« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

2021年8月18日 (水)

「Cloudpunk」プレイ開始

Cloudpunk01

近況報告です。以前から気になっていた「Cloudpunk」をPSストアのサマーセールで購入しました。

「Cloudpunk」はボクセルスタイル(立方体の積み重ね)で描かれたグラフィックが特徴的なアドベンチャーで
近未来の積層型都市を舞台にホバーカーを駆使して荷物を運ぶ、運び屋が主人公のゲーム。
オープンワールドと言えるほど広くはないものの、広義においてはオープンワールドに分類できそう。

一番の売りはやはりその世界観で、「ブレードランナー」を思わせる街並みを空飛ぶクルマに乗って縦横無尽に
移動するだけでも、サイバーパンク好きな人にはたまらないものがあると思います。
また、本作はサウンドにもかなりこだわりがあるようで。いかにもサイバーパンクらしい音に溢れています。
運転して目的地まで移動している時間がとにかく気持ちいい。これでナビも優秀なら文句なしだったのに。

今後しばらくは「Cloudpunk」をメインに進めていく予定です。ちなみにクリアまで15時間程度とのこと。
選択肢によってストーリーが変化したりするそうなので、2周くらいはプレイするかもしれません。



「Cloudpunk」購入と同じころ、スマホではなぜか「UNI'S ON AIR」のリセマラを繰り返していました。


Unisonair01

「UNI'S ON AIR」は櫻坂46と日向坂46を題材にしたリズムゲームで、今秋で2周年を迎えようとしています。
欅坂から改名する以前から続いており、収録されている楽曲やメンバーには欅時代のものも多く含まれています。

画面のデザインや曲が始まる際の演出など作りが非常に凝っていて、リッチで丁寧な作りのゲームに見えます。

グラフィックは基本的に実写。カードはもちろんのこと、リズムゲームの背景も実写のライブ映像が使われてて
自分が知っているリズムゲームとは画面から受ける印象が大きく異なります。
本作に限らず実写で展開するゲームってなんか特殊というか、『実写ゲー』という別ジャンルになりますよね。

以前からプレイしているリズムゲーム「22/7 音楽の時間」と比較して、出来は優れていると感じます。
こちらのほうが重そうな処理をしているのに音ズレは小さいし、なによりフリックの抜けがまったくありません。
フリックの方向にひとつひとつ指定があるぶん難易度はこちらのほうが上ですが、ストレスは全然少ないです。
楽曲が全体的に長めではあるものの、曲選択の画面で長さを確認できるのはとても親切だと思いました。


なぜいま「ユニエア」なのか。疑問を抱かれるのも当然とは思います。以前から興味はあったんですよ。
しかし本作はAndroidの対応端末が妙に限られていて、自分の端末も非対応でインストールできずにいました。
最近になって「そういえばあの方法つかえばインストールできるのでは?」と、ふと気付きまして。


Unisonair02

最初は単に「推しのカードがどんなものか見てみたい」という興味から始めたのですが、そこから一歩先に進み
「推しのSSRを出したい」へ目的が変わって、ひたすらリセマラを繰り返すようになったわけです。

開催中のガチャでタイミングよく推しがピックアップ枠に選ばれていればSSRを狙うのは難しくないと思います。
具体的な確率で言えば、少なくとも0.1%程度の確率で推しのSSRが排出される…はず。
いや、そんなに高い確率ではないと気付いてほしい(笑)でも通常0.008%とかなので高くはなってるんですよ。

恒常SSRはメンバーひとりあたり3枚以上実装されているため、単に出すだけなら期待値は3倍になります。
ほしい属性や性能、好きな絵柄のSSRとなれば厳選は避けられませんが。
本作のSSRにはさらにレアなサイン入りカードというものがありまして、SSRの1/10の確率になるのだとか。
ここまで狙おうと思ったら恐ろしく厳しいでしょうね。ピックアップ中のリセマラであればまだ期待できるかも。


Unisonair03

実際リセマラ中に何度か出てるんですよね、サイン入り。なのでまったく無理な話ではないです。
問題は一回のリセマラにかかる時間と手間。それ以上に回線速度が大事で…あとは忍耐と根気でしょうか。



メインの話よりも「ユニエア」のほうが長くなってる…まあでも、今後「ユニエア」について語ることもないか。

狙っていないカードがリセマラでやたら出ると、そのカードに対する心象って悪くなりますよね。
架空のキャラクターが排出されるソシャゲなら問題ないのですが、実在の人物が排出される「ユニエア」の場合
ゲーム内だけでなく、メンバーに対する心象まで悪くなってしまいそうでちょっと不安です。
表記上の排出確率は同じなのに不思議と偏りがあって、なぜか特定のメンバーが異様に出まくりました。

余談ですが、「ユニエア」はひとつのパーティーに同じキャラクターを複数入れられる仕様。ちょっと驚き。
特定のメンバーのみで構成した極端なパーティーでプレイすることも可能です。
他のメンバーにまったく興味がなく、とにかく推しだけを育てたい人(いるのかな?)でも安心。

| | コメント (0)

2021年8月10日 (火)

日々の「Fortnite」

「ABZU」のレビューを掲載してから4か月、新たなゲームレビューを書けていないことを気にしているのですが
「Fortnite」を本格的に再開して以降、ほかのゲームに対する興味がなんだか薄れていっていまして…。
新しいことを始めるのにはそれなりにモチベーションも必要で、いまはそれが足りてないというか。
いや、「Fortnite」に対するモチベーションが自分でもよくわからないくらい高くなってるのが原因でしょうか。

実際どれくらい「Fortnite」に熱心かというと、毎日30分欠かさずTwitchで配信しつつプレイしているほど。
配信してることは誰にも言ってないし、配信を見る人もたまーにひとりいるかという程度。
誰も見てないのに毎日配信してるのは熱心以外の何物でもありません。まあ配信には別の事情もあるのですが…。

配信してアーカイブを残しておくと、おもしろいプレイができた際に動画化しやすくなるんですよね。
「Fortnite」のリプレイ機能はマッチ中の出来事を完全再現できてるわけではないので動画化に不向きなのです。


Fortnite27

日々の「Fortnite」の遊び方をざっくり箇条書きにすると以下のようになります。

 ①23時以降にXbox Oneを起動して「Fortnite」を開始
 ②クエスト一覧を開き、本日分のアンコモンクエスト(いわゆるデイリークエスト)3つの内容を確認
 ③Twitchを起動して配信開始
 ④クエストの内容に応じてルールを選択(ソロかチームランブル)し、マッチ開始
  (1回のマッチで3つのクエストをすべて達成できるのが理想だが、無理な日もたまにある)
 ⑤マッチ終了後、ストアのラインナップを確認(スキンのラインナップは毎日9時更新)
 ⑥配信終了

ウィークリーのレジェンドクエストやエピッククエストが発生する曜日だと多少変化しますが、これでだいたい
20分から30分ってところで、マッチ数も多くて2回。というより、できるだけ少ない回数で済ませたい。
クエストを見てその場で最短の達成方法を考え、実現できるかどうかのスリリングさを楽しんでるみたいな感じ。
本当にクエスト目的で遊んでいるので、無事達成できたらその日はもうおしまいです。
目的地のない散歩がニガテなのと同じで(?)クエストがないと「Fortnite」を続けられない性質なんです。

アニメの放送枠が30分単位な都合で「隙間の30分しか時間を取れない」という事情もあったりはします。
でも、自分のプレイスタイルだとやはり「30分以上やることがない」のほうが合っているかも。


Fortnite28

クエストという一要素から現状の「Fortnite」を見ると、難易度は徐々に上がっている気がします。
難しいというよりめんどくさい(笑)できるけど、やろうと思って行動すると確率など不確定要素に悩まされる
厄介なクエストが増えていて、ストレスが楽しさを上回りつつあるような。

アリアナ・グランデをゲストに迎えたゲーム内イベント『RIFT Tour』の関連クエストなどはまさにそんな感じ。
マッチで「フレンドとトップ25に到達する(5回)」とか、ただただ面倒なだけでしたからね…。

フレンドがいないと達成できないクエストが来たとき活躍するのがサブアカウント

Xbox OneとPS4の同時起動・同時操作。これで他のプレイヤーに極力迷惑をかけないよう攻略します。
先述の「トップ25に到達する」ならデュオに同時操作で参加して、残り25人になるまでマップの端に隠れ続けて
条件達成したらストームに飛び込むなり高所から落ちるなりして自爆、順位を確定させます。
これでもマッチング開始から達成までに10分くらいはかかってしまうし、なかなか忍耐の要る作業でした。

最近だと他にも、特定の武器を入手してから特定のオブジェクトや敵を見つけなきゃいけないクエストがあって
まず入手できるかわからない、入手しても次が続かない…みたいな二重苦に悩まされました。


現行の「Fortnite」は以前よりも対戦ゲームらしい調整で、全体の難易度が上昇傾向にあります。
それでなくてもゆとりがないのにクエストの内容まで難しくなっていったらイヤだな…居心地悪くなりそうで。
ストレスが楽しさを大幅に上回りそうになったら「Fortnite」をキライにならないうちにやめるつもりです。

…いや、まだやめる気はないです。でもそろそろ新しいタイトルを始めたい。次が見つかるまで。



配信プラットフォームにTwitchを選んだのはXbox Oneだとほかに選択肢がないから(笑)ホントそれだけの理由。
できればYouTubeでやりたいですよ。PS4に切り替えればYouTube配信可能なんですけどね。
マッチ開始時の島の読み込みとかテクスチャ貼る速度なんかはPS4のほうが速いし、検討の余地はあります。
あとはコントローラーの問題かな。やはり使い慣れたXbox系のコントローラーのほうが遊びやすいし。

| | コメント (0)

« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »