« 2015年11月18日 | トップページ | ゲームレビュー 「Pneuma: Breath of Life」 »

2015年11月24日 (火)

ゲームレビュー 「Rise of the Tomb Raider」

ライズオブトゥームレイダー

[クリアまでにかかった時間]
アイテム収集などを綿密におこなって約36時間。期間で言えば約10日。

[ゲーム難易度]
対戦型FPSで1ラウンド3キルくらいの腕前があればクリアできる程度。
前作より若干難しいが、前作をクリアできた人なら問題なくクリアできるはず。

[実績難易度]
本編クリア後でもすべての実績を解除可能。取り返しのつかないものは基本的にない。
スコアアタック関連の実績には一定の腕前と知識が必要。DLCによる追加実績あり。

最高難易度のみ個別のクリア実績があるが、1周目から最高難易度でいけば1周でコンプ可。
当初、1周クリア後にチャプターリプレイエリートで最終チャプターだけ最高難易度でクリアすれば
解除できてしまっていたが、アップデートで修正済み。
アップデートが適用されないオフラインの状態であれば同様の方法で解除可能とのこと。


[シーズンパス レビュー]
ゲームレビュー 「Rise of the Tomb Raider」シーズンパス編

[前作のレビュー]
ゲームレビュー 「TOMB RAIDER Definitive Edition」


[海外レビュー 一覧]
『Rise of the Tomb Raider』海外レビュー (Choke Point)

[おもな受賞歴]
・第68回 全米脚本家組合賞 ビデオゲーム部門
・AIAS D.I.C.E. Awards 2016 キャラクター部門(The Witcher 3とならんで最多部門ノミネート)
・IGN Best of 2015 Xbox One Game of the year
・第34回 Golden Joystick Awards Xbox Game of the Year(4部門ノミネート、Lara Croftの殿堂入り)


Rottr03

[GOOD]
・日本語を含めた14ヶ国語の字幕と12ヶ国語の吹き替え音声を実装。字幕オンオフ可能。
・前作の良いところはさらに良く、悪いところは可能な限り改善。
・前作の約2倍のボリュームでじっくり遊ばせてくれる。
・往年の冒険映画を思わせる王道ストーリーと精細な人物描写。
・前作よりも多彩でドラマティックなサウンドトラック(しかも無料配布中
・雪の表現に対する並々ならぬこだわり(雪上の足跡をリアルタイムで造形!)
・とにかく雪と氷の描写が多く、雪山や雪景色が好きな人にはたまらない内容になっている。
・多彩な戦闘。頭の使い方次第ではつねに優勢を取れるシチュエーションの設計。
・狩りとクラフトの重要性の向上。戦闘中のクラフトが熱い。
・火や水、気体を駆使したパズルと謎解きはさらに規模を大きくして今回も健在。
・リプレイ性を高めるオンライン対応のスコアアタックとリプレイモード。


Rottr04

[BAD]
・吹き替えが不完全。一部の掛け声に原語が混じるため、序盤はかなり違和感がある。
・ヒントの出し方にやや不親切なところがある。詰まる人は詰まる可能性あり。
・QTE廃止の代わりに、次に何をすればいいのかわかりにくくなった強制移動シーン。
・火炎瓶やダイナマイトを際限なく投擲してくる敵は今回も健在。
・事前に言われていたほどの『野生』との戦いはなく、大型敵性動物はリスポンしない。
・小動物の動きが不自然。特に鳥類はかなり雑。
・全体マップが前作に比べてやや見にくく、アイテム収集の際に不便な思いをする。
・こんな傑作が初動3000本も売れない国があること。


Rottr05

[NEITHER]
・良くも悪くも前作の延長線上にある。これで新鮮味を感じない人もいないとは思うが…。
・前作と同じく、最終的にだいたいみんな一緒になってしまうスキル構築システム。
・前作と同じく、音声ログの確認のたびにゲームの進行が止まりがち。
・前作と同じく、マップに位置が表示されない収集要素あり。
・敵の視野が不明瞭。基本的に近視気味だが、近くにいるときは手だけ見えてても発見される。
・ラストがやや盛り上がりに欠ける。もう少し大掛かりな戦闘があってもよかった。
・銃に取り付けた消音機を取り外す方法がない。リボルバーにも消音機がつく。
・カード要素の存在。 → 「Rise of the Tomb Raider」のカード要素 『探索カード』解説
・ララの物語は終わらない。


[総括]
リブート版トゥームレイダーシリーズの2作目で、前作のみストーリーがリンクしている。
前作の良かったところはさらにパワーアップ、良くなかったところは可能な限り改善してくるという
お手本のような続編であり、シリーズファンを裏切るところが少しもない。
アクション、パズル、シューティング、RPGなどあらゆるゲームジャンルの要素が集約されており
とにかく飽きが来ない。100%遊び切るまでテンションを維持し続けてくれる。

前作でも感じられた「ゼルダの伝説」的な快感は今回も健在。
ただし、その場で使用可能なアクションやアイテムをきちんと把握していないと詰まる場合もある。
そういう意味では前作より高度な操作と発想を要求される、正しい意味での2作目。

前作がサバイバルだったのに対し、今回はアドベンチャー映画の王道を突いている点にも注目。
「インディ・ジョーンズ」のような映画が近年少ないとお嘆きの方にはオススメ。

惜しまれるのは発売時期。購入者全員が100本ずつ買い足さないと評価と売上が吊り合わない。
しかし、今後ジワ売れしていく可能性はあると思うので伸びに期待したい。

[オススメ度]
最高。コアゲーマーが口を揃えて「傑作」「GOTY」と評するほどの完成度。冬にプレイすべき。



売上本数の話を補足。

本作は売れていないという印象が浸透しているが、発売から4週分の売上本数を前作と比較すると
じつはそれほど差がないという事実があきらかになった。
まず、本作はOne版と360版にプラットフォームが分かれていることを考慮に入れねばならない。

 ・「Rise of the Tomb Raider」(One版)発売4週で約59万本
 ・「Rise of the Tomb Raider」(360版)発売4週で約17万本
 ・「TOMB RAIDER」(2013年発売 360版)発売4週で約80万本

これを前作の全プラットフォーム(PS3/360/PS4/One/PC)2年間の累計売上本数の合算である
約620万本と比較すれば、売れていない印象を受けてしまうのも当然と言えるだろう。
この事実を知れば、販売側が「(売上には)満足している」という声明を出すのもうなずける話だ。

2015年末の発表では100万本以上の売上を記録しているとのこと(One版と360版の合算)。

また、スクウェア・エニックスが公式発表した「2015年度第3四半期決算短信(当該PDF)」によると
「Rise of the Tomb Raider」の発売が堅調であったことが増収増益の一因になったとある。

つまり、「Rise of the Tomb Raider」は"売れた"のである。

ちなみにPS4向けの移植作業はPC版と360版の移植を担当したNixxesが引き続きおこなうとのこと。
オリジナル版をプレイできるのはXbox Oneだけということになる。



「伊集院光 深夜の馬鹿力」11月23日放送分で、本作について語っている部分がありました。

これを聞いてて思ったのですが、たしかに父親についての掘り下げが甘いですよね。
ララの父親であるリチャード・クロフト卿がどういう人だったのか、どういう成り行きで失墜したのか
本作におけるララの行動の動機を理解できるほどには明示されません。
断片的なシーンからなんとなく察するしかない。一応じゅうぶんな情報は出てきますが。

リチャードが主張し、追い求めていた不死の伝説は彼の手で証明される日は訪れませんでした。
つまりそれ自体が歴史家、考古学者としての汚名となったのです。
ララの今回の冒険はその汚名を払拭するためのものであり、不死の伝説の実証が目的なのです。

はたして不死の秘宝は実在するのか。それを持ち帰り、汚名を払拭することができるのか。
そこを皆さんの目で、プレイヤー自身の手で確認してほしいわけですよ。

ほかにも、幼少期にララが乗った航空機がヒマラヤで墜落して、そこからただひとり生還したこと。
ララの父親代わりとなり、銃の扱い方を教えたコンラッド・ロスの存在。
ロスたちとともに前作の探検に同行し、閉ざされた島からララを連れて生還したジョナとの関係。
このあたりを予習しておくと「Rise of the Tomb Raider」をより楽しめると思います。

|

« 2015年11月18日 | トップページ | ゲームレビュー 「Pneuma: Breath of Life」 »

ゲーム レビュー&コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2015年11月18日 | トップページ | ゲームレビュー 「Pneuma: Breath of Life」 »