« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月25日 (日)

2015年10月25日

Deuexhr01

「Deus Ex: Human Revolution」クリアしました。予定よりもだいぶ駆け足で終えてしまいました。

中盤以降は波に乗れた感じで、終盤にかけて一気にプレイするまで気力が湧いてくれました。
途中悪いところばかり気にしてしまいましたが、良い部分も確実にあるゲームです。

個人的に特筆すべきと思ったのは衣装とインテリアデザイン。唯一無二のものだと思います。
ポリゴンを連想させる三角形をモチーフにしたものが多く、ある意味ではレトロに見えるのですが
大胆に取り入れることでそのポリゴン風味が突出した個性に見えました。

サイボーグ技術の普及による社会問題や倫理を扱うストーリー、高層ビル群や香港風な街並み
といったサイバーパンクの共通項、ファンに馴染み深い要素がいくつも出てくることについては
サイバーパンクに対する造詣の深浅によって評価が分かれるところかも。
決して「造詣が深いほうが楽しめる」という意味ではありません。逆の可能性もあります。

造詣が深いとかえってありふれた話に見えてしまうおそれもあるわけです。
逆に、造詣が浅いからこそ新鮮に受け止められる場合もある。なのでちょっと難しいところ。

Deuexhr02

最終的な結論をプレイヤーの手に委ねるという終わらせ方にも賛否両論ありそうです。

でも、この選択を最後に用意することが本作にとっては重要なんだということもわかります。
「Human Revolution」という副題がじつに適切で、人類がこの先どのようにして生きていくのか
その選択を神の視点で見つめるという構図になっていることに感心しました。
なぜ「Deus Ex」なのか、なぜこのような副題がついてるのか。しっくり来るんですよね。

ただ…その見せ方がやや古臭い。昔のマニアックなPCゲームみたいな独特の古臭さ。
00年代のゲームならいいんですが、2011年の発売ですからやはり気になりますよ。
それとスタッフロールで流れるアットホームなスライドショー(笑)なんであんなもの入れたの?

システム面についての不満はゲーム開始時の選択でだいぶ解消されることに気付きました。

ゲーム開始時にステルス重視にするかアサルト重視にするかハッキリ決めるべきなんです。
そうするとオーグの構成や所持する武器と弾薬の傾向が決まるので、プラクシスの割り振りや
インベントリーの整理に悩んだりせずに済むわけです。
そこを曖昧にしたままゲームを進めてしまうとシステム面に不満を感じてしまうのです。

でも、あきらかに使わないオーグはあるしあのインベントリーシステムはやっぱダメですよね。
新作ではあのインベントリーシステムが廃止されてますし、制作側も気付いたのでしょう。
所持品を重量で制限していたTESシリーズは賢かったんだなぁと思いました。

2011年にプレイしてたらもっと楽しめたかなぁ…でも、2011年って「Skyrim」と同じ年ですから
本作に感じた不満を弁護することはできないかもしれません。



X360metro10

「Deus Ex」攻略の過程で総解除実績数が50000Gを超えました。

2008年9月にXbox 360を購入してから約7年。単純計算しても50作品はプレイしてることになり
これは過去に所有したどのハードよりも多いことを示しています。

 ※解除した実績で確認したところ、正確には74作品プレイしているようです。

経済状況の違いも当然あるのですが、やはりGames with Goldの効果が大きいかなぁと。
ファミコン時代は年に1本買えるかどうかという次元でしたから、年間5000円で最低でも12本も
もらえるシステムを当時の自分に話したら卒倒するんじゃないですかね…。

50000GはXbox 360からXbox Oneへの節目の数字とも言えます。
しかしXbox One到着まであと10日もあるんですよね。それまでなにで食いつなごうか悩み中。

| | コメント (0)

2015年10月20日 (火)

2015年10月20日

X360metro09

「ビューティフル塊魂」の累計100時間プレイ実績を無事解除しました。

ずっと心残りだったんですよ…放置しておくだけで実績コンプできるのにしてなかったことが。
重い腰を上げて取り組もうと思った理由のひとつは、Xbox Oneをお迎えするのが決まったこと。
それと、当時は厳しかった本体の排熱と騒音の問題をクリアできたからです。

本作を集中的にプレイしていたのは2011年の6月ごろ。
当時はまだ本体が無改造の状態だったので、50時間以上の放置という危険な行為に挑戦する
度胸がありませんでした。ヘタしたら故障してたかもしれないですしね。
現在は安定した冷却と静穏性を実現できているので、実行に差し障りありませんでした。

加えて、秋が深まって長時間稼働に適した気温になってきたというのもあります。
いろんなタイミングが重なって、今回ようやく実績の解除を達成することができたわけです。

総実績数50000の大台がいよいよ迫ってまいりました。「Deus Ex」で届いてしまいそうですね。

今月後半の残り2週間は予定どおり「Deus Ex」の攻略に充てます。
これは本当に…気軽にプレイするというのではなく、攻略という姿勢で臨まなければ。

いわゆるステルスを前提としたゲームなのですが、FPS視点でステルス行動をしなければならず
自分のキャラがいまどれくらい隠れているか客観的に把握しにくいんですよね。
直前にプレイしていた「MGSV: GZ」では通常時フリーカメラ、エイム時はTPS、閉所ではFPSという
柔軟な視点変更ができましたし、武器と弾薬を揃えれば強行突破も可能という柔軟さもあるので
ストレスを感じることなくゲームプレイに専念できるのが魅力でした。

「Deus Ex」は携行可能な弾薬が少なく、プレイヤーの体力も極端に低いので基本ゴリ押し厳禁。
背後からのテイクダウンにすらバッテリーを消費するので、敵を排除する楽しさもありません。
完全に身を隠せるような場所も限られており、発見されないルートの模索が延々続きます。
そして試行錯誤にかかった時間のわりに進行が遅く、ストレスが溜まる場面が非常に多いのです。

世界観は非常に魅力的なんですけどね…2015年現在プレイするにはつらい仕様なのです。
セールで買ったとはいえ、お金を払って買ったものなのできちんとエンディングは見るつもりですが
なにかスカッとする内容のものを平行してプレイしないと先々苦しいかもしれません。

いま思えば2010年に日本語吹き替え版トレイラーを見ていたころがピークだったのかも。



最近たまたまYouTubeで比較動画を見て「DRIVECLUB」の雨の表現に興味が湧きました。

部分的には「Forza Motorsport 6」を超えているようにも感じるのですが、「Forza 6」は基本的に
サーキットで起きるレベルのレインコンディションを想定して作ってると思うんですよね。
対する「DRIVECLUB」は公道中心なせいか、安全走行に適さないレベルの雨量に見えます。

一口にリアリスティックと言っても大袈裟なものもあれば現実に忠実なものもあります。
ドラマや映画の雨のシーンでは現実に即した雨量にすると雨が効果的に見えなくなってしまうので
わざと大袈裟にして、雨の演出を視聴者に伝わりやすくしています。
「DRIVECLUB」の雨の表現が「Forza 6」より評価されるのは、大袈裟ゆえのことだと思うのです。

でも良い大袈裟っぷりですよね。あの雨を楽しみたいがために買う人も多そうなくらい。

| | コメント (0)

2015年10月16日 (金)

2015年10月16日

Ssod01p

本体届いてないのにホイホイつられて廉価版買っちゃうヤツ。3週間後までおあずけです。

今回たまたまタイミングよく廉価版が出たので「Sunset Overdrive」をフライング購入しましたが
Xbox One専用ソフトは基本どれも魅力的で、買って損することはないと思ってます。

同時に廉価版がリリースされた「Dead Rising 3」と「Ryse」も現行機の圧倒的な表現を体感できる
素晴らしいタイトルなので、興味があれば動画サイトなどで一度ご確認ください。
しかし、広く普及させるための廉価版なのに3本のうち2本がZ指定ってのもすごいですよね。
「Sunset Overdrive」もD指定ですし…Xbox Oneがターゲットとしている年齢層がうかがえます。

ファミリー向けや子供向けのタイトルがまるで見当たらないことがXbox Oneの欠点と言えますが
他のハードとの共生を考えればそんなに間違った方針でもないのかもしれません。
Xbox OneはXbox Oneに任された仕事を、期待されていることを突き詰めていけばよいのです。

自分がゲームに求めていることに、Wii UやPS4ではなかなか応えてくれません。
だから劣勢であってもXbox Oneを選んだし、Xbox Oneには買う価値があると思うわけです。

みんなが同じ選択をする必要はないんですよ。自分に合う選択をひとりでじっくり考えればいい。

Xboxapp01

Xbox 360のほうでは現在、過去に取りこぼした実績の回収作業などをおこなっています。
Xbox Oneに移行するにあたり、心置きなく次へ移るための整理のようなものですかね。

最優先目標は「ビューティフル塊魂」の累計100時間プレイ実績。
エターナルモードで放置しておけばいいので特に難しいこともないのですが、時間がかかるので
アニメを視聴しているあいだバックグラウンドでつねに起動しておいています。
おそらく今月中、それもわりと早い段階で解除できるでしょう。それだけアニメ見てるんだよね…。

ほかは「マインクラフト」や「ウルⅣ」の細々とした実績をいくつか回収しました。
ようやく再開した「Deus Ex」を今月後半に集中してプレイしていく予定。早くしないと続編出ちゃう。

Games with Goldで提供されたタイトルはXbox Oneの後方互換に対応する可能性が高いので
気分が乗らないときに無理に消化する必要もないと思ってます。
たまたまゴールドメンバーシップの契約も切れたので、来月までオフラインに集中します。

現在唯一気掛かりなのは、来月末発売予定の「モンスターハンタークロス」の存在ですね。
正直あんまり乗り気じゃないし時間的に手が回らない気がするので。スルーするかもしれません。



攻略wikiや攻略ブログを名乗っているわりに、攻略記事を書かずに外部サイトの動画に頼っている
ケースが最近目立ち、個人的にはもっと批判されるべき事態だと思っています。

なぜ動画に頼るのがいけないのか。単純に言えば、ひとつのサイトで完結していないからです。

利用者が動画を閲覧できる環境にない、あるいは動画サイトがメンテ中だったり閉鎖してたりで
正常に動画を再生できない状態にある場合、そのサイトはまるで役に立ちません。
というか、動画を紹介するだけのサイトだったらそもそも存在する意義がないんですよね。
動画で確認したかったら動画サイトに直接アクセスして動画を探せばいいのですから。

動画による攻略情報というのは、見たとおりにやればいいので参考にしやすいものです。
ただ、最近のそれは「文章化するのを避けるための手段」にしか見えません。
文章化能力と読解能力の低下・欠如によって動画に頼らざるをえなくなってしまった結果、昨今の
動画ベタ貼り攻略サイトの増加を招いているのではないかと。
それを証明する材料になるかはわかりませんが、他人が録画・公開した動画を貼るケースが多く
文章化能力の代わりに動画制作能力を得たわけではないことがうかがえます。

学校の勉強なんかできなくていい、好きな分野のことを楽しめればそれでOK!という選択の結果
好きな分野のことも満足にできなくなってしまっている事態に危機感を覚えるべきでしょう。

なんか…こういうこと言い出すと年寄りくさいのかなぁ。でも、趣味のために大事なことですよ。

| | コメント (2)

2015年10月12日 (月)

2015年10月12日

今期はゲームやる時間を確保したい!と思いながら、第4Qの新作アニメをチェックしております。

幸い今期は目立った話題作がないというか、力の抜けた作品がまとまっている印象があるので
ゲームをやる時間を確保するには良いタイミングなのではないかと思っています。
まあ失礼な話ですけどね…でも、初回を総ざらいしての印象は本当にそんな感じです。

今期初回で好印象だったのは「ルパン三世」の新シリーズと「ヤングブラック・ジャック」。
どちらも日本人なら誰もが知っている原作をベースにしているだけに、おもしろさは確約できます。

「ルパン」はテレコム制作の「峰不二子という女」の流れを汲む新作であり、オトナに見てもらうのを
前提として作られていることが伝わってきます。大野雄二が手掛ける劇伴もまた素晴らしい。
「YBJ」は時代背景の描写と手術シーンの圧倒的な高揚感にシビれます。

ただ、医療用語に対するフォローが一切ないのでもう少し説明があってもよかった気がします。
それと主題歌がちょっと…まあビーイングが作品の雰囲気を考慮してタイアップすることなど滅多に
ないので仕方ないのですが(「名探偵コナン」の歴代主題歌を見ればあきらか)もう少し作品に合う
楽曲にできなかったものかと首をひねってしまいます。

歌詞は寄せてる気はしますが、それ以外はまるで白飯にカラーシュガーをかけてるような感じで
率直に言えば見た目と食い合わせが悪いです。でも叩かれてないのが不思議。
まあでも、良く言えば昔の19時台のアニメっぽい雰囲気はありますね。

レビューに戻りますが…あとは「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」が気になっています。

骨格標本士という特殊な職業、特異な嗜好と性格をもつ主人公・櫻子を中心に描くミステリ作品で
検死や科学捜査的な要素も出てくるのでCSIシリーズが好きならハマれそうな予感。

動画としておもしろそうなのは「ワンパンマン」と「おそ松さん」。
とにかくよく動くし驚かせてくれる。後者は悪ノリと受け取られる可能性もありそうですが。
でも、今期のアニメを語るうえでこの2作品は欠かせないものになる気がします。

おっと…忘れてはいけない。「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」がありました。
長井龍雪・岡田麿里という、世間的には「あの花」のコンビとして認識されている制作陣が話題で
このふたりが関わるとどのようなガンダムになるのか?という興味があります。
初回を見る限りは特に心配の余地もなく、玩具もきちんと売れそうな描写が好印象でした。

「YBJ」と「オルフェンズ」は男子の裸率がとにかく高いんですけど(笑)だから腐女子向けだと安易に
カテゴライズしてしまうのはよくない風潮です。どちらも理由のある裸率ですしね…。

あと気になったのは貴重なロボット枠の「ヘヴィーオブジェクト」と「COMET LUCIFAR」。
それと歌もの枠(?)の「スタミュ 高校生歌劇」と「Dance with Devils」の4作品ぐらいでしょうか。
「COMET LUCIFER」は導入部に説明がなさ過ぎたのが惜しい。メカデザインは好みです。

今期は再放送枠が多く、新作の合間にちりばめてあるのがひとつの特徴かもしれません。
休憩時間にするもよし、旧作の良さを再認識するもよし。良い編成だと思います。



Twitterではさすがに言いにくくて胸にしまおうかと思ってたんですけど、こちらで吐き出します。

昨晩放送された「MUSIC JAPAN」内での、乃木坂46・松村沙友理によるμ's紹介企画。
あれに対して「乃木坂の売名行為」とか「擦り寄り」とか言ってる連中、さすがに頭おかしいでしょ。

彼女独断の持ち込み企画ならいざ知らず、NHK主導のμ'sや「ラブライブ!」を知らない人向けの
紹介企画だというのに、「いまさらそんな説明いらない」だの「μ'sより目立ちすぎ」だのといった
アニメオタク主観の文句を雪崩のようにぶちまける様子に呆れました。

松村がμ'sよりも目立っている、出しゃばっていると感じたのなら、それが現実なんですよ。
NHKにとっての価値、受信料を払っている全視聴者にとっての価値、市場価値の現実。
どんなにアニメのソフトが売れようが映画がヒットしようが、それがμ'sの現実です。

加えて、共演者の出演時間帯の視聴態度のひどさ。とにかく視野と価値観が矮小すぎます。
まあ…ひらたく言えばガキなんでしょう。「ラブライブ!」のファン層が幼稚だということ。
「ラブライブ!」の公式アカウントの告知に対して「乃木坂いらない」とリプライできてしまえるのも
幼稚という言葉で片付けるほかないと思います。
そのリプライは「ラブライブ!」の運営、ひいてはμ's本人たちにも伝わる可能性があるんですよ?

ただファンでいるというだけでなぜそこまで増長できるのか。歯止めが効かないのか。
これでμ'sや「ラブライブ!」を好きになれというほうが無理がありますよ。

自分は今後、より一層フィルターをかけて「ラブライブ!」という作品群を見つめることになります。

| | コメント (0)

2015年10月 6日 (火)

2015年10月6日

先日とうとうXboxOneを注文しました。世間に遅れること丸2年…日本での発売からは約1年。
だいぶ時間がかかってしまいました。もう少し早く動いておけばよかったですね。

先月おこなった自室の大整理で買取に出した玩具や本などの売却金額がなんと5万円に達し
XboxOneを買うには余裕の予算となりました。しかも自室はスッキリ。
機嫌の悪さからはじまった大整理が思いもよらぬ結果となってしまったわけで。
たまには発露してみるもんですかね…ただ、そのときはメチャクチャ苦しむんですけどね。

自室の大整理により、以前からの懸案だった風通しの悪さもだいぶ解消されました。
カビやカビに付随して発生した小さな害虫も95%ぐらいは撲滅できたのではないかと思います。
おかげで精神的にかなり健全になりまして。あとはこの状態を維持していかないと。

現在はXboxOneを迎えるにあたって、XboxOneの使い方などを丹念に予習しているところです。

Bicchumon

「XboxOneを注文した」と言いましたが、ものが到着するのはじつは約1か月後なのです。
11月12日発売予定の新作「Rise of the Tomb Raider」のダウンロードコードなどが付属している
11月5日発売予定の1TB HDD仕様バンドルパッケージを予約した、というのが正確な内容なので
到着までの約1か月はXbox360でやり残したことを消化する月間となりそうです。

とはいえ、約1か月では消化しきれないほどの積みがありますからね…。
日々興味が移り変わってはいますが、少しずつ着実に積みを消化している状況です。

Mgsvgz01

現在おもにプレイしているのは今月のGames with Goldタイトル「MGSV: Ground Zeroes」。

続編「The Phantom Pain」が発売済みであり、これも世間から遅れてプレイしてる状態ですが
1周のプレイ時間の短さと実績のうまさ(笑)でなかなか楽しめています。
良くも悪くもMGSシリーズの正統進化だなぁという回顧が入り混じった感慨もあり。

MGSシリーズは「2」ぐらいまでは大好きだったのですが、「3」で期待とは違うほうへと進化したり
「4」でハードが変わってしまったことなどが影響して興味がだいぶ薄れてしまっていました。
それほどブランクがありながら、戻ってきてすぐ「やっぱりMGSだなぁこれ」と思えるプレイ感覚は
シリーズの延長線上に正しく位置していることを示しています。

ただ、当時これを新作としてプレイしていたら不満も多かったでしょうね…特にボリューム面。
「GZ」は言わば「TPP」のお試し版、グランツーリスモで言うところのプロローグ的なヤツですから。

狭く限られたマップ上で思いついたことをあれこれ試しながら繰り返しプレイするのはおもしろく
次第に「ムービーとかストーリー要らなくね?」ってキモチにさせられます(笑)
短いこそ、狭いからこそリプレイ性を高めているという特殊なケースだと思います。

「GZ」を始めてしまったために「Deus Ex」はまた延期です。FPSの波が来たらね…。



最近「not for me」という表現、意思表明を進んで使っていくべきだなと思うようになりました。

たとえばアニメなどを見ていて「これ大好きな人もいるんだろうけど自分には合わないな」という
否定までいかない拒否、遠慮の状態を表すのに適切だと感じました。
「残念ながらこれはわたし向きの作品ではない」「入るお店を間違えました」みたいな。
もともとはゲームのレビューで用いられていたものだそうですが、あらゆるメディアで有効に使える
要らぬ誤解を生まない良い表現ではないかと。日本人好みのやんわりと断る感じが。

合わない理由を具体的に、長文で理路整然と語ることは可能です。
しかしそれは、大好きな人からすると作品と作品の評価を否定するものと受け取れてしまうため
結果として衝突したり恨まれたりという感情的な方向へつながってしまうわけです。

感情がある以上、作品を冷静に客観的に語り合うのは非常に困難です。特にネット上では。
なので多くを語ることをやめ、「not for me」の一言で済ますのが無難なんですよね。

ただ、これは相互理解の放棄とも言えます。感情的な人とはわかり合えない、という諦め。

作品の問題点を客観的に述べることが『荒らし』と受け取られてしまう、全肯定しか許されない
排他的コミュニティにおいては語ること自体が不毛なのです。

| | コメント (2)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »