« 2015年7月13日 | トップページ | 2015年7月20日 »

2015年7月15日 (水)

「レトロゲーム」の定義と誤用

世の中で「レトロゲーム」と呼ばれているものは、実際には「レトロなゲーム」ではありません。
…と言ってもピンと来ないと思うので、ちゃんと説明しますが。

レトロ(retro)には『復古』『懐古(回顧)』『逆行』などの意味があります。

『復古』は簡単に言えば、昔の様子を現代の技術で蘇らせること。時代を再現すること。
この意味で言えば、ただ古いだけのものはレトロと呼ばないのです。

つまり「発売から○年経ってるから」などの理由で「レトロゲーム」に変化したりはしないということ。
まずはこの認識、定義を一旦捨てていただくところから始めなければなりません。
ファミコンであろうとPS3であろうと現物で遊んでる限りはレトロではなく、ただ古いだけなのです。


では、古いだけのものはなんと呼ぶべきなのか?
アンティーク(antique)、あるいはヴィンテージ(vintage)がおそらく最適な表現です。
ファッションや家具の分野でたとえるとわかりやすいでしょうか。
「アンティーク家具」や「ヴィンテージジーンズ」は現存数が少なく、再現不能な骨董的価値があります。

クラシック(Classic)という表現もありますね。骨董的価値のある旧車を「クラシックカー」と呼びますし。
旧車の雰囲気を意図的に取り入れている新車はクラシックではなくレトロと呼ぶのが正解。
「クラシックカー」と「クラシックな雰囲気の新車」の違いは、例としてわかりやすいと思います。


古いものはアンティーク、ヴィンテージ、クラシック。
わざと古めかしく見せているものがレトロ。自分はこの区分を支持しています。
ゲームで言えば初代「ロックマン」はクラシック、「ロックマン9」はレトロに該当します。
「ロックマン9」はPS3やXbox360向けに最新の技術で作られた『復古』調の新作ゲームだからです。

「勇者のくせになまいきだ。」や「ホットライン・マイアミ」、「テラリア」あたりもレトロに該当します。
これらは「ロックマン9」にとっての「ロックマン」のような『復古』の元となる前作が存在しません。
最新の表現が可能なハードであえて旧世代的な表現を用いる。正しい意味でのレトロスタイルです。


しかし「レトロゲーム」という誤用が広く定着してしまっている現状、いまさらこのような指摘をしてみても
誰も受け入れてくれないどころか、むしろ変な目で見られるでしょうね。
定義があやふやなまま使われるうちに、原義とは異なる意味で定着してしまった言葉はたくさんあります。
数十万人が間違った使い方をしている言葉を2~3人の力で正すのは不可能です。


レトロという言葉は一般的に『復古』よりも『懐古』の意味で使われることが多いように思います。
いわゆる懐古趣味。ただし、「懐かしく思うゲーム」は主観によって異なるものです。

2000年以降に生まれた人が懐かしく感じるゲームは、ファミコン世代にとっては「最近のゲーム」です。
逆にファミコン世代が懐かしく感じるゲームは、2000年以降に生まれた人たちからすると名前を聞いたことも
ないような未知のゲームであり、懐かしさよりもむしろ新しさを感じるはずです。
つまり、懐かしく思う気持ちで「レトロゲーム」を定義すると確実に破綻してしまうわけです。

ゲーム機の歴史は長いとは言えず、世界初の家庭用ゲーム機が生まれてからまだ50年ほどしか経っていません。
50年の歴史として振り返ったとき客観的に古い時代はどこなのか。
そう考えるとやはり1990年以前、8bit以前を「レトロゲーム」と呼ぶならまだわかる気はしますよね。

ってか、あえてまとめることをせず「昔のゲーム」と呼べばいいんじゃないかな。正しいし。


現行の家庭用ゲーム機のインディーズやPCゲームにおいて、『懐古』を匂わす表現として用いられているのは
ほとんどが8bit風、あるいは16bit風であり、初代Playstation風のローポリ表現などはまず見かけません。
懐かしさの最大公約数、「レトロゲーム」の共通認識がドット絵なのは間違いありません。
そしてこれらは『懐古』であると同時に『復古』でもあり、正しい意味での「レトロゲーム」なのです。



「信じられないけどPS3もとうとうレトロゲームになっちゃったよね~」みたいなアホなことをのたまっている
連中を定期的に見かけるので、どこかでツッコんでおかねばならないと思い、ひとつの記事にしました。

レトロには『後方』という意味もあり、『後方』から連想するゲームといえば後方互換機能があります。
これはレトロかどうか判別が難しいところで…最新の技術で動かしてはいるものの、ソフトは現物のままなので
画面で起きている現象はレトロと言えるけど、うーん?みたいな、ふわふわした捉え方になります。

互換技術は間違いなく新しいのに、最新の技術とは差を感じてしまう。体験してみると不思議なものです。

|

« 2015年7月13日 | トップページ | 2015年7月20日 »

ゲーム レビュー&コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2015年7月13日 | トップページ | 2015年7月20日 »