« 2016年1月7日 | トップページ | 2016年第1Q 新作アニメ所感 »

2016年1月 8日 (金)

人それぞれの『衝撃的な出会い』

その人にとっての初めての『衝撃的な出会い』となったアニメ作品ってあると思うんですよ。

自分の場合だと、小学生のころNHKの衛星放送(当時のBS2)で見た「マクロスプラス」などがたぶん
それに当たると思うんですけど、世代が違えば作品も当然異なります。
いまの若い人たちにしてみれば「マクロスF」が『衝撃的な出会い』だったりするのかもしれないなぁと
最近「マクロスデルタ」への反応を読んでいて思いました。

『衝撃的な出会い』となった作品と比べたら、その後に見るどんな作品もかすんでしまいます。
無意識的に贔屓してしまうわけですよ。過大評価と言い換えてもいい。

なので、自分の感性では理解しがたい作品を異様に褒めている人がいたら、それはその人にとっての
『衝撃的な出会い』だったのだろう…と考えれば納得できるのではないかと。
年齢による出会いのタイミング、同世代でも出会いの順番が違うなんてことも当然あるわけで。

自分も10代のころにその作品に出会っていたら『衝撃的な出会い』となっていたかもしれない。

いろんな『衝撃的な出会い』を経験してきた人にしてみれば取るに足らない作品かもしれない。

これってどの分野のことにも言えますよね。音楽にしてもゲームにしても。
他人の『衝撃的な出会い』の思い出を穢してはいけないなぁと、思うに至りました。

ただ、こちらが丁重に扱ってあげても相手が貶してくる可能性は絶対ありますからね…平和って難しい。

|

« 2016年1月7日 | トップページ | 2016年第1Q 新作アニメ所感 »

アニメ レビュー&コラム」カテゴリの記事

コメント

衝撃的に出会った作品。
というのは自分にはなかったですね。

その割にアニメや漫画ゲームから抜け出せずに結構経ちますが。

幼少期は北海道それ以降は岩手で過ごしたので
満足に見られなかったというのが理由です。

まだネットが普及する前の話でしたので視聴はおろか情報の入手は雑誌のみ。
それも簡単な説明と放送されてる局の日時とサブタイ。
有益な情報はわずかでした。

北海道はテレ東系がまだない時期でしたが、それでも民放が4局みられ通常の時間帯であれば不満はありませんでした。
 
岩手に越してからは、現在は4局ありますが、当時は2局でさんざんたる有様でした。
ガンダムX放送時期にようやく4局目が開局したかと思います。
ニュースステーション見て久米さん老けたなあという感想を覚えてます。

結局のところ自分のアニメが好きな理由は幼少期見られなかったからに尽きると思います。

xboxoneのタイトルレビュー面白かったです。
また何かプレイされたらお願いします。

投稿: akito | 2016年1月17日 (日) 18:00

Xbox Oneタイトルのレビューはプレイ中に感じたことをできるだけ端的に伝えるべく
箇条書きという手法をとることにしました。
よくないと感じた部分もできるだけ正直に書いているつもりですが
批判的と受け取られそうな気もして、なかなか調整に悩まされています。

編集途中のまま長期間ほったらかしにしている記事も数件あります。
一番時間がかかっているのはスクリーンショットの用意なんですけどね…。

投稿: うごー(ブログ著者) | 2016年1月18日 (月) 19:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2016年1月7日 | トップページ | 2016年第1Q 新作アニメ所感 »