« 2015年7月13日 | トップページ | 2015年7月20日 »

2015年7月15日 (水)

2015年7月15日

一般的にレトロゲームと呼ばれるものは、本当はレトロなゲームではありません。

…と言ってもわかりづらいのでちゃんと説明すると、レトロという言葉がもつ本来の意味とは異なる使い方を
されたまま、現在ではレトロゲームという造語としてひとり歩きしちゃってる感じなのです。


レトロ(retro)とは「復古調」のことを指します。
簡単に言うと、過去に流行ったスタイルを現代の技術で再現すること。古いものの模倣がレトロ。
つまり本当に古いものをレトロと呼ぶのは、単語の意味からすれば間違っているわけです。

では、本当に古いものはなんと呼ぶのか。
アンティーク(antique)、あるいはヴィンテージ(vintage)と呼ぶのが正解。
ファッションや家具の分野で説明するとわかりやすいでしょうか。
「レトロファッション」は現代の技術でいくらでも生産可能なものなのでリーズナブルな価格なのに対し
「アンティーク家具」や「ヴィンテージジーンズ」は現存数が少ないので骨董的価値があります。



クラシック(Classic)でもいいのですが、単語の意味合いからするとちょっと判断に悩むところ。
でも、「クラシックカー」という表現からすれば正解でもよいかと。
光岡のビュートのように、最新のクルマにわざと古風なボディを被せているのはレトロなんです。


ゲームで言えば初代「ロックマン」はアンティーク、「ロックマン9」はレトロに該当します。
「ロックマン9」はPS3やXbox360で動かすために新たに作られた「復古調」ゲームだからです。

「勇者のくせになまいきだ。」や「ホットライン・マイアミ」、「テラリア」あたりもレトロに該当します。
最新の表現が可能なハードであえて旧世代的な表現を用いる。正しい意味でのレトロ。
当時の実機ホンモノを持ち出してきてレトロと呼ぶのは誤りだということです。


ただ…レトロゲームという呼び方が海外でも定着してしまっている現状、いまさらこのような指摘をしても
誰も受け入れてくれないどころか、指摘したら変な目で見られるでしょうね。

それでも「何年前のハードまでがレトロ!」とかくだらない言い争いをするよりはマシです。
ネット上では「発売から15年以上経ったハードはレトロ」とかいう意味不明な仕分け方を用いる人もいますが
これは広義においても狭義においてもレトロには当てはまりません。
おそらく古参ゲーマーを老害扱いするための煽りの一種でしょう。



岩田聡という人物について、知らない人に説明するにはどうすればいいだろう?と思いましたが
ゲームをプレイしたことがある人で、彼が開発に関わったソフトやハードを触ったことがない人は
おそらくいないであろうと言えばその偉大さが少しはわかるはずです。

自分は任天堂のファンではないし、タイトルに『マリオ』が含まれるソフトを買ったことは一度もありませんが
それでも彼が書いたプログラムを一度は通過しています。
一家に一台のレベルで浸透したニンテンドーDSやWiiも彼が関わったゲーム機です。
それくらい避けて通れない存在。ファミコン誕生からの近代ゲーム史30年における偉人のひとり。

それほど偉大でありながら、温和なキャラクターとして広く知られる人でもありました。
ゲームに関する偏向・捏造報道が日常的に行き交う昨今、彼の口から『直接』情報を受け取って
次に買うソフトを決めた人は非常に多いのではないかと。
ゲームを趣味にしている人で、彼の顔や名前を知らない人はいないというレベルの周知度。
彼のMiiが保存されている3DSを持ち歩いている人もたくさんいるはずです。

それが岩田聡という人物、岩田聡という存在。偉大であり身近な人。
ある意味ではマリオやカービィのような任天堂のキャラクターにまでなった特別な人でした。

|

« 2015年7月13日 | トップページ | 2015年7月20日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2015年7月13日 | トップページ | 2015年7月20日 »