« 「CROSSOUT」にちょっとハマる | トップページ | 2018年第1Q 新作アニメ寸感 »

2018年1月 2日 (火)

2017年第4Q アニメ総括

ボーッと過ごしていたら新年になっていました…なんか以前と比べてブログを書く意欲が減退しているのです。

ネタがないわけじゃないし書く時間がないわけでもないのですが、「書かなきゃ」という義務感に変わってる感じで
それって創作においては良くないことだというのをよく知ってるので無理をしていなかったということです。
やりたいと思ったことをそのときにやる。そういうときはあえて向かわなくてもやり始めていますからね。

同様の理由から、前期のアニメの完走率は例年に比べてかなり低かったです。
年が明けてもまだ消化しきれてないアニメが若干あり。録画視聴にまわすと高確率で見なくなります。


前期もっともおもしろかったアニメはかなり早い段階で決まってました。「ボールルームへようこそ」です。
2クール作品なので正確には前々期の作品となりますが、2クール目も完全に逃げ切りの勢い。すごかったです。
なんでこんなに躍動的でメッセージ性にあふれていて、笑いも恋も織り交ぜて描けるのか。
しかも決して崩れることのないクオリティ。主題歌にいたるまで欠けることなくカンペキなアニメでした。

なのにネット上での評判が非常に少なく、某動画サイトの人気投票では上位20位にもはいってませんでした。
まあ…あそこの住人にウケるタイプのアニメではないし、伝わる人にはきちんと伝わっていたでしょう。


次いで「宝石の国」と「魔法使いの嫁」。原作の良さと制作スタジオの力が全力で発揮されていた感じ。
「宝石の国」は初の元請作品にしてあの出来ですからね。今後どんな作品が作られるか怖くなりませんか…?
「魔法使いの嫁」はお話としては毎回、主人公がさらわれて水に落ちて(笑)新しい出会い繰り返しという具合で
一本の物語として見るとあんまり動いてないような?という気がしなくもありません。
しかし、未知との出会いや新しい世界へ馴染んでいくというのはああいう出会いの連続なのかもと思ったり。

「魔法使いの嫁」は2クール作品なので今期も続きます。それだけで今期は楽しみがあるというもの。
主題歌よし劇伴よし。これら2作品は作品世界への没入感が著しく、毎回本当に夢中で見つめていました。
総合芸術としてあまりにも強すぎる。新番組の魅力をかき消すほどのパワーで後半へと続きます。

余談ですが、「宝石の国」は久し振りにアニラジまで聞いてましたね。中田譲治さんの魅力満載。


「アイドルマスター SideM」は終盤、お話が桜庭先生に寄りすぎていた点以外はほぼ満足の出来でした。
桜庭先生自体は好きなんですけど、なんというか脚本的に優遇されていたというか…そんなふうに見えまして。
ただ、あのメンバーのなかで波乱を起こせるキャラって桜庭先生ぐらいしかいないですしね。

ほかには「ネト充のススメ」「Code: Realize」、ハンパな終わり方でしたが「将国のアルタイル」が好感触。
「いぬやしき」はよくあれを放送できたなぁという感心も…終盤の駆け足感がちょっとだけ残念でした。

意外なところでは「アニメガタリズ」が思いのほかおもしろかったです。パロディとメタネタ満載。
同じパロディでも使い古されたものではなく、ごく最近のアニメまでカバーしていたところには感心させられました。
それに嫌味がないしかわいいし。高円寺美子は良いおっぱいメガネキャラだった…(そこか)


意外といえば、「DYNAMIC CHORD」がネット中を巻き込んであんなにブームになるとは思いませんでしたよ。

作画はかろうじてまあよい。しかし毎回なにかがおかしい。あきらかにおかしな描写やセリフがある。
本人たちはいたってマジメにやってるのに、狙ってやってる作品よりもよっぽどおもしろいというのがウケてか
気が付けば前半だけの一挙放送、年明け早々に全話一挙放送を敢行するほどの話題作に。

監督の独特の作風、行間が多すぎる脚本、絶妙な効果音と劇伴。それに歌詞が怖すぎる楽曲。
毎回が問題作。すべてのセリフが名ゼリフ。やってることは失踪と追跡とライブの繰り返し。なんなんだこれは。
なのになんか絶妙な中毒性があり、かく言う自分も毎週2回は繰り返し見ていました。
おそらく今後数年は2017年を代表する問題作として語り継がれていくことでしょう。


自分のTLでは非常に評価が高かった「少女終末旅行」は自分的にはそんなに刺さらず。悪い意味ではなく。
ポストアポカリプス日常系のなかに、不意に考えさせられるメッセージが出てくる。そんな作品でした。

「妹さえいればいい。」はシリーズ構成と脚本を原作者・平坂読が務めていたこともあり、氏の作風を知ってる
一部の視聴者だけが本作の随所にある、心の底の冷たい部分のような涼しい魅力に気付けたかなぁと。
でないとただのエロアニメに…金元寿子さんになんてセリフを言わせるんだこのアニメは。


完走したなかで期待ハズレだったのは「クジラの子らは砂上に歌う」。なにが悪かったのやら。
ざっくり言えば人が死ぬシーンばかりで、物語がどこへ向かっているのか視聴者に伝わりにくかったところ。
そして、最終回を迎えたところで結局どこへ向かったのかよくわからなかったところ。この2点に尽きるかな。

1クール全体が長いプロローグというか、さて説明が終わったからこれからどうするか。そんな感じなんです。
この1クールだけを見て続きが気になった方はどれくらいいるのでしょうか。


録画にまわして消化が遅れたのは「血界戦線」と「うまるちゃんR」の2本。「血界」は年内に消化完了。
新番組がはじまる前に「うまるちゃんR」は消化したい…と思ってたら元旦からもう新番組が始まっていました。
もうちょっと猶予をくれ…それとも諦めるか。ゲームやる時間を増やしたいしなぁ。
セールで買った「テイルズオブベルセリア」をプレイする時間的・精神的余裕が本当に足りません。

前期のまとめはとりあえずこんなところで。今年は完走作品がもっと減っていくかもしれませんね。

|

« 「CROSSOUT」にちょっとハマる | トップページ | 2018年第1Q 新作アニメ寸感 »

アニメ レビュー&コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「CROSSOUT」にちょっとハマる | トップページ | 2018年第1Q 新作アニメ寸感 »