« ゲームレビュー 「風ノ旅ビト(JOURNEY)」 | トップページ | いまから「FF14」を始めるって、どうなの? »

2016年10月12日 (水)

2016年第4Q 新作アニメ寸感

以前述べたとおり、今期は視聴本数を最小限に絞っているため「所感」ではなく「寸感」としました。

今期はタイトルや公式サイトを見た時点で相当な数を削ったのですが、そのなかで奇跡的に残ったうえに
「これ切ってたら死ぬほど後悔しただろうな」と思えるほど初回が衝撃的な作品がありました。

その名は「ユーリ!!! YURI ON ICE」。フィギュアスケートを題材にしたアニメです。

「ユーリ!!!」は本当に素晴らしい。久し振りに震えるくらい良い初回に出会えてうれしかったです。
今年はこういう初回でハートをがっちりつかみにかかるアニメが本当に少なかったんですよ。
初回の魅せ方もさることながら、オープニング映像も艶っぽくて良い絵なんですよね。
初回できちんとオープニングと主題歌を見せてくれるというのも近年ではわりと珍しいほうだと思うのですが
その映像にしても主題歌にしても「なにかすごいことが始まる」という予感を覚えさせるものでした。

アニメなのに原案の漫画家が『ネーム』を切るという作り方も非常に独特だと思います。
また、肝心なスケートシーンではロトスコを採用しており、カメラワークも含めて初回から圧巻の出来。
願わくばこの熱量が最後まで続いてほしい。そしてお話できちんと魅せてほしい。そう祈っております。


ほかは「私がモテてどうすんだ」と「タイガーマスクW」が意外にもツボに刺さりました。

「私がモテてどうすんだ」はこういうタイプの作品が1クールの半分ぐらい使ってやりそうなカミングアウトを
初回でほぼ使い切って始まるというのがちょっと新しいなぁと。今後どうなるのでしょうか…。
オタク女同士のやりとりなどもおもしろく、肩がこらない感じも良いと思います。

「タイガーマスクW」は自分としても意外で、古典的なところをむしろおもしろく感じているのかも。
放送枠の深さが気になりますが、直後にプロレス番組をリンクしているのが構成上のミソなのでしょう。

ほかは「ブレイブウィッチーズ」「終末のイゼッタ」「ドリフターズ」あたりが残った感じ。
続きものでは「亜人」と「オルフェンズ」を。今期は過去に見ていたものでもだいぶ切ってしまいましたね…。
あとは「舟を編む」と「3月のライオン」が追加されるかも。
「3月のライオン」はNHKの非常に珍しい時間帯に追加された枠なのでちょっと注目しています。

録画しておいてまだ見ていないのは「Occultic; Nine」のみ。噂によるとなんかおっぱいがすごいらしい?


とりあえず「ユーリ!!!」見ておけばいいよマジで!って言えるシーズンなので便利といえば便利。

本数絞って気に入ったアニメだけ見ることの利点として、このような新作所感をブログでまとめるときに
批判的な文言を一切つかわなくて済むというのが挙げられます。
批判というのは理にかなっていても、著者にとっても読者にとっても大きな負担になりえますし。

|

« ゲームレビュー 「風ノ旅ビト(JOURNEY)」 | トップページ | いまから「FF14」を始めるって、どうなの? »

アニメ レビュー&コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゲームレビュー 「風ノ旅ビト(JOURNEY)」 | トップページ | いまから「FF14」を始めるって、どうなの? »