« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月26日 (金)

ゲームレビュー 「Anthem」

Anthem06

[クリアまでにかかった時間]
PS4版なので正確な計測ができず。スタッフロールが流れるまで25時間程度か?
クリアまでのプレイ期間は約2週間。クリア時のレベルは20(最大は30)

[ゲーム難易度]
シューターに慣れがある人なら難なく。TPSだがカバー要素はなく、障害物やスキルを意識した立ち回りが必要。
選択するジャベリンによって向き不向きが出るため、新たに獲得する際は慎重に選びたい。
飛行中は三次元的な移動の適性を求められるので、方向音痴の自覚がある人は多少苦労するかもしれない。

[実績・トロフィー難易度]
かなり意識的に条件を満たすようプレイしないとスタッフロール到達までに半分も解除できない。
のちのちの作業を増やさないためにも、武器やギア、各ジャベリンはできるだけ満遍なく使っていこう。
また、フォート・タルシス内の会話も実績に多少影響があるのでこまめに消化していきたいところ。
累積や収集関係は念入りにプレイしたとしても足りることはまずなく、コンプリートは容易ではない。

ゲームのボリューム自体はあまり大きくないので、コンプリートを目指すようにすれば長く楽しめるだろう。

[関連記事]
「Anthem」 トロフィーコンプリート


Anthem07

[良いところ]
・AAA級のグラフィックと音楽。これだけでも一見の価値あり。
・中世風ファンタジーの英雄譚と、銃ありパワードスーツありのSFが融合した良いとこ取りな世界観。
・ゲームシステムの根幹であるパワードスーツ、ジャベリンの存在。
・空中を自由自在に飛び回る気持ちよさは本作独特のもの。水に触れると冷却されるというシステムもおもしろい。
・一騎当千の戦闘、一撃必殺の大技やコンボを当てたときの爽快感。恐ろしく大きなボス級エネミーとの対決。

[悪いところ]
ネットワーク周りがものすごく不安定。タイトル画面から先に進むのがまず難しく、クエストを終えるのも困難。
・居住区内の移動速度。走れても不都合はなさそうなのに、なぜか歩くことしかできない。
・ジャベリンの形状が変化するような外観パーツの種類が乏しく、カスタマイズの幅は期待を大きく下回っている。
・外観パーツの購入くらいしか使い道のないコインと、法外な値段の外観パーツ。
・ストーリークリア後はレア掘り目的の周回くらいしかやることがなく、ゲームとしての寿命は意外と短め。


Anthem08

[どちらとも言えない]
・膨大かつ綿密な設定資料。読んで理解すればおもしろいのだが、読むとなると結構な重荷になる。
・シングルプレイの排除。ストーリーの理解度を高めるためにもシングルリプレイは必要だったのでは?
・精確すぎるザコ敵の射撃。飛んで離脱するプレイヤーを執拗に削り続ける銃弾は、致命傷にはならないが鬱陶しい。
・ストーリークリア後も無限に生成される通常クエスト。いつまでも遊べるが、明確な終わりが見えなくて困る。
・存在感のないクラフト要素。新たなジャベリンの装備を用意する際にちょっとだけ役に立つか。


Anthem09

[総括]
100点満点からの減点方式で採点する場合、ネットワークの不安定さだけで80点ぐらいマイナスされてしまうが
0点からの加点方式なら最低でも500点はプラスできる。「Anthem」はそういうタイプのゲームだ。

過去のどの名作と比較しても遜色ないレベルのグラフィックと音楽、膨大に積み上げられた設定の数々を見れば
本作がHaloシリーズなみの超人気タイトルを目指して作られたことはじゅうぶんに伝わってくる。
しかし、いろいろあってその夢は叶わなかった。美しい廃墟を眺めるような気持ちで今日もプレイし続けている。

「Anthem」は根本的にはRPGであり、全体の流れはモンスターハンターシリーズなどに近い印象がある。
紆余曲折あって流れ着いた街でプレイヤーは傭兵となり、街の周辺で発生している問題の解決を請け負うことになる。
街中には悩み事を抱えた人物が点在し、会話によって新たなクエストが追加される。
クエストを繰り返し攻略していくうちに街の住人からの信頼を得て、プレイヤーは徐々に英雄視されていく。
メインストーリー終結後、いわゆる『村クエ』にあたる高難易度クエストが追加されるあたりもモンハンっぽい。

モンハンのように同じクエストを繰り返しプレイさせるようできていないのが本作の残念なところである。
理想の外観、理想の攻撃スタイルを突き詰めるための要素がもっと充実していたら評価もきっと違っていただろう。
選択の幅の狭さ、意外な底の浅さが減点へとつながる本作のもうひとつの大きな欠点である。

だが、プレイを終えたときの感想はいつも「こんなおもしろいゲーム久し振りだ…」なのである。
クソゲーと罵られるような出来のゲームではない。実際にプレイした人なら冷静にそう評価するのではないか。


Anthem10

[オススメ度]
定価で購入した人たちには申し訳ないが、現在の販売価格ならマストバイ。ただしネットワーク接続必須である。
マルチプレイ可能な有料サービスに加入済みで、安く手に入る機会があるなら試してみるべき。
サーバの機嫌さえ良ければ1か月程度の極上のゲーム体験を保証できる。あまり多くは望まないこと。



「Anthem」ホントおもしろいんスよ…時間と体力が続くならいくらでもプレイしてたい、それくらい好きです。
ダウンロード版の豪華なヤツを予約して買ってしまった不運な人たちからの評価がボロクソなのは仕方ないですが
発売直後の『暴虐の渦』(笑)が過ぎ去ったあとに始めた自分からすればホントにお得なゲームでした。
ジャベリンを乗り換えるたびに、新たなギアに換装するたびに気持ちよさが加算されていきます。

トロフィーは現在80%を超えました。コンプリートは難しそうですが、90%超えは目指したいところ。
その過程でアップデートによる変化も間違いなくあるでしょう。というかあってほしい。わりと期待してます。

| | コメント (0)

2019年4月16日 (火)

2019年 春アニメ新作寸感

平成最後を飾る新作アニメがほぼ出出揃ったので、毎度おなじみの寸感をつらつらと書いていこうと思います。

28日放送開始の「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」は先に劇場公開されたものをテレビ用に再編集したものなので
新作という枠からは除外することに。なので今期最後発は「KING OF PRISM」となりました。
世間で大人気の「キンプリ」ですが、初回を副音声を聞きながら見ておもしろさがちょっとわかってきたような。

ゲームなども含め、映像媒体ではしばしば『没入感』という言葉が用いられ、評価の指標にもなります。
一般的には作品のほうが『没入感』を用意すべきところを、視聴者のほうから没入しにいってるのが「キンプリ」で
参加者として能動的に作品を盛り上げていくあの視聴スタイルはどうころんでも楽しくなります。
SNSを通じての実況にもライブ感はありますが、体温が上がるほどの興奮は得られないと思うんですよね。

ただ、応援というブーストなしで静かにひとりで見た場合、作品自体の評価はどう変わるだろう?とは思いました。
そういう意味では、いきなり副音声ありで見てしまったのは失敗だったかもしれません。


今期の『これさえ見ておけば!』というタイプの作品は「鬼滅の刃」でまず間違いないでしょう。
本作は劇場公開を前提としてufotableが製作しており、テレビアニメとしては反則レベルの出来になっています。
キャラクターの魅力やアクションシーンの見せ方も申し分なし。あとはお話の盛り上がりに期待するだけ。

次いでフジテレビ系列の新作、「キャロル&チューズデイ」と「さらざんまい」の2本が今期の強そうなところ。

「キャロル&チューズデイ」は渡辺信一郎監督の新作で、見るからに渡辺監督の作品という感じではあるのですが
女の子をメインに据えたのは今回が初めてになるんですかね?ちょっと異色な印象がありました。
いわゆるガールズバンド系のアニメで割愛されがちな、ひとつの曲が完成するまでの過程をリアルに描いた初回に
他とは違うものが見れそうな予感というか、今後への期待を抱きました。

幾原邦彦監督の新作「さらざんまい」はもうね…これもやっぱり幾原邦彦だなぁと(笑)見たらわかるヤツ。
養殖のイクニには出せない強烈さ。初回では良いとか悪いとか言えない、でもなんかすごいみたいないつもの感じ。
こちらは逆に男の子をメインに据えているのが氏の作品としては珍しい気がします。


今期、個人的には「叛逆性ミリオンアーサー」の2期があるだけでわりと満足なんです。
米たにヨシトモ氏が抜けたことで前期と違う雰囲気になるのではと不安でしたが、初回を見た限りでは大丈夫そう。

前期の「けものフレンズ2」に続き、テレビ東京は新アニメ版「フルーツバスケット」と「ワンパンマン」という
熱狂的なファンが騒がしそうな案件を今期も抱えているのですが、とりあえず無難な滑り出しだったかなと。
「フルバ」は個人的にも思い入れのある作品で、旧アニメ版のDVDを持っているので比較しつつ視聴していますが
全体的にコメディ控えめ、キャラデザと演出があっさりめになった以外はまあまあ踏襲されています。

「フルバ」もそうなんですけど、平成も終わろうかというタイミングで「この世の果てで愛を唄う少女YU-NO」が
完全新作アニメとして放送されているのっておかしいですよね…時空に歪みが生じてるとしか思えない。

製作がマッドハウスからJ.C.STAFFに変更になった「ワンパンマン」2期は、前期のような超常的な動画を期待せずに
一歩引いたところから見るようにすれば平穏でいられるんじゃないですかね。あれで文句言われたらかわいそう。
比較の対象に問題があるだけで(笑)今期の範囲では上位に来るレベルだと思います。


新作のなかで意外とよかったのが、スマホ向けゲームのアニメ化作品である「八月のシンデレラナイン」。
美少女アニメ然とした見た目のわりに、女子野球部の立ち上げをマジメに描いていこうという意思が伝わってきます。

他に気になったのは「真夜中のオカルト公務員」と「なむあみだ仏っ!」。分類としてはどちらも女性向けかな?
続きモノとしては「叛逆性」以外では「BAKUMATSUクライシス」が個人的には気になっています。
あとは前期から引き続き「どろろ」「からくりサーカス」「ジョジョ」第5部という鉄板の布陣が固めています。


当初、今期一番あぶないラインにいると思った「消滅都市」は第2話を見終えて"見れるアニメ"であると確信。
初回の荒唐無稽な出来事の連続には笑いをともなうほうのおもしろさがあり、実況向きだなぁと思っていたのですが
アクションシーンなど動かすべきところはきちんと動かしてくるので"見れるアニメ"なんですよね。
お話がおもしろいとまでは言いませんが、話のネタにもならないアニメとは明確に区別できる作品だと思いました。

「賢者の孫」は"The なろう"という感じの異世界転生モノで、もはや何も感じない無味無臭のファンタジー。
特別悪いところがあるわけでもなく、かといって褒められる部分もなく。そこに安心感を覚える可能性はあります。

P.A.WORKSの「Fairy gone」はビミョーなとこだなぁ…無難な言い方をするなら、自分には合わない。
十文字青と(K)NoW_NAMEが関わっていた「灰と幻想のグリムガル」のときも似たような合わなさを感じましたが
個々の好みやセンスによって評価が大きく分かれるのかも。P.A.なので絵はとりあえずキレイです。

動画工房の新作「世話やきキツネの仙狐さん」も個人的にはあまり響かなかったです。むしろ悪印象。
なんて言えばいいのか…バトル漫画で幻術の使い手が仕掛けてくる甘い幻想みたいな、癒しとして受け入れるには
あまりにも甘すぎて身体が拒否反応を起こしそうになるアニメでした。
甘いものは好きだけど、砂糖だけ食っても癒されないみたいな。この違いわかりますかね?


「ぼくたちは勉強ができない」は放送のタイミングが悪かったかな。現時点では『三等分の花嫁』にしか見えず。
「この音とまれ!」も同様。部室をヤンキーに占領されてる部活モノ、ごく最近見た気がしますし。

アニメや漫画はヤンキーという絶滅危惧種を都合よく出しすぎですよね。美少女に絡んでる街の暴漢とか。
芝居の書き方が昭和の感性のままで止まってるとしか思えません。古典といえば聞こえはいいけど古臭いだけです。
平成も終わろうとしているんですから、もう少し新しい素材を用いてお話を構築してみてはいかがですか?


余談ですが今期の傾向としてひとつ言えるのは、再放送やリピート放送の割合が非常に増えていること。
東京MXに限って言えば、21時以降に用意された再放送枠が1日平均3つ。多いところでは5本やっている曜日もあり
新作と同数ぐらいの割合でやってるような印象があります。アニメ専門チャンネルの名に恥じぬ状況(笑)
過去の人気作、数年前の話題作、前期の作品を終わってすぐなど、作品のバリエーションも豊富です。

MXだけでなく、TBSやBS日テレなど民放各局でも同様に再放送枠を取り入れるところが出てきました。
個人的には良い傾向だと思っています。せっかく作られたのだから、再評価の機会は多いほうがいいはずです。

「ACCA 13区監察課」みたいに、やってたら自然と見ちゃうなぁという作品の放送はホントに大歓迎。



4か月前ぐらいに急に芽生えたことなんですけど、日笠の声がホントに無理になってしまいまして。
理由のない嫌悪感を覚えるようになり、日笠の声が聞こえるというだけで作品の評価を大幅に下げる傾向にあります。
これに関してはもう論理的な説明ができません。キライになってしまったものは仕方ない。
したがって「アイカツフレンズ」の2年目にはだいぶ苦しまされています。天翔ひびきというキャラもきつい。

メアリー・スー的というか、あとから出てきたのに既存のキャラたちからチヤホヤされてるのがなんか気持ち悪くて
劇中での扱いが良くなればなるほど印象が悪くなる。新エンディング曲は好きなんですけどね…。

周囲にアイカツ好きが多いのでなかなか言いづらいところなんですが、自分はそんなふうに2年目を見ています。

| | コメント (0)

2019年4月 6日 (土)

「Anthem」 ファーストインプレッション

Anthem01

発売から約1か月半遅れて「Anthem」の製品版を購入しました。今回訳あってXbox One版ではなくPS4版です。

まあ単純な話なんですけど…メチャクチャ安かったんですよ、PS4版が。発売からたった1か月半で2,160円。
いくらなんでもそこまで安くなるのはおかしいでしょ?と思うのですが、ゲーム全体の深刻な不安定さが問題視され
PS4本体が壊れるなんて話まで出てきてしまい、異常とも言える下落につながったようです。

もうひとつの事情はPS Plusですね。本作はPS Plusに加入していないとタイトル画面から先へ進めません。
たまたまキャンペーンでPS Plusの3か月分が500円になっていたので、はじめるには良いタイミングだったわけです。
しかし、ゲーム自体が安くてもPS Plus必須となるとそんなに割安感はない気がします。
オフラインでも遊べるタイトルが同じ値段でならべてあったとしたら、絶対そっちのほうがお得だと感じるはずです。


Anthem02

さて…「Anthem」の感触なんですけど、いまだに不安定です。ミッションを始めるのと終えるのが難しい。
ミッションが始まってしまえば大丈夫なんですよ。ミッション中は特にラグなどもなく快適にプレイできますし。
マッチング中とリザルトの読み込み中にサーバとの通信が途絶えてタイトル画面に強制送還される確率が高いのです。
そこそこ長いロード画面を毎回祈るように見つめなければならず、妙な緊張感があってイヤですね…。

遊ぶために確保した時間の多くを再起動や再接続に喰われてしまうので、時間がもったいないなぁと感じます。
やっとクリアできたと思ったらタイトル画面に戻され、獲得したアイテムや経験値が無効になることもしばしばあり
この報われなさをどうしたものか…と、コントローラーを握ったまま沈黙することも。

ミッション中は本当におもしろいだけに残念でなりません。こりゃ販売価格が下落するのもやむなしかと。

ちょっと話はズレますが、最近ソシャゲではサービス終了すると完全オフライン版を提供する場合がありますよね。
コンシューマーにもああいう切り替えがあったらいいなぁと「Anthem」をプレイしていて思うときがあります。


Anthem03

ものすごい世界観の作り込みは評価するところではあるんですが、膨大なセリフと文章の量にはさすがに辟易します。
説明は用意しといたから全部読んどけよ?という冷めた圧力。しかしローカライズ大変だったろうなぁ…。
(画面の水色の「+」マークは未読を示すものであり、それぞれの項目に10個以上の資料が積まれています)
この親切とは言いがたい手法に付き合い続けるにはかなりの精神的・時間的余裕が必要になるでしょう。

個人的につらいと思ったところをもうひとつ言わせていただくと、着替えの要素があんまり充実していないみたいで
プレイヤーごとの外見の差別化を現状あまり感じられません。4種類あるジャベリン(機体)の色違い程度。

「The Division」は結構理想的なバランスでできていたんだなぁと、「Anthem」をプレイすると実感します。
広大なフリープレイ空間があって、そのなかでメインミッションもサイドミッション、さらにマッチングまでできて
装備品や服装の交換で外見の差別化も可能で、世界観の伝え方にもストレスはありませんでした。
もちろん「The Division」にもダメなところはありましたが「Anthem」に感じるストレスとは比較になりません。

それでも、またプレイしたいと思えるくらいメインの部分はおもしろいんです。
「時間を忘れてゲームに没頭する」という体験は久し振りでした。特にフリープレイの中毒性は危ないですね。


Anthem04

今回、最初に選んだジャベリンはベータテスト時と同じストームです。自分のやりたい動きに一番合ってるので。
滞空時間が長く、優秀な回避動作をもっていて、自動回復するバリアもあって単独での継戦能力が高め。
さらに複数の属性攻撃でコンボもしやすく、広範囲をまとめて攻撃できる。目立った欠点がない感じがします。

ベータのころから気になっていたコロッサスはレベル8で獲得できる2体目に選びました。
でも、期待していたものとはちょっと違ったかな。持ち味を活かす戦い方ができていないのかもしれませんが。
ストームの回避に代わる固有装備としてついているシールドを使うタイミングがよくわからないんですよね…。
それに意外と弾切れを起こしやすく、囲まれると結構弱い。単独で戦うにはあまり向いていないような。

マルチプレイのゲームで単独での能力を気にする必要なんてあるの?と思われるかもしれません。
実際大事ですよ。ミッション始まったら誰ともマッチングしてなくてソロで攻略なんて場合もわりとありますから。

弾の補給が敵からのドロップ頼りなのは「Anthem」のちょっとつらいところです。
「The Division」みたいにミッションの要所要所に回復地点が用意されていたらどれほどラクだったか。
やたらと「The Divison」と比較してしまいますが、それほど似たジャンルの良くできていたゲームだったのです。


Anthem05

いろいろ気になるところ、不便なところはありますが、とりあえずストーリーの終わりを目指して続けていきます。
ストーリーをどれくらい理解できるかなぁ…わかったフリをして遊んでいる感じです(笑)

ちなみにPS4本体が壊れる云々については、最新のアップデートを適用することで一応回避されるんだそうな。
アップデートしておいてこの不安定さか?と言いたくなりますけど、まあボチボチ改善されていくんじゃないかな。
定価で買ったならいざ知らず、2,160円で買ったゲームなので過度な期待はしていません。



Doa6cf02

一方、意外と続いているのが「DEAD OR ALIVE 6」。ハマっていると言って差し支えないレベルで楽しんでます。

30分とか、空いた時間にDOAクエストを毎日3~4つ進めるのがしばらく日課となっていました。
理不尽な課題もあるにはあるんですが、CPUのクセを読んで課題クリアの糸口を探るのが意外とおもしろいんです。

DOAクエストはキャラ選びの参考にもなる、実戦形式のチュートリアルという性質ももっています。
課題をクリアするために試行錯誤しているうちに各キャラの長所や短所、クセみたいなものがわかるんですよね。
「この技めっちゃ壊れてんな」とか「見た目は好みじゃないけど自分のリズムに合ってるな」とか。
こういう発見というのは、どんなにトレモで動かしてみても気付きにくいものです。特に格ゲー初心者にとっては。

キャラ選びも含めて、これから「DOA6」を始めようという人はとりあえずDOAクエストを触ってみては?

自分の場合、やりたい動きにしっくり来たのはミラとブラッド・ウォン、それに新キャラのNiCO。
逆に、どうにもうまく扱えなかったのがリグ。特殊な構えへの移行に戸惑ってしまい、思いどおりに動かせません。
敵にまわすとニガテなのはダントツでエリオットでした。CPUが操作するエリオットは変に強いですよね。


Doa6cf03

見た目が好き!ってキャラは今回いないかなぁ。前作「5LR」から顔が変わってしまったキャラはホントにダメで。
かすみとこころは幻滅するレベルで魅力が落ちてるし、ヒトミやレイファンも微妙なところ。
顔の造型の変化もあるのですが、瞳の表現の違いが印象を大きく変えてしまったような気がします。
プレイ開始当初あんまり好きじゃなかったNiCOは冬服を見て印象が変わりました。でもあの髪色はキツいです。

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »