« 「Anthem」と「The Division 2」のベータテストを終えて | トップページ | ゲームレビュー 「STAY(ステイ)」 »

2019年2月20日 (水)

2019年 冬アニメ 気になる主題歌10選

徐々に恒例になりつつあるこの企画。今期も気になったアニソンを10曲に絞って紹介していきたいと思います。

・「どろろ」オープニングテーマ 『火炎』
 気持ちよさと気持ち悪さの狭間にあるような絶妙なバランスと、聴けば聴くほどハマる巧みなトラック。
 過去と現代の融合、主題歌としての要素、アーティストの個性がギリギリの範囲で収まっていてすごいです。

・「どろろ」エンディングテーマ 『さよならごっこ』
 楽曲単体としてもさることながら、アニメの主題歌としてもしっかり味わいのある優れた楽曲。
 どことなくノスタルジーを感じさせる童謡のようなメロディーも、エンディングテーマとしてマッチしています。

・「上野さんは不器用」エンディングテーマ 『マイペース・サイエンス』
 全6曲あるエンディングテーマのうちのひとつ。さらっと聞き流せてしまうようなソフトなジャズアレンジ。
 本編の激しい下ネタのあとにクールダウンさせるように流れるところも上手いと思います。

・「ぱすてるメモリーズ」オープニングテーマ 『Believe in Sky』
 方々で「ガルパン」のオープニングテーマ『DreamRiser』に似てる似てると繰り返し言われ続けているせいで
 この曲を聴くたびに変な笑いがこみ上げてしまうのですが、聴き比べても似てるからしょうがないですよね…。
 (「believe in sky」でググるとサジェストに「dreamriser」と出てくるぐらいには認知されている様子)

・「けものフレンズ2」オープニングテーマ 『乗ってけ!ジャパリビート』
 今期ジャズアレンジの主題歌がいくつか揃っていますが、そのなかでもダントツにカッコいいのがこの曲。
 前期主題歌が神格化されるほど好評だっただけに、それに追随するのは本人でも難しかったと思うのですが
 今回のこの曲がもつ気持ちよさは音楽好きの耳には確実に伝わっていると思います。

・「CIRCLET PRINCESS」エンディングテーマ 『Circle-Lets Friends!』
 一時代前のランティス系アニソンアーティストが集結したオールスター的な感覚のある1曲。
 楽曲だけでなく、本編のキャスト陣もそんな感じなんですよね。90~00年代のリバイバルの一環でしょうか。

・「私に天使が舞い降りた!」エンディングテーマ 『ハッピー・ハッピー・フレンズ』
 歌声にヤバい成分でも混じってるんじゃないかと思えるほど、聴く人の脳を融かすおそろしいハーモニー。
 ただかわいいだけじゃない。健康を害するおそれのあるかわいさ。映像つきだとなおさら。

・「ガーリー・エアフォース」オープニングテーマ 『Break the Blue!!』
 川田まみが歌っていないのに川田まみっぽい曲というのはこれまでにもI've楽曲にはいくつかありましたが
 歌声まで含めて川田まみっぽさを感じられるのは珍しいのではないかと。ランガちゃんの意外性が見えました。

 余談ですが、「I'veっぽい」と感じる曲は人によってだいぶ違うみたいですね。
 自分が思う「I'veっぽさ」の欠片もない曲を「I'veっぽい」と評する人もいて、ちょっと気になりました。
 製作にI'veのメンバーが関わっている場合、それはもう「I'veっぽい」ではなくI'veの曲なんですけど…(笑)

・「グリムノーツ」オープニングテーマ 『Innocent Notes』
 この曲なんかおかしいよね?と、ちょっと違った意味で局地的に話題になっている一曲。
 あまり専門的なことは言えないのですが、複数の楽曲を切り張りしたかのような統一感のない構成だったり
 音痴に聞こえてしまうようなメロディーだったりと、なんともアンバランスな感じなのです。

気になる曲というのは必ずしも良い曲、好きな曲に限ったことではないのです。
良くも悪くも耳に残る、なにかに似てる、笑ってしまう。いろんなパターンがあってもいいんじゃないかと。
そんなこんなで、今回は単純に好きな曲は10選から省きました。コメントをつけにくいという理由もありましたが。

今期はUVERworldがいるのもポイント高いですよね。シドかUVERがいるだけで妙な安心感があります。



ついでというわけじゃありませんが、今期視聴中のアニメについていくつか吐き出しておこうかと…。

「盾の勇者の成り上がり」は他の異世界転生モノとは一線を画した作品である、と勝手に思っていたのですが
第5話を見終えて評価がだいぶ変わりました。そこらの異世界転生モノとそんなに変わらない(笑)

お話のフックとなっていた胸糞な部分も、繰り返されるうちにだんだん読めてきてしまうんですよね。
槍の勇者が来た!イヤな女もついてきた!どうせ勝負の最中にまた不正をやらかすんだろ?みたいな。
第5話はそれが特に露骨で、不快感を通り過ぎてもはや滑稽というか、ギャグとして機能しちゃっていました。

極めつけはフィーロの追加なんですけど…まあ、言いたいことはだいたいわかってもらえるかな。


亜人が蔑まれている国でラフタリアを"隷属からの解放"という名目で奪ったあたりなども気になったのですが
こういう疑問を呈すと原作読者が現れて過剰な反論をしてくるのでウンザリしてしまいました。
どうも、疑問を口に出すだけでアンチと思われてしまうみたいで。厄介な話です。

いわゆる『なろう系』のファンの方々は、原作が『なろう系』というだけで不当に貶されると感じているらしく
作品に対する疑問や批判にものすごく敏感になってるみたいなんですね。
以前もどこかで書きましたが、自分はアニメを見る際、原作のことを考えないしあえて読もうとも思わないので
原作がどんなメディアであってもそれ自体を考慮に入れることはまずありません。…ラノベは多少あるかな?

アニメは画面を通して見えるものでしか判断しません。それ以外に判断材料がない、と言ったほうがいいかも。
自分の感想はあくまでアニメ版の、最新回まで見てわかる範囲のものです。一応言明しておきます。


今期はほかにも、感想を言い合うとめんどくさい人たちが集まってくる作品が3つほどあります。
「けものフレンズ2」と「ケムリクサ」は予想していたのですが、「荒野のコトブキ飛行隊」も「ガルパン」なんかと
比較しての対立が起きやすいみたいですね。超人気作品の"次"って大変だなぁ…。

キライという感情を抱えた状態で見始めれば、評価には多かれ少なかれ負のバイアスがかかるものです。
大袈裟な話ではなく、どんなものを出されても叩ける。叩く口実を安定供給されているような状態ですよね。
普段は温和な身近な人たちが次々と"豹変"していく様子はホント怖いですよ…。
良いなと思った部分があっても気軽に褒められません。自分も叩きの対象として認識されかねないので。

いまだに個人ブログという場でアニメの感想を書き続けるのは、そういう意味で人目を避ける目的もありますが
自分自身が"豹変"した際に、その被害を最小限に留める効果もあるのです。

Twitterは半強制的にフォロワーに読ませる媒体なので、強い言葉を使う場合は特に注意してほしいですね。

|

« 「Anthem」と「The Division 2」のベータテストを終えて | トップページ | ゲームレビュー 「STAY(ステイ)」 »

アニメ レビュー&コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「Anthem」と「The Division 2」のベータテストを終えて | トップページ | ゲームレビュー 「STAY(ステイ)」 »