« 「とび森」と「ブレ×ブレ」の進捗報告 | トップページ | 「僕は友達が少ない ぽーたぶる」プレイ開始 »

2017年1月18日 (水)

2017年第1Q 新作アニメ寸感

今期はべつに忙しくもなく、新作のほとんどの初回を見れたので『寸感』でなくなもよかったんですけどね。
すべての作品に対して良い評価を書けるわけではないので、あえてそのままにしました。


今期の新作で個人的に気に入っている…というか人気が出てほしいのは「鬼平」です。

もともと時代劇が好きだし、父も原作をそろえるほどの鬼平ファンなので期待しないわけにもいかないという
偏った事情はあるものの(笑)そういうのを抜きにしても今期の新作のなかでは輝いて見えます。
どれくらい現代風にアレンジされるのか?という不安はありましたが、いまのところ髪型が違う程度しかなく
ほぼそのまま鬼平シリーズとして見ることができるので安堵しております。

劇伴はジャジーでカッコいいし、締めのエンディング曲も本編にマッチしていてうれしくなります。
これをキッカケに大河ドラマ以外の時代劇を見る人が増えてくれたらうれしいなぁ…などと思ったり。


完全新作ではほかには「小林さんちのメイドラゴン」あたりが好感触だったでしょうか。
今期はいわゆる続きモノに期待作が多く、「昭和元禄落語心中」や「テイルズオブゼスティリア ザ・クロス」
「この素晴らしい世界に祝福を!」などの2期が安定した滑り出しを見せている印象。
個人的に気に入っていた「Rewrite」の2期は初回から突き放されてしまったので今後どうなるやら…。

佳作として挙げるなら「チェインクロニクル」と「亜人ちゃんは語りたい」、それと「CHAOS;CHILD」。
あとは「スクールガールストライカーズ」とか…お話は判断できませんが、見てて不快感はないので。


「幼女戦記」は中身ではなく、放送のタイミングがちょっとよくなかったかなぁと思っています。
直近に「終末のイゼッタ」と「ブレイブウィッチーズ」という映像的に似通った感じの作品がならんでいたのと
いまさらまた転生モノかよ…という感じで、食傷気味なのが否めません。
あとはキャラクターデザインに非常にクセがあるので、そこで好みが分かれそうな気がします。

似たような理由で「セイレン」と「アイドル事変」も現段階では判断が難しい感じ。
今後の展開次第では評価がガラッと変わる可能性もありそうで。個人的には期待はしています。

まだわからないという意味では「ACCA13区監察課」も挙げられます。絵はすごく好きなんですけど。

再放送ではありますが、新作のかたわら「魔法科」の再放送も結構たのしみにしています。
世界観や設定がちょっとわかりにくい作品なので、1周見終えて知識がついた状態で見るのがおもしろい
というのが最大の理由ですが、一番の強みは実況向きなところです。


今期、初回でこれもうダメだ!ってなったものもいくつかありました。消去法でだいたいわかるかな。
ひとつハッキリと挙げられるのは「ハンドシェイカー」です。GoHands作品はnot for meで確定しそう(笑)



ほかの作品に遅れて、あの「BanG Dream!」がとうとう始まりました。なので初回の印象を追記します。

シリーズ構成・脚本を綾奈ゆにこが担当ということで、自分も含めて期待されてた方も多かったようですが
初回に限って言えば期待はずれかなぁと…大事な初回なのにいろいろと不自然な点が多くて。

『星の鼓動』というキーワードありきで始まったことがかえってネックになってしまったというか。
主人公の奇人変人ぶりを印象付けることには成功したものの、偶然見つけた『星』に導かれるようにして
質屋の土蔵のギターと出会うというのはかなり強引だったと思います。
あの誘導の仕方だと、主人公以外のいろんな人が土蔵に引き寄せられてしまいますからね。
素直に質屋の軒先にでもギターを展示しておいて、それと出会うほうが自然だったのではないかと。
どうしても土蔵を使うのなら、土蔵で楽器の練習をしている同級生と出会うとかのほうがよかったかも。

そして、強奪(笑)したギターを抱いてライブハウスへ向かうというのもかなり強引でした。
非現実だとはわかっていても、納得のできない非現実的展開の応酬にちょっと萎えてしまいます。


先に妹が通っていたからという理由で進学先を選び、妹がやっていたからという理由で部活も選びそうに
なっていたところでハシゴをはずされる…という展開は個人的に好感触だったんですよ。
不意のつまづきを経て、自分自身の力で目指すべき目標を見つけるという流れは正しかったはず。
というか、初回でいうとそこしか納得して見れる部分がなかったような気もします。

なのに質屋の娘にナビされる感じでライブハウスへ連れていかれてしまう。自力ではなく他力なんです。
主人公がライブを見て感じたであろう感動が画面から伝わってこなかったのもつらいところ。


あと、個人的に気になったのが妹の設定で。中高一貫らしき学校に姉より先に通っていた、という設定が
後出しでセリフとして伝わってくるので、視聴者的にはちょっと混乱させられるのです。
「なんで妹なのに在校生?」「姉なのに妹のあとを追って行動してるの?」って。

そういう部分も含め、大事な初回なのにすんなり入ってこない感じがどうにも気になりました。
これはたぶん自分が「BanG Dream!」という作品を偏った目で見ているせいだけではないと思います。

昨夏以前からあれほどしつこくCMを打っておいて、出来上がってきたのがこれか…と。そういう印象です。

|

« 「とび森」と「ブレ×ブレ」の進捗報告 | トップページ | 「僕は友達が少ない ぽーたぶる」プレイ開始 »

アニメ レビュー&コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「とび森」と「ブレ×ブレ」の進捗報告 | トップページ | 「僕は友達が少ない ぽーたぶる」プレイ開始 »