« 2015年7月13日 | トップページ | 2015年7月20日 »

2015年7月15日 (水)

「レトロゲーム」という誤解

一般的にレトロゲームと呼ばれているものは、本当はレトロなゲームではありません。
…と言ってもピンと来ないと思うのでちゃんと説明しますが。

レトロ(retro)には『復古』『懐古(回顧)』『後方』などの意味があります。

『復古』は簡単に言えば、古いものを蘇らせること。現代の技術で再現すること。
この意味では「過去の模倣」がレトロであり、「本当に古いもの」をレトロと呼ぶのはふさわしくありません。

では、「本当に古いもの」はなんと呼ぶのか。
アンティーク(antique)、あるいはヴィンテージ(vintage)と呼ぶのがおそらく正解。
ファッションや家具の分野でたとえるとわかりやすいでしょうか。
アンティーク家具やヴィンテージジーンズは現存数が少なく生産不能なので骨董的価値があります。



クラシック(Classic)という表現もありますね。骨董的価値のある旧車をクラシックカーと呼んだりしますし。
最新のクルマにわざと古風なボディを被せてクラシックカーのように見せているのは、クラシックではなくレトロ。
「本当に古いもの」はアンティーク、ヴィンテージ、クラシック。
わざと古めかしく見せている「過去の模倣」がレトロ。自分はこの区分を支持しています。

ゲームで言えば初代「ロックマン」はクラシック、「ロックマン9」はレトロに該当します。
「ロックマン9」はPS3やXbox360で動かすために最新の環境で作られた『復古』調ゲームだからです。

「勇者のくせになまいきだ。」や「ホットライン・マイアミ」、「テラリア」あたりもレトロに該当します。
これらは「ロックマン」のような旧世代の前身となる作品が存在しません。
最新の表現が可能なハードで、あえて旧世代的な表現を用いた新作ゲーム。正しい意味でのレトロスタイル。


ただ…レトロゲームという呼び方が海外でも定着してしまっている現状、いまさらこのような指摘をしたところで
誰も受け入れてくれないどころか、むしろ変な目で見られるでしょうね。


レトロゲームも含め、レトロという言葉は『復古』よりも『懐古』の意味で使われることのほうが多い気がします。
懐かしく思うもの。しかし、懐かしく思う年代というのは年齢層によって異なります。

2000年代に生まれた人たちが懐かしいと感じるゲームは、ファミコン世代にとっては最近の存在です。
逆にファミコン世代が懐かしいと感じるゲームは、2000年代に生まれた人たちにしてみれば存在すら知らない
未知のゲームであり、懐かしさよりもむしろ新しさを感じるはずです。
つまり、懐かしく思う気持ちでレトロゲームという言葉を定義すると確実に破綻してしまうわけです。

家庭用ゲーム機の歴史は長いとは言えず、世界初の家庭用ゲーム機が生まれてからまだ50年ほどです。
50年の歴史を客観的に見たとき、古い年代、古い表現にあたるのはどこなのか。
そう考えるとやはり1990年以前、8bit以前をレトロゲームと呼ぶのが妥当な感じはしますよね。


現行の家庭用ゲーム機のインディーズやPCゲームにおいて、『懐古』を匂わす表現として用いられているのは
ほとんどの場合8bit風であり、初代Playstation風のローポリ表現などは見かけません。
ゲーム業界における懐かしさの最大公約数、レトロゲームの共通認識が8bit風なのではないかと。
そしてこれらは『懐古』であると同時に『復古』でもあり、正しい意味でのレトロゲームなのです。

|

« 2015年7月13日 | トップページ | 2015年7月20日 »

ゲーム レビュー&コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2015年7月13日 | トップページ | 2015年7月20日 »