« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月24日 (土)

2014年5月24日

Lolcap01

あれほど「興味ない」「始める気はない」と言い続けてきたのに、「League of Legends」をとうとう
始めることになってしまいました…まあ長続きするかどうかはわからないんですけど。

「LoL」といえばひたすらマウスをカチカチし続けるゲーム。
マウスのクリック音が神経に触るため、メインPCをノートに移してからはタッチパッドとペンタブで
PCライフを送ってきた自分にとっては乗り越えるべき障害の多いゲームと言えます。

プレイ環境の構築もですが、後追いで知識面を固めていく苦しさも感じています。
とにかく情報量が膨大。古い情報と新しい情報が入り交じっていて、しかも個々に優先している
基準が異なるため、どの情報を信用して覚えればいいのか判別が難しいのです。
実際にプレイしていて自分が「これだ」と思ったものがセオリーに反している場合もあります。

「スパⅣ」を始めたころも同じぐらい苦労してたのかなぁ…と思い返してみたり。
あっちは「ストⅡ」のころからの蓄積があるので完全にゼロからデビューではなかったですけど。

とりあえずいま必要なのは知識、使用に堪えるマウスの選定。あと、続ける意志。



MOBA系ゲームはゲームとしての魅力を理解できます。実際手を出してしまいましたし。
アイドルや擬人化キャラを集めるタイプのゲームは自分には一生理解できないかもしれません。

アニメ「ラブライブ!」にパクり疑惑なんて出てるんですね。
以前にもお伝えした通り、2期は視聴リストからはずして情報を一切シャットアウトしていたので
「2期はあまり評判がよくない」という話だけうっすら聞いている程度でした。

視聴者の多い人気作品だからこそパクりを指摘されやすいというのもあると思います。
ただ、それが露骨に伝わるほど違和感のあるパクり方だとどうなのかなぁという気もしますが。
おそらくそれでもソフトは売れるのでしょう。ファンにとってはグッズのひとつですし。

問題になるパクりと問題にならないパクりの判断って難しいですよね。
敬意を込めてのオマージュ、笑いに昇華するためのパロディ、特定の世代を狙い撃ちするため
元ネタまんま模倣する「ビッグオー」みたいなやり方もありますが、これらは批判されず。
(「ビッグオー」の場合はのちに自主的に差し替え、CD廃盤という扱いになりましたけど…)

「製作の際に参考にした」と言いながら、出来上がったものが元ネタそのまんまだったりすると
オリジナリティもユーモアもなくて笑えないし、結果として批判の対象になるのではないかと。

個人的な感情も含めて言えば、周囲に高圧的な態度で接していたラブライバーが今回の件で
少しはおとなくしなってくれればなぁと思っています。でも逆効果かな…。
この程度のことで消極的になれるファンはそもそも迷惑行為におよんだりしないでしょうし。

| | コメント (0)

2014年5月19日 (月)

2014年5月19日

今期、良くも悪くも話題となる注目のアニメ「メカクシティアクターズ」。

放送開始当初はTwitterのタイムラインも実況でだいぶ賑わっていたのですが、週を追うごとに
その勢いが消沈していき、土曜深夜の24時台になるとTLが静かになるように。

若い世代から多大な支持を受ける一方で、同じくらい多くの批判が集中する本作。
自分は双方の理由を知りたくて、Twitterで実況こそしないものの欠かさず見続けることを決め
最新第6話まで比較的マジメに視聴に取り組みました。
しかし、さすがにこれはどうなんだろう?と。ちょっと言いたいことが出てきまして。

一般的なアニメで第6話というと、導入編を終えてとっくにストーリー展開が見えてる頃です。
1クール12話13話という尺の短い作品ならなおさら急がなくてはなりません。

主要メンバーの紹介が終わり、メカクシ団の団員が揃っていよいよ本筋が始まるかと思いきや
第6話でまたキャラクターの紹介エピソードに戻るという謎の構成。
いつまで経ってもストーリーらしいストーリーが見えてこないことに疑問が生じてきました。

じつはこの作品には本筋など存在しないのでは…と思っていたところ、原作小説の読者から
「小説のほうもキャラクター紹介ばかりでストーリーが先に進んでない」という事実を告げられ
本作の構造や支持を集める理由がぼんやりと推測できてきました。

マンガやアニメを見るとき、ストーリーを重視する人とキャラクターを重視する人がいます。
後者のキャラクター偏重型は特に10代くらいの若い層に多く見られ、彼らと作品の話をすると
だいたいキャラクターの外見や性格、登場までの過去の生い立ちを挙げます。
「公式サイトに掲載されるキャラクターのプロフィール一覧がすべて」みたいな感じで。

「メカクシ」はそういうものの寄せ集めでできている作品なのではないかと。
団員のビジュアルやプロフィール、団員となるまでのプロローグの部分のみで構成されていて
そこに魅力を感じられる人や、そこから妄想を膨らませられる人に愛される作品。

だから、ストーリーを重視する層や世代には響かない。魅力を理解できない。
登場人物という材料が用意されているだけで、その先の展開が見えてこないのですから。

おそらくファンの方々の中では個々のキャラへの『思い入れ』は増幅してるんでしょうね。
たとえるならMMORPGや格ゲーのキャラを使い続けることで、そのキャラとともに歩んだ時間が
本人だけに理解できるストーリーとして構築されるみたいな。
実際、格ゲーなんかはプロフィール盛り込みのキャラクター偏重傾向が強い分野です。

現状用意されている材料で今後いくらでもストーリーは描いていけると思います。
それが描かれないことにはどうにも評価しがたい…というのが現段階での自分の感想です。

メカクシ団を結成した目的、結成後にみんなで何をするのか。どこを目指すのか。
団員それぞれの能力をどう使うのか。能力を駆使して切り抜けるような窮地は今後あるのか。
残りの話数でそういうものが見えてきたら自分の評価はだいぶ変わると思います。

自分の「メカクシ」に対する評価はあくまでアニメとしての範囲なので、原作はわかりませんし
わざわざ踏み込んでいって判じようという気もありません。アニメだけです。



最近…というか定期的になんですけど、アクセス解析を見るといまだに「烏合リョーマ」という
古い名義で検索して来る人がおられるようで毎度不思議に思っています。
単に「烏合リョーマ」だけならまだしも「Twitter 烏合リョーマ」で検索してる人もいるようでして
そういう検索のやり方をする目的ってなんなのかな?という疑問がふつふつと。

かなり前からブログの右上に表示している筆者欄もTwitterと同じ「うごー」名義にしていますし
古いコネクションのあるmixiなどには現在利用中のTwitterへちゃんとリンクを貼ってますから
あえて古い名義で検索する理由がよくわからないんですよね。

ただ、ひとつ気付いたのはこのブログにTwitterへのリンクを貼ってなかったということ(笑)
でも「Twitter うごー」で検索すると普通に見つかるので…新しい名義でお願いします。

「うごー」という名前もほかに使ってる人がいるようなので変更しようかなぁと思ったりしますが
現状だいぶ定着してしまっていて、変えるタイミングを逸してしまった感もあり。
元の漢字に戻すならありかな。下の名前はさすがに変えますけど。

| | コメント (0)

2014年5月14日 (水)

2014年5月14日

久し振りに乃木坂46の話題をひとつ。9thシングル選抜について思ったことを書いていこうかと。

まずセンターなんですが、西野七瀬が2作続いてのセンターというのは正直つまらなかった。
なぁちゃんがキライとかいうわけではなく、単純に驚きがないし安定感があり過ぎてしまうから。
昨年の夏のシングル以降、表題曲のテーマや世界観に合わせて毎回センターを変えていたのに
ここに来て2作続けてという安全策をとってきたことへの違和感が大きかったのです。

今回は生田絵梨花の活動休止も重なったため、もっと劇的な変化があると思っていたのですが
センターの維持というもっとも消極的な手を打ってこられて拍子抜けした感じです。

9thもなぁちゃんがセンターじゃないと成立しない世界観であるなら素直に納得します。
ただ、次代の乃木坂の顔としてなぁちゃんを定着させるつもりなら話は別。
それは過去に保守派のファンが乃木坂に求めていた安定とはちょっと違うと思うんですよね。

次に兼任の松井玲奈がフロントメンバーになったこと。これは妥当な判断だと思ってます。
事前の予想通りといいますか。センターにすれば絶対もめるし、かといって2列目3列目にすると
彼女のキャリアや実績に見合わず、各方面が納得しないでしょうから。
「バレッタ」のときと同じく16+1人の編成になることも予想通り。角が立たないやり方です。

あとは乃木坂のメンバーとしてどれくらい精力的に活動してくれるかですよね。
プリンシパルはもう稽古が始まってるからいいとして、「乃木どこ」でのバラエティ方面の活躍や
乃木坂46としてのメディアへの露出がどれくらいの頻度になるのか。

近々おこなわれるであろう9thシングルヒット祈願企画に参加するのかどうかも注目。
もし彼女のスケジュール上の都合で不参加となってしまったら、乃木坂側は冷めるでしょうね。

個人的にはまだ松井玲奈を乃木坂のメンバーだとは思っていません。
アンチな感情が働いてるとかではなく、2期生が入ってきたときと同じような感覚です。
まだ乃木坂を構成する物質になっていない、初めて耳に挿したピアスのようなイメージというか。
骨折の補修のために埋め込まれたボルトとは明確に違うものであるという認識。

必要か不必要かで言えば、いまだに不必要だと思ってます。これは感情論込みで。
16+1人に増やした枠で2期生の可能性を試したほうが乃木坂の将来にはつながったでしょう。

9th選抜で満場一致で歓迎されているのは大和里菜の初選抜。
どのような基準、理由で彼女が今回初めて選抜されたのかが不透明な点が引っ掛かりますが
この選抜が思い出選抜と言われないような活躍を今後見られることに期待したいですね。

井上小百合、斉藤優里、星野みなみの3名が選抜に復帰したのも素直に喜べるところ。
顔ぶれに真新しさは感じられないものの、それぞれの推しの方たちには朗報だったでしょう。
そのぶんアンダーの華やかさが失われるなんて声もありましたが、決してそんなことはなく。
むしろアンダー曲のセンターを誰が務めるのか、ある意味では表題曲のセンターより注目される
事態になったのではないかと思っています。誰が来てもおもしろいし。

今回もっとも残念だったのは斎藤ちはるの扱いですね。いつになったらスポットが当たるのか。
これでアンダー曲のセンターに選ばれたら大きな話題になるのですが…難しいかな。

楽曲重視の乃木坂ファンな自分としてはとりあえず曲を早く聞きたいです。

| | コメント (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »