« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月30日 (土)

2018年第2Q アニメ総括

投稿予約を忘れていて危うく7月最初の投稿になるところでした…本当は昨日公開する予定だったんです。
推敲して、ゲームやってるうちにすっかり忘れてたという(笑)まあ、ギリギリセーフってことで。


今期の作品で最後まで好印象だったのは「メガロボクス」と「ウマ娘」のふたつ。

「メガロボクス」はリメイクという側面から、どこまで原典と同じになるか?という部分に注目が集まっていたため
結末に不満を覚える人も少なからずいたようで、全体の評価まで含めて賛否両論の議論となりました。
たしかに不満がないわけではないし、すべてを知るには描き足りないと感じる部分もありました。
ですが、想像の余地が用意されていてそういう議論で盛り上がれている時点でもう傑作だと思うんですよね。

個人的には、『原典のジョーと力石が転生した先の未来の出来事』という見方が好きです。
誰も死なない、心に傷を負わない。再び出会えたふたりが"いま"を楽しむためにひたすら打ち込む…という。
ギアは夢の対決を実現するためのサポートする道具に過ぎず、必要がなくなったからはずしたのかなぁと。

すべてが終わったあとのエピローグの桃源郷のような光景に、ある種の救済を見たような気がしています。

最終回へ向かうまでの綱渡りのようなギリギリ感にも強い見応えを感じることができました。
今期放送された作品のなかでは群を抜いて、非常に満足度の高い仕上がりになっていたと思います。


「ウマ娘」もある意味では同様で、どこまで史実と異なる要素を入れてくるかが注目されていました。
あのとき引退していなかったら、実現されなかった兄弟対決が叶ったら。非常に夢のある歴史のifの描写。
美少女擬人化という置き換えにはなっているものの、当時の史実をよく知る方々からも賞賛されていた様子。

あとは、細江純子さんの解説も本作を語るうえで触れておかねばならないポイントになったと思います。
特にサイレンススズカ周辺のセリフは、彼女に言わせるからこそドラマチックになっていたところもありましたし。

尺の都合か、史実では勝利していたスペシャルウィークのいくつかのレースが割愛されてしまっていたせいで
スペシャルウィークが強いウマであるという印象をあまり受けられなかったのが若干気になるところでした。
ただ、それは逆に言えば「ウマ娘」におけるスペシャルウィークのキャラ付けには合致していたのかなぁと。
連勝街道を爆走していた史実と、劇中のイメージとではちょっとギャップがありますしね。


今期ほかに楽しく見続けられたのは「ニル・アドミラリの天秤」と「多田くん」、「ゴールデンカムイ」あたり。
継続作品であった「ルパン三世」や「STEINS;GATE 0」、「ダリフラ」なども挙げたいと思います。

「多田くんは恋をしない」はベタではありましたが、良く言えばスタンダードで気持ちよく最後まで見られました。
そうそう、こういうのでいいんだよ…という安心感。そしてハッピーエンドだからいい、っていう。
「ゴールデンカムイ」は分割2期前提のぶつ切り感でしたが、とりあえずここまでは楽しかったですね。


「ダーリン・イン・ザ・フランキス」は終盤、VIRMなる新たな敵が登場したあたりからガラリと空気が変わって
ある意味で結末がとても予想しやすくなったというか…ほぼオマージュの塊だったじゃないですか(笑)
元ネタとなる作品を知る『わかってる人たち』は素直に受け止めることができたと思います。
しかし、『わかってない人たち』の目にはどう映っていたのか。そこがいまでもずっと気になっています。

ゼロツーが巨大化するくだりなどは特に混乱を招いたんじゃないかと…自分はアレは予想通りでしたけど。
巨大爆弾を敵にぶつける、腕組みポーズあたりまでは完全に予想通りというか期待通り。
唯一、地球への帰還の仕方だけがハズレでした(12000年後帰還説をずっと掲げてたものでして…)。

全体を振り返るとどうでしょう?楽しく見続けてこれたのは間違いないんですが、やはりVIRM以降がどうも。
真の敵を外部に求めるしか方法がなかったとは思えないし、唐突さは否めませんよね。やっぱり。


最終回まで見たなかで、これはちょっとなぁ…という評価になってしまったのは「東京喰種:re」です。
月山さんと琲世が出会ったあたりは過去作から引き継ぐ部分として、おもしろい展開だなぁと見ていたのですが
それ以外の部分はまるでバトル漫画のような、本当に戦闘シーンしかない感じだったもので。
あれだけ動かしてくれていたのに贅沢な話ではあるんですけど、見たかったのはそこではないなぁと…。

戦闘の描写についても、格下のキャラクターがティッシュペーパーのように(笑)ちぎれ飛ぶシーンが非常に多く
格上のキャラクターの強さを表現するうえでの描写がかえってチープさを生んでいた感じ。
ゴア表現はやり方によってはギャグになってしまうという、その悪しき例を見たような気がしています。

お話の部分でも、中途半端なところで終わってしまったことが悪印象につながったのかもしれません。
あくまで私見ではありますが、過去作のファンを満足させることのできる内容ではなかったと思います。


以前からたびたびニガテ意識があると書いてきた川崎逸朗監督の最新作「魔法少女 俺」はまずまず。
ひょっとして川崎監督ってこういう路線のほうが合っているのでは?と思いました。
しかし、こういう悪フザケが許されるのは今回だけだと思ってほしい(笑)二度はできないですよコレは…。

「パンドーラ」はもう、なんと言っていいか…やりたいことは伝わってくるけど絶望的にリソースが足りていない。
結果としてアニメオタクのあいだでは『出来の悪い中華資本のアニメ』という認識になってしまっている様子。
これから後半戦で、残された視聴者にどれだけ逆転劇を繰り広げられるかがカギですね。
来期へ続く作品はいくつかありますが、GONZO制作の「かくりよの宿飯」も後半戦がんばってほしいです。



「思っていたのと違う」というのは、勝手な期待や想像とのズレでしかありません。
「思っていたのと違う」ことを理解したうえで、あらためてその作品をきちんと評価する必要があります。
なので、「思っていたのと違う」ことを理由に作品を否定するのだけは避けてほしいですね。


今期の動向を語るうえではずすことができないのがバーチャルYouTuber(VTuber)の存在でした。

いままでアニメを見ていた層、ゲームをプレイしていた層が、アニメやゲームよりもVTuberの映像コンテンツを
優先的に見ているのを強く実感できるシーズンでした。ものすごい変化が急にやってきたという感じ。
半年前には数えるほど(という印象)だったVTuberの数もネズミ算のように増えましたよね。
あっちの配信が終われば次はこっちの配信が始まって…と、ある意味アニメよりも負担が大きいのかも。

自分はYouTuberやVTuberにはいまだ関心を持てず、完全に時代に取り残されている状態です。
でもきっとキッカケがないだけで、どこかのタイミングで急に追いかけ始めるかもしれません。

| | コメント (0)

2018年6月13日 (水)

「FF14」 4.3以降の日常

Ps4ff14cap83

4月の初旬以降、「FF14」の進捗に触れていませんでした。一旦休止したいと言いつつダラダラ続けてた感じ。

4.3アップデート以降は戦闘系コンテンツはほどほどに、おもに蛮族クエストを進めていた感じですね。
新たに追加されたIDやアライアンスは初めの1週間こそ苦しめられたものの、翌週以降はもう『普通』の存在に。
初めて参加したリドルアナは本当に絶望的な致死率でしたが(笑)仕組みさえわかれば難なく。

4.3で追加されたナマズオ族の蛮族クエストはギャザクラをひとつでもカンストしていればかなり簡単な内容です。
ギャザラーのほうがより簡単かな。採集ポイントさえわかっていれば掘るだけでほぼおしまいなので。
ギャザクラ作業以外の依頼も新機軸があっておもしろいです。的当てとか御神輿(!)とか。
合間に挟まるクエストの内容もこれまでにない感じで新鮮。それに、ナマズオ族たちがとにかくかわいい。

7年後に起こるとされている災厄を、現在を改変することで乗り越えていくというのがクエストの大筋なのですが
登場してくるキャラといい、これって元ネタはあのゲームなんじゃ?って思っちゃいますね。


Ps4ff14cap84

お得意様とヤンサのドマ町人地の復興、それにリドルアナを週1ペースでこなして残りは毎日の蛮族クエスト。
これが4.3以降の日常です。ほかに特にやりたいことも思い浮かばないので。
新たな極蛮神やハイエンドコンテンツもやればいいのでしょうが、どうにも食指が伸びないままでいます。
もともと戦闘系コンテンツにそれほど興味があるわけでもなかったので、そこは平常運転と言えるのかも。

とりあえず毎日やることが思いつくうちは続けていこうかと。新生エリアの蛮族クエストなども興味はありますし。



いまは他に特にやりたいゲームがあるわけでもないし、停滞期というか低空飛行してる感じですね。
気持ちがちょっとゲーム離れの時期に来てるのかも。それと文章化、ブログ離れが来てたのも否定できません。

ほかにやりたいことができたわけではないんです。あらゆることにやる気がなくなってしまっているだけで。
プライベートなことなので詳しくは書きませんが、精神的にそれどころではない感じだったのです。
ゲームを楽しむのが難しくなる、起動する気すら引けるようになるなんて昔は想像もしていませんでした。

| | コメント (0)

2018年6月 5日 (火)

ゲームレビュー 「テイルズオブベルセリア」

Tob02

[クリアまでにかかった時間]
エンディング終了後のセーブ時点で49時間ちょうど。なお、半数近くのサブイベントが未消化のまま。

[ゲーム難易度]
戦闘難易度は最大で6段階。自分の楽しみ方に合わせて柔軟な調整ができる。
もっとも簡単なシンプルモードを選べば、装備品の選択や敵の属性などに悩むことなく冒険に専念できる。

[トロフィー難易度]
1周でコンプリートするのはほぼ不可能。取り返しのつかない要素もあり、かなりの根気と注意力が要る。


Tob03

[GOOD]
・本編容量約12GBという軽さのわりに長時間遊べるボリューム感、膨大なやり込み要素。
・ロード時間皆無で画面の切り替えがスムーズ。待ち時間が発生するのはセーブとロードだけ。
・戦闘時の味方NPCがわりと優秀でたよりになる。傍観していてもゴリゴリと敵を倒してしまう。
・ボス級の経験値配分が大きいらしく、ザコ敵はヒマ潰し程度に戦うだけで問題なし。レベル上げ不要。
・どのエリアでもマップをつねに表示、宝箱の個数を表示などストレスフリーな仕様。
・プレイしていない時間も(たった30分だが)有効利用できる異海探索。プレイ時間の目安としても利用できる。

[BAD]
・限られたエリアを除いて、スクリーンショット撮影やストリーム配信が不可能。
・プレイ時間の半分くらいは会話。当然その間は見ていることしかできず、操作が止まりがち。
・戦闘がそこそこ難しく、プレイヤー層を考えると辛めな味付け。失敗に対するペナルティが大きい。
・一部のボスや甲種モンスターはひたすらガードとカウンター攻撃を繰り返すため、戦闘が爽快感に欠ける。
・用途がよくわからないまま大量に拾わされるフィールドアイテム。その大半は換金用である。
・ダンジョン内のパズルがお世辞にも楽しいとは言えず、マップが表示されていても面倒に感じる。


Tob04

[NEITHER]
・意識的に寄り道をしないとほぼ一本道。ダンジョンを出たら次のダンジョンへと忙しく歩きまわされることに。
・武器や防具の優劣を判断しにくく選択に悩まされるが、どれを選んでも大きな間違いにはならない。
・装備の分解や強化は奥深いが、分解しきれないほど次々ドロップするのでだんだん煩わしくなってくる。
・存在を忘れがちな料理要素。まったく利用しなくても最後までプレイできてしまう。
・フィールドアイテムだけでなく、宝箱の中身まで時間経過で復活する。集め始めると本当にキリがない。
・移動に飽き始めたころに乗り物が提供されるが、地域ごとにアンロックが必要。
・食品の名前やその味付けなど、文化面で必要以上にジャパナイズされているところ。

…などと言い出すと、シリーズ伝統の『マーボーカレー』なども場違いな存在として指摘せねばならなくなるが
雑談の端々に登場する日本的な要素は、いかにも日本生まれなゲームだなぁと思わせるものだった。
ノルミン島を流れるおしるこの川を見て海外のプレイヤーはどう思ったのか、とても気になる。


Tob06

[総括]
本作は見た目のカジュアルさとは裏腹に、ゲームシステムに必要以上に複雑なところがある。
というより、もっとシンプルに遊べるゲームだと勝手に思い込んでいて、そのギャップに苦しめられてしまった。

正解がわかりにくい、というのもある。どれを選べばいいのか、どれを捨てても大丈夫なのか。
正解がわからないまま選択肢だけがどんどん増えていき、どれを選んでもなんだかんだで先には進めてしまう。
どうにもスッキリしない、モヤモヤしたままストーリーを追うことに大きな違和感を覚えた。

そして、本作には「やってもやらなくても支障がない要素」がいくつも用意されている。
これを「できることがたくさんあって楽しい」と感じるか、「いろいろあってよくわからない」と感じるか。
自分の場合、完全に後者になってしまった。もっとシンプルであってほしいと。
幸い本作はシンプルにプレイすることもできるようになっている。それでも購入からクリアまで5か月を要した。

なんとなく長時間続けられない、一度中断すると再開に時間がかかる。モチベーションを維持できない。
理由はなんなんだろう?といろいろ考えたが、やはり会話イベントによるプレイの停滞が一番大きかった。


Tob05

ストーリーは重い。こちらも正解という確信のないまま、次々と先に進んでは失敗させられていく。
そして文字通り見ていることしかできない。膨大な会話の最中はプレイヤーではなく、ただの視聴者となる。
「ゲームは1日1時間まで」というルールがある場合、その1時間がまるまる会話だけで終わる日もある。
それくらい、見ているだけの時間が非常に長いゲームということだ。

会話にはメインキャラだけでなく一般市民も参加するし、たいして重要ではない雑談が結構な尺を占めている。
会話をきちんと聞こうとする姿勢がだんだん薄れていき、本当に重要なセリフを聞き逃すことも多かった。
セリフは多ければよいというものではない、と本作をプレイしていてしみじみと感じた。

しかし、会話に費やした時間は積み重ねとなって後半に効いてくる。
そのことを実感できたのはプレイ時間が40時間を過ぎたあたりだった。終盤はセリフの重みが違ってくる。
小さな雑談のひとつひとつがキャラを掘り下げると同時に、必要な『ゆるみ』をもたせていたのかもしれない。
すべてを見終えたあと、費やした時間をムダだったと感じることはおそらくないだろう。
(ただし、すべての内容を理解するには前作なりアニメ版を見るなりして予備知識を入れておく必要はある)


Tob07

むしろクリアしたあとこそ、世界中をまわってまだ見ぬ雑談を聞きたくなる。そういう心境にさせられてしまう。
ゲームのクリアは登場人物たちとの別れをも意味する。
『災禍の顕主』御一行様の旅の様子を見るには、終わりを見たゲームを再開するしかないのだ。

PS3との縦マルチの都合か、PS4らしいグラフィックとは言えないが、それ自体は気にならなくなっていった。
むしろ画面切り替えのスムーズさなどの面で、良いほうへ働いてるとさえ感じるほどだ。

気になるところはあるかもしれないが、自分なりに遊びやすいよう工夫して最後までプレイしてほしい。


[オススメ度]
まあまあ。アニメ版「ゼスティリア ザ クロス」を見た人には『プレイするアニメ』として本作はオススメできる。
精神的に病んでいるという自覚がある人、またはそういう期間にプレイするのはオススメしない。
だが、そういうときこそ本作から励ましのメッセージを得られるかもしれない。毒にもなれば薬にもなりそうだ。



Tob08

本作のダウンロード版を購入した人は特になんですが、最初に操作方法をきちんと確認しておくべきですね。
ダンジョンから一瞬で脱出できるアイテムと、行ったことのある都市へ移動できるアイテムの使い方を最後まで
知らないままクリアしてしまい、クリア後になって初めて利用しました…(笑)

また、□ボタンでマップやサブクエストの進行状況を表示できることもクリア後まで知りませんでした。
これを知ってるのと知らないのとではゲームの楽しみ方がかなり違ってくると思われるので注意してください。

トロフィーのコンプは諦めましたが、見えてる範囲のサブクエストだけでも消化して次に移ろうと思います。

| | コメント (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »