« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月25日 (火)

2015年8月25日

積みゲーだなんだと言っておきながら、セールで購入した「MafiaⅡ」を進めておりました。

結局オープンワールドアクションをやりたいんですよね。それは「GTAⅤ」や「Just Cause 2」を
プレイしているときに根底でずっと感じていたことでもありました。

なぜFPSではダメかというと、FPSはゲームのメインがシューティングだからなのです。
シューティングもキライではないのですが、そればかりが延々続くと緩急がなくてダレてきます。
加えて「Metro 2033」のように景色の変化に乏しいと本当に苦しいので…。

自分が一番やりたいこと、プレイしていて脳が快楽を覚えるのはシューティングではない。
ここ最近いろいろプレイしていて実感したことです。

Mafia2c01

さて…「MafiaⅡ」ですが、以前ブログで体験版のリポートを書いたこともあるゲームです。

あれからもう5年も経ってるんですよね。「L.A.Noire」よりも1年早く発売されている本作ですが
「L.A.Noire」と比べても遜色ない、なかなかよいゲームだったと思います。
舞台は同じ大戦後のアメリカ。「MafiaⅡ」のほうが年代的にはやや早めです。

主人公はイタリア出身の移民で、アメリカ国内で小さな事件を起こして逮捕されるのですが
当時連合国と敵対していたイタリアの言葉が話せたこともあり、強制的に従軍させられました。
そして負傷兵としてアメリカに帰国。まだ大戦が続くなかで物語ははじまります。
ここまで読んでわかる方もいると思いますが「L.A.Noire」と視点もちょっと似てるんですよね。

「L.A.Noire」は大戦から帰還した兵士が抱える苦悩や、彼らが起こす事件を題材にしており
主人公のコール・フェルプス自身も沖縄からの帰還兵でした。
彼が警察になったのに対し、「MafiaⅡ」の主人公は軍での経験を買われマフィアになります。

ただ、「MafiaⅡ」では「L.A.Noire」ほど重苦しくは描かれません。むしろ軽快なほど。
ゲームシステム的にもGTAシリーズに近く、GTAと「L.A.Noire」の中間くらいのイメージでした。

個人的に一番感じたのはとにかく移動中が楽しいということ。
1950年代のたくさんのアメ車(ただし「L.A.Noire」のように実名ではない)を乗り回すことができ
ドアの開閉音やブレーキ音、ブレーキランプが排気ガスに映る様子すら気持ち良いのです。
そして同年代の楽曲を網羅したラジオ局がまた素晴らしく、耳の癒しになります。

クルマ関連で一番驚かされたのはガソリン残量と給油という概念があること。
ガソリン残量は保有車両ごとに章をまたいでも保持され、残量が少ないと警告ランプが点灯。
ガソリンスタンドで給油する際は店員の小粋な会話も聞こえてきます。
1台のクルマを丁寧に乗り続けるでもしないとガス欠になることはまずありえないのですが
クルマに乗ることのリアリティ、雰囲気づくりに大いに役立ってくれています。

あとは制限速度の存在。驚くことに、道路ごとに指定された制限速度があるのです。
守らないと当然パトカーが追跡してきます。これが意外と厄介でおもしろい要素なんですよね。

路駐されているクルマを盗んで売り飛ばしたり、改造屋でナンバープレートを交換したり。
ゲーム全体はそれほど長くない(10時間ほどでクリア可能)のに、必要以上にクルマに対する
こだわりを感じられるゲームに仕上がっています。
やや惜しいのはタクシーやバスなどの公共交通機関を利用できないことですね。

街中に点在する公衆電話もゲームを通じて使用するのは1回だけだし、用意されたものに対し
ゲームのボリュームが薄く、ちょっともったいないような印象さえあります。
できればもう少し遊ばせてほしかった。プレイヤーの仕事を増やしてほしかったです。

ストーリーが短く、そのストーリーの結末も「ここで終わるの!?」という半端な感じがしました。
もうちょっとやりようがあったんじゃないかと思いますが…DLCで補完されるわけでもなし。
でも、総じて印象が悪くならないのは短さゆえの遊びやすさにもあります。
長すぎないから収集要素に挑戦したり、実績コンプを狙おうという気にもさせてくれます。

これぐらいのボリューム感だと他人にもオススメしやすいかもしれません。
「GTAⅣ」や「Ⅴ」はたしかに傑作ですが、隅々まで遊んでもらうのは難しいと思うので…。



自分の精神状態のおかしさを明確にするのが怖くて一度も通院したことはなかったのですが
先日初めて精神に作用する薬を飲んで、効果を実感してむしろ怖くなりました。

薬を飲んでから1時間後、なにもおもしろいことが起きてないのに頬の筋肉が変に緩み出し
その状態がおかしくなってしまい笑いをこらえるのに必死でした。
たしかに胸の奥はスッキリするし、やろうと思いつつ先送りにしてきたことが次々にできるので
良いほうに働いているのは間違いないのですが、いままでの自分からすると不自然なのです。
というより、正常な精神に戻ることに抵抗を感じている自分がいたのです。

軽度な薬でこんなふうになるなら、より正式な薬だとどうなってしまうのか…。
そう考えると本当に怖くて、結果として「飲まないでもいいようにがんばろう」と思うように(笑)
ある意味、前向きに生きられるようになったわけです。偽薬だったとしても大きな成果かと。

「MafiaⅡ」でヴィトも言ってましたが、クスリだけはダメですよ。極力頼らないように生きたい。

| | コメント (0)

2015年8月15日 (土)

2015年8月15日

今月前半はWindows10へのアップグレード作業でいろいろ充実していたため、ゲームは控えめ。
完全にやらずにいたわけではないのですが…まずはWindows10の話。

現在使っているノートPCはハードウェア的には64bit環境に対応していたのですが、機会がなくて
購入当時から32bit版のWindows7をずっと使い続けていました。
当然32bitにもメリットはあります。古い16bit用のソフトも含めて手持ちのソフトが使えますし。
逆に64bitじゃないと動かないソフトというのを見たことがなく、メリットを理解していませんでした。

今回Windows10にアップグレードするにあたり、とうとう64bit環境への移行を決意。
無償で提供されるWindows10の32bit版へアップグレード後、64bit版をクリーンインストールして
パソコン歴20年弱にして初めての64bit環境を手に入れることができました。

その後は以前の状態を取り戻すべく、必要なソフトをあれこれ揃える日々に。
しかし、ほとんどのソフトは32bitなのでx86フォルダにインストールされるという…(笑)

Win10dt01

Windows10になって何が変わったか?と言われると、正直これといって変わった感じもせず。
インターフェースなどは当然違うのですが、半日もしないうちに慣れてしまいました。
それくらいスムーズに移行できるし、システム上の不具合などでつまづくことが少ないのです。

現状不満なのはWindows10標準のメールアプリぐらいですかね。
フォルダを自由に作ることができず、迷惑メールの仕分けも不可能。ちょっとシンプル過ぎ。
メールアカウントの登録が簡単だったり、新着メールの通知を見やすいという利点もあるのですが
本格的に使おうと思うとまだまだという感じ。今後改善されるでしょうか。

Win10dt02

ゲーマー的に気になったのは、Windows10のゲームには実績があるという点。
これまでXbox360で使用していたアカウントでサインインして、Windows10上で実績を解除すると
その数値が(Xbox360側から見ても)ちゃんと加算されるのです。
XboxOneがあればリモートプレイが可能になったりとほかにも様々な恩恵を受けられるのですが
残念ながら我が家にはまだXboxOneがないのでそのへんを実感できていません。

とりあえず深刻な問題はないし、自分はWindows10への移行をオススメしたいと思います。
まあまだ猶予が1年くらいありますからゆっくり判断しても大丈夫ですけど。



Windows10移行からわずか2週間で2度目のクリーンインストールをする事態に…。

理由は「故意にファイルの設定を崩してしまったから」。と言うとわかりづらいので説明しますと
マイクロソフトコミュニティに書かれていたファイルの読み書き権限の変更の手順通りにやったら
想像を絶する不具合が発生して、クリーンインストールしか手段がなくなったのです。
正式リリースからまだ2週間しか経ってないOSなので、ネットの情報を過信してあれこれやると
痛い目に遭う可能性が高いのかもしれませんね。ちゃんとバックアップは取りましょう。

ゲームのほうは小さいものを細々と。放棄したはずの「ポケとる」を再開してしまったり。
あと久し振りに「ウルⅣ」も触ってます。最近ちょっと大会を見てまたチャレンジしたくなったので。

今月前半のGames with Gold「Metro 2033」は日本語なし版なので進めるのに四苦八苦。
やることは単純にFPSなので詰まるというほどではありませんが、さすがに字幕ぐらいほしい…。
そういえば「BioShock Infinite」も手付かずのまま積んでました。
いや、その前に買って積んでる「Deus Ex」プレイしようよ…完全に忘れてました。

ただ、いまはあまりFPSに気持ちが向いてないというかゲーム自体にそんなに熱中できなくて
なんとなくノルマとしてプレイしてる感じが強いのです。

いま一番やりたいことってなんなんだろう?と、自分のことながらよくわからず過ごしています。

| | コメント (0)

2015年8月 7日 (金)

2015年8月7日

■Windows10 電源オフ時のUSB機器給電問題とその対策

先日Windows7からWindows10にアップグレードし、環境を再構築してさあ寝ようと思っていたら
PC周辺のUSB機器のLEDが消えていない(給電状態にある)ことに気付きました。

マザーボードの種類によっては『便利な機能』のひとつとして、電源オフ時にもUSBコネクタから
給電をおこない続けるものもあります。携帯電話の充電などに便利ですからね。
この場合はBIOSの設定を変更することで給電機能をオフにできるそうです。
しかし、今回は「OSをアップグレードしただけで勝手にそうなってしまった」状態なわけで。

この件についてアレコレ調べたのですが、どうも自分のケースに当てはまる対策法が見つからず
そのうちに「これじゃないか?」と思うものを見つけて実行したところ、解決されました。

電源オフ時にも給電される原因は「高速スタートアップ」という機能にあります。

これはWindows8から実装されたものらしいのですが、ようするにPCを半分眠った状態にしておき
通常よりも高速で起動できるようにするもの。表面上は電源オフ状態に見えるわけです。
この機能がオンになっていると、電源オフ時も給電され続けることがわかりました。

つまり「高速スタートアップ」をオフにすれば給電は止まるということ。
では、以下に「高速スタートアップ」の設定の仕方を紹介していきたいと思います。

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

[コントロールパネル]から[電源オプション]を選択してください。
もしくはタスクバーの検索窓に「電源オプション」と入力してください。すぐに該当項目が出ます。

Win10usbb01


[電源ボタンの動作を選択する]もしくは[カバーを閉じたときの動作の選択]を選択してください。
どちらを選択しても同じ設定ウインドウが表示されます。

Win10usbb02


[現在利用可能ではない設定を変更します]をクリックしたあと、同ウインドウの下のほうにある
シャットダウン設定の[高速スタートアップを有効にする(推奨)]のチェックをはずします。

Win10usbb03


これで作業は終了。電源オフ時の給電は止まります。
ただし「高速スタートアップ」の機能は使えなくなるので、PCの起動は遅くなります。
正直、誤差レベルの違いだと思いますけどね…どっちにしても起動はかなり早いので。

| | コメント (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »