが、武器の選択次第で
「挑戦状」前半のジンオウガとラージャンを倒しやすくなる可能性はあるでしょう。

ただ、自分が「挑戦状」攻略で一番恩恵を感じたのは回避距離でしたね。
抜刀状態の移動の遅さを補ってくれるし、シャガル・マガラの広範囲におよぶブレスや叩きつけを
かわして安全圏に逃げたり、背後に回って確実に攻撃することができるようになります。

あとはけむり玉とモドリ玉、それに予備として回復薬の調合素材の持ち込みも重要。
自分が持ち込んだアイテムを具体的に記すと以下のような感じです。

・調合書①入門編
・調合書②初級編
・回復薬x10
・回復薬グレートx10
・強走薬グレートx5
・秘薬x2
・いにしえの秘薬
・力の護符
・力の爪
・守りの護符
・守りの爪
・こんがり肉x10(実際に使うことはないかも)
・砥石x20
・ウチケシの実x10
・モドリ玉x1
・けむり玉x10
・素材玉x10
・ドキドキノコx10
・薬草x10
・アオキノコx10
・ハチミツx10

強走薬グレートはお好み次第ですが、スタミナが150から低下したタイミングで飲んでおくと
移動や回避に非常に役に立つので生存率を高めたいのならオススメです。
秘薬の調合分はさすがにいらないかな…そこまで必要なら防具の強化レベルを疑うべきかも。

冒頭にも書きましたが、自分はとにかく慎重かつ安全な手段を選びました。
大剣という選択も、少ないチャンスに最大効率でダメージを与えようと考えた結果です。

いままではなんとなく気後れしていましたが、これでようやく胸を張って集会所に行けます(笑)

| | コメント (0)

2013年11月 4日 (月)

2013年11月4日

Mh4_18

Twitter上に流れていた猟虫育成レシピの表記があまりにもわかりづらかったので、自分なりに
書き改めたものを備忘録も兼ねてここに記しておきます。
カブトムシやクワガタといったメジャーな甲虫だけでなく、このようなニッチな甲虫を実用レベルで
採用してくれたことに甲虫好きとしては感謝しかないですね…みんなで使おうエルドラーン。



■Twitterで見つけたバランス型エルドラーンのレシピ


・用意する虫餌の個数

力の虫餌・火1個、力の上虫餌20個、体の上虫餌12個、速の上虫餌21個


・強化過程

①力の上虫餌5個 → 力の上虫餌3個
→ 猟虫Lv2へ
②力の上虫餌5個 → 力の上虫餌3個
→ 猟虫Lv3へ
③力の上虫餌4個 → 速の上虫餌2個 → 体の上虫餌3個
→ 猟虫Lv4(エボクルドローン)へ

④速の上虫餌5個
→ 猟虫Lv5へ
⑤速の上虫餌5個
→ 猟虫Lv6へ
⑥速の上虫餌3個 → 体の上虫餌3個
→ 猟虫Lv7(エルドラーン)へ

⑦速の上虫餌5個
→ 猟虫Lv8へ
⑧速の上虫餌1個 → 体の上虫餌6個 → 力の虫餌・火1個
→ 強化終了


・最終ステータス

パワー/87 スタミナ/84 スピード/99
猟虫全ステータスUP【中】、回復エキス効果UP【大】(※ただし属性値が一切つかない)

最終的にスピード型に振りたい場合は強化過程の⑧を以下のように変更する。

⑧速の上虫餌3個 → 体の上虫餌3個
→ 強化終了



■当ブログ考案のスピード型エルドラーンのレシピ


・用意する虫餌の個数

力の虫餌・火2個、力の上虫餌8個、体の上虫餌6個、速の虫餌・氷2個、速の上虫餌35個


・強化過程

①速の上虫餌5個 → 速の上虫餌3個
→ 猟虫Lv2へ
②速の上虫餌5個 → 速の上虫餌3個
→ 猟虫Lv3へ
③速の上虫餌2個 → 体の上虫餌3個 → 力の上虫餌4個 → 力の虫餌・火1個
→ 猟虫Lv4(エボクルドローン)へ

④速の上虫餌5個
→ 猟虫Lv5へ
⑤速の上虫餌3個 → 体の上虫餌1個 → 速の虫餌・氷1個
→ 猟虫Lv6へ
⑥体の上虫餌2個 → 力の上虫餌4個 → 力の虫餌・火1個
→ 猟虫Lv7(エルドラーン)へ

⑦速の上虫餌5個
→ 猟虫Lv8へ
⑧速の上虫餌4個 → 速の虫餌・氷1個
→ 強化終了

※この段階でスピードの成長ptsを46にするため、ここだけ順序が少々特殊


・最終ステータス

パワー/78 スタミナ/72 スピード/120
猟虫全ステータスUP【中】、回復エキス効果UP【大】(※ただし属性値が一切つかない)

強化過程の⑧を速の虫餌・流水や氷結3個に変えると青色or水色個体にできる。
速の虫餌・雷光で黄色固体にもできるが、エルドラーンがもともと金色なので発色確認できず。
また、炎属性で赤色個体にした場合も発色の悪さで赤っぽく見えない。
双属性の混色個体、龍属性個体はともに濃いグレー。



スピード/69が操虫棍の抜刀状態とほぼ同じ移動速度で、これを超えるように育ててあげないと
戦闘中に非常に苦労することになります。猟虫が追いつけませんから。

一口に操虫棍といっても猟虫の使い方にかなり違いがあり、育て方の好みも変わります。
スピードが遅いと不利なのかといえばそんなこともなく、置きを重点とした立ち回りができますし
パワーに割り振れば部位破壊を狙うこともできるそうです。

ただ、狙ったエキスを回収するならスピード全振りが使いやすいですね。
100付近から実用レベルになり、最速だとガンナーの弾丸なみの速さで飛んでくれます。

ちなみに属性によって身体の色が変わる個体もあるので、そういう作り分けも楽しいかと。



Mh4_19

「モンスターハンター4」はだいぶ前にHR上限解放して現在HR96。残るクエストは☆7数個のみ。
ある程度やり尽くしてしまうとあとはギルドクエストの育成と、そこから発掘できる装備の確認が
おもな仕事となってしまい、プレイしていて独特の閉塞感を感じることがあります。

普通の集会所のクエストは存在意義が失われるし、ギルドクエストは高レベルになるに連れて
「MHF」のG級のような一撃必死の理不尽なゲームバランスに変貌していきます。
かといって下位上位のクエストにやることがあるか?と言われれば、たまに必要な素材を求めて
狩りに行く程度で、それがメインになることは決してありません。

ある意味ではプレイヤースキルに合わせてできることが変化していく優れた構造なのでしょうが
すべてのプレイヤーがそんな苛烈なものばかりを求めてるわけではないですからね。
ギスギスしたものを感じずちょうどよい塩梅で楽しめる環境というのも必要だと思います。

理想を言えば、上位と同じくらいの強さで上位よりちょっと多めの体力、上位より大きいサイズ。
大型と巨龍のあいだを埋めるカテゴリーのモンスターが充実したらいいなぁと。

シャガル・マガラやミラボレアスはかなり近いのですが、暴れすぎるし剣士が安全に攻撃できる
場所が限られるので、場所取り合戦のイザコザは解決できていません。
そのあたりを突き詰めたモンスターが今後増えてくれることを願っています。

そういう意味では、ガララアジャラは新規モンスターのなかではかなり良い出来ですよね。
ほどよく難しく、ほどよく大きく。しかも採れる素材にそれなりに旨みがあって。

| | コメント (2)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »