« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月27日 (木)

2014年2月27日

X360metro07

ゲームの近況報告。まず、XBLAの「Insanely Twisted Shadow Planet」をやっとクリア。

ゴールドメンバーシップ向けに無料配布されたのが昨年の10月。
ちょうど「モンハン4」で一番盛り上がっていた時期だったため、プレイするのが先延ばしになり
いまごろようやく…という感じ。それでもクリアしただけ偉いと自分では思ってたり。

ゲーム全体を振り返るとやはり単調さが目立ちます。あらゆる面で。
次々と手に入るガジェットを駆使して道を切り開いていくおもしろさはありますが、盛り上がりに
欠けるというか、道を切り開いても達成感を得られるような演出が乏しいんですよね。
特徴的なグラフィックに新鮮さを感じるのは序盤だけだし、音楽は終始ないし。

結果として満足感が薄く、一定のストレスを味わうだけで終わってしまう感じ。
敵の耐久力や攻撃方法がそれに拍車をかけ、つらい作業をなんとか片付けたというキモチに。

無料じゃなかったら無理にプレイする必要のないゲーム、という判断に落ち着きます。

Batmanab001

続いて、某氏から提供された「バットマン:アーカムビギンズ」をとりあえず1周クリア。
アーカムシリーズの最新作で、三部作のなかではストーリー的に一番古い部分にあたるという
いわゆるドラクエの初期三部作みたいな時間軸ですね。

同シリーズのおもしろい部分はそのまま残ってます。悪い部分も同じくらい残ってます(笑)
戦闘中のザコ敵の割り込みはまったく解消されておらず、バットマンの強化に対応するカタチで
追加された上位種のザコ敵がさらに厄介で…まさにストレス蓄積ゲーム。
各ヴィランとのボス戦も理不尽なダメージが増えてる気がします。

ボタン同時押し系のスペシャルコンボは今回スキルツリーで追加されるため、獲得するときに
特にチュートリアルのようなものがないのでなかなか不便です。
スキルツリー自体は悩むほどのものではないので特に問題はありませんでしたが。

序盤のヴィラン紹介の時点で危険な匂いがしたファイア・フライは、バットマン側の攻撃機会が
システム的に制限され、ほぼQTEで戦うのみという…悪い予感が的中。
なんつーか邦ゲーの悪いところを見習ってしまった感じで、あまりたのしくなかったですね。

新たな建造物が増えて街並みはおもしろくなってるんですが、グラップリング可能な建造物が
妙に少なくて不自由だったりします。バットウィングの追加は良し悪し。

気になったのはそんなとこかな…良い部分も悪い部分も正常進化(?)しています。
おなじみの収拾関連がだいぶ残っているので、それが終わったらストーリー+モードに挑戦して
チャレンジモードの消化に移る予定。今回ひとつの売りであるマルチはやらないかも。



先日の48Gの大組閣祭りを終えて、感じたことをちょっと書き残しておこうかと思いまして。

乃木坂推しの自分として一番大きな変化は生駒里奈と松井玲奈の交換留学(兼任)でしたが
なんとなく前兆はあったし、ショックはあったもののすぐに受け止められました。

客観的に見て、生駒ちゃんは兼任として放出するのに最適なポジションなんですよね。
御三家(白石・橋本・松村)ほどの数字を持たず、最近ではフロントから降格することもありながら
いまもなお乃木坂の顔として一般的な知名度が高く、話題性をもっている。
これがほかのメンバーだったら兼任や移籍と言われても「誰それ?」となってしまうわけで。

乃木坂にはない日々の公演に参加できることは生駒ちゃんにとって大きなメリットになります。
そこから持ち帰る経験によって、乃木坂全体に変化が訪れる可能性もあります。
乃木坂の桜井キャプテンは最近パフォーマンスに伸び悩みを感じていたようですし、可能ならば
桜井キャプテンを兼任に回せたらよかったのですが…上記の理由からそうもいかず。

玲奈さんには兼任のメリットはあるのでしょうか?現状ではあまり思いつかず。
女優志望の彼女にとってはプリンシパル公演というのが経験蓄積の場になるかもしれませんが
それほど長い期間ではないし、大きなメリットとは言いがたいと思います。
となると、せっかく乃木坂兼任になっても活躍の場がないのでは…?

8thシングルの選抜が決定し、発売直前のタイミングというのもアレですよね。
シングルに参加するにしても最低でも半年は先の話になるわけで、そのころには兼任の話題も
だいぶ薄れているというか…生駒ちゃんがだいぶ先へ行ってる可能性が高そうで。

当面は乃木坂の冠番組に出演する程度になるでしょう。
ただ、「乃木どこ」には『番組出演のためにもシングル選抜に選ばれなければならない』という
大きな制約があるし、一期アンダーや二期生からすればおもしろくないですよね。
シングルの選抜枠も然り。7thのように16+1(兼任枠)とかにしないと内外で炎上しそうで…。

それ以上に、メンバーに宿った「公式ライバル」としての情熱が問題です。
倒すためにここまで頑張ってきたのに、結局48Gのひとつとして取り込まれてしまったことが
乃木坂のメンバーの苦労と努力に水を差す結果となってしまったわけです。
(この件に関しては有名どころである御三家よりも、さゆにゃんのブログが明確かと)
しかも横アリのバースデーライブの直後ですからね…タイミングが悪すぎます。
そういうプライドやポリシーの問題を運営側はまったく考えていなかったのかもしれません。

結局、「公式ライバル」という設定は設定でしかなかった…と。言ってしまえばそれまでですが
その肩書きに本気で取り組んでいたメンバーからすれば憤りは隠せないでしょう。

両グループのファンとしては、別に生駒ちゃんや玲奈さんに個人的な不満はないはず。
純粋に今回の兼任決定が憎い、気に入らないというだけ。不服を表明したほかのメンバーの
意志を尊重するためにもファンは怒って当然と言えます。

兼任が決まった本人たちは、最終的には自分の意思で決めたとはいえほぼ強制ですからね。
上から「兼任してみない?」と直電されてイヤですとはそうそう言えないでしょう。
まあ…岩田華怜のように即座に不服を申し出たメンバーもいましたが。
生駒ちゃんがそこそこノリノリで兼任に賛成してることもファンからは疑問視されているようです。

自分としては正直どうにも…結果が出てみないと良し悪しを判断できないというか。
生駒ちゃんがAKBとして、玲奈さんが乃木坂としてテレビ出演とか、具体的な活動を見たとき
どう感じるかというのがまだわかってないので。

乃木坂は構造改革とは無縁の聖域だと思っていただけに、色々と思うところはあります。
これが良い変化の兆しなのか、それとも悪い変化なのか…見守っていきましょう。



華怜に関してはさきほど残留が正式決定しましたが、大組閣で「本店には要らない」という
運営のあきらかな意思表明がなされたという事実だけは残ります。
東北出身であれほど震災関係で前押ししてたのに…と考えると、余計に不信感は募ります。
しかも学生であることを考慮していなかった移籍決定。メンバーがまるで見えていない。

| | コメント (0)

2014年2月11日 (火)

2014年2月11日

Wf2014w01

ワンダーフェスティバル2014冬、参加してきました。いやはや…関係各位ご苦労様でした。

なんでしたっけ…20年に一度とかの大雪にぶつかりまして、その積雪の影響で鉄道をはじめ
各交通機関がボロボロの状態。多くのディーラーが開場時間に間に合わず。
京葉線はかろうじて動いていたのですが、バレンタインデー前の週末ということもあってか
夢の王国へ向かうカップルや家族連れも合わさって通勤時間帯の中央線の如き混雑。
自分はだいぶ遅い時間に向かったからよかったものの、10時以前に移動していた人たちは
東京駅の京葉線ホームすら拝めないほどヒドい状態だったそうな。

そんな状態なのに、海洋堂の方々は特に対処するでもなく変に高いテンションでツイートを続け
参加者の感情を逆撫でするという本当に空気読めてない感じで…。

延期や中止の可能性も考えられたとは思いますが、そうなると開場に向けて使われた諸々の
お金のやりとりが非常に面倒なので、やらないわけにはいかなかったんでしょうね。
強制的に開催したうえで、来れなかった連中が悪いという意思表明に思えました。

有明開催が続いてたらもう少しラクだったろうに…エスカレーターの件どうなったのかな。

不満ついでにもうひとつ言っておくと、今回のカタログの表紙。あれはなんなんでしょうね?
毎回購入していて手が込んでると思ったことは一度もありませんでしたが、過去のクオリティを
さらに下回る手抜きっぷりで驚いています。モノクロ印刷時代に戻るつもり?

Wf2014w02

さてさて…今回の傾向ですが、やはり「艦これ」の波が大きかったです。

猫も杓子も「艦これ」。特に企業ブースはどこを見ても「艦これ」という感じ。
ワンフェスには時々、そのときの流行りの作品が出展物を大きく入れ替えることがあります。
過去には「エヴァ」とか「ハルヒ」とか…それらと同等のブームが来ている印象。

一般ディーラーでも早いところはすでに出していましたけど、本当の波が来るのは次でしょう。
「艦これ」旋風はいつまで続くのやら…自分は興味ないのでわりと退屈しています。

Wf2014w03

「艦これ」以外の部分で驚くべき部分はあったかな?と思い返していて、ふと気付いたのですが
海洋堂は今回BOMEさんの企画展示に注力していて、いつもほど大きな新作発表をしておらず
これといって目立ったものがなかった気がします。
なのに例のアイドル推しだけは強まってて、会場内でやや浮いてる感じさえしました。

企業だとバンダイのSHF、グッスマのfigma、タカラトミーのミクロマン各シリーズが話題を集め
ほかは独自の展開を静かに進めていた感じでしょうか。
個人的にはメガハウスの「黒子のバスケ」シリーズの出来の良さが非常に印象に残りました。

あとは昨今流行りの3Dプリンターやスキャン技術の展示がだいぶ増えていました。
実物を目にすると、あれやこれやとやってみたくなるアイデアが次々と浮かんできます。

Wf2014w04

一般ディーラーに関しては今回、前述の雪の影響で出展にいたらないところも散見されたため
正直なんとも…出展物のサイズが小さめになっていく傾向にある気はしますが。
塗装済み完成品を見て養われた世代が自作する際のスケールが定まってきたのかも。
1/6前後が主流だった美少女フィギュアの時代から、徐々に変化してきていると思います。

雪の影響といえば…自分は都民なので、ワンフェスに向かう前に都知事選の投票もありまして
帰宅後その投票率の低さを知り、結果を見る前から激しく失望しておりました。
いっそのこと投票を義務制にして投票しなかった人にペナルティでも課すべきではないかと。

雪道の行軍も含め、たのしい日曜日になりましたがいろいろ思うところもありました。



今回ちょっと批判的な感想になってしまいましたが、本心は本心ですからね。
「自分の思い通りにワンフェスが変化していないだけ」と言われればそれまでですし認めます。
ただ、海洋堂の姿勢がいまのままでいいのか?という疑問と不満は隠せないのです。

雪への対処よりもアイドル推しのほうが深刻かもしれませんね(お前が言うか?)。

| | コメント (0)

2014年2月 5日 (水)

2014年2月5日

今年になってからブログが停滞気味だったので、近況報告も兼ねて更新しておきます。

X360metro06

昨年暮れに購入したGoD版「スカイリム」本体分の実績1000Gをコンプリートしました。
総プレイ時間は現時点で160時間を突破し、前作「オブリビオン」の記録を軽々と超過してます。
とにかくやれることが多い。あれこれ手を出し始めると本当に時間が足りない。
ただ、「オブリ」と比べて不満に感じるところや見劣りする部分があるのも事実。

まずメインクエストと四大ギルドのストーリー。これは「オブリ」のほうがおもしろかったですね。
自分が特に物足りないと感じたのは闇の一党で、「オブリ」では終盤に向かうに連れて恐怖感が
増大していく様子がホラーゲーム的な感じで楽しめたのですが今回はそれが足りず。

盗賊ギルドはやれることの幅や、やったことによる影響を様々なところで確認できるのが良く
オープンワールドゲームのシステム上ではおもしろく機能していたと思います。

今作のトレイラーで大々的に紹介され、メインクエストにも大きく関わるドラゴンの存在。
しかし、野良ドラゴンの出現により発生する様々なアクシデントがたのしくも迷惑でもあり…。
TESシリーズは基本的に一度死んだネームドNPCは二度と復活しないので、ドラゴンの襲来で
クエストに関わるNPCが死亡し、受領不可になる可能性がないわけではありません。

ファストトラベルで移動するたびに野良ドラゴンが襲ってくるなんてこともしばしばありました。
ドラゴンの住処を街から離すなどして、このような被害は避けてほしかったですね。

トレイラーで紹介されたといえば巨人の存在も新要素でしたが、こちらは関わるクエストがほぼ
なかったため、追加された理由や存在意義がまったく見えませんでした。
もう少し本筋に関わるカタチで登場させてもよかったのではないかと。

あとは魔法と、付呪可能な魔法スキルのバリエーションがかなり減らされたこと。
「スカイリム」の風土の問題もあるのですが、前作に比べてプレイ中のほとんどのあいだ画面が
非常に暗いので、暗視魔法がなくなったことが大きな苦痛となりました。
不可視はなくなっても仕方ないけど、透明化があるので状況はさほど変わらず。

破壊魔法のダメージがやや非力なのも気になりました。
特に設置系の罠魔法は「無音の唱え」があっても設置時の音でバレてしまうという問題があり
さらにダメージが一律固定なので、ゲーム後半にいくに連れてまったく使えないものに。

罠魔法に触れた敵が完全隠密状態のプレイヤーに向かって移動してくるのも変な話で。
そのへんの調整がもっと自然に成されていたらなぁ…と思いました。

自分のプレイスタイルは今回も盗賊と暗殺の複合タイプでした。

隠密スキルと弓スキルを優先的に伸ばし、弓術上昇の付呪防具を全身4箇所に装備。
つねに隠密で移動して敵に気付かれる前に攻撃。不意討ちの一撃で倒せなかったとしても
「冷静沈着」のスローモーション中に二射目を放って確実に仕留める感じ。

弓の扱いに長けると、魂石を使用した魔法トラップを事前に処理できたり、感圧式トラップを
遠隔操作して危機を切り抜けたりできるので非常に有利ですね。

最終的には黒檀の弓(2段階目まで強化)+弓術上昇付呪(全身合計140%)という装備で
不意討ちと大ダメージの補正も加えればドラゴンを一撃で倒せるレベルに。
もはや完全に弓ゲーと化し、近接武器はダガーしか持ち歩いてませんでした。
そのダガーも「暗殺者の刃」でダメージ15倍というシロモノ。マトモに戦う気全然なし(笑)

近接武器や破壊魔法でマトモに戦おうと思うとどうしても無理が出てくるんですよね…。
最初から重装でガチガチに育てれば別なのかもしれませんが、自分は安全なほうがいいので
それを試そうとも思わず。もし2周目をやるとしたら挑戦するかもしれません。

「スカイリム」を総合的に評価すると…やはり一度はプレイしておくべき傑作。

好みは当然あると思いますが、なにがそんなに絶賛されるゲームなのかを一度は自分の目で
確認してほしいし、いろんな意味で目からドラゴンの鱗が落ちると思います。
システムを正しく理解して戦闘や生産をたのしめるようになるには時間がかかるとは思いますが
自在に操れるようになると、自分だけの冒険をたのしめる優れたゲームであることがわかるので
特に古典的なファンタジーものが好きな人にはオススメしたいですね。

「スカイリム」のあとは未定。「GTAV」の予定でしたが、なんか援助物資も届いてまして…。



今年になってひとつ変化が。あれほど嫌っていたpixivにとうとうアカウントを開設しました。

アニメのほうはだいぶ本命が絞れてきました。新作イチオシは「いなり、こんこん、恋いろは」。
続いて「ウィッチクラフトワークス」「ノブナガ・ザ・フール」といった感じ。

でも、やっぱ前期からの続きモノが強いですよ…「凪あす」と「ガンダムBF」おもしろ過ぎる。

| | コメント (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »