« 2018年第3Q 気になるアニメ主題歌10選 | トップページ | 「FF14」 パゴス編進行中 »

2018年8月27日 (月)

『違和感』ってなんだ?

ネット上のアニメの感想を追っていると『違和感』という言葉がしばしば見られます。特に声の演技について。

「(特定の人物の演技に)なんとなく違和感があると思ったら、声優じゃない人が演じていた」
「声優じゃない人が演じているのに違和感がない」…といった具合に。

しかし冷静に考えると『違和感がある』とか『違和感がない』ってなんなんでしょうね?
批判にしては要領を得ないし、褒めているようにも聞こえず、なんだかぼんやりした奇妙な印象があります。
なのに異口同音に使われている。あまりにも多用されていることに『違和感』を覚えてしまったのです。


辞書を引くと、『違和感』とは「うまく言い表せない妙な引っ掛かり」を表す言葉として紹介されています。
あるいは特定の集団に馴染めていない、均一化されたなかで突出しているなにかを表す言葉。

前者に関して言えば、おそらくそれはなにが良いか悪いかもよくわからない状態なんでしょうね。
だって、わかっていれば具体的に言い表すことができるはずですから。
なんか気になったから『違和感がある』、特になにも引っ掛かりを感じなかったから『違和感がない』。
しかもこれ、『違和感がない』から上手いと言ってるわけでもないんですよね。単に『違和感がない』だけ。

いや、『違和感がない』が褒め言葉として機能する現場も当然あるんですよ。たとえば補修作業であるとか。
修理跡が全然見えない。触ってもわからない。技術力の高さ、良い状態をあらわす言葉として通じます。
しかし個性を表現する場で、『違和感がない』と評されてはたして喜べるのかどうか。

そこにいてもわからない、気付かれないことを第一とした『違和感がない』演技が求められる。
これってもう演技というよりカムフラージュですよね。目立たないように、変装して溶け込むかのような。

変装という比喩は適切かもしれません。「声優じゃないのがバレないように振舞え」ということなので。


話は少し変わりますけど、自分は「声優に挑戦」というのが結構好きなんですよね。異業種からの声優起用が。
よく知るアイドルやお笑い芸人の新たな可能性が垣間見える機会であり、とても刺激的です。
声優だけでまわしているうちは、無菌の密閉された空間では絶対に起こりえない化学反応が起きる。
起用の狙いをあれこれ想像するのもおもしろいし、その狙いが当たってると感じたときの楽しさもあります。

…まあファンにしてみれば、好きなアニメを実験場にされたらたまったもんじゃないでしょうけど。
ただ、もう少し多様性が容認されてもいいと思うんですよね。個々の『違和感』が許される場であってほしい。
実験結果をみんなで見守る。それくらいのスタンスでいたほうがきっと穏やかでいられると思いますし。

あと、挑戦する演者にもファンは当然いるので。ファンの人たちの気持ちも考慮して言葉を選んでほしいです。
「『違和感がある』ものはどんなに口汚く罵っても許される」という感覚でいる人も多いので。


声優じゃないのがバレた途端、ホントにボロクソに叩かれますからね…。
異業種から挑戦する人は、自分が培ってきた演技を示すよりもカムフラージュに徹したほうがいいのかも。
自分を捨てて声優のモノマネに尽力する。そのほうが結果として評価が高くなりそうな気がします。
評価といってもあくまでネット上のですけどね。『違和感がない』を良しとするネット上の評価。



今回の記事、今期ちょっと話題になっているとある新作アニメの感想を発端として書き進めていたのですが
迷彩服に対する『違和感』を訴える苦情により自衛隊の交流イベントが中止になるという事件が発生したりで
対象を限定しない書き方にしたほうがいいかな?と思って、こんな感じにまとまりました。

ちなみにそのアニメのほうは半分過ぎたあたりで消化が滞ってます。次回を見たいと思わせる力が弱い…。


『違和感』に限らず、アニメの感想でよく使われている言葉はほかにもいろいろあります。
『シナリオ』や『テンポ』、『とっ散らかってる』、『棒(棒読み)』などなど…驚くほど同じ言葉が使われます。

あまりにも使われ過ぎていて、まるで他人の言葉を借りてきたかのような感じがして嫌悪感を覚えるようになり
次第にこれらの言葉を意識的に避けるようになりました。同族嫌悪みたいなものですかね?
ぼんやりした便利な言葉にたよらず、自分が感じたことをできるだけ具体的に、巧みに表現していきたい。
「頭悪いと思われたくない」という気持ちから来る、ある種のカムフラージュなのかも。

他人の言葉を借りてくる、いわゆる『定型』のような表現はネット上ではむしろ好まれるのかもしれません。
スラングを使うこと自体の気持ちよさというか。なんとなくあると思うんですよね、そういうの。
匿名掲示板発祥の文化だったりするのかも…これはこれで研究したらおもしろそうなテーマではあります。

|

« 2018年第3Q 気になるアニメ主題歌10選 | トップページ | 「FF14」 パゴス編進行中 »

アニメ レビュー&コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2018年第3Q 気になるアニメ主題歌10選 | トップページ | 「FF14」 パゴス編進行中 »