« 「Tom Clancy's The Division」クローズド&オープンβテスト 全日程を終えて | トップページ | 「モンスターハンタークロス」って、どうなの? »

2016年3月 2日 (水)

アニメの絞り方、残し方

当ブログのアクセス解析をチェックしていると、たまに「アニメ 視聴本数 絞り方」という検索フレーズで
訪れている方がいらっしゃるようです。そういえば絞り方について語ったことはありませんでした。


人によっては新作リストを見て、当人なりの基準で放送開始前に数を減らしてしまう場合もあるようです。
「美少女ハーレムっぽいから」「腐向けっぽいから」「ラノベ原作だから」…などなど。

自分は滅多にやりませんが、唯一「前作を見ていないから」という理由で開始前に切ることはあります。
前作を見ていることが前提の作品だと、新作を正しく評価できないし疎外感もありますから。
それに、前作を見ていないということは前作の時点でなにか感じるところがあったわけで…。


自分の絞り方、残し方の基準はぶっちゃけ直感です。まず第1話の印象次第。

改変期の初週はすべての新作アニメの第1話をチェックするのでどうしても本数が増えてしまいますが
まず第1話の時点で、見ていて「つらい」と感じたものはそこで終わりです。
第1話の時点で不快要素のほうが勝ってしまっていると翌週も見ようとは思えませんから。

「つらい」というのは「生理的に受け付けないなにかがある」という印象を簡略化した表現です。
インパクトの薄いアバンタイトル、作風に合わない主題歌、視聴者置き去りの導入編、お約束の展開
整合性の低い脚本、多すぎる肌色。「OP・EDのクレジット表記が読みづらい」なんてのもあります。
(読みづらいクレジット表記には読ませたくない理由がある、と考えてしまいます)
自分の場合、キャラデザや声優さんの演技、ラノベテンプレなどはあまり理由に含まれません。


逆に、不快要素がなければそれだけで残す理由になりえます。
「特におもしろいわけでもないけどなんか見続けてしまっている」という場合、それは不快要素がないから
見続けられるわけで。でも、これって意外と重要なんですよね。

一度嫌われてしまうと再評価の機会まで失ってしまう可能性もありますから。
アニメはまず見てもらうのが大事。そのためには視聴を打ち切るポイントがあってはならないのです。

しかしこれは魅力をアピールするよりも難しい。
制作者自身は自分たちが自信をもって送り出した作品に不快要素があるなんてまず思わないだろうし
放送してみて初めてその反応に気付くというケースも多いのではないかと。


自分にとっては不快要素満載でも、そのシーズンの話題作となって売れてしまうことも多々あります。
でも、世間と自分の評価は一致しなくていいんですよ。選ぶ権利は自分にあります。
その作品の「世間で評価されている部分」が自分にとっての不快要素だった場合、もう縁がなかったと
思うしかないでしょう…根本的に向いてない、not for meなわけですから。

ただし、いわゆる「覇権アニメ」というヤツは不快要素があっても最後まで見続ける場合があります。
話のネタにというのもありますが、ある種の研究材料として興味があるからです。


「なんか見続けてしまっている」の逆で、「なんか知らないけど見れない」という場合もあります。

毎週録画だけは欠かしていないのに、見る気が起きずにそのまま視聴を打ち切ってしまうとか。
うっかりしていて放送時間を過ぎてしまった、録画を忘れてしまった…心当たりがあるのではないかと。

1週間という限られた時間のなかでアニメの30分というのは意外な負担になります。
録画を消化できない、忘れてしまうというのは自分の中での重要度が下がっていることを判別するのに
ちょうどよいバロメータになると思います。
本気で見たい作品は絶対忘れないし、視聴も欠かしませんからね。身体は正直なのです。

番組編成的な意味で、本気で見たい作品によって救われる前番組や後番組もあるんですよ。
流れで見てしまうというヤツで、前菜感覚で気楽に見れるぶんかえって楽しめてしまうこともあります。
そういう意味では前番組や後番組のないポツンと独立した作品は試される存在です。


続いて、第3話ぐらいまでの猶予期間に一定の手ごたえを感じられなかったものが脱落していきます。
「猶予期間を与えている」という負の前提があることが重要なわけですね。
昨今よく言われる「3話までは見続けてほしい」系の、スロースターターな作品によくあるパターンですが
そこまで見続けても琴線に触れるポイントがなかったなら無理に見続ける必要もないでしょう。

「おもしろくなるかもしれないから残しておく」というのはやめておきましょう。
視聴者の貴重な時間を3話分も奪っておいて、それでもおもしろくなれないとしたら相当な甘えです。


あとはだいたい最終話まで見て、そこで心に残った作品がいくつか決まるという感じでしょうか。

減らすほうばかりを書いてきましたが、残す基準だってそれなりにあります。
ストーリーの魅力、キャラクターの魅力、アニメとしての動きの魅力、画面全体の美術的な魅力などなど
評価するポイントはいろいろありますが直感も大事です。
「経験上これはおもしろくなる気がする」という、嗅覚のようなものが働くこともありますから。

途中でも書いたように、世間と自分の評価は一致しなくていいんです。自分のための作品を探すこと。
たくさんの中から自分にとっての名作を自分の感性を頼りに探すのが楽しいのですから。

|

« 「Tom Clancy's The Division」クローズド&オープンβテスト 全日程を終えて | トップページ | 「モンスターハンタークロス」って、どうなの? »

アニメ レビュー&コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「Tom Clancy's The Division」クローズド&オープンβテスト 全日程を終えて | トップページ | 「モンスターハンタークロス」って、どうなの? »