« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月23日 (日)

ゲームレビュー 「Bridge Constructor」

Bridgecon01

[クリアまでにかかった時間]
PS4版なので正確な時間は不明。期間は6月14日から21日の約1週間(トラックでティルティン島全域まで)。

[ゲーム難易度]
パズルゲームとしては平均的。物理的な知識と想像力が必要で、反射神経は一切要求されない。
他のプレイヤーの作例どおりに作れば考える必要もないが、それは最後の手段として残しておくべきだろう。

[トロフィー難易度]
先述のとおり、他のプレイヤーの作例をそのままコピーすればコンプリートは容易。
ステージクリアと直接関係のないトロフィーも難しいものはなく、プレイ中に自然と条件を達成できるものばかり。
最初からトラックで挑むとクルマ関連のトロフィーを取り逃しがちなので、各島で1回ずつクルマも走らせておこう。


Bridgecon02

[良いところ]
・「橋を建設して通過する」というシンプルな目標と、物理的に読み解きやすい攻略の道筋。
攻略のヒントは現実に存在するので、このゲームを始めると身の周りにある構造物への見方が変わってくる。
・予想外の反応を見せる崩壊の様子。蝶のように舞うクルマは不条理な笑いを呼び起こす。

[悪いところ]
・PS4版なのに全体的にロード時間が長い。
・操作性が悪い。1マス隣のアンカーを選択しようとすると1マス手前に戻るなど、設計中ストレスが溜まる。
・設計が保存される場合とされない場合があり、クリアしたステージを再プレイしようとすると不便な思いをする。
・設計のセーブおよびロード機能に不具合があり、セーブはできるがロードできない。つまり使い物にならない。

[どちらとも言えない]
・風景の変化に乏しく、「次のステージへ進んだ」という実感が薄い。
同じ設計でも結果が毎回変わるため、何度も繰り返すとゴリ押しでクリアできる場合がある。粘るべし。
・後半の高難易度のステージは"正解"が限られており、自由な発想とは程遠い。しかし"正解"を見つけやすくはある。


Bridgecon03

[総括]
「Bridge Constructor」は橋を建設する、シミュレーターの側面ももっているパズルゲームである。
指定された区間を通過できる橋を、限られた予算の範囲で設計する。非常に現実的な設定だ。
橋は通過する車輛の重量に耐えられるものでなければならず、移動する荷重に耐える強度と粘りが必要になってくる。
条件が難しくなればひとつの橋に1時間以上悩むこともあるが、その悩んでいる時間が本作で一番おもしろいときだ。

パーツが多ければ丈夫になるというわけでもない。パーツが増えるとそれだけ橋自体の重量も増すからだ。
自重が増した橋を上から下から支えるのにさらにパーツが必要になり、出費がかさむという悪循環になってしまう。
いかに少ないパーツで荷重に耐える橋を作るか。それが本作を攻略するうえでのカギとなる。

とはいえ、本作の自由度はかなり高い。極端な話、橋になっていなくてもよい。
クリアの条件が「対岸に車輛が到着する」なので、その条件さえ満たせるなら橋でなくてもよいのだ。
渡り切る前に崩壊してしまう脆い橋や、真ん中で途切れていてジャンプして渡る橋でも「到着する」なら問題なし。
「いかにメチャクチャで現実離れした設計でクリアするか?」という別の楽しみ方も可能なのである。

後半になると、むしろそういう手段を積極的に取り入れていかないとクリアできなくなってしまう。
「こういう遊び方もできる」ではなく「こういう遊び方もしないといけない」になるのが本作の気になるところだ。


Bridgecon04

[オススメ度]
値段のわりに遊びがいがある。セール期間なら特にオススメ。大作の合間や、30分ほどの余暇に遊ぶのもよい。
「Portal」とコラボレーションした続編も用意されているので、クリア後の受け入れ態勢も万全。

| | コメント (0)

2019年6月12日 (水)

1週間だけ「FF14」に復帰した話

Ps4ff14cap90

フレンドから復帰呼びかけキャンペーンのメールが届き、1週間だけ「FF14」を再開していました。

復帰呼びかけのメールが届いたのが5月1日で、実際に復帰を果たしたのは6月4日。1か月もの遅れ。
理由はおもに「Anthem」で、「Anthem」がまだまだおもしろく動画撮影の準備と作業が長く続いていたためです。
あと正直な話、復帰してもそんなにやりたいことないんじゃないかな?と思っていました。


「FF14」を休止したのは昨年の9月中旬。ちょうど4.4が配信された直後のことでした。
「Shadow of the Tomb Raider」に専念する目的もあって、あらかじめ予定していた休止だったのです。

それから約9か月。この間に4.41から4.58まで、7度ものパッチがあてられています。
メインクエストは当然のこと、新たなコンテンツやジョブの追加、麻雀の導入(笑)なんてものもありました。
これらを全部こなして最新に追いつこう!なんてつもりはさらさらなく、エオルゼアの変化をちょっと見てみるかぁ
みたいな気構えで復帰を果たしたのですが、フリーカンパニーの面々がそれを許してくれませんでした…。


Ps4ff14cap91

メインクエスト上の新IDであるギムリトダークにはじまり、アルファ編3・4、オーボンヌ、青龍に真ヨウジンボウと
ジャーナルにあるものすべて駆け抜けました。青魔はレベル上げも必要だったので序盤しか触れず。
それでも1週間でメチャクチャ進んだなぁ…フリーカンパニーの面々の協力あってのことですけど、予想外の進度。

復帰の最大の壁であると感じていた操作周り、特に戦闘での立ち回りについては意外とすんなりできました。
なんというか…記憶喪失の戦士が剣を握った途端に技を思い出すみたいな、あんな感じでしたね。


Ps4ff14cap92

今回プレイした範囲で個人的に印象に残っているのはジャ・オルミンの入浴シーン(笑)
入浴シーンの前に「現在の装備のまま入浴しても大丈夫か?」と確認してくるのが変に親切でおもしろかったです。
自分は無視して普段着のまま突入しましたが。水着もってたはずなんだけどなぁ…そこまでは思い出せず。


リターン・トゥ・イヴァリースや四聖獣など、コンテンツの完結編が多かったこともこの期間の特徴のひとつ。
自分の周りでも特に評判の良かったアルファ編のラストはいかにも壮大な物語の完結といった雰囲気でした。
この先描かれることはないかもしれないけど、アルファの冒険は続いていくのでしょう。
ヒルディブランドはまあ…あれで完結なわけがないですよね。どうなるかわかりませんが、まず間違いなく続くはず。

ドマ式麻雀は結局一度もプレイできないままでした。1人打ちも可能みたいだったので話のタネに触ってみようとは
思っていたのですが、うまいこと時間を作れないまま復帰期間が過ぎてしまいました。


Ps4ff14cap93

「漆黒のヴィランズ」はいまのところプレイする予定はありません。本当に気が向いたらという感じ。
今後のことはまったく考えていません。これは「FF14」に限った話ではなく、ゲーム全般に言えることなんですが
何を続けるか、何をはじめるか。ぼんやりした状態のまま「Anthem」の動画撮影だけ進めています。

E3の発表でもあんまりときめくものがなかったしなぁ…自分の意識が違うほうへ向いているのかも。



E3関連でひとつ苦言を申し上げたいのですが、リメイクやリマスターなどの復刻に頼りすぎではないかと。
国内のコンシューマー周辺が非常に保守的で、往年の歌謡曲を繰り返す歌番組を見ているような気持ちになります。
メガドラやPCエンジンのミニ化なんて全然うれしくないですよ…人気シリーズ最新作にもうんざり。
新規IPでもっと衝撃的なのが見たい。自分が「Anthem」を続ける理由をなんとなく理解してもらえますかね?

| | コメント (0)

2019年6月 9日 (日)

ゲオマートで中古のスマホを購入した件

Usedp10lite01

5年ぶりにスマホを新調しました。といっても今回も中古で、しかも2年落ちのモデルなのですが。
それでも5年ぶりですから、実質最新の機種に乗り換えたぐらいの新鮮味はあります。技術の進歩ってすごいですね。

今回購入したのはHuaweiのロングセラー商品であるP10 lite。いま話題のHuaweiのスマホです。

キッカケもまさに、いま話題になっていたからですね。危機的状況にあって相場が下がるのではないかと思いまして
中古ショップやオークションで市場価格をチェックしたところ、期待どおりの安さだったのです。
ジャンクは除外するとして、下は7,000円くらいから上は9,000円くらいまで。
10,000円出せば未開封の新品が手に入る可能性もあるくらいの状況だったため、マジメに購入を検討し始めました。


しばらく調査を続けていたとき、『ファーウェイ製スマホ、中古価格が急落』という日経の記事が目に留まりました。
また、関連するツイートを検索すると「ゲオでかなり安くなっている」という情報も見つかったのです。
ゲオという名前はよく聞くもののこれまで利用したことがなかったため、続けてゲオの評判を調べることに。


Geomart01

ゲオ(GEO)というのは、ゲームやCDなどの買い取りで有名な全国チェーンです。
格ゲー界隈では対戦で負け越すと「ゲオに(売りに)行く」という煽りや嘆きがしばしば見受けられます。

このゲオがネットで展開しているのがゲオマートというサイトで、全国の系列店で店頭販売している中古のスマホを
写真や説明文も併せてチェックできて、ID登録なしでも購入可能という便利なサービスです。
ただ、掲載されている写真の質がお世辞にも良いとは言えず、注文するとなるとかなりのバクチ感がありました。
これはちょっと勇気がいるな…と思い、さらにゲオマートで中古スマホを購入した方の体験談を調べてみました。


 ■ ゲオモバイル オンラインで中古スマホ(iPhone6S)を購入した流れや感想(XERA)
 ■ ゲオマートでの購入方法と商品の選び方と評判、送料や配送までの日数について(Aliexpressで買ったもの)


これらの記事を読んでいてわかったのが、掲載されている商品の『状態』は店舗ごとに基準がバラバラだということ。
ある店舗で【状態A】と評価されているものが、別の店舗では【状態B】と評価されている場合があるのです。


Geomart02

ゲオマートの中古スマホの販売価格は『状態』によって全国で均一化されています。
P10 liteの場合、【状態A】ならすべて8,921円、【状態B】なら8,029円というふうになっています(6月現在)。
でも、【状態B】の商品をひとつひとつチェックしていくと【状態A】に匹敵する状態のものが見つかる場合があり
ようするに【状態A】の商品が【状態B】の値段で買えちゃうかもしれないわけです。

それがわかると途端に宝探しがはじまるわけですよ(笑)とんでもなくお得な商品が隠されてるかもしれないので。


最初は【状態A】のなかから無難な個体を探そうなかぁ~と思って閲覧していたのですが、この事実を知ってからは
本体カラーが希望どおりでなくても【状態B】のなかから良い個体を選ぼうと方針を変更しました。
そして実際わりと見つかるんですよね…「なんでこの状態で【状態B】なの!?」っていうありえん個体が。

こうなるともうオークションで探すのとか論外ですよね。信用も保証もない、着払いでシロウトから購入するなんて。

ゲオマートは中古スマホにも一定の保証がつくし、2,000円を超える注文は送料無料になります。
中古スマホを扱っているネットショップは他にもありますが、ゲオマートは利用価値がかなり高いと思いました。



【状態B】から宝探しをした結果、静岡の店舗が保有しているかなり状態の良い個体が見つかりました。
画面にキズなし、背面に若干の擦りキズあり、付属品完備(しかもUQ版ではなくSIMフリー版の白箱)というもの。
ゲオマートの中古スマホは8割くらいは本体のみ・付属品なしなので、これはかなりの掘り出し物と言えます。
背面の擦りキズというのも写真ではまったく確認できないほどだったので、これに賭けてみよう!と注文しました。


Usedp10lite02

注文の翌々日、ゆうパックで商品が届きました。現物を確認してみると説明どおりの美麗な状態

ありえんでしょ…ってなりましたよ。自分が店舗の担当者だったら【状態A】以上の評価をつけていたと思います。
ただ、外箱に傷みやヨゴレがあったので【状態S】にはできません。"【状態A】のランクA"といったところ。

付属品はほぼ未使用の状態で封入されていましたが、SIMスロットを開けるためのピンだけが欠けていました。
まあ針金同然のピンなのでいくらでも替えが利きますし、ダメージは実質ゼロですね。
これで8,029円(税込み・送料込み)なら相当お得な買い物でしょう。
付属の純正の急速充電器だけでも2,500円くらいするものなので、本体のみで買うのがどれだけ損かわかります。


注意しなければならないのは、逆のアンラッキーなパターンも当然ありえるということ。
【状態A】のなかから選んだのに【状態B】としか思えない(状態の悪い)商品が送られてきた…とかですね。

余談ですが、箱や付属品をすべて揃えた状態で買取に出す人は几帳面で、基本的にモノの扱いが良いです。
手放すときのことまで考えて長持ちするよう丁寧に使うので、極端にひどいキズやヨゴレがつきにくいのです。
中古品から良いものを選びたいならまず箱や付属品を確認しましょう。鉄則です。


Usedp10lite03

これまで5年間使い続けてきたデュアルコアの端末から一気にオクタコアですよ…コア数だけで4倍。
画面はフルHDでメモリは3GB。このブログの執筆に使っているノートPCよりもスペック的には上ではないかと。

UQ版ではないのでAndroid 8.0へのアップグレードが可能ですが、購入時点ではアップデートがされていなくて
8.0以前のマイナーアップデートも保留されている状態でした。店舗側で初期化した影響ですかね?
そのぶんちょっとだけ手間は増えましたが、こういうのは自分でやったほうがむしろ安心感があるというもの。

SIMフリー版の最新バージョンは8.0アップグレード後、数回のアップデートをあてて8.0.0.371(C635)。
8.0リリース直後は不具合などもあったようですが、現行バージョンではある程度改善されてるのかもしれません。


とにかくキビキビと軽快に動きますね。OSの起動、アプリのインストール…何をやらせても早い。
早速ゲームも引き継いでみましたが、「こんなにサクサク遊べるゲームだったんだ…」という大きな驚きが。
3D表示がメインの「テイルズオブザレイズ」も標準設定でほぼほぼストレスなく遊べる感じに動作してくれます。

あと指紋認証がすごい。画面をタップするみたいな感覚でセンサー部分をポンと触ればロック解除できちゃいます。
指紋認証センサーを上から下にドラッグすると通知メニューを表示できるというのも地味に便利。
通知メニュー欄にスクリーンショットのショートカットを入れられるので、物理ボタンをまったく押すことなく
フルスクリーンのゲームのスクリーンショットを確実に撮影することができます。

液晶画面の色味は若干クセがあるかな?という印象。色温度の調整もできるのでまあ問題なし。


P10 liteの現状思いつく不満は通知LEDが小さいこと。というか、これまで使ってた端末のが大き過ぎたのですが。
発光部の面積比でいえば1/100以下になったので(笑)通知の確認が難しくなるかも。
それと背面にあまりにも突起がないので、平らなテーブルから持ち上げる際にちょっとだけ難儀します。

いろいろ不安ではあるのでケースは必要かなぁ…華奢な印象のある端末ですよね、P10 liteって。
これまで使っていたのが質実剛健なメタルフレームで囲われていた端末だったので、激しく差を感じます。


カメラは前後どちらもガラス面とツライチになっているので、指紋やヨゴレの拭き取りがしやすいです。
意外とマクロに強く、室内でも明るめに映ります。若干赤味がかった濃いめの発色なのが特徴かと。
兄弟機種であるP10には勝てませんが、SNSやオークション用の写真なら及第点以上のものを撮れるはず。

これほど高機能なスマホを持つと、なんかやらなきゃなぁという変な使命感が湧いてきます。何しようかな?



[使い始めて約1か月後の追記]

「中古端末ってバッテリーの劣化はどうなの?」と不安に思われる方もいらっしゃるでしょう。
自分もちょっと気になって、AccuBatteryというバッテリー管理アプリを入れて性能評価をしてみたのですが
公称バッテリー容量3000mAhに対し、現在約2600~2700mAhという評価となりました。
前の持ち主がどういう使い方をしていたかは不明ですが、2年前のモデルにしては残ってるほうではないかと。

同アプリを使って継続的に調査しようかとも考えましたが、現在インストールしてある全アプリのなかで
もっともバッテリーを消費しているのがこのアプリであることがわかったので(笑)やめました。

前の端末を5年も使っていた自分に言わせれば、2年落ち程度なら全然実用レベルですよ。

| | コメント (0)

2019年6月 5日 (水)

「Anthem」世界一周動画、完成

前回の記事で撮影に至るまでの過程をお伝えした「Anthem」の無着陸世界一周、動画がようやく完成しました。

いやはや…思いのほか時間がかかってしまいましたね。気になるところを調整し始めたらキリがなくて。
当初は静止画だったところを動画に差し替えたり(当然追加で撮影)BGMに合わせて0.1秒単位で調整し出したりで
やりたいことがジワジワ増え、17分で済むはずの動画がいつの間にか21分まで延びていました。
新しいアイデアが思いつくたびに撮影した動画素材のファイル数は、最終的に30本ぐらいになっていたかと…。

何気に一番大変だったのはキャプションです。表示時間内に読み切れるように縮めるのがホント難しくて。
最終的な動画ファイルを出力する直前まで、表現の変更や文字数の調整をしていました。
動画が完成したらなにかご褒美を買ってあげよう…と、自分自身に言い聞かせるほど苦心していましたね(笑)

でも、妥協せずにやってよかったと思います。作っていて、完成したものをチェックしてて満足度が高かったので。

この動画を見て、投げ売りされてる「Anthem」を手に取り、魅力に気付く人が増えてくれたらいいなぁ。
不満を覚える箇所はたしかにありますが、プレイしている間は確実に楽しく気持ちいいゲームなんですよ。


"次"は具体的には決まっていませんが、動画にしてみようかな?と思っているテーマはあります。
「Anthem」の世界設定と、それに基づいて作り込まれたマップのおもしろさが伝わるような内容がいいですね。
戦う以外のところを入り口として「Anthem」に入ってもらえるような、そんな動画が理想です。



これほど時間と情熱を注いだ「Anthem」ですが、追加コンテンツには正直あんまり興味がありません。

なんというか…「そういうことがやりたいんじゃないんだよなぁ」っていうものを増やされてもうれしくなくて。
たぶん自分が求めてるものや遊びの方向がズレてるんでしょうね。こんな動画作ってるわけですし。

「Anthem」の次にやるものはまだ決まってないんですけど、PS Plusの期間がまだ残ってるので、PS4でなにかを
やろうかなぁとは思っています。そういえばPS Plusの1か月分と3か月分が値上がりしましたね。
自分みたいに断続的に加入するタイプのプレイヤーにとっては結構な障害になってしまうんじゃないかなぁ。

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »