« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月31日 (月)

2014年3月31日

しばらくブログを書いていなかったので、2014年第1Qのアニメ総括でも書いてみるか…と思い
視聴カレンダーのアニメのタイトルをざっと見回してみたものの、年始の評価から大幅に変わる
作品がなかったので総括にもなりませんね…。
とにかく今期は前期から続いている2クール作品が圧倒的に強すぎました。

「凪のあすから」は完全に別格。あらゆる面から評価しても非の打ち所がまったく見つからず。
後世に語り継ぐべき水準の切ない恋愛ものとして記憶に残りました。

2クール作品としてはもうひとつ、「ビルドファイターズ」の存在も非常に大きかったですね。
ただ、これは自分がガンダムの知識をもっているからであって、ガンダムの知識がまるでない人
からするとこの盛り上がりはちょっと理解できないかな?とも思います。

毎回目の離せない展開と躍動感を維持し続けた「黒子のバスケ」も個人的には上位に。
世間の評価はどうだかわかりませんが、「ゴールデンタイム」も独特の生々しさが好きでしたし
「マギ」も最後まで見続けてよかったなぁと思える結末でした(全然終わってないけど)。

「キルラキル」は見る人によってその評価が大きく変わりそうな気がします。
予想できない怒涛の展開はたしかにおもしろいし、その圧倒的な熱量も大いに評価できますが
改めてふたたび見たいか?と言われると「いや…べつにいいかな」という感じなので。

いわゆる実況向きなアニメというか、みんなで同じタイミングで見てワァーッと盛り上がったら
それっきりであとは特に考察もしなくていいや…という位置付けかな、と。

今期の作品では、各要素を満遍なく良いと思えたのは「いなり、こんこん、恋いろは」。
「ウィッチクラフトワークス」はドタバタラブコメ感が良かったんですが、見終えて振り返ったとき
上位に食い込めるだけの要素が足りなかった気がします。

純粋にかわいさだけで言えば「未確認で進行形」がダントツ。
「そにアニ」はファンの要求に収まるものをきちんと送り出してきたことに好感が持てました。

もうちょっとマジメに見ておけばよかったなぁと思ったのが「とある飛行士への恋歌」。
放送枠の問題でどうしても見逃す、頭が欠けてしまうことが多くちゃんと見ることができずにいて
腰を据えて見ておけば評価も違ったかもしれません。

今期最注目の問題作「Wake Up, Girls!」は終わってみれば平凡な作品でしたね。
序盤の露悪的な印象からは一転して、中盤はアイドルアニメとして自然な流れに変わっていき
製作の苦境っぷりと尺の短さのわりには軟着陸できたかなぁと。
アイドルアニメ戦国時代に一石を投じることができたかといえば…まあお察しということで。

ただ、アイドルファンの熱意と愛をメインのアイドルなみにしっかり描いていたのは好感。
世間で人気の(オタク向け)アイドルアニメは男性を描くことを禁忌としているせいか、アイドルに
必須であるファンの姿を描くことまで避けている節があるのでそこが大きく違いました。

でもまあ…ステレオタイプなオタクのビジュアルからはそろそろ脱却すべきかと(笑)
視聴者に伝わりやすくわかりやすいのですが、現実のそれとはだいぶ剥離してしまっていて
本来なら共感や感動を生むべきシーンでもギャグにしかならないのが残念なのです。
いまのアイドルやアイドルのファンってそうじゃないよ?って言いたくなることがしばしばあります。

あとはなにか特筆すべき作品あったかな…「スペース☆ダンディ」くらいかな?
自分の周辺では「ビルドファイターズ」に次ぐ勢いで大きな『流れ』となっていたのがこの作品で
その話題性が今夏の2期まで続いてくれればいいなぁと思っています。

さて…来期は本当に視聴本数減らしますよ。今回はわりと本気です。
新番組一覧を見たときに「これならいけるかな?」っていう確信があったのと、諸事情によって
どうしても見たくない大きな『流れ』を作りそうなアニメがあるのがその理由です。
どうせ他のどの作品がおもしろくても話題を掻っ攫われるんだろうという諦観もあり。
言ってみれば昨年第1Qの再来ですね…ここまで書けば何を言わんやわかると思いますが。

とりあえず「蟲師」と「ジョジョ」は見るかな。あと「キャプテン・アース」。
何気に「デート・ア・ライブ」の2期もやるんですね…サテライトの新作「M3」は情報少なすぎ。



「ビルドファイターズ」は近年稀に見る、愛情に溢れた作品でしたね。
我々はこんなにもガンダムが大好きなんだ!というスタッフの熱い思いが映像から迸っていて
それがダイレクトに視聴者にも伝わる、本当に素晴らしいアニメでした。

やはり、スタッフが経験した感動が反映されている作品というのは強いですよ。
これは「AKB0048」にも感じたことで、強烈な感動が反映されている作品を見ることで視聴者も
その感動を再現できるという、作品を通じた感動の連鎖が発生するわけです。
このような幸福な作品はいくつも作られるわけではなく、数年に一本の貴重な作品と言えます。

題材のどういうところが魅力なのか、それを理解していない人が作ったアニメはつまらない。
当たり前の話なのですが、ここ数年で強く実感したことなのです。

| | コメント (0)

2014年3月 4日 (火)

2014年3月4日

前回に続いて、生駒里奈・松井玲奈両名の兼任について少し。

まず、「玲奈がいじめられててかわいそう」って感想が出るのはおかしいですよね。
乃木坂のメンバーは「玲奈がイヤだ」「玲奈が来るのがイヤだ」と個人を否定してるわけではなく
公式ライバルという設定上、48Gとの正式な提携がおこなわれるべきではないという当たり前の
反応を示しているわけで、どちらが責められるべきという話ではありません。

この話をさらにややこしくしたのが「ライバルとは思ってない」という指原(敬称略)のツイート。
たしかに公式ライバルという設定は有形無実化していますが、中の人がそれを言ってしまっては
プロとして失格なんですよ。正直ではあるものの意識が低すぎる。

プロレスの世界にはアングルと呼ばれる敵対設定があります。
敵対関係という設定であれば、たとえリングの外であってもその関係は絶対に崩しません。
もし設定上敵対関係にあるレスラーがTwitterで「いまからアイツとメシ行きまーす」とか言ったら
やっぱりマズいですよね…プロ意識に欠ける、空気を読めてない言動と見られます。

設定を遵守して立ち回ることに意味がある。自分はそうプロレス的に考えます。

「同じ秋元康プロデュースのアイドルグループなんだからライバル化するのはおかしい」という
意見も何度か見ましたが、たとえば同門出身だったり同じ団体に所属しててもライバルである
レスラーだっているわけですし、アングルとしてはべつにおかしくないですよね。

公式ライバル設定を維持したまま48Gと提携するなら、たとえば第三の強大な勢力が出てきて
48Gと乃木坂のどちらかが窮地に陥ったとき、夢のタッグを組んで第三勢力を打ち倒す…という
大昔の怪獣映画みたいなブックを用意するとか(プロレス過ぎる?)。
でも、そういうロマンチシズムを重視するかどうかの問題だと思うんですよね。今回の話。

よーするに指原はロマンを理解していなかった、と。指原に同調する方々も同様です。

あー…でも、第三の強大な勢力が「経済的な問題」というカタチ無き敵だったとしたら。
夢もロマンもありませんが、結託して戦わなければならないタイミングなのかもしれません。



「SKEのほうが(AKBの)ライバルらしさがある」という意見には同意。
運営面まで含めて非常にライバルらしい状態にあったのに、センターを引き抜かれてしまって
軍門に下る様子は今回の兼任の未来を見るような気もします。

とりあえず新曲は乃木坂らしさが継承されてて安心しました。タイアップついてほしい曲だなぁ。

| | コメント (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »