« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月29日 (金)

2014年8月29日

Gta5b29

今回は「GTAオンライン」のアップデートによるミッション報酬の変化についての調査報告です。

ver.1.16でミッションの報酬はクリアまでにかかった時間で増減するように変更されました。
確認した感じ、5分・6分・8分・10分・12分・15分という刻みで切り替わるようです。
最大15分で、それ以降はどんなに時間をかけても報酬は変化しないことが確認されています。

例として、以下に「雑談」を難易度HARDでクリアしたときの報酬を時間順にならべてみました。

報酬金倍率RP
5分114301.02287-
6分137201.22666+379
8分160001.43045+379
10分182901.63425+380
12分205701.83804+379
15分228602.04184+380

これを見ると、15分かけても5分のときの倍にしかならないので、毎回15分かけてクリアするのは
非効率的であることがわかります。5分を2回やるほうが良いわけです。
5分を3回やった場合の合計報酬は34290で、これを2で割ると17145。
つまり間を取って8分を2回やるより、5分を3回やるほうがやはり効率は上なんですね。

ちなみにver.1.15以前はクリア時間に関係なく一律15000の報酬金が支払われました。
アップデート以前と同じだけ稼ぐには、効率の悪化を承知の上で8分クリアする必要があります。
通常ソロで5分もあれば片付くミッションを3分も余計にかけるのって結構大変ですよ…。

素早くクリアするとver.1.15以前より報酬は少なくなるけど、時間をかけてもそれほど得ではない
という事実があきらかになったわけで…いやぁ、知らないほうがよかったですね。

どんなに頑張っても15分かかってしまうミッションの場合、報酬はつねに高額になる計算ですが
5分で終わるほかのミッションを回すほうが効率の面では上です。
変なこだわりがないのであれば、消耗が少なくて早く終わるミッションを探すのが得策でしょう。



Gta5b27

街中をふらふら散策してるときに偶然見つけたナンバー76のパトカー。マイナンバーです。
ナンバー違いは何種類くらい用意されてるんでしょうね?パトカーは車種違いだけで4種類ほど
登場するので、さらにナンバー違いとなると結構な数になりそうですが。

Gta5b28

所有している不動産は1戸のみで、クルマの所有台数は無闇に増やさないようにしてます。
どうせ乗るのは限られてしまいますし、1画面に収まるぐらいが管理しやすいだろうという判断。
クルマの改造もレースに参加するつもりがないなら基本デフォルトで問題ありません。

ハイウェイはともかく、市街地を走るのにそんなに速さは必要ないんですよ。
たまにフルチューンのゼントーノ乗りとか見かけますが、しょっちゅう障害物にぶつかっていて
むしろ下位グレードのノーマル車のほうが目的地に早く着いていたりします。
少なくとも自分は現在のランクになるまでデフォルトで困ったことはほとんどありません。

現在でもエレジーRH8が無料配布されてるので、「GTAO」デビューしたばかりの人はとりあえず
デフォルトのRH8に乗ればミッションの協力プレイなどを快適にたのしめるはずです。

| | コメント (0)

2014年8月26日 (火)

2014年8月26日

Gta5b26

「GTAオンライン」のオンラインランク、とうとう100に到達しました。約2か月かかりましたね。

先日のアップデートが足枷になるかと不安でしたが、アップデートが来た時点で既に97でしたし
獲得RP調整後も結局「雑談」をソロで繰り返して100まで辿り着きました。

しかしアップデート以降、ミッションの参加者募集は極端に減りました。
実際、募集しても集まらないんですよ。複数人でクリアすることにメリットがないので。
ある程度のランクまで行った人はソロでミッションのクリア時間を調整したほうが都合がいいので
結果としてマルチプレイの醍醐味が消失してしまったわけです。

高ランクプレイヤーが参加者を募集しないと、低ランクプレイヤーが恩恵を受けられないという
ことにもなるので、いまから「GTAO」を始める人は本当に大変でしょうね。

さて…ランク100以降、なにを目的にすればいいやら。本当になにもすることがなくて。
なにもすることはないけどなぜかオンには行きたい。そういうちょっとした中毒性があります。
目的はあとから付いてくればいいのかな。気楽にやりましょうか。



毎年必ず来るのになぜか今年はすっかり忘れてたんですけど、いま夏休み期間なんですよね。
言い換えると、アレな人たちが一番元気になる時期ということです。

昨晩2時ごろ、外からケンカでもするような調子の男の大きな声が聞こえてきまして。
さすがに只事ではないと思い確認してみると、白バイならぬ白いスクーターに乗った警官2人と
いかにもな風体(白いハーフパンツとか)の男女3人組がなにやらもめているようでした。

聞き取れる範囲で推測すると、男女3人組の乗ったクルマになにやら不備があったみたいで
それを確認するために白スクが追跡、制止するために前に出ようとしたらしくて。
いきり立った男が大声で難癖をつけ、もうひとりの男はその様子を遠巻きに眺めながら笑い
女は我関せずといった感じに「おなか空いたぁ」とかベタなセリフを吐く始末。

男の大声が聞こえてからさほど時間が経たないうちに応援のパトカーが2台到着。
それを見てかは知りませんが、男は飽きた飽きたと言わんばかりの調子でクルマへ撤退。
追加の応援が1台現れたころには問題のクルマはいなくなっていました。

それからさらに応援の白スクがやってきて、自宅の前で深夜の反省会がはじまりました。
報告とかいろいろあるんでしょうけどここでやらんでも…。

白スク3台が去り際に「オレ声低いからナメられるんですよ、今度関西弁でお願いしますよ」と
同僚の警官にたのんでいるのが聞こえました。そんなもんなんですかね。
いづれにしても、今後我が家の前で深夜に「今度」がないことを祈りたいと思います。

| | コメント (0)

2014年8月21日 (木)

2014年8月21日

Gta5b25

「GTAオンライン」のオンラインランクは昨晩の時点で97に。貯金も120万ドルまで回復しました。

100万になる前に新たにコノシェンティ・カブリオを購入したので、ランク80からの正確な獲得額は
140万を上回ることになります。やはりバザード攻撃ヘリの恩恵が絶大。
とりあえずお金には困らないとして、やはり問題になるのはRPのほうですね…。

ランク80台中盤を超えたあたりから、次のランクに上がるのに必要なRPの量が増えてきていて
以前と同じようなペースではランクが上がらなくなりました。
次のランクまでにこなさなければならないミッションの回数が増え、そのぶん1ランクのあいだに
得られる報酬も増えるため、お金が早く貯まっているように感じるのかもしれません。

加えて、昨日おこなわれたアップデートによりミッションで獲得できるRPが激減。
すべて確認したわけではありませんが、おもなミッションは軒並み報酬の下方修正を受けており
「屋根上のゴタゴタ」が定番ミッションから脱落する可能性まで見えてきました。

噂ではミッションクリアに時間をかければかけるほど報酬が増えるのだとか。現在検証中。
現状ではランク100への道が遠退いたことになるため、テンションは下降気味です。

マジ余計な仕事すんなよR☆よぉ…まあ、こまかいとこでバグフィックスも含まれてるようなので
全部が全部悪いわけではないのですが、今回のアップデートは非常に不評です。
アップデートのメインであるフライト訓練所もオンラインなのにソロ専用という仕様ですしね。

Usf402

一喜一憂の「GTAO」の傍ら、「ウルⅣ」のほうもボチボチプレイしております。

最近少し発見があって、いままでなんとなく正解か不正解かわからずにやっていたことを整理し
行動をシンプルにしたらジワジワと勝てるようになったんですよね。
無駄に手数を増やしてダメージをもらっちゃうことがいままで多く、それを削ぎ落したわけです。

相手のターンのときはガードに専念する、こちらのターンになったら相手の行動を読んで最適と
思われる一手をちょいちょい振っていく…の繰り返しが大事なんだと、いまさら気付きました。

そのうえでできることを増やしていこうと、赤セビからの派生なんかも調べています。
せっかく追加された機能だし、自分の持ちキャラにもなんらかの恩恵があるのではないかと思い
既存のコンボの合間に赤セビを入れてダメージの伸びを確認しています。
しかし、なかなか良いパターンが見つからず…ノーゲージコンボにこだわると難しいか。

ユンのWINボタンのように赤セビ後は生ウルコンを当てるだけでもいいんですけどね。
というか、ダメージ補正とゲージ効率を考えたらそれ以外の選択肢がないとも言えますが。

ちなみに春麗の赤セビを利用したノーゲージコンボとしては、

  赤SA Lv3前ステキャンセル→近立強Pキャンセル強スピバ(ダメージ371~399)
  赤SA Lv3前ステキャンセル→屈強Pキャンセル中スピバ(ダメージ349)
  赤SA Lv3バクステキャンセル最速前J→鷹爪脚×3(ダメージ306)
  赤SA Lv3前ステキャンセル→金的蹴→天空脚→天昇脚(ダメージ303)

…あたりが安牌ですかね。比較的ミスらずそれなりのダメージを作れるので。
気絶時以外では、生覇山やグラ潰し近立強Kキャンセル中覇山からの赤セビが安定。
百裂脚からの赤SAは押すタイミングをミスるとガードされてしまう危険性があるのでボツですが
百裂中に確実に赤SAを当てられるなら以下のようなめんどくさいコンボもあります。

  屈強Pキャンセル百裂脚→赤SA前ステキャンセル→近立強Pキャンセル強スピバ

生ウルコンの場合、鳳扇華は画面端に追い込まないと全段ヒットしない限定コンボになります。



ふと思い立ち、「西野未姫 西木野真姫」でツイート検索したところ「紛らわしいからやめてほしい」
という非常に失礼なラブライバーの発言を複数発見。まったくこれだから…。

本名であることを前提で言えば、西野未姫は1999年に生まれてからずっと西野未姫なわけで
あとからやってきたヤツがエラそうなことを言ってるんじゃないよ!って話ですよ。
不快に思うあまり口調が富野作品っぽくなるのも仕方ありません。

ラブライバーはなぜこうも上からものを言うのか。覇権(笑)アニメの支持者はそんなに偉いの?

| | コメント (0)

2014年8月11日 (月)

2014年8月11日

Gta5b24

「GTAオンライン」、オンラインランク80を突破し貯金も180万ドルに到達するまでになりました。

勢いというか、一応予定どおりバザード攻撃ヘリを購入。貯金は一気にすっからかんに。
バザードを呼び出し可能になったことで「白粉ミックス」や「雑談」をソロで回しやすくなりました。

「雑談」なら1回で15,000ドル。すでに30万ドルは回収しました。
バザードの呼び出し費用は200ドルと非常に安いですし、乗ってる限りは弾薬の消耗もないので
ヘタに野良で「屋根上のゴタゴタ」を回すよりも金銭的な効率は良いです。

どちらかというと金銭報酬よりもRPの獲得が大事で、ソロでミッションを回せるようになれば
オンラインランク100到達の実績解除に向けてより近道となるわけです。
ミッション中の細々とした敵を倒せばそのぶんのRPも追加報酬として上乗せされます。
基本良いことづくめ。欠点はどこでも呼び出しできるわけではないこと程度。

バザードは電話から呼び出しをかけると、現在位置から一番近いヘリポートに出現します。
都市部で言えば海岸の駐機場か病院のヘリポート。なので、ミッションを始める際はある程度
出現位置を見越して開始するのが時間短縮のコツとなります。

「雑談」の場合はスタート地点が定められてるのでどこで始めても同じですけどね。
そのぶんいちいち所定の位置に移動してから始める必要がないので、ソロでは効率良し。



「GTAO」でやることがある程度固定化されてしまってるので、合間に「ウルⅣ」も再開。
つねにブランクがあるため以前からちっとも上手くはなっていませんが、ボタンをタップするのが
意外とストレス解消になっているらしく、勝っても負けてもそれなりに得るものがあります。

勝ち負け以前に出したいところで技が出ないことが目下の問題…。
ウルコン締めのコンボで最後のウルコンが出ないのはまだいいほうで、覇山蹴を出そうとして
スピバに化けるのは本当に謎です。しかもそれが攻めとして通用するとさらに謎(笑)
ここぞというタイミングで覇山蹴が出ないのはホントに致命的なのでなんとかしたいです。

あとは固めと被固めかな。画面端でどう攻めるか、どう守るかの指標がまだ定まってないので
ピンチでもチャンスでもやることに困ってしまうのは非常にマズいです。

とりあえずは明日リリース予定の新アレコスでモチベを上げようかな。デザインがアレだけど。

| | コメント (0)

2014年8月 5日 (火)

2014年8月5日

Gta5b23

「GTAオンライン」のオンラインランクが目標の75に到達。「屋根上のゴタゴタ」発注可能に。

週末3日間限定のRP2倍ボーナスのおかげですが、せっかくのボーナス期間なのにミッションを
発注するプレイヤーが異様に少なく、定番の「ゴタゴタ」で稼ぐのは困難でした。
ただ待ってても時間がもったいないのでヒマなときは「白粉ミックス」をソロで繰り返すことに。

「白粉」は粘着爆弾とそれなりに足の速いクルマがあれが結構簡単に回せます。
ただ、最後に破壊したミキサー車の位置によっては都心まで戻りにくくなってしまうのが難点。
バザード攻撃ヘリがあるのが理想なんですけど、そのために課金するのもアレですし。
ほかにも効率の良いミッションはあるようですが模索中です。

なんだかんだで一番プレイヤーが集まるのは「ゴタゴタ」ですし、今後は「ゴタゴタ」を発注して
ランク100を目指していければいいなと思ってます。まだまだ先は長い…。

ランク上げ以外の部分でなにかしら楽しみを見つけないと苦しいかもしれません。
クルマの購入や改造もあらかた手をつけちゃったしなぁ…なにか新しい遊びを見つけないと。
最近はステータスカンストのために海で潜水とかしてますけど(笑)



自分にとって「優れた物語」とは、性別の差、身分の差、貧富の差などをきちんと描いていて
価値観や考え方の違いから起きる摩擦や衝突をドラマに組み込んでいるもの…という条件が
あることを最近自覚するようになってきました。

そのなかで、視聴者が自身の人生に照らし合わせて考えることができる境遇やセリフがあると
物語の内側だけでなく外側への広がりも感じさせてくれるので良いと思います。

ただ、これらの要素を持ち合わせるためには徹底した文化的背景を用意する必要がありますし
なにより書き手の人生経験も要求されるので簡単なことではありません。
アニメに限って言えば、そういう作品に年間2~3本出会えたらラッキーなくらいで。

もうひとつはエネルギー。画面やセリフから伝わってくる熱量が自分にプラスをくれる作品。
書き手が経験した感動の再現、それをきちんと受け手に伝える技量。躍動感と人間的魅力。

それがないアニメはいくら踊っていようが歌っていようが、ロボが出ていようがダメなんです。

| | コメント (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »