« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月31日 (土)

2018年第1Q アニメ総括

最近ちょっと文章を書くのが億劫になっていまして…とかいうわりには記事が毎度だいぶ長めですが。
文章を考えることよりも文字を打つのがネックになってるんです。これも説得力のない話に聞こえるでしょう(笑)
でも、Twitterの一日あたりの投稿数を見ればわかってもらえるんじゃないかと。
そんななかでアニメの総括をきちんと書けるかどうか不安なのですが、できるだけシンプルに書いていこうかと。


今期一番は「魔法使いの嫁」ではなく「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」に決定していました。

"していました"というのは、もうだいぶ前から決まっていたというか。何度となく泣かされていましたからね。
特に後半は涙腺ポイントが毎回あって実況してても押し黙ってしまうほどでした。

「アンナチュラル」についてまとめた記事でも触れたように、作品のテーマがツボに刺さってしまったのです。
自分はこういう作品、テーマに弱いのだとハッキリ自覚させられる作品でした。
京アニの変わることない素晴らしい表現力、手紙という縛りでバリエーション豊富な物語を描き切った手腕。
一番ビックリさせられたのは、そのほとんどが原作小説にはないオリジナルのパーツばかりだということ。
それが良いか悪いかはさておき…だって、原作に手を出したらショックを受けたなんて可能性もあるでしょうし。

「魔法使いの嫁」は2クール目の陰鬱さが結構なダメージになっていた感じ。
おもしろいはおもしろいけど暗い。そして物語の結末というか、解決法に早い段階で勘づいてしまってたこと。
その意外性の足りなさがストーリー面でちょっとマイナスになり、総合面で一位にはできなかったわけです。

でも主演女性声優賞を贈るとしたらチセを演じた種崎敦美を選ぶと思います。理想的な声だなぁと。
セリフの数がそれほど多いわけではありませんが、物語とともに記憶に刻まれる声でした。エリアスも。


ほかに特に褒めたいと思ったのは「ゆるキャン△」と「ハクメイとミコチ」における飲食のシーン。
いわゆるグルメ系作品では過度なリアクションが目立ち、かえって食欲をそそられないものが多かったのですが
この2作品は多くを語らず、それでいて食べてみたい、飲んでみたいと思わせられる表現がいくつもありまして
こうもシンプルかつ効果的だとかなわないなぁと。ほかもぜひ見習ってほしいですね。

「ハクメイとミコチ」は物語というよりは、あの世界観に浸っていたいという欲望に駆られる作品でした。
それに主題歌が抜群に良すぎた。高野寛と岩井俊二って、特定の世代に刺さりすぎるOPでしたよねぇ…。

あとは何気に気に入ったのが「学園ベビーシッターズ」。これも白泉社にハズレなしの系譜ですか。
それと、どこかで見るのをやめるだろうと思ってたのに完走してしまった「伊藤潤二『コレクション』」。
主題歌がめちゃくちゃカッコよかったのも一因だと思います。あんな良い曲をなぜここで使うのか…(笑)


今期だいぶ消化が遅れてしまったのは意外にも「恋は雨上がりのように」でした。なにも悪くはないんですが。

強いて言えば、進展が早いせいで重い時期がわりと長続きしてしまった感があることぐらい。
放送曜日さえ違えば、つまり録画にまわさなければきちんと消化が追いついていたと思います。
作画もお話も上々。メッセージ性や共感できるところ、知識の盛り込みにうなずけるところありという良い作品。
ハニワには若干の因縁をもってるのですが主題歌がよかったのも認めざるをえません。

一度は志したこと、そして諦めてしまったこと、やめてしまったこと。心のどこかに引っ掛かってるなにか。
ずっと走り出せないでいる。走れ、走れと応援しながら見続けている自分がいました。
それはきっと自分自身に対しても思っていることで、この作品を通して気付かされてしまいました。

開始当初に懸念していた声の問題は見ているうちに解消されたかな…平田広明の軽い感じが逆に働く場面も
あったので評価が徐々に変化しました。あの声で急にシリアスに冷たく切り返されたときのショックたるや。

声といえば、後半で宮本充が出てきたのは個人的にうれしかったですね。
それもほかではあまり聞けないじつに軽い、やっぱりゆうきまさみ作品に出てきそうな作家先生。ツボですわぁ。
創作を志したことのある人の心に刺さるセリフをいくつも残したのも宮本充演ずるこのキャラクターでした。


今期の残念枠は…「覇穹 封神演義」と「メルヘン・メドヘン」で全会一致でしょう。
前者は原作ファンの期待を大幅に裏切ったところ、後者は万策尽きて作画がぐにょぐにょになったところです。

世間では大絶賛されていた「宇宙よりも遠い場所」は第3話ぐらいはなんとか見続けていたんです。
ただ、花田十輝が描くスラップスティックに耐えられなくなって見るのをやめてしまいました。
いまとなってはなぜそこまで好評だったのか知るために見ておけばよかったと若干後悔しております。

さて…来期はどうなるでしょうね。年々アニメを見る体力が落ちてきているのを実感します。

| | コメント (0)

2018年3月22日 (木)

「FF14」 『蒐集品』で経験値を稼ぐ

「FF14」のクラフターおよびギャザラー職には『蒐集品(しゅうしゅうひん)』というシステムがあります。

この『蒐集品』というシステム、4.25の現在ではレベルの上限が70まで引き上げられていることなどが原因で
知らない人は知らないまま通り過ぎてしまう可能性もあるのではないかと思います。
実際自分は最近までこのシステムの仕組みがよくわからず、経験値稼ぎもほかの方法で対応していました。
採掘師をカンストさせる過程ではその便利さに気付けなかったし、フレンドも教えてくれなかったんですよね。

ギャザラーのレベルが50を過ぎて、ギルドリーヴの報酬だけではレベルが上がりにくくなる50台後半。
このぐらいのタイミングで活きてくるのがこの『蒐集品』と、グランドカンパニーの納品(1日1回限定)です。


Ps4ff14cap70

『蒐集品』とはなにか。そこから説明をはじめるべきかもしれません。
『蒐集品』とは、製作・採集アイテムを納品用にパッケージするシステム。またはそのパッケージ自体のこと。

『蒐集品』として製作・採集したものは納品以外には捨てるしかない特殊な状態で所持品欄に収まります。
(品質を下げることで普通のアイテムに戻して売買、精選によって別のアイテムに変換という手段はあり)

これを所定のNPCに納品することで、経験値と専用のスクリップを入手することができます。
ちなみにスクリップにはクラフター用とギャザラー用の2種類あり、交換できるアイテムもそれぞれ異なります。
ギャザラー用のスクリップはギャザラー向けのアイテムとしか交換できないのでご注意ください。

ギャザラーを例にして言えば、指定された採集アイテムを『蒐集品』形式で採集後、納品して経験値を稼ぐ。
とりあえず今回はそこだけ理解できればオッケーかと。理解できるとかなりハイペースで稼げる方法なのです。


Ps4ff14cap71

Ps4ff14cap72

ギャザラーで『蒐集品』を利用するにはどうすればいいか。その手順を書いていこうと思います。
どこを調べてもあんまりよくわからなかったので、これは備忘録的な意味合いも含めての記事化となります。

まず、『蒐集品』として納品を依頼されているアイテムの一覧を確認するところからはじまります。
メニュー画面から[コンテンツ情報一覧]を開き、そのなかの[ロウェナ商会取引]を選択してください。
『蒐集品』に指定されている品目と、納品に必要な『蒐集品』の蒐集価値を一覧で確認することができます。

『蒐集品』の納品はただ採集すればいいわけではなく、一定の蒐集価値を超えている必要があります。
どうすれば高い蒐集価値で採集できるのかはまたのちほど説明します。


Ps4ff14cap73

次に必要なのは、それぞれのアイテムをどこで採集できるか確認すること。

『蒐集品』に指定されているアイテムの多くは"時刻"制限で採集できる特殊なものばかりです。
現実の時間で数十分に一度しか採集のチャンスがないという結構シビアな条件が課せられているのですが
よくよくチェックすると、いつでも採集できる普通の採集アイテムもいくつか混じっているのです。
効率よく経験値を獲得するにはまずそこを見分けるのが大事になってきます。

上の画像の一覧では『ペリウィンクル』や『シーダー原木』がいつでも採集できるアイテムです。
そのタイミングで獲得できる経験値などと照らし合わせ、もっとも効率のよいものを選びたいところですね。


Ps4ff14cap74

「ERIONES(エリオネス)」という外部の情報サイトでアイテムを検索すると、時間制限をかけられてるものは
あと何分待てば採集できるか具体的な時間も含めて確認することができます。とても便利。
また、それ以外の採集アイテムもエリアのどのあたりで採集できるかマップ付きで解説されています。
『蒐集品』納品では非常にお世話になるサイトなので、傍らに準備しておくのがオススメです。

採集できる場所がわかったら、次は『蒐集品』として採集するための手順を知りましょう。


Ps4ff14cap75

『蒐集品』の採集をはじめる際にはまず、専用のアクション『蒐集品採集』でモードを切り替えをおこないます。
アクションを実行するたびにモードがオンオフされ、オンのあいだは通常の採集ができなくなります。

オンの状態で採集ポイントにいくと、『蒐集品』として採集可能なアイテムがハイライト表示されます。

ここで表示されている採集の成功率は『蒐集品』の採集にも影響します。
できるだけ100%に近い状態で臨みたいので、あまり高望みなアイテムは選ばないほうが無難と言えますが
通常の採集で使用する採集確率UP系のアクションを使って成功率を高めることもできます。

行動できる回数は通常の採集と同じで、画面上部の白いゲージの残量ぶんだけ行動できます。


Ps4ff14cap76

採集アイテムを選択すると、普段とは違うウインドウが開いて『蒐集品』の採集がはじまります。
雰囲気的にはクラフターの製作に近いですね。ここで希少度(蒐集価値)を高める作業をします。

ウインドウ内の左側にある負荷というのは、希少度を上げられる回数の上限を示したもの。
上限を超えると採集の成功率が大幅に落ちて『蒐集品』の獲得が危うくなります。
クラフター作業の耐久度と似たようなものですね。負荷の残量に気を付けて希少度を上げていきましょう。

希少度を高めるアクションは『選別』と呼ばれ、『直感選別』や『慎重選別』などがあります。
それぞれに希少度の上昇値が決められており、上昇値は『審美眼』というアクションで増加することが可能。
『直感選別』は上昇値こそ低いものの、確率で『審美眼』が発動するという魅力があります。
対して『大胆選別』は上昇値がランダム。しかし運がよければ大幅に希少度を上げることができます。

負荷上昇(減少)を無効化する『コーション』や、行動回数の減少を無効化する『シングルマインド』など
補助的なアクションを使い、行動回数の範囲内で希少度を高めつつ採集をおこなわなければなりません。


最初のうちはどうすればいいのかよくわからないと思います。繰り返すうちに慣れるしかありません。
他のプレイヤーの手順を参考にするのが無難かもしれません。仕組みはやっていくうちにわかってくるので。


Ps4ff14cap77

先述のアクションを駆使し、希少度が指定の値を超えたら採集をおこないます。
ここでの採集には成功率が関わってきます。失敗すれば当然ですが『蒐集品』は手に入りません。
なので、できるだけ100%に近い状態で『蒐集品』の採集をはじめたいわけですね。

成功すると蒐集価値の確認を求められるので、要求されている数値を超えているのを確認して採集で確定。
これで所持品欄に『蒐集品』が収まり、納品できる状態になります。では、次は納品へと向かいましょう。


Ps4ff14cap78

納品受付はロウェナ商会の窓口があるモードゥナやイディルシャイア、それにラールガーズリーチ。
4.0でエオルゼア三国にも窓口が設置されたので、全部で6箇所になりました。
納品窓口で採集した『蒐集品』を選択すれば、経験値とギャザラー用スクリップに交換されます。

一度覚えてしまえばなんてことはありません。あとは『蒐集品』の採集作業と報酬が見合うかどうかですね。

現在はクガネでレベル60以上向けのギルドリーヴが受けられるので、効率で言えばそちらのほうが上かと。
クリア報酬だけでなく、一回一回の採集作業で手に入る経験値もかなり多めですし。
(レベル60以上なら採集ポイントで1回カツーンするだけで1万くらい経験値をもらえるようになります)
それに、中途半端なギャザラー装備でも経験値の獲得が確約されているという点で『蒐集品』より簡単です。

加えて『蒐集品』は作業中、所持品欄をびっしり埋められてしまうという問題があります。
『蒐集品』はスタック不可能なので持ち歩きに結構不便なんですよ。

その状態のままルーレットの順番が来てIDに突入なんてしてしまったら…なので注意が必要(経験済み)。


Ps4ff14cap79

戦闘職の育成や日々のレベリングルーレットの合間にやるなら、冒頭で触れたグラカン納品がオススメです。
なにも考えずにHQ品を10個納品するだけで100~200万の経験値が得られる高効率な納品です。

グラカン納品の品目もメニュー画面の[コンテンツ情報一覧]から確認することができます。



4.25の現在、4.2のころサボっていた平均アイテムレベル上げをいまごろになってようやくはじめています。
あんまり熱心ではないのは極神龍みたいな絶大なライバル的存在がいないからかもしれません。
極白虎はなんとなくそういうポジションではないというか…とか言って、まだ戦ったこともないんですけど。

最近のおもな楽しみはミラプリです。ミラプリが楽しいから他のこともなんとか手をつけられてる感じ。
エウレカは自分には合わないコンテンツっぽい。なのにプレイ人口をエウレカに吸われてるという切ない状態。

| | コメント (0)

2018年3月 9日 (金)

ゲームレビュー 「CROSSOUT」

Crossout19

[クリアまでにかかった時間]
PvPとPvEの対戦ゲームであるためクリアという概念はなし。定期的に期間限定のイベントなどあり。

[ゲーム難易度]
やや難しめ。レースゲームなどでクルマの運転に慣れている人でないと、最初は操縦そのものに戸惑うかも。
PvPは対人対戦慣れしている人とそうでない人、プレイ時間や課金の度合いで差ができやすい。
PvEは難易度の調整があきらかにおかしく、この記事を書く直前のアップデートでさらに難しくなった。

[トロフィー難易度]
数は少ないが時間はかかる。対戦における累積数や高レベルのアイテム製造など、技術よりも時間という感じ。
勝利数のような技術が必要なものは限られているので、根気さえあればなんとかなる。


[過去の関連記事]
「CROSSOUT」にちょっとハマる
「CROSSOUT」のオススメ装備やファクションなど
「CROSSOUT」 トロフィーコンプリート

 ※以下のレビューはバージョン1.22時点での評価となります。


Crossout20

[GOOD]
・基本無料。PS Plus非加入でもプレイ可能。日本語ローカライズ済み。PvEのみスタミナ制度あり。
・「マッドマックス」のような世界観で車両戦闘という、好きな人にはたまらない設定。
・自分だけの一台を組み立てて対戦に駆り出していき、問題点を見つけては改良…という試行錯誤の楽しさ。
・軽快なマッチング。特にPvPは一度そろってしまえば継続してずっと対戦し続けていられる。
・PvPは人数が足りない場合、NPCの補充で数が調整されるほか、開戦直後ならプレイヤーとの交代もある。
・基本的にチーム戦なので個人の負担が少なめ。負けても一定の報酬(おそらく自機の残骸)が手に入る。
・クリアできなかったデイリーチャレンジの進捗が翌日に持ち越されるうえ報酬もきちんともらえる。
・試乗という方法で未所持の装備をおためし使用できる。

[BAD]
・デザインは良いが選択しづらい対戦メニュー。
・せっかく作った高レベルのアイテムが弱体化という方向で調整される場合がある。
・アップデートでPvPの対戦時間が3分から5分に延長された影響か、慎重で地味な対戦が続くようになった。
・NPCがアップデートを繰り返すたびに無暗に強化され脅威と化している(レジェンダリー武器まで搭載…)
・そのほかアップデートによる改悪や不親切な追加要素が多く、アップデートの容量も毎回大きめ。
・参加プレイヤーの回線品質が原因で操作不能な状況が続いたり、PvEが中止される場合がある。
・bot対策なのか、あまりにも戦果が低いと報酬が手に入らずデイリーチャレンジのカウントもされない。
・デイリーミッションのうち、1日2時間のプレイというのが思いのほか長いわりに報酬が安すぎる。
・PvEの難易度調整にかなりの難があり、あまり利用されていないコンテンツがいくつかある。
・パーツ製造の際に素材以外にも作業台のレンタル料を取られる。そもそも素材が手に入りづらく、高い。

[NEITHER]
・組み立てに頭を使うのは楽しいが、工夫しても理不尽な後出しの一撃で破壊されてしまうことばかり。
・PvPエリアの細分化の意図がわかりづらい。ほしい報酬をある程度選べると思えば、便利といえば便利か。
・1対1の状況では一方的な戦いになりやすい。逆に言えば全員で固まって動くのがとにかく強い。
・パーツ製造に実時間を要するが、1時間や6時間など理不尽と言うほど長くはない。
・有料配信されているゲーム内通貨や車輛一式が信じられないくらい高価だが、それがビジネスというもの。


Crossout21

[総括]
「War Thunder」で知られるGaijin Entertainmentが送る、基本無料の対戦型カーバトルアクション。
大雑把に言えば「World of Tanks」の「マッドマックス」版、もしくは「メタルマックス」版という感じで
実在した戦車の代わりにジャンクパーツを溶接して作ったクルマで荒野や廃墟を舞台に戦う。
それ以上でもそれ以下でもないと言っていいくらい、そんな感じのゲームである。

山ほど種類のある外装パーツや武器、補助系のユニットを自由に組み合わせてクルマを作れるというところが
あらかじめ戦車や戦闘機を用意されている他のタイトルと明確に異なる、自由度を感じられる部分だ。

勝っても負けても得られるものはあるし、素材や資金が揃ってくればできることも増えていく。
対戦そっちのけでクルマの組み立てにハマってしまうプレイヤーも多いだろう。
戦力と外観のカッコよさを両立しようとアレコレ考えているうちに1時間ぐらい平気で経ってしまう。

対戦の楽しさ、組み立ての自由さの陰に隠れがちだがグラフィックの水準もそこそこ高い。
なのに基本無料。本体がネットにつながっていれば一銭も落とさず2か月ぐらいは遊び倒せてしまうだろう。
そういう意味ではわりと恐ろしいゲームでもある。他の有料タイトルを駆逐してしまいかねない。
実際、このゲームを始めたせいで本来プレイするつもりだったゲームがまったく進んでいないほどだ。

不満な部分はいくらかあるが、それらを覆い隠せるだけの魅力が詰まっている。
短時間でも長時間でも満足のいく遊び方ができるし、自分のアイデアが勝利に結びついたときの快感もある。
本当に無料で大丈夫なのだろうか。ビジネスモデルとして成立しているのかどうかが気になった。


[オススメ度]
高い。ゲーム機本体だけ買ってしまって、プレイするゲームがないなら真っ先にダウンロードしておくべき。
ただし、楽しく続けていられる期間にはある程度の限度があると思っておいたほうがよい。



Crossout23

なかには基本的な操作方法をチェックせずプレイしてる人もいるようで、自爆の方法がわからないからなのか
車輪と武装をすべて失った状態で立ち往生(PvEではサボり)しているプレイヤーをまれに見かけます。
設定画面からコントロールを確認できるので、オンラインデビューする前に一度は確認しておきましょう。

ちなみに自爆の方法は左右のスティック同時押し込みです。押すとゲージが回りはじめ、全周で確定です。

余談ですが、PvPは選ぶのに困ったらとりあえず『キャノンをゲットせよ!』にしておけばいいと思います。
このルールで手に入る『アヴィア S-199 ブースター』はコモン部品のなかでもっとも高く売却できるからです。

| | コメント (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »